Red Hat Gluster Storage ボリュームのマウント

In document 管理ガイド (Page 108-115)

第 6 章 ボリュームへのアクセスの作成

6.2.3. Red Hat Gluster Storage ボリュームのマウント

ネイティブクライアントのインストール後に、データにアクセスするために Red Hat Gluster Storage ボリュームをマウントする必要があります。以下の 3 つの方法を使用できます。

「ボリュームの手動マウント」

「ボリュームの自動マウント」

「ネイティブクライアントを使用したサブディレクトリーの手動マウント」

ボリュームをマウントしたら、に説明されている手順に従って、マウントされたボリュームをテストし

「マウントされたボリュームのテスト」ます。

注記 注記

クライアントはサーバーと同じバージョンを使用し、最低でもサーバーバージョ ンが直前のバージョンである必要があります。Red Hat Gluster Storage 3.5 の場 合、推奨されるネイティブクライアントバージョンは 3.4.z および 3.5 になりま す。他のバージョンについては、を参照してください「ネイティブクライアン ト」。

ボリュームの作成時に選択されるサーバー名は、クライアントマシンで解決でき る必要があります。適切な /etc/hosts エントリー、または DNS サーバーを使用 してサーバー名を IP アドレスに解決します。

Internet Protocol Version 6(IPv6)のサポートは、Red Hat Hyperconverged Infrastructure for Virtualization 環境でのみ利用可能で、Red Hat Gluster Storage スタンドアロン環境では利用できません。

6.2.3.1. コマンドおよびオプションのマウントコマンドおよびオプションのマウント

以下のオプションは、この mount -t glusterfs コマンドの使用時に利用できます。すべてのオプション はコンマで区切る必要があります。

# mount -t glusterfs -o backup-volfile-servers=volfile_server2:volfile_server3:....

..:volfile_serverN,transport-type tcp,log-level=WARNING,reader-thread-count=2,log-file=/var/log/gluster.log server1:/test-volume /mnt/glusterfs

backup-volfile-servers=<volfile_server2>:<volfile_server3>:...:<volfile_serverN>

クライアントをマウントするバックアップ volfile サーバーの一覧。fuse クライアントのマウント中 にこのオプションを指定すると、最初の volfile サーバーに障害が発生すると、マウントが成功する までクライアントをマウントするために volfile サーバーとして指定されたサーバーが backup-volfile-servers 使用されます。

注記 注記

このオプションは、以前で有効 backupvolfile-server ではないように指定されていま した。

ログレベル ログレベル

では、指定されたレベルまたはより高い重大度メッセージのみをログに記録し log-fileます。

log-file

指定されたファイルのメッセージをログに記録します。

transport-type

FUSE クライアントがブリックと通信するのに使用するトランスポートタイプを指定します。ボ

リュームが 1 つのトランスポートタイプでのみ作成されている場合は、値の指定がない場合にデフォ ルトになります。tcp,rdma ボリュームの場合は、tcp がデフォルトになります。

dump-fuse

このマウントオプションは、glusterfs クライアント(ユーザー空間サーバー)とカーネル間の Fuse トラフィックのダンプを作成します。glusterfs ボリュームをマウントするインターフェースは、CLI から標準の mount(8)コマンドです。この機能は、マウントオプションで同じ機能を有効にします。

# mount -t glusterfs -odump-fuse=filename hostname:/volname mount-path 例:

# mount -t glusterfs -odump-fuse=/dumpfile 10.70.43.18:/arbiter /mnt/arbiter 上記のコマンドは、名前のバイナリーファイルを生成し dumpfileます。

注記 注記

fusedump は時間と共に大きくなり、特にクライアントに負荷が大きい場合に増加し

ます。したがって、通常の使用中に fusedump を実行するためのユースケースではあ りません。診断目的で、特定のシナリオからダンプを取得する場合は、これを使用す ることを推奨します。

ダンプを停止するには、fusedump オプションなしでボリュームをアンマウントし、

再マウントする必要があります。

ro

読み取り専用パーミッションでファイルシステムをマウントします。

acl

マウント時に POSIX アクセス制御リストを有効にします。詳細「マウントされたボリュームでの ACL 有効化の確認」はを参照してください。

background-qlen=n

FUSE は、後続のリクエストが拒否されるまで、キューに追加するリクエストの数 n を処理できる

ようにします。デフォルト値は 64 です。

enable-ino32

ファイルシステムが 64 ビットの inode ではなく 32 ビットの inode を提供できるようにします。

reader-thread-count=n

FUSE では、I/O パフォーマンスを向上させることができるリーダースレッドの数を n 個追加できま

す。デフォルト値は n です 1。 lRU-limit

この mount コマンドは、inode の制限に達した後も、最近使用された一覧(lru)の一覧から inode を 削除します。

例:

# mount -olru-limit=NNNN -t glusterfs hostname:/volname /mnt/mountdir

NNNN は正の整数です。NNNN のデフォルト値は 128k(131072)で、推奨される値は 20000 以降で す。として指定 0 されている場合は lru-limit、lru-list から inode が無効にならないことを意味しま す。

6.2.3.2. ボリュームの手動マウントボリュームの手動マウント

Red Hat Gluster Storage ボリュームまたはサブディレクトリーの手動マウントボリュームまたはサブディレクトリーの手動マウント マウントポイントを作成し、必要に応じて以下のコマンドを実行します。

Red Hat Gluster Storage ボリュームの場合ボリュームの場合

mount -t glusterfs HOSTNAME|IPADDRESS:/VOLNAME /MOUNTDIR Red Hat Gluster Storage ボリュームのサブディレクトリーボリュームのサブディレクトリー

mount -t glusterfs HOSTNAME|IPADDRESS:/VOLNAME/SUBDIRECTORY /MOUNTDIR

注記 注記

mount コマンドで指定するサーバーは、ボリューム名を説明する glusterFS 設定 volfile を取得するために使用されます。その後、クライアントは volfile に記載されているサー バーと直接通信します(マウントに使用されるサーバーが含まれていない場合がありま す)。

1. ボリューム用にマウントポイントが作成されていない場合は、mkdir コマンドを実行してマウ ントポイントを作成します。

2. タスクのサマリーのキーをガイドとして使用して mount -t glusterfs コマンドを実行します。

1. Red Hat Gluster Storage ボリュームの場合:

# mount -t glusterfs server1:/test-volume /mnt/glusterfs 2. Red Hat Gluster Storage ボリュームのサブディレクトリー

# mount -t glusterfs server1:/test-volume/sub-dir /mnt/glusterfs

6.2.3.3. ボリュームの自動マウントボリュームの自動マウント

ボリュームは、システムを起動するたびに自動的にマウントできます。

mount コマンドで指定するサーバーは、ボリューム名を説明する glusterFS 設定 volfile を取得するため に使用されます。その後、クライアントは volfile に記載されているサーバーと直接通信します(マウン トに使用されるサーバーが含まれていない場合があります)。

ボリュームの自動マウント ボリュームの自動マウント

サーバーの起動時に Red Hat Gluster Storage ボリュームを自動的にマウントします。

1. テキストエディターで /etc/fstab ファイルを開きます。

2. 以下の設定を fstab ファイルに追加します。

Red Hat Gluster Storage ボリュームの場合ボリュームの場合

HOSTNAME|IPADDRESS:/VOLNAME /MOUNTDIR glusterfs defaults,_netdev 0 0

# mkdir /mnt/glusterfs

Red Hat Gluster Storage ボリュームのサブディレクトリーボリュームのサブディレクトリー

HOSTNAME|IPADDRESS:/VOLNAME/SUBDIRECTORY /MOUNTDIR glusterfs defaults,_netdev 0 0

サーバー名の例を使用すると、エントリーには以下の置き換えられた値が含まれます。

server1:/test-volume /mnt/glusterfs glusterfs defaults,_netdev 0 0 または

server1:/test-volume/subdir /mnt/glusterfs glusterfs defaults,_netdev 0 0 トランスポートタイプを指定する場合は、以下の例を確認してください。

server1:/test-volume /mnt/glusterfs glusterfs defaults,_netdev,transport=tcp 0 0 または

server1:/test-volume/sub-dir /mnt/glusterfs glusterfs defaults,_netdev,transport=tcp 0 0

6.2.3.4. ネイティブクライアントを使用したサブディレクトリーの手動マウントネイティブクライアントを使用したサブディレクトリーの手動マウント

Red Hat Gluster Storage 3.x では、1 つの Gluster ボリュームを異なるクライアントと共有でき、すべて ボリューム名前空間のサブセットのみをマウントできます。この機能は、すでにエクスポートしたボ リュームのサブディレクトリーをエクスポートできる NFS サブディレクトリーマウント機能と似てい ます。この機能を使用して、特定のボリュームへのフルアクセスを制限することもできます。

サブディレクトリーのマウントには、以下の利点があります。

namespace の分離を提供し、他のユーザーとの namespace の競合をリスクにさらすことな

く、複数のユーザーがストレージにアクセスできるようにします。

マウントが失敗した場合、root ファイルシステムが満杯にならないようにします。

ネイティブクライアントを使用してサブディレクトリーをマウントするには、以下のコマンドのいずれ かを実行します。

# mount -t glusterfs hostname:/volname/subdir /mount-point または

# mount -t glusterfs hostname:/volname -osubdir-mount=subdir /mount-point 例:

# gluster volume set test-vol auth.allow

"/(192.168.10.*|192.168.11.*),/subdir1(192.168.1.*),/subdir2(192.168.8.*)”

上記の例では、以下のようになります。

auth.allow auth.allow

auth.allow オプションでは、auth.allow オプションの値として指定されたディレクトリーのみ をマウントできます。

auth-allow の各グループはコンマ(,)で区切られます。

各グループには、有効な IP アドレスを含むディレクトリー ()が括弧で区切られています。

すべてのサブディレクトリーはで始まります。つまり /、ボリュームへの相対パスはありません が、すべてが絶対パスであり、ボリューム / のルートディレクトリーになります。

注記 注記

デフォルトでは、ボリューム内の指定さ *れたサブディレクトリーをすべてのクライアン トがマウントできる認証はになります。

6.2.3.5. マウントされたボリュームのテストマウントされたボリュームのテスト マウントされた

マウントされた Red Hat Gluster ストレージボリュームのテストストレージボリュームのテスト

コマンドラインを使用して、Red Hat Gluster Storage ボリュームが正常にマウントされていることを 確認します。3 つのコマンドはすべて、一覧にある順序で実行することも、個別に使用してボリューム が正常にマウントされていることを確認できます。

前提条件 前提条件

「ボリュームの自動マウント」、または

「ボリュームの手動マウント」

1. 以下の mount コマンドを実行して、ボリュームが正常にマウントされたかどうかを確認しま

す。

# mount

server1:/test-volume on /mnt/glusterfs type

fuse.glusterfs(rw,allow_other,default_permissions,max_read=131072 または

# mount

server1:/test-volume/sub-dir on /mnt/glusterfs type

fuse.glusterfs(rw,allow_other,default_permissions,max_read=131072

ボリュームのマウント時にトランスポートオプションを使用する場合は、マウントのステータ スに、ボリューム名にトランスポートタイプが追加されます。たとえば、transport=tcp の場合 は以下のようになります。

# mount

server1:/test-volume.tcp on /mnt/glusterfs type

fuse.glusterfs(rw,allow_other,default_permissions,max_read=131072 または

In document 管理ガイド (Page 108-115)