• 検索結果がありません。

血液大軍核球起源二就テ

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2022

シェア "血液大軍核球起源二就テ"

Copied!
21
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

2151

淋巴液中ノ細胞二關スル研究,殊二 血液大軍核球起源二就テ

其6重曹カルミン液艀脈内注射ニヨル 胸管淋巴液ノ短期及ビ長期観察

金澤讐科大學病理學教室(杉山教授指導)

助手 池  田  邦

    Ki〃zitaA e 五ゐ即勉

(昭和18年1月30日受附)

内 容 抄 録

 重曹カルミン液ヲ家兎二静脈内注射シ,末梢血液中 n高度ノ大軍核球増多症ノ起ルヤ(最高3.8%ヨリ16.4

 あ%トナル),夫ノ直後二造リタル胸管痩ノ淋巴液白血 球籔山亭均31400ヲ算シ,夫ノ殆ンド全部ハ淋巴球ナ

リ,而シテ大軍核球ハ認メズ.

 重扇該痩孔ヨリ連績流出スル淋巴液白血球数:及ビ細 胞成分ヲ2日一4日間二亙リ観察スルニ婆孔形成後数 時間内ニチハ著攣ヲ認メザルモ,白血球激ハ漸…欠減少 シ術後4日目ニハ原数ノ塚以下トナルモノアルニ反

シ,大形淋巴球ハ漸;爽増加ノ傾向ヲ示ス.大軍核球ハ 全観察中,其ノ出現ヲ認メズ.然ルニ組織球ハ屡々出 現シ,最高1・2%脚達セルモノアリ.

 一・方末梢血液二三テハ,胸管淋巴液流出後数時間ニ シテ,流血中ノ淋巴球激ハ著減シ,最高減少例ハ術前

トノ差ハ39・5%二達セ恥

 斯ク淋巴球数ノ著減ニモ不拘,大軍核球ノ百分率ハ,

終始動揺ヲ示サズ依然高率ヲ績ケ,中ニハ却テ更二強 ク増加セルモノアリ.

緒 言

第1章 實験材料及ビ實験方法 第2章 實験成績

 第1節重曹カルミン液静三内注射ニヨル末梢血     液白血球像,殊二大軍核球ノ消長二就テ  第2節 血液申二大軍核球壇多症ヲ惹起セル家兎      ノ胸管痩形成直後ノ淋巴液細胞二三テ      (短期観察)

  第1項 白血球三

  第2項 超生盟i染色標本ニヨル観察   第3項 固定染色標本ニヨル観察

 第3節 胸管痩ヨリ連績流出スル淋巴液細胞ノ時      間的襯察(長期観察)

 第4節 胸管淋巴液放出が末梢血液白血球像,殊      二大軍核球二及ボス影響二就テ

第3章 絡高温二考按     結 論

[ 69 )

(2)

緒 言

 1814年,Chrzonszcyewsky氏ハ「カルミン」ノ

「アムモニや溶液ヲ以テ生髄染色ヲ行ヘリ.而 シテ「リチオン・カルミン」ヲ初メテ生禮染色=

利用セシバRibber亡氏(1904)ナリ.更二1913年,

Aschoff及ビ清野ハ「カルミン生葉染色ニヨリ 血液中昌大軍核球増多症ノ起ル事,大輩核球ノ ー部ノモノハ「カルミン色素ヲ貧喰スル事ヲ知 り,大軍核球ノ野生問題二薪時代ヲ劃セリ.翌年

(1914),清野ハ「カルミン生禮染色ノ研究ヲ基礎 トシ,大軍核球ノ一生二二キ所謂三元読ナルヲ 公表シ斯界ニー大「シヨヅク」ヲ與ペタリ.爾後 多敏ノ血液學者ノ追試報告アリテ「カルミン」ガ

生罷染色並二大軍核球ノ研究=愈々重ff =シテ 訣クペカラザル色素ナル事確認セラル・二至レ

リ.

 然ルニ,血液中二大箪核球増多症ノ起ルや此 ノ時・・於ケル胸管淋巴液細胞ノ研究が大軍核球 ノ獲生地ヲ論ズルニ當り,極メテ重要ナルニモ 不拘,全ク等閑二期サレ詳細ナル研究=乏シキ が如シ.故二余ハ嚢=「トリパン青ヲ利用シ血・

液中二大軍核球増多症ヲ起サシメ,此ノ時ノ胸 管淋巴液細臨 二二大軍核三二就キ報告セシ モ,今回ハ「カルミン」ヲ選ビテ研究シ脚力知見 ヲ得タルヲ以テ鼓二報告セント欲ス.

第1章 實験材料及ビ薄曇方法

 實験材料トシテ2・5班i以上ノ健康ナル家兎5頭ヲ用 ヒ,豫メ耳朶ヨリ末梢血液ヲ一意シlcmm中ノ白血球 激ヲ算定後百分率ヲ固定標本並二超生盟染色標本ニテ 検索シ血液出血二健全ナルヲ確定後,實験二着手セリ.

先ヅ4%重曹カルミン溶液ヲ作製セリ;部チ煮沸セ ル飽和重曹液二Grttbler會肚製ノCarmin Reinst

(Nacarat)■.ヲ細挫シテ加へ概拝振盟シツツ加温溶 解セシメ数回濾過シ,濾液ハ蒸氣消毒シ以テ注射液ト

セリ.

 カカル溶液ノ全量約15ecヲ3−7日二分チテ静脈 内注射シ論証血液申二著明ナル大軍核球壇多症ノ惹起 セラルルや直二,例ノ如ク胸管痩ヲ形成シ,該痩孔ヨ リ流出スル淋巴液ノ白血球数:及ビ百分率ヲ作り,更二 胸管蜜ヨリ蓮績流出スル淋巴液ヲ数日a亙りー定時間 毎二探取シ,該下中ノ細胞ノ量的,質的岬町ヲ行ヒ,併 セテ淋巴液ヲ自由二放出セシムル事ガ,カク大軍核球 場多症ヲ惹起セシ閉講ル末梢血即自血球山冠ボス影響 二就キ樵索セリ・而シテ百分率ハ総テノ場合「ノイトラ ル赤・ヤーヌス出超生艦染色標本並二May−Giemsa固

定染色標本ヲ利用セリ.白血球激ノ算定=ハTho皿a.一 Zeiss計算板ヲ用ヒ顯微鏡ハLeitz會肚1[6型ニテ接 眼鑛第4及ピ油虫装置ヲ以テ立国セリ.

 超歯髄染色標本並二固定標本ノ作製二關シテハ既二 数回述ベタルヲ以テ鼓二省略ス.

 重曹カルミン液静脈内注射三献シー言センニ,面一 最初「トリパン青溶液翻脈注射ノ如ク2頭ノ家兎二前 記4%重曹カルミン液ノ全量20ccヲ3目乃至5日二分 割シ注射セシニ家兎ハ注射後,30分乃至1時間後急激 二呼吸速記シ死亡セリ.更二全量15ccヲ4目二分割シ 静脈注射セシニ,最終回射日ノ,注射途中ニテ部死日 ジモノ1頭アリタリ.自ロチ重曹カルミン液ハ諸先輩ノ 記載シヲレルが如ク「トリパソ青二比シ有毒ナル事,4

%重:曹カルミン液ハ注射ヲ10日以内二三了セソトスル・

時日全量20ccヲ超ヘザル事,静脈内注射ヲ急速ニナサ ザル專等が犠牲トナリシ3頭ノ家兎が四二教ヘタル實 瞼結果ナリキ.

 更二注射ニヨリ,血液中二大軍核球ノ増加著明ナラ        ほザリシモノ2頭アリタルモ,夫ノ實験威績ハ割愛ス.

第2章實験 成 績

第1節重曹カルミン液静脈内注

 射ニョル末梢血液白血球像, ・  殊二大軍核球ノ消長二就テ

  第1項 超生艦染色標本ニヨル観察

余ハ既二記述セル如ク,血液:中及ビ淋巴液中 ノ淋巴球ヲ細胞ノ直径二憲ジ大約亥ノ如ク分類

tU70 ;

(3)

淋巴液中ノ細胞二關スル研究,殊二血液大軍核球ノ起原二就テ 2153

セリ.        但シ,ゴハ目測=ヨル大髄ノ分i類ニテ個々ノ 小形淋巴球 6μ以下       細胞ノ大サニ就キ測定セシモノニ非ズ.

中形淋巴球 6μ一9μ       二上威績ヲ表示スレバ次ノ如シ.

大形淋巴球9μ以上

 第1表  4%重曹カルミン液:静脈注射が家兎末梢血液白血球二野ボス影響

       (超生髄染色標本)

家兎番號 経過日数

1白 血球激

      一       一  一  一         ゴ    一  一 n細三岳舶1嗜才取1小淋1申淋1大回   「血[血白血1巴 巴 門門 1巴性胞性胞ご球ご球基球形球      _1_

組織球 観察細胞数

1

封  照 謔Q日目 謔R日目 謔S日目 謔T目目 1

@         1形球    l   i

助ィ傭:藷{器1器:瀦:111:111:1、i:188・・15&5}3a・148・511・・19・・1エ4.28酒 1強球一一

R.6 O.5

O6.27.2

大核

R球

00000

317 R7曾

R12 S48 S30

重曹力

ッ同同大軍核

第2表

      要

      重曹カルミン液2cc静注       4cc灘注       4cc白白       5cc静注        大軍核球増加シ手術ス       e

4%重曹カルミン液静脈注射が家兎末梢血液白血球二及ボス影響         (超生田染色標本)

2

封  照 第2日目 第3日目 第4日目

各種白血球百分率

血1雛細腱繍小醜;大声

繍隷鴛欝鷺

9700奄T8.2:32.6150.81 017.4118r71 6.21 7.71 9.2 11400i74.s112.91ss.41 O.4i15.71 7:81 O.71 4.4i12.6

  観   察

組  細

織 胞

球  激 o o o o

314 325 312 337

重曹カノレミン液4cc静注 同      6cc翻注 同      4cc翻注 大軍核球増加シ手術ス

第3表

4%重曹カルミン液静脈注射が家兎四一血液白血球二胡ボス影響         (超生盟染色標本)

3   纒   過   日   数

回  照 第2日目 第3日目

ee 4日目

第5日目

.第6日目 第7日目 第8日目

 白  血  球  数  9800

133eO 12100

12500 11100

各 種 白 血 球・百 分率

淋細假自門性胞

「血

イ球

三部一白「小淋1申淋  璽虚1i巴 巴  基球形球形球  _!_1_

 「 .大核

b…形国軍球一  一

Q。5μ.5

組織球 観察細胞轍

摘      要  穎細

@粒 @性胞

@33.7

@55.2

@54.9

@51.6

?100i64・000146.8

一64.8

@ 148.738.4

S、.7148.6 S。.g14。.6 S3.6147.2

S。.8i47.、  [30・0156・8

S0.8[39.9  1

1:lll:1朧5.39.17.210・8β0・q8・64.8132。74.7 ト1:llll:1彦:l  l6・9128・Oi 6・1

6.56.4 P.43.4 Q.37.5 U,214.4

@1

S.54.1

@13,216.0

U,712.4

00000000

重曹カルミン液2cc超注 ッ      2cc翻注 ッ      2cc静注 ッ      3cc翻注

@     3cc静注

}摩     3cc静注 ッ      4cc静注 蛹R核球増加シ手術ス

[ 71 ]

(4)

第4表

4%重曹カルミン液:静脈注射が家兎末梢血液白血球白及ボス影響         (超生燈染色標本)

 各 種 白 血 球 百 分 率

家兎番號 経過日撒 白血球勲

穎細心細粒1巴同胞 牲胞

 1

?酎l三

O血L球ヨ血1」球

小淋

b形球

中淋

b形球

大核i組

観察細胞数

摘     要

4

封  照 桙Q日目 謔R日目 謔S日目 謔T日目

9000 P2000 P7200 P3100 P4700

■ 一 魑 一

T6.3 S0.5 T1,531.3

T9,428.1 1

S5.1138,534.4 1  1

    一 R9.9150.6 S5.3153.5

@41.8

@50.7

一1.7

P.8 P.9 O.5 O

嗜白

」血

誾?̀

S.0

S2

V.9 W.2

一5.4

Q0.1 Q4.5 Q0・ミ R0.4

{4.0

T.0 S.1 T.1 V.6

大小

軍球一

R.8 P4.2 P7.2 P2.5 P6.4

織球一〇〇〇⑪0

200 Q13 Q39 Q17 Q25

    一        一 一   一       一       

d曹カルミン液2cc静注 ッ      4cc翻玄 ッ   鱒  4cc翻注 ッ      5cc静注 蛹R核球埆加シ手術ス

第5表

4%重曹Pルミン液静脈注射が家兎末梢血液白血球二及ボス影響         (超生盟染色標本)

5

封  二 二2日目 第3日目 第4日目

弟5 置目

第6日目 第7日目 第8目目

6seo 125eO 13400 15600 1230e 13200 14500

●各 種 白 血 球 百 分 率

穎細1淋細  1

ー翫

m繭  1

竪個癖    隠球硬球    τ廟 中淋1大話赤核

ル験

観察細胞数

摘     要

@    1

54.0  39。3 L球」球_1

R9,110.2 T3.q O

S0.6 0  「

R8.7 0 S9.60.3

Q6.7:0  1

R4.90.5  1

R5,811.4  「

1.0128.6 P1,027.3 P3,017.O

11.24.3 S.06.7 R,09.4 P2.08.6

P1:llll:;&63.65・718・4

4.9 U.7 W.7 P0.7 U.4 P2.41

P0.5 P4.2

314 Q17 R03 Q57 Q35 Q17 R21 R57

重曹カルミン液1cc輝二

?     1cc置注 ッ      2cc置注 ッ      2cc静注 ッ      3cc灘注 ッ      3cc静注 ッ      3cc翻注 蜚y核球増加シ手術ス

 上記表二示ス如ク重曹カルミン液下脹注射=

ヨリー般二白血球敷ノ増加並二穎粒性細胞ノ漸 進的高率ヲ認ムルモ,殊二二三三性細胞が著シ

ク増加スルハ興味深シ.帥チ家兎第2號二障テ ハ封照ヨリ15.4%ノ増力ロヲ認ム.

 大軍核球ハ注射後4日目乃至8日目二増加シ

最高ハeg 4號家兎=於ケル16・4% =シテ封照ヨ リ12.6%ノ増加ヲ示セリ.

 而シテ重曹カルミン液ノ比較的大量ヲ短時日 二注射 スル場合ハ大軍核球山上ヒ較的急速幻曾加 シ,少量宛ヲ二日二分チテ注射スル時ハ,漸進 的二増加スルが如シ.(家兎第3號及ビ第5號)

   第2項固定染色標本ニヨル観察

 圃定標本ニテ余ハ血液中並二淋巴液中ノ淋巴

球ヲ第2報以下第5報ニテ既=述べタル如ク細

胞ノ直径二慮ジ大約次ノ如ク分類セリ.

   小形淋巴球 7P以下    中形淋巴球 7μ一10μ    大形淋巴球 10#以上

 更二各々ヲ其ノ原形質ノ嗜肇基性度挽臼リ弱 嗜盤外性ト張嗜細註性二分i類セリ.弱嗜塵基性

トハ普通末梢血熱中ノ大部分ノ淋巴球二認メラ ル・淡青色原形質ヲ有ズル細胞ヲ稻シ,張手肇 基性トハ所謂淋巴母細胞又ハ「プラスマ細胞ノ 原形質ノ如ク濃青藍色ノ原形質ヲ有スル淋巴球

ヲ指ス.

 實験威績ヲ表示スVバ次ノ如シ.

[ 72 ]

(5)

淋巴液中ノ細胞二關スル研究,殊二血液大軍核球ノ起原二就テ 2155

第6表

4%重曹カルミン液静脈注射が家兎末梢血液白血球二及ボス影響         (固 定:標 本)

家  洋

各種白血球百分率

小 形

メ巴球 中 形

メ巴球 大 形メ巴球

兎 番 號

過   血

E日  球

q  .激

穎粒性細胞{

 1温温

n盤性心44.5

弱基騙基

大軍核球 組織球

1

  1

?照17100142・7

謔Q日目110100;62・0 謔R日目1・32・・17臥1

カ娼1…灘:遡

 彊基

@嗜

@盤性 }

@10

Q6,310

Q.3i。8.4iO・・5[・

弱二強二

¥盤性一〇〇〇〇〇 嗜盤帰一2.32.97.77.411.7嗜盤性00000

一〇

Z〇〇〇

第7.表

      摘     要

       重曹カルミン液2cc静注        同      4cc静注        同      4cc静注        同      5cc静注        大軍核球増加シ手術ス

4%重曹カルミン液静脈注射が家兎末梢血液白血球二及ボス影響         (固 定 標 本)       

慢1

嗜1嗜 塵 小淋巴球 申淋巴球 大淋巴球

番 麗 目激 無数

粒性細胞 巴性細胞

k 「」エ 1エ

柱結 自血球

基白血球 弱基

ャ野性 一二士

n塵性

土台

n野性

強雨弱基

n1嗜 1盛牲野性

二士

n酒性

軍核球 織球

摘     要

1一     一

一 一

封  照 990032.466.6

@1

29.51.74.2 { 24.6 0 39.5 0 2.5 0 1.0 0 重曹カルミン液4CC翻注

2 第2日目 謔R日目 謔S目目

14000 P700 P1400

59.9 T6.6

U3.9

46.7t51.4・1.07.5

R9.2147。7iO.98.O l 125.550.411。811.7 1  1  1 12.3 R2.9 P8.4

000 21.7

O.7 O.4

000 2.7

T.6 U.7

000 3.4

S.21 P0.6

000 同      6cc翻注 ッ      4cc翻注 蛹R核球増加シ手術ス

第8表

射 =照 980033.8

第2目目 1330064.7 第3日目 1210072.0 第4日目 1250049.5 3

第5日目 1110050.エ 第6日目 1250051.2 第7日目 1170072.8 第8日目 1350043.0

4%重曹カルミン液静脈注射が家兎末梢血液白血球二及ボス影響         (固定 標本)

  各種白血球百分率

灘轡騨鐙

摺一徹.毬笹野肥州竪甦甦墾1塗

tt/.slill/li:sl ii/il,ll ,一:gllll/llg:gl s ltt,.21 s l::gl:1−g−lz

26.3156.71 3.2112.IIIO.1[ O lll.21 0 15.OI 0 11.7

1雛:IE:1翻:lll:鰐1:lll:11

42.6142.3[ 3.41 5.5130.8[ Oi9.61 012.2[ 016.2 22.o16s.3i i.21 6.31n.21 oi9.il oli.71 ols.2 46.si34.41 ols.6130.gi o h2.71 oi2.6        0.3110.5       i V 1 1 Vl 一vl v−vj

      [ 73 1

摘     要 織

球『

0 重曹カルミン液2cc翻注 0 同      2cc静注 0 同      2cc認注 0 同      3cc静注 0 同      3cc自注 0 同      3cc静注 0 同      4cc静注 0 大軍核球壇加シ手徳ス

(6)

第9表

4%重曹カルミン液静脈注射が家兎末梢血液白血球二及ボス影響         (固 定標本)

各 種 白 血 球 百 分 率

小形

メ巴球 申 形メ巴球 大 形メ巴球

家 兎 番 號

経・

゚■日数 白血球数

三三性細胞 淋巴性細胞 曝『白血球 嗜睡基白血球一2.711.2

山留

n鷺性 1強基

n璽性

露響 1盤性盤性 1

大軍核球 組織球

    1

E    要

4 劉  照 謔Q日目 謔R日目 謔S日目 謔T日目

9000 P2000 P7200 P3100 P4700

51.6 R0.5 U0.8 T4.9 T2.0

47.2 U8.8 R4.7・

S2.8147.8

R7.5140.8 1

45.7 T7.6 T2.3

 一

@44.5

@22.3

@乞6.37.21

T.6135.4

Eq71肱9

一〇

Z〇〇〇

6.4 V.5 S.2 T・O

一iτ

@ 0 @ 0

@ 0 @ 0

歯面

n顕性『0.204.22.47.啄

弓懸

n璽二一〇〇〇〇〇

1.2 O.7 S.5 Q.3 P0.5

001同距曹カルミン液2c旧注

P iii雛0大軍核球増加シ手術ス

第10表

4%重曹カルミン液静脈注射が家兎末梢血液白血球二及ボ執影響 ノ       (固 定標本)

5

封  照 第2日目 第3日目 第4日目 第5日目 第6日目 第7日目 第8日目

6800 12500 13400 15600 14200 12300 13200 14500

立 性 30.4 47.0 70.2 79.6 57.3

168.8 54.5 20.4 9.6 35.3

EelggslgFz;1,

4ilgiEgl,Vli61i 4glgi411,VP5gli 42.1 63.1 70.1 52.1

一一

@種 白 血 球 百 分 率

臨{繍

メ巴球中 形

    1﨟m弱売血基

?於ユ蜜性_1_i_ 強面

ハ出性一

弱基

笘R性一〇.24.74.5

摘     要

 0.II58.6

@3.5132.1   1

@7.119.4

@9.50.7

@5.217.4

@7.512.3

@8.1120.9

@1   1

O 110.131.3 1  1

00000000

虚伝

00000000

7.5 U.7 V.9 P1.7 X.5

強基

重曹カルミン液1cc静注 ッ      1cc静注 ッ      2cc翻注 ッ      2cc静注 ッ      3cc静注 ッ      3cc静注 ッ      3cc超注 蛹R核球二二シ手術ス

 上記表二示ス如ク白血球数バー般二増加シ穎 粒:性細胞モ漸次増加ス.殊二二塵基性細胞バー

一二強ク増加シ第2號家兎ニチハ謝照ヨリ105

%ノ増加ヲ示セリ.淋巴川並二嗜エオヂン細胞 ニハ特記スベキ事項ナシ.大輩核球バー一般二増 加シ第;1號家兎=於テハi酎照ヨリ10.2%ノ増加 ヲ示セリ.而シテ重曹カルミン液ヲ少量宛比較 的長時日二分チテ注射セル家兎ニチハ大畠核球 ハ漸進的二」曾加シ(家兎第3號及ビ第5號),短       t

時日ノ間二注射セル場合ハ急速二増加スルが如

シ.

  第2節 血液中大軍核球増多症ヲ惹起    セル家兎ノ胸管痩形成直後流出ス     ル淋巴液細胞二世テ(短期観察)

     第1項 白 血 球数

 重曹カルミン液翻脹注射 ニテ血液中二大軍 核球増多症ヲ惹起セル家兎ノ胸管痩形成直後ノ 淋巴液1cmm中ノ白血球数ハ最:高41700,最:低 21900=テ動物個ft・=可ナリノ差異アリテ,其

ノ平均ハ31400ヲ示ス.

  第2項 超生禮染色標本ニヨル観察

 血液中二大箪核球増多症ヲ起スヤ,直二造リ

[ 74 ]

(7)

淋巴液中ノ細胞二關スル研究,殊二血液大軍核球イ起原二就テ 2157

タル胸管痩ヨリ流出スル淋巴液中ノ細胞成分ノ 百分率ヲ示セバ下記表ノ如シ.

第11表

4%重曹カルミン液静劇注射家兎ノ胸管淋巴液ト末梢血液白血球トノ比較   (超二三染色標本)  (淋巴液申ニ口述粒性細胞ヲ含マズ)       」

胸  管  淋  巴  液 末    梢    血・   液

各種細胞百分率

各 種 細 胞 百 分 率

白血球数

小形淋巴球 申形淋巴球

大様大野軍細陣核 核球胞i球

白血球数.

曙『島球 1

」i駐1球

嗜璽基申皿球 小形淋巴球 大軍核球

観察細胞激

1」一  _

璽工一〇〇

30500 Q7900 Q1900 R5200 S1700

82.3 W4.3 V7.5 W3.0 W2.8

 大 @形

@淋 @巴

@球

P1.216.5io

@[  1 W.56.9PO

E4・77・51・・17.18.7 011・25・710・1

@一

1観

8800 P1400 P3500 P4700 P4500 P4500

58.40.4 4&・堰Eづ

9.0 P5.7 U.9 P0.7 P0.9

14.2 V.8 Q8.0 R0.4 Q3.6

 大 @形

@淋 @巴

@球

¥ 6.7 6.5 8.4 i −1 一 4.4

11.5 P2.6 奄P2.4

?U.4 P4.2

組織球〜00000

一430

R37 S23 Q25 R57 最大 41700 84.3

 i

P4.7「巨万 1

 0 @0

@0 @0

@0

│0.1 0

O 0

15・713・・4 8.6「8.4

16.4 0−0 430 最小 21900 82.3 7.15.7

『ρ『

w 一     一    一 一E1  317 0.2_   『

8800134,410

@i l_ F

『 1 6.gl

7.8 11.5 225

牢均 31400 81.94

 一」一

P・・54y璽、璽i 0ト0.381372 12500

43,400.5610.641 20.80

一!一

0 354 1cmm中ノ

?  敷 25729

33・9;22・61 ユ81

119摺憲

5425

u

・33・126・・ 1802 0

 上記表二示ス如ク末梢血液中二最高16.4%,

最低115%,干均13.42%ノ大輩核球増多症ヲ 惹起スルニ不拘,胸管淋巴液中ニハ大軍核球ヲ

認メズ.

 而シテ,胸管淋巴一中ノ細胞ノ殆ンドハ淋巴 球ニテ,小形淋巴球ハ最高84.3%,最:低82.3%,

準:均81.94%ヲ示シ,中形淋巴球ハ最高14.7%,

最:低7.1%,平均10.54%,大形淋巴球ハ:最高 8.7%,最低5.7%,平均7.06%ニテ,健康家兎 二比シ,大形淋巴球ノ高率ナル早口注目スペシ.

(健康家兎胸管痩形成直後ノ大形淋巴球ハ最高

2.0%最:低0.5%,丁丁1.3%ナリ)

 其ノ他!細胞トシテ余ノ所謂大軍核球様細胞 ヲ最高。.1%=テ認メ,其ノ卒均ハ0.06%ヲ示

セリ.此ノ細胞ノ形態二二テハ,既二第3報,,

第4報ニテ余が詳細二記載セル如ク直径8μ内

外ニテ核ハ卵圓形乃至研創ニテ,核ノ陥凹部二 近ク微細ナル中性赤ノ穎粒(国手「ノイFラル赤 超純愛染色時ノ嗜旧基性細胞ノ穎粒ノ大サ)ヲ 有スル細胞ナリ.

 而シテ殆ンド常二細土球ヲ認メ最高1・2%ニ テ其ノ雫均ハ0.38%ナリ.

    第3項 固定標本ニヨル観察

 血液:中二大軍核球増多症ノ惹起セル家兎ノ胸 管痩形成直後ノ淋巴液細胞成分ヲ固定染色標本

ニテ観察セシ成績ヲ示セバ次ノ如シ.

t 75 ]

(8)

妄 温 響

離 離

藻華

髭 麗

羅{無麗塁議

卜    頃  o  』o p oつ 守 ゆ トホ  c閲 偶  こ団 囚

m一 、㊤一一幻一ゆ ξ「

o■1 r→  F→  F唖 一

署員曽自

→く爵蝋欝

δ66。。1。

._L__

}扇一一

一 π … ㎜       一   一 一       } 『       一  一 〜    『   一

駆劇。。。。磐圏。1遷iゆ

o一_

輔1。。%。 。 馨回§卜

』 一 一       一

ヤ …醤

ォ醤翻

腎h《1『:L脅 昏 ゥON卜σ  ;=

鴇ト

蘇1。。。・。。1。回。1。

欄・製 ヒ§尋物

糟「袴h『的Q◎ o (N o o  H 腎雲 Σ 遷ゆ

輔1。。。。。i。i。1。1。

縫田総過る

H 割G狸翻

鴨『:σ}σ}的守 ◎o o o ▼一曙 FI oつ cつ ρつ

電「一 め一一

@ 尋

二十 §㎝

姐十二響鰯網 『[㌃《i腎門トコ。9丁丁 腎コ 9α ■ §H

羅嘉応。霧。1罠1。1§i§

・田三三 オ 「H」

膚「噸『1肉[㌃守 o 守 o o9ば) 匡} oつ 噂 oつ 專の 『譜 鐸專 §頃

丁目訴麟

o o o o o

?o o o oQO r守 LΩ 卜  LOo◎ Fl cつ ぐ 寸 F「  H  1一{ 7−r《

§菖 §OQ §讐

騨鰍二百蝋

卜 6百 ρつ 守 (NH  Oつ Lo o σ㌧

?C唾 C圃 σつ Oつ

§

 麟

@興 任 碧 o_一⊥一 ⇔り〔 o

羅劉。ぎ。。。圏。1亀IH 噸馴。。。。。1。1。1。i。 o__

蕪 Φ

裾鯛。。。。。1。1。1。

睡1誓

1田麟

『『1冊α〜糟斜 LQ ㌧◎ 卜・ 卜 自、 寄卜回 §㎝

鯉黛韓1。腎%『        一 }

曽個。 、。1聾

一〇Q『−@cつ

1罎 一一

駒濃醤劃隷認。i等1。[器1患

噌編

糟『『雪『LΩ 00 0 L◎ 寸  H     7−1 喩ミ 巽◎o 霞㎝

礁1

一        一      一        一 一

話1農翻1。。。。。1。1。回。

w翻麗塞婁

h密 h長 苺畠 自患

姐・自瀞麟

o  o  o  o  o

? o o o  oLO ひ  σ㌔ c闘 卜

B 卜 H Lo 1一{

盾ツ 帆 ㎝ oう 聖才

8導 §爲 §肩

嚥圏蜘欝

1一唱 ζ刈 o◎ 寸 L◎

十く皿朕 る畷 叔降

財団昏量

[ 76 ]

 上記表=示ス如ク末梢血液中二平均 10.36%ノ大軍核球増多症ヲ認ムルニ 不拘,胸管淋巴液中ニハ常二大外核球

ヲ認メズ.

 而シテ胸管淋巴液中ノ白血球ハ殆ン ド淋巴球tテ内,小形淋巴球ハ最:高 89.7%,最低77.7%,李均80.24%,中 形淋巴球丁番:高14.5%,最:低7.6%,畢 均10.86%ニテ大形淋巴球脚最:高10」

%,最:低2.0%,雫均8.80%ヲ示ス.而 シテ大形淋巴球ハ彊黒戸基性細胞多ク 健康家兎ヨリ著シク高率ヲ示ス.(健 康家兎4均値156%)

 其ノ他組織球ヲ5例中1例二於テ認

メ0.5%ヲ示セリ.カ・ル組織球)或 モノハ「カルミン穎粒:ヲ貧喰シオレリ.

  第3節胸管痩ヨリ連績流出

   スル淋巴液細胞ノ時間的      観察(長期観察)

 上記母野ハ,血液中二大軍核球増多 症ヲ起セル家兎ノ胸管痩形成直後ノ淋 巴液細胞ノ観察ナルモ,更二該痩孔ヨ リ連績流出スル淋巴液ヲ2日一一 4日間 二互リ採取検索セリ.

 而シテー定時聞毎云採取セル淋巴液 ノ白血球数ヲ算定後,超生馴染色標本 並二固定標本ヲ利用シテ百分率ヲ作レ

リ.撒日二互ル観察ニ譜第1日目ノ實 駿馬予後,極倒テ愼重=手術竈蛤「メ ルグロクローム」ヲ塗布後「ヨード・フ ォルム・ガ・一儀」ヲ挿入シ,胸管痩ノ閉 鎖スル事ナキ檬,輕ク皮膚縫合ヲ施セ

リ. .

  第1項超生盟染色標本ニヨ

   ル胸管淋巴液細胞ノ時       間的観察  、

 實験成績ヲ表示スレバ次ノ如シ.

(9)

淋巴液中ノ細胞二關スル研究,殊二血液大軍核球ノ起原二就テ 2159

第13表 胸管淋巴液細胞ノ一団的観察(超生膿染標本)

家兎 番號1

1

         1  _.....一_一

輕過時闇即騰隙藤

季翁壱 痴3・5・・「82.3

      

    術後2時間1 326001 87.2     同  4時間   317GO 1 78.6

    同7時間2580081・7

    同 10時間129500184.7       

    同14時間2840084・3     同18時間23SOO 84.0

(2日目)同 33時聞  12100181・0       

    同 36時間  11800i82・2

    同40時間 790078.2

(3日目)同 65時間113100 74・5

    同69時聞1930079.0     同75時間 820075.6

各 種 白 血 球

11.2 1 6.5 ] 0 7.4 1 5.4 1 0 13.0 1 7.7 1 O

ユ1.6    6.7    0 9.6 1 4.7 1 O.1 10.5 1 5.2 1 0

8.4 1 7.4 1 O.2 7.5 i 11.5 1 0 9.2 1 8.6 F 0 9.8 1 12.0 i 0 13.6 1 11.4 1 0 11.5 1 9.5 1 0 12.7 1 11.6 1 O.1

百 分 i率

購i森巴総瀞三日球輝嚇

o o

O.7

0

0.9

0 0 0 0 0 0.5

0 0

o o o o o o o o o o

o o

観 察 細胞撒  427  405  415  328  365  352  317  314  235  246  252  201  236

第14表  胸管淋巴液細胞ノ時聞的観察 (超生艦染標本)

家兎 番號

2

経 過 時 間 手  術  直 

   術後4時間    同 7時間    同 10時間    同 12時間    同 16時間

(2日目)同 38時間    同 42時間    同 48時間

白血球数 27900 21900 工9800 20300 21400 18600 10100 13200 9500

各種自血球百分率

小形1中形i大形

    淋巴球1淋巴球 淋巴球

s4.3 1 s.s 1 6.g 82.2 ) 11.7 1 6.1 78.6 1 14.2 1 7.2 83.1 1 8.6 1 8.2 89.7 i 4.3 1 6.0 86.7 1 7.6 1 5.7 81.3 r 10.2 1 7.5 81.2 1 8.6 j 10.1 72.5 1 11.2 1 9.6

様細胞

  o   o   o   o   o   o   o   o   o

輝嚇繊球騨嚇

O.3

0 0

0.1

0 0

0.5 0.1 0.7

o o

o

o o o o o o

観 察 細胞数

3エ7

337 348 316 258 219 215 200 217

家兎 番號

3  経 封 手  術

   同    同    同

(2日目)同

   同

    同

(3日目)同     同

   同

第15表  胸管淋巴液細胞ノ時間的槻察 (超生膿染標本)

各 種 一_ 白 血

球百 券率

観 二

時 間 自血球数一継懸

講1 森藤 篠讐譜

組織酬輝核球

細胞数

直  後 21900 77.5 14.7 7.5 0.1 0.2 0 348 後2時闇 20500 79.8 13.5 6.7 0 0 0 336 5時聞 22300 75.6 16.2 8.2 0 0 0 349 8時閻 21700 81.0 ユユ.5 7.5 0 0 0 352 11時間 22300 79.4 15.2 5.4 0 0 0 341 34時間 20100 80.1 11.3 8.6 0 0 0 338 40時間 1980Q 79.6 13.6 6.7 0 0.1 0 271 44時聞 19900 73.4 16.4 10.1 0.1 0 0 252  1U0時聞 10500 72.7 14.5 ユ2.3 0 0.5 0 268 65時間 8300 73.2 15.1 11.5 0 0.2 0 215 70時間 9200 71.2 16.4 12.4 0 0 0 227

[ 77 )

(10)

第16表

胸管淋巴液細胞ノ時間的観察

(超生盟染標本)

家兎}

   経 過  號

4 手  術

   同    同    同

(2日目)同

   同

   同

(3目目♪同  66時間

   同    同    同

各 種 自 血

球百

分 …率 観 察

時 間 白血球敷 小 形

メ巴球 メ巴球中 形 大 形メ巴球

G細胞

大軍核球 組織球 大軍核球 細胞厳 威: 後 35200 83.0 7.1 8.7 0

L2

0 338

後2時聞 31700 81.0 8.5 10.5 0 0 0 367 を時間 30900 83.6 9.2 7.2 0 0 0 352 6時間 32500 81.5 10.4 8.1 0 0 0 319 10時闇 28900 86.1 7.0 5.8 0 1.1 0 338 32時間 17000 75.5 9.5 14.1 0.1

LO

0 353

36時間 19200 ・78.3 11.2 10.5 0 0 0 235 40時闇 18700 76.6 12.2 11.2 0 0 0 249 66時間 17800 80.8 10.4 8.1 0 0.7 0 258 70時間 19300 84.8 15.6 9.6 0 0 0 267 90時間 11200 68.3 20.2 11.2 0.1 0.2 0 249 95時間 9300 63.9 17.5 18.6 0 0 0 216 100時間 10200 64.1 21.2 14.7 0 0 0 218

家兎 番號

5

t

経 過 時 間

土17表

手  術  直  後     術後2時間     同 4時間     同 10時間

(2日目)同 34時闇     同 40時間

(3日目)彫翻

    同 75時間    同 80時間

(4日目)同100時間    同105時間    同110時聞

,白血球鐵

i

 41700  35200  32500  28900  20300  21200 1 19700  12300 9200 10400 9400 8400 9700

胸管淋巴液細胞ノ時間的観察

(超生野染標本〉

各 種 白 血  形一大一一形 

   淋巴球

球 百 大軍核球

檬細胞

質 小 形

淋巴球

82.8 86.4 80.3 82.4 80 3 80.8 80.7 76.2 79.7 79.1 74.6 73.0 73.7

淋巴球

1エ.2  8.5

13.2  9.2  9.5 10.5 10.1 12.3 10.5  7.4

11.2 13.4 12.8

5.7 5.1 6.5 8.4 10.2 8.7 9.2 11.2 9.5 13.4 14.2 12.7 13.5

O.1 0 0 0 0 0 0 0.2

0 0 0 0.1

0

率一    『  一

観 察

織球 「大軍核球 細胞数

0.2 0 433

0 0 、 467

0 0 435

0 0 417

0 0 317

0 0 352

0 0 341

0.1 0 369

0.3 0 258

0.1 0 247

0 0 239

0.8 0 225

0 0 263

 上記表ノ如ク110時問ヲ最長時論トシテ槻察 セリ.淋巴球ハ1時間内ニハ約4cc乃至5ccノ流 出ヲ見ルヲ普通トスルモ時闇ヲ経ルニ從ヒ漸次 減少ノ傾向ヲ示ス.

 白血球数ハ痩孔形成後少クモ藪時間内ニチハ 著シキ憂化ヲ示サザルモ,24時闇以後ニテ漸次 減少シ,3日目二於テハー般二原数ノ約施二減

少シ,家兎第5號ニチハ4日目=ハ原敷ノ1/4以 下二激減スルヲ認メタリ.(痩孔形成時41700ア リシ白血球ハ110時間後ニハ9700 s減少セルナ リ)但シ三二形成時二於テca ==健康家兎ヨリ申 形,三二大形淋巴球ノ高率ヲ認ムルモ時間ヲ経 ル曙町ヒ大形淋巴球ハ漸次増加シ,第5號家兎 ニハ110時間目二135%ノ高率ヲ示セリ.

      N C 78 ]

(11)

淋巴液申ノ細胞二關スル研究,殊二血液大軍核球ノ起原二就テ 2161

 全観察中,大三園球ヲ認メス,時二組織球ヲ 嚢見シ最高ヲ示セリ.(第4號家兎)

  第2項 固定標本=ヨル胸管淋巴      液細胞ノ時間的観察

實験成績ヲ表示スレバ次ノ如シ.

第18表

胸管淋巴液細胞ノ時闇的観察 一(固 定標本)

1

経 過 時 間

手  術  直  後

   術後2時間

   同 4時聞    同 7時間    同 10時間    同 14時間    同 18時闇

(2日目)同 33時間    同 36時聞    同 40時間

(3日目)同  65時間

   同 69時間    同 75時間

各種白血球百分率

繍1繍

30500 89.7

  d

32600188.6

  t

31700i81.3

  p

25800i82.3

??sggzg・g 28400 81.1

  f23800179.4 12100 11800 7900 13100 9300 8200

o o o o o o

75.6i 1.2 73.71 0 73.41 0 75.01 0 79.71 O

5.61 2.7 4.7 8.5 7.6 10.2 7.8   1 O.511.0 6b16[  6Tl−ilg     e i 7.6 10.7

8.7 4.6 5.5

3.2 6.2 4.5 5.9 4.5 6.2 i 3.1

5.5 4.2 4.3 4.1 2.8

大 形 淋巴球 o o o o o 1.2 2.4 0 1.3

0 0.5 1.O O.5

2.0 3.5 4.0 5.4 3.8 5.4 6.5 10.3 8.8 12.1 13.1 14.2 10.7

o o o O.2 0.5 0 0

0.2

0 0 0

1.1 O.8

o o o o o o o o o o o o o

翻1 察1

細1摘

胞i 数1

417 1 425 i

436 417

325 i   I2i5 282 216 225 219 208 214 263

大形淋巴球ニテ直

ii

接核分裂2個ヲ認

 ム

大形淋巴球ニテ間

接核分裂1個

第19表

胸管淋巴液細胞ノ時量的観察

(固 定標本)

各種自血球百分率

 形

メ巴球

 形

メ巴球

 形

メ巴球

経 過 時 間

性一 性 性

一 一 一 一 一 『

手 術 直 後

2790079.7i 0 8.0 1.7 4.7 5.4 0.5 0 238 術後4時間 2190081.2 0 9.0 2.6 0 6.7 0.5 0 238 同 7時閻 19800

 1

V9.21 ! 0 8.7 2.3 0 7.6 0 0 218

1

同 10時間120300 84・6i 0 9.0 2.1 0 9.7 0.1 0 225

2 厨 12時間

ッ 16時聞 21400 P8600

87.O

@l

戟F:!

0: 6.4

S.7

03.5 0.3 O

1:1 00.2 00 20⑪

Q05

{魏

(2日目)同38時間 10100 2.6 4.6 0 7.1 0 0 214

離翻糊

83.7:

@i

V9・91 00 U.43.1 5.ユT.8 2.5Q.1 4.9T.8 0.7O 00 263Q54 oミン組繹

大形淋巴球ニテ直 接核分裂1個

組織球ニテ「カル

ミソ」ヲ貧喰ス

[ 79 ]

(12)

上記ノ所見ヨリシテ

第20表

胸管淋巴液細胞ノ時間的観察

(固定標本)

各種白血球百分率

鍮蘇 麟1着帯

 「

g

経過時 簡

 1

ュ1弱

弓副弱 1軍

番  號 命数 嗜瞳基性

嗜i嗜

ユ 盤 ?基 ォ 性

嗜盤基性 嗜盤基性 嗜聰基性

織!

@1 ?P球

i核 胞撒 手 術 直  後 』 _Q1900

_1_

一 一

W0.9

一1一

OI10.2

葡1

一2.0 ㎜ 『U.5 oi 0 253 術後2時間 2050082.9 OI 8.62.5 1.5 4.3 0.21

10

245

同 5時間 2230076.2 0 11.1 8.0 0 4.7 ol 0 214 同 8時間

ッ 11時間 21700 Q2300

83.1 V8.7

00.2}

7.5

5り1:1 1.2

Q.5 5.6 V.弓

00.31 00 239

Q15 3 (2目目)同34時間 2010076.2 0 8.6 4.0 0

1L2

01 0 224

同 40時間 1980073.9 0 11.2[7.3 0 7.6 0 0 265

  同 44時間

i3日目)同60時間

@ 同 65時間

19900 P0500 W300

74.3 V2.3 U7.7

0

  1

@11.63.2  1

O110.22.5

。.3113.6,.11。.ブ、4.6

 10.90

@ト2.5112.5

000i 0001 239 Q14 Q17

同 70時間 920070.4 012・112・71・3i13・5 Ol Ol 225

大形淋巴球ニテ間

接核分裂2個

第21表

胸管淋巴液細胞ノ時間的観察

(固 定標 本)

各種白血球百分率

 形

メ巴球

中形1大形淋艮越1淋巴球

経 過 時 間

弱嗜 彊嗜

』 一    一

纎n 一  

ョ1弱 ni嗜

強嗜

細 摘     要

璽 盛

基 基

性i性

』    一 一 一 『

手  術  直  後

@  術後2時間

35200 R1700

84.6 V7.8

00 5.6 V.5

2,OIO S,210

7.8 P0.5

00 00 364

Q75 同 4時間

ッ 6時間

30900 R2500

74.6 W0.0

00.516.7 P0.3

・1・0.20.3

8.2 V.5

・・511.2

00 215

Q62 ∫大形淋巴球ニテ間 R接核分裂2個 同 10時間 2890080.1 0 6.7 3.6 0 9.6 0 0 200

(2日目)同32時間 1700064.6 0 24.9 0  0 10.5 0 0 205 4 同 36時間 1920060.9 0 31.5

oIo

7.6 0 0 214

1

同 40時間 1870069.0 0.220.5 0.70.1 9.5 0 0 200

L

(3日目)同66時聞 1780080.1 0 11.2 1.20.3 7.2 0 0 200 同 70時間

ッ 90時間 19300 P120074・7

165・2 0.4 O 17.3

捌1:1!∴

10.8

P0.2 1.0

O

00 200

Q38

大形淋巴球ニテ直 o接核分裂1個

同 95時闘

ッ100時闇

、ll器1

1

00 15.7 Q5.6

3.7 0

X.5 0 i

18.5 P7.7

00 00 215

Q26

[ 80 ]

(13)

淋巴液申ノ細胞二關スル硫究,殊二血液大軍核球ノ起原二就テ 2163

第22表

胸管淋巴液細胞ノ時聞的観察

(固 定標 本)

各種白血球百分率

 形

メ巴球

 形

メ巴球 大.形メ巴球

経 過 時 間 摘    要

嗜盤 嗜璽 嗜眠 嗜璽 出門 嗜盤

憐 性 性 性

手  術  直  後

@  術後2時間

@  同 4時間

@  同 ユ⑪時間

4工700 R520⑪ R2500 Q8900

77.7

WL6

V8.7 W4.1

}1−

W悌0旨11.2016.7一〇 Z.2

O0

}…O.2

O00

7.6 W.6 X.9 X.2

一〇

Z〇.20

一〇

Z〇〇

392 S13 R53 Q41

     ・

g織球ハ「カルミ

oン」ヲ食喰ス   車

(2日目)同34時間 2030077.3 0「13.6 0 0.2 8.9 0 0 254 同 40時聞 212008⑪.2 011.7 0 0.4 7.7 0 0 213 5 同 45時間 1970082.畦 0 7.5 1.5 0 8.6 0 0 264

(3日目)同70時間 1230080.1 0 6.9 0.3 0 11.7 0 0 216

  同 75時聞

@ 同 80時聞

i4日目)同100時間 9200 P0400 X400

76.1 W2.4 V6.0

0・314・1

@6.8

@10.2

5.5 Q.3 R.6

2.1

O0

11.5 W.5 P0.2

0.2

O0

000 226

Q15 Q39

大形淋巴球ニテ直

ラ裂・蹄

同105虚聞 840078.7 0 7.5 2.7 0 11.1 0 0 214 同110時聞 970074.7 0 8.4 3.5 0 13.4 高0 0 262

 上記表=示ス如ク超生面染色標本ノ場合ト同 様,中形淋巴肩白二大形淋巴球日時聞ヲ経ル=

從瞭次増加,而シテ細胞共二弓蚤謝謝性

原形質ヲ有スル淋巴球ノ増加ヲ認ム.即チ家兎 第4號ニチハ中形淋巴球ハ75%,大形淋巴球ハ 9.9%ノ増加ヲ示ス.

 痩孔形成高直時聞ニシテ大形淋巴球二屡々直 接或ヒバ聞接核分裂ヲ認メタリ.就申直接分裂 像トシテ或ψく核ノミ,或ヒバ聞及ビ原形質共 二,二叉ハ三部二野レタル細胞アリ.一細胞内

二既二分レタル2個乃至3個ノ園形核ヲ見ル事

アリキ.

 全観察中大軍核球ヲ獲見シ得ズ.然ルニ組織 球バ屡々出現シ時二原形質内=「カルミン穎粒 ヲ貧喰:セルモノアリキ.其ノ出現三一最:高1.2%

ヲ示ス.

   第4節胸管淋巴液放出が末梢血     液白血球豫,殊二大輩核球n

      及ボス影響二就テ

 上記實;三二於テ,淋巴液ノ蓮績放出ト共二時 間二二耳朶ヨリ血液ヲ探取シ1cmnt中ノ白血球 藪ヲ算定後,超直示染色標本並二固定標本ヲ利 用シ白血球百分率ヲ作レリ.但シ血液探取=t、

家兎ヲ手術位ヨリ正常位二復サシムルカ,或ハ 手術位ノ儘頭部ヲ高クスベシ.うハ手術中,背

位二固定サレタル家兎ノ頭部ハ低位置ニアル

爲,耳朶旧号血シ,血液探取ハ困難トナルノミ ナラズ百分率作製二誤差ヲ生ズレバナリ.

 前端成績ヲ表示スレバ女ノ如シ.

[ 81 ]

参照

関連したドキュメント

二歩ギズ.然ル=組織球ハ屡々語メ(最高0.3%),墨

 束田氏ノ読ク「分葉核藪ノー適性二減少スル時ハ,一般二豫後良好テルモ,効果比較的可

高森氏ハ,「ヒドロキシラミンJl%水溶液2cc ノ注射目皿リ,7日ノ後=ハ,赤血球撒ハ約牛

 2)S.:N.S.判定法膿戸別血糖雫均値ハ艦型低 ヨリ甲,超二進ムニ從ツテ著明ナル増大ヲ示シ

 朝近血液ノ物理化學的研究ノ旺盛テルニ件ヒ,赤血球沈降速度二開スル實験業績ハ精粗

 乾血斑二就テ.乾血斑ヨリMN式血液型ヲ判定セントスルニハABO式血液型ヲ手口定スル

「ノイミトール」(Neumitol)ヲ注射セシ後該注射部外ノ所二水癒生ジタリ.依ツテ其ノ内容液申ノ嗜中性

 余ハ急性炎症時二生ズル滲出液ト末梢血液トノ白血球ノ季均核激ヲ試験セリ.師チ入皮膚及ピ家兎皮膚