被害者保護のための関係機関との連携

Top PDF 被害者保護のための関係機関との連携:

として実施するほか 世田谷保健所の こころスペース や 障害福祉担当部の みつけば! 事業など 関係機関と連携した事業実施を図る (3) 関係機関との連携主な支援内容のうち 相談機能については ひきこもりに限らず多様な相談が寄せられることが想定されるため 民生 児童委員 青少年委員や 就労支援 生活

として実施するほか 世田谷保健所の こころスペース や 障害福祉担当部の みつけば! 事業など 関係機関と連携した事業実施を図る (3) 関係機関との連携主な支援内容のうち 相談機能については ひきこもりに限らず多様な相談が寄せられることが想定されるため 民生 児童委員 青少年委員や 就労支援 生活

として実施するほか、世田谷保健所「こころスペース」や、障害福祉担当部「みつけば!」 事業など、関係機関連携した事業実施を図る。 (3)関係機関連携 主な支援内容うち、相談機能については、ひきこもりに限らず多様な相談が寄せられるこ が想定されるため、民生・児童委員、青少年委員や、就労支援、生活困窮等自立支援、障 害支援等を行う「専門機関」等、関係機関連携を図り、総合的かつ継続的な支援を実施し ていくことする。
さらに見せる

7 さらに読み込む

第 2 具体的方策等 1 学校等における子どもの安全確保学校設置者等は 子どもの安全を確保するため 学校等の職員 ( 以下 教職員等 という ) の危機管理意識の高揚を図り 学校等として組織的な対応に努めるとともに 保護者 地域住民及び警察署その他関係機関 団体等と連携して 次のような取組の実施に努

第 2 具体的方策等 1 学校等における子どもの安全確保学校設置者等は 子どもの安全を確保するため 学校等の職員 ( 以下 教職員等 という ) の危機管理意識の高揚を図り 学校等として組織的な対応に努めるとともに 保護者 地域住民及び警察署その他関係機関 団体等と連携して 次のような取組の実施に努

4 子どもに対する安全教育充実等 学校設置等は、保護、地域住民等連携して、子どもが犯罪による 被害を受けないよう、あるいは、危険な状況から逃れられるようにするた め、ロールプレイングなど参加体験型手法を取り入れるなどして、様々 な機会を通じて実践的な危険予測能力や危険回避能力等を身に付けさせる とともに、生涯にわたり自らが犯罪を起こすことないよう、次ような 取組に努めるものする。
さらに見せる

7 さらに読み込む

第 3 編武力攻撃事態等対処編 武力攻撃事態等において 市は 直ちに初動体制を整え 国 県 及び関係機関と連携を図りながら 住民への警報や避難の指示の伝達 住民の避難誘導 救援 武力攻撃災害への対処等の国民を保護するための措置を 迅速かつ的確に実施しなければならない そのため 情報の的確な伝達や対策

第 3 編武力攻撃事態等対処編 武力攻撃事態等において 市は 直ちに初動体制を整え 国 県 及び関係機関と連携を図りながら 住民への警報や避難の指示の伝達 住民の避難誘導 救援 武力攻撃災害への対処等の国民を保護するための措置を 迅速かつ的確に実施しなければならない そのため 情報の的確な伝達や対策

【関連資料】 危険物質等取扱に対する措置について 4 武力攻撃原子力災害へ対処措置 本市には原子力災害対策特別措置法規定する原子力事業は存在しな いが、市内を核燃料物質運送車両が通過している。武力攻撃等により車両が 被害を受け、積載する核燃料物質が容器外に放出又は放出される事態が発生 した場合には、国民保護定める武力攻撃原子力災害に該当するため、市 は、市地域防災計画に定めるところに準じて措置を実施する。
さらに見せる

34 さらに読み込む

Ⅱ 各論第 2 章 各 論 第 2 章 介護と医療 関係機関の連携 第 1 節 介護と医療 関係機関の連携 1 連携のための関係機関のネットワークづくり 現状 課題 平成 19 年度に内閣府が公表した 高齢者の健康に関する意識調査 によると 多くの高齢者が要介護状態になっても 可能な限り住み慣れた地

Ⅱ 各論第 2 章 各 論 第 2 章 介護と医療 関係機関の連携 第 1 節 介護と医療 関係機関の連携 1 連携のための関係機関のネットワークづくり 現状 課題 平成 19 年度に内閣府が公表した 高齢者の健康に関する意識調査 によると 多くの高齢者が要介護状態になっても 可能な限り住み慣れた地

充実を図る観点から、小規模多機能型居宅介護訪問看護複数サービスが一つ事業 所から提供される「複合型サービス」が創設されました。 ○ 加えて、平成 23 年介護保険法等一部改正により、介護福祉士や一定研修を受けた 介護職員等によるたん吸引等実施が平成 24 年度から可能なりました。施設入所 介護度が重度化している状況中、たん吸引や経管栄養が必要なる要介護入所が 妨げられないように、たん吸引等を実施できる介護職員等養成について進めて行く必 要があります。
さらに見せる

12 さらに読み込む

目次 1 県の防災体制のあり方 P 1 1 本庁 県民局における初動対応 P 1 2 防災部局と関係部局との連携 P 3 2 県と国 市町村 防災関係機関との連携のあり方 P 4 1 県と市町村との情報伝達体制 P 4 2 国の機関等との連携 P 4 3 自衛隊との連携 P 9 4 消防 警察との連

目次 1 県の防災体制のあり方 P 1 1 本庁 県民局における初動対応 P 1 2 防災部局と関係部局との連携 P 3 2 県と国 市町村 防災関係機関との連携のあり方 P 4 1 県と市町村との情報伝達体制 P 4 2 国の機関等との連携 P 4 3 自衛隊との連携 P 9 4 消防 警察との連

備を図り、災害対策本部機能充実・強化に努める。 ・発災直後において、市町村は、人的被害状況(行方不明数を含む。 ) 、建 築物被害、火災、土砂災害発生状況等情報を収集するとともに、被害規模 に関する概括的情報を含め、把握できたものから直ちに県へ報告する。特に、行 方不明数については、捜索・救助体制検討等に必要な情報であるため、市 町村は、住民登録有無にかかわらず、当該市町村区域(海上を含む。 )内で 行方不明なったについて県警察等関係機関協力に基づき正確な情報収 集に努める。また、行方不明として把握したが、他市町村に住民登録を行 っていることが判明した場合には、当該登録地市町村(外国人うち、旅行 など住民登録対象外は外務省)又は都道府県に連絡する。 (P114) ・各機関は、自己所掌する事務又は業務に関して、積極的に自ら職員を動員 し、又は関係機関協力を得て、災害応急対策活動を実施するに必要な情報及び 被害状況を収集するとともに、速やかに関係機関に伝達を行う。 (P117) 【水防関係
さらに見せる

22 さらに読み込む

国際教育協力における援助協調のあり方に関する考察−関係諸機関の連携を中心として− [ PDF

国際教育協力における援助協調のあり方に関する考察−関係諸機関の連携を中心として− [ PDF

終章 2.論文要旨 国際協力は、その理論や方法を模索しながら 50 年以上 歴史を築いてきている。中でも、常に国際協力中心に位 置付けられてきたものの一つは、教育に関する支援であり、 現在特に注目されているは、基礎教育である。国際教育 協力は、長い歴史を有しながらも、教育という性質上、長 期的であり、また量的・質的な面等、幅広い協力が求めら れ、その方法や理論が見えにくいため、未だ開発途上にあ るいえよう。こうした国際教育協力には、多く課題が 残っているが、より高い効果をもたらす協力を行うために 最も重要な課題として筆者が注目したいは、援助協調で ある。有効性や効率性低いプロジェクトが見られるが、 これには多く要因が絡んではいるものの、プロジェクト 関係機関協力体制が有効性を高める要因として指摘さ れていることから、筆者は他援助機関協調することな く行なわれてきた協力形態も、その一因なっているので はないか考える。これまで教育協力で、歴史的にハー ド面中心協力を行ってきた日本にとって、他援助機関 協力してハードソフトを織り交ぜた援助を行うことは、 各国援助活動重複減少、または相互関係強化を促し、 より効果的な資源投入を行うために必要である。また未だ にドナー側主導協力が行われ、ドナー側被援助側ニ ーズが合致していない例も多く見受けられる。このような 課題に対して、被援助側にオーナーシップを持たせた協力 関係構築、また国際教育協力無駄や重複を避ける手段
さらに見せる

4 さらに読み込む

1. 自衛隊と関係機関の連携 < 発災当初から 被災者の捜索や人命救助活動を全力で実施 > 警察 消防 海上保安庁等と協力し 津波等により孤立した地域や倒壊家屋等から多数の被災者を救出 米軍 警察 消防 海上保安庁等と共同し 被災 3 県の沿岸 河口部を中心とした集中捜索を実施 関係機関との連携 1

1. 自衛隊と関係機関の連携 < 発災当初から 被災者の捜索や人命救助活動を全力で実施 > 警察 消防 海上保安庁等と協力し 津波等により孤立した地域や倒壊家屋等から多数の被災者を救出 米軍 警察 消防 海上保安庁等と共同し 被災 3 県の沿岸 河口部を中心とした集中捜索を実施 関係機関との連携 1

① 日米調整所を中心する運用調整等により、日米共同活動は大きな成果。 日米調整所人員・ 機能増強等に関する検討、情報共有・調整ためカウンターパート整理 が必要。 また、政府全体日米調整枠組みについては、緊急災害対策本部等を通じた関係省庁連携 強化や、 大規模災害発生当初から日米関係省庁による会議等設置について検討 が必要。
さらに見せる

10 さらに読み込む

警察署長又は本部捜査担当課長は 犯罪の検挙状況 被害者等からの相談 関係機関からの通報等により再被害防止対象者に指定する必要がある被害者等を認めるときは 再被害防止対象者指定等上申書 ( 様式第 1 号 ) により警察本部長に再被害防止対象者の指定を上申するものとする この場合において 警察署長は

警察署長又は本部捜査担当課長は 犯罪の検挙状況 被害者等からの相談 関係機関からの通報等により再被害防止対象者に指定する必要がある被害者等を認めるときは 再被害防止対象者指定等上申書 ( 様式第 1 号 ) により警察本部長に再被害防止対象者の指定を上申するものとする この場合において 警察署長は

(2) 再被害防止対象に対する措置 措置実施警察署長は、再被害防止対象連絡体制を確立し、関係警察署長連携 上、その要望を把握するとともに、非常時通報要領、自主警戒等について防犯指導を行 い、必要に応じ、所要警戒措置を講ずるものする。この場合において、再被害防止対 象から加害釈放等に関する情報その他関連情報について教示を求められた場合又 は再被害防止ために必要な場合には、再被害防止対象に対し、関連情報を教示するも する。
さらに見せる

7 さらに読み込む

高齢者虐待防止対応マニュアル別冊 6 関係機関との連携 (1) 各機関の役割 市町村や地域包括支援センター等の関係機関は それぞれ対応可能な範囲があります 範囲を超えた対応は行うことができません また 事例によって関係機関の対応を依頼する場合があります 市町村が中心となるコアメンバー会議によって 大

高齢者虐待防止対応マニュアル別冊 6 関係機関との連携 (1) 各機関の役割 市町村や地域包括支援センター等の関係機関は それぞれ対応可能な範囲があります 範囲を超えた対応は行うことができません また 事例によって関係機関の対応を依頼する場合があります 市町村が中心となるコアメンバー会議によって 大

A.~市町村として可能な対応~ 老人福祉法に定める有料老人ホームに該当しないサービス付き高齢向け住宅などに ついては、日本社会福祉士会マニュアルで「養護による虐待」として対応するこ になっているので、市町村がその権限に基づき、立ち入り調査をすることが可能で す。また、要介護性高い居住は、当該住宅サービス以外に介護保険による居宅 サービスを利用している場合が多く、その居宅サービス計画そのものに問題が見られ ることがあります。例えば、介護支援専門員がサービス実態を把握できない状況で あったり、介護保険サービス不適正な利用など、サービスが複雑である場合です。 市町村は介護保険法第 23 条により保険として確認を求めることを併用して、指定居 宅介護支援事業所や指定訪問介護事業所に対し事実確認をすることができます。
さらに見せる

7 さらに読み込む

第1回 障害者グループホームと医療との連携体制構築のための検討会

第1回 障害者グループホームと医療との連携体制構築のための検討会

関係機関が、医療的ケアが必要な障害を受け入れるグループホームで生活現状課題を把握し、 必要な支援や医療機関連携構築などについて検討。29年度は2回実施 ※関係機関 グループホーム、在宅医療機関、訪問看護事業所、日中活動系サービス事業所、計画相 談支援事業所、総合福祉事務所、障害施策推進課(事務局)

8 さらに読み込む

目 次 1 県の防災体制のあり方 P 1 1 本庁 県民局における初動対応 P 1 2 防災部局と関係部局との連携 P 3 2 県と国 市町村 防災関係機関との連携のあり方 P 5 1 県と市町村との情報伝達体制 P 5 2 国の機関等との連携 P 6 3 自衛隊との連携 P10 4 消防 警察との

目 次 1 県の防災体制のあり方 P 1 1 本庁 県民局における初動対応 P 1 2 防災部局と関係部局との連携 P 3 2 県と国 市町村 防災関係機関との連携のあり方 P 5 1 県と市町村との情報伝達体制 P 5 2 国の機関等との連携 P 6 3 自衛隊との連携 P10 4 消防 警察との

(1) 被 災 市 町 村 へ リエゾン(連 絡員)派遣 ・県は、災害発生により市町村が災害状況等 報告を行うことができなくなった場合や、市 町村において通信手段途絶等が発生し、被害 情報等報告が十分なされていない判断す る場合等にあっては、調査ため職員派 遣、ヘリコプター等機材や各種通信手段効 果的活用等により、あらゆる手段を尽くして被 害情報等把握に努める。 ( P115)
さらに見せる

23 さらに読み込む

(2)関係機関との連携・協力

(2)関係機関との連携・協力

大航海時代ヨーロッパアメリカ政治、経済、社会、文化、宗教、生活な どさまざまな観点から歴史的事象を取り上げ、多角的で柔軟な見方を養うこと で、人権教育で育てたい「互い相違を認め、受容できる諸技能」育成を図る。 本学習において、歴史的推移や相互因果関係などを多面的・多角的にとらえ させ、それぞれ考えや思いを、発表し交流させることで、互い意見違いを 認め、公平に接することができる技能を身に付けさせたい。
さらに見せる

10 さらに読み込む

(2)関係機関との連携・協力

(2)関係機関との連携・協力

大航海時代ヨーロッパアメリカ政治、経済、社会、文化、宗教、生活な どさまざまな観点から歴史的事象を取り上げ、多角的で柔軟な見方を養うこと で、人権教育で育てたい「互い相違を認め、受容できる諸技能」育成を図る。 本学習において、歴史的推移や相互因果関係などを多面的・多角的にとらえ させ、それぞれ考えや思いを、発表し交流させることで、互い意見違いを 認め、公平に接することができる技能を身に付けさせたい。
さらに見せる

10 さらに読み込む

区分施策体系取組 相談 保護 自 立 信頼 安心できる相談 保護体制の確立 関係機関の連携による切れ目のない自立支援の実施 2 保護体制の充実 強化 3 保護命令への対応等 1 施設における保護の円滑な 実施 2 就業支援機関との連携によ る経済的自立の促進 3 子供への支援の充実 4 生活の安定と

区分施策体系取組 相談 保護 自 立 信頼 安心できる相談 保護体制の確立 関係機関の連携による切れ目のない自立支援の実施 2 保護体制の充実 強化 3 保護命令への対応等 1 施設における保護の円滑な 実施 2 就業支援機関との連携によ る経済的自立の促進 3 子供への支援の充実 4 生活の安定と

また,被害や同伴する家族安全を確保することが重要です。 被害を緊急保護するため,西部こども家庭センター(婦人相談所)で被害やその同伴する 家族一時保護決定を行っています。 配偶から身体に対する暴力を受けた被害が,更なる身体に対する暴力を受けることにより その生命又は身体に重大な危害を受けるおそれがある場合には,裁判所が被害から申し立て により,加害に対して, 「被害接近禁止」, 「被害子へ接近禁止」 , 「被害と共に生 活本拠している住居から退去」等を内容する「保護命令」を発令し,被害生命又は 身体安全を確保しようする保護命令制度が整えられています。
さらに見せる

41 さらに読み込む

いじめ問題に関する保護者との連携、信頼関係構築の在り方

いじめ問題に関する保護者との連携、信頼関係構築の在り方

ポイント5 怒り、悲しみを受け止め振り回されない • 保護は、被害・加害ともにつらい気持ちになります。 相 手立場に立って理解し対応することが大切です。 • 相手が大声をだしているからいって、悪質な苦情や不当な 要求といった先入観を持たないように意識しましょう。

27 さらに読み込む

高齢者の公共交通機関利用促進策に対する地方公共団体の助成 ( 本文 1.(1) に対応 ) 地方公共団体や交通事業者による 高齢者に対する公共交通機関利用促進施策について 持続可能な取組となるよう 対象範囲や支援の方法など各地の取組事例を収集 共有 加えて 都道府県警察等の関係者と連携しつつ 地方運

高齢者の公共交通機関利用促進策に対する地方公共団体の助成 ( 本文 1.(1) に対応 ) 地方公共団体や交通事業者による 高齢者に対する公共交通機関利用促進施策について 持続可能な取組となるよう 対象範囲や支援の方法など各地の取組事例を収集 共有 加えて 都道府県警察等の関係者と連携しつつ 地方運

○ 介護保険制度介護予防・日常生活支援総合事業に基づいて実施される 「訪問型サービスD (移動支援・移送前後生活支援) 」 について、事業対象以外に対して支援を行う際考え方 を明確化するとともに、取組事例収集・提供を行うことにより、移動支援普及・拡大を促進 ■ 訪問型サービスD導入事例 ■ 訪問型サービスD概要

14 さらに読み込む

民法の成年年齢の引下げに対応した消費者被害の拡大防止等のための施策 法務省:成年年齢引下げを見据えた環境整備に関する関係府省庁連絡会議

民法の成年年齢の引下げに対応した消費者被害の拡大防止等のための施策 法務省:成年年齢引下げを見据えた環境整備に関する関係府省庁連絡会議

○教員教育・研修 ・大学 教員養成課程 、現職教員 研修 、教員免許更新講習等において、消費教育に関する取組を推進 ○大学、専門学校等消費生活センター連携 ・ 大学、専門学校 等地元消費生活センター連携を支援し、被害事例に関する情報共有や出前講座等を実施

4 さらに読み込む

外部支援機関と連携した支援として 政府系金融機関との連携融資 信用保証協会の経営サポート会議 中小企業再生支援協議会の再生計画の策定事業 及びひょうご産業活性化センターとの専門家派遣事業 割賦制度等を活用した支援を行い 最適なソリューションの提案を行いました 中小企業の経営支援のための関係省庁の施策

外部支援機関と連携した支援として 政府系金融機関との連携融資 信用保証協会の経営サポート会議 中小企業再生支援協議会の再生計画の策定事業 及びひょうご産業活性化センターとの専門家派遣事業 割賦制度等を活用した支援を行い 最適なソリューションの提案を行いました 中小企業の経営支援のための関係省庁の施策

・ 外部支援機関連携した支援として、政府系金融機関連携融資、信用保証協会経営サポート会議、中小企業再生支援協議会 再生計画策定事業、及びひょうご産業活性化センター専門家派遣事業・割賦制度等を活用した支援を行い、最適なソリューシ ョン提案を行いました。 ・ 中小企業経営支援ため関係省庁施策を、お取引先経営支援に有効に活用しました。 (ものづくり補助金・創業補助金・小規模事業活性化補助金28件申請受付、内11件採択)
さらに見せる

8 さらに読み込む

犯罪被害者の情報と報道のあり方

犯罪被害者の情報と報道のあり方

おわりに 犯罪被害情報発表について、 我が国では、 警察が、 個別案件ごとに犯罪被害メディ アから要望を踏まえ、 実名・匿名判断を事 実上行うことになる。 警察判断は、 メディア 自主的な報道規制関係しない。 英国では、 警察メディアが協議して作成したガイドライ ンをもとに、 原則として犯罪被害同意を得 て警察が犯罪被害実名を発表している。 米 国では、 州により対応が違うが、 犯罪被害 報道について連邦最高裁判所は、 犯罪被害 プライバシーを守るため法制化は、 表現自 由を保障している合衆国憲法第1修正利益 考量をしなければならないしている (97) 。 そ
さらに見せる

19 さらに読み込む

ii 沿岸海洋生態系の保全と持続的漁業の共存 ~ 人もアザラシも共存できる道を拓く ~ 漁業資源動態 個体群動態モデル 保護管理シナリオの策定 社会経済的評価 持続可能な漁業のための具体的提言 被害対策技術 保護と管理 ( 個体数管理 被害防除 ) 人間活動 資源の減少 サケ 気候変動

ii 沿岸海洋生態系の保全と持続的漁業の共存 ~ 人もアザラシも共存できる道を拓く ~ 漁業資源動態 個体群動態モデル 保護管理シナリオの策定 社会経済的評価 持続可能な漁業のための具体的提言 被害対策技術 保護と管理 ( 個体数管理 被害防除 ) 人間活動 資源の減少 サケ 気候変動

1.はじめに 近年、海洋生態系生物多様性保全を考慮した持続型沿岸漁業創成が、世界的にも喫緊課 題なっている。海生哺乳類は、生態系高次捕食に位置していると共にバイオマスが大きく、 海洋生態系に多大な影響を与えている。特に、沿岸海洋生態系高次捕食である鰭脚類(トド・オ ットセイ・アザラシ類)は、生態系シンボルとして取り上げられることも多いが、漁網や漁獲物に 対する被害が大きな問題なっている。北海道東部沿岸に周年生息するゼニガタアザラシは、1970年 代初め迄に、過度な狩猟や混獲より個体数が激減し、絶滅危機に瀕したが、最近30年間は漸増 傾向にある。えりも岬上陸場を利用するゼニガタアザラシに関しては、1970年代より帯広畜産大 学等学生ボランティアにより予算措置無い調査研究が行われてきた。本種は根室半島及び北方 四島にも分布するものの、えりも上陸場交流はきわめて限定的で、個別個体群を形成する。 近年個体数回復サケ定置網漁業不漁を背景に、漁業被害問題が急速に注目され、社会・政治 問題化した。しかし、本個体群に関する包括的調査は未実施であり、従来モニタリング手法検 討は行われていない。モニタリングに関する状況は根室海峡に分布するトドに関しても同様であ り、これまで実施されてきた陸上から目視観察による分布個体数推定網羅性に関して検討は行 われていない。ゼニガタアザラシに関しては餌資源利用実態も未調査であり、上陸場周辺餌資源 分布状況併せて不明である。こうした知見は漁業相互作用を考える上で必須であり、更 にる。さらに、資源自体変動主要因を明らかにすることにより高次捕食である鰭脚類が資 源動態に及ぼす影響度合い評価も可能なり、鰭脚類漁業共存を可能する方策探求 が可能なる。以上背景もと本サブテーマでは、1)航空機目視による道東海域における鰭脚 類センサス手法検討、2)えりも岬ゼニガタアザラシ上陸場周辺における魚類群集構造解析、 3)ゼニガタアザラシ食性解明主要漁業資源へ摂餌圧推定、4)道東海域主要漁業資源動 態に及ぼす環境要因抽出および、5)ECOPATHモデルによるゼニガタアザラシ上陸場周辺におけ る食物網構造解析を実施した。
さらに見せる

106 さらに読み込む

Show all 10000 documents...