トップPDF homework medicine 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

医学概論 復習資料 (第1回 人体構成要素と場所 2012/04/10 ) 1.人体は大きく頭(顔を含む) 、頚、体幹、体肢に区分される。このうち、頭は(①) 部位と顔部位に分類される。また、体幹は胸部位 、 (②)部位、背部位、 (③) 部位に、さらに、体肢は( ④)部位と(⑤)部位に区分される。このように、人体は 9つ部位に区分される。

1 さらに読み込む

intro medicine 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

52 熱帯へ旅行後発熱 • 17 歳男性。救急外来受診。 2 日続く頭痛、発 熱、断続的な発汗。最近、3週間ナイジェリア に旅行した。帰国時は問題なし。今日になっ て頭痛がどんどんひどくなり、胆汁性嘔吐、 動悸、発汗がするようになった。

57 さらに読み込む

intro medicine 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 開いていた動脈弁が閉じるは、 – 動脈圧 > 心室圧 – (ただし、動脈圧が心室圧を少し上回っても、心室から流出しよう とする血液流れ勢いがなくなるまで開いている)

95 さらに読み込む

intro medicine 120508 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120508 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

急性喉頭蓋炎による死亡例 • 60 歳、男性。 元来健康であった。 • 17 時、勤務中に左咽頭痛を自覚した。疼痛は徐々に増加した。 18 時に帰 宅。うがいにより左咽頭痛は軽減せず、さらに右咽頭痛と左頚部 腫脹

47 さらに読み込む

intro medicine 120529 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120529 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

34 消化管と腹膜位置関係 • 腹膜が包む臓器 – 胃、小腸(十二指腸一部除く)、大腸(直腸下部除く)、 肝臓、脾臓、精巣、卵巣、子宮上部、膀胱後上部 – 骨盤内臓表面→腹腔内に袋状窪み

35 さらに読み込む

intro medicine 120605 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120605 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

Lippincott Williams & Wilkins Atlas of Anatomy Plate 5-30 Kidneys and Retroperitoneum. 背面像[r]

26 さらに読み込む

intro medicine 120612 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120612 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

胚性幹細胞( ES 細胞):内部 細胞塊を取り出して人工的に 培養したもの. 胚盤胞.[r]

29 さらに読み込む

intro medicine 120619 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120619 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

(ポジティ ブフィー ドバック) 抑制. (ネガティ ブフィード バック)[r]

30 さらに読み込む

intro medicine 120626 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120626 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• VII :顔面神経 • VIII :内耳神経 • IX :舌咽神経 • X :迷走神経 • XI :副神経 • XII :舌下神経 動眼 (I) 、滑車 (IV) 、外転 (VI) 神経:眼球運動 三叉 (V) 神経→眼神経、上顎神経、下顎神経 顔面 (VII) 神経→表情筋を支配

51 さらに読み込む

intro medicine 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 眼筋:見る動作ため眼球運動を行う – 固視 (to fixate) :対象物を中心で的確に(静止像として)見ている状態 – 注視 (gaze) :対象物方向に視線を固定する – 対象物移動に視線を追従させる

28 さらに読み込む

homework biochem 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012.5.1 ) 1.炭水化物は最終的にどこでどのようにして単糖にまで分解されるか。 2.小腸粘膜上皮が単糖を吸収するしくみについて説明せよ。 3.乳糖不耐症原因、発症誘引、ならびに症状について説明せよ。 4.細胞は何によってグルコースを取り込むか。

1 さらに読み込む

exam medicine 110726 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

exam medicine 110726 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

(47)頭蓋骨縫合について正しいものはどれか ① 矢状縫合は後頭骨と頭頂骨と縫合である。 ② 冠状縫合は頭頂骨どうし縫合である。 ③ ラムダ縫合は頭頂骨と前頭骨と縫合である。 ④ 小泉門は後頭部に存在し生後1年半から2年で閉鎖する。

7 さらに読み込む

homework biochem 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

13.フルクトースが環状化する場合、立体構造にどのようなヴァリエーションが生じる か述べよ。 14.二糖例と、構成する単糖について述べよ。 15.グリコシド結合はどのような官能基間でおこなわれるか、つまり、一方はどのよう な炭素に結合したどのような官能基で、もう一方はどのような官能基か、答えよ。

1 さらに読み込む

intro medicine 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

股関節運動(3) • 外旋: 内旋逆 • 内旋: (例)仰向けになって片方膝を曲げ、 下腿と足を正中から外側に向かって動かすと、 下腿と足は外側に動くが、大腿骨は内側にむ かって回旋する。

36 さらに読み込む

intro medicine 110426 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 110426 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 頭蓋腔内静脈には脳から返る血液を受け、内頚 静脈に注ぐ(③)がある。 • (④)は腹腔内胃や腸など消化管、膵臓および 脾臓から血液を集めて1本となり、肝門から肝臓 に運ぶ長さ6~8cmほど静脈である。

95 さらに読み込む

intro medicine 100629 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100629 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

23 赤血球沈降速度( 血沈、 赤沈) • 血液にク エン酸ナト リ ウムを加えて凝固を防 ぎ、 ピペッ ト に入れ、 垂直に立てて凝集し て下 降する赤血球1 時間値を赤血球沈降速度 ( 血沈、 赤沈) と いう 。

29 さらに読み込む

intro medicine 100706 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100706 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 変形部位、 栄養状態、 体水分状態、 震えや身体動き、 毛髪分布、 肌色、 湿疹、 結節、 黄色腫、 浮腫、 静脈 拡張、 ( 結膜) 蒼白、 黄疸、 チアノ ーゼ、 多血症、 など – 左右差: 異常側と 正常側と 比較

50 さらに読み込む

intro medicine 100713 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 100713 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

30 外科治療医選択際に考慮するこ と • 手術方法 – 新し い術式( 手術方法) では手術侵襲度( どれく ら い切るか) が低 いこ と が多いが、 リ スク を伴う こ と も ある。

38 さらに読み込む

intro medicine 110405 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 110405 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

(真核生物)細胞構造 • 原形質:細胞質と核。表面に細胞膜 • 細胞質に含まれる細胞内小器官(オルガネラ) – ミトコンドリア、ゴルジ装置、中心小体、リボソーム、ライソ ソーム、など

36 さらに読み込む

intro medicine 110419 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 110419 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 広範囲筋萎縮。最初は外眼筋や眼瞼部から生じる( →眼瞼下垂) • 圧挫症候群 – 災害時など、体幹や体肢へ持続的な圧迫 →筋虚血、壊死 – ミオグロビンが腎臓を傷害する。

36 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題