トップPDF ≪アンケート≫による授業(実践報告) 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

≪アンケート≫による授業(実践報告) 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

≪アンケート≫による授業(実践報告) 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 昨今、“コミュニケーション・クラス”が多く大学で設置されており、「会話的表現」を中 心に学んだり、“ネイティヴ”教師により、習得言語会話練習が教室でもされるようにな った。  しかし、講義、授業そのものが、少なくとも語学学習そのものがコミュニケーションであ るととらえることが出来る。研究目的で文献を読むため語学として位置付けられた時代は 遠ざかりつつある。あったとしても専門教育一環としてなされている。多くフランス語 授業では文法事項はほどほどにして、会話的表現や日常生活で見出されるテキスト読解訓 練を中心とすることになっている。そのような方向性をふまえ、私は、フランス語学習に不 可欠動詞活用や音綴り字読み方習得を定着するために毎回授業最初に書き取り 小テストをする一方、文法レッスンであっても、授業「使用言語」をフランス語にするよ うにしている。これが成功した場合は、世間話や冗談もフランス語を使い、学生に喜ばれるこ とさえあった。
さらに見せる

9 さらに読み込む

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

(三) 学生は中国文化、歴史、現代事情などについて勉強したいという要望がある。勉強す る教材は教科書だけに頼らず、ビデオなどメディアを利用して授業を行うべきである。 3 .アンケート調査結果に基づく対策  どんな授業も、教える側と学ぶ側両方からなっている。学ぶ側を無視して、一方的に教え る側から授業進行は必ず失敗を招く。学生ことを考えるということは、中国授業 が、学生意志によって左右されるということではなく、学生関心対象に基づいて、学生 中国に対する興味を引き出し、教養中国教育学習効果を引き上げることである。上述 した日本大学における教養中国教育実情や学習途中で見られる問題、学生希望に基づ いて、初級段階教養中国教育に以下ように取り組めば、より良い効果を得られるでは ないかと考えている。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Oral Testing for Conversation Skills 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Oral Testing for Conversation Skills 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

関西大学英語Ⅰコミュニケーション授業では学生会話能力向上を目指している。学期 終わりに口頭試験があり、先生が学生会話能力を評価する。会話能力評価法における最近 動向、特にインタビュー形式で学生評価を行う方法について論じた後、コミュニケーション授 業で使われているテスト方法を考察する。英語Ⅰコミュニケーション授業では先生によるインタ ビューによって学生会話能力が評価されるではなく、学生同士が会話をし、それを先生が評 価する方法が取られている。これがどのような形で行われているかを調べるため、授業を担当し ている特任外国講師にアンケートに答えてもらった。本稿ではこのアンケート結果をまとめ、 その信憑性を論じる。
さらに見せる

16 さらに読み込む

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

間と互いに撮影しあう様子も見られ,学生同士交流も意欲を高めることになったであろう。 消極的な学生も,グループワークでは意見を出すことが求められるので,それまでと比較して, 積極的に授業参加しているように見られた。  また,英語歌も学生興味を引いたと考えられる。学生意見にあったが,教科書英語 を読むことには意欲が高まらないが,歌なら印象深く,音が頭に残り,楽しみながら練習でき る。上手に歌うためには,英語リズムや音つながりをマスターしなければならず,その部 分を仲間と何度も歌うことで,英語リズムや音つながりが理解できたと感じたことも窺え る。授業以外でも歌を歌って練習した学生もおり,発音トレーニングが自主学習につながって いる。アンケートを見ても,「 7 .英語歌を歌うことは発音練習ために良い。」が 4 . 7 とい う結果から,学生が歌効果を実感していると考えられる。
さらに見せる

14 さらに読み込む

ロシア語学習者の初期動機づけ要因に関する考察:R によるデータ解析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ロシア語学習者の初期動機づけ要因に関する考察:R によるデータ解析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ここで,今一度統合的志向性と高い相関を示していた Q 2 ,Q 4 - 5 について考えてみよう。 これら質問項目はロシア人,ロシア文化や社会と同化志向を問うものであるが,多く ロシア受講者にとっては,ロシアが使われている文化圏にも社会にも馴染みが薄く当初か らそれらに興味をいだいていたとは考えにくい。実際,塩村と北岡(2011)アンケート調査 によれば,ロシア受講生多くはロシアに関する知識が乏しいことがうかがえる。それゆえ, この因子得点高い受講生が異文化と接触という観点からロシアと高い同化志向を持っ ているとは考えにくい。アンケートを実施したこのクラス学生たち間で「ロシア人友だ ちができた,でも英語で話す」,「(日本)アニメにロシア人・ロシアが出てきた」というよ うな話が聞かれることから,第 3 因子が表すものは,とくにロシアを介さなくても満たされ る程度ロシアに対する興味であると考えられる。さらに,Q 4 「ロシア話者と友だちに なりたい」に高い相関を示していること,および第 3 因子得点高い者が授業中に友だちと 私語が多い傾向があるという授業現場現実も考え合わせると,ロシア授業を介して新し い友だちを求めていること現われとも考えられる。これは,第 3 因子が,市川(2011)が述 べる「関係志向性」,すなわち集団へ帰属要求現れであり,そこにおいてなんらかの人間関 係を築こうとする要求を表しているように思われる。
さらに見せる

14 さらに読み込む

フランス語タンデムコミュニケーションクラスについて 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

フランス語タンデムコミュニケーションクラスについて 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

と答えあわせから始まるようにした。これは、学生に自宅で毎回復習する習慣をつけてもらう ためと、週 ₂ 回授業に連続性を持たせるためであった。 ところで、タンデムクラス長所とは何であろうか。授業効率だけを考えてみた場合、同一 担当者クラスが最も効率よく授業を進めていくことができると言えるかもしれない。実際、週 ₂ 回同じ教員がクラスを担当した場合には、最も進度が速く練習問題量も多くこなすことが できた。しかし、授業アンケート結果を見る限り、学生満足度がほか授業形態に比べて 極めて高いとは言えなかった。それはなぜであろうか。教員が ₂ 名いることで、教員お互い 個性と欠点を補い合い、学生にとってより満足度高い授業になる可能性が生まれるでは ないだろうか。その ₂ 名教員が、フランス人教員(もしくはフランス語を母国とする教員) と日本人教員だった場合はどうであろうか。ネイティヴクラスでは、初回授業から実際に ネイティヴ教員話すフランス語に接する機会に恵まれ、学生もフランス語を発話するよう求 められるため、覚えたばかりフランス語でコミュニケーションが成立していく。しかし、疑 問に思った点をそのまま放置することなく、次回、日本人教員クラス中で母国を使って
さらに見せる

12 さらに読み込む

人種偏見のメカニズム 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

人種偏見のメカニズム 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

pologist t Work: 1965: 356 382)を翻訳したものである。  「連帯感」は日付ない原稿であるが、1942 年頃書かれたものであろう。「戦後人種差別」 は未発表原稿で、1947 年頃書かれたものである。最後「戦争自然史」は未出版原稿で あるが、1939 年にフランツ・ボアズと間で交わされた書簡からも明白であるように、1939 年 頃書かれた論文である。これら 4 篇論文は戦前、戦中、戦後とアメリカを取り巻く状況が大 きく変化した時期に書かれたものである。このことから、戦争が及ぼしたベネディクト考え 方向や心情変化を読み解くことは興味深いことである。ベネディクトがこれら論文を執 筆してすでに半世紀以上経過した現在、人種差別に反対する意識は世界中で高まりを見せては いる。しかし、アメリカ合衆国のみならず、世界的にみても人種に対する偏見・差別はベネデ ィクトが執筆してした当時とさしたる変化は見られず、それどころか差別・偏見は複雑化し、 民族問題ともからみ、それらを解決する糸口はいまだ見出せずにいる。偏見・差別は過去問 題ではなく、いまも我々に突きつけられている大きな問題なである。ベネディクトが正面か ら向かい合って取り上げたこれら問題に対する科学的考察を今一度振り返って読み直すこと は、連綿と続いている偏見・差別もつ根深さを考えるめにも意味あることと考える。  ヨーロッパ人にとって戦争は 1939 年 9 月 1 日、ドイツによるポーランド攻撃で始まった。ア メリカ人にとって事実上戦争が始まるは、その後 2 年ほど経過してからことであった。何 に対して戦う価値があるか、そしてまた死ぬ価値があるか、また何を変えるために戦う か考えざるを得なくなっていった。ユダヤ人、黒人、またアジア人に影響を及ぼすかどうかも 含み、ベネディクトはさまざまな人種差別に反対するため活動も増やしていった。それはま た戦争によって基礎を危うくされている学問自由という原則を守るため、人前で話しをする ことが苦手であってもベネディクトはラジオ放送を通して話したりもした。「アメリカにおける 人種偏見」もそうした活動一つであった。
さらに見せる

21 さらに読み込む

구성원소 이론으로 보는 한국어 'ㄷ' 불규칙의 음운현상 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

구성원소 이론으로 보는 한국어 'ㄷ' 불규칙의 음운현상 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

熊谷明泰 (2011/2015) 『アリラン』朝日出版社. 窪園晴夫,太田聡 (1998) 『日英語比較選書10 音韻構造とアクセント』研究社. 河野六郎 (1955/1979) 「朝鮮」『河野六郎著作集』1, 平凡社. 秋美鎬,O Grady, W.,山下佳江 (2008) 『韓国発音ガイド ― 理論と実践』白帝社. 田中伸一 (2005) 『英語学モノグラフシリーズ14 アクセントとリズム』研究社. 前間恭作 (1924/1974) 「龍歌故箋」『前間恭作著作集』下巻, 京都大学国文学会.
さらに見せる

11 さらに読み込む

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

理を行う作業領域にある参照情報うちより古いものであり(例: A-や B-や C), “A(, B) CM C”においては,いま言語形式製作対象となっている意味要素は,心内で情報管理を 行う作業領域にある参照情報うちより新しいものである(例 : A(, B) と-C )。一方, 分布マッチ“A CM B CM C CM ”では(Aと Bと Cと,Aも Bも Cも ),いま言語形式 製作対象となっている意味要素が心内参照情報うちどれであるかは特定されない。 要するに,並列形式にいくつかタイプがあるは,言語形式作成が進行する過程において 心内で行われる情報処理し方に差異があるからだということである。
さらに見せる

9 さらに読み込む

グループ活動を取り入れた初級スペイン語教育の試み 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

グループ活動を取り入れた初級スペイン語教育の試み 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 実際、グループ活動については外国教育に限らず様々な分野において先行研究がなされて おり、たとえば英語教育についてものだが(高橋、2008)では、グループによる学習は学ん だ内容理解を深めるだけでなく、学習者が活気づき高い意欲を持って授業に取り組むと報告 されている。多く場合、授業に参加する学生は互いに知らないため、緊張していることが多 い。ところがグループ活動をとおせば他学生と壁が取り払われることによってリラックス した状態で授業に参加できる。そこから学習意欲が刺激されることが期待される。
さらに見せる

10 さらに読み込む

大学生の効果的多読指導法—易しい多読用教材と授業内読書の効果— 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

大学生の効果的多読指導法—易しい多読用教材と授業内読書の効果— 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2 .多読指導 2.2.授業参加者  対象学生は同じ大学 2 学部 6 クラスで、 1 年間授業内多読を行ったSキャンパス 2 年生 2 クラスグループ(GA)、 1 年間授業外多読を行ったTキャンパス 1 年生 2 クラスグ ループ(GB)、半年間授業外多読を行った同じくTキャンパス 2 年生 2 クラスグループ (GC)であり、いずれも語学が専門学部ではない。GAクラスでは前期・後期ともリー デイング授業を行い、受講者は合計84名(男子77名・女子 7 名)であった。指定テキストが なかったため、毎回授業前半に速読および内容把握練習を行い、後半40∼45分を多読に あてた。GBは前期がリーディング、後期がライティング授業であり、指定テキストが課さ れていたので、前期は授業10分間読書と授業外読書を、後期は授業外多読のみを課した。 受講者は合計77名(男性50名・女性27名)であった。GCは84名(男子61名・女子23名)で、 前期はライティング、後期は指定テキストを使用して行う半期リーディングクラスであっ た。そのため、授業多読は導入オリエンテーションのみ行い、その後はGB後期同様に 授業多読を課した。
さらに見せる

13 さらに読み込む

分離疑問文( Split Questions )のSC 分析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

分離疑問文( Split Questions )のSC 分析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Camacho(2002)分析で SQ-type1名詞類、あるいは SQ-type3前置詞句、形容詞句など移 動が考慮されない句が基底生成するような例では説明が可能であるに対し、動詞、あるいは CP など単一節を越えた移動が関係する場合は説明することができない。次に Arregi(2010)は 二重節構造を用いて分析されているため SQ-type3など移動が関係したりしなかったりする場 合は説明できるかあいまいではあるがさらに問題になるは SQ-type4中でも焦点句へ CP 全体がどのようにして移動するかその必要性に関して疑問となる。最後に López-Cortina (2007)では確証句を採用する事でイントネーションなど音韻現象と意味論も考慮した上で SQ-type1-3を説明することができるが、同様に SQ-type4派生を考慮した際に否定要素が関連 する時になぜ最終的な派生が成立しないかその定式化が曖昧である事が分かる。
さらに見せる

24 さらに読み込む

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

4 . 2 .学習者置かれる学習環境  まずスペインは、ほとんど高校生にとっておそらく初めて触れる外国である。このこ とはぜひ考慮されなくてはならない。もっともスペインが初修外国であるは、大学生 場合でも、独学や語学学校学習者場合でも同様である。こうした事情から、スペイン ではどのような発音がされるか、どのような文字を持つかといったことについて生徒が持 つ情報はおよそ皆無に等しい。また、大方においてスペイン国々について知識が、言 そのものについて場合と同様、英語に比べると圧倒的に少ない。日常生活でそれらについ て情報に触れる機会が限られていることがその原因一つとして挙げられる。とは言え、ス ペイン文化について学習するが望ましいにしても、言語指導以外ところで時間を要 することを考慮すれば容易ではなく、効率よく言語指導を行うにはどのような手立てが有効か 検討必要がある。
さらに見せる

8 さらに読み込む

レクサイル指標の位置づけと計測方法 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

レクサイル指標の位置づけと計測方法 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 現在もレクサイル指標有効性については議論が続いているものの、初等・中等教育におけ るテキスト難易度比較においては、計量分析的手法「読みやすさ指標」に依拠しなけ れ ば な ら ず、Common Core State Standards に お け る 読 解 能 力 指 針 に お い て、Lexile Framework が使われるようになったことはある意味、順当なことである。質的分析においては あらゆる人々が数千冊書物について難易度について一致した見解を見出すことは困難であり、 より客観的な議論ためには量的分析に頼らざるを得ない側面を示している。こういった背景 もと、連邦政府が2010年に各州共通教育基盤指針(コモン・コア)概要が打ち出される に及んで、レクサイル指標は全米初等中等教育で広く使われるようになっていった。私企業 により開発された読みやすさ指標が、今や連邦政府教育指針と深くかかわりながら全米に 拡大をし、その勢いはアメリカを超えて世界的にも影響を与えている。
さらに見せる

15 さらに読み込む

移入史初期の『ドン・キホーテ』をめぐって 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

移入史初期の『ドン・キホーテ』をめぐって 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

アマディス物語は、かつて台湾一角で読まれたに違いない。(中略)当時エスパニア文学 は、国運隆盛相まって、もっとも重んじられ、全欧各国を風靡していたから、どんなに実利 功利に眼が眩んでいたとはいえ、冒険家、植民者頭領格中には、当代第一流教養を受け たものが少なくなかったしするから、あるいは有名な伝フェルナンド・デ・ローハス『セレ スティナ』や、ローペ・デ・ベーガコメディアス、カルデロン・デ・ラ・バルカアウトス なども舶載されて来て、あるいは淡水河口で、あるいは鶏龍砲塁で、明月に対しながら、 朗唱・微吟されたかもしれぬ。それにまた当時は、ゴンゴラ一派神祕的な「幽玄体」が一代 を風靡していたことから推していくと、あるいはこの絶東一孤島にもゴンゴリスモ佶屈体 をつくる小詩人がいたかもしれぬ。まして珠玉小曲を残したロペス・デ・メンドーサ、艶麗 な名作多いガルシラーソ・デ・ラ・ベーガなど、前代詩匠作品は当然読まれた」(同: 113)、とスペイン文学作品や人名を挙げている。そこには『ドン・キホーテ』も含まれよう。 日本では1624年にスペインが来航禁止、1639年にポルトガルが来航禁止、その後オランダと 貿易のみとなるが、日本にも伝わっていたであろうか。ちなみに島田は「『ドン・キホーテ』 は、あれほど傑作でありながら(中略)結局、オランダ人」(同)好みではなかったと書い ている。
さらに見せる

16 さらに読み込む

想い出すことども 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

想い出すことども 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 帯文案は縦書きで、「空前絶後 宗教史家ミルチャ・エリアーデ 中心思想と方法論を  余すところなく捉えた、新進気鋭 28 歳 スペイン人哲学研究者 マルセリーノ・アヒース・  ビリャベルデ恐るべき才能をつぶさに伝える 学会デビュー作、本邦初登場」というもので あった。じつは、これがわたしいちばんお気に入り「訳者自装」本にほかならない。  この本については、エリアーデ『イメージとシンボル』(せりか書房)を訳された和光大学 名誉教授、前田耕作氏が、読書新聞 〔2013 年(平成 25 年)7 月 19 日(金曜日)〕 に書評を寄せてく ださった。それによると、〈エリアーデ伝記をふくめた最初本格的な研究書邦訳は、デイ ヴィッド・ケイヴ『エリアーデ宗教学世界』(せりか書房・1996 年/原題:新しいヒュー マニズムへミルチャ・エリアーデ視線・1992 年)が初めてであった。ケイヴ著作も次 年に刊行されたダニエル・デュビュイッセンもまた「エリアーデと聖なるもの」(『20 世紀神 話学―デュメジル/レヴィ・ストロース/エリアーデ』・1993 年)を主題としながら、それら より先に刊行されていたアヒース=ビリャベルデ処女作でもある本書(1991 年・サンティア ゴ・デ・コンポステーラ大学出版局)にはまったくふれていない。本書邦訳が刊行されなけ れば、エリアーデ「中心思想と方法論」淵源を歴史的に抽出し、その思考枠組みを緻密 かつ包括的に論じた本書を私たちがついに目にすることはなかったかもしれない〉。
さらに見せる

10 さらに読み込む

英語公用語論に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

英語公用語論に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

1 )朝日新聞コラムニスト。著書に、「内部」「通貨烈烈」「アジア太平洋フュージョン」他がある。 2 )船橋洋一著「あえて英語公用論」(文藝春秋、2000年)11頁 3 )西垣通教授ような言説も参考になる。 「国家が、ある言語を新たに公用として認めるとはいかなることだろうか?それは通常、国内に 複数民族や言語共同体が存在する時、住民権利保護や行政便益向上ため、官公署における その言語使用を法律で認めることである。(例えばスイス公用はドイツ、フランス語、イタ リア)」中公新書ラクレ編集部+鈴木義里編「論争・英語が公用になる日」(中公新書ラクレ、 2002年)262頁
さらに見せる

11 さらに読み込む

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 先行研究では⑤ように、「-을게요」意味的な特徴は主として約束と分析されており、한 (1991)では「그만 갈게요(もう帰ります)」ような例について告知意味があると言及され ているものの、告知に約束意味がまったくないわけではないと説明されている。また、韓国 教育立場から分析した이(2003)では話し手意図を知らせ、聞き手に直接的、間接的に 準備をさせるため特殊な例として「그만 갈게요(もう帰ります)」が挙げられている。この ように先行研究では「約束」意味に重点を置き、「-을게요」が把握されているため、「그만
さらに見せる

13 さらに読み込む

日韓における謝罪の「定型表現」の使用について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日韓における謝罪の「定型表現」の使用について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ⑷ 先輩と自販機コーヒーを飲んでいたが、途中で急いでその場を離れるサンヒョク 상혁:이거 좀…  〈自分コーヒーカップを渡しながら〉 (サンヒョク:これちょっと…。) → 日本語吹き替え版 :じゃ、すみません。 (冬)  例⑷は親しい先輩と会話である。二人は会社屋上で紙カップコーヒーを飲んでいたが、 飲みかけカップを先輩に捨ててくれるよう台詞と台詞合間にわずかに現れる発話場面であ る。韓国では後輩サンヒョックが急いでいることもあって「이거 좀…(これちょっと…)」 で最後まで発話されないまま先輩にカップを渡すという行動に移っている。これに対し、ごく ささいなこととして描かれているこの例においても日本語では明確に「すみません」発話が あるべきところとして把握されている。
さらに見せる

16 さらに読み込む

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ところで同じくこの日日記には、 8 月27日から 9 月12日まで行なわれる、「独逸第十二軍団 秋季演習」に参加することが記されている。これは、ザクセン軍団軍医部長ヴィルヘルム・ ロオト勧めによるものであった。ロオトと初めて出合ったは、この年 4 月29日で、この 日日記に「索遜軍団医長軍医監ロオト Wilhelm Roth 氏徳停府より来り、諸大学教授及軍医 とカタリイネン、ストラアセ Katharinenstrass s i c e なるバウマン Baumann 酒店に会す。余も亦 与る。ロオト氏は鬚眉皆白し。然れとも談笑状少年如し。此人は方今独逸国軍医巨 擘なり。余面を見て、人介するを待たずして、卿は二等軍医森氏ならずやと呼び掛け」(同: 94)られたことが記されている。鷗外は、 5 月27日に陸軍 1 等軍医に任ぜられていた。なお辞 令は 7 月15日に到ると日記には書かれている。鷗外は、その後ロオトと親しく交際し、またロ オトも鷗外を厚遇して止まなかった。ロオトは秋季演習後、鷗外にドレスデンに来て、ザクセ ン軍団冬期軍陣衛生学講習会(10月13日―翌19年 2 月27日)に参加するように勧めた。こ こは鷗外最初計画にはなかった所であるし、また大学があるわけでもないのに長期に滞在 することにしたは、ロオトと親交だけでなく、ロオトを通じて多く友人がこの地にでき たことと、またロオトを始めその友人達が文学好きであったことも影響している。またさらに はドレスデンへ幾度も来るうちに、この地素晴らしさに心引かれるものもあっただろう。 そしてこの地で、鷗外が記すようにスペイン文学と印象深い出会いがあった。もしロオト 誘いがなければ、この印象深い出会いも起こらなかった。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題