1.3  Commissioning Wizard - ステップごと

1.3.6   SDH 同期

1章 Cisco Edge Craft の開始 1.3  Commissioning Wizard - ステップごと

1章 Cisco Edge Craft の開始

1.3  Commissioning Wizard - ステップごと

1.3.6.2 ONS 15305

ステップ 1 同期ソースの数を定義します。ソースごとのパラメータは、次のとおりです。

1-5 SEC(T0)同期 - ONS 15305 - パラメータ

パラメータ 用途 説明

Slot 大本のソース スロット位置の ID Port 大本のソース ポート位置の ID Type 同期ソースのタイプ。STM-n、E1

ポート、または外部同期ポート

E1 ポートを同期ソースとして使用す るのが望ましい場合は、PRA モード が必須です。

SSM 同期ステータスメッセージングの アクティブ化

STM-n タイプにだけ適用可能

Lockout 設定/クリア 設定:指定された同期ソースを選択

対象から一時的に除外するために使 用します。

クリア:以前にロック アウトされた 基準ソースを再度選択対象にするた めに使用します。

HoldOffTime 選択された同期基準でアラームが

検出されると、SEC は指定された保 持時間中ホールドオーバー モード になります。保持時間が経過する と、選択処理で、QL が最も高くて エラーの発生していない同期基準 に切り替わります。

範囲:300〜1800 ミリ秒

Wait-to-restore Time 指定された同期ソースがアラーム

状態から回復しても、その後の選択 処理で対象となるには、この復元時 間の間、信号に障害が発生していな いことが条件となります。

WTR タイマは、0〜12 分(1 分ご

と)の範囲で設定できます。

WTR 時 刻 は、受 け 取 っ た SSM 値

(QL-PRC、QL-SSU-T、QL-SSU-L、

QL-SEC、QL-DNU)によって反映さ

れる QL の変更には適用されません。

AdminQuality この同期基準に指定された品質 SSM が使用されている場合は、適用

できません。使用できるオプション は次のとおりです。

- SEC - SSUL - SSUT - PRC

Priority ソースの優先順位 1〜5

1章 Cisco Edge Craft の開始 1.3  Commissioning Wizard - ステップごと

1.3.6.3   ONS 15302

ステップ 1 使用可能な同期ソースのリストから同期ソースを 1 つ選択します。

1.3.6.4 2048 KHz 出力(T4)同期の編集

(注) ONS 15305 だけ。

ステップ 1 同期ソースの必要な数を定義します。パラメータ構造は T0 ソース構造と同じですが、同期ソース タイプの選択は、SDH ポートまたは内部クロックの選択に限定されます。

詳細については、4.6.1 「SDH の同期」(P.4-36)を参照してください。

OperQuality 同期基準の実際の状態 状態は次のとおりです。

- Failed - DoNotUse - SEC - SSUT - SSUL - PRC

PortDescription ポートに指定された記述の表示

1-6 SEC(T0)同期 - ONS 15302 - パラメータ

パラメータ 用途 説明

Administrative 同期ソースを選択するオプショ

オプション:

- ローカル

- アクティブ SDH(MSP 1+1 を使用する場合に 推奨)

- SDH:1

- SDH:2(ハードウェア依存)

- PDH (E1):1〜12

E1 ポートを同期ソースとして使用するのが望 ましい場合は、PRA モードが必須です。

Operational 使用可能な同期ソースの表示

1-5 SEC(T0)同期 - ONS 15305 - パラメータ (続き)

パラメータ 用途 説明

1章 Cisco Edge Craft の開始

1.3  Commissioning Wizard - ステップごと

1-7 2048 KHz 出力(T4)同期 - ONS 15305 - パラメータ

パラメータ 用途 説明

Slot 大本のソーススロット位置の ID Port 大本のソースポート位置の ID Type 同期ソースのタイプ。STM-n または内

部クロック

SSM 同期ステータス メッセージングのア クティブ化

STM-n タイプにだけ適用可能。STM-n

ポートは、デフォルトで DoNotUse を 送信します。使用する設定に適合する ようにこのパラメータを変更します。

Lockout 設定/クリア 設定:指定された同期ソースを選択対

象から一時的に除外するために使用 します。

クリア:以前にロック アウトされた 基準ソースを再度選択対象にするた めに使用します。

HoldOffTime 選択された同期基準でアラームが検

出されると、SEC は指定された保持時 間中ホールドオーバー モードになり ます。保持時間が経過すると、選択処 理で、QL が最も高くてエラーの発生 していない同期基準に切り替わりま す。

範囲:300〜1800 ミリ秒

W a i t - t o - r e s t o r e Time

指定された同期ソースがアラーム状 態から回復しても、その後の選択処理 で対象となるには、この復元時間の 間、信号に障害が発生していないこと が条件となります。

WTR タイマは、0〜12 分(1 分ごと)

の範囲で設定できます。

WTR 時 刻 は、受 け 取 っ た SSM 値

(QL-PRC、QL-SSU-T、QL-SSU-L、

QL-SEC、QL-DNU)によって反映さ れる QL の変更には適用されません。

AdminQuality この同期基準に指定された品質 SSM が使用されている場合は、適用

できません。使用できるオプションは 次のとおりです。

- SEC - SSUL - SSUT - PRC

Priority ソースの優先順位 1〜5

OperQuality 同期基準の実際の状態 状態は次のとおりです。

- Failed - DoNotUse - SEC - SSUT - SSUL - PRC

PortDescription ポートに指定された記述の表示

1章 Cisco Edge Craft の開始 1.3  Commissioning Wizard - ステップごと

In document Cisco Edge Craft ソフトウェア ガイド Software Release 2.0 (Page 60-64)