育成・拡大を推進しています

Top PDF 育成・拡大を推進しています:

13青少年の健全育成を推進する

13青少年の健全育成を推進する

重点 地域教育 振興課 留守家庭児童会の運営  保護者が労働などのため昼間家庭にない小学校1年生 から3年生までの児童に、放課後や夏休みなどに適切な遊 びや生活の場提供ます

1 さらに読み込む

太陽生命今後の海外事業戦略を見据え グローバルに活躍できる人材の育成を目的に 複数の企業に若手職員を3 ヵ月程度派遣しています また 高度な資産運用知識を身につけるため 海外の運用会社へ複数名派遣しています 大同生命多様な経験を通じたグローバルな人材の育成を目的に 海外企業インターンシップや海外 M

太陽生命今後の海外事業戦略を見据え グローバルに活躍できる人材の育成を目的に 複数の企業に若手職員を3 ヵ月程度派遣しています また 高度な資産運用知識を身につけるため 海外の運用会社へ複数名派遣しています 大同生命多様な経験を通じたグローバルな人材の育成を目的に 海外企業インターンシップや海外 M

2017年度は、職場におけるLGBT対応やハラスメント等テーマに、全従業員に人権研修実施ました。また、管理職登 用時に全員に実施する新任管理職研修において、ハラスメントのない職場環境の醸成についての研修実施ました。 3–3 女性の活躍支援する取組み T&D保険グループでは「多様な人材が働きがい感じながら能力発揮できる企業風土づくり」推進ます。とりわけ女性 が従業員の多数占める当社グループにあっ、女性の更なる能力発揮は持続的な企業価値向上の源泉であり、女性活躍は グループの重要な経営課題と認識ます。この認識のもと、生命保険会社3社では、各社で人事・処遇制度改定するととも に、各種の両立支援制度導入ます
さらに見せる

11 さらに読み込む

介護予防の推進 社協 福祉課 保健課が連携し 各ボランティアが活動しやすい体制づくりに取り組む 研修活動を関係者と協力して年 6 回開催した また地区活動推進するため 了解を得た人へ名簿を送付した 研修会は実施したが新たな活動の場の拡大にはつながっていない ボランテァイ研修と活動体制づくりを進める

介護予防の推進 社協 福祉課 保健課が連携し 各ボランティアが活動しやすい体制づくりに取り組む 研修活動を関係者と協力して年 6 回開催した また地区活動推進するため 了解を得た人へ名簿を送付した 研修会は実施したが新たな活動の場の拡大にはつながっていない ボランテァイ研修と活動体制づくりを進める

・各事業所で課題に応じた出 前講座活用もらうよう 連携図る。 ・毎年継続、職員の意識啓発と継続支援のために体力測定や運動 実技の依頼のある事業所に加え、研修会や事業所訪問でPRたこと もあり、新たな事業所から運動の出前講座の依頼があった。 ・今年から働き盛りの女性対象に、運動中心にた講座夜間に 開催。事業所を通じて参加者募集、予定数よりも多くの参加が あった。
さらに見せる

8 さらに読み込む

オールジャパンでコンテンツ 業 界 をサポートしています

オールジャパンでコンテンツ 業 界 をサポートしています

「地域発コンテンツ海外流通基盤整備事業」とは 経済産業省の平成27年度補正予算による「地域発コンテンツ海外流通基盤整備事業費補助 金」(約66.9億円)受け、①地域発コンテンツ等海外展開支援事業に加え、②著作権の権 利関係情報集約化事業実施するもので、地域発コンテンツ等の海外展開促進、日本 ブーム創出に伴う関連産業の海外展開の拡大、観光等の促進につなげること目的と ます
さらに見せる

18 さらに読み込む

人材育成の目標像 医学研究科博士課程では 最先端技術を先導的に推進し 独創性に富み 世界的に活躍する医学研究者を育成します 大学 研究機関における基礎的あるいは臨床的研究をリードする指導者を育成します 入学者受入れの方針( アドミッション ポリシー ) 智 仁 勇 の基本理念を尊重する学生を受け入れ

人材育成の目標像 医学研究科博士課程では 最先端技術を先導的に推進し 独創性に富み 世界的に活躍する医学研究者を育成します 大学 研究機関における基礎的あるいは臨床的研究をリードする指導者を育成します 入学者受入れの方針( アドミッション ポリシー ) 智 仁 勇 の基本理念を尊重する学生を受け入れ

(5)修士の学位有する者又は 2019 年 3 月までに修士の学位授与される見込みの者 (6) 大学(医学、歯学、6 年制の獣医学及び薬学履修する課程除く)卒業、又は外国において学 校教育における 16 年の課程修了た後、大学、研究所等において 2 年以上研究に従事た者で、本 学医学研究科において、当該研究の成果等により、大学の医学、歯学、6 年制の獣医学及び薬学履修 する課程卒業た者と同等以上の学力があると認めたもの
さらに見せる

12 さらに読み込む

会津若松市食育ネットワーク規約 食と健康づくりを担う市民グループに参加しませんか。食生活改善推進員を募集しています。 | 会津若松市

会津若松市食育ネットワーク規約 食と健康づくりを担う市民グループに参加しませんか。食生活改善推進員を募集しています。 | 会津若松市

(事業) 第4条 本会は、第2条の目的達成するため次の事業行う。 (1)食育推進するための研修、活動等 (2)地域での食育の取組みについての情報の収集及び発信 (3)その他目的達成のために必要と認める事業

2 さらに読み込む

2 次世代育成支援 女性活躍推進法日立金属では 次世代育成支援施策として 2008 年度に子ども手当を創設し 子育てする従業員へのサポートを強化しました また 出産 介護を機に退職した従業員の再雇用制度を 1992 年にいち早く導入する等 積極的な取り組みを行っています 育児 介護 看護に関連した休

2 次世代育成支援 女性活躍推進法日立金属では 次世代育成支援施策として 2008 年度に子ども手当を創設し 子育てする従業員へのサポートを強化しました また 出産 介護を機に退職した従業員の再雇用制度を 1992 年にいち早く導入する等 積極的な取り組みを行っています 育児 介護 看護に関連した休

41 うな状況踏まえ、2017 年は、「『安全と健康はすべてに優先する』、一人ひとりが確実に実行しよう」 ス ローガンに、日立金属グループ全体で安全衛生活動展開ます。重点施策として、①重大災害・重傷災害 につながる作業・行動のリスクアセスメント、②未熟練労働者の導入教育および OJT の充実図る、③5S3 定活動、指差確認活動等の安全衛生活動の基盤強化、④化学物質のリスクアセスメントの計画的実施等 推進いきます
さらに見せる

5 さらに読み込む

第 6 章国際環境協力の推進 第 6 章では国際環境協力の推進のための取組について記載しています 本県には 公害を克服する過程で蓄積してきた環境技術やノウハウがあります これらを活用し アジア諸地域の環境問題を解決し 環境と調和した持続可能な発展 に貢献することを目指し 様々な施策を行っています 目

第 6 章国際環境協力の推進 第 6 章では国際環境協力の推進のための取組について記載しています 本県には 公害を克服する過程で蓄積してきた環境技術やノウハウがあります これらを活用し アジア諸地域の環境問題を解決し 環境と調和した持続可能な発展 に貢献することを目指し 様々な施策を行っています 目

グリーン購入法第 6 条に基づき、国、独立行 政法人及び特殊法人は環境物品等の調達総合 的かつ計画的に推進するため、環境物品等の調 達の推進に関する基本方針定めます。基 本方針には、国等の機関が特に重点的に調達 推進する環境物品等の種類である特定調達品目 及びその判断基準についても規定ます。 2 九州グリーン購入ネットワークの設立 平成 19 年 2 月に、 県内におけるグリーン購入 の取組拡大すること目的として、企業、環 境団体、消費者団体、行政等によって「九州グ リーン購入ネットワーク・福岡」が設立されま た。その後、活動範囲九州全域へと拡大す るため、20 年 7 月 4 日に「九州グリーン購入ネ ットワーク」へと名称変更、ネットワーク の拡大図っます。29 年 4 月末現在 110 団
さらに見せる

91 さらに読み込む

建設業界全体の活況度を示す セメント消費量と 建設労働者の増加率を見てみます まずセメント消費量ですが 表 3-1 を見てみますと ここ 2 年で 20% の消費量拡大ですから 建設規模は確実に拡大しています ご覧の通りで全国満遍なく堅調に伸びています これにインフラ整備が加わるとものすごいことにな

建設業界全体の活況度を示す セメント消費量と 建設労働者の増加率を見てみます まずセメント消費量ですが 表 3-1 を見てみますと ここ 2 年で 20% の消費量拡大ですから 建設規模は確実に拡大しています ご覧の通りで全国満遍なく堅調に伸びています これにインフラ整備が加わるとものすごいことにな

今年の Rio の結果がまだ入手できませんので断言はできませんが、2010 年のアパー トの販売契約数がどうやらピークで、2010 年基準にすると昨年から、現在まで 2010 年 の 75%前後で推移ます。 この数字は販売が成立、つまり契約た件数ですので、施工は時期がずれ、契約成立から 遅れ進む施工だけ言いますと、2011 年までは繁忙期で、その後はやや停滞た状態が 継続てると思います
さらに見せる

7 さらに読み込む

「質疑応答集」 宮崎県:「みやざき成長産業雇用拡大・定着推進事業」補助対象事業者を公募します

「質疑応答集」 宮崎県:「みやざき成長産業雇用拡大・定着推進事業」補助対象事業者を公募します

(若年雇用者及び非正規雇用者スキルアップ等事業について) 41 若年雇用者の定義である「入社5年 補助対象期間開始時点での判断とな 以内かつ 34 歳以下の者」とは、どの ります。 時点指しますか。 また、非正規雇用者については、入 また、非正規雇用者については、年 社 年 数 ・ 年 齢 等 の 制 限 は あ り ま せ ん 齢等の条件はありますか。 が、正規職員としての雇用継続が必要

11 さらに読み込む

13青少年の健全育成を推進する

13青少年の健全育成を推進する

重点 地域教育 振興課 留守家庭児童会の運営  保護者が労働などのため昼間家庭にない小学校1年生 から3年生までの児童に、放課後や夏休みなどに適切な遊 びや生活の場提供ます

1 さらに読み込む

13青少年の健全育成を推進する

13青少年の健全育成を推進する

A A D) 市民参加の制度設けない  地域教育コミュニティの基盤整備は、少子高齢化・核家族化が進 む中、地域教育力の向上果たし、青少年の健全育成推進するこ とは非常に重要な事項であり、今後も積極的に地域の特性に応じた 事業や教育や子育てに関わる講演会等の開催推進いく必要が ある。また子どもの安全・安心担保することは今の本市にとって は、最重要課題であることから、優先的に取り組むべき事業であ る。
さらに見せる

8 さらに読み込む

13青少年の健全育成を推進する

13青少年の健全育成を推進する

・中学生の主張、オアシス運動等青少年指導員会と連携、実施する。 ・子どもへの暴力防止プログラム実施事業:市内小学3年生対象に、子どもが関わる暴力に対し、主体的に対応でき るようにロール・プレイング等を通じて学ぶ機会提供する。 ・「青少年の相談窓口」において、市民の不安や悩み適切に把握、ニーズに応じた支援が積極的にできるような支

8 さらに読み込む

16青少年の健全育成を推進する

16青少年の健全育成を推進する

 青少年の居場所づくり事業では、異年齢・異集団との関わりの中でコミュニケーション図ることにより、不登校やひきこもりにつながる要素取り 除くための支援及び自己肯定による自立目指すとともに、青少年リーダー養成事業や青年交流事業とも連携、青少年リーダーの組織化への基盤強化 目指す。あわせ、あらゆる青少年の不安や悩みに応ずるために青少年の相談窓口との連携も進めいく。 3.これまでの見直し、改善、懸案事項など 夢育む学びのまちづくり
さらに見せる

10 さらに読み込む

16青少年の健全育成を推進する

16青少年の健全育成を推進する

重点 青少年課 地域ネットワークづくり  地域教育協議会軸に、中学校区において、学校・家 庭・地域が連携、地域コミュニティの活性化目指す とともに、人材の発掘・養成に努め、地域協働協議会の 進展見守り、強固なネットワークづくり推進しま す。

1 さらに読み込む

16青少年の健全育成を推進する

16青少年の健全育成を推進する

重点 青少年課 地域ネットワークづくり  地域教育協議会軸に、中学校区において、学校・家 庭・地域が連携、地域コミュニティの活性化目指す とともに、人材の発掘・養成に努め、地域協働協議会の 進展見守り、強固なネットワークづくり推進しま す。

1 さらに読み込む

16青少年の健全育成を推進する

16青少年の健全育成を推進する

放課後校庭開放事業  国から「放課後子ども総合プラン」が示されたことにより、放課後子ども総合プラン運営委員会設置、放課後事業の一元的な実 施に取り組んでいる。また、「子ども・子育て支援事業計画」の策定に伴い、平成28年度までに留守家庭児童会において小学6年生ま で受け入れる体制整備た。今後は、放課後事業に参画する人材の確保や留守家庭児童会入会児童の増加に伴う環境整備、指導員の 確保が必要がある。
さらに見せる

10 さらに読み込む

「募集要領」 宮崎県:「みやざき成長産業雇用拡大・定着推進事業」補助対象事業者を公募します

「募集要領」 宮崎県:「みやざき成長産業雇用拡大・定着推進事業」補助対象事業者を公募します

③ 審査等に必要な書類等の提出、県等から求められた場合に応じること。 ④ 県等の実地調査受け入れること。 (5) 不正な行為により,本来支給受けることのできない助成金等(雇用保険法(昭和 49年法律第116号) 第4章の雇用安定事業等に係る各種給付金いう。 ) の支給受け、 又は受けようとたことにより3年間にわたる助成金等の不支給措置がとられいる 事業主でないこと。

7 さらに読み込む

本書の位置づけ 沖縄県では 訪日外国人旅行者の誘致拡大に向け 様々な取組みを積極的に推進しています 今後も外国人観光客の増加 そして活動や行動範囲の多様化が見込まれる中で 受入体制の強化を図るうえで 統一された表記による分かりやすい安全 安心な多言語案内環境構築を推進していくことが求められています

本書の位置づけ 沖縄県では 訪日外国人旅行者の誘致拡大に向け 様々な取組みを積極的に推進しています 今後も外国人観光客の増加 そして活動や行動範囲の多様化が見込まれる中で 受入体制の強化を図るうえで 統一された表記による分かりやすい安全 安心な多言語案内環境構築を推進していくことが求められています

①激音(か,き,く,け,こ) ················································ 13 ②激⾳(た,ち,,と) ···················································· 13 ③促音 ········································································ 13 ④はねる音(ん) ························································· 13

33 さらに読み込む

個別施策Ⅰ 地域ブランドの育成を推進します 長崎市│長崎市農業振興計画[後期計画]

個別施策Ⅰ 地域ブランドの育成を推進します 長崎市│長崎市農業振興計画[後期計画]

● 長崎市では、長崎びわ「なつたより」 、 「長崎和牛・出島ば らいろ」地域ブランドとして、生産・販売・消費の向上 にむけた取組み進めます。 ● 長崎市の農産物について、地域資源(自然・歴史・文化・ 食・観光など) 活用、 食材や食文化の磨き上げ行い、 商品価値高める工夫や他の地域との差別化図る取組み は、市場における情報発信力や価格競争面での優位性持 つものとして期待されます
さらに見せる

26 さらに読み込む

Show all 10000 documents...