SMB 共有の無効化

In document 管理ガイド (Page 171-177)

第 6 章 ボリュームへのアクセスの作成

6.4.7. SMB 共有の無効化

すべてのボリュームについてすべてのノードで自動共有を停止するには、以下の手順を実行します。

すべてのボリュームについてすべてのノードで自動共有を停止するには、以下の手順を実行します。

1. すべての Red Hat Gluster Storage Server で、昇格した権限で /var/lib/glusterd/hooks/1/start/post に移動します。

2. S30samba-start.sh の名前を K30samba-start.sh に変更します。

これらのスクリプトの詳細は、「Prepackaged Scripts」を参照してください。

1 つの特定のボリュームですべてのノードで自動共有を停止するには、次のコマンドを実行します。つの特定のボリュームですべてのノードで自動共有を停止するには、次のコマンドを実行します。

1. 以下のコマンドを実行して、ボリュームごとの自動 SMB 共有を無効にします。

# gluster volume set <VOLNAME> user.smb disable

6.4.8. Windows でのスナップショットへのアクセス

スナップショットは、ボリュームの読み取り専用ポイントインタイムコピーです。Windows には、ボ リュームシャドウコピーサービス(│としても知られています)を使用してスナップショットを閲覧す るための組み込みメカニズムがあります。この機能を使用すると、最小限のステップで、以前のバー ジョンのファイルまたはフォルダーにアクセスできます。

注記 注記

シャドウコピー(Volume Shadow-copy Service とも呼ばれる)は、Microsoft Windows に含まれる技術で、スナップショットの表示以外にコンピューターファイルまたはボ リュームのスナップショットを取得できる技術です。現在、スナップショットの表示の みをサポートしています。このインターフェースを使用したスナップショットの作成は サポートされていません。

6.4.8.1. シャドウコピーの設定シャドウコピーの設定

シャドウコピーを設定するには、smb.conf ファイルで以下の設定を変更/編集する必要があります。

smb.conf ファイルは etc/samba/smb.conf にあります。

注記 注記

smb.conf で shadow_copy2 モジュールが有効になっていることを確認します。以下のパ

ラメーターを vfs オブジェクトオプションに追加するには、次のコマンドを実行しま す。

例:

vfs objects = shadow_copy2 glusterfs

表6.9 設定オプション設定オプション 設定オプション

設定オプション 必須必須/オプションオプション デフォルト値デフォルト値 description

shadow:snapdir ◯ N/A スナップショットが保持

されるディレクトリーへ のパス。snapdir の名前 は .snaps にする必要が あります。

shadow:basedir ◯ N/A スナップショットの送信

元となるベースディレク トリーへのパス。

basedir の値は / である 必要があります。

shadow:sort 任意 ソートなし サポートされる値は

asc/desc です。このパ ラメーターにより、クラ イアントに送信する前に シャドウコピーディレク トリーをソートするよう に指定できます。これ は、unix ファイルシステ ムが通常アルファベット 順で記載されていないた め利点があります。これ を有効にすると、降順で 指定されます。

shadow:localtime 任意 UTC これは、スナップショッ

ト名が UTC/GMT か ローカルタイムかを示す オプションのパラメー ターです。

shadow:format ◯ N/A このパラメーターは、ス ナップショットの名前を 表す形式を指定します。

形式は、str[fp]time が 認識する変換仕様と互換 性がある必要がありま す。デフォルト値は

_GMT-%Y.%m.%d-%H.%M.%S です。

shadow:fixinodes 任意 いいえ shadow:fixinodes を有効

にすると、このモジュー ルは、ファイルパスの ハッシュを使用して、ス ナップショットディレク トリー内のファイルの inode 数の下限を変更し ます。これは、スナップ ショットに元のファイル と同じ device:inode 番 号を持つスナップショッ トシステムで必要です

(GPFS スナップショッ トの場合など)。このオ プションを設定しない と、シャドウコピー UI の「復元」ボタンが共有 違反で失敗します。

shadow:snapprefix 任意 N/A スナップショット名の接

頭辞に一致する正規表 現。Red Hat Gluster Storage は Basic Regular

Expression(BRE)のみを サポートします。

shadow:delimiter 任意 _GMT 区切り文字は、

shadow:snapprefix と shadow:format を分ける ために使用されます。

設定オプション

設定オプション 必須必須/オプションオプション デフォルト値デフォルト値 description

smb.conf ファイルの例を以下に示します。

[gluster-vol0]

comment = For samba share of volume vol0 vfs objects = shadow_copy2 glusterfs glusterfs:volume = vol0

glusterfs:logfile = /var/log/samba/glusterfs-vol0.%M.log glusterfs:loglevel = 3

read only = no guest ok = yes

shadow:snapdir = /.snaps shadow:basedir = / shadow:sort = desc

shadow:snapprefix= ^S[A-Za-z0-9]*p$

shadow:format = _GMT-%Y.%m.%d-%H.%M.%S

上記の例では、シャドウコピーを有効にするには、smb.conf ファイルに上記のパラメーターを追加す る必要があります。上記のオプションは必須ではありません。

shadow copy は、smb.conf エントリーを基にしてすべてのスナップショットをフィルタリングしま

す。基準に一致するスナップショットのみが表示されます。上記の例では、スナップショット名は

「S」で始まり、最後に「p」で始まり、その間の英数字は検索の対象とみなされます。たとえば、次の スナップショットのリストでは、最初の 2 つのスナップショットが Windows によって表示され、最後 のスナップショットは無視されます。したがって、これらのオプションは、スナップショットの表示内 容と、すべきではないものをフィルターアウトするのに役に立ちます。

Snap_GMT-2016.06.06-06.06.06 Sl123p_GMT-2016.07.07-07.07.07 xyz_GMT-2016.08.08-08.08.08

smb.conf ファイルを編集したら、以下の手順を実行してスナップショットへのアクセスを有効にしま

す。

1. smb サービス service smb [re]start を起動または再起動するには、を実行します。

2. Samba でユーザーサービス可能なスナップショット(USS)を有効にします。詳細はを参照して

ください。「ユーザーサービス可能なスナップショット」

6.4.8.2. スナップショットへのアクセススナップショットへのアクセス

Windows システムでスナップショットにアクセスするには、以下の手順を実行します。

1. 右に、以前のバージョンが必要なファイルまたはディレクトリーをクリックします。

2. をクリックし Restore previous versionsます。

3. ダイアログボックスで、ファイルの日付/時刻を選択し、Open Restore、またはを選択し Copyます。

ここで、

open: 必要なバージョンのファイルを読み取り専用モードで開きます。

Restore - 選択したバージョンにファイルを復元します。

コピー:ファイルを別の場所にコピーします。

図6.1 スナップショットへのアクセススナップショットへのアクセス

6.4.9. パフォーマンスの調整

本セクションでは、SMB 環境でのシステムパフォーマンスの向上に関する詳細を説明します。さまざ まな機能強化タスクを以下に分類できます。

メタデータキャッシングを有効にして、Red Hat Gluster Storage ボリュームの SMB アクセス のパフォーマンスを向上させます。

ディレクトリーリスティングパフォーマンスの向上 ファイル/ディレクトリー作成のパフォーマンスの向上 詳細は、これ以降のセクションで説明します。

6.4.9.1. メタデータキャッシングの有効化メタデータキャッシングの有効化

メタデータキャッシュを有効にして、ディレクトリー操作のパフォーマンスを向上させます。以下の順 序で、信頼できるストレージプールにあるいずれかのノードから以下のコマンドを実行します。

注記 注記

ワークロードの大半が、複数のクライアントから同時に同じファイルとディレクトリー のセットを変更する場合は、メタデータキャッシュを有効にすると、希望のパフォーマ ンスが向上されない可能性があります。

1. 以下のコマンドを実行して、メタデータキャッシュおよびキャッシュの無効化を有効にしま す。

# gluster volume set <volname> group metadata-cache

これは、単一コマンドで複数のボリュームオプションを設定する group set オプションです。

2. キャッシュできるファイル数を増やすには、以下のコマンドを実行します。

# gluster volume set <VOLNAME> network.inode-lru-limit <n>

n、は 50000 に設定されます。ボリューム内のアクティブなファイル数が非常に大きい場合に

増やすことができます。この数を増やすと、ブリックプロセスのメモリーフットプリントが増 えます。

6.4.9.2. ディレクトリーリスティングパフォーマンスの向上ディレクトリーリスティングパフォーマンスの向上

ボリュームのブリック/ノード数が増えると、ディレクトリーの一覧は遅くなりますが、ファイル/ディ レクトリー番号は変更されません。並列の readdir ボリュームオプションを有効にすると、ディレクト リーリストのパフォーマンスは、ボリューム内のノード/ブリックの数から独立します。したがって、

ボリュームのスケールが増えても、ディレクトリーの一覧のパフォーマンスは低下しません。

注記 注記

ボリュームの分散数が 2 以上で、ディレクトリーのサイズが小さい(< 3000 エント リー)場合にのみ、パフォーマンスが向上する可能性があります。ボリュームが大きい ほど(分散数)大きいほど、パフォーマンス上の利点があります。

並列の readdir を有効にするには、以下のコマンドを実行します。

1. 以下のコマンドを実行して、 performance.readdir-ahead オプションが有効かどうかを確認し ます。

# gluster volume get <VOLNAME> performance.readdir-ahead

が有効になっていない場合 performance.readdir-ahead は、以下のコマンドを実行します。

# gluster volume set <VOLNAME> performance.readdir-ahead on 2. 以下のコマンドを実行して parallel-readdir オプションを有効にします。

# gluster volume set <VOLNAME> performance.parallel-readdir on

In document 管理ガイド (Page 171-177)