ボリュームの作成

In document 管理ガイド (Page 37-40)

第 5 章 ストレージボリュームの設定

5.1. GDEPLOY を使用した GLUSTER ストレージボリュームの設定

5.1.4. ボリュームの作成

[lv1]

action=create vgname=RHS_vg1 lvname=engine_lv lvtype=thick size=10GB

mount=/rhgs/brick1 [lv2]

action=create vgname=RHS_vg1 poolname=lvthinpool lvtype=thinpool

poolmetadatasize=200MB chunksize=1024k

size=30GB [lv3]

action=create

lvname=lv_vmaddldisks poolname=lvthinpool vgname=RHS_vg1 lvtype=thinlv mount=/rhgs/brick2 virtualsize=9GB [lv4]

action=create

lvname=lv_vmrootdisks poolname=lvthinpool vgname=RHS_vg1 size=19GB

lvtype=thinlv mount=/rhgs/brick3 virtualsize=19GB 既存の VG を拡張する例:

#

# Extends a given given VG. pvname and vgname is mandatory, in this example the

# vg `RHS_vg1' is extended by adding pv, vdd. If the pv is not alreay present, it

# is created by gdeploy.

# [hosts]

10.70.46.130 10.70.46.32 [vg2]

action=extend vgname=RHS_vg1 pvname=vdd

ボリュームのセットアップには、ホスト名/IP を選択し、慎重に順序を選択して長いコマンドを記述す る必要があります。これは、エラーが発生する可能性があります。gdeploy はこのタスクを簡素化する のに役立ちます。gdeploy がインストールされると、設定ファイルのサンプルがに作成されます。

/usr/share/doc/gdeploy/examples/gluster.conf.sample

たとえば、3 x 3 の基本的な信頼済みストレージプールでは、設定ファイルの設定詳細を以下のように 複製します。

[hosts]

10.0.0.1 10.0.0.2 10.0.0.3 10.0.0.4 [volume]

action=create volname=glustervol transport=tcp,rdma replica=yes

replica_count=3

brick_dirs=/glus/brick1/b1,/glus/brick1/b1,/glus/brick1/b1 force=yes

可能な値の詳細は、を参照してください。「設定ファイル」

設定ファイルを変更したら、コマンドを使用して設定を呼び出します。

# gdeploy -c txt.conf 複数のボリュームの作成 複数のボリュームの作成

注記 注記

gdeploy 2.0 からのみ複数のボリュームを作成することをサポート。この設定を試す前

に、gdeploy バージョンを確認してください。

1 つの設定で複数のボリュームを作成する場合には、[volume] モジュールに番号を付ける必要がありま す。たとえば、2 つのボリュームがある場合は、[volume1]、[volume2] という番号が付けられます。

vol-create.conf

[hosts]

10.70.46.130 10.70.46.32 10.70.46.16 [backend-setup]

devices=vdb,vdc,vdd,vde mountpoints=/mnt/data{1-6}

brick_dirs=/mnt/data1/1,/mnt/data2/2,/mnt/data3/3,/mnt/data4/4,/mnt/data5/5,/mnt/data6/6 [volume1]

action=create

volname=vol-one transport=tcp replica=yes replica_count=3

brick_dirs=/mnt/data1/1,/mnt/data2/2,/mnt/data5/5 [volume2]

action=create volname=vol-two transport=tcp replica=yes replica_count=3

brick_dirs=/mnt/data3/3,/mnt/data4/4,/mnt/data6/6

gdeploy 2.0 では、複数のボリュームオプションを設定してボリュームを作成できます。キーの数は、

値の数に一致する必要があります。

[hosts]

10.70.46.130 10.70.46.32 10.70.46.16 [backend-setup]

devices=vdb,vdc

mountpoints=/mnt/data{1-6}

[volume1]

action=create volname=vol-one transport=tcp replica=yes replica_count=3

key=group,storage.owner-uid,storage.owner-gid,features.shard,features.shard-block-size,performance.low-prio-threads,cluster.data-self-heal-algorithm

value=virt,36,36,on,512MB,32,full

brick_dirs=/mnt/data1/1,/mnt/data3/3,/mnt/data5/5 [volume2]

action=create volname=vol-two transport=tcp replica=yes

key=group,storage.owner-uid,storage.owner-gid,features.shard,features.shard-block-size,performance.low-prio-threads,cluster.data-self-heal-algorithm

value=virt,36,36,on,512MB,32,full replica_count=3

brick_dirs=/mnt/data2/2,/mnt/data4/4,/mnt/data6/6

上記の設定では、複数のボリュームオプションが設定されている 2 つのボリュームが作成されます。

5.1.5. クライアントのマウント

クライアントをマウントする場合、マウントする必要があるすべてのクライアントにログインするので

はなく、gdeploy を使用してクライアントをリモートでマウントできます。gdeploy がインストールさ

れると、設定ファイルのサンプルがに作成されます。

/usr/share/doc/gdeploy/examples/gluster.conf.sample

以下は、クライアントをマウントするための設定ファイルの変更例です。

[clients]

action=mount hosts=10.70.46.159 fstype=glusterfs

client_mount_points=/mnt/gluster volname=10.0.0.1:glustervol

注記 注記

ファイルシステムのタイプ(fstype)が NFS の場合は、と記載し nfs-versionます。デフォ ルトのバージョンはです 3。

可能な値の詳細は、を参照してください。「設定ファイル」

設定ファイルを変更したら、コマンドを使用して設定を呼び出します。

# gdeploy -c txt.conf

In document 管理ガイド (Page 37-40)