PCT における補正

ドキュメント内 Organized by the Japan Patent Office (JPO) Document prepared by the International Bureau (Page 136-141)

The International Patent System

Amendments-3 30.07.2014

The International Patent System

第 19 条に基づく補正(規則 46 )(2)

IBに直接提出する(規則46.2)

⼀般的に、仮保護の範囲(適⽤される場合)をより明確に規定す るために⽤いられる

国際出願の⼀部として出願時における請求の範囲とともに優先⽇

から18ヶ⽉経過後に公開される(規則48.2(f))

第 34 条に基づく補正

(規則 53.9 及び 66.3 乃⾄ 66.9 )(1)

第II 章に基づく国際予備審査において、明細書、請求の範囲及び図

⾯の補正が可能

補正書は以下の時期に提出すべきである

 当該補正に基づいた審査のために、国際予備審査請求書ととも に (規則53.9)、⼜は、

 遅くとも国際予備審査請求書の提出期間(規則54の2.1(a))が 経過する前に

留意事項: 審査官がさらなる⾒解書や報告書の作成を開始した後に補

Amendments-5 30.07.2014

The International Patent System

第 34 条に基づく補正

(規則 53.9 及び 66.3 乃⾄ 66.9 )(2)

補正は、出願時における国際出願の開⽰の範囲を超えてしてはな らない(第34条(2)(b))

補正が出願時における国際出願の開⽰の範囲を超えてされた場合 には、国際予備審査報告はその補正がされなかったものとして作 成され、当該報告にはその旨を表⽰する

また、当該報告にはその開⽰の範囲を超えてされた補正と認める 理由を記載する(規則70.2(c))

国際段階での補正の種類の⽐較

第I 章(第19条)

 全ての指定官庁に有効

 請求の範囲のみ

 ISR及びISA⾒解書の受領後に 提出

 IBに直接提出(ISAではない)

 IBによる⽅式審査

第II 章(第34条)

 全ての選択官庁に有効

 明細書、請求の範囲、図⾯

 望ましくは国際予備審査請求書とと もに、⼜はIPEAによる審査中に提出

 IPEAに直接提出

 IPEAによる⽅式及び実体審査

Amendments-7 30.07.2014

The International Patent System

補正の⽅法(規則 46.5 及び 66.8 )

19条⼜は第34条に基づいた請求の範囲の補正を⾏う場合、完全な

⼀式の請求の範囲を含む差替え⽤紙を提出しなければならない

出願⼈は出願時における国際出願中の補正の根拠を⽰さなければな らない、さもなければ、補正がなかったものとしてIPRP(第II 章)

が作成される

⼀部の請求の範囲を削除する場合、残りの請求の範囲の再番号付け は要求されない

請求する補正の内容を説明する添付書簡が求められる

更なる詳細: 実施細則第205号

第 19 条に基づく補正を含む差替え⽤紙

受理官庁には提出しないこと

IBに直接提出しなければならない(ePCTの利⽤が推奨される)

明⽩な誤記の訂正(規則91)は19条補正と区別されなければならず、

ISAに直接提出する

Amendments-9 30.07.2014

The International Patent System

第 34 条に基づく補正を含む差替え⽤紙

ePCTにおいて国際予備審査請求書を作成する際に提出可能

もしくは、管轄IPEAに直接提出しなければならない

明⽩な誤記の訂正(規則91)は34条補正と区別されなければならな い

国内段階移⾏の際の補正

(第 28 条、第 41 条、規則 52 及び 78 )

明細書、請求の範囲及び図⾯の補正が可能

期限= 通常、国内段階移⾏の要件を満たしてから少なくとも1ヶ⽉

(すなわち、第22条⼜は第39条(1) に基づく期限からではない)

各国の国内法令によってはさらに遅い期限を適⽤

指定官庁及び選択官庁ごとに異なる補正が可能

通常、国内段階で必要となる請求の範囲に対する⼿数料は国内段階に

The International Patent System

ドキュメント内 Organized by the Japan Patent Office (JPO) Document prepared by the International Bureau (Page 136-141)