被 保 険 者 期 間

Top PDF 被 保 険 者 期 間:

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任

1 任意継続保険とは・・・ 任意継続保険とは、事業所を退職して保険の資格を喪失 した時に、資格喪失の日の前日まで継続して2カ月以上の保険 期間(日雇特例保険、任意継続保険又は共済組合の組合員 である保険は除く)があり、申出は資格喪失日から20日以内 に保険に行う条件をもとに、個人の希望により継続して保険 となることができる制度です。
さらに見せる

16 さらに読み込む

資 料 1 1. 保 険 料 納 付 済 期 間 とは 厚 生 年 金 保 険 や 共 済 年 金 に 加 入 していた20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 期 間 国 民 年 金 に 加 入 し 保 険 料 を 納 めた 期 間 国 民 年 金 の 第 3 号 被 保 険 者 の 期 間 2.

資 料 1 1. 保 険 料 納 付 済 期 間 とは 厚 生 年 金 保 険 や 共 済 年 金 に 加 入 していた20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 期 間 国 民 年 金 に 加 入 し 保 険 料 を 納 めた 期 間 国 民 年 金 の 第 3 号 被 保 険 者 の 期 間 2.

昭和17年1月に創設された「労働年金保険法」 ※5 は、昭和17年5月ま で施行準備期間とし、昭和17年6月から保険料の徴収を開始しました。 厚生年金保険料の納付は昭和17年6月から始まりました。 ※5.「労働年金保険法 」は、昭和19年10月より「厚生年金保険法」に改称されました。 ※2.国民年金第3号保険の期間は「保険料納付済期間」となります。

13 さらに読み込む

今 号 の 大 切 な お 知 ら せ ご 存 じですか? 制 度 のポイント 期 間 中 は 保 険 料 が 免 除 になります 次 世 代 育 成 支 援 をするために を 取 得 した 方 は 手 続 きをすることにより 育 児 休 業 と 同 じように 被 保 険 者 分 及 び 事 業 主

今 号 の 大 切 な お 知 ら せ ご 存 じですか? 制 度 のポイント 期 間 中 は 保 険 料 が 免 除 になります 次 世 代 育 成 支 援 をするために を 取 得 した 方 は 手 続 きをすることにより 育 児 休 業 と 同 じように 被 保 険 者 分 及 び 事 業 主

 取組の実施状況が優良な企業は、厚生労働大臣の認定を受けることができます。 Q 2. A 2.  高齢社会に入った今日、医療・年金・介護の各制度をはじめとする社会保険制度の充実はま すます求められております。岩手県社会保険協会は会員事業所各位に直近の的確な情報を提供 していくとともに、保険や家族の健康と福祉増進のため、さまざまな事業を行っています。  私たちの身近な社会保険事業をもっと知っていただくために、
さらに見せる

5 さらに読み込む

目 次 CHAPTER1 漁 船 保 険 制 度 の 概 要 制 度 の 目 的 漁 船 保 険 の 種 類 保 険 再 保 険 のしくみ 2 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について 3 Ⅰ 漁 船 保 険 漁 船 船 主 責 任 保 険

目 次 CHAPTER1 漁 船 保 険 制 度 の 概 要 制 度 の 目 的 漁 船 保 険 の 種 類 保 険 再 保 険 のしくみ 2 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について 3 Ⅰ 漁 船 保 険 漁 船 船 主 責 任 保 険

 この場合で保険料の増額が必要となった場合は、その事由が発生した日からの差額をお支払いいただくことに なります。なお、この支払いを怠った場合、塡補での制限が発生します。 (2)事後の通知義務  保険期間中途で、加入するプレジャーボートを譲渡した場合、抵当権、賃借権等を設定したり変更した場合、保険 に関する代理人を定めたり廃した場合、保険契約保険の名称や住所を変更した場合、船名を変更した場合、 係留保管施設に改造や変更があった場合等については、その事由が発生後遅滞なくお知らせいただくことになり ます。
さらに見せる

35 さらに読み込む

細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 の 特 徴 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 は 細 胞 検 査 士 会 の 会 員 の 皆 様 にご 加 入 いただける 保 険 で ご 加 入 者 (= 被 保 険 者 )また はその 業 務 の 補 助 者 による 臨 床 検 査 業 務

細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 の 特 徴 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 は 細 胞 検 査 士 会 の 会 員 の 皆 様 にご 加 入 いただける 保 険 で ご 加 入 者 (= 被 保 険 者 )また はその 業 務 の 補 助 者 による 臨 床 検 査 業 務

②引受保険会社の経営が破綻した場合等には、保険金、返れい金等の支払いが一定期間凍結されたり、金額が削減されることがあります。なお、引受保険会 社の経営が破綻し、ご契約が個人、 「小規模法人」 (破綻時に常時使用する従業員等の数が20人以下の日本法人および外国法人(日本における営業所 等が締結した契約に限ります))またはマンション管理組合である場合には、この保険は「損害保険契約保護機構」の補償対象となり、保険金、返れい金 等は原則として80%(破綻保険会社の支払停止から3か月が経過するまでに発生した保険事故に係る保険金については100%)まで補償されます。 詳細につきましては、取扱代理店または引受保険会社までご照会ください。※保険契約が個人等以外のである保険契約であっても、その保険 である個人等がその保険料を実質的に負担すべきこととされているもののうち、その保険に係る部分については、上記補償の対象となります。 [ご加入後のご注意]
さらに見せる

6 さらに読み込む

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都

保険積立金 ○○○ 営業外収益(雑収入) ○○○ 2.留意点 払済保険とは、解約返戻金を利用して契約の存続を図る方法です。保険期間は元契約のままで、解約返戻金を 一時払保険料(例えば、元契約が逓増定期保険特約付終身保険の場合は終身保険)に充当し、単に保険金額が減 額されるだけになります。したがって、払済保険の保険金は、変更時の元契約の残存保険期間を新しい保険期間とし、 変更時の保険の到達年齢を加入年齢とする終身保険等の一時払保険料に解約返戻金を振り替えて計算した 金額となります。これは、解約返戻金を一時払いして新たに終身保険等に加入したとみることができます。
さらに見せる

7 さらに読み込む

労 働 保 険 年 度 更 新 毎 年 7 月 は 労 働 保 険 の 年 度 更 新 並 びに 社 会 保 険 算 定 基 礎 届 の 提 出 時 期 です それぞれに ついて 法 改 正 情 報 も 交 え 解 説 します 毎 年 7 月 には 労 働 保 険 ( 労 災 雇 用 保 険 )の

労 働 保 険 年 度 更 新 毎 年 7 月 は 労 働 保 険 の 年 度 更 新 並 びに 社 会 保 険 算 定 基 礎 届 の 提 出 時 期 です それぞれに ついて 法 改 正 情 報 も 交 え 解 説 します 毎 年 7 月 には 労 働 保 険 ( 労 災 雇 用 保 険 )の

① 連続した 14 日以上(中小企業事業主にあっては 5 日以 上)の育児休業を取得した男性労働が過去 3 年のい ないこと。 ② 平成 28 年 4 月 1 日以後に、男性労働が育児休業を取 得しやすい職場風土作りの取組みを行っていること。 ③ 雇用保険の保険として雇用する男性労働に、子供

7 さらに読み込む

これは 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 新 様 式 のイメージです 被 保 険 者 のマイナンバーを 記 入 することになります 原 則 として 基 礎 年 金 番 号 は 記 入 不 要 ですが 裏 面 の 注 意 書 きのとおり 海 外 在 住 や

これは 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 新 様 式 のイメージです 被 保 険 者 のマイナンバーを 記 入 することになります 原 則 として 基 礎 年 金 番 号 は 記 入 不 要 ですが 裏 面 の 注 意 書 きのとおり 海 外 在 住 や

「つながる。」とは、法人番号を軸に企業等法人がつながることを表しています。 具体例としては、企業や行政機関における法人情報の連携が必要な場合、 複数部署又はグループ各社において異なるコードで管理されている取引先情報に、 法人番号を追加することで、取引情報の集約や名寄せ作業の効率化が期待 されます。

21 さらに読み込む

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被

期日の記載がない場合 当会社が通知を受けた日または承 認した日以降の保険料 (4)保険契約が(3)の追加保険料の払込みを怠った場合((1)①または②の場合は、当会社が保険 契約に対し追加保険料を請求したにもかかわらず、相当の期間内にその払込みがなかったときに限り ます。)は、追加保険料領収前に生じた事故(当会社が(1)②の通知を受けた場合、または(1)①も しくは(2)の承認をする場合に、通知に係る危険増加が生じた日または当会社が承認を行った日以降、 かつ、追加保険料を領収する前に生じた事故をいいます。ただし、当会社が保険期間の初日から保険料 を変更する必要があると認めたときは、保険期間の初日以降、かつ、追加保険料を領収する前に生じた 事故をいいます。)による損害に対しては、次の①または②の規定に従います。ただし、追加保険料払込 期日を設定した場合で、次に規定する期日までに保険契約が(3)の追加保険料の払込みを行ったと きは、この規定は適用しません。
さらに見せる

36 さらに読み込む

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

当会社は、賠償責任保険普通保険約款(以下「普通保険約款」といいます。) 第1条 (保険 金を支払う場合) および医師特別約款 (以下「特別約款」といいます。)第1条(保険金を支払う 場合)の規定にかかわらず、この保険契約の保険期間開始前において特別約款に基づく保険 契約の保険(以下「廃業前保険」といいます。)またはその使用人その他廃業前 の業務の補助が、日本国内において医療業務(以下「業務」といいます。)を遂行するに あたり職業上相当な注意を用いなかったことに起因して他人(その医療行為の対象となった をいいます。)の身体の障害(障害に起因する死亡を含みます。)が発生したこと(以下「事故」と いいます。)につき、保険が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対し て、保険金を支払います。
さらに見せる

8 さらに読み込む

4 記 載 要 領 事 業 所 整 理 記 号 欄 の 協 会 分 (または 政 管 分 ) は 厚 生 年 金 保 険 の 事 業 所 整 理 記 号 を 健 保 分 は 健 康 保 険 被 保 険 者 証 の 記 号 をそれぞれ 記 入 なお 厚 生 年 金 基 金 番 号 については 名 古

4 記 載 要 領 事 業 所 整 理 記 号 欄 の 協 会 分 (または 政 管 分 ) は 厚 生 年 金 保 険 の 事 業 所 整 理 記 号 を 健 保 分 は 健 康 保 険 被 保 険 者 証 の 記 号 をそれぞれ 記 入 なお 厚 生 年 金 基 金 番 号 については 名 古

また、23年度から定時決定の取扱いにつきましては当年の4月、5月及び6月の3か 月間の報酬の平均額と前年の7月から当年の6月の報酬の平均額から算出した標準 報酬月額と比較して2等級以上の差があり、業種や職種の特性上、毎年4月∼6月が 繁忙に当たり例年季節的な報酬変動の起こることが見込まれる場合は、年間報酬の 平均で保険算定ができるようになりました。この場合、添付書類として「年間報酬の 平均で算定することの申立書」(別紙様式1)と「保険算定申立に係る例年の状況・ 標準報酬月額の比較及び保険の同意等」(別紙様式2)が必要です。
さらに見せる

5 さらに読み込む

1 任 意 継 続 被 保 険 者 制 度 とは 概 要 健 康 保 険 は 事 業 所 単 位 での 強 制 加 入 を 原 則 としていますが 任 意 継 続 被 保 険 者 制 度 は 会 社 を 退 職 などして 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 したとき 加 入 資 格 のある 方

1 任 意 継 続 被 保 険 者 制 度 とは 概 要 健 康 保 険 は 事 業 所 単 位 での 強 制 加 入 を 原 則 としていますが 任 意 継 続 被 保 険 者 制 度 は 会 社 を 退 職 などして 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 したとき 加 入 資 格 のある 方

・資格喪失日前日(=退職日)までの保険期間が継続して 2 ヶ月以上ある。(任意継続保険期間は含まない) ・資格喪失日から 20 日以内に「任意継続保険資格取得申請書」を提出(健保必着・FAX 不可)すること。 ※書類はリクルート健保のホームページ http://kempo.recruit.co.jp/ より印刷してご提出ください。 ※申請書が印刷できない場合は、リクルート健保より郵送いたしますので提出締切前に余裕をもってご依頼ください。
さらに見せる

6 さらに読み込む

保 険 料 は 個 人 ごとに 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 では 被 保 険 者 一 人 ひとりに 保 険 料 を 負 担 していただくことになります 新 たに75 歳 になられた 方 (65 歳 以 上 75 歳 未 満 で 一 定 以 上 の 障 害 があり 認 定 を 受 けた 方 を

保 険 料 は 個 人 ごとに 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 では 被 保 険 者 一 人 ひとりに 保 険 料 を 負 担 していただくことになります 新 たに75 歳 になられた 方 (65 歳 以 上 75 歳 未 満 で 一 定 以 上 の 障 害 があり 認 定 を 受 けた 方 を

により算出した額の1円未満を切り捨てとしてお りましたが、 平成26年度分の保険料からは、 100円未満が切り捨て となります。  後期高齢医療制度が始まる以前に医療費の 低かった8町村(東洋町、大川村、梼原町、津野 町、四万十町、大月町、三原村、黒潮町)は、特 例により、均一保険料率より低い保険料率を適用 してきました。この特例の適用期間が平成25年

14 さらに読み込む

に っ ぽ ん ね ん き ん き こ う 日 本 年 金 機 構 からのお 知 らせ 賞 与 を 支 払 ったときは 届 出 をお 忘 れなく! 事 業 主 が 被 保 険 者 に 賞 与 を 支 払 った 場 合 は 支 給 日 より5 日 以 内 に 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被

に っ ぽ ん ね ん き ん き こ う 日 本 年 金 機 構 からのお 知 らせ 賞 与 を 支 払 ったときは 届 出 をお 忘 れなく! 事 業 主 が 被 保 険 者 に 賞 与 を 支 払 った 場 合 は 支 給 日 より5 日 以 内 に 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被

■ やまがた健康推進機構 ・山形・庄内・最上・米沢・南陽 各検診センター 契約健診機関 健康で楽しい毎日を過ごすため定期的に健康診断を受けることや、人間ドックを受診し、疾病の予防及び早期発見、早期治療 が大切です。社会保険協会では、人間ドック費用の一部助成を行っています。平成27年度から「PET検査」 「脳ドック」も 助成の対象となりました。(受診本人が2,000円以上負担する場合になります。)

8 さらに読み込む

賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )につ いて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 す

賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )につ いて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 す

賠償請求期間延長担保特約条項 (弁理士職業危険特別約款(日本弁理士協同組合用)用) 第1条(保険責任期間の延長) (1) 保険が保険証券記載の保険期間中にこの保険契約から脱退し、またはこの保険契 約の更新契約に加入しなかった場合において、保険がこの保険契約およびその継続 前契約(初めて保険となった時以降のすべての契約を含みます。)に加入していた期間 (以下「加入期間」といいます。)中に遂行した弁理士業務に起因する損害賠償請求が加 入期間の末日からその10年後の応当日までの保険に対してなされたときは、当会 社は、その請求が加入期間の末日になされたものとみなして弁理士職業危険特別約款(日 本弁理士協同組合用) (以下「特別約款」といいます。)第1条(保険金を支払う場合) (2) の規定を適用します。
さらに見せる

10 さらに読み込む

健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算

健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算

現物給与の価額は本来、生活実態に即した価額になることが望ましいことから、平成25 年4月1日以降は、支店等が所在する ※2 都道府県の価額を適用します。 16   育児休業期間中の保険料免除と同様に、制度改正後は産前産後休業期間中(産前6週間   (多胎妊娠の場合は14週間)、産後8週間のうち、保険が労務に従事しなかった   期間)の保険料(厚生年金・健康保険)を免除します。

20 さらに読み込む

今 号 の 大 切 な お 知 ら せ 賞 与 支 払 届 の 届 出 はお 済 みですか? 事 業 主 が 被 保 険 者 へ 賞 与 を 支 給 した 場 合 には 支 給 日 より5 日 以 内 に 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 と 賞 与 支 払 届 総 括 表 を 届 出 することに

今 号 の 大 切 な お 知 ら せ 賞 与 支 払 届 の 届 出 はお 済 みですか? 事 業 主 が 被 保 険 者 へ 賞 与 を 支 給 した 場 合 には 支 給 日 より5 日 以 内 に 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 と 賞 与 支 払 届 総 括 表 を 届 出 することに

 「無資格受診」により協会けんぽから医療機関等へ支払われた医療費については、後日、保険で あった方から協会けんぽにお返しいただくことになります。  また、月の途中で資格喪失となった方が、資格喪失後も当月中は健康保険証が使用できると思い、 医療機関等を受診してしまうケースも多く発生しています。 事業所様におかれましては、無効となった健 康保険証の速やかな回収・返却ならびに健康保険証の有効期間の周知にご協力をお願いいたします。
さらに見せる

5 さらに読み込む

任 意 保 険 料 の 保 険 料 額 については 下 記 の 理 由 により 変 更 となる 場 合 があります 保 険 料 が 変 更 する 場 合 1 任 意 継 続 加 入 中 に 40 歳 になり 介 護 保 険 被 保 険 者 に 該 当 した 場 合 ( 被 扶 養 者 含 む) (

任 意 保 険 料 の 保 険 料 額 については 下 記 の 理 由 により 変 更 となる 場 合 があります 保 険 料 が 変 更 する 場 合 1 任 意 継 続 加 入 中 に 40 歳 になり 介 護 保 険 被 保 険 者 に 該 当 した 場 合 ( 被 扶 養 者 含 む) (

補助申請等もホームページをご参照のうえ、各自申請ください。 8.参考(健康保険法抜粋) (任意継続保険) 第三十七条 第三条第四項の申出は、保険の資格を喪失した日から二十日以内に しなければならない。ただし、保険は、正当な理由があると認めるときは、この を経過した後の申出であっても、受理することができる。

5 さらに読み込む

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款

い事由の有無、保険金の算出、保険契約の効力の有無、そ の他当社がお支払いすべき保険金の額の確定のために確認 が必要な事項をいいます。 (注3)必要な事項の確認を行うために、警察などの公の機関の捜 査結果の照会、医療機関など専門機関の診断結果の照会、 災害救助法が適用された被災地における調査、日本国外に おける調査等が必要な場合には、普通保険約款・特約に定 める日数までに保険金をお支払いします。この場合、当社 確認が必要な事項およびその確認を終える時期を保険 に通知します。
さらに見せる

83 さらに読み込む

単 体 商 品 <7> 保 険 料 保 険 金 額 ( 保 険 期 間 1 年 団 割 20% 適 用 ) 契 約 型 保 険 金 額 保 険 料 対 人 1 事 故 につき 対 人 期 間 中 医 師 200 型 2 億 円 6 億 円 51,570 円 100 型 1 億 円 3 億 円 40,

単 体 商 品 <7> 保 険 料 保 険 金 額 ( 保 険 期 間 1 年 団 割 20% 適 用 ) 契 約 型 保 険 金 額 保 険 料 対 人 1 事 故 につき 対 人 期 間 中 医 師 200 型 2 億 円 6 億 円 51,570 円 100 型 1 億 円 3 億 円 40,

(※1)「保険」とは、賠償責任を負担するをいい、この保険に加入する勤務医師個人をいいます。 (※2)「その使用人その他保険の業務の補助」とは、看護師、薬剤師、診療放射線技師等の、保険の指揮、監督下にあるをいいます。 ◎賠償責任保険では、保険(保険の補償を受けられる方)に法律上の損害賠償責任が生じた場合、被害に対して支払わなければならない損害賠償金 (自己負担額を設定している場合は、自己負担額を控除した額)を保険金額(お支払いする保険金の限度額)の範囲内でお支払いします。賠償責任保険(法律 上の損害賠償責任を補償する特約条項・追加条項)では、法律上の損害賠償責任が生じないにもかかわらず、被害に支払われた見舞金等は保険金のお支 払対象となりません。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...