生活保護を必要とする世帯に対して

Top PDF 生活保護を必要とする世帯に対して:

制度概要について 制度の趣旨 意欲と能力があるにもかかわらず経済的事情により進学が困難となっている子どもたちの大学への進学を後押しする 対象者 資格 家計基準 学力 資質基準 高校卒業予定者及び卒業後 2 年以内の者 ( 新潟県内在住者の子弟 ) 住民税所得割非課税世帯 生活保護世帯 家計急変世帯

制度概要について 制度の趣旨 意欲と能力があるにもかかわらず経済的事情により進学が困難となっている子どもたちの大学への進学を後押しする 対象者 資格 家計基準 学力 資質基準 高校卒業予定者及び卒業後 2 年以内の者 ( 新潟県内在住者の子弟 ) 住民税所得割非課税世帯 生活保護世帯 家計急変世帯

・学校活動等における優れた成果については、ベスト4は対象だがベスト8は対象外するようなデジタル発想では  なく、申請する側にも選考する側にも考慮の幅持たせることが必要である。 ・家計の厳しい世帯ではアルバイトのために部活動ができない子どももいる。学校活動等の評価については、校長で  あれば大体のイメージがあるので、数値化は難しいが公平性は保てるのではないか。

7 さらに読み込む

( 助成金の額 ) 第 4 条住宅改造費の助成金の額 ( 以下 助成額 とする ) は, 第 3 条に定める助成対象工事に要する費用のうち, 市長が本要綱に照らして適当と認める額の5 分の3の額とする ただし, 助成対象者が生活保護法に基づく生活扶助を受けている世帯に属する場合等においては, 別に定

( 助成金の額 ) 第 4 条住宅改造費の助成金の額 ( 以下 助成額 とする ) は, 第 3 条に定める助成対象工事に要する費用のうち, 市長が本要綱に照らして適当と認める額の5 分の3の額とする ただし, 助成対象者が生活保護法に基づく生活扶助を受けている世帯に属する場合等においては, 別に定

名  称 所在地 上記助成金については 受任者住所 (*)住宅改造費の助成金の額は,第3条に定める助成対象工事に要する費用のうち,市長が本要綱に照らして適当認める額の5分の3の額する。 ただし,助成対象者が生活保護法に基づく生活扶助受けている世帯に属する場合等においては,別に定める額する。2 前項の助成額は60万 円限度する

20 さらに読み込む

低所得世帯 障害者世帯又は高齢者世帯に対し 資金の貸付けと必要な相談支援を行うことにより その世 帯の安定した生活と経済的自立を図ることを目的とした貸付制度です 下記の (1)~(3) に該当する県内に住んでいる方 ( 住民登録がある方 ) に世帯単位で貸し付ける制度で す 貸付けですので償還 (

低所得世帯 障害者世帯又は高齢者世帯に対し 資金の貸付けと必要な相談支援を行うことにより その世 帯の安定した生活と経済的自立を図ることを目的とした貸付制度です 下記の (1)~(3) に該当する県内に住んでいる方 ( 住民登録がある方 ) に世帯単位で貸し付ける制度で す 貸付けですので償還 (

失業者等、日常生活全般に困難抱えており、生活の立て直しのために継続的な相談支援(就労支援、家計指 導等)生活費及び一時的な資金必要し、貸付け行うことにより自立が見込まれる世帯に対して貸し付け る資金です。なお、貸付けに際しては、原則として法(生活困窮者自立支援法)に基づく自立相談支援事業等に よる支援受けるとともに、実施主体及び関係機関から貸付け後の継続的な支援受けることに同意しているこ が要件なっています。
さらに見せる

16 さらに読み込む

東京都住宅供給公社賃貸住宅建替事業の高齢低所得世帯等及び生活保護世帯家賃減額に要する費用に対する補助金交付要領

東京都住宅供給公社賃貸住宅建替事業の高齢低所得世帯等及び生活保護世帯家賃減額に要する費用に対する補助金交付要領

東京都住宅供給公社 理事長 補助金実績報告書 ○○都市住政第○○号で交付決定通知受けました補助金について、平成○○年度分次のとお り執行しましたので、賃貸住宅建替事業の高齢低所得世帯及び生活保護世帯の家賃減額に対する補 助金交付要領第11の規定に基づき報告いたします。

11 さらに読み込む

助成対象となる世帯 助成金を受けるためには, 以下のすべての要件を満たしていることが必要です 要件 以下のいずれかに該当する世帯であること 65 歳以上のひとり暮らし世帯 65 歳以上の方と,60 歳以上の親族で構成される世帯 65 歳以上の方と同居する親族が以下のいずれかに該当する場合には, その

助成対象となる世帯 助成金を受けるためには, 以下のすべての要件を満たしていることが必要です 要件 以下のいずれかに該当する世帯であること 65 歳以上のひとり暮らし世帯 65 歳以上の方と,60 歳以上の親族で構成される世帯 65 歳以上の方と同居する親族が以下のいずれかに該当する場合には, その

高齢者世帯の良好な住宅への住替え支援するため,居住環境の悪 い民間賃貸住宅に居住している,又は建替え等により住替えが必要 な高齢者世帯に対して,住替えに係る初期費用の一部助成する事 業です。 (助成金額は,最大10万円です。 )

15 さらに読み込む

1 生活福祉資金貸付制度の目的 世帯の自立を支援するための貸付制度です 生活福祉資金貸付制度 は 所得の少ない世帯 障害者や介護を要する高齢者のいる世帯に対して 資金の貸付と必要な相談支援を行うことにより その世帯の生活の安定と経済的自立を図ることを目的とする社会福祉制度です 具体的な利用目的がある

1 生活福祉資金貸付制度の目的 世帯の自立を支援するための貸付制度です 生活福祉資金貸付制度 は 所得の少ない世帯 障害者や介護を要する高齢者のいる世帯に対して 資金の貸付と必要な相談支援を行うことにより その世帯の生活の安定と経済的自立を図ることを目的とする社会福祉制度です 具体的な利用目的がある

借用書の記載内容及び添付書類等確認した上で送金されます。 ⑵ 継続送金について(主に教育支援資金の場合)  ① 教育支援資金、福祉資金福祉費(技能習得に必要な経費)について、複数年度にわたる学費の 貸付行う場合、初回送金時に初年度分、2年目以降は4月・9月の2回に分けて継続送金します。  ② 貸付決定後に、本貸付制度よりも優先する奨学金等(P.6参照)の利用が決定した場合には、 本貸付で不要なった額は途中辞退していただきます。必ずお住まいの区市町村の社会福祉協議 会にご連絡ください。
さらに見せる

12 さらに読み込む

記入例 : 日本年金機構理事長あて 年 月 日以下のとおり免除 納付猶予を申請します 様式コードまた 配偶者及び世帯主の記入に漏れがないこと の記入内容に誤りがないことを申し立てします この申請に必要な本人 配偶者及び世帯主に関する情報 ( 所得情報 生活保護受給情報等 ) の確認について 市区町村

記入例 : 日本年金機構理事長あて 年 月 日以下のとおり免除 納付猶予を申請します 様式コードまた 配偶者及び世帯主の記入に漏れがないこと の記入内容に誤りがないことを申し立てします この申請に必要な本人 配偶者及び世帯主に関する情報 ( 所得情報 生活保護受給情報等 ) の確認について 市区町村

  ただし、翌年度(7月~)において、第1号被保険者でなかった場合   は、継続申請は無効なります。全額免除または納付猶予申請す   る方で継続申請希望する方は、「⑭継続希望区分」欄の「1.す    る」に○記入してください。どちらにも○がない場合は、「2.し   ない」が選択されたものみなします。なお、左記1.⑸の①・    ②、⑹の①から③※、⑺の所得審査によらない事由により承認受   けた場合および審査の結果一部免除なった場合は、継続申請は無   効なりますので、翌年度の7月以降に改めて申請が必要なりま    す。
さらに見せる

5 さらに読み込む

⑵ 蒲郡市が世帯主に対して支給する出産育児一時金の額を限度として 医療機関等が世帯主に代わって出産育児一時金を受領する旨及び出産育児一時金の額を超えた出産費用については 別途被保険者が医療機関等の窓口で支払う必要がある旨 ⑶ 医療機関等が世帯主に代わって出産育児一時金を受領した額の範囲で 蒲郡市から

⑵ 蒲郡市が世帯主に対して支給する出産育児一時金の額を限度として 医療機関等が世帯主に代わって出産育児一時金を受領する旨及び出産育児一時金の額を超えた出産費用については 別途被保険者が医療機関等の窓口で支払う必要がある旨 ⑶ 医療機関等が世帯主に代わって出産育児一時金を受領した額の範囲で 蒲郡市から

(申請・受領に係る代理契約の締結等) 第5 医療機関等は、被保険者の出産に関し、当該医療機関等退院(医師又 は助産師の往診による出産の場合にあっては、その医学的管理離れるとき いう。以下同じ。)するまでの間に、直接支払制度について世帯主に十分説 明した上で、直接支払制度活用するか否か確認するものし、次の各号 に掲げる旨について書面により世帯主の合意得た上で、代理契約の締結 行うものする
さらに見せる

6 さらに読み込む

による転入者 住宅確保要配慮者に対して必要な生活支援等を行う者 東京都 東京都 海外からの引揚者 新婚世帯 原子爆弾被爆者 戦傷病者 児童養護施設退所者 LGBT UIJターンによる転入者 住宅確保要配慮者に対して必要な生活支援等を行う者 2025 年度まで 30,000 戸 神奈川県横浜市 児童養

による転入者 住宅確保要配慮者に対して必要な生活支援等を行う者 東京都 東京都 海外からの引揚者 新婚世帯 原子爆弾被爆者 戦傷病者 児童養護施設退所者 LGBT UIJターンによる転入者 住宅確保要配慮者に対して必要な生活支援等を行う者 2025 年度まで 30,000 戸 神奈川県横浜市 児童養

(3) 供給目標量 供給目標量(戸数など)計画に定めているのは 8 自治体のみである。青森県のように、 わずかな戸数しか定めていないところ、公営住宅もふくめて目標量しているところ(山 形県、大阪府)などもあって、比較は困難である。ただし、東京都や大阪府が高い目標 設定しているのは評価すべきだ考えるが、その実現可能性は後述するセーフティネット 住宅登録数みる、特に東京都においては非常に難しい思わざるえない。
さらに見せる

16 さらに読み込む

平成28 年度歳末たすけあい運動支出合計 8,494, 見舞激励金支給事業 民生委員の調査をもとに生活困窮世帯 ( 生活保護世帯除く ) を対象にした激励金を支給し 温かい新年を迎えてもらう ( 昨年度は 242 世帯に支給 ) 2 自治会 福祉団体等への助成 福祉団体 当事者団体 自

平成28 年度歳末たすけあい運動支出合計 8,494, 見舞激励金支給事業 民生委員の調査をもとに生活困窮世帯 ( 生活保護世帯除く ) を対象にした激励金を支給し 温かい新年を迎えてもらう ( 昨年度は 242 世帯に支給 ) 2 自治会 福祉団体等への助成 福祉団体 当事者団体 自

●11月「児童虐待防止」~現状サポーターの役割~ 11月は「児童虐待防止推進月間」です。那覇市子育て支援室の当山浩 子室長・大城宣継主査お招きし「虐待の現状サポーターの役割」に ついて講話して頂きました。那覇市における子育て支援の現状虐待 の事例、また児童福祉法第25条・児童虐待防止法第6条(児童虐待に係 る通告)等の法律によって定められている義務としてお子さんの命救 う為に行わなければならない通報や通告も大切な事だ教えてもらいま した。「さしのべてあなたのその手いちはやく」意識しながら学んだ事 が生かせるようにサポート活動続けたい思います。
さらに見せる

8 さらに読み込む

害者の就労ニーズに即した職業能力開発を推進し 障害者の職業の安定を図る必要がある 母子家庭等支援施策 生活保護制度の対象者や生活困窮者の自立 就労を支援する必要性が高まっていることから 地方公共団体等関係機関との連携を強化した上で 職業能力開発を含めた就労支援の充実を図ることが必要である (2) 平

害者の就労ニーズに即した職業能力開発を推進し 障害者の職業の安定を図る必要がある 母子家庭等支援施策 生活保護制度の対象者や生活困窮者の自立 就労を支援する必要性が高まっていることから 地方公共団体等関係機関との連携を強化した上で 職業能力開発を含めた就労支援の充実を図ることが必要である (2) 平

・ 訓練認定規模は 360 人上限し、基礎コース実践コースの割合は次のとおりする。 基礎コース(基礎的能力のみ習得する職業訓練)50%程度、 実践コース(基礎的能力から実践的能力まで一括して習得する職業訓練)50%程度 ・その際、人材不足分野、成長分野等に重点置くとともに、地域における産業の動向や 求人ニーズ踏まえたものする。未就職のまま卒業することなった新卒者やコミュニ ケーション能力等の課題有する生活困窮者など、対象者の特性・訓練ニーズに応じた職 業訓練の設定にも努めることする
さらに見せる

9 さらに読み込む

補助金の概要 結婚に伴う新生活のスタートを支援するため 高砂市内の民間賃貸住宅に居住する夫婦の年収の合計が600 万円未満の新婚世帯に対して家賃の一部を補助します また 夫婦の年間所得の合計が300 万円未満の新婚世帯に対して 市内の民間賃貸住宅に居住する家賃の一部に加え 引越費用の一部を補助します

補助金の概要 結婚に伴う新生活のスタートを支援するため 高砂市内の民間賃貸住宅に居住する夫婦の年収の合計が600 万円未満の新婚世帯に対して家賃の一部を補助します また 夫婦の年間所得の合計が300 万円未満の新婚世帯に対して 市内の民間賃貸住宅に居住する家賃の一部に加え 引越費用の一部を補助します

*******(これ以降は、交付決定受けた方の手続きです。 )******* ③ 家賃等補助金の請求は、9月末3月末の年2回です。高砂市から当該月 に「高砂市新婚世帯家賃等補助金交付請求書」お送りしますので、必要 事項記入の上、家賃支払い実績証明する書類添えて、当該月の末日 までに提出してください。

11 さらに読み込む

貸付世帯の要件 貸付は 資金の貸付けにあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって 返済 ( 償還 ) の見込みが立てられる状況にあることを要件とします 障害者世帯や高齢者世帯の要件は 障害者や日常生活上療養又は介護を要する高齢者が属する世帯であって 貸付はその方のため

貸付世帯の要件 貸付は 資金の貸付けにあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって 返済 ( 償還 ) の見込みが立てられる状況にあることを要件とします 障害者世帯や高齢者世帯の要件は 障害者や日常生活上療養又は介護を要する高齢者が属する世帯であって 貸付はその方のため

□ 療養経費は、高額療養費支給制度、高額療養費貸付制度及び疾病手当優先して活 用してください。 □ 介護サービス、障害者サービス受ける経費は、障害介護保険、障害者総合支援法 の対象なるサービス受けるのに必要な経費であって、その経費負担すること が困難なる期間が 1 年以内(特別な場合は 1 年 6 ヶ月以内)であることします。 □ 生計維持する期間の経費は、生計中心者(借受人)が従前の収入が得られなく場
さらに見せる

8 さらに読み込む

扶養義務者の扶養とは親族等から援助を受けることができる場合は 援助を受けてください そのうえで 世帯の収入と厚生労働大臣の定める基準で計算される最低生活費を比較して 収入が最低生活費に満たない場合に 保護が適用されます 支給される保護費 厚生労働大臣が定める基準で計算される最低生活費と収入を比較して

扶養義務者の扶養とは親族等から援助を受けることができる場合は 援助を受けてください そのうえで 世帯の収入と厚生労働大臣の定める基準で計算される最低生活費を比較して 収入が最低生活費に満たない場合に 保護が適用されます 支給される保護費 厚生労働大臣が定める基準で計算される最低生活費と収入を比較して

A.6 生活保護受給する方は、以下のような義務権利があります。 Q.6 生活保護の受給中、守らなければならないことはありますか。 • 利用し得る資産、能力その他あらゆるもの生活のために活用しなければなりません。 • 能力に応じて勤労に励み、健康の保持及び増進に努め、収入、支出その他生計の状況適切 に把握するとともに、支出の節約図り、その他生活の維持・向上に努めなければなりません。 • 福祉事務所から、生活の維持、向上その他保護の目的達成に必要な指導又は指示受けた
さらに見せる

16 さらに読み込む

じて学校長 福祉事務所又は民生委員等の意見を聴取するものとする ) ア災害により財産等に損害を受けた世帯イ世帯の生計を主として維持する者が 長期療養中で現在失業中である世帯ウ世帯の生計を主として維持する者が 勤務していた会社商店等の倒産により現在失業中である世帯エ世帯の生計を主として維持する者の勤務

じて学校長 福祉事務所又は民生委員等の意見を聴取するものとする ) ア災害により財産等に損害を受けた世帯イ世帯の生計を主として維持する者が 長期療養中で現在失業中である世帯ウ世帯の生計を主として維持する者が 勤務していた会社商店等の倒産により現在失業中である世帯エ世帯の生計を主として維持する者の勤務

3 第1項の規定にかかわらず、認定者が生活保護法第13条の規定による教育扶助受けて いる場合は、修学旅行費及び医療費以外の費目については支給しないものする。 4 第1項の規定にかかわらず、対象児童生徒が小学校6年生の時に既に新入学学用品費の 支給受けている場合は、当該対象児童生徒が中学校1年生の時における新入学学用品費 については支給しないものする。ただし、第2項に規定する支給限度額の変更等により、 調整が必要な場合は、既に支給した新入学学用品費の支給額調整した上で、改めて支給 することができる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

生活に困窮する外国人に対する生活保護に関する事務 特定個人情報保護評価書の公表について|豊島区公式ホームページ

生活に困窮する外国人に対する生活保護に関する事務 特定個人情報保護評価書の公表について|豊島区公式ホームページ

③システムの名称 総合保健福祉システム(生活保護)、システム共通基盤(団体内統合宛名)、中間サーバー ●事務全体の概要  生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置について(昭和29年5月8日社発第382号厚生省社会 局長通知)に基づき、生活保護法に準じて、生活に困窮する世帯からの相談・申請受け、困窮の程度 に応じて生活・住宅・教育・医療・介護扶助等の保護行う。
さらに見せる

4 さらに読み込む

(1) 別表第 1に掲げる園児の属する世帯の区分に応じ 同表に掲げる補助限度額を限度として市長が定める額とする (2) 別表第 に定める額 2 別表第 1の保育料等減免措置階層区分が2の項からの項までの世帯に該当する場合で園児の保護者又は保護者と同一の世帯に属する者が次に掲げる者に該当する場合におい

(1) 別表第 1に掲げる園児の属する世帯の区分に応じ 同表に掲げる補助限度額を限度として市長が定める額とする (2) 別表第 に定める額 2 別表第 1の保育料等減免措置階層区分が2の項からの項までの世帯に該当する場合で園児の保護者又は保護者と同一の世帯に属する者が次に掲げる者に該当する場合におい

第1条 この要綱は、幼稚園教育の振興に資するため、学校教育法(昭和22年法律 第26号)に定める私立幼稚園(子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号) 第27条第1項の確認又は同法附則第7条の規定によるみなし確認受けたもの 除く。)及びこれに準ずる保育行う施設(以下「幼稚園等」いう。)の設置者 (以下「設置者」いう。)に対し、予算の範囲内において補助金交付すること について必要な事項定めるものする
さらに見せる

28 さらに読み込む

生活保護に関する実態調査_第2-2-(1) 生活保護に関する主要指標とその動き

生活保護に関する実態調査_第2-2-(1) 生活保護に関する主要指標とその動き

表2-(1)-ウ-③ 被保護外国人世帯数・世帯人員数、保護率の推移 (ポイント) 平成 23 年度の被保護外国人の保護率について、外務省が「人種差別撤廃条約」の政府報告の中で算定し ているように、世帯主が外国人である生活保護世帯に属する人員数全外国人登録者数で除して算出する (外務省方式)、その保護率は約 35.1‰なるが、世帯主が外国人である生活保護世帯に属する人員数 生活保護対象の在留資格保有する外国人登録者数で除して算定する(総務省方式)、その保護率は約 53.4‰、日本人も含めた被保護者全体の保護率 16.2‰の約 3.3 倍の水準なる。
さらに見せる

48 さらに読み込む

() 認定こども園 私立幼稚園の保育料基準額表 教育標準時間 ( 号認定 ) 世帯の階層区分 階層 ( 保護者の市町村民税額合 金額 階層 算 ) A A A 生活保護等世帯 ( 注 ) 市町村民税課税世帯 市町村民税非課税世帯 均等割のみの世帯 77, 円以下 77, 円 ~, 円以下, 円以上

() 認定こども園 私立幼稚園の保育料基準額表 教育標準時間 ( 号認定 ) 世帯の階層区分 階層 ( 保護者の市町村民税額合 金額 階層 算 ) A A A 生活保護等世帯 ( 注 ) 市町村民税課税世帯 市町村民税非課税世帯 均等割のみの世帯 77, 円以下 77, 円 ~, 円以下, 円以上

寄付金控除(ふるさと納税等)、外国税額控除、配当控除、住宅借入金等特別控除は、保育料算定において適 用されません。 ただし、2号・3号認定の場合、保護者の離職などにより「保育が必要な理由」がなくなった際には、認定 の取り消し、もしくは1号認定へ変更になります。

6 さらに読み込む

(2) 世帯の預貯金等が基準貯蓄額 ( 単身世帯の場合は 350 万円とし 世帯構成員が 1 人増え る毎に 100 万円を加算した額 ) 以下であること (3) 世帯がその居住の用に供する家屋その他日常生活のために必要な資産以外に利用し得る資産 を所有していないこと (4) 負担能力のある親族等に

(2) 世帯の預貯金等が基準貯蓄額 ( 単身世帯の場合は 350 万円とし 世帯構成員が 1 人増え る毎に 100 万円を加算した額 ) 以下であること (3) 世帯がその居住の用に供する家屋その他日常生活のために必要な資産以外に利用し得る資産 を所有していないこと (4) 負担能力のある親族等に

3 平成27年4月1日施行の生活扶助基準等の改正に伴い生活保護が廃止された者であって、 廃止時点において本事業に基づく軽減又は特定入所者介護(予防)サービス費の支給により居 住費の利用者負担がなかった者のうち、引き続き第4条に該当する者については、第6条の規 定に関わらず、軽減の程度居住費以外にかかる利用者負担については4分の1(老齢福祉年 金自給者は2分の1)原則するとともに、居住費にかかる利用者負担については全額す ることができる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...