県全体での利用実績は、平成27(2015)年度が633人/年、平成28(2016)年

Top PDF 県全体での利用実績は、平成27(2015)年度が633人/年、平成28(2016)年:

< 東北六魂祭 2016 in 青森 > 第 68 回通常総会 1 平成 28 年産りんご共済引受実績 2 青森県果樹共済加入促進協議会 3 平成 28 年度ぶどう共済引受実績 平成 28 年度事業計画並びに平成 27 年度事業実績 4 平成 28 年産畑作物共済引受実績 5 平成 27 年度 信頼

< 東北六魂祭 2016 in 青森 > 第 68 回通常総会 1 平成 28 年産りんご共済引受実績 2 青森県果樹共済加入促進協議会 3 平成 28 年度ぶどう共済引受実績 平成 28 年度事業計画並びに平成 27 年度事業実績 4 平成 28 年産畑作物共済引受実績 5 平成 27 年度 信頼

はじめに、天坂司連合会長「収入保 険 制 度 検 討 調 査 事 業 最 終 度 となる、円滑に実施できるよう引き続き 調査協力をお願いするとともに、NOSA I 団 体 収 入 保 険 制 度 実 施 主 体 と な れ る よ う 全 国 N O S A I と 連 携 し て 取 り 組ん参りたい。また、収入保険制度導入 検 討 と 併 せ て N O S A I 制 度 見 直 し 検討されている、NOSAI制度 災 害 対 策 基 幹 的 な 制 度 と し て 、『 災 害 による損失合理的補てん機能』を今後 も 果 た し 、 維 持 し て い か な け れ ば な ら な い。更に、全国運動『信頼きずな・未 来につなげる運動』も今年度目に入 り 、『 さ ら な る フ ィ ー ル ド 活 動 』 行 動 ス ローガンもと、『頼れるNOSAI』『信 頼できるNOSAI』として、より一層、 農家・地域と絆を深め、適正な事業運営、 健全な組織運営に取り組む所存ある」と あいさつした。
さらに見せる

20 さらに読み込む

H27jisseki hyoka 自転車利用促進計画アクションプラン 平成27年度実績・評価結果

H27jisseki hyoka 自転車利用促進計画アクションプラン 平成27年度実績・評価結果

平成27年度実績 課題・改善方針 年間を通して道路パトロールを実施した。 春日地区(春日学園周辺),「徒歩,自転車,公共交通利用促進ため道路 対策社会実験」を実施した。快適安全に,歩きや自転車つくば駅へ行けるよ う,路面表示や路側帯幅を広げるなど安全対策を行い,移動行動変化を調 査した。

13 さらに読み込む

目次平成 28 年度の運用実績 ( 概要 ) 2 第 1 部平成 28 年度の運用状況 1 平成 28 年度市場環境 ( 通期 ) 3 2 資産の構成割合 4 3 平成 28 年度運用利回り 5 ( 参考 ) 平成 27 年度運用利回り 6 4 平成 28 年度運用収入の額 7 ( 参考 ) 平成

目次平成 28 年度の運用実績 ( 概要 ) 2 第 1 部平成 28 年度の運用状況 1 平成 28 年度市場環境 ( 通期 ) 3 2 資産の構成割合 4 3 平成 28 年度運用利回り 5 ( 参考 ) 平成 27 年度運用利回り 6 4 平成 28 年度運用収入の額 7 ( 参考 ) 平成

3 基本ポートフォリオ検証 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15 4 リスク管理について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16 5 ガバナンス体制等 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 17 6 警察共済組合本部資金運用基本問題研究会 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 20
さらに見せる

24 さらに読み込む

5 平成 23 年度の寄附額の実績 平成 23 年度に受け入れた寄附件数 金額寄附件数寄附金額寄附件数寄附金額 が 8 5,633, ,04,800 6 平成 22 年度の寄附額の実績 平成 22 年度に受け入れた寄附件数 金額寄附件数寄附金額寄附件数寄附金額 が 74 2,834,05

5 平成 23 年度の寄附額の実績 平成 23 年度に受け入れた寄附件数 金額寄附件数寄附金額寄附件数寄附金額 が 8 5,633, ,04,800 6 平成 22 年度の寄附額の実績 平成 22 年度に受け入れた寄附件数 金額寄附件数寄附金額寄附件数寄附金額 が 74 2,834,05

7.平成27年度税制改正(特例控除上限額引上げ、ふるさと納税ワンストップ特例制度創設)について、どう受け とめていますか。また、広報や、ふるさと納税ワンストップ特例制度運用において工夫している点(予定を含む。)あ れば、併せて記入してください。 ワンストップ特例制度について対応に苦慮している。確定申告を要しない給与所得者等について、年末調整 手続き可能なようにするなど、寄附者責任を持って税申告する仕組みに改正されたい。(現制度、申 請書様式難解あり、寄附者制度を充分に理解しないまま申請しているケース多数見受けられる。また、 郵送やりとり手続き煩雑あり、かつ申請後住所変更もあり、一度申請手続き完了しないなどワン ストップと言い難い現状ある。寄附金受領証明書を寄附者直接に居住自治体へ提出する方法へ変更、も しく、申請によらず寄附を受けた自治体寄附者情報を一括して寄附者居住自治体へデータ通知できる仕 組みなど、制度在り方について再考ください。)
さらに見せる

144 さらに読み込む

はじめに 平成 24 年度の沖縄県の入域観光客数は 592 万 4,700 人と推計され 前年度実績 552 万 8,000 人を 39 万 6,700 人上回り 7% のプラスとなり ました 平成 21 年度に 8 年ぶりとなる前年実績 4.1% 減となりましたが 22 年度は僅かながら持ち直しま

はじめに 平成 24 年度の沖縄県の入域観光客数は 592 万 4,700 人と推計され 前年度実績 552 万 8,000 人を 39 万 6,700 人上回り 7% のプラスとなり ました 平成 21 年度に 8 年ぶりとなる前年実績 4.1% 減となりましたが 22 年度は僅かながら持ち直しま

那覇市内における観光収入推計について、那覇市へ入込み客(宿泊客と通過客を含む)574 万 6,325 を、那覇市に宿泊した観光客(+市内宿泊客)と宿泊しなかった観光客(=通過客)に分けて 集計を行う。 市内宿泊客数、P11 2)から、262 万 6,580 と推計される。この推計値に観光客一当たり消 費額( 68,945 円)を乗じ、市内宿泊客から観光収入とした。通過客数、311 万 9,740 と推計さ れるので、この値に一当たり消費額(51,699 円)を乗じて通過客から観光収入とした。この 2 つ を合計した値 3,423 億 7,725 万円那覇市における観光収入と推計される。以上ような方法推計し た、アンケート市内宿泊客のみを対象に実施しており、通過客から実データを収集できないた め、現有データ範囲より実態に即した値を導き出すためある。
さらに見せる

80 さらに読み込む

( 参考 ) 寄附件数及び寄附額の実績平成 28 年度実績 45 件 /2,943,280 円平成 29 年度実績 23 件 /1,203,051 円 平成 29 年度実績については 平成 29 年 11 月末現在の実績です 3 参加資格プロポーザルに参加できる者は 以下の要件を全て満たしている者と

( 参考 ) 寄附件数及び寄附額の実績平成 28 年度実績 45 件 /2,943,280 円平成 29 年度実績 23 件 /1,203,051 円 平成 29 年度実績については 平成 29 年 11 月末現在の実績です 3 参加資格プロポーザルに参加できる者は 以下の要件を全て満たしている者と

(4) 1年間に国税及び地方税を滞納していないこと。 (5) 参加表明書提出日において、地方自治法施行令(昭和22政令第16号)第 167条4第1項規定に該当しない者あること。 (6) 株式会社トラストバンク提供するふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョ イス」利用を前提とした業務遂行可能あり、ふるさとチョイスより抽出される 寄附情報データを受託者用意するシステムにおいて取込・管理可能あること。 (7) その他法令等に違反していないこと。
さらに見せる

8 さらに読み込む

数値目標 KPI 山口ゆめ花博の山口きらら博記念公園県外からの入場者数の年間利用者数 年月 申請時 - 57 万人 平成 28 年 12 月 初年度 - 57 万人 平成 30 年 3 月 2 年目 6 万人 87 万人 平成 31 年 3 月 3 年目 - 67 万人 平成 32 年 3 月 対象

数値目標 KPI 山口ゆめ花博の山口きらら博記念公園県外からの入場者数の年間利用者数 年月 申請時 - 57 万人 平成 28 年 12 月 初年度 - 57 万人 平成 30 年 3 月 2 年目 6 万人 87 万人 平成 31 年 3 月 3 年目 - 67 万人 平成 32 年 3 月 対象

を記録した。一方、宿泊数、前年比 17.4%増 4,847 千と増加傾向にあるもの 、全国的にみると低位(33 位:平成 27 推移しており、十分な経済効果得られ ていない状況にある。 こうした状況中、平成 30 明治改元から 150 ある「明治 150 」という、 「明治維新胎動地」ある山口を国内外にアピールする絶好機会を迎える。
さらに見せる

6 さらに読み込む

航空機整備士 製造技術者養成連絡協議会 整備士養成ワーキンググループ 平成 28 年度とりまとめ 1. 平成 28 年度におけるワーキンググループ開催実績第 7 回平成 29 年 2 月 27 日 ( 月 ) ( 議事 )(1) 平成 27 年度とりまとめに関するフォローアップ (2) 平成 28

航空機整備士 製造技術者養成連絡協議会 整備士養成ワーキンググループ 平成 28 年度とりまとめ 1. 平成 28 年度におけるワーキンググループ開催実績第 7 回平成 29 年 2 月 27 日 ( 月 ) ( 議事 )(1) 平成 27 年度とりまとめに関するフォローアップ (2) 平成 28

平成28年度、発刊された「新これから学ぶ航空機整備英語マニュアル」、航 空専門学校3校や航空会社2社、等数多く教育現場幅広く採用され、教材とし てその普及急速に図られた。 一方、この教材を採用している各教育現場より、この教材普及を更に促進する 為に、教材利用法を掘り下げ、かつ航空用英語をより効率的に学ぶためガイダ ンスを業界全体共有する必要あると課題提起された。
さらに見せる

11 さらに読み込む

2 時間外保育 ( 延長保育 ) 事業 < 幼保運営課 > 単位 : 人 実施年度 平成 27 年度平成 28 年度平成 29 年度平成 30 年度平成 31 年度 平成 27 年度 施設数 166 か所延利用児童数 55,983 人 ( 参考平成 26 年度 ) 施設数 129 か所延利用児童数

2 時間外保育 ( 延長保育 ) 事業 < 幼保運営課 > 単位 : 人 実施年度 平成 27 年度平成 28 年度平成 29 年度平成 30 年度平成 31 年度 平成 27 年度 施設数 166 か所延利用児童数 55,983 人 ( 参考平成 26 年度 ) 施設数 129 か所延利用児童数

今後方向性  事業を継続実施するとともに、実施施設受入枠と需 要量見込み等から、制度見直しを図る。  事業を継続実施するとともに、実施施設受入枠と需 要量見込み等から、制度見直しを図る。  事業を継続実施するとともに、実施施設受入枠と需 要量見込み等から、制度見直しを図る。 実施年度における課題  実施施設受入枠余裕計画策定時と比較して、少 なくなったこと等から、見込みよりも受入れ少なく なっている。
さらに見せる

13 さらに読み込む

矢板市財政健全化対策 平成25年度実績について 記者発表(平成27年1月21日発表分)  栃木県矢板市公式ウェブサイト

矢板市財政健全化対策 平成25年度実績について 記者発表(平成27年1月21日発表分) 栃木県矢板市公式ウェブサイト

[[[[総合計画に定めた計画目標](「総合計画」 総合計画に定めた計画目標](「総合計画」 総合計画に定めた計画目標](「総合計画」P120 総合計画に定めた計画目標](「総合計画」 P120 P120~) P120 ~) ~) ~) 将来にわたり安定した市民サービスを提供するため、市税収入など確保をはじめとし、市有財産販売と有効活用や新たな歳入 確保などにより、財政基盤充実強化を図ります。 また、企業誘致推進による雇用創出、産業振興や人口増加、活力あるまちづくりを進め、市税など増収に繋げます。 税収確保対策、歳入根幹ある市税収入を確保するため、税負担公平性を確保するとともに、積極的な滞納整理対策 推進に努めます。
さらに見せる

30 さらに読み込む

5 平成 23 年度の寄附額の実績 平成 23 年度に受け入れた寄附件数 金額 ,843, ,909,868 6 平成 22 年度の寄附額の実績 平成 22 年度に受け入れた寄附件数 金額 ,003, ,633,206 7 平成 21

5 平成 23 年度の寄附額の実績 平成 23 年度に受け入れた寄附件数 金額 ,843, ,909,868 6 平成 22 年度の寄附額の実績 平成 22 年度に受け入れた寄附件数 金額 ,003, ,633,206 7 平成 21

6.平成20年度にふるさと納税制度創設され7経過しました。今後、どのように地方創生に繋げていくかも含め、 ふるさと納税制度についてどう考えているか記入してください。 単に寄附額を増やし、税外収入確保を目的とするなく、ふるさと納税制度を通じて、市内各種産業活 性化を図るとともに、市魅力全国的に認知されることにより、移住希望者や交流人口増に繋げていきたい。 7.平成27年度税制改正(特例控除上限額引上げ、ふるさと納税ワンストップ特例制度創設)について、どう受け とめていますか。また、広報や、ふるさと納税ワンストップ特例制度運用において工夫している点(予定を含む。)あ れば、併せて記入してください。
さらに見せる

180 さらに読み込む

H28年度研究報告(全体) 2016年度(平成28年度) | 資料集 | 大分県産業科学技術センター

H28年度研究報告(全体) 2016年度(平成28年度) | 資料集 | 大分県産業科学技術センター

Fig.3 引 張 せ 断 接 着 強 さ 試 験 機 及 び 試 験 片 2.2 接 合 強 度 確 認 イ ン サ ー ト ナ ッ ト 適 用 イ ン サ ト ッ ト , 金 属 製 雌 ネ を 埋 め 込 も あ , タ ッ ピ ン グ 比 較 し て ネ 部 耐 久 性 優 て い る . 開 発 時 に ネ 取 外 し 頻 度 高 い 試 作 品 操 作 ス に , 3D プ ン タ 造 形 物 を 用 い る 場 合 適 用 性 を 検 証 す る た め , 3D プ ン タ 造 形 物 及 び ABS 樹 脂 ロ ッ ク に , て イ ン サ ト ッ ト を 加 熱 圧 入 し , 引 抜 力 測 定 を 行 た . Fig.4 に イ ン サ ト ッ ト 外 観 及 び 試 験 片 を , Table 2 に 造 形 条 件 及 び 試 験 条 件 を 示 す . 3D プ ン タ 造 形 し た ロ ッ ク , セ ル フ タ ッ ピ ン グ 性 能 実 験 効 果 確 認 さ た コ ン タ 多 重 化 に い て 評 価 を 行 た .
さらに見せる

51 さらに読み込む

目次平成 28 年度の運用実績 ( 概要 ) 3 第 1 部平成 28 年度の運用状況 1 平成 28 年度市場環境 ( 通期 )1 4 2 平成 28 年度市場環境 ( 通期 )2 5 3 資産の構成割合 6 4 平成 28 年度運用利回り 7 ( 参考 ) 平成 27 年度運用利回り 8 5 平

目次平成 28 年度の運用実績 ( 概要 ) 3 第 1 部平成 28 年度の運用状況 1 平成 28 年度市場環境 ( 通期 )1 4 2 平成 28 年度市場環境 ( 通期 )2 5 3 資産の構成割合 6 4 平成 28 年度運用利回り 7 ( 参考 ) 平成 27 年度運用利回り 8 5 平

運用受託機関等におけるスチュワードシップ活動を把握するため、国内株式運用委託機関等に対しヒアリ ングを実施し、運用受託機関等と投資先企業と前向きな対応行われていることを確認しました。 (イ) 運用受託機関等におけるコードへ対応状況 当組合において、国内株式運用受託機関等に対し、①日本版スチュワードシップ・コード受入れ表明 状況、②従来からエンゲージメント有無、③日本版スチュワードシップ・コード受入れに伴いエンゲージメ ントにおいて強化したこと、④エンゲージメント事例などを確認しました。その結果、全て運用受託機関等 受入れを表明していること、従来からエンゲージメントを実施していた旨などを確認できました。
さらに見せる

60 さらに読み込む

利用上の注意 1. 推計方法について (1) 平成 27 年度島根県市町村民経済計算は 2008 年国民経済計算体系 により 内閣府経済社会総合研究所が示した 県民経済計算推計方法ガイドライン ( 平成 23 年基準版 ) に準拠して 平成 18 年度から平成 27 年度までを推計しています (2)

利用上の注意 1. 推計方法について (1) 平成 27 年度島根県市町村民経済計算は 2008 年国民経済計算体系 により 内閣府経済社会総合研究所が示した 県民経済計算推計方法ガイドライン ( 平成 23 年基準版 ) に準拠して 平成 18 年度から平成 27 年度までを推計しています (2)

 イ、民営駐車場 県内総生産 × 市町村別従業者数割合 経済センサス  ウ、高速道路・一般有料道路 県内総生産 × 市町村別(IC別)料金収入推計額割合 島根統計書、関係機関へ照会 ⑥ その他(倉庫、こん包、旅行業等) 県内総生産 × 市町村別従業者数割合 経済センサス ⑦ 郵便業 県内総生産 × 市町村別総人口割合 国勢調査(総務省)・推計人口(・統計調査課)

16 さらに読み込む

h22tyoutatu jisseki 平成22年度環境物品等の調達実績の概要(平成23年6月28日)

h22tyoutatu jisseki 平成22年度環境物品等の調達実績の概要(平成23年6月28日)

環境物品選択に当たって、 適切な品目についてエコマーク認定を受けている 製品又はこれと同等なものを調達するように努めた。 4.その他物品、役務調達に当たって環境配慮実績 物品等を納入する事業者などに対して、 事業者自身グリーン購入を推進するように 働きかけた。 物品納入等に際して、 できるだけ低公害車利用に努めるよう働きか けるとともに、簡易な包装とするよう働きかけた。
さらに見せる

8 さらに読み込む

平成 27 年度調査結果の概要 1 平成 27 年度テスト結果概要 全体の正答率は 69.7% 2. 不適正利用 ( インターネット上で適切にコミュニケーションができる能力 ) の正答率が高く (72.6%) 特に不適切利用リスク (2c) の正答率が高い 一方 不適正取引リスク (2b) やプライ

平成 27 年度調査結果の概要 1 平成 27 年度テスト結果概要 全体の正答率は 69.7% 2. 不適正利用 ( インターネット上で適切にコミュニケーションができる能力 ) の正答率が高く (72.6%) 特に不適切利用リスク (2c) の正答率が高い 一方 不適正取引リスク (2b) やプライ

全体正答率 69.7%。大分類において、2.不適正利用(インターネット上適切にコミュニケーションできる能力)正答率高い(72.6%) 、3.プライバシー・セキュリティ(プライバシー保護や適切なセキュリティ対策できる能力)に関する正答率低い( 64.6%)。 ○ 不適切利用リスク(2c)正答率高く、利用料金や時間浪費に配慮した利用できるものの、プライバシーリスク(3a)や、セキュリティリスク(3 b)及び不適正取引リスク(2b)正答率低い。
さらに見せる

17 さらに読み込む

平成29年度における平成28年熊本地震で被災した利用料の免除に関する取扱いについて【事務連絡】

平成29年度における平成28年熊本地震で被災した利用料の免除に関する取扱いについて【事務連絡】

利用料免除証明書取扱いについて 現在、熊本県内市町村発行している免除証明書有効期限、 「平成292月 28日まで」と印字されているものある、熊本県内全市町村利用免除を平 成299月30日まで延長する予定あるため、平成293月以降も、引き続き使用可

2 さらに読み込む

概要 平成 27 年までと平成 28 年以後の証券税制の比較 平成 27 年までは 上場株式等 と 公社債等 の税制上の取扱いが異なっています 平成 28 年以後は 金融所得課税の一体化 により 上場株式等 と 公社債等 の税制上の取扱いが統一されます 平成 27 年まで 上場株式等 上場株式 公募

概要 平成 27 年までと平成 28 年以後の証券税制の比較 平成 27 年までは 上場株式等 と 公社債等 の税制上の取扱いが異なっています 平成 28 年以後は 金融所得課税の一体化 により 上場株式等 と 公社債等 の税制上の取扱いが統一されます 平成 27 年まで 上場株式等 上場株式 公募

【金融商品取引法第37条(広告等規制)にかかる留意事項】 本資料、法制度/税務その他諸制度に関する紹介や解説、また、これに関連するスキーム等紹介や解説、及びその効果等に関する説明・検証等を 行ったものあり、金融商品取引その他取引勧誘を目的とした金融商品に関する説明資料ありません。記載内容に従って、お客様実際に お取引をされた場合や実務を遂行された場合手数料、報酬、費用、その他対価お客様ご負担となります。なお、SMBC日興証券株式会社(以下 「弊社」といいます。)ご案内する商品等へご投資に、各商品等に所定手数料等をご負担いただく場合あります。例えば、店舗における国内 金融商品取引所に上場する株式(売買単位未満株式を除く。)場合約定代金に対して最大1.242%(ただし、最低手数料5,400円)委託手数料をお 支払いいただきます。投資信託場合銘柄ごとに設定された各種手数料等(直接的費用として、最大4.32%申込手数料、最大4.5%換金手数料又 信託財産留保額、間接的費用として、最大5.61%信託報酬(又は運用管理費用)及びその他費用等)をお支払いいただきます。債券を募集、売 出し等又は相対取引により購入する場合、購入対価のみをお支払いただきます(購入対価に別途、経過利息をお支払いただく場合あります。)。また、 外貨建て商品場合、円貨と外貨を交換、又は異なる外貨間交換をする際に外国為替市場動向に応じて弊社決定した為替レートによるもの とします。上記手数料等うち、消費税課せられるものについて、消費税分を含む料率又は金額を記載しております。
さらに見せる

12 さらに読み込む

h26tyoutatu jisseki 平成26年度環境物品等の調達実績の概要(平成27年6月26日)

h26tyoutatu jisseki 平成26年度環境物品等の調達実績の概要(平成27年6月26日)

物品等を納入する事業者などに対して、 事業者自身グリーン購入を推進するように 働きかけた。 物品納入等に際して、 できるだけ低公害車利用に努めるよう働きか けるとともに、簡易な包装とするよう働きかけた。 5. 平成26年度調達実績に関する評価

7 さらに読み込む

Ⅰ 第 4 期障害福祉計画に係る進捗状況 成果指標放課後等デイサービス事業を利用する児童 生徒の割合 平成 25 年度実績 平成 26 年度実績 平成 27 年度実績 平成 28 年度実績 平成 29 年度目標 11% 28% 39% 48% 61% おもな取組み 施策 1 障害や発達に課題のある子

Ⅰ 第 4 期障害福祉計画に係る進捗状況 成果指標放課後等デイサービス事業を利用する児童 生徒の割合 平成 25 年度実績 平成 26 年度実績 平成 27 年度実績 平成 28 年度実績 平成 29 年度目標 11% 28% 39% 48% 61% おもな取組み 施策 1 障害や発達に課題のある子

現在、児童発達支援センターにおける機能うち、児童発達支援事業について、療育セ ンターアポロ園や療育センターゆめなりあ実施、相談支援(障害児相談支援事業)すこ やか福祉センター及びすこやか障害者相談支援事業所実施している状況ある。 ※児童発達支援センター:地域における中核的な支援施設として、児童発達支援・保育所 等訪問支援・障害児相談支援を実施する。また、地域保育所等・学校・事業所等に対し、 専門的な知識・経験に基づく助言・支援を行う。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Show all 10000 documents...