活動に興味・関心をもってい

Top PDF 活動に興味・関心をもってい:

(1 年 3 名,2 年 9 名 ) 活動日 : 金曜日 基本的にはお菓子を作っていますが 授業が午前中だけの時などはパスタなどの料理にも挑戦します みんなとても仲良しで楽しく活動しています 料理が苦手な方でも大丈夫なので 興味のある方は調理室まで見に来てください (1 名 ) 活動日 : 週 2

(1 年 3 名,2 年 9 名 ) 活動日 : 金曜日 基本的にはお菓子を作っていますが 授業が午前中だけの時などはパスタなどの料理にも挑戦します みんなとても仲良しで楽しく活動しています 料理が苦手な方でも大丈夫なので 興味のある方は調理室まで見に来てください (1 名 ) 活動日 : 週 2

(1年3名,2年2名) 活動日:週6日(日曜日off) ・部員5名のうち、2名が昨年、三段取得しました。初めて剣道する方 でももちろん段取得できます。部員が尐ないので、尐ないからこそ日 頃から声出し頑張っます。経験者はもちろんですが、経験の無 方、武道始めみたい方、まだ高校で部活入るか決めない方、 是非一度、剣道場下さい。よろしくお願いします!
さらに見せる

11 さらに読み込む

主体的に学習に取学習意欲を向上させるためには 児童生徒が学習の目的を自覚して見通しり組む意欲 態度を立てたり 学習したことを振り返ったりする活動を計画的に取り入れるように工夫し 学習することの意味をとらえたり 成長を実感できるようにしたりして 児童生徒の興味 関心を生かした学習指導を展開することが重

主体的に学習に取学習意欲を向上させるためには 児童生徒が学習の目的を自覚して見通しり組む意欲 態度を立てたり 学習したことを振り返ったりする活動を計画的に取り入れるように工夫し 学習することの意味をとらえたり 成長を実感できるようにしたりして 児童生徒の興味 関心を生かした学習指導を展開することが重

知識・技能活用 習得した知識・技能活用した観察・実験やレポートの作成、論述といっ し課題解決す たそれぞれの教科の特性応じた学習活動充実させ、思考力・判断力・表 るため必要な思 現力等育成する必要がある。また、各教科における知識・技能活用する 考力・判断力・表 学習活動があっこそ総合的な学習の時間における教科等横断した課題解 現力等 決的な学習や探究的な活動も充実し、各教科の知識・技能の確実な定着も 結び付くのである。 これらの学習の基盤となるのは言語に関する能力であり、 その育成図る上で必要な言語環境整え、児童生徒の言語活動充実する 必要がある。
さらに見せる

12 さらに読み込む

発刊にあたって 私たちが暮らす東区には 身近に数多くの事業所があり なかには 世界で認められ活躍している事業所もあります また 日常的に地域の一員としての活動を実践している事業所もあります そのような活動を区民の皆様にお伝えすることで 区内の 産業 に関心をもっていただき 地域の誇りの一つに加えてい

発刊にあたって 私たちが暮らす東区には 身近に数多くの事業所があり なかには 世界で認められ活躍している事業所もあります また 日常的に地域の一員としての活動を実践している事業所もあります そのような活動を区民の皆様にお伝えすることで 区内の 産業 に関心をもっていただき 地域の誇りの一つに加えてい

 私たちが暮らす東区は、身近数多くの事業所があり、なかは、世界で認められ活躍しいる事業所もあり ます。また、日常的地域の一員としての活動実践しいる事業所もあります。  そのような活動区民の皆様お伝えすることで、区内の『産業』関心もっいただき、地域の誇りの一つ 加えいただきたいとの思いで、この冊子作成しました。 
さらに見せる

40 さらに読み込む

1. 趣旨 フレッシュ (3 年生以下 ) ミニバスケットボールを通して バスケットボールに対する興味 関心を高め 益々夢中になって取り組めるようにする 子どもを支える保護者が バスケットボールの面白さを理解し バスケットボールの普及 発展につながることを願う 2. 主催フレッシュミニバスケットボー

1. 趣旨 フレッシュ (3 年生以下 ) ミニバスケットボールを通して バスケットボールに対する興味 関心を高め 益々夢中になって取り組めるようにする 子どもを支える保護者が バスケットボールの面白さを理解し バスケットボールの普及 発展につながることを願う 2. 主催フレッシュミニバスケットボー

1.趣旨 ○ フレッシュ(3年生以下)ミニバスケットボールを通して、バスケットボール  に対する興味関心高め、益々夢中なっ取り組めるようする。 ○ 子ども支える保護者が、バスケットボールの面白さ理解し、バスケット  ボールの普及・発展つながること願う。

12 さらに読み込む

たい 単元を貫く言語活動として, ポップカード で友達におすすめの本を紹介するという活動を位置 付ける もうすぐ雨に で習得した学びを活用し, 自分で選んだ本の紹介文を書いていく 作品の テーマを読み取りまとめる言語活動は, 読書に対する興味 関心を広げることにつながると考える (4) 単元の指導計

たい 単元を貫く言語活動として, ポップカード で友達におすすめの本を紹介するという活動を位置 付ける もうすぐ雨に で習得した学びを活用し, 自分で選んだ本の紹介文を書いていく 作品の テーマを読み取りまとめる言語活動は, 読書に対する興味 関心を広げることにつながると考える (4) 単元の指導計

場面ごと「ぼく」の行動示した叙述子どもたちと並べ替えることで, 「ぼく」の気持ちが徐々 変化したこと捉えさせる。 <友達向き合う段階> 友達と向き合う段階では, 話し合いを通して考えの深まり 実感させたい。しかし,話し合いの場与えただけでは, 何根拠話し合ったらよいかが分からない。そこで,本時 は「Q&Aトーク」使っ話し合わせる。 「Q&Aトーク」 とは,文章表現から問い見つけ,友達同士でその答え考 える活動である。 「Q&Aトーク」のやり方は,あらかじめ 伝えおく。
さらに見せる

6 さらに読み込む

学術論文 特別支援学校 ( 聴覚障害 ) 幼稚部における 話し合い 活動の取組の現状 鈴木惠利子 * 左藤敦子 ** 聾学校では, 聴覚障害幼児の日本語の発達を促す教育活動の一つに, 話し合い活動 といわれる言語指導が行われている 話し合い活動 は, 自然な生活場面の中で, 子どもの興味関心にそって

学術論文 特別支援学校 ( 聴覚障害 ) 幼稚部における 話し合い 活動の取組の現状 鈴木惠利子 * 左藤敦子 ** 聾学校では, 聴覚障害幼児の日本語の発達を促す教育活動の一つに, 話し合い活動 といわれる言語指導が行われている 話し合い活動 は, 自然な生活場面の中で, 子どもの興味関心にそって

6 わらず,「集団の確保の難しさ」「個々の言語力の差」 ついの課題が挙げられた。さらに,「話し合い」活動 実施しいる学校からは,「コミュニケーション手段の 多様化」「教師の専門性の困難さ」に関する回答が多く 挙げられ,庄司(2010, 2011)の指摘とも一致した。 しかし,現在「話し合い」活動実施しない学校で あっも,条件や環境が整えば「話し合い」活動実施 したいと考えいることや,コミュニケーションの場 保障するため様々な手立て講じいるということも 示された。これは,今まで実施されきた指導法のっ とった活動だけではなく,聴覚障害教育の背景の変化 考慮した柔軟かつ応用性のある活動へと展開しいく必 要性も示唆しいると考えられる。また,視点変え ると,回答みられる各々の課題は,「話し合い」活動 の実践の困難さだけ関わるものではなく,聴覚障害教 育における言語指導全般にわたる課題としても捉えるこ とができる。庄司(2010)は,北海道札幌聾学校おけ る実践研究の報告まとめる過程で,「話し合い」活動 とは一時間帯で行われる単なる活動ではなく,聴覚障害 幼稚期の指導関わる教育観や子ども観等基盤とす る聾学校幼稚部教育の中核なす教育方法であろうと 述べいることからも,「話し合い」活動は聴覚障害幼 児に対する言語指導およびコミュニケーション指導の基 本包括的含む指導法であるといえる。例えば,「話 し合い活動行う上でのグループ構成は 5 ~ 6 人程度 が適当である(大塚,1976)」「口声模倣や文字読ませ 理解の確認する(北海道札幌聾学校,1993)」「受 容の態度と構え育てる(北海道札幌聾学校,1993)」 等の「話し合い」活動に関する示唆は,他の指導法 おいも必要不可欠な視点である。
さらに見せる

7 さらに読み込む

仮説 1 導入 の工夫や 展開 において豊富な材料 技法を体験させることにより児童は 感性を働かせ 自ら学ぶことができるであろう 手立て 1 教科書を効果的に活用して 課題をわかりやすくおさえられるように工夫し 興味 関心を高め 児童が活動の見通しをもてるようにする 2 導入は 題材の最初の時間は1

仮説 1 導入 の工夫や 展開 において豊富な材料 技法を体験させることにより児童は 感性を働かせ 自ら学ぶことができるであろう 手立て 1 教科書を効果的に活用して 課題をわかりやすくおさえられるように工夫し 興味 関心を高め 児童が活動の見通しをもてるようにする 2 導入は 題材の最初の時間は1

仮説1 「導入」の工夫や「展開」において豊富な材料・技法体験させることにより児童は、感性働 かせ、自ら学ぶことができるであろう。 手立て ①教科書効果的活用し、課題わかりやすくおさえられるよう工夫し、興味関心高 め、児童が活動の見通しもてるようする。

6 さらに読み込む

5. 学習指導計画 ( 全 9 時間 ) 次時学習活動指導上の留意点 Ⅰ 教材文を読み わかりやすく伝えるための筆者の工夫について考えるという見通しをもつ 枚の拡大写真を見比べて 共通項を見付けて 2 つに分 類する 教科書の写真を拡大し それぞれに記号を付けて掲示し 興味 関心を高める

5. 学習指導計画 ( 全 9 時間 ) 次時学習活動指導上の留意点 Ⅰ 教材文を読み わかりやすく伝えるための筆者の工夫について考えるという見通しをもつ 枚の拡大写真を見比べて 共通項を見付けて 2 つに分 類する 教科書の写真を拡大し それぞれに記号を付けて掲示し 興味 関心を高める

第3・4学年の説明文の学習においては、内容の中心とらえたり、段落相互の関係読み 取ったりすることが大きなねらいとなる。本教材は、段落相互の関係が明確であり、文章全体 の中での各段落の役割理解させるの適切な教材といえる。 指導にあたっては、教材文読む前、大きく拡大した4枚の写真活用し、共通点見付 けることで興味関心もたせる。通読後、写真と文章が対応しいる特徴生かし各段落 がどの写真の説明か見付けさせる。次に、各段落の内容読み取るとともに、キーワードや 接続語手がかりし、段落相互の関係とらえさせる。その際、写真や文章が対比され ること、そのことにより、わかりやすい説明なっいることつかませたい。本教材文で、 筆者は、さまざまな説明の工夫凝らしいる。第Ⅱ次の最後の学習の振り返りで、それまで の表現の工夫まとめさせたい。
さらに見せる

7 さらに読み込む

本学級の生徒に, 英語科に関する興味 関心を問うアンケートを実施したところ, 以下のようになった (28 年 9 月実施 ) はいややあまりいいえ英語の授業が好きだ 65% 29% 0% 6% ペア活動に積極的に取り組んでいる 68% 32% 0% 0% グループ活動に積極的に取り組んでいる 70%

本学級の生徒に, 英語科に関する興味 関心を問うアンケートを実施したところ, 以下のようになった (28 年 9 月実施 ) はいややあまりいいえ英語の授業が好きだ 65% 29% 0% 6% ペア活動に積極的に取り組んでいる 68% 32% 0% 0% グループ活動に積極的に取り組んでいる 70%

本単元は,中学校学習指導要領 外国語活動の言語活動の指導事項「書くこと」における「(イ)語と語のつながり など注意し正しく文書くこと」と,「話すこと」における「(ウ)聞いたり読んだりしたことなどについて,問答したり意 見述べ合ったりなどすること」受け構成されいる。この単元では,咲が文化祭で兄紹介するスピーチ行い, クラスメイトがその内容に関して,様々な質問する場面が設定されいる。咲は,他者紹介のスピーチするだけで なく,クラスメイトからの質問答えることで,お互いがスピーチの理解深めいる。よって,相手意識持っ他者 紹介文書くというコミュニケーション能力や,聞き手として分からなかったことや,内容について質問する即興力 育成するの適した教材であるといえる。また,言語材料としては,三人称単数現在形が取り扱われおり,その他 も,頻度表す副詞や,what の疑問詞で始まる疑問文も使われいる。
さらに見せる

7 さらに読み込む

はじめに 近年 子どもたちの生活には インターネットや携帯電話の普及により 電子メディアの情報があふれ 子どもたちの生活時間や物事への興味 関心が多様化している中 子どもの活字離れや読書離れが指摘されています 子どもの読書活動は 豊富な言葉を知り 考える力を養い 豊かな感性と心を育てるなど 子どもた

はじめに 近年 子どもたちの生活には インターネットや携帯電話の普及により 電子メディアの情報があふれ 子どもたちの生活時間や物事への興味 関心が多様化している中 子どもの活字離れや読書離れが指摘されています 子どもの読書活動は 豊富な言葉を知り 考える力を養い 豊かな感性と心を育てるなど 子どもた

ること目的平成18年度から開催しいる「白山市図書館使った調べ学習コン クール」は、現在、市内の小中学校から2千超える応募作品が集まり、特色ある読 書活動の事業となっます。 また、司書教諭は、小中学校の国語科などの授業での学校図書館活用や図書委員会 活動など、読書活動の推進取り組んでますが、特に中学校では図書館業務携わ る時間の確保が難しい状況あります。
さらに見せる

21 さらに読み込む

わいわいサロン 1 回目 縦割りでグループを作り 子育ての悩みを打ち明けながら各ご家庭で実践していることなど意見交換をしました 学年を超えて話が盛り上がり 交流が深まりました 栽培物の世話 各学年で経験させたいことを話し合い 子どもたちが興味 関心をもって育てることができるように担任が工夫しました

わいわいサロン 1 回目 縦割りでグループを作り 子育ての悩みを打ち明けながら各ご家庭で実践していることなど意見交換をしました 学年を超えて話が盛り上がり 交流が深まりました 栽培物の世話 各学年で経験させたいことを話し合い 子どもたちが興味 関心をもって育てることができるように担任が工夫しました

また、明正小学校の 2 年生の児童とグループ作っ春から交流ます。遠足の事前、事後活動 ではお芋のダンスやハンカチ落とし交流深めました。 5 歳児が柏学園のお芋使っ「お芋の茶巾」作り、みんな振舞いました。2 年生も届けるとお礼 の手紙一人ずついただきました。併設小学校・幼稚園の良さ生かし連携進めます。
さらに見せる

9 さらに読み込む

2 期のねらい第 9 期 (11 月 ~12 月 ) 友達と一緒に見通しやめあてをもって活動していく時期 <ねらい> 共通の目的に向かって考えを出し合ったり 協力したり工夫したりしながら遊びを進めていく 自分なりの見通しやめあてをもって遊びに取り組み 個々の力を発揮していく 季節や生活の変化に興味や

2 期のねらい第 9 期 (11 月 ~12 月 ) 友達と一緒に見通しやめあてをもって活動していく時期 <ねらい> 共通の目的に向かって考えを出し合ったり 協力したり工夫したりしながら遊びを進めていく 自分なりの見通しやめあてをもって遊びに取り組み 個々の力を発揮していく 季節や生活の変化に興味や

人間関係 ・9 月中旬の鹿野山宿泊保育経験したことで、自信もっ活動取り組む姿が見られ るようなり、友達同士声かけたり自然と手伝ったりするようなった。 ・10月の運動会向け、おみこし作ったりリレーの順番決めたりする中で、友達 の思い聞いどうするか考えたり、同じ係の友達と協力しながら道具の準備や片付け 行ったりした事で、協力し合いながら行う姿が見られるようなっきた。
さらに見せる

7 さらに読み込む

ボランティアに関する意識 1 ボランティア活動に対して 58.3% が関心がある ボランティア活動をしたことがある人は 35.0% である ボランティア活動に対する関心の有無 (n=3,044) ボランティア活動経験の有無 (n=3,044) その他 1.6 % まったく関心がない 3.9 % あま

ボランティアに関する意識 1 ボランティア活動に対して 58.3% が関心がある ボランティア活動をしたことがある人は 35.0% である ボランティア活動に対する関心の有無 (n=3,044) ボランティア活動経験の有無 (n=3,044) その他 1.6 % まったく関心がない 3.9 % あま

13 (参考)東日本大震災に関する支援活動④ ●受援者の8割以上が支援活動「満足」または「やや満足」と回答。 ●その理由としては、「時期が良かった」、「誠意が伝わった」などが多い。一方、支援活動に対して「不満」また は「やや不満」と回答した約2割の者は、その理由として、「量が適当でない」や「時期が適当でない」、「場所 が適当でない」ことなど多く挙げいる。

18 さらに読み込む

3. 学習の流れ ( 取出し指導時間程度 ) 時取出し指導での学習活動在籍学級での学習活動 第 1 2 時 < 政府の経済活動と租税 > 本時のねらい 租税について興味 関心をもち 租税の仕組みと働きについて理解することができる 本時のねらい 租税について興味関心をもち 租税の仕組みと働きや公債発行

3. 学習の流れ ( 取出し指導時間程度 ) 時取出し指導での学習活動在籍学級での学習活動 第 1 2 時 < 政府の経済活動と租税 > 本時のねらい 租税について興味 関心をもち 租税の仕組みと働きについて理解することができる 本時のねらい 租税について興味関心をもち 租税の仕組みと働きや公債発行

特に、キーワードについては(▲記憶支援・音声化、反復)などの支援授業冒頭の前時の復習の場面や 最後のまとめの場面で行っいくとより定着図ることができる。 本単元では、単元の最後この章終え、自分が考えたこと、思っいること日本語の文章として書 表現する機会設定した。 (日本語) 「書く力」が弱い外国人生徒がこの活動を通して、今まで学習し きたことキーワード中心まとめたり、さらに、自分なりの考え日本語で表現したりすることができること願っ いる。
さらに見せる

9 さらに読み込む

キユーピーグループ社会 環境報告書 編集方針基本的な考え方 キユーピーグループ社会 環境報告書 は ステークホルダーの皆様から最も信頼していただける企業をめざし 誠実に透明性をもって 企業姿勢や活動をご報告しています 2017 年版では 2016 年 1 月に改定した グループ理念

キユーピーグループ社会 環境報告書 編集方針基本的な考え方 キユーピーグループ社会 環境報告書 は ステークホルダーの皆様から最も信頼していただける企業をめざし 誠実に透明性をもって 企業姿勢や活動をご報告しています 2017 年版では 2016 年 1 月に改定した グループ理念

 「食」の取り組みでは、事業所の取り組みとして、渋谷 オフィス・仙川キユーポートでは事業所内食堂で「野菜 +70g活動」として、野菜多く使っいるメニュー「野 菜+70g」マークの表示、精算時野菜摂取量の見える 化実施しました。「運動」の取り組みでは、事業所の取 り組みとして、仙川キユーポートではウォーキング講座、 部署別対抗歩数競争、ヨガ教室などより多くの方が参加 できる企画実施します。「卒煙」の推進向け、 産業医科大学の大和浩教授による講演、各事業所と中 継つないで実施しました。また「休養」の取り組みとし は、メンタル産業医の指導のもと、グループ全体でス トレスチェック実施し、職場分析報告、高ストレス者の 産業医面談行いました。また、 『ダイバーシティ・健康 経営のサイト』立ち上げ 、トップ層の健康宣言や、グ ループの健康活動の取り組みなど紹介します。  その他、仙川キユーポート・渋谷オフィスでは、はがき サイズの“健康宣言書”入居しいるグループ会社 配布・各自の目標掲示し一人ひとりが健康へ向き合う きっかけづくり進めます。
さらに見せる

72 さらに読み込む

地区サポーターとは 地区サポーター をご存知ですか? 地域住民で福祉活動に関心のある方が 小中学校での福祉体験学習や花壇作り 福祉施設やふれあい いきいきサロンのお手伝いなど 広く活躍しています また 活動に役立つ講座や懇談会で 同じ地域で活動するサポーター同士の交流も図っており 地域の顔見知りも増

地区サポーターとは 地区サポーター をご存知ですか? 地域住民で福祉活動に関心のある方が 小中学校での福祉体験学習や花壇作り 福祉施設やふれあい いきいきサロンのお手伝いなど 広く活躍しています また 活動に役立つ講座や懇談会で 同じ地域で活動するサポーター同士の交流も図っており 地域の顔見知りも増

 あなたも地域の縁の下の力持ちとして、活躍しみませんか?皆さんのご参加お待ちします。 詳しくはお住まいの各地区事務局(3面)へお気軽お問い合わせください。 ★地区事務局だより発行しました★  各地区で行っいる取組みや地区サポーターの活動紹介など定 期的お伝えするため、地区事務局だより発行します。  町会やまちづくりセンターのご協力により掲示板など貼っあ りますので、ぜひお住まいの地区でチェックし下さい♪
さらに見せる

8 さらに読み込む

について関心をもって話し合っている 6 身近な電気器具について興味 関心をもっている 電圧の特徴を 結果から見いだしている 6 実験結果から 電流の大きさが加えた電圧の大きさに比例することを見いだしている 7 直列回路と並列回路での抵抗の値がどのようになるか 実験の結果から見いだしている 8 水温の

について関心をもって話し合っている 6 身近な電気器具について興味 関心をもっている 電圧の特徴を 結果から見いだしている 6 実験結果から 電流の大きさが加えた電圧の大きさに比例することを見いだしている 7 直列回路と並列回路での抵抗の値がどのようになるか 実験の結果から見いだしている 8 水温の

現代の社会生活において電気は欠かせないものとなっいる。身の回りは様々な電気器具があるが、 仕組みが分からないものがほとんどである。電流は目見えないため概念確立することが難しい事 象ではあるが、豆電球使った簡単な回路での実験から始め、回路中の電流や電圧の規則性だ したり、データ処理におけるグラフ化、モデル化といった探究活動を通して、小学校での定性的な電流 の概念から定量的な概念へ発展させたりしいきたい。さらに、電流から熱や光、音発生させたり他 の物体の運動状態変化させたりすることができること、電熱線の発熱量調べる実験により電力の違 によって発生する熱量違いがあること見いださせいく。
さらに見せる

7 さらに読み込む

はじめに 鍋料理がおいしく感じられる季節が 今年もいよいよやってきました 紀文 鍋白書 では 鍋 おでん をテーマに 練りものを通じて 和食文化の保護 継承の重要性 や 食への興味 関心 を持っていただくトピックスを毎年ご紹介しています < 第 1 部 >プロスポーツ選手や子どもたちの栄養サポートの

はじめに 鍋料理がおいしく感じられる季節が 今年もいよいよやってきました 紀文 鍋白書 では 鍋 おでん をテーマに 練りものを通じて 和食文化の保護 継承の重要性 や 食への興味 関心 を持っていただくトピックスを毎年ご紹介しています < 第 1 部 >プロスポーツ選手や子どもたちの栄養サポートの

は同じだと思います。鍋料理やおでん囲むことでコミュニケーションが活発なりますし、日本で食 べる時とはまた違った特別感があります。 ちなみに私がすすめる「和食」とは、洋風・中華風・エスニック風なども含め、私たちが日常食べ いる「ご飯(主食)+おかず(主菜と副菜)+汁物」基本とした食事であり、決して難しく考える必要 はありません。基本は 「炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル」といった必要な栄養素 バランスよくとること。「疲労回復」「減量」「スタミナ&筋肉量&集中力アップ」などの目的合わせ、 「十分なエネルギー量」「低脂肪」「高たんぱく質」「高ビタミン・高ミネラル」満たす食事とるよう アドバイスします。
さらに見せる

18 さらに読み込む

となっている イタリアとロシアでの意向が特に強いが 欧米エリアでは全体的に強い傾向にある 国や地域によって 興味 関心は異なる 例えば ご当地 ラーメン に関心が高いのはフィリピン 世界遺産 はイタリア 城 城址 はロシア 和牛 は香港など 日本の地方への関心は アジアだけではなく欧米エリアにも拡大

となっている イタリアとロシアでの意向が特に強いが 欧米エリアでは全体的に強い傾向にある 国や地域によって 興味 関心は異なる 例えば ご当地 ラーメン に関心が高いのはフィリピン 世界遺産 はイタリア 城 城址 はロシア 和牛 は香港など 日本の地方への関心は アジアだけではなく欧米エリアにも拡大

・特に「日本食」の評価は高く、台湾・タイ・香港・ドイツ・カナダの 5 カ国・地域では 1 位 となっいる。前年よりもスコアが大きく伸びた国・地域はロシア(前年の 2 倍)と韓国(前 年より 9 ポイント向上)。ロシアではもともと日本食ブームであったところへ昨年から日本産 牛肉の輸入が解禁されたこと、韓国では昨年訪日観光客が過去最多となったことが影響し いると考えられる。

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...