トップPDF homework biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012.5.1 ) 1.炭水化物は最終的にどこでどのようにして単糖にまで分解されるか。 2.小腸粘膜上皮が単糖を吸収するしくみについて説明せよ。 3.乳糖不耐症原因、発症誘引、ならびに症状について説明せよ。 4.細胞は何によってグルコースを取り込むか。

1 さらに読み込む

biochem 110406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• エンタルピー:反応中に放出または吸収される熱 • エントロピー:乱雑さ目安 • 原子間結合力がエネルギー源 – 電子は原子間腕としてしばしば描かれる。実際には電子所在: 軌道(原子軌道、分子軌道)どこか

26 さらに読み込む

biochem 110412 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110412 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– NADH は細胞質からミトコンドリアに「シャトル」(リンゴ酸- アスパラギン酸シャトル)を用いて運ばれる。細胞質オキ サロ酢酸が消費される。 • NADH過剰状態→細胞質オキサロ酢酸、ピルビン 酸減少→糖新生抑制

55 さらに読み込む

biochem 110419 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110419 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

36 単糖環化(2) • なかでも、もっとも末端キラル中心炭素(つまり、 端から2番目ヒドロキシ基)についているヒドロキ シ基は、アルデヒド炭素に接近しやすい位置にある。

61 さらに読み込む

biochem 100713 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100713 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 初期段階: 遺伝的素因を持つ人がウイ ルスや毒素 にさ ら さ れるこ と でβ 細胞崩壊が始まる • ゆっ く り と し たβ 細胞破壊段階: • 臨床的な糖尿病段階: イ ンスリ ン分泌能力が閾値以

26 さらに読み込む

biochem 100622 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100622 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

新生児黄疸 特に未熟児場合に、 ビリ ルビング ルク ロニルト ラ ンスフ ェ ラ ーゼ( ビリ ル ビンをグルク ロン酸に結合さ せる酵 素) 活性が出生後し ばら く はまだ十 分でないこ と が原因

69 さらに読み込む

biochem 110517 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110517 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

② UDP- グルコースからグルコースを受け取るためプライマー として、既存グリコーゲンまたはグリコゲニンタンパクを利用 ③グリコゲニン自身によって最初数分子グルコース鎖延長がおこなわれる ③

44 さらに読み込む

biochem 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• エンタルピー:反応中に放出または吸収される熱 • エントロピー:乱雑さ目安 • 原子間結合力がエネルギー源 – 電子は原子間腕としてしばしば描かれる。実際には電子所在: 軌道(原子軌道、分子軌道)どこか

26 さらに読み込む

biochem 110426 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110426 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• ②小腸粘膜細胞が単糖を取り込む方法について解説する。門脈につい て解説する。 • ③細胞へ取り込み機構について解説する。肝細胞と他細胞と 糖取り込み機構違いについて解説する。

53 さらに読み込む

biochem 110510 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110510 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

TCA 回路まとめ(1) 1 周する間に、 1 分子アセチル CoA から 3 分子 NADH, 1 分子 FADH2 ができる。また、 1 分子 GTP ができる。アセチル CoA 炭素は2分子 CO2 として 消滅する。

29 さらに読み込む

homework medicine 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.網膜黄斑ならびに視神経円盤(乳頭)について説明せよ。 5.視細胞種類と機能を説明せよ。 6.遠視、近視、乱視成り立ちについて説明せよ 7.右視索損傷、視交叉左右切断では、それぞれどのような視野異常がみられる か。

1 さらに読み込む

biochem 100420 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100420 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

乳酸デヒ ド ロゲナーゼ 血管に乏し い、 あるいはミ ト コ ン ド リ アを欠く 組織では、 ピルビン 酸多く は最終的に乳酸になる。 たと えば、 眼レンズと 角膜、 腎 臓髄質、 精巣、 白血球、 赤血 球など。

43 さらに読み込む

biochem 100518 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100518 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 脳、 赤血球、 腎髄質、 レンズ、 角膜、 精巣、 運動 時筋肉 • グルコ ースは肝臓にグリ コ ーゲンと し て貯蔵 さ れるが、 炭水化物を摂取し ないと 10-18 時 間後には、 不足するよう になる。

36 さらに読み込む

biochem 100427 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100427 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

21 TCA 回路まと め( 1 ) 1 周する間に、 1 分子アセチル CoA から 3 分子 NADH, 1 分子 FADH2 ができる。 また、 1 分子 GTP ができる。 アセチル CoA 炭素は2 分子 CO2 と し て 消滅する。

35 さらに読み込む

biochem 100525 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100525 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

モノ オキシゲナーゼ:   酸素分子から 原子1 個を基質に与え、 水酸基をつく る。 も う 1 個原子で水を作る。 チト ク ローム P450 モノ オキシゲナーゼサイ ク ル ヘム( 鉄イ オンと 構

35 さらに読み込む

biochem 100406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

PTE ) • 主に下肢深部静脈( 大腿静脈・ 膝窩静脈など、 体深 部にある静脈) に形成さ れた血栓が遊離し て血流に乗っ て肺に運ばれ、 肺動脈を閉塞し て急性呼吸循環障害を

33 さらに読み込む

homework medicine 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.体液が酸・塩基平衡を保つ仕組みについて述べよ。 5.代謝性アシドーシス主な原因を挙げよ。 6.血液組成について述べよ。 7. ~10.赤血球、白血球、血小板について説明せよ。 11.骨髄性幹細胞が分化してできる血球はどれか。 12.血漿とは何か。血清とは何か。

1 さらに読み込む

biochem 100608 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100608 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 末梢( 脂肪組織、 筋肉など) で TAG はリ ポプロテイ ンリ パーゼによっ て分解さ れる • キロミ ク ロン場合と 同様 • 脂肪肝: 肝臓で作り 出す TAG 量と 、 VLDL で運び 出す量と がバラ ンスがと れず、 肝臓に脂肪がたまる

52 さらに読み込む

biochem 100615 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100615 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

アミ ノ 酸分類 • 脂肪族アミ ノ 酸 – 中性アミ ノ 酸 • グリ シン、 アラ ニン、 バリ ン、 ロイ シン、 イ ソ ロイ シン、 セリ ン、 ト レオニン、 アスパラ ギン、 グルタ ミ ン

63 さらに読み込む

biochem 100601 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100601 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 脂肪組織では、 TAG は貯蔵さ れる • 肝臓では、 TAG は VLDL と いう リ ポタ ンパク になっ て血中に放出さ れる – リ ポタ ンパク : 脂質運び屋 – コ レステロールエステル、 コ レステロール、 リ ン脂質、 アポリ ポプロテイ ン B-100 などを含む

55 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題