海外進出企業への

Top PDF 海外進出企業への:

1. 日本証券サミットの概要 1. 開催趣旨 本協会では 2008 年から 日本への投資 海外企業の日本市場への上場 海外証券会社 金融機関の日本市場への進出を促進することを主な目的として 日本証券サミット の開催等日本市場の海外向け PR のための活動を実施している ( 参考 1 参照 ) 平成

1. 日本証券サミットの概要 1. 開催趣旨 本協会では 2008 年から 日本への投資 海外企業の日本市場への上場 海外証券会社 金融機関の日本市場への進出を促進することを主な目的として 日本証券サミット の開催等日本市場の海外向け PR のための活動を実施している ( 参考 1 参照 ) 平成

1.日本証券サミット概要 1 1.開催趣旨 本協会では2008年から、日本投資、海外企業日本市場上場、海外証券会社・金融機関 日本市場進出を促進することを主な目的として、「日本証券サミット」開催等日本市場海 外向けPRため活動を実施している。(参考1参照)

17 さらに読み込む

1 近隣国よりも低コスト 際立つ言語能力 RTR フランス国外最大の R&D 拠点 地方都市への進出が増加 目立つ外資系 ICT 企業の進出 進出企業の雇用は増加傾向 輸送 物流 (1) 海

1 近隣国よりも低コスト 際立つ言語能力 RTR フランス国外最大の R&D 拠点 地方都市への進出が増加 目立つ外資系 ICT 企業の進出 進出企業の雇用は増加傾向 輸送 物流 (1) 海

 過去 20 年間、ルーマニアには実効性ある「産業政策」が存在しなかった。特に、現 在ルーマニアは為替調整などマクロ経済調整手法が手詰まりとなっており、産 業政策が今こそ必要とされている。  ルーマニア産業構造を変革するためには再工業化が必要である。ルーマニア経済 成長はこれまで、輸入された商品消費によって支えられてきた。2008 年 9 月リー マン・ショックに端を発する世界的な金融・経済危機により生産性向上がみられたが、 これは雇用削減により実現されたものであった。銀行は投資ため資金ではなく、 消費ため資金を主に融資しており、小売業は輸入品を中心に販売している。再工 業化ためには公共政策全体ヴィジョンと、インフラ投資が必要であり、国外 から融資受け入れと産業政策が連携している必要がある。また、新しい投資法が制 定される必要がある。
さらに見せる

58 さらに読み込む

はじめに 2010 年前後から本格化した日系企業による不動産関連分野における東南アジア進出は 順調に拡大 進化しているように見受けられる また近時はインドへの進出を積極的に検討する日系企業も増えている この点 海外進出を検討するにあたっては 現地の不動産に関する権利がどのようなものか 外資企業として

はじめに 2010 年前後から本格化した日系企業による不動産関連分野における東南アジア進出は 順調に拡大 進化しているように見受けられる また近時はインドへの進出を積極的に検討する日系企業も増えている この点 海外進出を検討するにあたっては 現地の不動産に関する権利がどのようなものか 外資企業として

A3. マレーシア法上、日本制度に類似した区分所有権(strata title)制度があり、コンドミニ アム、オフィス、商業施設、産業用施設等で広く用いられる。 A4. 土地権利者(フリーホールド又はリースホールド保有者)は、国家土地法規定に従っ て、土地をリース(lease)することができる。同法上、土地リース期間下限は 3 年超 であるが、上限については、リース対象が土地全部であれば 99 年、土地一部であれ ば 30 年とされている。土地リースは登記が可能な権利であり、登記が効力発生要件であ る。なお、リースではなく、3 年以下期間を定める賃借であるテナンシー(tenancy)を用 いる場合もあるが、国家土地法上、登記対象とはならず、口頭又は書面合意のみにより 成立する。テナンシーに関し、原則としてテナントは、土地を後から買い受けた買主に対し てその権利を主張できない。オフィスやコンドミニアムといった区分所有権一区画が賃貸 される場合には、リースではなく、テナンシーが用いられることが多い。
さらに見せる

25 さらに読み込む

管内中堅 中小企業のアジア地域等への進出ニーズ 地域特性及び特徴的な取組み並びに地域金融機関の支援体制 対応状況 1. 進出ニーズ等 当局管内 ( 沖縄県 ) においては 製造業が少ない産業構造であることや企業規模も中小 零細企業が太宗を占めていること等から 海外進出ニーズの形態については 輸出や販

管内中堅 中小企業のアジア地域等への進出ニーズ 地域特性及び特徴的な取組み並びに地域金融機関の支援体制 対応状況 1. 進出ニーズ等 当局管内 ( 沖縄県 ) においては 製造業が少ない産業構造であることや企業規模も中小 零細企業が太宗を占めていること等から 海外進出ニーズの形態については 輸出や販

○事務所機能を担えるため体制整備として、中国語に堪能な行員を中途採用。 ○毎年2名行員をメガバンク現地支店(上海、大連、蘇州)1年から1年半 期間でトレーニーとして派遣。 ●ANA国際貨物ハブ事業中核となる那覇空港貨物ターミナル事業 サポート

6 さらに読み込む

はじめに 本レポートは 一般社団法人サプライチェーン情報基盤研究会 ( 以下 SIPS と言う ) の国際連携タスクフォースにて行った 2015 年度の調査活動をとりまとめたものである SIPS は 我が国の企業が海外との取引 または海外への進出において 日本と対象国のサプライチェーン情報基盤の相互

はじめに 本レポートは 一般社団法人サプライチェーン情報基盤研究会 ( 以下 SIPS と言う ) の国際連携タスクフォースにて行った 2015 年度の調査活動をとりまとめたものである SIPS は 我が国の企業が海外との取引 または海外への進出において 日本と対象国のサプライチェーン情報基盤の相互

当 プ ロ ジ ェ ク ト は 、 欧 州 航 空 機 製 造 組 合 ( Boostaero International Association)が、2006 年に BRS を公開し、2010 年に共通辞書に登録された CIDF(Cross Industry Scheduling Demand Forecast)および CISSI(Cross Industry Scheduling Supply Instruction)に関わるものである。SIPS にて 展開している業界横断 EDI 、業務ドメイン(自動車部品、中小企業)から 要件を共通辞書に反映させるため、ジャストインタイム製造プロセス ( Scheduled Just In Time)対応メインテナンス要求を打診した。更に我が国 中小企業における利用実態を含めたものである。
さらに見せる

86 さらに読み込む

日本企業の海外事業展開 国際ビジネスをお考えの皆さまへ  上越市ホームページ

日本企業の海外事業展開 国際ビジネスをお考えの皆さまへ 上越市ホームページ

会社 中国進出 検討 日本企業向け ネ 減少 コンサ 業 理由 中国 撤 関連 相談事例 ( 部 国内外事務 相談事例  中国 生産機能 代替 補完 いう意味 ワン 受け皿 筆頭格 縫製 業 各種労働集約産業 事務用機器 幅広い分野 中国 生産 し 中

19 さらに読み込む

目次 Ⅰ. はじめに Ⅱ. 日本の生命保険会社の歴史 Ⅲ. 生命保険業界の現状 Ⅳ. 日本の生命保険会社の戦略 1. 海外進出の方式 2. 海外進出の現状 3. 海外進出の課題 4. 海外進出の場所 1 タイ 2 インドネシア Ⅴ. おわりに参考文献 2

目次 Ⅰ. はじめに Ⅱ. 日本の生命保険会社の歴史 Ⅲ. 生命保険業界の現状 Ⅳ. 日本の生命保険会社の戦略 1. 海外進出の方式 2. 海外進出の現状 3. 海外進出の課題 4. 海外進出の場所 1 タイ 2 インドネシア Ⅴ. おわりに参考文献 2

9 職員常駐を通じたネットワーク、連絡事務所に分けられる。ネットワーク構築は、 企業顧客サービスために現地保険会社と公式的な協定を通じて、ネットワーク を構築する方法である。多国籍保険会社を通じたネットワーク形成は、多国籍保険会社 とパートナー関係を結んで、海外子会社と国家別ネットワークを利用する方法である。 職員常駐を通じたネットワークは、重要な企業顧客がいるネットワーク会社に自社 職員(たとえば、アンダーライター、エンジニアー等)を常駐し、企業顧客により優れ たサービスを提供する方法である。連絡事務所は、市場が細分化されており、現地に適 切なサービス提供者がなかったり、その国進出を計画するとき有用な方法である。 二つ目に、有資本投資方法は、さらに少数持分出資、多数持分出資、単独支配、子会社 設立に分けられる。少数持分出資は、多数持分出資初期段階に該当される方法であり、 一部国で要求される投資方式で、自国保険会社参加規定を通じて一部持分を出 資して合弁形態で運営される保険会社である。多数持分出資は、自社が提携会社経 営に全般的な責任を負う方法である。単独支配は、既存現地会社持分を100%買 収して運営する形態である。子会社設立は、現地で保険会社を買収したり、買収した会 社組織や組織文化等を変えることが難しかったり、コストが大幅にかかる場合に好ま れる方法である。三つ目に再保険方法があり、これは再保険受再を通じて海外保険 会社と市場に関する情報およびネットワークを形成する方法である。 13
さらに見せる

18 さらに読み込む

RIETI - ベトナム南部に進出する日本企業

RIETI - ベトナム南部に進出する日本企業

以上ような中国、ベトナム進出により、日星電気はグループ全体としては売り上げ規 模は拡大している。だが、海外、特に中国にコンペティターが登場しつつあることが気に なる。廉価品シリコンゴム場合、中国にローカル企業が大量に登場してきた。現在 ところ、技術的な差は大きいが、家電廉価品に大量に採用されている。当方はまだ若干 余裕はあるが、5年ほどでダメになると判断である。こうした流れは他事業分野でも 経験してきたことであり、先輩経験を学習し、適切な対応をとられることを期待する。 生産現地化課題は開発、設計現地化ではないかと思う。この点、当社場合 は、「ベトナム人は壊れたものを直すは上手いが、設計はまだダメ」と判断である。 特に、ベトナムにはユーザーがいないため、エンジニアがユーザーと接触する機会に乏し いことも指摘されていた。こうした問題は時間が解決することになろうが、生産移管、 合理化、効率化推進、部材現地化に続く次課題は開発、設計現地化であることは いうまでもなく、今後、先行的かつ積極的に取り組んでいく必要があるように思う。 なお、当社ベトナム工場では、日本留学経験あるベトナム人を2人採用していた。 一人は地元静岡産業大学(磐田市)卒業生であり、日本で本人からアプローチがあっ た。もう1人は日本大学卒業生であり、ベトナムで採用した。このような日本経験深 いベトナム人を雇用できたことは幸いであり、諸般現地化水先案内人として起用し ていくことが望まれる。1900人規模にまで急拡大した現在、一つ事業所としては2000人 が限度か、という受け止め方をしており、さらにリスク分散を意識して、現在地から「1 時間半ほど離れたところ」がすでに意識されているであった。
さらに見せる

55 さらに読み込む

海外スマートシティ市場に対する 我が国エネルギー関連企業等の 進出ポテンシャル スマートシティ エネルギー関連事業 最新動向ワークショップ 年 3 月 19 日

海外スマートシティ市場に対する 我が国エネルギー関連企業等の 進出ポテンシャル スマートシティ エネルギー関連事業 最新動向ワークショップ 年 3 月 19 日

Source: :Expert interview, http://www.mfc-city.com/en/, https://russia.edf.com/en/the-edf-group-has-developed-a-digital-urban-planning-platform-for-a-new-district-nearby-Moscow, https://www.zaha-hadid.com/masterplans/rublyovo-arkhangelskoye-smart-city/, http://akichiatlas.com/en/archives/mpcftifcira.php, ~1,763 KB / 10,934 KB ハイポテンシャル都市

53 さらに読み込む

ASEAN進出企業実態調査

ASEAN進出企業実態調査

はじめに 2015 年 12 月 31 日、東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟する 10 カ国が、域内貿易自由化や市 場統合を目指し、広域経済共同体「ASEAN 経済共同体(AEC)」を発足させて 5 カ月が経過した。イ ンドネシアやタイなど、東南アジア地域主要国が参加し、域内総人口約 6 億人、名目 GDP は約 2 兆ドル、域内総貿易額は 2.1 兆ドルにものぼる巨大な経済圏を抱える一大諸国連合 ASEAN は、 低廉な人件費や巨大市場魅力から近年日本企業進出が盛んな地域でもある。中国経済減速 影響などもあり、中国一辺倒海外進出から「チャイナ・プラス・ワン」動きがあるなか、 海外進出を考える日本企業にとってその存在感は高まっている。
さらに見せる

7 さらに読み込む

特許庁の役割 特許庁の役割は 産業財産権制度を通じて 発明や意匠の創作の奨励 商標の保護により 日本の産業を発展させること IT 技術の進展 TPP 等の経済連携協定等を通じて 企業活動がますます国籍や国境を越え 日本企業の海外進出や 海外企業の日本国内進出が進むことが予想される中 日本を含めあらゆ

特許庁の役割 特許庁の役割は 産業財産権制度を通じて 発明や意匠の創作の奨励 商標の保護により 日本の産業を発展させること IT 技術の進展 TPP 等の経済連携協定等を通じて 企業活動がますます国籍や国境を越え 日本企業の海外進出や 海外企業の日本国内進出が進むことが予想される中 日本を含めあらゆ

日アセアンバイ協力 (アセアン各庁と二庁間取組) 日アセアン知的財産権行動計画による招へい研修や専門家派遣等は、一般的に必要とされる知識共有に より、アセアン知財庁能力全般的な底上げに貢献しようとするもの。一方で、アセアン知財庁能力には 差があり、各庁実情に応じた支援も必要。

9 さらに読み込む

概要 (1) 1. 開催趣旨 本協会では 2008 年から 日本への投資 海外企業の日本市場への上場 海外証券会社 金融機関の日本市場への進出を促進することを主な目的として 日本証券サミット の開催等日本市場の海外向け PR のための活動を実施している ( 参考参照 ) 平成 28 年度においては

概要 (1) 1. 開催趣旨 本協会では 2008 年から 日本への投資 海外企業の日本市場への上場 海外証券会社 金融機関の日本市場への進出を促進することを主な目的として 日本証券サミット の開催等日本市場の海外向け PR のための活動を実施している ( 参考参照 ) 平成 28 年度においては

© Japan Securities Dealers Association.All Rights Reserved.  証券会社ジュニアNISA口座において、積立投資契約により設定された毎月積 立額(積立投資設定額)は、平成28年6月末で1億2,598万円(年換算で約15億 円)である。

28 さらに読み込む

はじめに 昨今 中小企業の海外進出が拡大しておりますが なかには進出先のリスク情報の収集や 対策が十分でなかったことにより 損失を被り 事業継続に支障をきたすケースも多数発生しています このような状況を踏まえ 中小企業のための基礎からわかる海外リスクマネジメントガイドブック を作成いたしました 本ガ

はじめに 昨今 中小企業の海外進出が拡大しておりますが なかには進出先のリスク情報の収集や 対策が十分でなかったことにより 損失を被り 事業継続に支障をきたすケースも多数発生しています このような状況を踏まえ 中小企業のための基礎からわかる海外リスクマネジメントガイドブック を作成いたしました 本ガ

たとえば、ある会社では、現地子会社を他社に株式譲渡(M&A)することにより、 撤退による現地従業員雇用喪失と取引先影響を回避しながら、スムーズに 撤退することに成功しました。 海外事業清算により撤退をしようとすると、時間と予期せぬコストがかかる場 合がありますが、同社が選択した株式譲渡は、のれん(営業権)を評価してもらえ る場合があり、撤退コスト面でメリットが大きいといえます。同社は、低コスト で撤退したことが功を奏し、現在では安定した経営を取り戻しています。
さらに見せる

24 さらに読み込む

南アジア研究 第29号 021書評・古田 学「労働政策研究・研修機構(編)『インドの労働・雇用・社会―日系進出企業の投資環境―』(JILPT 海外調査シリーズ1)」

南アジア研究 第29号 021書評・古田 学「労働政策研究・研修機構(編)『インドの労働・雇用・社会―日系進出企業の投資環境―』(JILPT 海外調査シリーズ1)」

続く第3章では、学校教育や職業訓練学校における人材育成実態が 書かれている。まず学校教育では、識字率、初等教育就学率上昇、及 び高等教育進学増加一方で、ドロップアウト多さや教育質 に問題提起している。入学資格が多く場合14歳以上であり、技能を身 につけるために通うが ITIs(産業訓練センター)であるが、本書では 2校筆者によるヒアリング調査を含めつつ ITIs 詳細を説明してい る。ITIs は政府積極的な支援を受け改革を進めているが、改革前悪 評を覆すまでには至っていない。それは、公立 ITIs 質的量的不足、学 校間・地域間で教育格差及び実務直結性欠如だと筆者は述べて いる。また、人材育成がなされても企業ミスマッチが起これば失業 につながってしまう。そのため、多く民間人材紹介・派遣会社が急速 に増加している状況も説明されている。
さらに見せる

6 さらに読み込む

日本企業の中国進出動向

日本企業の中国進出動向

日本貿易振興機構(JETRO)調査によれば、日本企業における中国拠点から海外輸出うち、 米国輸出分は約 6%にとどまっている。しかし、近年は日中間政治リスクや環境問題、人件 費高騰といった諸問題をはじめ、2018 年末にかけて顕在化した中国経済変調により、今後 対中国ビジネス方向性に対する不透明感は強まっていた。こうしたなか米中貿易摩擦激化が、 中国経済先行きを一層不透明にする新たな「チャイナリスク」として浮上しつつあり、中国進 出企業を中心に規模縮小や移転、撤退といった対中戦略見直しに注目が集まっている。
さらに見せる

6 さらに読み込む

目次 1. 貿易への取り組み 7 ~ 輸出拡大意欲は引き続き高水準を継続 ~ 2. 海外進出への取り組み 今後の国内事業展開 12 ~ 海外進出拡大意欲が増加 国内事業拡大の割合が過去最大に~ 3. 海外進出への取り組み ( 国 地域別 機能別 ) 17 ~ベトナムは事業拡大意欲が2 年連続で増加

目次 1. 貿易への取り組み 7 ~ 輸出拡大意欲は引き続き高水準を継続 ~ 2. 海外進出への取り組み 今後の国内事業展開 12 ~ 海外進出拡大意欲が増加 国内事業拡大の割合が過去最大に~ 3. 海外進出への取り組み ( 国 地域別 機能別 ) 17 ~ベトナムは事業拡大意欲が2 年連続で増加

Copyright (C) 2017 JETRO. All rights reserved. 41 ■ 利用社数多いASEAN諸国とFTA 輸出においてFTA利用企業が最も多いはタイ(389社、利用率47.2%)で、次いでインドネシア(217社、39.2%)、ベトナム(194社、 33.7%)、マレーシア(168社、31.6%)と、ASEAN各国が続く。一方、チリ(50社、53.2%)やスイス(47社、44.3%)も利用率が高い。 業種別では、全FTAを通して商社・卸売(134社、44.5%)利用社数が最も多いが、利用率が高いは石油・石油製品/プラスチック 製品/ゴム製品(31社、66.0%)や化学(40社、65.6%)である。タイでも双方業種で利用率が高いほか、インドネシアやインドとは自 動車/自動車部品/その他輸送機器、ベトナムとは窯業・土石でFTA利用が活発である。
さらに見せる

46 さらに読み込む

2 事業特性 デンソーの社会貢献活動 企業行動 特定地域に事業所が集中立地する 地域密着型の企業地域密着型の企業 1970 年代から海外進出し 世界 32ケ国に219の事業所を有する グローバル企業グローバル企業 目指す姿 デンソーグループ企業行動宣言デンソーグループ企業行動宣言 事業活動を行うあら

2 事業特性 デンソーの社会貢献活動 企業行動 特定地域に事業所が集中立地する 地域密着型の企業地域密着型の企業 1970 年代から海外進出し 世界 32ケ国に219の事業所を有する グローバル企業グローバル企業 目指す姿 デンソーグループ企業行動宣言デンソーグループ企業行動宣言 事業活動を行うあら

とにかく朝渋滞を何とかしてほしい(特に本社周辺) とにかく朝渋滞を何とかしてほしい(特に本社周辺)  渋滞を避けて生活道迂回する車が多く危険・うるさい 渋滞を避けて生活道迂回する車が多く危険・うるさい 通勤車両多さ 通勤車両多さ に起因する問題 に起因する問題

17 さらに読み込む

目次 1 貿易への取り組み 7 ~グローバル企業に円安の恩恵 ~ 2. 海外進出への取り組み 今後の国内事業展開 14 ~ 中小企業の国内外への事業拡大意欲が増加 ~ 3. 海外進出への取り組み ( 国 地域別 機能 ) 23 ~ 米国での拡大意欲が増加 メキシコも上昇 ASEANが3 年連続で中国

目次 1 貿易への取り組み 7 ~グローバル企業に円安の恩恵 ~ 2. 海外進出への取り組み 今後の国内事業展開 14 ~ 中小企業の国内外への事業拡大意欲が増加 ~ 3. 海外進出への取り組み ( 国 地域別 機能 ) 23 ~ 米国での拡大意欲が増加 メキシコも上昇 ASEANが3 年連続で中国

〔n(14年度)=中国:1,946、タイ:1,288、マレーシア:767、インドネシア:1,003、フィリピン:687、ベトナム:996、ミャンマー:601、カンボジア:463、ラオス:390、インド:755、パキスタン:395、バングラデシュ:431、スリランカ:379、メキシコ:502、ブラジル:504、チリ:359、ロシア:500、トルコ:406、南ア:403〕 〔n(13年度)=中国:2,018、タイ:1,217、マレーシア:566、インドネシア:886、フィリピン:500、ベトナム:878、ミャンマー:468、インド:648、メキシコ:276、ブラジル:324、ロシア:313、トルコ:220、南ア:210〕 〔n(12年度)=中国:1,304、タイ:750、マレーシア:472、インドネシア:615、フィリピン:409、ベトナム:612、ミャンマー:366、インド:507、メキシコ:250、ブラジル:297、ロシア:284、トルコ:225、南ア:209〕 〔注〕①母数(n)は、現在ビジネスがある、または新規ビジネスを検討している企業国ごと総数。
さらに見せる

50 さらに読み込む

目次 1. 貿易への取り組み 6 ~ 輸出拡大意欲が過去 5 年で最大に ~ 2. 海外進出への取り組み 今後の国内事業展開 10 ~ 海外進出拡大意欲は高水準ながらも一服感 国内事業は拡大方針が 2 年連続で過半超え ~ 3. 海外進出への取り組み ( 国 地域別 機能別 ) 16 ~ 米国 ベト

目次 1. 貿易への取り組み 6 ~ 輸出拡大意欲が過去 5 年で最大に ~ 2. 海外進出への取り組み 今後の国内事業展開 10 ~ 海外進出拡大意欲は高水準ながらも一服感 国内事業は拡大方針が 2 年連続で過半超え ~ 3. 海外進出への取り組み ( 国 地域別 機能別 ) 16 ~ 米国 ベト

72.7 25.6 26.6 0.7 製造業(n=1,633) 86.8 32.4 12.9 0.3 飲食料品(n=361) 82.5 58.2 16.6 0.8 繊維・織物/アパレル(n=84) 78.6 19.0 21.4 0.0 木材・木製品/家具・建材/紙・パルプ(n=62) 75.8 19.4 24.2 0.0 化学(n=102) 91.2 15.7 8.8 0.0 医療品・化粧品(n=57) 91.2 19.3 8.8 0.0 石油・石炭製品/プラスチック製品/ゴム製品(n=86) 93.0 27.9 7.0 0.0 窯業・土石(n=27) 88.9 29.6 11.1 0.0 鉄鋼/非鉄金属/金属製品(n=179) 82.1 29.6 17.9 0.0 一般機械(n=170) 95.3 26.5 4.7 0.0 電気機械(n=103) 90.3 27.2 8.7 1.0 情報通信機械器具/電子部品・デバイス(n=52) 96.2 13.5 3.8 0.0 自動車/自動車部品/その他輸送機器(n=102) 85.3 23.5 14.7 0.0 精密機器(n=67) 94.0 29.9 6.0 0.0 その他製造業(n=181) 85.6 30.4 13.8 0.6 56.0 17.4 42.9 1.1 商社・卸売(n=687) 78.9 18.3 20.8 0.3 小売(n=99) 56.6 28.3 42.4 1.0 建設(n=78) 38.5 15.4 61.5 0.0 運輸(n=74) 28.4 8.1 70.3 1.4 金融・保険(n=86) 0.0 0.0 94.2 5.8 通信・情報・ソフトウェア(n=78) 33.3 20.5 66.7 0.0 専門サービス(n=74) 29.7 16.2 68.9 1.4 その他非製造業(n=196) 36.7 19.9 60.7 2.6 69.1 10.0 29.8 1.1 大企業(中堅企業を除く)(n=163) 68.1 4.9 31.9 0.0   中堅企業(n=475) 69.5 11.8 29.1 1.5 73.7 29.7 25.7 0.5   中小企業(小規模企業者を除く)(n=1,037) 76.7 22.3 22.9 0.5   小規模企業者(n=1,330) 71.4 35.6 28.0 0.6 非製造業(n=1,372)
さらに見せる

44 さらに読み込む

論文 中小企業の海外進出にみる変化 直接投資を中心に 日本政策金融公庫総合研究所主席研究員 丹下英明 要 旨 本稿の目的は 中小企業の海外直接投資による進出に焦点を当てて その変化を明らかにすることである そのためにアンケートを用いて 海外拠点の進出年代別に 進出前の準備実施状況や 海外拠点の管理状

論文 中小企業の海外進出にみる変化 直接投資を中心に 日本政策金融公庫総合研究所主席研究員 丹下英明 要 旨 本稿の目的は 中小企業の海外直接投資による進出に焦点を当てて その変化を明らかにすることである そのためにアンケートを用いて 海外拠点の進出年代別に 進出前の準備実施状況や 海外拠点の管理状

海外展開なかで一番リスクが高く、困難を伴 う形態が海外直接投資であることも、本稿で海外 直接投資を採り上げる理由である。海外に生産拠 点を設置する製造業を例にとると、進出に当たっ ては、土地や建物、機械など多額投資が必要と なる。撤退に際しては、こうした多額投資をど ように回収するかが重要となる。一方、輸出 場合、投資額は、海外直接投資に比べればそれほ ど大きくはならないだろう。日本から製品を送る だけなので、リスクも大きくはない。輸出から撤 退する際にも、海外直接投資に比べれば投資回収 問題は少なく、難しくはない。こうした点を踏 まえると、中小企業海外展開示唆を得るた めには、撤退が比較的容易な輸出や生産委託、技 術供与など進出形態を分析するよりも、より大 きな困難に直面することが想定される海外直接投 資に焦点を当てることが重要と考える。
さらに見せる

18 さらに読み込む

Show all 10000 documents...