活動開始前の状況や課題

Top PDF 活動開始前の状況や課題:

我が国における駐車場の集約化・配置適正化の状況と今後の課題 IBS | IBS Annual Report 研究活動報告2017

我が国における駐車場の集約化・配置適正化の状況と今後の課題 IBS | IBS Annual Report 研究活動報告2017

我が国における駐車場集約化・配置適正化状況と今後課題 The Situation of Parking Aggregation and Placement-Optimization in Japan and Future Issues 松本浩和 *  青野貞康 *  加藤桃子 **  須永大介 ***  正木 恵 **  石神孝裕 **** By Hirokazu MATSUMOTO, Sadayasu AONO, Momoko KATO, Daisuke SUNAGA, Megumi MASAKI and Takahiro ISHIGAMI

6 さらに読み込む

JAIST Repository: 通商産業研究所の活動状況と今後の課題

JAIST Repository: 通商産業研究所の活動状況と今後の課題

2 D3 通商産業研究所活動状況と今後課題 ○太田 房江 (通商産業研究所) 1.当研究所活動状況 通商産業研究所は、通商産業省附属機関として1987年7月に設立され、 本年で4ヶ年目を迎える。世界経済相互依存関係深化技術革新による産業 構造・産業組織変化など我が国をめぐる経済環境は著しく変化しており、当省 政策立案諸前提も大きく変化しつつあることから、基礎的・長期的視点に立 ちつつ新しい時代に即応した政策研究が求められている。
さらに見せる

2 さらに読み込む

調査概要 < 調査趣旨 > 本調査は 新卒採用活動に関する次の1~4の項目について 企業における実態と課題を捉えることを目的に実施しました 1 リクルーターの活用における課題点とリクルーター研修の実施状況 2 適性診断テストの活用状況 3 面接における課題点と面接官研修の実施状況 4 内定者フォロー

調査概要 < 調査趣旨 > 本調査は 新卒採用活動に関する次の1~4の項目について 企業における実態と課題を捉えることを目的に実施しました 1 リクルーターの活用における課題点とリクルーター研修の実施状況 2 適性診断テストの活用状況 3 面接における課題点と面接官研修の実施状況 4 内定者フォロー

* * * 知識 知識 知識 活用力とは、様々な情報(既有知識のみならず、インターネット等で容易に取り出せる情報も含む)を組み合せながら、 知識 活用力とは、様々な情報(既有知識のみならず、インターネット等で容易に取り出せる情報も含む)を組み合せながら、 活用力とは、様々な情報(既有知識のみならず、インターネット等で容易に取り出せる情報も含む)を組み合せながら、 活用力とは、様々な情報(既有知識のみならず、インターネット等で容易に取り出せる情報も含む)を組み合せながら、 自ら課題設定状況推測したり、解決策を見出すことできる 自ら課題設定状況推測したり、解決策を見出すことできる 自ら課題設定状況推測したり、解決策を見出すことできる 自ら課題設定状況推測したり、解決策を見出すことできる 能力 能力 能力 能力 - 「言語能力」「非言語能力」は面接スクリーニングに活用するケースが多い。 「言語能力」「非言語能力」は面接スクリーニングに活用するケースが多い。 「言語能力」「非言語能力」は面接スクリーニングに活用するケースが多い。 「言語能力」「非言語能力」は面接スクリーニングに活用するケースが多い。
さらに見せる

14 さらに読み込む

単元の目標及び内容について 学習方法に関すること 多くの人々に喜んでもらえる活動にしたいという願いをもち, 主体的に栽培活動に取り組む 課題発見力 天候や生育状況等の必要な情報を収集したり, 情報を関連付けたりしながら, 収穫量を増やすために考え, 栽培活動に生すことができる 課題追究 情報活用力

単元の目標及び内容について 学習方法に関すること 多くの人々に喜んでもらえる活動にしたいという願いをもち, 主体的に栽培活動に取り組む 課題発見力 天候や生育状況等の必要な情報を収集したり, 情報を関連付けたりしながら, 収穫量を増やすために考え, 栽培活動に生すことができる 課題追究 情報活用力

トマト栽培に当たっては,理科学習と関連付けながら必要な条件を整理し,「たくさん収穫す る」という課題解決に向けた作戦をグループごとに考え,思考しながら栽培活動に取り組ませる。 栽培活動では,先輩トマトを栽培している地域方などに聞き取りを行いながら,生育状況に応 じてグループ作戦見直しを繰り返させ,児童自ら試行錯誤しながら課題解決していく過程を大切 にしたい。また,自分達作戦が有効だったか見取るために,何をどのように観察し記録していくと よいかをグループで話し合い,気温,茎丈,実大きさ(重さ)など視点を明確にして観察カ ードに記録させていく。
さらに見せる

10 さらに読み込む

沖縄大学「学生生活支援室」一年半の活動状況報告-多様な課題を抱える学生への支援の取り組み-: 沖縄地域学リポジトリ

沖縄大学「学生生活支援室」一年半の活動状況報告-多様な課題を抱える学生への支援の取り組み-: 沖縄地域学リポジトリ

Title 沖縄大学「学生生活支援室」一年半活動状況報告−多様 な課題を抱える学生へ支援取り組み− Author(s) 名城, 健二; 野村, 時子 Citation 沖縄大学人文学部紀要 = Journal of the Faculty of Humanities and Social Sciences(10): 139-155 Issue Date 2007-12-31

18 さらに読み込む

本日のアジェンダ 1. データ経営の現状と課題 2. 本研究テーマ概要 3. 目的 / ゴール 4. 実施方案 5. 活動状況 6. 課題 対策 7. 今後の取組み (2017 年度計画 ) 2

本日のアジェンダ 1. データ経営の現状と課題 2. 本研究テーマ概要 3. 目的 / ゴール 4. 実施方案 5. 活動状況 6. 課題 対策 7. 今後の取組み (2017 年度計画 ) 2

4.実施方案 (5) データ経営フレームワーク 4/5 15 ・情報戦略 経営戦略と紐付 経営として必要な定量的かつ重要な ・中長期情報戦略策定 ・経営層 エンタープライズアーキテクチャ(EA) ・個別(各社別、事業別)計画 ・CDO設置(TOPダウン強化) ・全社足並みがそろうことによる効率化、 ・経営指標リアルタイム化により ・デジタル経営 (事業戦略と紐付) 成果指標など、情報を活用した経営 ・経営戦略と紐付 ・中間管理層 製品ライフサイクル  単純積み上げであり、経営戦略と  (専門家へ権限集中・強化)  利便性、管理コスト削減が図られる  機会損失を削減
さらに見せる

23 さらに読み込む

理工学部の留学生受入状況と今後の課題

理工学部の留学生受入状況と今後の課題

上 野 圭 司  となりうる。現に多く協定校からダブル/デュアルデグリー制度構築を強く求められている。本 学でもダブル/デュアルデグリー制度導入を積極的に進めるべきと考える。  理工学部大学院在籍者ほとんどは中国から留学生であることをすでに述べた。その内訳を見

3 さらに読み込む

資料の概要 東日本大震災における消防の活動等と今後の課題 1 東日本大震災の被害状況 2 市町村の消防組織と消防の事務等 主な被災県の消防の活動状況 消防職員 消防団員の被害状況 3 緊急消防援助隊等の応援状況 活動状況我が国の危機管理 1 危機管理の範囲 2 これまでの大規模地震対策 3 初動 4

資料の概要 東日本大震災における消防の活動等と今後の課題 1 東日本大震災の被害状況 2 市町村の消防組織と消防の事務等 主な被災県の消防の活動状況 消防職員 消防団員の被害状況 3 緊急消防援助隊等の応援状況 活動状況我が国の危機管理 1 危機管理の範囲 2 これまでの大規模地震対策 3 初動 4

千 葉 県 蓮 沼 村 千 葉 県 旭 市 千 葉 県 銚 子 市 茨 城 県 波 崎 町 茨 城 県 神 栖 町 茨 城 県 神 栖 町 茨 城 県 鹿 嶋 市 茨 城 県 鉾 田 町 茨 城 県 大 洗 町 茨 城 県 ひ た ち な か 市 茨 城 県 日 立 市 茨 城 県 日 立 市 茨 城 県 高 萩 市 茨 城 県 北 茨 城 市 福 島 県 い わ き 市 福 島 県 い わ き 市 福 島 県 い わ き 市 福 島 県 広 野 町 福 島 県 楢 葉 町 福 島 県 大 熊 町 福 島 県 小 高 町 福 島 県 原 町 市 福 島 県 相 馬 市 福 島 県 新 地 町 宮 城 県 亘 理 町 宮 城 県 名 取 市 宮 城 県 宮 城 野 区 宮 城 県 七 ヶ 浜 町 宮 城 県 塩 竈 市 宮 城 県 松 島 町 宮 城 県 東 松 島 市 宮 城 県 東 松 島 市 宮 城 県 矢 本 町 宮 城 県 石 巻 市 宮 城 県 女 川 町 宮 城 県 石 巻 市 宮 城 県 石 巻 市 宮 城 県 石 巻 市 宮 城 県 石 巻 市 宮 城 県 石 巻 市 宮 城 県 女 川 町 宮 城 県 女 川 町 宮 城 県 女 川 町 宮 城 県 石 巻 市 宮 城 県 石 巻 市 宮 城 県 石 巻 市 宮 城 県 石 巻 市 宮 城 県 志 津 川 町 宮 城 県 歌 津 町 宮 城 県 歌 津 町 宮 城 県 本 吉 町 宮 城 県 気 仙 沼 市 宮 城 県 唐 桑 町 宮 城 県 唐 桑 町 宮 城 県 唐 桑 町 岩 手 県 陸 高 田 市 岩 手 県 陸 高 田 市 岩 手 県 大 船 渡 市 岩 手 県 大 船 渡 市 岩 手 県 大 船 渡 市 岩 手 県 大 船 渡 市 岩 手 県 大 船 渡 市 岩 手 県 大 船 渡 市 岩 手 県 大 船 渡 市 岩 手 県 釜 石 市 岩 手 県 釜 石 市 岩 手 県 釜 石 市 岩 手 県 釜 石 市 岩 手 県 釜 石 市 岩 手 県 釜 石 市 岩 手 県 大 槌 町 岩 手 県 山 田 町 岩 手 県 山 田 町 岩 手 県 山 田 町 岩 手 県 宮 古 市 岩 手 県 宮 古 市 岩 手 県 宮 古 市 岩 手 県 宮 古 市 岩 手 県 宮 古 市 岩 手 県 宮 古 市 岩 手 県 岩 泉 町 岩 手 県 田 野 畑 村 岩 手 県 普 代 村 岩 手 県 久 慈 市 岩 手 県 久 慈 市 岩 手 県 種 市 町 岩 手 県 種 市 町 青 森 県 八 戸 市 青 森 県 八 戸 市 青 森 県 百 石 町 青 森 県 三 沢 市 青 森 県 六 ヶ 所 村 青 森 県 六 ヶ 所 村 青 森 県 東 通 村 青 森 県 東 通 村 青 森 県 東 通 村 青 森 県 東 通 村 青 森 県 む つ 市 青 森 県 風 間 浦 村 青 森 県 大 間 町 青 森 県 佐 井 村
さらに見せる

48 さらに読み込む

平成 29 年度全国学力 学習状況調査の結果について 1 調査の概要と目的平成 29 年 4 月 平成 29 年度全国学力 学習状況調査が これまでの教育活動や教育施策の成果と課題等を把握 検証し 今後の教育活動に生かすことを目的として全国の小学校 6 年生と中学校 3 年生を対象に 悉皆調査として

平成 29 年度全国学力 学習状況調査の結果について 1 調査の概要と目的平成 29 年 4 月 平成 29 年度全国学力 学習状況調査が これまでの教育活動や教育施策の成果と課題等を把握 検証し 今後の教育活動に生かすことを目的として全国の小学校 6 年生と中学校 3 年生を対象に 悉皆調査として

活用に関する問題では、国語「表現仕方を捉えて、自分感じたこと考えたこと を書くこと」「物語を読み、具体的な叙述を基に理由を明確にして自分考えをまとめ ること」、算数・数学「仮平均を用いた考えを利用し、測定値平均を求めること」 「資料傾向を的確に捉え、判断理由を数学的な表現を用いて説明すること」などに課 題がありました。この課題については、思考力・判断力・表現力を身につけていくため 活用学習あり方を見直す必要があると考えています。改善ためには、教師が「何を教 えるか」という学習内容を重視した授業から、「学習を通して何ができるようになるか」 という視点で授業づくりが必要です。具体的には、基礎的知識習得に加え、身につい た知識を実際生活中で活用する学習場面を増やしたり、意見交流を通して自分にはな い考えに気づいたり、それぞれ良さを実感できたりするような授業展開工夫が必要で す。その際、考えたことを文章にしたり発表したりする活動を多く取り入れ、児童生徒が 表現する力をより一層高められるように配慮していくことが重要です。
さらに見せる

11 さらに読み込む

「看護ネット」の目的、活動状況、評価ならびに今後の課題

「看護ネット」の目的、活動状況、評価ならびに今後の課題

 臨床場面 :リスク  ケア場面で、リテラシースキル低い人を発見できるよう実 践組織を変化させる  ヘルスリテラシーをアセスメントして、その人に合わせた健康情 報、コミュニケーション方法、教育方法を用いることで、 セルフマ ネジメントアドヒアランスを促進し、ケア結果 を向上させる

39 さらに読み込む

「看護ネット《の目的、活動状況、評価ならびに今後の課題

「看護ネット《の目的、活動状況、評価ならびに今後の課題

健康増進法 • 健康増進法 (2003) – (国民責務)国民は、健康な生活習慣 重要性に対する関心と理解を深め、生涯に わたって、自ら健康状態を自覚するとと もに、健康増進に努めなければならない – (国及び地方公共団体責務)…教育活動 及び広報活動を通じた健康増進に関する 正しい知識普及 …関係者に対し、必要な 技術的援助を与えることに努めなければな らない。

120 さらに読み込む

災害時リハビリテーション支援活動の課題

災害時リハビリテーション支援活動の課題

【PT として活動】  まず,現地活動本部で支援者として熊本に滞在してい る間生活についてオリエンテーションを受け,前任 JRAT チームからは支援活動に対する引き継ぎを受 けた。引き継ぎ内容は,避難所状況行ってきた環 境調整,避難者個別健康状態具体的要求など情 報,他団体情報連携方法など広く詳細であった。筆 者活動した 1 日タイムスケジュールを表 1 に示す。 医療チーム保健師チーム定例ミーティングで避難所 情報を得たうえで,避難所で避難者を予め用意されて いた評価票(図 3)で動作状況を評価した。そして,避 難者日常で活動と生活へ参加を促すために,同行 する医師指示もと生活不活病発症リスクが高いと 判断される避難者へ運動指導などを行った。また,避 難所内外環境整備,福祉用具選定に関する指導を 行った。
さらに見せる

8 さらに読み込む

イノベーションの担い手の活動状況04

イノベーションの担い手の活動状況04

【JST】戦略的国際科学技術協力推進事業 0 0 0 0 【JST】イノベーションハブ構築支援事業 2 588,300 4 1,238,503 【JST】ライフサイエンスデータベース統合推進事業 8 11,916 5 113,100 【JST】先端計測分析技術・機器開発プログラム(放射線計測) 0 0 0 0 【JST】戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)(5課題合計) 109 1,090,911 3 60,001 【JST】革新的研究開発推進プログラム(ImPACT) 187 2,254,445 342 2,910,869 【JSPS】科学研究費助成事業(特別推進研究) 23 713,315 14 1,865,760 【JSPS】科学研究費助成事業(基盤研究(S)) 98 824,200 87 4,284,930 【JSPS】科学研究費助成事業(基盤研究(A)) 336 935,410 597 8,932,170 【JSPS】科学研究費助成事業(基盤研究(B)) 493 858,560 2,725 17,528,420 【JSPS】科学研究費助成事業(基盤研究(C)) 0 0 11,043 19,621,160 【JSPS】科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究) 0 0 3,952 7,316,530 【JSPS】科学研究費助成事業(若手研究(A)) 96 256,767 389 3,691,740 【JSPS】科学研究費助成事業(若手研究(B)) 0 0 5,771 9,906,130 【JSPS】科学研究費助成事業(研究活動スタート支援) 75 42,914 943 1,316,770 【JSPS】科学研究費助成事業(奨励研究) 15 3,160 709 348,400 【JSPS】科学研究費助成事業(研究成果公開促進費) 8 19,900 403 914,100 【JSPS】科学研究費助成事業(特別研究員奨励費) 140 53,795 2,690 2,734,220 【JSPS】科学研究費助成事業 (新学術領域研究) 240 1,021,606 1,016 8,831,550 【JSPS】科学研究費助成事業(特別研究促進費) 1 6,400 3 67,500
さらに見せる

38 さらに読み込む

各部会の活動状況予定200505

各部会の活動状況予定200505

【論点】 ①初期連絡遅れが課題であり、教訓として活かすべきではないか。 ②自家発電燃料確保について、営業店では燃料を常時確保することは困難 なため、その対策を載せられないか。 また、断水に備えて水洗トイレが使用不能となることを想定し簡易トイレ 等を確保しておくことなどを考慮事項に入れるべきではないか。

6 さらに読み込む

資料1 本格的に活動を開始した住民自治協議会の課題と対応について 長野市都市内分権審議会  長野市ホームページ

資料1 本格的に活動を開始した住民自治協議会の課題と対応について 長野市都市内分権審議会 長野市ホームページ

対応 本格活動開始初年度であり、会議回数も増えている状況がある。 部会ごと活動が整理・統合・円滑化していくことで来年度以降は徐々に軽 減されてくるものと思われるが、 「住民自治協議会に関することは支所で」 という風潮があり、 市立公民館地区保健センターなどが関係する部会等へ

7 さらに読み込む

小学校外国語活動の現状と展望 : 課題解決的な学習活動の展開

小学校外国語活動の現状と展望 : 課題解決的な学習活動の展開

2 本県における小学校外国語活動取 組状況  小学校英語教育に関する鹿児島県内取組とし ては,ここ10数年にわたって,「レッツ・ビギン, 英語に親しむデイリーライフ事業」「英語大好き かごしまっ子育成プラン」「小学校英語教育推進 事業」「小学校外国語活動実践研究事業」「小・中 連携英語教育研究事業」等各種事業を県教育委 員会が推進してきている。その中で,県教委研 究指定校拠点校,市町村教育委員会研究協力 校,地域特性を生かした特別教育課程を編成 する教育特区指定を受けて研究等実践的な成 果が県内各学校に還元され,各学校取組意識 高揚教員指導力向上につながっている。  著者もここ10数年,県内各地研究公開,教育 委員会・各種研究団体主催研修会,各学校校 内研修会等に出席し,外国語活動取組状況把 握に努めてきた。その取組状況概要を以下よ うに捉えている。
さらに見せる

11 さらに読み込む

目次 調査概要 2 Ⅰ.218 年卒の新卒採用活動の総括 < 企業 > 1) 採用計画の結果 / 入社予定者への満足度 3 2) 入社予定者への量的満足度と質的満足度 4 3) 採用活動プロセス毎の実施状況 5 4) 採用活動スケジュール -プロセス毎の開始時期- 6 5) 面接から内定までの状況

目次 調査概要 2 Ⅰ.218 年卒の新卒採用活動の総括 < 企業 > 1) 採用計画の結果 / 入社予定者への満足度 3 2) 入社予定者への量的満足度と質的満足度 4 3) 採用活動プロセス毎の実施状況 5 4) 採用活動スケジュール -プロセス毎の開始時期- 6 5) 面接から内定までの状況

■「知りたいと思っていたもの」と「知ることができたもの」2018年卒と2017年卒増減 (「知りたいと思っていたもの」「知ることができたもの」2018年卒と2017年卒で増減大きい項目をピックアップ、 横軸は2017年卒から2018年卒 で「知りたいと思った」ポイント増減、縦軸は2017年卒から2018年卒で「知ることができた」ポイント増減を表す) 上述項目を【『知りたいと思っていた』『知ることができた』が共に増加したもの】【『知りたいと思っていた』が増加した が、『知ることができた』が減少したもの】【『知りたいと思っていた』が減少したが、『知ることができた』が増加したも 】【共に減少したもの】4つ象限に分類した。「10)離職者数または離職率」「7)取り扱っている製品サービス」 は『知りたいと思っていた』『知ることができた』がともに増加した。「1)経営方針・事業戦略」は『知りたいと思っていた』 が増加しているに対し、『知ることができた』は減少した。
さらに見せる

29 さらに読み込む

サービス概要 1 1 サービス概要用語解説 ご利用開始前の事前準備ご利用開始までの流れ ご利用開始手続き 目次 ご利用開始手続き < 管理者編 > < 利用者編 > サービスのご利用方法 オンライン取引 サービスの流れ

サービス概要 1 1 サービス概要用語解説 ご利用開始前の事前準備ご利用開始までの流れ ご利用開始手続き 目次 ご利用開始手続き < 管理者編 > < 利用者編 > サービスのご利用方法 オンライン取引 サービスの流れ

① サービス内容・ご利用時間 >> ※1 依頼書請求につきましては、取引店へお問い合わせください。  ※2 即時振込場合、振込先金融機関状況等により、振込先口座に即時入金されない場合があります。 ※3 予約扱い場合は、振込・振替資金は資金移動指定日営業日までにご用意ください。確保できない場合は、振込・振替されません。 ② ファイル伝送サービス受付期限 >>
さらに見せる

80 さらに読み込む

7 本時の指導構想 (1) 本時のねらい本時は, 前時までの活動を受けて, 単元テーマ なぜ働くのだろう について, さらに考えを深めるための自己課題を設定させる () 論理の意識化を図る学習活動 に関わって 考えがいのある課題設定 学習課題を 職業調べの自己課題を設定する と設定する ( 学習課題

7 本時の指導構想 (1) 本時のねらい本時は, 前時までの活動を受けて, 単元テーマ なぜ働くのだろう について, さらに考えを深めるための自己課題を設定させる () 論理の意識化を図る学習活動 に関わって 考えがいのある課題設定 学習課題を 職業調べの自己課題を設定する と設定する ( 学習課題

生徒は,単元「幼いころ自分を知ろう」中で,「インタビュー」という調査方法で家族から情 報収集する学習活動を行った。家族から聞いたことで,自分が知らなかったことに気付いたり,他人 とかかわり合いから相手についてより深く理解したりと,インタビュー活動効果を実感したようで ある。本単元においても,家族など周囲大人にインタビューしたことを基に,「なぜ働くだろう」 について探っていく中で,前回学びをいかして,インタビューに取り組み,分析していくことで深い 学びにつながると考えられる。そして,情報収集整理・分析方法についても広げていきたい。 本単元では,職業について調査・分析をし,働く意義自分自身将来像を考える活動を進める。そ 際,生徒が必要性を実感して,主体的に学習に取り組めるように,思考ツール選択・活用かかわ り合いなどを展開していきたい。また,単元を通して「なぜ働くだろう」を追究させ,主体的に人生 計画を立て,進路を選択し決定できる力素地を築かせたい。
さらに見せる

5 さらに読み込む

薬剤師の在宅緩和ケア活動報告と課題

薬剤師の在宅緩和ケア活動報告と課題

時間に合わせて主治医・多職種参加が可能であった, 等が挙げられた. 退院へ準備が整うだけでなく, 在宅 医当院医療者が退院カンファレンス必要性を理解 しているかによって, 退院カンファレンス開催は大 きく左右されるではないか, と えた. 【結 語】 患 者・家族・在宅医多職種を えて退院カンファレ ンスにより, 切れ目ない医療福祉が提供できる可能性 がある. 今後円滑にカンファレンスが開催出来るため システム作り連携を図っていきたい.
さらに見せる

2 さらに読み込む

Show all 10000 documents...