トップPDF intro medicine 120417 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120417 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120417 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 管状骨ともいう(髄腔をもち、中に骨髄を入れる) – 大腿骨、脛骨、腓骨ほか • 短骨、扁平骨、含気骨 – 骨幹や骨端区別がない、多様な形と大きさ – 扁平骨:内外2枚緻密質間に海綿質があり

87 さらに読み込む

exam medicine 110726 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

exam medicine 110726 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

(8)アシドーシスによって血漿に増加するイオンはどれか ① ナトリウムイオン ② 水素イオン ③ カリウムイオン ④ カルシウムイオン ⑤ マグネシウムイオン (9)血清クレアチニン濃度増加はどの器官機能低下と関連するか ① 心臓 ② 肝臓 ③ 腎臓 ④ 膵臓 ⑤ 肺 (10)成人男性では体重何%を体液が占めるか

7 さらに読み込む

biochem 120417 2 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120417 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 主食は1食につき、ご飯茶わん に軽く1膳。6枚切り食パンな ら1枚。1日にとる動物性たんぱ く質は、肉類60~70グラムと魚 介類80グラム。さらに卵1個、牛 乳コップ1杯(200ミリ・リットル)。 大豆、海藻、イモ類、果物、油脂、 緑黄色野菜もとる。

43 さらに読み込む

intro medicine 110412 2 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 110412 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

55 腰椎椎間板ヘルニア治療 • 腰椎椎間板ヘルニアは自然経過で軽快するものが多いとい われています。現在まで研究では腰椎椎間板ヘルニア およそ 80-85 %症例は自然経過で軽快すると報告されて います。

88 さらに読み込む

intro medicine 100406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 矢状面ひと つで、 身体正中線を通り 、 ただ一つ し かない面を( ③) と いう 。 • 矢状面に対し 直角をなし 、 身体を前後に2 分する左 右方向すべて縦断面を( ④) と いう 。

42 さらに読み込む

intro medicine 100413 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100413 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

眼窩壁骨折症状 • 骨折部から は眼窩内脂肪組織や眼を動かす筋肉 などがはみ出し ますので、 眼が落ち窪んだり ( 眼球 陥没) 、 眼動きが悪く なっ て物が二重に見える( 複

50 さらに読み込む

intro medicine 100420 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100420 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 肩甲骨は逆三角形をし た扁平な骨で、 背部で第2 肋 骨から 第8 肋骨にかけてある。 ( ③) は上外側にあり 、 上腕骨と 肩関節をつく る。 ( ④) と ( ⑤) は背部皮下で 触知できる。 小胸筋・ 烏口腕筋や靭帯付着部を

69 さらに読み込む

intro medicine 100427 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100427 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 靱帯損傷、 と く に前十字靱帯損傷に合併するこ と が多い。 前十字靱帯損傷により 、 関節が不安定 になり 正し い運動がおこ なわれなく なると 、 半月 版に過度負荷がかかり 、 断裂にいたる。

98 さらに読み込む

homework medicine 120612 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120612 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 医学概論 2012/6/12 1.尿道・膣・直腸位置関係を述べよ。 2.子宮傾きならびに折れ曲がり方は何と呼ばれるか。 3.射精管と尿道合流点付近を取り巻く位置にある臓器を答えよ。 4.尿生殖隔膜構成要素を答えよ。

1 さらに読み込む

homework medicine 120515 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120515 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

12.酸素は赤血球中何によって運搬されるか? 13.酸素解離曲線とは何か。また、その形を述べよ。 14.喫煙は酸素解離曲線にどのような影響を及ぼすか? 15.高山病原因は何か。高地住民はどのようにして適応しているか調べよ。

1 さらに読み込む

homework medicine 120605 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120605 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

14.ヘンレループにおける水再吸収しくみについて述べよ。 15.尿に排出される水およびナトリウムイオン調節しくみを簡潔に述べよ。 16. ADH とは何略か。どこから分泌されるか。はたらきは何か。調節しくみは? 17.アルドステロンとアンギオテンシンと関係について述べよ。

1 さらに読み込む

homework medicine 120619 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120619 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

9. PTH とカルシトニンと機能を比較せよ。 10.インスリンはどこから分泌されるか。また、インスリンはたらきを列挙せよ。 11.グルカゴンはどこから分泌されるか。また、グルカゴンはたらきを列挙せよ。 12.副腎皮質構造と、それぞれ場所から分泌されるホルモンについて説明せよ。 13.グルココルチコイド機能について説明せよ。

1 さらに読み込む

homework medicine 120626 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120626 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

16.橋脳神経核を答えよ。 17.延髄にはどのような自律神経機能中枢があるか。 18.皮膚感覚伝導路は、痛覚・温度覚と触覚・温度覚とでは何が共通で、何が異なる か。

1 さらに読み込む

homework medicine 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

8.外転神経麻痺によってどのような眼球運動障害がみられるか? 9.耳小骨とは何か。 10.内耳構造について述べよ。 11.前庭窓と蝸牛窓について、説明せよ。また、外リンパでみたされる空間について説 明せよ。

1 さらに読み込む

homework medicine 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

19. ABO 血液型における凝集源、凝集素について説明せよ。 20. Rh 血液型について説明せよ。 21.下肢深部静脈血栓症について説明せよ。 22.ビタミン K とワーファリンと関係を説明せよ。

1 さらに読み込む

intro medicine 100525 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100525 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

に合流する。 酸素と 栄養に富む( ③) が流れている。 • ( ④) 動脈は胎児左右( ⑤) 動脈から でた( ⑥) 本 血管で、 胎児が産出し た二酸化炭素と 老廃物を ( ⑦) に送る。

53 さらに読み込む

intro medicine 100518 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100518 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 開いていた動脈弁が閉じ るは、 – 動脈圧  >  心室圧 – ( ただし 、 動脈圧が心室圧を少し 上回っ ても 、 心室から 流出し よう と する血液流れ勢いがなく なるまで開いている)

44 さらに読み込む

intro medicine 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 眼筋:見る動作ため眼球運動を行う – 固視 (to fixate) :対象物を中心で的確に(静止像として)見ている状態 – 注視 (gaze) :対象物方向に視線を固定する – 対象物移動に視線を追従させる

28 さらに読み込む

intro medicine 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 開いていた動脈弁が閉じるは、 – 動脈圧 > 心室圧 – (ただし、動脈圧が心室圧を少し上回っても、心室から流出しよう とする血液流れ勢いがなくなるまで開いている)

95 さらに読み込む

intro medicine 120508 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120508 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

急性喉頭蓋炎による死亡例 • 60 歳、男性。 元来健康であった。 • 17 時、勤務中に左咽頭痛を自覚した。疼痛は徐々に増加した。 18 時に帰 宅。うがいにより左咽頭痛は軽減せず、さらに右咽頭痛と左頚部 腫脹

47 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題