開 発 事 業 者 は こ れ に 基 づ き 説 明 等 を 実 施 し ま

Top PDF 開 発 事 業 者 は こ れ に 基 づ き 説 明 等 を 実 施 し ま:

Ⅱ 事 業 活 動 1. 税 を 巡 る 諸 環 境 の 整 備 改 善 等 を 図 るための 事 業 ( 公 -1 事 業 税 の 啓 発 事 業 ) (1) 税 知 識 の 普 及 及 び 適 正 な 申 告 の 普 及 を 図 る 目 的 の 事 業 1 決 算 期 別 説 明 会 の 実 施

Ⅱ 事 業 活 動 1. 税 を 巡 る 諸 環 境 の 整 備 改 善 等 を 図 るための 事 業 ( 公 -1 事 業 税 の 啓 発 事 業 ) (1) 税 知 識 の 普 及 及 び 適 正 な 申 告 の 普 及 を 図 る 目 的 の 事 業 1 決 算 期 別 説 明 会 の 実 施

企業の発展支援 地域の振興寄与 国と社会の繁栄貢献する 経営の団体である 公益社団法人として企業の健全なる発展と納税対応が出来る企業体質強化のための研修 会もちろん、一般市民対象とた税の啓蒙活動及び社会貢献事業など地域振興寄 与する各種事業の開催、並びに税のオピニオンリーダーとして国と社会の繁栄貢献すべ 諸事業次に掲げた基本方針則り推進て参ります。
さらに見せる

7 さらに読み込む

特 定 事 業 者 ( 買 手 側 )への 指 導 強 化 として 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 の 順 守 を 位 置 づける 等 の 改 訂 を 実 施 した 下 請 取 引 適 正 化 ガイドラインについて ガイドライン 説 明 会 ( 計 379 回 平 成 27 年 3

特 定 事 業 者 ( 買 手 側 )への 指 導 強 化 として 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 の 順 守 を 位 置 づける 等 の 改 訂 を 実 施 した 下 請 取 引 適 正 化 ガイドラインについて ガイドライン 説 明 会 ( 計 379 回 平 成 27 年 3

今般、所得税法の一部改正する法律(平成27年法律第9号)により、消費税率の引き上 げ時期が1年半延期さたところであるが、消費税転嫁対策の重要性かんがみ、引き続き、転 嫁対策万全期していく。 このため、平成27年度においても、積極的な情報収集て違反行為に対する監視・取締り 行っていくため、大規模な書面調査引き続き実施、転嫁拒否行為に対して迅速かつ厳正 対処ていく。また、転嫁拒否行為違法との認識浸透させ、転嫁拒否行為未然防止する ための広報活動の実施や事業からの相談窓口引き続き設置するなど、監視・取締り及び広 報・相談対応により、消費税転嫁対策取り組んでいく。
さらに見せる

12 さらに読み込む

説 明 会 アンケートで 出 された 質 問 に 対 する 回 答 説 明 会 関 係 Q1 今 回 の 説 明 会 の 位 置 づけは 何 でしょうか? 現 在 私 ども 厚 生 年 金 基 金 を 取 り 巻 く 情 勢 は 極 めて 厳 しいものがあり 事 業 主 の 皆 様 に 当 基 金

説 明 会 アンケートで 出 された 質 問 に 対 する 回 答 説 明 会 関 係 Q1 今 回 の 説 明 会 の 位 置 づけは 何 でしょうか? 現 在 私 ども 厚 生 年 金 基 金 を 取 り 巻 く 情 勢 は 極 めて 厳 しいものがあり 事 業 主 の 皆 様 に 当 基 金

Q5 「代行返上」行う場合、すべての事業所が任意脱退係る特別掛金の一人当た り 137 万円(概算)の補てんが必要なのでしょうか? A 「代行返上」の手続、所定の同意が得られれば、すべての事業所・加入員・受給 権が移行なければならない仕組みであり、任意脱退係る特別掛金の支払い 必要ありません。しかしながら、ほとんどの事業主、加入員、受給権のご理解と 賛同のもと、極力100%近い同意が得られることが必要となり、現実難し いのでないかと考えています。
さらに見せる

9 さらに読み込む

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示

政策過程における統合 150. 「影響評価」、政府の現在の政策の優先事項と関連する根拠収集するための枠組 み提供ている。しかし、 「影響評価」の実施時期、しばしば尚早であったり(政策デ ザインについての主要な決定が取らない状態) 、また遅き失する(すでに全ての決定が なさている状態)ようである。学問的な分析や評価、そして政策当局さえも「影響評価」 しばしばすでに決められた行動コース正当化するためだけ利用さていると主張 ている。とりわけ、もし国民がすでに政策決定参加ていたら、 「影響評価」の行動コー スが変わることないだろう。これ、しばしば「影響評価」が政策提案の発展と並行 て進むプロセスであることが要請さているからである。これについて「影響評価」の 指針頻繁示さているも関わらず、実際手続き上の規則の明確化決めた国ほ とんど無い。例えば、欧州委員会計画表、つまり「影響評価」実施するための計画工 程表の公表求めている。少数の国ですでに彼らの「影響評価」と政府の優先事項関 連付けている。例えば、特定の影響領域焦点置き、政府戦略や指針における目標強 調することによって行わている。例えば、スイス「影響評価」システム「持続可能 な発展」戦略明確内包て進めてた。同様ヨーロッパ議会、主要な経済戦略と 「持続可能な発展」戦略に関してリファレンス作成ている。しかし多くの国における 「影響評価」、よりよい規律に関する技術的なツール(政策過程正当化するという観 点から)としてとらえられ、推進さている。
さらに見せる

276 さらに読み込む

本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 実 施 した 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 の 成 果

本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 実 施 した 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 の 成 果

6 図 3.3-1 協力の 1 日あたりの屋外滞在時間 3.4 個人線量当量と放射線状況および生活習慣の関係に関する分析 日常生活を通じて受ける外部被ばくについて,生活環境の放射線レベルおよび習慣のうち外部被 ばく線量への寄与の大きな要因特定するため個人線量被説明変数として線形回帰分析 施した。この結果, 「自宅屋外の周辺線量当量率」, 「自宅の被ばく低減係数」ならびに「1 日あたり 屋外滞在時間」の寄与が大きいことがわかった(5%水準で有意)。屋外での滞在時間について, 職業あるいは職務上の違いが大きく反映さているため,個人線量当量の差異家屋周辺の放射線 レベルの他,職務による違いが影響ていることが確認できた。また,図 3.2-3 示したとおり, 「自宅の被ばく低減係数」と「自宅屋外の周辺線量当量」負の相関関係が観察さているため, 低減係数が従属変数となっている可能性もあり,さらなる分析が必要である。
さらに見せる

34 さらに読み込む

2 特 許 情 報 とは 発 明 者 企 業 等 発 行 国 どこへの 出 願 か 特 許 分 類 どのような 技 術 か ( 大 まかな 分 類 ) 技 術 開 発 成 果 の 開 示 ( 特 許 出 願 ) 公 開 特 許 公 報 の 例 特 開 - 特 願 平 -. 特 許 庁 研 究 開 発

2 特 許 情 報 とは 発 明 者 企 業 等 発 行 国 どこへの 出 願 か 特 許 分 類 どのような 技 術 か ( 大 まかな 分 類 ) 技 術 開 発 成 果 の 開 示 ( 特 許 出 願 ) 公 開 特 許 公 報 の 例 特 開 - 特 願 平 -. 特 許 庁 研 究 開 発

28 5.総合分析(まとめ) - 提言(2)- 提言3 GTL(CTL)に関する要素技術のうち、競争力の改善有効であり、かつ技術 的優位期待できる要素技術の強化が重要である。そのため重要な要素技術 候補の一つ、膜分離技術の強化がある。この膜分離技術の強化によって原料 合成ガス製造のための酸素製造や、製品分離における大幅なコスト削減実現 、GTL関連事業の競争力大幅改善することが可能なる。
さらに見せる

32 さらに読み込む

本 資 料 及 び 本 説 明 会 におけるご 説 明 に 含 まれる 予 想 数 値 及 び 将 来 の 見 通 しに 関 する 記 述 言 明 は 現 在 当 社 の 経 営 陣 が 入 手 している 情 報 に 基 づいて 行 った 判 断 評 価 事 実 認 識 方 針 の 策 定 等 に

本 資 料 及 び 本 説 明 会 におけるご 説 明 に 含 まれる 予 想 数 値 及 び 将 来 の 見 通 しに 関 する 記 述 言 明 は 現 在 当 社 の 経 営 陣 が 入 手 している 情 報 に 基 づいて 行 った 判 断 評 価 事 実 認 識 方 針 の 策 定 等 に

最近の主な研究成果(NW・サービス系) 毎秒1ペタビット、50kmの世 界最大容量光伝送成功 知識検索・自然言語処理 しゃべってコンシェルの 大規模データリアルタイ ム分析処理基盤 Jubatusの開発とオープ

44 さらに読み込む

Ⅱ 事 業 実 績 の 概 要 U Iターンに 対 する 支 援 の 充 実 企 業 の 開 拓 企 業 訪 問 の 強 化 関 西 に 拠 点 をおき 地 域 発 展 に 貢 献 している 企 業 へのアプ ローチ 企 業 大 懇 談 会 の 開 催

Ⅱ 事 業 実 績 の 概 要 U Iターンに 対 する 支 援 の 充 実 企 業 の 開 拓 企 業 訪 問 の 強 化 関 西 に 拠 点 をおき 地 域 発 展 に 貢 献 している 企 業 へのアプ ローチ 企 業 大 懇 談 会 の 開 催

 2011年度、「キャリア支援ポリシー」基づき、「キ ャリア教育」と「就職支援」の2点キャリア支援の重 要な柱と、ポリシー全学的周知すると同時に、そ 基づき様々な事業実施た。 さらにキャリア教 育について、キャリア教育推進方策検討プロジェクト 設置、今後のキャリア教育に対する取り組みつい て具体的な方向性示した。就職支援について、東日 本大震災の影響や一般社団法人 日本経済団体連合会の 倫理憲章対応ながら、①業界・企業研究、②筆記 試験対策、③書類(履歴書・エントリーシート)対策、 ④面接対策の4つのポイントについて様々な事業実施 た。筆記試験、書類選考の対策もちろんのこと、新 た設けた学生担当制基づき、face to faceの面談 注力た。
さらに見せる

9 さらに読み込む

協 働 実 施 事 業 事 業 名 総 事 業 費 ( 千 円 ) 実 施 年 度 鹿 角 広 域 観 光 推 進 事 業 23,008 H24~H26 タレント 発 掘 育 成 事 業 18,267 H24~H26 合 宿 大 会 誘 致 事 業 1,192 H24~H26 計 42,467 3

協 働 実 施 事 業 事 業 名 総 事 業 費 ( 千 円 ) 実 施 年 度 鹿 角 広 域 観 光 推 進 事 業 23,008 H24~H26 タレント 発 掘 育 成 事 業 18,267 H24~H26 合 宿 大 会 誘 致 事 業 1,192 H24~H26 計 42,467 3

また、競技人口の底辺拡大と競技力向上のため、実業団・大学の大型合宿の誘致 進めるとともに、一流選手からの指導機会得ることによって、地元小・中・高校 生の競技力の底上げや指導養成図り、市民が期待するトップアスリートの輩出 繋げる。加えて、全国規模の大会開催誘致することにより、市民の関心やジュニア 選手の競技取り組むモチベーションの向上、選手や観客によるまちの賑わいといっ た相乗効果得ようとするものである。
さらに見せる

6 さらに読み込む

定 用 ) 3.4 教 材 : 明 示 群 と 暗 示 群 にそれぞれの 指 導 に 適 したタスクシート 3.5 処 遇 : 実 験 はクラスごとに 実 施 し,3 群 に 事 前 アンケート 事 前 選 択 解 答 テスト 事 前 自 由 解 答 テスト を 実 施 した その 後 統 制 群

定 用 ) 3.4 教 材 : 明 示 群 と 暗 示 群 にそれぞれの 指 導 に 適 したタスクシート 3.5 処 遇 : 実 験 はクラスごとに 実 施 し,3 群 に 事 前 アンケート 事 前 選 択 解 答 テスト 事 前 自 由 解 答 テスト を 実 施 した その 後 統 制 群

測 定 具 の 違 い や 文 法 項 目 , 授 や 被 験 の 特 性 が , 被 験 の 英 語 力 や 動 機 付 け 与 え る 影 響 つ い て , 以 下 の 仮 分 析 行 っ た 。 仮 1: 指 導 た 測 定 具 使 用 す る と で 暗 示 的 指 導 の 効 果 も 望 め る 。 仮 概 ね 支 持 さ た 。「 選 択 解 答 テ ス ト 」 示 的 指 導 効 果 の 測 定 て い る と 考 え ら て い る が , 5 つ の 文 法 項 目 中 「 否 定 形 」 の テ ス ト で 示 群 と 暗 示 群 有 意 差 が 見 ら , 暗 示 群 で の 指 導 効 果 が 高 か っ た 。 一 方 「 自 由 解 答 テ ス ト 」 暗 示 的 指 導 効 果 の 測 定 て い る と 考 え ら て い る が ,10 個 の 文 法 項 目 中「 名 詞 の 複 数 形 」の 記 述 で 示 群 と 暗 示 群 有 意 差 が 見 ら , 暗 示 群 で の 指 導 効 果 が 高 か っ た 。 た 「 否 定 形 」 の 記 述 で 示 群 と 暗 示 群 お け る 有 意 差 見 ら な か っ た も の の , 暗 示 群 の 指 導 効 果 が 統 制 群 よ り 有 意 高 か っ た 。 以 上 の 結 果 か ら , 測 定 具 が 指 導 効 果 反 映 す る 一 番 の 要 因 で あ る と 考 え く い が , 測 定 具 の 違 い が 指 導 効 果 影 響 与 え る 可 能 性 が あ る と が 示 唆 さ た 。 指 導 た 測 定 具 の 使 用 の 重 要 性 が 示 さ た 。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

森林整備保全事業の工事の実施において、自然的・人為的な事象や地元調整・各種協 議の状況により、準備工・本体工事着手できない事態や、工事の施工途中で中断 余儀なくされる事態が生じることがある。 このような事態において、受注の責め帰すことができない事由により工事施工 できないと認められるとき、発注、工事請負契約書第 20 条(工事の中止) づき、工事の中止内容直ちに受注通知て、工事の全部又は一部の施工中止 なければならない。
さらに見せる

19 さらに読み込む

目 次. 調 査 業 務 の 実 施 方 針 等.... 背 景 目 的....2 方 針.... 実 施 作 業 内 容.... 実 施 スケジュール 及 び 事 業 の 実 現 性 調 査 実 施 方 法 調 査 対 象 SSLサーバの 特 定 SSLデフォ

目 次. 調 査 業 務 の 実 施 方 針 等.... 背 景 目 的....2 方 針.... 実 施 作 業 内 容.... 実 施 スケジュール 及 び 事 業 の 実 現 性 調 査 実 施 方 法 調 査 対 象 SSLサーバの 特 定 SSLデフォ

②近年のインターネット利用端末として普及ているスマートフォンに関する調査について、 他のプラットフォームの調査結果、特徴的な業種及びサービスに対して調査実施す る。 ③SSL サーバ証明書について、発行の記載・設定が SSL サーバ管理する企業や団体である 場合と、SSL サーバの管理・運用委託た企業である場合がある。SSL サーバの管理・運 用委託た企業が SSL サーバ証明書記載さている場合で、一般コンシューマ正し い発行であるか否か確認することが出来ない場合もある(このような問題サイト名不 一致問題とも呼ばれる) 。これらの調査結果について、必要応じて SIer や有識者との意 見交換行い SSL サーバの安全な設定の啓発資する指標(案)提供する。
さらに見せる

75 さらに読み込む

2 学 校 への 支 援 方 法 CMS(NetCommons)の 操 作 説 明 会 2-1 操 作 説 明 会 平 成 26 年 度 も 学 校 ホームページ 作 成 運 用 における 支 援 となるよう 操 作 説 明 会 を 実 施 した 基 礎 編 としてCMS(NetCommons)の

2 学 校 への 支 援 方 法 CMS(NetCommons)の 操 作 説 明 会 2-1 操 作 説 明 会 平 成 26 年 度 も 学 校 ホームページ 作 成 運 用 における 支 援 となるよう 操 作 説 明 会 を 実 施 した 基 礎 編 としてCMS(NetCommons)の

例えば、 「ICT活用指導力向上研修」の自己評価シートで、「E-2 教員間、保護 ・地域の連携協力するため、インターネットや校内ネットワークなど活用て、 必要な情報の交換・共有化図る。」について、「学校における情報発信の道具として学校 ホームページによる情報公開の役割について理解ている。 」の13項目が示さている。 これらの項目のよう、「~ができる」「~理解ている」という具体的なチェック項目 設けることで、より具体的自己評価が可能となるだろう。
さらに見せる

6 さらに読み込む

( 様 式 第 5 号 )そ の 知 事 殿 平 成 8 年 月 日 多 機 能 型 事 業 実 施 時 は 各 事 業 の 付 表 と 付 表 を 併 せて 提 出 してください 従 たる 事 業 所 の ある 場 合 は 付 表 -を 併 せ て 提 出 してください 多 機 能 型 事 業 実

( 様 式 第 5 号 )そ の 知 事 殿 平 成 8 年 月 日 多 機 能 型 事 業 実 施 時 は 各 事 業 の 付 表 と 付 表 を 併 せて 提 出 してください 従 たる 事 業 所 の ある 場 合 は 付 表 -を 併 せ て 提 出 してください 多 機 能 型 事 業 実

○ 平成18年4月∼9月までの間、新規指定受けた事業について、指定の有効期間が6年間であることから、 新規の申請必要ないが、事業平成18年10月1日まで新たな指定基準基づき人員配置の変更行った時点 で、その旨記載た運営規程係る変更届提出すること。 ○ 平成18年10月1日以降、住居単位とする指定から、一定範囲内の地域内存する複数の住居一の事業所と て指定する取扱いなることから、個々の住居みれば、すでに自立支援法での指定受けている住居、新規指定 受ける住居が混在、一つの事業所として運営するケースが考えられる。この場合の具体的な取扱いについて、別紙 参照。
さらに見せる

15 さらに読み込む

マイナンバー 広 報 基 本 方 針 (27 年 9 月 時 点 ) 政 府 広 報 等 での 一 般 国 民 向 け 広 報 と 説 明 会 等 の 民 間 事 業 者 向 け 広 報 を 総 合 的 に 展 開 27 年 1 月 から 準 備 が 必 要 な 民 間 事 業 者 向 けの 説 明

マイナンバー 広 報 基 本 方 針 (27 年 9 月 時 点 ) 政 府 広 報 等 での 一 般 国 民 向 け 広 報 と 説 明 会 等 の 民 間 事 業 者 向 け 広 報 を 総 合 的 に 展 開 27 年 1 月 から 準 備 が 必 要 な 民 間 事 業 者 向 けの 説 明

マイナンバー広報 基本方針 (27年 9月時点) ○ 政府広報での一般国民向け広報と、説明会の民間事業向け広報総合的展開 ○ 27年1月から、準備が必要な民間事業向けの説明会重点的実施 ○ 政府広報など、多様なメディア活用た広報27年3月第1弾と、27年度も集中広報期間 設け、一般国民向け、民間事業向けの広報展開

12 さらに読み込む

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者

今般、薬事法施行規則の一部改正する省令(平成 24 年厚生労働省令第 161 号)の制定により「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」(平成9年 厚生省令第 28 号。以下「GCP省令」という。)が改正さ、また、改正後の GCP省令が円滑施行されるよう、その運用の参考となるガイダンス「「医 薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」のガイダンスについて」(平成 24 年 12 月 28 日付け薬食審査 1228 第7号)により通知たこと受けて、治験 文書通知廃止、別添のとおり「治験係る文書又は記録」一覧の例作成 ましたので、業務の参考として、貴管下関係業者及び医療機関に対して周 知いただきますよう御配慮願います。
さらに見せる

33 さらに読み込む

本 資 料 及 び 本 説 明 会 におけるご 説 明 に 含 まれる 予 想 数 値 及 び 将 来 の 見 通 しに 関 する 記 述 言 明 は 現 在 当 社 の 経 営 陣 が 入 手 している 情 報 に 基 づいて 行 った 判 断 評 価 事 実 認 識 方 針 の 策 定 等 に

本 資 料 及 び 本 説 明 会 におけるご 説 明 に 含 まれる 予 想 数 値 及 び 将 来 の 見 通 しに 関 する 記 述 言 明 は 現 在 当 社 の 経 営 陣 が 入 手 している 情 報 に 基 づいて 行 った 判 断 評 価 事 実 認 識 方 針 の 策 定 等 に

 「Wi-Fiでインターネット接続」から、「Wi-Fiによるおもてなし」へ ・オリンピック、再開発への対応 ・多様な業種業態とのコラボレーションの拡大、更にWi-Fiデバイスの拡大  NTTBP ⇒ Wi-Fiビジネスの黒子、バリューパートナー目指す

22 さらに読み込む

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

なお、地区計画変更する場合のうち、当該地区計画の決定時当方針基づく土地利用 調整手続きが完了ているとともに、その変更内容が軽易な場合について、当方針 く再度の土地利用調整手続き不要とます。 また、地区計画の決定、都市計画法第34条第10号該当する対象開発行為の 許可に際して、許可行う(市町村含む)が県土の計画的土地利用大きな影響及 ぼすものとして、事前庁内調整が必要と判断する場合、そのの求め応じて埼玉県 土地利用計画調整会議利用することができます。
さらに見せる

15 さらに読み込む

今 次 事 件 の 発 生 後 アルシャバーブはツイッターなどを 通 じて 犯 行 を 認 める 声 明 を 流 した 本 声 明 において アルシャバーブは 今 次 テロが 2011 年 にソマリア 南 部 でケニア 軍 とソマリ ア 軍 により 展 開 された 軍 事 作 戦 Operation

今 次 事 件 の 発 生 後 アルシャバーブはツイッターなどを 通 じて 犯 行 を 認 める 声 明 を 流 した 本 声 明 において アルシャバーブは 今 次 テロが 2011 年 にソマリア 南 部 でケニア 軍 とソマリ ア 軍 により 展 開 された 軍 事 作 戦 Operation

米国など多国籍軍による徹底的なアフガニスタン攻撃受けてメンバーの多くがパキスタ ンなど脱出、特に、2011 年 5 月 2 日の最高指導ビンラディン容疑殺害以降、相 次ぐ幹部の殺害や拘束により中枢部の弱体化が進んだとさた。しかし、アルカイダや 同盟関係ある組織によるテロ、2011 年中少なくとも 688 件発生、約 2,000 人が犠 牲なったとさており、地域的西アフリカ・マグレブ・中東・南アジアと、着実広 がっている。アルカイダの基本理念、イスラム法であるシャリア基づくイスラム国家の 樹立であり、西欧型民主主義の理念と相容れない組織である。アルカイダこれまで、西 欧型民主主義が根付かなかったアフガニスタンやソマリアのような国で勢力拡大 た。イスラム圏において民主主義の確立が失敗た場合、民衆、民主主義に対する失望か ら、対極あるシャリアのようなイスラムの伝統的理念支持するようなる傾向があると もみられており、アルカイダそのような国・地域で着実支持拡大ている。
さらに見せる

14 さらに読み込む

キャリア 形 成 促 進 助 成 金 とは 条 件 1) 職 業 能 開 発 推 進 者 を 選 任 し 職 業 能 開 発 協 会 に 選 任 調 べを 提 出 していること 2) 雇 用 保 険 の 適 用 事 業 主 であること 3) キャリア 形 成 促 進 助 成 に 必 要 な 書 類

キャリア 形 成 促 進 助 成 金 とは 条 件 1) 職 業 能 開 発 推 進 者 を 選 任 し 職 業 能 開 発 協 会 に 選 任 調 べを 提 出 していること 2) 雇 用 保 険 の 適 用 事 業 主 であること 3) キャリア 形 成 促 進 助 成 に 必 要 な 書 類

3) 成⻑分野の業種属する事業主、または成⻑分野以外の業種属する事業主で成⻑分野の事業実施ていること ●認定実習併用職業訓練コース 新入社員向け 条件 1) 中小企業事業主であること

10 さらに読み込む

Show all 10000 documents...