Top PDF 真偽論pdf 最近の更新履歴 京都大学哲学研究会

真偽論pdf 最近の更新履歴  京都大学哲学研究会

真偽論pdf 最近の更新履歴 京都大学哲学研究会

だが、この自然全体秩序に従わないものを我々は経験する。自然よう な、現実に存在する表象とは別もの。判断や、懐疑、何かを意志して行為 をするだとか思考作用。全体一部として、必然的な因果に従うではな く、それから離れた自由で偶然なものとして意識する。例えば、ある判断を したとしても、それについては違ったように判断することもできたではな いか。自分がある行為をしたとしても、それをすることもしないこともでき たではないか、といったように。これらは、必然的な秩序に従っていると は一見して思えないものである。
Show more

5 Read more

哲研レジュメ20090526doc 最近の更新履歴  京都大学哲学研究会

哲研レジュメ20090526doc 最近の更新履歴 京都大学哲学研究会

 進化的システム理論より微妙な問題やその成果を論じる前に 3 、まずそれが「階層」(ヒエラルキー)とい 考え方で一貫していることに気づく。階層という概念は至るところに見ることができる。 例)ベルタランフィ「現代的な考えでは、リアリティは組織化された実体巨大な階層的秩序として捉えるこ とができる」、シェルドレイク「形態形成場における入れ子状階層」、ヤコブソン「したがって階層とは言語に おける根本的な構造原則と言ってよい」、バーチとコッブ生態学的モデル「階層構造を作り出すこと は・・・自然システム豊かさ全体的な反映である」、スペリィ、エックルズ、ペンフィールド研究 「非還元的な創発性階層」、ハーバーマス社会批判理論「伝達能力階層性」、など
Show more

1 Read more

哲研レジュメ20081111doc 最近の更新履歴  京都大学哲学研究会

哲研レジュメ20081111doc 最近の更新履歴 京都大学哲学研究会

③ 身体刑は一種祭式を構成する。 「刑罰として身体刑は、身体へありとあらゆる処罰を包括しているわけではない。というは、それは分 化したかたちで苦痛を生み出すことであり、刑犠牲刻印ために、また処罰する権力明示ために組織 される祭式であって、自分立てた原則を忘れ自己統御を失ってしまうような司法権力激怒すがたでは ないである。身体刑≪極端さ≫には、権力一つ経済策全体がもりこまれている。」
Show more

1 Read more

哲研レジュメ20111215doc 最近の更新履歴  京都大学哲学研究会

哲研レジュメ20111215doc 最近の更新履歴 京都大学哲学研究会

2.本書構成 第 1 巻 「宗教改革とマルチンルター」  ドイツが最初からこんにちのような論理的、鉄ようながっちりした思考や行動をもつ民族では なく、あいまいな宗教概念や伝統に支配され、特に学問はキリスト教、カトリック教会強大な支配

1 Read more

哲研レジュメ20090106doc 最近の更新履歴  京都大学哲学研究会

哲研レジュメ20090106doc 最近の更新履歴 京都大学哲学研究会

バルタールによれば、監獄は規律・訓練徹底的な装置でなければならない。この完全な≪矯正施設 ≫は、人間実在再記号体系化を規定する。 〔1〕 孤立化――個人別孤立化と階層秩序という政治的=道徳的な図式 「独房」  外部世界、犯罪を動機付けたすべて事柄、犯罪を容易にした共謀関係と孤立化。被拘禁者相互孤 立化。

1 Read more

哲研レジュメ20090421doc 最近の更新履歴  京都大学哲学研究会

哲研レジュメ20090421doc 最近の更新履歴 京都大学哲学研究会

「永遠が君に問うこと、これら数知れぬ幾百万人々一人一人に問うことはただ一つである、 ――君 は絶望して生きていたかどうか、君は君絶望に少しも気づいていないような状態で絶望していたか、 それとも君病を君を咬む秘密として君奥底に秘めて生きてきたか、罪深い愛欲果実としてそ れを君下に抱いて生きてきたか、それともまた絶望に耐えかねて凶暴となり他人恐怖種とな るような仕方で生きてきたか。もしそうだとしたら、もし君が絶望まま生きてきたとしたら、よしその 他点で君が何を獲得ないし喪失したとしても、一切が君には喪失されてしまっているである。永遠 は君を受け入れない、永遠は君を知らないというだ!或いはもっと怖ろしいことには、永遠は君を知 っている、君知られている通りに君を知っている、――永遠は君自己を通じて君を絶望なかに釘 付けにするである!」
Show more

1 Read more

ウィルバーを読む前にdoc 最近の更新履歴  京都大学哲学研究会

ウィルバーを読む前にdoc 最近の更新履歴 京都大学哲学研究会

すなわち、 「どんな理論家・思想家考えも、100%正しい、とは考えられない」以 上、ここで目的は、ある思想家“正確な意図”を解明することではないである。 「彼がその思想に意図していたもの」を“厳密に”解釈することは重視されない。 むしろ、過去偉人たち業績を“踏み台”(甚だ不遜な表現であるが)にして、古 今東西あらゆる知を再解釈・再編集・再構築していこうとする試みなである。つ まり、それらに含まれる最も重要な真実が表現されるような文脈を与えてやるだ。 もちろん、事実無根であまりにも曲解した解釈は棄却されるべきであろう。しかしな がら、通俗的な解釈自体が曲解されているかもしれないである。その意味で、「真
Show more

1 Read more

160421哲学原理レジュメpdf 最近の更新履歴  京都大学哲学研究会

160421哲学原理レジュメpdf 最近の更新履歴 京都大学哲学研究会

逆に、おそらく、「主客合⼀」を謳う⻄⽥哲学とは真っ向から対⽴するだろう。実際、⻄⽥哲学 信奉者とされる宗教家⾕⼝雅春は⾃⼰経典(幸福科学でいう「太陽法」ようなやつと思 えばだいたい合ってる)にてデカルト⼆元を全否定している。⾕⼝は瞑想を重ねることでこう い認識に⾄ったんだと豪語しているが、まさに⻄⽥純粋経験に関する記述と⼀致している。ちな みに、⻄⽥は弟⼦である⽥辺元に「⾃意識内で完結するあんたは他者と共有作業が不可能だ から哲学なんかじゃねーよ。宗教だろこれ。」と『⻄⽥先⽣教を仰ぐ』(⽥辺元)で指摘されて いた。
Show more

6 Read more

特殊相対性理論docx 最近の更新履歴  京都大学哲学研究会

特殊相対性理論docx 最近の更新履歴 京都大学哲学研究会

光速度不変原理:光速さは光源速さに無関係(真空中なら常に c) ポイント「速さ=距離/時間」を、距離と時間比が速さを決めるではなく、(光)速さ が距離と時間比を決める、と考える。(この発想はポアンカレも考えていた。) この原理で、静止系と運動系対応関係が求められる。→ローレンツ変換 ローレンツ変換をファラデー法則に適用してみよう。マクスウェル法則に。
Show more

1 Read more

デカルトpdf 最近の更新履歴  京都大学哲学研究会

デカルトpdf 最近の更新履歴 京都大学哲学研究会

よって、懐疑というは、ある主張にそれを否定する別根拠を突き当てる ことだということを、示すである。これは、逆に言えば、否定する根拠を想 起することができないものについては、真だと認めているということである。 今まで、懐疑を普遍的で、何にでも通用するとしていたは間違いだった。 ただ、それが実際に何を行っているかを曖昧にすることで、不当に使用して きたものにすぎなかった。懐疑というは、実際には、 「否定根拠を想起す ることができるもの」についてのみ言われるものにすぎず、それができない ものは真であると最初から認めているである。
Show more

10 Read more

決定論の理論的証明過程pdf 最近の更新履歴  京都大学哲学研究会

決定論の理論的証明過程pdf 最近の更新履歴 京都大学哲学研究会

今まで、神が産出するということを主張していたは、ただその概念について曖昧だっただけだ。だから、 それについて詳しく考察し、それについて段階を踏んで、自分でも認めてしまっただったら、このようなこ となど主張できるわけがないし、想定できるわけもないだろう、と思っているである。 議論流れとしては、スピノザが本質だと思い、相手も認めているものを定義としてはじめる。そして、そ 定義と、相手がそれに帰し、自身は当てはまらないと考えている特質が、その定義と合致しているかどう か、矛盾していないかどうかを確かめていく。相違していることが、ただその対象について無知、詳しく考 察していないことから付け足していたにすぎないであれば、この過程によって否定されるだろう。そうすれ ば、最終的に残るは最初に定義されたものだけになる。
Show more

5 Read more

人間本性と隷属pdf 最近の更新履歴  京都大学哲学研究会

人間本性と隷属pdf 最近の更新履歴 京都大学哲学研究会

ここにおいては、自己利益を求める行為は、組織が気に入ると自分で想 起したことを、実現するという仕方で現れる。 5.2 利を求め不利になる このことは、依拠しているものが、自分利を実現してくれる限りでは問 題ない。だが、どのような組織でも、個人でも、それ行動原理は自己利 益のみであり、特定個人利益を考えて動いているわけではない。だから、 組織利益と自己利益とズレは当然ように起こる。結果、自分利益と 全く関係ない、他何か利益ために行為している状態に陥ることになる。
Show more

8 Read more

論理学1pdf 最近の更新履歴  京都大学哲学研究会

論理学1pdf 最近の更新履歴 京都大学哲学研究会

結論 1 : 「私が疑う」ことを可能にするもの→私精神は存在する。 独我と呼ばれるものである。 しかし先ほど議論は危ういものを含んでいる。以下部分である。 1 問題点:存在とは何か?疑うこと と存在はどう関係しているか?デカルトにおいては、この問題点は本質的なものではない。なぜならこの批

9 Read more

土木史雑感pdf 最近の更新履歴  全国専門学校土木教育研究会

土木史雑感pdf 最近の更新履歴 全国専門学校土木教育研究会

元スタッフによる医療事業確立を目指し、1984 年からパキスタンとアフガニスタン国境周辺で活動を続け ていたが、この惨状に鑑み「水と食料を確保し、民衆生活を安定させることこそ焦眉課題」と考え、以後 日本人ボランティア若者や現地民衆と伴に、 土木 ・ 農業事業 「緑 大地計画」を実施し、周辺住民生活を支え続けている。写真 2

2 Read more

研究発表会 梗概執筆要項pdf 最近の更新履歴  北海道都市地域学会

研究発表会 梗概執筆要項pdf 最近の更新履歴 北海道都市地域学会

(3)1頁目 1~7 行目はタイトル及び著者名欄、8 行目以降から本文とします。 (4)論文構成は次通りとします。 タイトル:横倍角または本文より大きい文字サイズで 1 行目から 2 行目に記入してくだ さい。

2 Read more

研究発表プログラム(150807更新)pdf 最近の更新履歴  雪氷研究大会(2015・松本)

研究発表プログラム(150807更新)pdf 最近の更新履歴 雪氷研究大会(2015・松本)

P1- 43 グリーンランド南東ドームにおける浅層掘削計画 −掘削報告と初期コア解析− ○ 飯塚芳徳(北海道大学) ,的場澄人(北海道大学) ,大藪幾美(北海道大学) ,山崎哲秀(アバンナット) ,門 田萌(北海道大学) ,新堀邦夫(北海道大学) ,青木輝夫(気象研究所) ,斉藤健(北海道大学) ,宮本淳(北海 道大学) ,古川崚仁(北海道大学) ,藤田秀二(国立極地研究所) ,堀彰(北見工業大学) ,山口悟(防災科学技 術研究所) ,大野浩(北見工業大学) ,鈴木利孝(山形大学) ,植村立(琉球大学) ,関宰(北海道大学) ,本山 秀明(国立極地研究所)
Show more

25 Read more

土木史雑感pdf 最近の更新履歴  全国専門学校土木教育研究会

土木史雑感pdf 最近の更新履歴 全国専門学校土木教育研究会

(その1) ―土木史講義必要性― 九州工業大学名誉教授 出光 隆 「専土研だより」を拝読すると、各学校で土木教育改革が如何に真剣に検討されているかが、伝わってく る。筆者も約 40 年間、大学において土木教育在り方について色々と試行錯誤してきた。その間、非常勤講 師として約 25 年間、専門学校教育にも係わってきた。最初学校では 15 年間「コンクリート工学」を、次 学校では 10 年間「土木史」をそれぞれ講義してきた。それら経験を踏まえて、専土研各位に提案したい ことがある。 それは、 「土木史」 を必修科目として、 1 年最初に受講させることである。 「木を見て森を見ず」 という言葉がある。土木という森は極めて範囲が広いため、個々科目を受講して「土木何たるか」を理解 することは、大学生でもなかなか難しい。まして就学期間短い専門学校では、例え工業高校出学生でも、 土木全容は見えていないであろう。しかし、最初に「土木史」を受講させれば、土木という森全体像 がおぼろげながらでも把握でき、 その結果、 各科目に対する学生興味も湧き、 理解も深まってくるものと考 えられる。
Show more

1 Read more

大序pdf 最近の更新履歴  日本語教育と映画研究

大序pdf 最近の更新履歴 日本語教育と映画研究

第一部は、タルコフスキーを集めた。筆者が最初にタルコフスキーを自ら 論文主題としたは、 『ノスタルジア』を論じた卒業特別研究論文にまで遡 る。その成果を踏まえ、修士論文では遺作『サクリファイス』を扱った。そ れ以降も、タルコフスキーについて研究を続け、いくつか学会で発表し、 論文を発表してきた。本書第一部を成すは、それら論考である。書かれた 時期には差があるが、昔書いたものも、全体バランスを考え、大幅な加筆修 正上、組み入れることにした。第一部各章元となっている論文主な初 出を以下に挙げる。
Show more

6 Read more

15 最近の更新履歴  横道誠の研究室(京都府立大学文学部欧米言語文化学科)研究

15 最近の更新履歴 横道誠の研究室(京都府立大学文学部欧米言語文化学科)研究

ヴィルヘルムによるメルヘン礼賛であることから明らかである。ヴィルヘルムは『メルヘン集』 「大きな版」 第 1 巻序文で、「ドイツ」メルヘン「大きな広がり」に言及し、このように語る。 ドイツメルヘンは竜殺しシグルズ英雄伝説にさかのぼるだけではありません。さらにそれをも 超えていくです。まさにこの伝説が全欧州に広まっていることを見ると、この伝説には高貴な諸々 親近性が開示されています。ノルド系人々もので私たちに知られているはデンマーク人 英雄詩だけですが、関係する多くものが含まれています。それらは歌謡で、歌うためものです から、もはや子供たちにふさわしくありません。しかし、ここではっきりとした境界を引くことはまっ たくできないです。それは真剣な歴史伝説と同じであり、もちろんさまざまな共通点があります。 英国にはタバート収集がありますが、それほど豊かとは言えません。しかし、ウェールズ、スコッ トランド、アイルランドには口承伝説がなんと豊かに現存していることでしょうか。ウェールズ ものは(すでに出版された)マビノギオンだけでも真宝です。同様にノルウェー、スウェーデン、 デンマークにも豊かに残っています。ひょっとすると南国々ではもっと少ないかもしれません。ス ペインものは何も知られていませんが、セルヴァンテスを読むと、メルヘンが実在していて語られ ていることはまぎれもありません。フランスではシャルル・ペローが報告していますが、まちがいな くさらに多くものがあります。彼だけがそれらを子どもメルヘンとして扱いました(彼よりも劣っ た模倣者オーノワ夫人やミュラー夫人はそうしなかったです)。ペローは 9 つメルヘンだけを 発表しましたが、それらは最も知られていて、最も美しいメルヘンに属しています(Grimm 1986, XV-XVI; Hofmannsthal 1922, Teil 2, 108-116)。
Show more

69 Read more

農産物価格理論2014pdf 最近の更新履歴  荒山 裕行 (京都産業大学経済学部客員教授)

農産物価格理論2014pdf 最近の更新履歴 荒山 裕行 (京都産業大学経済学部客員教授)

名古屋大学 大学院経済学研究科 講義目的 講義 経済理論 価格理論 枠組 沿 場 供給 需要 分析を通 農産物 価 格 決定さ 経済的 カニ い 理解を さ 一国 産業部門 農業 経 済的役割を明確 た 一国 経済活動を農業 工業 サ ビ 業を含 部門 分割 経済 成長や貿易 へ 参加等 農業 関 を把握 た 所得分配 経済理論的枠組 を示

2 Read more

Show all 10000 documents...