食を通じて育

Top PDF 食を通じて育:

資料2 1(平成24年度食育モデル事業の経過について) いわき市食育推進委員会 | いわき市役所

資料2 1(平成24年度食育モデル事業の経過について) いわき市食育推進委員会 | いわき市役所

② 応募締切:平成 24 年9月5日(水)まで、各学校を通じて保健所地域保健課へ提出 ③ 審査部門:3部門(小学校下学年、小学校上学年、中学生) ④ 募集方法:各小中学校へ募集チラシを配布(市教育委員会学校教育課へ周知等の協力依頼) 応 募用紙に必要事項を記入の上、料理の写真を添付し、各小中学校で取りまとめ、保健 所地域保健課へ提出。

7 さらに読み込む

第4章 食育推進のための取り組み1.家庭における食育の推進 第2次いわき市食育推進計画 | いわき市役所

第4章 食育推進のための取り組み1.家庭における食育の推進 第2次いわき市食育推進計画 | いわき市役所

5) 生活習慣病の予防及び改善につながる食生活の普及  市民一人ひとりが普段の生活において栄養のバランスを理解した上で、望まし い習慣を確立し、食生活改善に向けた取り組みができるよう、栄養バランスに 優れ、地域で生産される豊かな食材を生かした、日本型生活「主食(ごはん) ・ 主菜・副菜・汁(一汁三菜)」の浸透を目指し、「教室」「市役所出前講座」「メ タボ予防教室」等の開催など、に関連した事業の実施を通じて普及啓発を行 います。
さらに見せる

9 さらに読み込む

第3章 食育推進の基本的な取り組み 食育推進計画|岡山市|くらし・手続き|医療・健康

第3章 食育推進の基本的な取り組み 食育推進計画|岡山市|くらし・手続き|医療・健康

講習会等を通じて、わかりやすい形で知識の普及を行い、リスクコミュニケーション の推進を図ります。 ~ コラム ~ HACCP とは? HACCPとは、1960�代にアメリカで宇宙の安全性を保証するシ ス�ムとして策定されたもので、食品の原料から製品に至るまでの一連 の工程において起こりうる危害をあらかじめ分析�Hazard Analysis: HA�し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を 講じればより安全な製品を得ることができるかという重要管理点
さらに見せる

26 さらに読み込む

学生食育指導

学生食育指導

家政学部食物栄養学科では、平成18(2006)年度 より中山のゼミ生を中心に京都女子大学附属小学校ス クールランチ(以下附小スクールランチ)の他、学内 外での活動を行ってきた。学生は、ボランティア 活動を通じて、管理栄養士・栄養教諭としての実践力 を身に付け、卒業後も様々な分野で活躍してきた。今後、 附小スクールランチ、睦美幼稚園キッチン・ラボ(以 下キッチン・ラボ)、三条学童こども食堂(以下三条 こども食堂)の3つのボランティア活動などを継続で きるよう、学生が主体となって新たな活動基盤をつくり、 さらに発展できることを目的とした。
さらに見せる

6 さらに読み込む

野田市食育推進計画(素案)

野田市食育推進計画(素案)

る様々な体験を通じて、豊かな人間性の育成を図る必要があります。このこ とから、各幼稚園で各々の特性を考慮した柔軟な計画を作成し、に関 する体験活動に取り組んでいきます。それにより、子どもが和やかな雰囲気 の中で教諭や他の幼児と共に食べる喜びや楽しさを味わい、 様々な食べ物へ

90 さらに読み込む

三浦市食育推進計画

三浦市食育推進計画

2.三浦市におけるの推進方向 基本法では前文の冒頭において、「二十一世紀における我が国の発展のためには、子ども たちが健全な心と身体を培い、未来や国際社会に向かって羽ばたくことができるようにするとと もに、すべての国民が心身の健康を確保し、生涯にわたって生き生きと暮らすことができるよう にすることが大切である。子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくた めには、何よりも「」が重要である。今、改めて、を、生きる上での基本であって、知育、 徳育及び体育の基礎となるべきものと位置付けるとともに、様々な経験を通じて」に関する 知識と「」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てるを 推進することが求められている。もとより、はあらゆる世代の国民に必要なものであるが、 子どもたちに対するは、心身の成長及び人格の形成に大きな影響を及ぼし、生涯にわたって 健全な心と身体を培い豊かな人間性をはぐくんでいく基礎となるものである。」と規定していま す。
さらに見せる

21 さらに読み込む

第4章 食育推進のための取り組み3.地域における食育の推進 第2次いわき市食育推進計画 | いわき市役所

第4章 食育推進のための取り組み3.地域における食育の推進 第2次いわき市食育推進計画 | いわき市役所

 2) インフォメーションを通じたの普及啓発等  農林水産省東北農政局いわき地域センターや福島県栄養士会いわき支部との連 携により、6月の月間、毎月19日のデー等において「インフォメー ション」を開催し、ポスター掲示、フードモデル展示、リーフレットの配布、栄 養相談等により、「食事バランスガイド」を活用した栄養バランスの優れた「日 本型食生活」の普及啓発を図りながら、「」に関する情報を積極的に提示し、 市民自らがを実践することができる環境づくりに努めるなど、健全な習慣 の確立を推進します。
さらに見せる

6 さらに読み込む

・第3次 青森県食育推進計画 食育  青森県庁ホームページ dai3ji

・第3次 青森県食育推進計画 食育 青森県庁ホームページ dai3ji

二十一世紀における我が国の発展のためには、子どもたちが健全な心と身体を培い、未来や国 際社会に向かって羽ばたくことができるようにするとともに、すべての国民が心身の健康を確保 し、生涯にわたって生き生きと暮らすことができるようにすることが大切である。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「」 が重要である。今、 改めて、 を、 生きる上での基本であって、 知育、 徳育及び体育の基礎とな るべきものと位置付けるとともに、様々な経験を通じて」に関する知識と「」を選択する 力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てるを推進することが求められ ている。もとより、はあらゆる世代の国民に必要なものであるが、子どもたちに対する は、心身の成長及び人格の形成に大きな影響を及ぼし、生涯にわたって健全な心と身体を培い豊 かな人間性をはぐくんでいく基礎となるものである。
さらに見せる

83 さらに読み込む

資料3(市食育推進計画の見直しについて) いわき市食育推進委員会 | いわき市役所

資料3(市食育推進計画の見直しについて) いわき市食育推進委員会 | いわき市役所

※ 必要に応じてコラム等の見直しを行う。 3 推進にあたっての課題(現行計画P52~56) 国が見直し(新規追加)を行った、重点課題として「生涯にわたるライフステージに応じた 間断ないの推進」「生活習慣病の予防及び改善につながるの推進」「家庭にお ける共を通じた子どもへのの推進」を掲げているため、これらの重点課題を念頭に 本市の推進にあったての課題を整理する。
さらに見せる

8 さらに読み込む

第4章 食育の基本施策の展開 寝屋川市の食育について/寝屋川市ホームページ

第4章 食育の基本施策の展開 寝屋川市の食育について/寝屋川市ホームページ

地場農産物の販売場所等を記した「マップ」の作成 市民が健全な食生活を送るためには、 栄養バランス等に関する知識とを選択 する力を習得することが必要です。このため、例えば農業体験等を通じ生産・流通 の現状を知り、自然の恩恵やに関わる人々に対する様々な理解を深め、楽しみな がらに関する興味・関心を高めていきます。

9 さらに読み込む

平成23年度の食育活動(実績) 成田市食育推進計画の取組み状況について|成田市

平成23年度の食育活動(実績) 成田市食育推進計画の取組み状況について|成田市

例)●野菜の栽培・収穫等の体験を通じて感謝の 心を育てています。●多くの種類の食べ物や料理 を味わえるメニュー・食材料の紹介を行っていま す。●食事のマナー(挨拶・姿勢等)、具の使い 方、お手伝いを身につけられるように取り組んでい ます。●に関する絵本・紙芝居・パネルシアター 等の読み聞かせや遊びを実施します。●健康、安 全など食生活に必要な習慣(手洗い等)を身につ けられるように取り組んでいます。●給食食材(そ ら豆、枝豆、とうもろこし等)の皮むき、サヤ取り、 ラップ等を使ったおやつ作り(おにぎり、茶巾等)等 を体験する機会の提供。
さらに見せる

15 さらに読み込む

資料2(平成24年度食育モデル事業について) いわき市食育推進委員会 | いわき市役所

資料2(平成24年度食育モデル事業について) いわき市食育推進委員会 | いわき市役所

① 最優秀賞・優秀賞に選定された方の表彰式を実施する。(会場は、PR 効果の観点か ら市イベント等に合わせた実施を視野に検討。)については、11月ごろに開催される 他のイベント会場にて表彰する。 ② 二次審査において、最優秀賞・優秀賞の選定からもれた方については、市教育委員 会学校教育課を経由し、学校を通じて二次審査参加賞を贈呈する。

6 さらに読み込む

野田市食育推進計画

野田市食育推進計画

(2)学齢期(6∼15 歳) 生活習慣が形成される時期で、に関する関心や判断力を養い、基本的 な習慣を固める大切な時期です。 この時期の後半は、子どもから大人への移行期に入り、自分に合った 生活を選択できる力を身に付けていくことが重要です。習慣の習得は保 護者に依存していますが、徐々に保護者への依存は少なくなります。学校 生活は、子どもにとって友達とともに学ぶ大切な場であり、給食や教科学 習を通じての知識やマナーを学び、の楽しさや大切さを体験できる 重要な場であることから、家庭と学校が連携し、規則正しい習慣を身に 付けていくことが重要です。
さらに見せる

92 さらに読み込む

平成24年度の食育活動(予定) 成田市食育推進計画の取組み状況について|成田市

平成24年度の食育活動(予定) 成田市食育推進計画の取組み状況について|成田市

例)●野菜の栽培・収穫等の体験を通じて感謝の心 を育てています。●多くの種類の食べ物や料理を味 わえるメニュー・食材料の紹介を行っています。● 事のマナー(挨拶・姿勢等)、具の使い方、お手伝 いを身につけられるように取り組んでいます。●に 関する絵本・紙芝居・パネルシアター等の読み聞か せや遊びを実施します。●健康、安全など食生活に 必要な習慣(手洗い等)を身につけられるように取り 組んでいます。●給食食材(そら豆、枝豆、とうもろこ し等)の皮むき、サヤ取り、ラップ等を使ったおやつ 作り(おにぎり、茶巾等)等を体験する機会の提供。
さらに見せる

9 さらに読み込む

第2章 食を取り巻く現状と課題5.食の安全・安心 6.食育への関心及び食育の推進に関わる人材

第2章 食を取り巻く現状と課題5.食の安全・安心 6.食育への関心及び食育の推進に関わる人材

【いわき市健康推進員(=食生活改善推進員)】  市が実施する保健事業への協力や、を通した自主的な活動を実践し、地域住 民の健康づくりの担い手となるボランティアとして活動しています。  (全国的には「食生活改善推進員」と称していますが、いわき市では、食生活 の改善を通じて広く市民の健康増進につなげる観点から「健康推進員」として活 動しています。

8 さらに読み込む

資料3(平成25年度食育モデル事業について) いわき市食育推進委員会 | いわき市役所

資料3(平成25年度食育モデル事業について) いわき市食育推進委員会 | いわき市役所

また、本市計画については、概ね5年程度(平成 21 年度~25 年度)をその期間としており、 モデル事業を通し、を効率的かつ効果的に推進していくための基本となる本市計画の施 策の方向性等との整合性を加味しながら事業を展開する。 なお、モデル事業については、予算措置の必要性を十分に見極めながら、実施計画への位置 付けなど状況に応じた対応について随時、協議・検討しながら進めていくこととする。
さらに見せる

7 さらに読み込む

宇都宮市食育推進計画

宇都宮市食育推進計画

③ 交流会などを通した 生産者などとの交流会を通して,生産者を身近に感じ,食物 の命やそれを育てる人たちに対する感謝の気持ちを育てます。 項 目 現況値 目標値(H 23) 朝食を欠食する人の割合(幼児) 4.4% 0% 朝食を欠食する人の割合(小学生) 3.3% 0% 朝食を欠食する人の割合(中学生) 13.0% 0% ※ 朝食を食べない子どもが増えており, 健康だけでなく, 勉強などにも影響が出ています。
さらに見せる

86 さらに読み込む

第4章 食育推進のための取り組み2.学校・保育所等における食育の推進 第2次いわき市食育推進計画 | いわき市役所

第4章 食育推進のための取り組み2.学校・保育所等における食育の推進 第2次いわき市食育推進計画 | いわき市役所

 保育所・幼稚園においては、乳幼児期の発育、発達の個人差が大きいことを考慮し、 一人ひとりの発達段階に応じた食事の提供及びに関する適切な指導に努めます。  また、保育の中での遊びに、に関わる絵本やカルタ、お店屋さんごっこ、レ ストランごっこ等を取り入れたり、野菜等の栽培体験、調理体験を行ったりするな ど、楽しくに関わることを通して、子どもたちが、への関心を高め、を営む 力の基礎を培うことができるよう支援します。
さらに見せる

7 さらに読み込む

地域子育て支援拠点における食育

地域子育て支援拠点における食育

岡本 千晴・岡田みゆき 1.研究の目的 乳幼児期のは,基礎的な習慣の形成,味覚や嗜好の基礎が培われる重要な時期である。基本法 (2005)においては,第19条の家庭におけるの推進として,「保護者や子どものに対する関心と理解 を深め,健全な習慣の確立を図る他,親子の料理教室など望ましい習慣を学びながらを楽しむ機会の提 供や,適切な栄養に関する知識の普及や情報提供,乳幼児をはじめとする子どもを対象とする発達段階に応 じた栄養指導など,家庭における推進を支援するために必要な施策を講ずるものとする」が掲げられて いる。子どもに対するを推進するために,家庭も重要な役割があるとされている。また,第3次推 進基本計画(2016-2019)の重点課題に「若い世代を中心としたの推進」が挙げられている。重点課題 に取り組むにあたって,「子供のうちに健全な食生活を確立することは,生涯にわたり健全な心身を培い, 豊かな人間性を育んでいく基礎となるため,子供へのの基礎を形成する場である家庭や学校,保育所等 との連携によりの取組を確実に推進する」と掲げられており,子どもに対するの重要性が指摘され ている。同計画には,保育所,幼稚園及び幼保連携型認定こども園等においての推進が述べられており, 在籍する子ども及びその保護者のみならず,地域における子育て家庭への対応や情報提供などに努め,積極 的にを推進することが掲げられており,家庭における推進のあり方の検討が必要と考えられる。 それでは,保育所等にまだ通っていない子どものは,どのように推進すべきであろうか。
さらに見せる

9 さらに読み込む

資料4(市食育推進計画の見直しについて) いわき市食育推進委員会 | いわき市役所

資料4(市食育推進計画の見直しについて) いわき市食育推進委員会 | いわき市役所

5 見直し作業に係る方向性(項目4連動) (1) 本市における関連事務事業評価の管理状況や現在のを取り巻く社会情勢等、また、 平成23年度における、市関係部局や関係団体(市推進委員会)の推進状況を考慮 した場合、現時点において、市推進計画後の評価をするのは困難な状況下であるものと判 断できることから、総合的な評価については、平成25年度を目途に実施することが望ましい と考えられる。
さらに見せる

5 さらに読み込む

Show all 3491 documents...