金融政策の新しい分析ツールについて

Top PDF 金融政策の新しい分析ツールについて:

金融調査研究会報告書 新次元の金融政策のあり方

金融調査研究会報告書 新次元の金融政策のあり方

VI.新次元金融政策評価  以上分析は、これまでしばしば指摘されてきた傾向とほぼ反対ことを示している。すな わち、従来、異次元金融政策や新次元金融政策と呼ばれてきた金融緩和政策は、名目金利や実 質金利低下、期待インフレ率引き上げ、円ドルレート減価をもたらし、それが設備投資 や輸出を後押しして景気回復に結び付いたといわれてきた。しかし、日本銀行金融緩和政策 がそれら変数に与えた影響は限定的であった。実質為替レート減価についていえば、日本 銀行金融緩和政策ではなく、米国連邦準備制度量的緩和政策から転換によってもたらさ れたといえる。仮に、金融緩和政策影響があったとしても、2013年4月に実際にスタートす る以前における金融緩和期待でその効果が出尽くしたと考えられる。
さらに見せる

18 さらに読み込む

バブル崩壊後の金融市場の動揺と金融政策

バブル崩壊後の金融市場の動揺と金融政策

市中銀行へ日々資金供給手段として日銀貸出がほぼその役割を終えた は,1995 年以降である.1994 年に金利自由化が完了し,「公定歩合」と預 金金利と直接的な連動性は完全になくなった.1995 年 7 月 10 日以降,公 定歩合はそれまでとは逆に一貫してコールレートを上回る水準に設定される ようになった (図表 7 3 ⑵) .金融政策中心軸が,公定歩合政策から公開市 場操作へと名実ともに移行したといってよい.ただし,1998 年 4 月に新日 銀法が施行されるまでは,公定歩合とコールレート差はわずかであった. その結果,コールレートが公定歩合を上回る日が,例外的ではあるが存在し た.また,公定歩合は,オーバーナイトコールレートは上回るが,満期 1 年短期金利は依然として下回っていた.このため,阪神淡路大震災際に 公定歩合で貸し出された満期 1 年緊急融資は,補助金的な要素を依然とし て有していたといえる.
さらに見せる

32 さらに読み込む

フランスの金融自由化による金融政策の転換

フランスの金融自由化による金融政策の転換

して同時に固定された (37) 。M3成長率目標は3−5%,また M2それは4− 6%に設定される。これら成長率目標は,フランス引締め的な金融政策 継続を端的に示すものであった。 以上,我々は,1 9 8 4−8 7年における,フランス金融政策歴史的過程を, 他経済政策と関連させながら検討してきた。それらを振り返ればわかるよう に,同期間において,フランス経済政策姿勢が変わることはなかった。そ れは,基本的に引締め的な方向を堅守する。この点は,とりわけ金融政策面 に明確に表された。フランスは,この点で,その政策面における独自性を依然 として保つことができた,と言ってよい。しかし,その際に採られた手段は根 本的な変化を示した。繰り返し強調することになるが,金融政策手段は,こ こにきて大きく転換する。それは,従来貸出し規制に基づく量的コントロー ルから,市場メカニズムに基づく利子率操作とそれを補完する支払準備率操作 に移行した。このことは,金融革新に端を発した世界的規模で金融自由化 強い流れに沿うものであった。フランス通貨当局による金融政策手段変更 は,押し寄せる外圧下で苦渋選択であったに違いない。そうした変更は, さらに進んで,フランス伝統的な管理体制として表されてきた外国為替規制
さらに見せる

32 さらに読み込む

金融政策の波及経路と政策手段

金融政策の波及経路と政策手段

期待を上方に偏らさせることができる 3 (第8−2図(a) 4 )。 なお、日銀が 99 年 4 月以降、「デフレ懸念が払拭されるまではゼロ金利政策を 継続する」とコミットメントしたことは、従来あまりみられなかった「時間軸を 通じた金利政策」としてそれなりに革新的であったとはいえよう。しかし、デフ レに落ち込んでいる間だけコミットメントでは、ほとんど有効性を期待できな い。経済がデフレとなり望ましい名目金利水準がマイナスになった場合、ゼロ 制約下で最大限引き下げることができるゼロにまで金利を低下させたというに過 ぎないからである。その時、デフレから脱却した後もゼロ金利政策続けるとコミ ットすれば、将来短期金利が長期間低いままで維持されるという期待が生じ、 長期金利を大きく低下させることができる。期待に働きかけることによりゼロ金 利制約を克服しようという観点からは、デフレ脱却後短期金利に対してコミッ トメントを行うことが重要である。
さらに見せる

31 さらに読み込む

金融リテラシーの向上がもたらす金融政策および金融システムへの効果

金融リテラシーの向上がもたらす金融政策および金融システムへの効果

中小企業経営者に対する金融リテラシー向上プログラムについては,中 小企業経営改善や経営改革を促進するという観点から取り組む価値があ る。近年,わが国における中小企業支援策は非常に充実しているが,安田 (2014)は2000年代に行われたきめ細かな支援策が,総じて中小企業に認知 されていない問題を指摘している。安田(2014)は施策浸透度低さ原 因として,施策を理解する時間がないこと影響が大きいことを指摘し,施 策情報を入手しやすくすること,情報提供ルートとして金融機関が中核と なることを提言している。安田(2014)議論はあくまで情報提供ルートに 関するもので,経営者教育や金融リテラシーを意識したものではないが,後 述するように事前準備なしに経営者になっている中小企業事例は多いと 推察される。中小企業経営者金融リテラシー向上がイノベーションそのも を生むわけではないが,中小企業とりわけ地方中小企業経営改善は経 営成績や財政状態向上もしくは安定化を意味し,地方で雇用拡大や質 向上をもたらす可能性がある。さらに地方中小企業における経営改善や 経営革新は地域金融機関資産向上や収益機会拡大につながり,金 融システムそのものへもポジティブなフィードバックをもたらす。
さらに見せる

26 さらに読み込む

日本の金融経済情勢と金融政策

日本の金融経済情勢と金融政策

(4)イールドカーブ・コントロール この新しい枠組み中心的な要素である「イールドカーブ・コントロール」 では、直接長期金利を目標とすることにより、経済・物価・金融情勢に応じて 効果的かつ柔軟な金融政策運営が可能になったと考えられます。どういうこと かと言うと、大量国債買入れを継続していくことは、これまでと何ら変わり ありませんが、従来、操作目標は、マネタリーベースや国債保有残高増加ペ ースであったに対して、この枠組みでは、短期政策金利と 10 年金利操作 目標を示すこととなります。これまで枠組みは、実務的な運営方法が明確な ですが、望ましいイールドカーブと対比でみて、金利引き下げが不十分 なものに止まったり、逆に過度な引き下げをもたらす可能性がありました。こ 枠組みでは、金融機能に与える影響にも配慮しつつ、政策運営することが可 能なものとなっています。
さらに見せる

24 さらに読み込む

わが国の経済・金融情勢と金融政策

わが国の経済・金融情勢と金融政策

(図表14)SRI一橋大学消費者購買単価指数(1)売上・商品種類に占める新商品割合 (図表15)SRI一橋大学消費者購買単価指数(2)新商品を含む単価指数と消費者物価指数比較 (図表16)展望レポート経済・物価見通し (図表17)量的・質的金融緩和効果 (図表18)生命保険会社標準利率 (図表19)国債保有者別残高

14 さらに読み込む

通貨政策(国際金融政策)の変化

通貨政策(国際金融政策)の変化

6 アジア通貨危機 ――IMF 体制から地域金融協力へ動き 1997 年 7 月 2 日タイ・バーツ危機から始まり,東アジア諸国に危機が 伝染していったアジア通貨危機は,これまでに見られなかった新しいタイプ 通貨危機であると言われている.その最も重要な特徴として,従来通貨 危機が政府対外債務に起因していたに対して,国際資本取引がグローバ ルに活発化するなかで,通貨危機が民間金融機関や民間企業対外債務に起 因するものであったことである.そのなかで,通貨危機に直面した国経済 に対する信頼(confidence)喪失による資本流出が問題となった.そのた め,アジア通貨危機に対する対処として,信頼回復に焦点が当てられた. この点に関しては,アジア危機に対する国際通貨基金(International Monetary Fund:IMF)対応も,信頼回復に重点が置かれた.IMF は, 金融支援要請があった国(タイ,インドネシア,韓国)に対して,信頼を
さらに見せる

34 さらに読み込む

当面の金融政策運営について(「量的・質的金融緩和」を補完するための諸措置の導入、12時50分公表)

当面の金融政策運営について(「量的・質的金融緩和」を補完するための諸措置の導入、12時50分公表)

(1)新たなETF買入れ枠設定(賛成6反対3) (注1) ETF買入れについて、現在年間約3兆円買入れ 1 に加え、新たに年間約 3,000 億円枠を設け、 「設備・人材投資に積極的に取り組んでいる企業」株式 を対象とするETFを買入れる。当初は、JPX日経 400 に連動するETFを買入 対象とし、この施策趣旨に合致する新規ETFが組成された場合には、速やか に買入対象に加える。新たな枠によるETF買入れは、日本銀行が買入れた銀行保 有株式売却開始に伴う市場へ影響を打ち消す観点から、2016 年4月より開始 する 2 。
さらに見せる

5 さらに読み込む

デフレ経済と金融政策

デフレ経済と金融政策

日本経済が「失われた 10 年」を経験しているとき,米国,英国をはじめ 先進諸国は,低いインフレ下で長期にわたる経済成長を謳歌していた.金 融政策についてこの時期政策運営を象徴するものとして「テーラー・ルー ル」がある.テーラー・ルールは,政策金利を GDP ギャップとインフレ率 に安定的に反応させるフィードバック・ルールである.政策反応ルール自体 はほとんど常識的なものであり,「合理的期待革命」以前に経済学を学んだ 者には,ことさら「テーラー・ルール」という名を冠するほど目新しいとこ ろはないくらいに素直なものだが,フィードバック係数をエコノメトリッ クに計測し,文字どおり金融政策「ルール」を提供するところにテー ラー・ルール真骨頂があった.テーラー・ルールに象徴される政策運営上 イノベーションに基づく安定的な金融政策運営により物価安定と長期 経済成長が可能になる.これが世界中央銀行コンセンサスであった.
さらに見せる

14 さらに読み込む

RIETI - 国民経済の強靭性と産業、財政金融政策の関連性についての実証研究

RIETI - 国民経済の強靭性と産業、財政金融政策の関連性についての実証研究

16 年から 2002 年景気後退では 31 か月もかかったことを示し,その理由一端が「製造業衰退」 にあると述べている.つまり,専門技能性が比較的低い製造業は,景気が持ち直せば,すぐさま 失業者は職場に復帰することができたが,サービス業発展により製造業労働市場が衰退した 現在米国では失業率しなやかな回復を果たすことができなくなったと考えられる.また,グ ローバル化も製造業衰退要因であると考えられよう.大企業,グローバル企業が新興国低 賃金労働者を求め,製造拠点多くを海外に移したことで,国内製造業雇用が損なわれ,結 果として国内労働市場腐食を促進させてしまったものと考えられる.一方で,日本やドイツ といった国々は,大手企業海外進出が進む中でも,国内にも製造業拠点が未だ多くあるため, 景気が立ち直れば,
さらに見せる

32 さらに読み込む

資産価格と金融政策 ‐日本のゼロ金利政策・ グリーンスパン主義-

資産価格と金融政策 ‐日本のゼロ金利政策・ グリーンスパン主義-

– Taylor, John. Getting off Track---How Government Actions and Interventions Caused, Prolonged, and Worsened the Financial Crisis. Hoover Institution Press, 2009. • 「グリーンスパン主義」 – DeLong, Brad. Greenspanism and Its Critics, mimeo,2008. • 金融政策新たな可能性

35 さらに読み込む

デフレーションと金融政策

デフレーションと金融政策

at all costs. と題する社説を掲げていた. 拡大するペシミズム下で日本経済に「デフレ・スパイラル」に陥らず好 転するきっかけを与えた事情は 2 つあった.第 1 は 03 年 5 月,りそな銀行 (当時第 5 位大手行)に 2 兆円公的資金を投入したことが奏功し,これ により不良債権問題終結展望が開け,以後金融システムが安定し株価も上 昇に転じたこと.もとより長いタイム・スパンで見ればそれ以前政府によ る預金債務全額保護,金融機関へ公的資金投入,日銀量的緩和政策な どがあるが,そうした政策にもかかわらず 2002 年末から 03 年には株価は急 落し,日本経済は「デフレ・スパイラル」門口に立った.白川[2008], p. 382,は「 金融恐慌 という言葉で表現されるような金融システムが崩壊す る事態だけはぎりぎりところで回避されたこと」をデフレ・スパイラルに 陥らなかった理由 1 つとしてあげているが,まさに「ぎりぎりところ で」金融恐慌を回避することを可能にした具体的な政策が「りそな銀行へ 公的資金投入」だったである.本稿では立ち入ることができないが,「り そな銀行へ公的資金投入」は,日本経済に一大転機をもたらした重要な経 済政策であったにもかかわらず,いまだ十分に検討がなされていない.今後 に残された重要な研究課題である.日本経済がデフレ・スパイラルに陥らな かった第 2 理由は,輸出が実体経済を牽引したことである.
さらに見せる

40 さらに読み込む

金融政策運営の課題

金融政策運営の課題

1 積極的な金融緩和政策が、企業設備投資や研究開発投資、長期失業などを改善して、経済 総供給や中長期トレンド成長へ影響を及ぼしうる――したがって金融危機後総供給 やトレンド成長悪化を阻止すべき――という議論は、米国政策当局でも注目されてい る。たとえば、FRB エコノミストによる分析:Reifschneider, Dave, William L. Wascher and David Wilcox, "Aggregate Supply in the United States: Recent Developments and Implications for the Conduct of Monetary Policy,” Paper presented at the 14 th
さらに見せる

14 さらに読み込む

日本における中小企業を対象とした政策金融の改革について

日本における中小企業を対象とした政策金融の改革について

らないという理由によって,上記特別会計が財投債(財政融資資金特別会計債)を発行し市場から調 達してきた資金を資金不足財投機関に融資するという,旧制度に類似した部分が残された。 郵便貯金等各原資は,運用部預託廃止によって新たに受入れた資金については1 0 0%自主運用 が義務付けられた。しかしながら郵政資金場合,その運用先として財投債引受けが0 7年3月まで 認められることとなった。これは財投改革を骨抜きにするという批判を受けた。財投改革元々目 的は,大幅に市場メカニズムを導入し市場型金融発達に寄与すると共に,潤沢な郵政・年金マネー と財投諸機関とを切り離すことによって政府金融量的縮小,資金効率配分を目指すことだった。 改革が不十分であるという民間金融機関側から強い要望も加わって,政府は各財投機関における運 用額可能な限り縮小を指導し,次々と財投機関統廃合,独立行政法人化,および民営化を推し 進めてきたである 1 9 。
さらに見せる

28 さらに読み込む

政策立案に資するレセプト分析 に関する調査分析Ⅳについて

政策立案に資するレセプト分析 に関する調査分析Ⅳについて

3) 大貫ミチほか, “薬剤師業務新たな地平(第6回)世界薬局で実践されるリフィル調剤(中編)”, 調剤と情報, vol. 22, no.10, pp. 1303-1308 , 2016 4) 医療経済研究機構, "薬剤使用状況等に関する調査研究報告書" (2016年3月) 5) 大貫ミチほか, "薬剤師業務新たな地平(第6回)世界薬局で実践されるリフィル調剤(前編)", 調剤と情報, vol. 22, no.9, pp. 1141-1146 , 2016 6) M. R. Law, T. Ma, J. Fisher, I. S. Sketris , “Independent pharmacist prescribing in Canada”, Can. Pharm. J, vol.145 no.1 pp. 17-23.e1, 2012 7) 慶應義塾大学薬学部 山浦克典教授へヒアリングによるブリティッシュコロンビア州事例(2019年7月16日)
さらに見せる

132 さらに読み込む

金融政策の予想がマレーシアの預金市場に与えた影響 : イスラム預金の収益率とコンベンショナル預金の利子率の比較 分析 伊藤隆康 * 要 旨 本稿ではマレーシアにおける期間が 2 カ月までの預金市場 ( イスラム金融とコンベンショナル金融 ) に焦点を当てた 具体的には 金融政策の予想がイスラム預金の

金融政策の予想がマレーシアの預金市場に与えた影響 : イスラム預金の収益率とコンベンショナル預金の利子率の比較 分析 伊藤隆康 * 要 旨 本稿ではマレーシアにおける期間が 2 カ月までの預金市場 ( イスラム金融とコンベンショナル金融 ) に焦点を当てた 具体的には 金融政策の予想がイスラム預金の

マレーシア・イスラム銀行協会(AIBIM:Association of Islamic Banking Institutions)が 公表している、同国でイスラム金融を提供する銀行を表 1 に示した。同協会は 2009 年 に銀行と顧客間商品ムラーバハ預金に関する標準約款(standard agreement)を作成す るなど、イスラム金融発展振興を支えている。イスラム銀行は、国内系イスラム銀行、 開発銀行、外資系銀行、国際金融機関銀行に分類される。例えば、HSBC (Hongkong Shanghai Banking Corporation)は同じビル中にコンベンショナル銀行とイスラム銀行 支店を配置している。図 4 と図 5 はクアラルンプール中心部にある同行支店を示し ている。イスラム銀行も、コンベンショナル銀行と同様にホームページ上でインターネ ットバンキング業務を展開している。図 6 に HSBC AMANAH ホームページを掲載 している。ここでは紹介している預金はシャリアに基づいたムラーバハ( Shariah
さらに見せる

26 さらに読み込む

教育政策研究・評価のための「統計分析ツール」の開発とその適用

教育政策研究・評価のための「統計分析ツール」の開発とその適用

 本稿では,筆者が初学者・実務家向けに作成した政策研究・評価ため統計分析ツールについて,機能 解説,適用例紹介をふまえて,その意義について述べた。冒頭でも触れたように,教育政策研究に限ら ず近年社会科学系実証分析において,実際研究で用いられている手法は多様化・高度化しており,初 学者・実務家にとって現代的手法理解敷居は高くなっている。そうした手法数理的性質を理解するこ となく,統計パッケージ操作手順を覚えるだけで分析を実行することは厳に慎まなければならない。しか し,一方で,初学者が,自身で実行できない手法について理解動機づけを失い易いこともまた事実である。 あるいは,分析が実行可能であっても,統計学や実質科学面で理解向上を伴わない煩瑣なアプリケー ション固有操作があることで,初学者を実証分析営為自体から遠ざけてしまう。教育的側面から見れば, 優れた実証研究レプリケーションや試行的な分析等による学習効果は小さくなく,そのためには煩瑣な手 順を排したツールが必要とされよう。筆者作成した「統計分析ツール」がその一助となることを願う次第 である。
さらに見せる

15 さらに読み込む

日本銀行の金融政策

日本銀行の金融政策

19.マクロプルーデンス  マクロプルーデンス重要性  個別金融機関抱えるリスクを把握し、経営改善を促す「ミクロ・ プルーデンス」視点だけでなく、実体経済と金融市場、金融機 関行動相互連関なども意識し、金融システムを全体として捉 えてリスク所在を分析・評価する「マクロ・プルーデンス」視 点が重要。

31 さらに読み込む

金利決定、預金量拡大に対する金融自由化政策の効果 -- 不均衡計量モデルによるインドネシアの事例分析

金利決定、預金量拡大に対する金融自由化政策の効果 -- 不均衡計量モデルによるインドネシアの事例分析

Economies, Japan External Trade Organization (IDE-JETRO) http://www.ide.go.jp 雑誌名 アジア経済 巻 41 号 8 ページ 2-19 発行年 2000-08 出版者 日本貿易振興会アジア経済研究所 URL http://hdl.handle.net/2344/652.[r]

19 さらに読み込む

Show all 10000 documents...