トップPDF 工学部・大学院工学研究院 ・大学院情報科学研究科

工学部・大学院工学研究院 ・大学院情報科学研究科

工学部・大学院工学研究院 ・大学院情報科学研究科

インタラクティブコンピューティング HP アドレス: http://aiwww.main.ist.hokudai.ac.jp 何を目指しているのですか? インターネットやマルチメディア、スマートフォン等の普及に伴い、特に個人向けのコ ンピュータは、インタラクティブな情報収集・情報交換の手段として、日々新しい状況を 作りつつあります。また住宅や家電製品にもコンピュータが組み込まれ、私たちが特に意 識しなくても、ホームセキュリティや省エネルギーの機能が適切に働くようになっていま す。このように、コンピュータは、計算速度や記憶容量の向上を目指すだけでなく、様々 な場面において安心な日常生活や利便性の向上のために活用されるようになっています。 ところがその反面、セキュリティ問題、情報の氾濫、人格形成への影響、ネット犯罪な ど、考慮すべき問題が浮上し、私たちの情報の受け入れ方や、マスメディアの役割、生活 様式などに大きな変化をもたらしつつあります。これからの、特に個人向けのコンピュー タが備えるべき役割には、以下のようなものがあると考えています。1)実世界で獲得し た知識や行動との整合、2)個人差や性格への適応、3)ユーザの意図やコンテクストの 把握、4)フラストレーションやコンフリクトの解消、5)意欲の誘引と動機付け、6) 意識や情動への働きかけ、 7) コンピュータシステムへの信頼感の確保、 8) 知性、 感性、
さらに見せる

42 さらに読み込む

平成25年度採択リスト 科学研究費補助金採択リスト | 研究 | 東北大学 工学研究科・工学部

平成25年度採択リスト 科学研究費補助金採択リスト | 研究 | 東北大学 工学研究科・工学部

原 信義 教授 ン 鋼 物起点 孔食発生機構 解明 高耐食 新原理 創出 山中 一 教授 高旓間 解能 超音 斵像法 開発 鋼管 ン ン検査 適用 米本 邦 教授 油糧 健康機能物質 燃料 旓製造 実現 新 応 技術 井 大樹 准教授 世界初 火斴飛行 査実現 向 基盤研究 高高度飛行試験

9 さらに読み込む

平成24年度採択リスト 科学研究費補助金採択リスト | 研究 | 東北大学 工学研究科・工学部

平成24年度採択リスト 科学研究費補助金採択リスト | 研究 | 東北大学 工学研究科・工学部

風間 樹 教授 液状 た土 変形特性 流動性 評価−液状 研究 第 展開− 原 秀樹 教授 革新的 無曝気 超省 型 好気性廃水処理 開発 適用性拡大 岡 益男 誉教授 水素中旓効 u等非鉄系 金 新 い析出 高機能 男 教授 機能性微粒子 成 た 環境適 型 創成 関 研究 橋爪 秀利 教授 割型高温超伝 実用 た 普遂的接 技術 創成 実証

9 さらに読み込む

平成22年度採択リスト 科学研究費補助金採択リスト | 研究 | 東北大学 工学研究科・工学部

平成22年度採択リスト 科学研究費補助金採択リスト | 研究 | 東北大学 工学研究科・工学部

茂田 哉 助教 誘起的乱流逆利用 流 粒子創製 用新規制御 開発 菅原 助教 文 的環境 侵襲 実現 移動支援 関 究 齊木 准教授 鋼 ン 複 構造 数値 構築 結 部 性能照査 山川 優樹 准教授 計算地盤工学 鋼構造解析 統 設計支援 開発:構造物全体系 連成解析 修 助教 複 応力負荷 粒子線 照射 考慮 高性能 高信頼性 向 料開発 新展開 坂元 尚哉 助教 力学環境 適応 血管壁 ン 工学的 構築

8 さらに読み込む

平成21年度採択リスト 科学研究費補助金採択リスト | 研究 | 東北大学 工学研究科・工学部

平成21年度採択リスト 科学研究費補助金採択リスト | 研究 | 東北大学 工学研究科・工学部

秋山 充良 准教授 現場 置の情報 活用 た作用 構造性能の確率統計 の改善 劣 構造物の余 命評価 亀田 知人 准教授 機修飾 状複水酸 物 用いた 溶液 の の 回 技術 燈明 泰成 准教授 接 の 学 盤確立 熱電 の創製 齊藤 伸 准教授 の 域視 磁 歴動 像 撮 可能 磁区観察装置の作製 原 良和 助教 大型構造物の閉 た 裂斵像 のた の 周波 振型非線形超音波斵像法の創出

8 さらに読み込む

平成26年度採択リスト 科学研究費補助金採択リスト | 研究 | 東北大学 工学研究科・工学部

平成26年度採択リスト 科学研究費補助金採択リスト | 研究 | 東北大学 工学研究科・工学部

原 良和 助教 局所冷却 の融 閉 た 裂の 元非線形超音 斵像法の創出 加藤 俊顕 講師 進 活用 ン ンの革新的応用開発 内藤 英樹 准教授 鋼 ン 成構造 目視困 箇所の点検 術の開発 構造性能評価 の応用 大  昌樹 助教 藻類 自然 向 た株情報の数値 積 必須 操作の課題克服 越水  准教授 機無機 料 用いたX線検出用 ン の開発

9 さらに読み込む

カトウ加 トモミチ 藤知道 共同研究者 齊藤保典 ( 信州大学工学部電子情報システム工学科教授 ) 中路達郎 ( 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター苫小牧研究林准教授 ) 略歴 2004 年 3 月筑波大学大学院生物科学研究科修了 ( 博士 ( 理学 )) 2004 年 4 月海洋研究開発機

カトウ加 トモミチ 藤知道 共同研究者 齊藤保典 ( 信州大学工学部電子情報システム工学科教授 ) 中路達郎 ( 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター苫小牧研究林准教授 ) 略歴 2004 年 3 月筑波大学大学院生物科学研究科修了 ( 博士 ( 理学 )) 2004 年 4 月海洋研究開発機

診断に用いられてきたのみであった。しかし最近、より大きな生態系スケールで観測されたクロロフィル蛍 光と微気象学的方法で測定された光合成量(総一次生産:GPP)との相関が大変高いことがわかって きている。特にNASA のグループが、衛星 GOSAT(JAXA/NIES)による太陽光誘発クロロフィル蛍 光測定を世界に先駆けて進めており(Frankenberg et al., 2011)、この太陽光誘発クロロフィル蛍光を 普遍的な指標として、様々な空間スケールでの光合成量推定に生かすことが非常に期待されている。  しかしながら、一方で、森林内の複雑な光環境におかれた個葉から放射されるクロロフィル蛍光を、 生態系レベルにスケールアップして光合成量推定に利用するためには、クロロフィル蛍光と光合成量の 関係の把握が必要である。そこで、本研究は、小型カメラによって森林シュート(枝葉)の太陽光誘発 クロロフィル蛍光を面的に計測するシステムを製作し、その量から光合成量の空間分布を評価する技
さらに見せる

5 さらに読み込む

東京大学松尾研究室について 松尾豊 1997 年東京大学工学部電子情報工学科卒業 2002 年同大学院博士課程修了. 博士 ( 工学 ) 産業技術総合研究所研究員 2005 年スタンフォード大学客員研究員 2007 年 ~ 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻准教授 2014 年 東京大学グ

東京大学松尾研究室について 松尾豊 1997 年東京大学工学部電子情報工学科卒業 2002 年同大学院博士課程修了. 博士 ( 工学 ) 産業技術総合研究所研究員 2005 年スタンフォード大学客員研究員 2007 年 ~ 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻准教授 2014 年 東京大学グ

◆世界人工知能国際会議 プログラム委員。2012年より、人工知能学会 理事・編集委員長(そ れまでの慣例を大幅に更新し最年少で編集委員長就任)、2014年から倫理委員長。 ◆人工知能学会論文賞(2002年)、情報処理学会長尾真記念特別賞(2007年)、ドコモモバイ ルサイエンス賞(2013年)、文部科学科学技術への顕著な貢献2015、大川出版賞(201 5年)、ビジネス本大賞審査員賞(2016年)等受賞。

54 さらに読み込む

49 中国 大学院 日本大学大学院 商学研究科 50 中国 大学院 法政大学大学院 経営学研究科 51 中国 大学院 法政大学大学院 社会学研究科 52 中国 大学院 法政大学大学院 経済学研究科 53 ドイツ 大学院 東京工業大学大学院 機械コース 54 中国 大学院 明治大学大学院 情報コミュニ

49 中国 大学院 日本大学大学院 商学研究科 50 中国 大学院 法政大学大学院 経営学研究科 51 中国 大学院 法政大学大学院 社会学研究科 52 中国 大学院 法政大学大学院 経済学研究科 53 ドイツ 大学院 東京工業大学大学院 機械コース 54 中国 大学院 明治大学大学院 情報コミュニ

61 中国 大学院 多摩美術大学大学院 美術研究 62 中国 大学院 武蔵野美術大学大学院 造形学部建 63 中国 大学院 デジタルハリウッド大学大学院 デジタルコンテンツ研究 64 中国 大学院 亜細亜大学大学院 アジア・経営戦略研究

6 さらに読み込む

平成30年4月入学者にかかる入学手続きについて 入学試験  京都大学 工学部・大学院工学研究科 02yokoku

平成30年4月入学者にかかる入学手続きについて 入学試験 京都大学 工学部・大学院工学研究科 02yokoku

平成 30 年 1 月 30 日 平成 30 年 4 月工学研究修士課程・博士後期課程入学予定者 各位 平成 30 年 4 月入学者にかかる入学手続きについて 平成 30 年 4 月入学者の入学手続については、 以下のとおり予定していますので、 お知らせします。 入 学手続の詳細については、送付された入学手続書類で確認してください。

2 さらに読み込む

人工市場シミュレーションを用いた 取引市場間における ティックサイズと取引量の関係性分析 水田孝信 * 早川聡 和泉潔 吉村忍 スパークス アセット マネジメント株式会社東京大学大学院工学系研究科 東京証券取引所 東京大学大学院工学系研究科科学技術新興機構 CREST 東京大学大学院工学系研究科 *

人工市場シミュレーションを用いた 取引市場間における ティックサイズと取引量の関係性分析 水田孝信 * 早川聡 和泉潔 吉村忍 スパークス アセット マネジメント株式会社東京大学大学院工学系研究科 東京証券取引所 東京大学大学院工学系研究科科学技術新興機構 CREST 東京大学大学院工学系研究科 *

● エージェントモデル エージェントモデル エージェントモデル エージェントモデルは は は簡素 は 簡素 簡素 簡素 ⇒ ⇒ 恣意的 ⇒ ⇒ 恣意的な 恣意的 恣意的 な な な結果 結果 結果 結果を を避 を を 避 避けるため 避 けるため けるため けるため Chiarella et. al. [2009] 本研究の人工市場モデル    

36 さらに読み込む

講師 東京大学大学院工学系研究科特任准教授 松尾豊氏 プロフィールご紹介主な経歴 : 2002 年東京大学大学院工学系研究科電子情報工学博士課程修了 博士 ( 工学 ) 2002 年独立行政法人産業技術総合研究所研究員 2005 年スタンフォード大学 CSLI( 言語情報研究センター ) 客員研究者

講師 東京大学大学院工学系研究科特任准教授 松尾豊氏 プロフィールご紹介主な経歴 : 2002 年東京大学大学院工学系研究科電子情報工学博士課程修了 博士 ( 工学 ) 2002 年独立行政法人産業技術総合研究所研究員 2005 年スタンフォード大学 CSLI( 言語情報研究センター ) 客員研究者

これを解決しつつあるのがディープラーニングで、僕は「50 年来のブレークスルー」と 言っています。いままでの人工知能は人間がモデル化した後の自動化のことを言っていま したが、ディープラーニングはモデル化を一部自動化しているので、次元が違うわけです。 そのやり方は難しいので飛ばしますが、有名なのが「グーグルの猫」という研究で、た くさんのインターネット画像をニューラルネットワークというタイプの人工知能に見せる と、入力に近い側のレイヤーでは線とか、点のようなものが学習され、もっと右のほう、 上のほうに行くとヒトの顔っぽいものやネコの顔っぽいものが自動的に学習されるやり方 が見つかりました。つまり、「ネコらしさ」が、画像をたくさん入れるだけで学習されると いうことです。これは、人間の脳の視覚野の仕組みと非常に近い仕組みです。
さらに見せる

18 さらに読み込む

長崎大学大学院生産科学研究科(博士前期課程)

長崎大学大学院生産科学研究科(博士前期課程)

長崎大学大学院生産科学研究科 (博士前期課程) 受験番号 _______ 電気情報工学専攻 (情報システム工学系) 平成 19 年度 入学試験問題 ソフトウェア この文法では <id> がいくらでも長い英字列を受け付けるので、変数名関数名として使え る名前が有限でないほどに多く、<Declaration> の言語 (その文法で正しいと判断される文[r]

10 さらに読み込む

筑波大学大学院_理工情報生命学術院_数理物質科学研究群・数理物質系パンフレット

筑波大学大学院_理工情報生命学術院_数理物質科学研究群・数理物質系パンフレット

 科学技術の進歩は私たちの生活に計り知れない恩恵をもた らしました。特に、物理学がその中で先導的な役割を果たして きたことは周知の通りです。先端技術の研究では、しばしば物 理学の基本に立ち返った研究が必要になりますし、また、その ような研究は物理学そのものの発展に大きく寄与するものに もなります。応用理工学学位プログラム電子・物理工学サブプ ログラムは基礎科学としての物理学とその応用を扱う工学の 接点に位置し、両者にわたる研究分野をカバーします。基盤と なるグループの研究分野は、現代科学技術において重要な役割 を果たしている、光学、光エレクトロニクス、計測・数理工学、量 子ビーム工学、プラズマ工学、半導体電子工学、ナノサイエンス、 ナノテクノロジー、光・電子デバイス工学、磁性工学など、広い 範囲にわたっています。本サブプログラムでは物理学の知識と 方法を備えつつ工学研究を行うことのできる、幅広い視野と 柔軟な思考力を持った研究者・技術者の育成をめざしています。
さらに見せる

68 さらに読み込む

略歴 2 慶應義塾大学理工学部管理工学科サンマイクロシステムズ ( 株 ) 研究開発本部慶應義塾大学大学院理工学研究科計算機科学専攻 東京理科大学理工学部情報科学科助手南山大学数理情報学部専任講師法政大学経営学部教授法政大学大学院経営学研究科教授 2005 年頃より 法政大学アメリカ研究所の遠隔講義

略歴 2 慶應義塾大学理工学部管理工学科サンマイクロシステムズ ( 株 ) 研究開発本部慶應義塾大学大学院理工学研究科計算機科学専攻 東京理科大学理工学部情報科学科助手南山大学数理情報学部専任講師法政大学経営学部教授法政大学大学院経営学研究科教授 2005 年頃より 法政大学アメリカ研究所の遠隔講義

2005年頃より、 法政大学アメリカ研究所 の遠隔講義システムの実施 に関連し、Sakai Conferenceに参加等、オープンソース学習管理シ ステム(LMS)の調査研究活動を行う。 2012年4月より2年間 カリフォルニア大学バークレー校客員研究

51 さらに読み込む

情報 システム工学概論 コンピュータゲームプレイヤ 鶴岡慶雅 工学部電子情報工学科 情報理工学系研究科電子情報学専攻

情報 システム工学概論 コンピュータゲームプレイヤ 鶴岡慶雅 工学部電子情報工学科 情報理工学系研究科電子情報学専攻

Reinforcement Learning with Unsupervised Auxiliary Tasks (Jaderberg et al., 2016).. コンピュータチェス・将棋・囲碁[r]

37 さらに読み込む

CMOS カメラを用いた強誘電薄膜のドメイン可視化技術 強誘電ドメイン壁の 3 次元構造を捉える 1. 発表者 : 上村洋平 ( 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻博士課程 1 年生 ) 荒井俊人 ( 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻講師 ) 長谷川達生 ( 東京大学大学院工学系研究科物理

CMOS カメラを用いた強誘電薄膜のドメイン可視化技術 強誘電ドメイン壁の 3 次元構造を捉える 1. 発表者 : 上村洋平 ( 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻博士課程 1 年生 ) 荒井俊人 ( 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻講師 ) 長谷川達生 ( 東京大学大学院工学系研究科物理

10°~ 12°の傾きをなすことが分かりました。その一方、信号が急激に変化する領域では、ドメ イン壁は基板面に対し垂直になっていると考えられます。 最近の第一原理計算を用いた解析によると、自発分極の向きは ab 面に垂直な方向、すなわち 基板面と約 11°の傾きをなすと予測されています。そこで、X 線回折法により薄膜の結晶方位 を決定し、これら 2 種類のドメイン壁と結晶軸の相関を確認しました。その結果、薄膜面上か ら見て自発分極の方向と平行なドメイン壁Aだけではなく、一見自発分極と直交しているよう に見えるドメイン壁 B も、実は、ドメイン壁が薄膜中で大きく傾いており、自発分極の方向に 平行で、電気的に中性なドメイン壁であることが明らかになりました(図5 b)。すなわち、 Hdppz-Hca 薄膜で観察された 2 種類のドメイン壁は、いずれも自発分極の方向と平行な、中性 のドメイン壁であるとの結論が得られました。特にドメイン壁 B は、薄膜内での面積が大きく 界面エネルギーは大きいと考えられますが、柔らかな有機強誘電体中では、静電エネルギーの 効果が勝り、 より強く安定化したものと推測されます。 このように、 膜厚方向の情報をもつ FFMI 法を用いることにより、従来の手法では観測が困難だった 3 次元的なドメイン構造の詳細が明 らかになりました。
さらに見せる

9 さらに読み込む

茨城大学大学院理工学研究科博士前期課程の改組について 茨城大学では 平成 28 年 4 月より 大学院理工学研究科博士前期課程の理学専攻 物質工学専攻 応用粒子線科学専攻を改組し 理工融合の量子線科学専攻を設置します 工学系 6 専攻 ( 機械工学専攻 電気電子工学専攻 メディア通信工学専攻 情報工

茨城大学大学院理工学研究科博士前期課程の改組について 茨城大学では 平成 28 年 4 月より 大学院理工学研究科博士前期課程の理学専攻 物質工学専攻 応用粒子線科学専攻を改組し 理工融合の量子線科学専攻を設置します 工学系 6 専攻 ( 機械工学専攻 電気電子工学専攻 メディア通信工学専攻 情報工

茨城大学大学院理工学研究博士前期課程の改組について 茨城大学では、平成28年4月より、大学院理工学研究博士前期課程の理学専攻、物質工学専攻、応用粒子線科学専攻を改組し、理工融合の量 子線科学専攻を設置します。工学系6専攻(機械工学専攻、電気電子工学専攻、メディア通信工学専攻、情報工学専攻、都市システム工学専攻、知能 システム工学専攻)は現行どおりです。
さらに見せる

5 さらに読み込む

略歴と業績 略歴 1985 年 3 月慶應義塾大学理工学部機械工学科卒業 1987 年 3 月同大学院理工学研究科機械工学専攻修士課程修了 1990 年 3 月同大学院理工学研究科機械工学専攻博士後期課程修了工学博士 1990 年 4 月より千葉大学工学部機械工学科助手 1995 年より同助教授 2

略歴と業績 略歴 1985 年 3 月慶應義塾大学理工学部機械工学科卒業 1987 年 3 月同大学院理工学研究科機械工学専攻修士課程修了 1990 年 3 月同大学院理工学研究科機械工学専攻博士後期課程修了工学博士 1990 年 4 月より千葉大学工学部機械工学科助手 1995 年より同助教授 2

1990年3月 同大学院理工学研究機械工学専攻博士後期課程修了 工学博士 1990年4月より千葉大学工学部機械工学科助手 1995年より同助教授 2007年2月~3月 バージニア大学訪問准教授 2007年4月 慶應義塾大学先導研究センター教授 「SDM研究設立準備」 2008年4月 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究教授 2011年4月~2012年3月 日本機械学会 機械力学・制御部門 部門長
さらに見せる

68 さらに読み込む

東京大学大学院工学系研究科工学教育推進機構の活動紹介

東京大学大学院工学系研究科工学教育推進機構の活動紹介

工学教育の著しい拡張、変革 の実現。 革新活動の効果評価 とコース・カリキュラムの拡張 ・多様な、工学系内、学内、学外 の組織、個人とのパートナシップ でプロジェクト(Pr)を実行、

16 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題