策定にあたり、次のとおり要請する

Top PDF 策定にあたり、次のとおり要請する:

県民の期待と信頼に応える力強い警察 ~ 安全で安心して暮らせる石川の実現 ~ としたものである 2 重点目標の策定 運営の指針に基づき 具体的な業務を推進する上で県警察が重点的に取り組むべ き目標として 次のとおり重点目標 7 項目を策定した なお それぞれの設定趣旨 重点推進事項等については 別添

県民の期待と信頼に応える力強い警察 ~ 安全で安心して暮らせる石川の実現 ~ としたものである 2 重点目標の策定 運営の指針に基づき 具体的な業務を推進する上で県警察が重点的に取り組むべ き目標として 次のとおり重点目標 7 項目を策定した なお それぞれの設定趣旨 重点推進事項等については 別添

多様化する脅威と自然災害等緊急事態へ対策推進 我が国をめぐる国際情勢は、ISIL(いわゆる「イスラム国 )台頭に伴い、 」 国際テロ情勢に変容が見られる中、国外では、本年1月及び2月に発生したシリア における邦人殺害テロ事件を始め、我が国権益や邦人が標的となる事案等が発 生しており、今後も邦人がテロ事件等に巻き込まれる可能性が懸念されるほか、 国内においても、ISIL等過激思想影響を受けたローン・ウルフ型テロや、 本年11月に発生したフランス・パリにおける同時多発テロ事件と同様事件が発 生する可能性も否定できない。
さらに見せる

7 さらに読み込む

カその他詳細については 4 市と協議して決定すること (1) プロモーション戦略の策定本事業の目的達成に向けて 本書 5(2) から (7) の事業を実施するにあたり 下記 1 から4を踏まえてプロモーション戦略を策定すること なお 本書 5(2) から (7) の事業は 必要に応じて事業間の連携を

カその他詳細については 4 市と協議して決定すること (1) プロモーション戦略の策定本事業の目的達成に向けて 本書 5(2) から (7) の事業を実施するにあたり 下記 1 から4を踏まえてプロモーション戦略を策定すること なお 本書 5(2) から (7) の事業は 必要に応じて事業間の連携を

(5) ターゲットに効果的な発信が可能な場所でイベント実施 本書5(1)①で設定するターゲットに効果的な発信が可能であると考えられる場所 において、①島&都市デュアルライフスタイルを提案し、②旅行先、移住先候補 となるような内容とし、③暮らしナビゲーターが企画する旅へ参加を促す工夫をし、 当該エリアに興味を持つきっかけとなるイベントを下記とおり実施すること。なお、 記載している回数は最低必要回数であり、事業者が必要と考える回数で実施すること。 また、必要に応じて暮らしナビゲーターや地域事業者、移住者等とイベント来場者が 交流する場を設けること。
さらに見せる

11 さらに読み込む

第 章調査の概要 -. 調査の目的本市民アンケート調査は 津市の都市計画マスタープラン 国土利用計画を策定するにあたり 市民の意識 意向や要望等を把握して計画策定の基礎資料とすることを目的として実施した -. 調査方法 () 調査対象 無作為に抽出した 0 歳以上の津市民,000 人を対象とした (

第 章調査の概要 -. 調査の目的本市民アンケート調査は 津市の都市計画マスタープラン 国土利用計画を策定するにあたり 市民の意識 意向や要望等を把握して計画策定の基礎資料とすることを目的として実施した -. 調査方法 () 調査対象 無作為に抽出した 0 歳以上の津市民,000 人を対象とした (

(3)市内を移動するため公共交通機関 □全市では、 「不満」 「やや不満」合計が 352 人で全体 4 割を占めており、不満に感じて いる人が非常に多い。 □地域別では「福間南」以外すべて地域で「不満」 「やや不満」割合が高く、特に「勝 浦」 「津屋崎」「上西郷」 「宮司」など郊外部で「不満」 「やや不満」割合が高い。 □前回調査と比較して、 「満足」 「やや満足」割合が増加し、 「不満」「やや不満」割合が
さらに見せる

76 さらに読み込む

1. 自主行動計画の策定 世耕大臣から業界団体に対して サプライチェーン全体での 取引適正化 と 付加価値向上 に向けた 自主行動計画 の策定と着実な実行を要請 自動車業界をはじめとして 8 業種 21 団体が計画を策定し 3 月までに公表済み 業種自動車 素形材 (9 団体連名で策定 ) 建設機械

1. 自主行動計画の策定 世耕大臣から業界団体に対して サプライチェーン全体での 取引適正化 と 付加価値向上 に向けた 自主行動計画 の策定と着実な実行を要請 自動車業界をはじめとして 8 業種 21 団体が計画を策定し 3 月までに公表済み 業種自動車 素形材 (9 団体連名で策定 ) 建設機械

③流通業者から求められて卸売業者が負担すべきセンターフィーを、製品を製造する下 請事業者にも負担させられて、困っている。/物流コスト低下や効率化など効果 もないのに、高率なセンターフィーを負担させられる。 ※「センターフィー」とは、小売業者が運営している物流センターに商品を納入している卸売業者又は製造業者に対して、小売業者から、物流センター利用 料等名目で要請される費用である。卸売業者や製造業者は近く配送センターに配送するだけで良いので配送料が安くなるメリットがあるが、実際には、 合理的な負担を越える額要請がされている事案もある。
さらに見せる

10 さらに読み込む

目次 改訂にあたり ⅱ 1. 面接等の種類 面接とは 面接の代表的な例とその概要 1 2. 面接等が可能な期間及び面接を行う場所 3 3. 面接の要請と受諾 面接の要請 面接の受諾 5 4. 面接の出席者 出願人側応対者の要件

目次 改訂にあたり ⅱ 1. 面接等の種類 面接とは 面接の代表的な例とその概要 1 2. 面接等が可能な期間及び面接を行う場所 3 3. 面接の要請と受諾 面接の要請 面接の受諾 5 4. 面接の出席者 出願人側応対者の要件

ただし、国際商標登録出願については、在外ユーザー対応ためにやむを 得ない場合に限り、電子メールによる相談を受け付ける場合もあります。 6.1 出願人側応対者及び審査官側応対者要件 出願審査に関わる意思疎通を図る場合には、電話やファクシミリ等による 相談においても、出願人側応対者は、応対者として要件( 「4.1出願人側応 対者要件」項参照)を満たす必要があります。この要件を満たさない者か ら相談があった場合には、出願人側応対者として要件を満たす者から相 談を要請する、又は委任状提出を求める等対応を行います。
さらに見せる

29 さらに読み込む

序説 序章 第4次総合計画の策定にあたって

序説 序章 第4次総合計画の策定にあたって

第5節 交通安全充実 (1)現状と課題 交通手段発達は、一方で交通災害を発生させています。最近傾向として若年者と高齢者死亡 者割合が高くなっています。車種別では二輪車運転者死亡率が高くなっています。また、夜間に おける死亡事故が高い水準で推移しています。さらに交通三悪(無免許運転、飲酒運転、速度超過) に絡む事故発生が多い状況にあります。

11 さらに読み込む

目 次 1 目的 定義...3 (1) ドクターヘリ...3 (2) 基地病院...3 (3) 出動区分 医療機関及び行政機関等との協力関係の確保 救急現場出動及び緊急外来搬送...3 (1) 出動要請 要請者 要請判定基準 要

目 次 1 目的 定義...3 (1) ドクターヘリ...3 (2) 基地病院...3 (3) 出動区分 医療機関及び行政機関等との協力関係の確保 救急現場出動及び緊急外来搬送...3 (1) 出動要請 要請者 要請判定基準 要

別紙1 救急ヘリコプター出動基準ガイドライン (平成12年2月7日付け総務省消防庁救急救助課長発出・消防救第21号より) 第一 消防・防災ヘリコプター保有機関出動基準 1.~3.いずれかに該当する場合には、消防・防災ヘリコプター保有機関は、その保有する 消防・防災ヘリコプターを出動させ、救急業務にあたらせることとする

14 さらに読み込む

目 次 Ⅰ 沖縄市教育情報化策定にあたって 1 計画策定の趣旨及び方針 これまでの取り組み 計画の性格 計画の期間 計画の推進管理 計画の策定 推進の実施主体 計画の策定 推進に関係する課及び各課の主な業務内容...

目 次 Ⅰ 沖縄市教育情報化策定にあたって 1 計画策定の趣旨及び方針 これまでの取り組み 計画の性格 計画の期間 計画の推進管理 計画の策定 推進の実施主体 計画の策定 推進に関係する課及び各課の主な業務内容...

(2) ICT活用について教員スキルアップ 各学校において、情報教育体系的な取り組みや,ICT活用推進核となる人材として、 教育情報化推進リーダーを養成する研修を継続する。 校内研修実施にあたっては、「教員ICT活用指導力チェックリスト」を積極的に活 用して研修ねらいを明確にするとともに、学校実態に応じて研修形態工夫に努める必 要がある。コンピュータインストラクター活用により、各学校実態に応じた情報教育研 修を充実させ、児童生徒情報活用能力向上を図るため学習支援などを行っていく。 (3) 各教科・領域年間指導計画へICT活用位置づけ
さらに見せる

12 さらに読み込む

第1次あま市総合計画後期基本計画策定の概要

第1次あま市総合計画後期基本計画策定の概要

消防 救急広域連携 市民病院 け 救急 療充実 地域消防活動担い手確保 地域消防力更 強 新庁舎防災 点 地域防災力向上 浸水被害 多い地 排水能力向上 市民主役 全 心 ち く 実現

12 さらに読み込む

目 次 第 1. さらなる改革の必要性 1 1. これまでの取組み 1 (1) 第 1 次行政改革大綱 ( 昭和 60 年 9 月策定 ) 1 (2) 第 2 次行財政改革大綱 ( 平成 10 年 2 月策定 ) 1 (3) 第 3 次行政改革大綱 ( 平成 18 年 3 月策定 ) 2 2. 行政

目 次 第 1. さらなる改革の必要性 1 1. これまでの取組み 1 (1) 第 1 次行政改革大綱 ( 昭和 60 年 9 月策定 ) 1 (2) 第 2 次行財政改革大綱 ( 平成 10 年 2 月策定 ) 1 (3) 第 3 次行政改革大綱 ( 平成 18 年 3 月策定 ) 2 2. 行政

本町では、第3府中町行政改革大綱及び集中改革プラン取組みに引き続き、平成 22年度以降も不断改革に取り組むという強い意志を持ち、組織的に改革取組みを 進めていくこととします。 これらことを踏まえ、住民に住んで良かったと言われる、活力みなぎる暮らしよ いまちを実感してもらえるよう、住民とともに考え、ともに行動しながら、府中町将 来像である「ひとがきらめき まちが輝く オアシス都市 あきふちゅう」実現に向 けて、さらなる改革道筋を示す「第4府中町行政改革大綱」を策定します。
さらに見せる

17 さらに読み込む

郡山市特殊教育就学奨励費の支給に関する要綱を次のとおり定める

郡山市特殊教育就学奨励費の支給に関する要綱を次のとおり定める

(2) 通学に要する交通費 ア 交通機関利用による通学場合は、児童又は生徒が最も経済的な通常経路及び 方法により通学する場合交通費額とする。 イ 自家用車利用による通学場合は、児童又は生徒心身障害状況を考慮して、 校長が適当であると認めた場合自家用車運行に要するガソリン代とする。ただ し、その額は最も経済的な通常経路及び方法により通学する場合とし、その通学 距離区分により別表に定める額とする
さらに見せる

6 さらに読み込む

第4次明日香村総合計画策定のための住民アンケート調査

第4次明日香村総合計画策定のための住民アンケート調査

《産業・人口》 問20. 明日香村「村おこし」ため取組みについて、(ア)~(ケ)各項目満足度 を 5 段階で評価してください。また、今後村づくりにおいて各項目はどの程度重要であ ると思いますか。それぞれあてはまる番号に○を付けてください。なお、現状満足度で 「4. やや不満」「5. 不満」と回答された場合は、不満な点を具体的にお書きください。

12 さらに読み込む

第 4 条ドームの開場時間は 次のとおりとする ただし 次条第 1 項に規定する有料施設の利用期間及び利用時間は 別表 1のとおりとする (1) 5 月 1 日から10 月 31 日まで午前 7 時から午後 9 時まで (2) 11 月 1 日から翌年 4 月 30 日まで午前 9 時から午後 9

第 4 条ドームの開場時間は 次のとおりとする ただし 次条第 1 項に規定する有料施設の利用期間及び利用時間は 別表 1のとおりとする (1) 5 月 1 日から10 月 31 日まで午前 7 時から午後 9 時まで (2) 11 月 1 日から翌年 4 月 30 日まで午前 9 時から午後 9

2 指定管理者は、前項承認(以下「利用承認」という。)を与える場合において、ドーム管 理運営上必要があると認めるときは、その利用について条件を付することができる。 (放送等承認) 第6条 ドームにおいて、業としてテレビジョン若しくはラジオ放送、録画、録音又は写真 撮影(以下「放送等」という。)をしようとする者は、あらかじめ指定管理者承認を受けなけ ればならない。承認を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする
さらに見せる

12 さらに読み込む

Microsoft Word - DV基本計画(第2次)策定にあたっての提言.doc

Microsoft Word - DV基本計画(第2次)策定にあたっての提言.doc

4.庁内各課および関係機関と連携現状 蕨市では、啓発・相談・支援を市民活動推進室が担当し、被害者保護を児童福祉 課が担当しています。平成25年12月には「DV被害者個人情報保護マニュアル」 を策定し、被害者個人情報(特に居所情報)が加害者に漏れないよう全庁で対応し ています。平成26年には「DV対策庁内連絡会」を設置し、庁内連絡会委員を対象 としたDV研修を行うとともに、庁内におけるDV対策課題について検討を重ね、 連携を深めています。関係機関と連携については、平成15年から「女性相談担当 者打ち合わせ会議」として、市役所担当各課と、「女性心と生き方相談」カウン セラーによる情報交換を行ってきました。平成20年からは「女性相談連絡会議」と して、蕨警察署も加わり、蕨市現状や課題について情報共有や意見交換を行っ ています。また、平成26年度より、あらゆる理由により県婦人相談センターで保護 がされない場合、一時的に、被害者を安全な場所に緊急に保護するため協定を宿泊 施設と締結しています。
さらに見せる

13 さらに読み込む

第5次犬山市総合計画の策定に向けた

第5次犬山市総合計画の策定に向けた

この調査は、市民みなさん暮らしやまち状況、行政取り組みを、どのように感 じ、ご意見をお持ちになっているかを伺い、新しい総合計画で目標設定に活かすと同時 に、今後まちづくり貴重な資料として活用させていただくことを目的としています。 調査にあたっては、満 20 歳以上市民みなさん中から無作為に 2,000 人を抽出させ ていただきました。

30 さらに読み込む

豊山町第4次総合計画策定のための基礎調査

豊山町第4次総合計画策定のための基礎調査

②豊山町イメージについて 1)豊山町自慢(設問3) 『豊山町外から友だちが訪ねてきた場合、あなたなら、豊山町どんなところ(どんなも )を自慢(紹介)しますか?』と尋ねたところ、 「イチロー」に関することが最も多く、全 回答 4 割あまりを占めています。その他には「空港」や「エアポートウォーク」 、 「公園・ 遊び場」 、 「地域行事」 、 「商業施設」に関することなどが多く挙げられています。
さらに見せる

46 さらに読み込む

2 物資支援以外の事項その他の支援についても とりいそぎ次のとおり対応中 (1) コンビニエンスストアの開店 いわき市においては全店が一時閉店していたため 21 日 経済産業省に依頼し コンビニエンスストア業界に営業を再開するよう要請した その結果 本日までに 58 店舗が営業を再開 なお 東北地方

2 物資支援以外の事項その他の支援についても とりいそぎ次のとおり対応中 (1) コンビニエンスストアの開店 いわき市においては全店が一時閉店していたため 21 日 経済産業省に依頼し コンビニエンスストア業界に営業を再開するよう要請した その結果 本日までに 58 店舗が営業を再開 なお 東北地方

本事務局は、 3 月 20 日に発足し、 緊急災害対策本部事務を引き継いだ。 物資支援に関する 11 日発災以降 3 月 24 日まで業務状況は、以下 とおり。 (1)当初は、食料、水、毛布需要が多く、現在までに食糧 900 万食、 水 370 万本及び毛布 38 万枚を支援。

6 さらに読み込む

基地から派生する諸問題の解決促進に関する要請 軍転協(過去の要請活動)/沖縄県

基地から派生する諸問題の解決促進に関する要請 軍転協(過去の要請活動)/沖縄県

は違法行為発生大幅な減少を確認できたとして、同指針改定により 施設外における飲酒制限を大幅に緩和しましたが、外出規制時間帯等飲 酒に絡む事件・事故が度々発生しており、これら措置実効性検証も 含め、日米両政府において、抜本的な再発防止策を講じていただく必要が

26 さらに読み込む

第5回策定委員会 資料 第三次住宅マスタープラン策定について|武蔵野市公式ホームページ

第5回策定委員会 資料 第三次住宅マスタープラン策定について|武蔵野市公式ホームページ

災害に強い ち くり 92.5 1 位 1 位 「 位 「 位 」 位 1 位 」 位 1 位 「 位 高齢者福祉推進 92.1 「 位 「 位 1 位 1 位 『 位 「 位 1 位 「 位 1 位 健康増進施策充実 90.1 貸 位 』 位 『 位 重 位 1 位 」 位 「 位 」 位 」 位 上・ㄦ水道再整備 89.2 1『 位 重 位 」 位 買 位 「 位 『 位 『 位 』 位 』 位 減 促進 88.6 買 位 10 位 8 位 』 位 買 位 』 位 貸 位 10 位 『 位 自転車対策推進 88.5 1「 位 8 位 』 位 8 位 』 位 買 位 』 位 貸 位 買 位 安全 市民生活確保 88.0 10 位 貸 位 買 位 11 位 8 位 8 位 8 位 8 位 8 位 障害者福祉推進 87.8 」 位 買 位 重 位 」 位 11 位 重 位 1」 位 11 位 貸 位 子 も施策充実 86.5 『 位 」 位 貸 位 1「 位 貸 位 1『 位 「「 位 『 位 10 位 行 政改革推進 86.2 11 位 1「 位 10 位 『 位 10 位 1買 位 1『 位 買 位 1「 位 地域福祉推進 85.9 8 位 1」 位 1「 位 貸 位 1」 位 10 位 重 位 1『 位 重 位 小・中学校教育充実 85.4 重 位 『 位 11 位 1『 位 1「 位 1』 位 1重 位 重 位 1」 位 緑化推進 水辺環境整備 85.1 1」 位 11 位 1』 位 1』 位 1『 位 11 位 1「 位 1「 位 1『 位 交通システムや道路環境整備 84.9 1買 位 1買 位 1『 位 1」 位 1』 位 貸 位 11 位 1」 位 1』 位 環境負荷 少 い ち くり 84.3 』 位 1』 位 1」 位 10 位 18 位 1重 位 1』 位 1』 位 11 位 住宅政策推進 81.2 1』 位 1貸 位 1貸 位 18 位 1重 位 1」 位 10 位 18 位 1買 位 青少年施策充実 81.0 1貸 位 1『 位 1買 位 1貸 位 1買 位 1貸 位 「0 位 1貸 位 1貸 位 生涯学習推進・市民文化発展 80.3 18 位 1重 位 18 位 1買 位 重 位 18 位 1貸 位 1買 位 1重 位 地域 特色あ ち くり 80.2 1重 位 18 位 「0 位 「0 位 1貸 位 1「 位 買 位 1重 位 18 位 産業振興・消費生活推進 76.4 「1 位 「0 位 「1 位 「1 位 「0 位 「1 位 1買 位 「1 位 「0 位 情報化推進 74.4 「0 位 「1 位 1重 位 1重 位 「「 位 「「 位 「」 位 「0 位 「「 位 市民参加・市民協働 ち くり 70.5 「「 位 「「 位 「「 位 「「 位 「1 位 「0 位 18 位 「「 位 「1 位 和・都市交流・国 交流推進 61.2 「」 位 「」 位 「」 位 「」 位 「」 位 「」 位 「1 位 「」 位 「」 位
さらに見せる

96 さらに読み込む

目 次 1. 計画策定の目的等 (1) 計画策定の背景 (2) 計画の目

目 次 1. 計画策定の目的等 (1) 計画策定の背景 (2) 計画の目

①ブロック塀等倒壊防止 昭和 53 年に発生した宮城県沖地震では県内で 27 名尊い命が失われました。そのう ちブロック塀や石塀、 門柱倒壊で 16 名が亡くなっています。その教訓から、本市では、 指定避難所に至る公道やスクールゾーン調査を順次拡大し安全対策を進めています。 現在、 市内全域にある公道やスクールゾーンに面する敷地ブロック塀等調査を終了し、 特に危険なブロック塀等と判定された所有者等に通知し、その改善に努めております。 改善促進を図るため、特に危険なブロック塀等を撤去する場合、その費用一部を助 成します。
さらに見せる

32 さらに読み込む

Show all 10000 documents...