手動作成 重要

In document 管理ガイド (Page 73-76)

第 5 章 ストレージボリュームの設定

5.1. GDEPLOY を使用した GLUSTER ストレージボリュームの設定

5.3.1. 手動作成 重要

重要

Red Hat は、ブリックにある XFS ファイルシステムを使用した論理ボリューム

のフォーマットをサポートします。

5.3.1.1. シンプロビジョニングされた論理ボリュームの作成シンプロビジョニングされた論理ボリュームの作成

1. pvcreate コマンドを使用して、物理ボリューム(PV)を作成します。

# pvcreate --dataalignment alignment_value device 例:

# pvcreate --dataalignment 1280K /dev/sdb

ここで /dev/sdb は、ストレージデバイスになります。

デバイスに基づいて正しい dataalignment オプションを使用します。詳細はを参照してくださ い。「ブリックの設定」

注記 注記

デバイス名とアライメントの値は、使用しているデバイスによって異なります。

2. vgcreate コマンドを使用して、PV からボリュームグループ(VG)を作成します。

# vgcreate --physicalextentsize alignment_value volgroup device 例:

# vgcreate --physicalextentsize 1280K rhs_vg /dev/sdb 3. 以下のコマンドを使用して thin-pool を作成します。

# lvcreate --thin volgroup/poolname --size pool_sz --chunksize chunk_sz --poolmetadatasize metadev_sz --zero n

例:

# lvcreate --thin rhs_vg/rhs_pool --size 2T --chunksize 1280K --poolmetadatasize 16G --zero n

chunksize およびに適切な値 19章パフォーマンスチューニングを選択するには、必ず読み取る ようにしてください poolmetadatasize。

4. --virtualsize および --thin オプションを指定して lvcreate コマンドを実行し、以前に作成した プールを使用するシンプロビジョニングされたボリュームを作成します。

# lvcreate --virtualsize size --thin volgroup/poolname --name volname 例:

# lvcreate --virtualsize 1G --thin rhs_vg/rhs_pool --name rhs_lv シンプールに 1 つの LV のみを作成することが推奨されます。

5. 対応している XFS 設定を使用してブリックをフォーマットし、ブリックをマウントし、ブリッ クが正しくマウントされていることを確認します。Red Hat Gluster Storage のパフォーマンス を向上させるには、ブリックをフォーマットする 19章パフォーマンスチューニング前に読み込 むようにしてください。

重要 重要

スナップショットは、外部ログデバイスでフォーマットされたブリックでは対応 していません。Red Hat Gluster Storage のブリックをフォーマットするには、-l logdev=device オプションに mkfs.xfs コマンドを使用しないでください。

# mkfs.xfs -f -i size=512 -n size=8192 -d su=128k,sw=10 device

デバイスが作成されたシン LV です。inode サイズは、Red Hat Gluster Storage で使用される 拡張属性に対応するために 512 バイトに設定されます。

6. 次の # mkdir /mountpoint コマンドを実行して、ブリックをリンクするディレクトリーを作成

します。

7. /etc/fstab以下でエントリーを追加します。

# mkdir /rhgs

例:

8. 以下 mount /mountpoint を実行してブリックをマウントします。

9. df -h コマンドを実行して、ブリックが正常にマウントされていることを確認します。

10. SElinux が有効な場合は、以下のコマンドを使用して作成したブリックに手動で設定する必要が

ある SELinux ラベルが必要です。

# semanage fcontext -a -t glusterd_brick_t /rhgs/brick1

# restorecon -Rv /rhgs/brick1

5.3.2. ボリュームの Brick としてのサブディレクトリーの使用

XFS ファイルシステムを作成してマウントし、Red Hat Gluster Storage ボリュームの作成時にブリッ クとしてポイントすることができます。マウントポイントが利用できない場合、データはアンマウント されたディレクトリーのルートファイルシステムに直接書き込まれます。

たとえば、/rhgs ディレクトリーはマウントされたファイルシステムで、ボリューム作成用のブリック として使用されます。ただし、何らかの理由で、マウントポイントが利用できないと、/rhgs ディレク トリー内で書き込みが継続されますが、現在は root ファイルシステム下にあります。

この問題を解決するには、以下の手順を行います。

Red Hat Gluster Storage のセットアップ中に、XFS ファイルシステムを作成してマウントします。マ

ウントしたら、サブディレクトリーを作成し、このサブディレクトリーをボリューム作成のブリックと して使用します。ここで、XFS ファイルシステムはとしてマウントされ /bricksます。ファイルシステ ムが利用可能なら、というディレクトリーを作成し /rhgs/brick1、ボリュームの作成に使用します。1 つのマウントから複数のブリックが作成されないようにします。このアプローチには、以下の利点があ ります。

/rhgs ファイルシステムが利用できない場合は、システムで利用できる/rhgs/brick1 ディレクト リーがなくなりました。そのため、別の場所に書き込むことでデータが失われることはありま せん。

ネストには、追加のファイルシステムは必要ありません。

ボリュームを作成するために、サブディレクトリーをブリックとして使用するには、以下を実行しま す。

1. マウントされたファイルシステムに brick1 サブディレクトリーを作成します。

# mkdir /rhgs/brick1

/dev/volgroup/volname /mountpoint xfs rw,inode64,noatime,nouuid,x-systemd.device-timeout=10min 1 2

/dev/rhs_vg/rhs_lv /rhgs xfs rw,inode64,noatime,nouuid,x-systemd.device-timeout=10min 1 2

# df -h

/dev/rhs_vg/rhs_lv 16G 1.2G 15G 7% /rhgs

2. サブディレクトリーをブリックとして使用し、Red Hat Gluster Storage ボリュームを作成しま す。

# gluster volume create distdata01 ad-rhs-srv1:/rhgs/brick1 ad-rhs-srv2:/rhgs/brick2

3. Red Hat Gluster Storage ボリュームを起動します。

# gluster volume start distdata01 4. ボリュームのステータスを確認します。

# gluster volume status distdata01

注記 注記

同じサーバーから複数のブリックを使用する場合は、ブリックが以下の形式でマウント されていることを確認します。例:

# df -h

/dev/rhs_vg/rhs_lv1 16G 1.2G 15G 7% /rhgs1 /dev/rhs_vg/rhs_lv2 16G 1.2G 15G 7% /rhgs2

各サーバーから 2 つのブリックを持つ分散ボリュームを作成します。例:

# gluster volume create test-volume server1:/rhgs1/brick1 server2:/rhgs1/brick1 server1:/rhgs2/brick2 server2:/rhgs2/brick2

5.3.3. 削除されたボリュームからの Brick の再利用

ブリックは削除したボリュームから再利用できますが、ブリックを再利用できるようにするにはいくつ かの手順が必要になります。

再フォーマットのためのファイルシステム対応ブリック

再フォーマットのためのファイルシステム対応ブリック(Optimal Method)

を実行 # mkfs.xfs -f -i size=512 device して、サポートされている要件に合わせてブリックを再フォー マットし、新規ボリュームですぐに再利用できるようにします。

注記 注記

ブリックを再フォーマットすると、すべてのデータが消去されます。

Brick ディレクトリーの親上のファイルシステムディレクトリーの親上のファイルシステム

ファイルシステムを再フォーマットできない場合は、ブリックディレクトリー全体を削除し、再度作成 します。

In document 管理ガイド (Page 73-76)