道路照明施設整備計画

Top PDF 道路照明施設整備計画:

第 4 章道路照明設備 第 節一般部照明. 照明設計照明設計は 施設整備計画に基づき 照明要件が得られるよう合理的かつ経済的な照明施設を決定する 解説 照明設計は 施設整備計画の前提条件 ( 道路の種類 構造 交通量及び周辺環境等 ) を整理し 性能指標 に規定された値及び推奨値 ( 満足することが

第 4 章道路照明設備 第 節一般部照明. 照明設計照明設計は 施設整備計画に基づき 照明要件が得られるよう合理的かつ経済的な照明施設を決定する 解説 照明設計は 施設整備計画の前提条件 ( 道路の種類 構造 交通量及び周辺環境等 ) を整理し 性能指標 に規定された値及び推奨値 ( 満足することが

備 考 こ こで用 いる設 計速度は 、道路 線形等 の幾何 構造のほ か、交 通の 状 況、最 高速度 の制限 等、交通 規制の 状況な どに応 じて適宜 定め る ものと する。 なお、 設計時に 規制速 度が不 明確な 場合、暫 定供 用 時の想 定され る最大 の規制速 度で設 計する 。暫定 供用時と は、 4 車 線以上 で計画 された 道路につ いて、 2 車線の みを暫 定的に供 用 させた 状態等 を指す 。

62 さらに読み込む

地域振興施設等整備計画策定業務報告書 <本編>5 拠点施設全体の整備計画の作成

地域振興施設等整備計画策定業務報告書 <本編>5 拠点施設全体の整備計画の作成

現在中央 帯 無い場 折 ン 設置 必要 あ 県 線 断面構成 変更 必要 あ 長 含 大規模 路改修 必要 高 敷地東側 交差 設 場 現在 中央 帯 広い 県 断面構成 大 変 更 折 ン 整備 能 既 役 入 交差 距

11 さらに読み込む

実施内容 ( 番号の説明 ) 1 道路交通情勢調査道路及び道路交通の現況を把握するための調査を行う 2 幹線道路網計画調査道路交通を分析し将来計画を策定するための調査で 道路交通の解析 需要予測 道路網整備計画の策定のほか 個々の路線の計画 整備計画等の事業計画策定を行う 3 概略設計環境アセスメン

実施内容 ( 番号の説明 ) 1 道路交通情勢調査道路及び道路交通の現況を把握するための調査を行う 2 幹線道路網計画調査道路交通を分析し将来計画を策定するための調査で 道路交通の解析 需要予測 道路網整備計画の策定のほか 個々の路線の計画 整備計画等の事業計画策定を行う 3 概略設計環境アセスメン

二次除雪時に路面外へ直接排雪できない場合(例えば、高架に隣接して人家が連担している場合、道路・鉄道と並行している 場合)では、二次除雪は運搬排雪となる。しかし、この運搬排雪は投雪に比べると道路交通への障害や時宜を得た作業に困難を 伴うことがある。 このため、周辺の土地利用状況を勘案し、高架橋脇に二次除雪の堆雪スペースとして側方堆雪敷を確保できることとした。 高架橋からの投雪については、実験に基づき基準化しており、その資料を基に計算より求めることができる。
さらに見せる

34 さらに読み込む

5.2 道路整備方針 道路整備計画の具体化に向けて 今後の道路整備の方針を定め 各方針に基づいて解決すべき 道路 交通の課題や強化を図るべき道路の機能 役割を以下に整理する 方針 Ⅰ 安全 安心な道路整備 Ⅰ-1 歩行者の安全な動線の確保 通学路や駅と主要な集客施設とを結ぶ道路など 歩行者の動線を踏

5.2 道路整備方針 道路整備計画の具体化に向けて 今後の道路整備の方針を定め 各方針に基づいて解決すべき 道路 交通の課題や強化を図るべき道路の機能 役割を以下に整理する 方針 Ⅰ 安全 安心な道路整備 Ⅰ-1 歩行者の安全な動線の確保 通学路や駅と主要な集客施設とを結ぶ道路など 歩行者の動線を踏

視 点 点 3 3 基 基 幹 幹 軸 軸 の の 強 強 化 化 ( ( 代 代 替 替 性 性 の の 確 確 保 保 ) ) まちの基幹軸の代替性を確保し、ネットワークを強化する。 既存道路の改善及び適切な維持管理を図るとともに、現在又は将来の交通量や 沿道の状況、災害時における対応等を踏まえ、必要に応じて、まちの基幹軸とな る路線の多重化により代替性を確保する。

17 さらに読み込む

第2次豊中市道路整備計画 分野別計画一覧 豊中市

第2次豊中市道路整備計画 分野別計画一覧 豊中市

③幹線道路の歩道確保 幹線道路として機能し、自動車や歩行者の交通量が多いにもかかわらず、 歩道がない、 又は幅員が不足している路線については、 歩道設置又は歩道拡 幅が必要である。 とりわけ部分的に幅員が狭く、 歩道が連続していないため、 歩行者の安全性が低下し、 又は交通の円滑性が低下している路線については、 わずかな投資で大きな効果を期待でき、優先的に整備を進める。

24 さらに読み込む

第 5 章道路照明施設 第 1 節総 則 1 基準の目的 本基準は道路照明施設の整備に関する一般的技術的基準を定め その合理的な計画 設計 施工および維持修繕を行うのに資することを目的とする 解説道路照明施設は 道路法第 30 条に基づく道路構造令第 31 条において 交通事故の防止を図るため必要が

第 5 章道路照明施設 第 1 節総 則 1 基準の目的 本基準は道路照明施設の整備に関する一般的技術的基準を定め その合理的な計画 設計 施工および維持修繕を行うのに資することを目的とする 解説道路照明施設は 道路法第 30 条に基づく道路構造令第 31 条において 交通事故の防止を図るため必要が

今 後 、 照 明 性 能 で 定 格 光 束 の 増 大 や 当 該 道 路 条 件 に お け る 照 明 率 の 向 上 が あ る 場 合 は 、 そ れ らを前提として設計上の灯具間隔の広スパン化を検討し経済性の向上を図るものとする。 3)設計の手順 基本設計段階、発注段階の照明設計及び発注図書の作成において、対象とする道路照明が、既設 のHID照明をLED照明に更新する場合及び局部照明の新設の場合で既存HIDランプ又は従前設計のHID ランプがNH110W、NH180W及びNH220Wに相当する場合は、標準的な照明設計で所要の照明指標を満足 すると考えられることから、当該道路条件が以下の表解6-3に示すLED道路照明が適応可能な設計条 件タイプに適合することを確認する。特記仕様書に性能規定として所要の性能指標を明記し、既存 の照明柱配置、交差点における配置を明確にして発注図書とする。
さらに見せる

76 さらに読み込む

公共施設等整備・再編計画

公共施設等整備・再編計画

京阪道路 開通等 より まち くり 進展 見られる地域を中心 し そ 周辺 設置し いる公共施設等 ィ頁ンイ頁 掲載 整備ン再編 方向 性を示すこ し います ○対象施設等 成平平 度 ら 整備ン再編 方向性を明確 します

53 さらに読み込む

区域の整備 開発及び保全に関する方針地区整備計画土地利用の方針 地区施設の整備の方針 建築物等の整備の方針 その他当該地区の整備 開発及び保全に関する方針 配置及び規模地区施設の4 準幹線道路沿道街区準幹線道路沿道にふさわしい店舗 事務所等と住宅が立地する低中層市街地の形成を図る 5 幹線道路沿道街

区域の整備 開発及び保全に関する方針地区整備計画土地利用の方針 地区施設の整備の方針 建築物等の整備の方針 その他当該地区の整備 開発及び保全に関する方針 配置及び規模地区施設の4 準幹線道路沿道街区準幹線道路沿道にふさわしい店舗 事務所等と住宅が立地する低中層市街地の形成を図る 5 幹線道路沿道街

5 落ち着きのあるまち並みを創出し、方針附図に示す江戸川区景観計画で定める景観軸に基づく良好なまち並み及び住環境の 形成を図るため、建築物等の形態又は色彩その他の意匠の制限を定める。 6 ブロック塀等の倒壊を防ぐとともに、沿道緑化による緑豊かな住環境を形成するため、垣又はさくの構造の制限を定める。 そ の 他 当 該 地 区 の

12 さらに読み込む

< 目次 > Ⅰ. はじめに 1 Ⅱ. 都市計画道路の現状と課題 2 1. 都市計画道路の整備状況 都市計画道路にかかる事業費の推移 道路の主

< 目次 > Ⅰ. はじめに 1 Ⅱ. 都市計画道路の現状と課題 2 1. 都市計画道路の整備状況 都市計画道路にかかる事業費の推移 道路の主

図-6 混雑度 1.25 以上の区間 図-7 主要渋滞箇所(京阪神圏渋滞ボトルネック対策協議会) ※2 混雑度:交通量を道路設計上の基準交通量で除した値 ※3 旅行速度:道路の一定区間距離を移動に要した時間で除した値 幹線道路は交通量が多く、市域をまたぐ広域的な交通が多くなっています。また、混雑が見ら れる区間が多くなっています。道路の混雑は、社会経済活動に悪影響を及ぼすとともに、環境負 荷を増大させる要因にもなることから、その解消に向けた対策が必要です。
さらに見せる

26 さらに読み込む

台帳整備要領(案)平成23年12月 道路施設台帳整備に関すること  福岡県庁ホームページ

台帳整備要領(案)平成23年12月 道路施設台帳整備に関すること 福岡県庁ホームページ

昭和 ン 標準示方書 昭和 道路橋 部構造設計指針 橋 橋脚 設計篇 昭和 鉄筋 ン 標準示方書 昭和 道路橋 部構造設計指針 い基礎 設計篇 昭和 道路橋 部構造設計指針 調査及 設計一般篇 昭和 鉄筋 ン 標準示方書

178 さらに読み込む

第4章 施設整備計画 新庁舎整備推進計画|豊島区公式ホームページ 4syou

第4章 施設整備計画 新庁舎整備推進計画|豊島区公式ホームページ 4syou

*省エネルギーシステム *効率的な運用 *地域における省エネルギー *効率的な運用 *雨水の再利用 *雨水の流出抑制 6. 「地域冷暖房システム」など高効率設備システムの導入 5. 「エコ照明」で、環境負荷を低減する執務スペースづくり 4. 「自然換気・自然採光」による自然エネルギーの直接利用 3.室内環境に潤いを与える「エコヴォイド」

34 さらに読み込む

公共下水道整備計画 上越市公共施設等総合管理計画(基本方針)・個別施設計画  上越市ホームページ

公共下水道整備計画 上越市公共施設等総合管理計画(基本方針)・個別施設計画 上越市ホームページ

整備計画の内容等 整備計画は、 同種の分野ごとに事業の優先度を付けるための整備基準及びその基準に基 づき、事業の優先順位や個別事業名、事業概要等を盛り込んだものです。整備基準は、事 業の継続性や耐震化、建築経過年数、避難所指定の有無、用地確保など事業実施に向けた

7 さらに読み込む

武蔵砂川駅北側地区街区幹線道路整備事業計画書

武蔵砂川駅北側地区街区幹線道路整備事業計画書

8 東西道路 号 仮称 計画延長ンンン約 , m 計画幅員ンンン開発事業者 調整中 道路区分ンンン開発事業者 調整中 設計交通量ンンン開発事業者 調整中 買収計画面積ンンン開発事業者用地 標準 断断面図ンンン開発事業者 調整中 位置図

11 さらに読み込む

目 次 Ⅰ. はじめに 1 Ⅱ. 本州四国連絡高速道路株式会社の役割 2 Ⅲ. 計画の範囲 2 1. 対象施設 2 2. 計画期間 2 Ⅳ. 対象施設の現状と課題 3 1. 高速道路の課題 3 2. 点検 診断 / 修繕 更新等 5 3. 基準類の整備 7 4. 情報基盤の整備と活用 8 5. 個別

目 次 Ⅰ. はじめに 1 Ⅱ. 本州四国連絡高速道路株式会社の役割 2 Ⅲ. 計画の範囲 2 1. 対象施設 2 2. 計画期間 2 Ⅳ. 対象施設の現状と課題 3 1. 高速道路の課題 3 2. 点検 診断 / 修繕 更新等 5 3. 基準類の整備 7 4. 情報基盤の整備と活用 8 5. 個別

表のとおり) 。 本四高速道路は、海上をまたぐ橋梁が多く存在するため、腐食環境 が厳しく、また、点検や補修のための接近手段は限られている。さら に、代替路線のない重要な幹線道路で、通行止めを伴う補修工事は可 能な限り避けなれければならない。このため、長大橋を 200 年以上の 長期にわたり利用できるよう、「予防保全」を基本とし、さらに「アセ ットマネジメント」の考え方を導入して体系的かつ確実な維持管理に 取り組み、ライフサイクルコストの最小化を図っている。
さらに見せる

25 さらに読み込む

生活排水処理施設整備計画策定マニュアル

生活排水処理施設整備計画策定マニュアル

2.モデルケースにおける事業形態 いくつかの制約条件を定めたモデルケースにおいて、実現される事業概要を集合処理、 個別処理に分けて説明する。 なお、以下のケースにおいて、合併処理浄化槽は5人槽とし、合併処理浄化槽の耐用年 数は、躯体 30 年、機械 10 年、整備に係る費用の比率は、躯体:付属機械:工事= 55 : 5: 40 としている。また、集合処理施設の耐用年数は、処理場土木構築物 60 年、処理場 電気機械設備 23 年、管渠 60 年、整備に係る費用の比率は、処理場土木構築物:処理場電 気機械設備=1:1としている。
さらに見せる

41 さらに読み込む

41 都市計画決定図書(県)(都市計画道路(小名浜道路,勿来常磐線)) いわき市復興整備計画の公表(平成26年~) | いわき市役所

41 都市計画決定図書(県)(都市計画道路(小名浜道路,勿来常磐線)) いわき市復興整備計画の公表(平成26年~) | いわき市役所

(1)1・5・1 小名浜道路 (2)3・5・4 勿来常磐線  本路線は、本県の海の玄関口である重要港湾小名浜港と常磐自動車道とを連結する自動車専用道路であり、「福 島県復興計画」の重点プロジェクトでもある「ふくしま復興再生道路」に位置付けられており、本路線の整備によ り小名浜港の物流拠点としての機能強化を図り、周辺道路の渋滞緩和や地域の観光及び復興を支援する都市施設と して、本案のとおりいわき都市計画道路に追加しようとするものです。
さらに見せる

3 さらに読み込む

マニュアル2 設計編(道路) 公共的施設整備マニュアル|宇都宮市公式Webサイト

マニュアル2 設計編(道路) 公共的施設整備マニュアル|宇都宮市公式Webサイト

道   路 道路の主な整備箇所……………………………………………………………………………131 1 歩道 ………………………………………………………………………………………132 2 立体横断施設 ……………………………………………………………………………142

31 さらに読み込む

学校等施設整備計画 上越市公共施設等総合管理計画(基本方針)・個別施設計画  上越市ホームページ

学校等施設整備計画 上越市公共施設等総合管理計画(基本方針)・個別施設計画 上越市ホームページ

め、 緊急性が高いにも関わらず整備が先送りにされてしまうケースや地域間におい て整備水準の均衡が図られていない事例が顕在化していることが判明しました。 また、地域事業費制度の見直しにより、これまでの事業費枠の管理から事業その ものの管理へと移行し、今後は、事業の優先度に基づき真に必要な事業を実施して いくこととしています。

24 さらに読み込む

消融雪施設整備計画 上越市公共施設等総合管理計画(基本方針)・個別施設計画  上越市ホームページ

消融雪施設整備計画 上越市公共施設等総合管理計画(基本方針)・個別施設計画 上越市ホームページ

施設の設置 少 い中山間地域 安塚区 大島区ほ 消融雪施設 道路幅員 狭く 家屋 連坦してお 機械除雪 困難 路線や交通量 多い主要幹線道路等において 最もその効果 揮さ ます こ 市街地 ある の区域に多く適合します 区域内の多く 県条例に 地 水の 水規制区域 図 3-2 に指定さ てお 新たに深井戸を掘ること 認

34 さらに読み込む

運動公園スポーツ施設整備基本計画

運動公園スポーツ施設整備基本計画

• ネ゛ヴャチ キセィヴンメェビヴ等 利用 能 人工芝 取 • 照明 一般競技用 平00取ホx 以 取 • 観客席 ベ゜ンケタンチ約 干ん000 人 外周 芝生席約 干000 人~干イ00 人取 • ケタンチ施設 本部室 放送室 審 え室 事務室 会議室 器具庫 写真 定 室 ダ゜ヤ 更衣室等取

19 さらに読み込む

Show all 10000 documents...