X 部 IP トレースバック・システムの研究開発

Top PDF X 部 IP トレースバック・システムの研究開発:

紹介 株式会社エイチアイ開発本部システムデザイン部部 - 組込み機器向けソフトウェアの研究開発 Linux 関連 章の執筆 LPIC Level2 1 回で合格必達テキスト + 問題集 LPI-Japan コラム Linux 道場 Linu

紹介 株式会社エイチアイ開発本部システムデザイン部部 - 組込み機器向けソフトウェアの研究開発 Linux 関連 章の執筆 LPIC Level2 1 回で合格必達テキスト + 問題集 LPI-Japan コラム Linux 道場 Linu

212.5 OpenVPN 主題212 システムセキュリティ この主題ポイント 主にネットワークアクセスセキュリティに関して知識が中⼼となる。 中⼼となるテーマはiptables、FTPサーバ(vsftpd、Pure-FTPd等) Anonymous設定、OpenSSH、OpenVPN。

55 さらに読み込む

技術研究所 ( 機械システム研究部 ) 機械システム研究部長 機械システム研究部副部長 青木誠 システム技術開発センター ( 制御システム開発部 ) 制御システム開発部長 技術企画推進センターシステム開発企画部一課長 森芳信 ( ロボット技術開発部 ) ロボット技術開発部長 制御システム開発部長 鷹

技術研究所 ( 機械システム研究部 ) 機械システム研究部長 機械システム研究部副部長 青木誠 システム技術開発センター ( 制御システム開発部 ) 制御システム開発部長 技術企画推進センターシステム開発企画部一課長 森芳信 ( ロボット技術開発部 ) ロボット技術開発部長 制御システム開発部長 鷹

▽ 技術本部 基幹職(設計担当)兼 第四設計部長 兼 汎用エンジン総括 基幹職(設計担当)〔技術 本部 基幹職(実験担当)兼 走行技術部長 兼 汎用エンジン総括 基幹職(実験担当)〕 岡部 泰久 ▽ 技術本部 基幹職(実験担当)兼 第一実験部長 兼 走行技術部長 兼 汎用エンジン総括 基幹職 (実験担当)〔第一実験部長 兼 第一課長 兼 第三実験 基幹職〕 深見 洋司 (第二設計

16 さらに読み込む

コンクリート系非構造壁の取り付け部に介在させる摺動材を用いた摩擦制振システムの開発研究 [ PDF

コンクリート系非構造壁の取り付け部に介在させる摺動材を用いた摩擦制振システムの開発研究 [ PDF

B ブロックと溝形鋼を同じ高さにするために厚さ 1mm プレートを溝形鋼と鋼板と間に挟んで調整したが, それが十分ではなく,結果正変位側に強固に摺動材が 締め付けられ,B ブロックボルト張力が大幅に変動 したと考察される.PC 版はフレーム中心軸外に設置 されていたため,全試験体とも載荷中には PC 版に面外 方向に揺れが生じた.また BT1 試験体については B ブ ロックが面外にうねるように摺動した.BT1 試験体は 履歴曲線荷重が二つ棚を経て増加しているが一段 目棚は摺動材円孔と水平力伝達ボルト間 3mm クリアランスによるもので,二段目棚は前述 B ブロックが載荷方向軸外にうねるように摺動したた めに A ブロックよりも摺動振幅が小さくなったことに 起因すると思われる.BT3 及び BT6 試験体については この現象は殆ど見られなかったが,減衰力を発揮する 際荷重上がり方がやや緩やかになっている.これ は PC 版浮き上がり力により水平力伝達ボルトが回 転しながら摺動材円孔に接触したためでと考察され る.BT10 試験体では載荷中に滑り荷重が PC 版と B ブ 図 9 実験結果
さらに見せる

4 さらに読み込む

「海外政府系研究開発機関における研究開発評価システムに関する調査・分析」調査報告書

「海外政府系研究開発機関における研究開発評価システムに関する調査・分析」調査報告書

88 によってアウトカム評価がなされ、2006 年に報告書が公表された。BBSRC 支援によるパートナ ーシップは 2003 年度に 17 だったものが、2004 年度は 6 と激減した。これは BBSRC が支援した KTP がバイオサイエンスコミュニティ、特に知識基盤系機関や企業、KTP に関わる学生に対す るインパクトをよく理解する必要性を浮き彫りにした。そのためにアウトカム評価として、BBSRC 支 援 KTP プロジェクト長期的なアウトカムについて準定量分析と定性評価が実施された。具 体的には最初選別的な質問票と詳細な質問票二段階質問票方式を採用している。参加して いる 65 パートナーうち、38 件(58%)回答があり、うち 20 件(31%)は詳細なレビューに同意し た。すべてパートナーシップが既に終了しており、8 件は少なくとも 2 年前に終了している。この 20 件うち、14 件は企業と学術的パートナー両方が第二段階レビューに加わった。さらに、 そのうち 2 件は企業にまだパートナーが雇用されている完全なパートナーシップを保っている。 質問票は KTP パートナーシップインパクトや成果に関する項目からなり、準定量的ないし自由 記述で回答するものであった。結論として、知識基盤系機関にとって KTP 主要な利点は産業 界とリンク、財政面、教育へ貢献という回答だった。一方企業にとっては学術界とリンク、 教育能力向上、戦略的利得が利点として挙げられている。より詳細に見ると、知識基盤系機関は KTP に対して良い経験をしたというものがほとんどであったが、企業パートナーはそれほどでもなく、 商業的利得面を多く挙げていた。KTP はバイオサイエンス系企業巻き込みにあまり成功し なかったが、市場ニーズ推移やバイオサイエンス産業における急速な変化や、知財を基盤にし た製品には長いリードタイムを要すること、適切な事例研究題材に欠くことなどがその障害として 明らかにされた。
さらに見せる

66 さらに読み込む

消防隊員活動支援システムの開発と基礎研究

消防隊員活動支援システムの開発と基礎研究

) 当該赤外線カメラモジュールは、自動的 替えが行われるようになっている。このため温度高いクリブ等を見ている場合は、 高温度レンジになっているが、歩くために温度低い足下床を見ると、低温度レ ンジに切り替わる。このレンジ切り替えに1秒程度時間がかかり、その間画面動 きが止まってしまう。慣れてくるとレンジが切り替わるまで無駄な動きをせずに待 つようになるが、初めうちは、画面が止まってしまう不安から周囲を見回し、そ 結果高温と低温を交互に見てしまうため、レンジ切り替えが頻繁に起こり、 ますます画面が止まったままになる。
さらに見せる

22 さらに読み込む

ヒト脳機能データ推定システムの研究開発

ヒト脳機能データ推定システムの研究開発

て解決を試みた。 1. MEG+fMRI統合による神経集団活動可視化 2. 拡散MRIから得られる配線構造を基盤としたネット ワークダイナミクスモデルを用いた電流源推定によ る情報処理流れ定量化

42 さらに読み込む

並列分散ワークフロー処理システムの研究開発

並列分散ワークフロー処理システムの研究開発

– 内部DSL (Internal Domain Specific Language)と呼ばれ る。 – Makefile ような専用言語は、外部DSL と呼ばれる。 • Rakefile はRubyスクリプトとして実行されるので、 Rubyでできることはすべて可能。

21 さらに読み込む

第 1 回スーパーコンピューティング セミナー スーパーコンピューティング技術産業応用協議会 Rev U 65m 17m 海洋研究開発機構横浜研究所全景 50m 地球シミュレータの 産業利用について ( 独 ) 海洋研究開発機構 計算システム計画 運用部

第 1 回スーパーコンピューティング セミナー スーパーコンピューティング技術産業応用協議会 Rev U 65m 17m 海洋研究開発機構横浜研究所全景 50m 地球シミュレータの 産業利用について ( 独 ) 海洋研究開発機構 計算システム計画 運用部

5.株式会社本田技術研究所 「新奇ナノマテリアル構造と特性に関する大規模 シミュレーション研究」 ・ H18年度採択課題 1.株式会社 東芝 「機能性ナノ粒子設計シミュレーション」 2.住友化学株式会社 友 株 社 「有機材料発光特性シミレーション」 有機 料 発光特 」 3.SRI研究開発株式会社 「ゴム中ナノ粒子ネットワーク構造

39 さらに読み込む

アジャイル開発における プロダクトバックログの リファインメント方法の提案 Method of product backlog refinement in Agile development

アジャイル開発における プロダクトバックログの リファインメント方法の提案 Method of product backlog refinement in Agile development

研究員が、自社スクラムチームにて施策を実施した。 スクラムチームと研究員は、レビューNGに関する課題認識を共有した。 他社プラクティスから気付きを取り入れた施策内容を説明し、実施を働き かけた。

13 さらに読み込む

海外政府系研究開発機関における研究開発評価システムにおける調査・分析(平成22年度委託調査結果報告)

海外政府系研究開発機関における研究開発評価システムにおける調査・分析(平成22年度委託調査結果報告)

– 「ロジカル・フレームワーク・アプローチ」等活用と人材養成 • 各部門においてバランスト・スコア・カード(BSC)に通じたスタッフと政策 アドバイザーが戦略素案を作成 – BSC: 戦略・ビジョンを4つ視点(財務視点・顧客視点・業務プロセス 視点・学習と成長視点)で分類し、その企業持つ戦略やビジョンと連鎖さ れた財務的指標、及び非財務的指標を設定する方法

32 さらに読み込む

緑色蛍光体の開発により液晶テレビ用バックライトの色再現域の向上に成功

緑色蛍光体の開発により液晶テレビ用バックライトの色再現域の向上に成功

γ AlON は、アルミニウムと酸素と窒素を主成分とするセラミックスで、透明材料として用いられてい ます。NIMS では、γAlON 結晶にマグネシウム(Mg)と Mn を添加して組成を調整することにより、 LED 用緑色蛍光体となることを見いだしました。この材料は、窒化アルミニウム、酸化アルミニウム、 フッ化マグネシウム、フッ化マンガンを窒化ホウ素製のるつぼに入れて、5 気圧窒素中、1800℃で反応 させることにより製造することができます。この蛍光体は 2008 年に NIMS が発見した材料で、今回組成 と製造工程最適化により発光効率が向上して白色 LED デバイスに搭載できるようになりました。
さらに見せる

6 さらに読み込む

ふく射伝熱方式熱電変換技術の開発 Development of Thermoelectric Conversion Technology Using Radiation Heat Transfer 徳良晋技術開発本部基盤技術研究所応用理学研究部太田稔智技術開発本部知的財産部主査茂垣康弘産業システムセ

ふく射伝熱方式熱電変換技術の開発 Development of Thermoelectric Conversion Technology Using Radiation Heat Transfer 徳良晋技術開発本部基盤技術研究所応用理学研究部太田稔智技術開発本部知的財産部主査茂垣康弘産業システムセ

5. 抵抗加熱式工業炉へ適用  抵抗加熱式真空熱処理炉は熱電変換システム適用にた いへん適した条件にある.その適用概念を第 10 図に示す.  現在普及している真空熱処理プロセスに用いられる炉 多くはバッチ式である.断熱性能を高めれば運転時熱損 失は軽減されるが,冷却時間が長くなり,炉稼働率が低 下する.このため,ヒータを内蔵する中央高温断熱壁 断熱性能には一定制限を設けており,この断熱壁から ふく射熱は,真空炉外壁水冷ジャケットを流れる冷却 水を介して排熱されている.このように,高温熱源と低温 熱源が真空域を介して二次元的に対向しており,炉外壁 内面に,高温電極を露出させたハーフスケルトン型熱 電変換モジュール( 第 2 図 参照 )を取り付ければ,ふ く射伝熱方式特長が発揮されて変換効率大幅な改善が 十分に期待できる.
さらに見せる

6 さらに読み込む

本原 学会バックエンド部会バックエンド夏期セミナー 2018 年 仙台 廃棄物管理における負荷低減のための分野横断的な原 システムの研究 2018 年 8 23 公益財団法 原 環境整備促進 資 管理センター 朝野英 1

本原 学会バックエンド部会バックエンド夏期セミナー 2018 年 仙台 廃棄物管理における負荷低減のための分野横断的な原 システムの研究 2018 年 8 23 公益財団法 原 環境整備促進 資 管理センター 朝野英 1

2.2 事例調査:技術報告書(CEA/フランス,2012) (1)エネルギー戦略 (2)放射性廃棄物管理:インベントリー削減 第1巻 Sustainable management of radioactive materials with reactors of 4 th generation/ 第4世代原⼦炉による放射性物質持続可能な管理

18 さらに読み込む

ETMトレースPROソリューション

ETMトレースPROソリューション

モータ制御 / 無線通信アプリケーションに最適なモニターモードデバッグ機能 J-Link モニタモードデバッグを使用すると、実行優先順位高いコードを通常通り実行しながら、優先順位低いアプリケーションを停 止・実行することができます。これにより、開発者に新しい手法アプリケーションデバッグ手法を提供します。通信タスクを維持した まま、割り込み、イベント、その他信号を任意でオン/ オフできるため、従来手法ではデバッグが困難だった多様なシステム状況を 開発者は把握し、デバッグする事ができます。
さらに見せる

34 さらに読み込む

背景 並行システム : 協調する複数の処理 ( プロセス ) から構成されるシステム 並行システムの例 ( 昇降舵のフライバイワイヤ ) 操縦桿 x2 角度 x3x2 ジャイロ x3 重量計 x4 フラップ LVDT IRU WOW FSACE PB 優先ボタン x2 MON モニタ COM コマン

背景 並行システム : 協調する複数の処理 ( プロセス ) から構成されるシステム 並行システムの例 ( 昇降舵のフライバイワイヤ ) 操縦桿 x2 角度 x3x2 ジャイロ x3 重量計 x4 フラップ LVDT IRU WOW FSACE PB 優先ボタン x2 MON モニタ COM コマン

まとめ  CONPASU研究ポイント  ネットワークやマルチコア普及によって、並行処理が身近になっている  複雑な並行処理全体像を解析して、 簡潔に可視化するツール を開発

24 さらに読み込む

国家基幹研究開発推進事業 原子力システム研究開発 -基盤研究開発分野-

国家基幹研究開発推進事業 原子力システム研究開発 -基盤研究開発分野-

項 目 内 容 1.目的・目標 高速増殖炉燃料研究開発では、燃料被覆管に新型材料(ODS 鋼等) を採用するとともに、燃料ペレットについては中空形状を採用すること 等により高燃焼度化を達成し、燃料費大幅な低減を図っていく必要が ある。このような高性能・高燃焼度燃料開発にあたっては、種々な燃 料を多数原子炉で照射し、その照射後試験を迅速に行って燃料や材料等 ふるまいを確認することが不可欠である。これまで国内外において、 原子炉で照射した燃料照射挙動解明に関しては、非破壊試験に加え て光学顕微鏡観察など破壊試験を実施してきた。しかしながらこのよ うな従来照射後試験手法では、多大な時間と労力を必要とし、さらに は破壊試験であるが故に放射性廃棄物大量発生を招くとともに、得ら れるデータ数も限られていた。
さらに見せる

6 さらに読み込む

次期赤外線天文衛星 SPICA ミッション部冷却システムの開発 独立行政法人宇宙航空研究開発機構研究開発本部熱グループ 杉田寛之 SPICA プリプロジェクトチーム 2009 年度超流動ヘリウム冷却システム技術調査研究会 2010 年 1 月 29 東京大学 山上会館

次期赤外線天文衛星 SPICA ミッション部冷却システムの開発 独立行政法人宇宙航空研究開発機構研究開発本部熱グループ 杉田寛之 SPICA プリプロジェクトチーム 2009 年度超流動ヘリウム冷却システム技術調査研究会 2010 年 1 月 29 東京大学 山上会館

25 不純ガス( CO 2 、 N 2 )による 作動流体汚染を模擬 し、軌道上長期運用時冷凍 機性能劣化を評価。 冷凍機 2段ステージ温度は、不純ガスCO 2 、 N 2 濃度がそれぞれ 500, 1000 ppmv 以下であれば、安定した冷却能力を発揮することができる。 (長寿命化指針)

40 さらに読み込む

HP Compaq LA2006x、LA2206x、および LA2306x WLED バックライトLCDモニター ユーザーガイド

HP Compaq LA2006x、LA2206x、および LA2306x WLED バックライトLCDモニター ユーザーガイド

電源管理機能によって、一定時間使用していない状態が続くと、コンピューターが省電力モードま たは「スリープ」モードに切り替わります。また、エネルギー スター プログラム認定を受けた外 ディスプレイを接続して電源管理機能を使用する場合、この機能では、ディスプレイ類似電源 管理機能もサポートされます。この機能を活かすには、ユーザーはエネルギー スター認定コン ピューターおよびディスプレイで提供されている電源管理初期設定を使用する必要があります 。 システムが外部電源で動作している場合は、この電源管理初期設定によって、エネルギー スター 認定コンピューターが以下動作を行うように設定されています。
さらに見せる

53 さらに読み込む

ライントレースロボットを用いた組み込みシステム教育

ライントレースロボットを用いた組み込みシステム教育

クロス開発環境 GCC Developer Lite (BestTechnology Co.,LTD.) 回路設計ソフト PCBE(フリーウェア) 使用した電気回路を使用するが,4 年次はマイコンを使用し た電子回路に高度化・発展させていること,4,5 年次に学 習する科目と関連などを説明する.次に,ライントレー スロボット実験計画書に外観図を記入し,モータ類,回 路基板,センサ,バッテリー配置イメージを固めさせる (図 2) .電子回路を学習後,プリント基板エディタを使 用してセンサ回路図を設計する(図 3) .数人分基板 回路図を A4 サイズに集約し,透過フィルムに印刷,ポジ感 光基板装置を用いて回路基板作成を行う(図 4) .センサ回 路基板は,素子と素子を単純なラインで結合したもの,ノ イズ対策として GND ラインで基板全体を覆うように設計し たもの,パターンが複雑化しないよう素子配置に工夫した ものなどさまざまである.お互い設計回路を目にする機 会を設けた効果として,回路設計時にどのような配慮をす べきであるかに気づかせることができた.また,エッチン グ水洗い時に薬品除去が十分でなかったり,素手で銅 箔を触れたために汗が付着したケースでは数週間後に劣 化が進み回路不良を起こした事例があった.学生がこれら 経験から実作業注意点について学ぶことができたこと を,レポート考察記述などから確認した.
さらに見せる

7 さらに読み込む

APIC-EM 向けシスコ パス トレース アプリケーション ユーザ ガイド、リリース x

APIC-EM 向けシスコ パス トレース アプリケーション ユーザ ガイド、リリース x

MPLS-VPN(WAN) ネットワークで Netflow を使用すると、コントローラ GUI を通じて所定アプリケーション フローに対するパ ス トレースを表示できます。ユーザは、特定アプリ ケーションが使用している正確なパスを特定できます。 宛先に複数ボーダールータがあると、実際入力ボー ダー ルータを見つけるためにデバイス Netflow キャッ シュが使用されます。これらデバイス Netflow レコー ドが、所定タプルについて、オン デマンドで照合され ます。ボーダー ルータ上に Netflow を設定する必要があ ります。Netflow が設定されていない場合、入力インター フェイスを見つけるためにトレース ルートが使用されま すが、これは正確でない場合があります。
さらに見せる

56 さらに読み込む

Show all 10000 documents...