新た 市街地や都市基盤 整備

Top PDF 新た 市街地や都市基盤 整備:

( 新 ) 藤沢都市計画住宅市街地の開発整備の方針 平成年月 神奈川県 藤沢 住宅 -1

( 新 ) 藤沢都市計画住宅市街地の開発整備の方針 平成年月 神奈川県 藤沢 住宅 -1

(2) 良好な住宅市街地整備又は開発の方針 ① 住宅市街地の開発整備の目標を達成するため、土地区画整理事業等により道路、下水道、公 園、緑地等都市基盤整備を推進するとともに、教育、福祉施設等の配置と整合のとれた住宅及 び住宅地の計画的供給を図り、子どもから高齢者まですべての人々が快適に生活できるように 居住コミュニティの形成を図る。

15 さらに読み込む

9.4 から 8 までに掲げる事業及び措置の総合的かつ一体的推進に関する事項 [1] 市町村の推進体制の整備等 (1) 庁内における中心市街地活性化推進体制の整備 充実新たな中心市街地活性化基本計画を策定するにあたり 全庁横断的かつ関係者も含めた組織を設置し 活性化の必要性や基本方針等の共通認識を図

9.4 から 8 までに掲げる事業及び措置の総合的かつ一体的推進に関する事項 [1] 市町村の推進体制の整備等 (1) 庁内における中心市街地活性化推進体制の整備 充実新たな中心市街地活性化基本計画を策定するにあたり 全庁横断的かつ関係者も含めた組織を設置し 活性化の必要性や基本方針等の共通認識を図

9.4から8までに掲げる事業及び措置の総合的かつ一体的推進に関する事項 [1]市町村の推進体制の整備等 (1)庁内における中心市街地活性化推進体制の整備・充実 新たな中心市街地活性化基本計画を策定するにあたり、全庁横断的かつ関係者も含 めた組織を設置し、活性化の必要性基本方針等の共通認識を図るとともに、市民ワ ークショップ、市民等へのアンケート調査での意見、石岡商工会議所、まちづくり 会社である“まち未来いしおか” 、民間事業者、中心市街地活性化協議会と情報交換 等を行い、計画策定を進めた。
さらに見せる

15 さらに読み込む

社会資本総合整備計画<新市街地

社会資本総合整備計画<新市街地

平成 26年3月25日 城陽市新市街地における下水道整備 平成26年度 ∼ 平成27年度 (2年間) 京都府 城陽市 久世荒内・寺田塚本地区土地区画整理事業と合わせて、区画整理事業地区内の公共下水道の整備を促進する。

3 さらに読み込む

目 次 1 都市再開発の方針 1 (1) 基本方針 1 (2) 市街化進行地域及び新市街地の整備方針 1 (3) 既成市街地の再開発の方針 2 2 計画的に再開発が必要な市街地 (1 号市街地 ) 3 3 再開発を促進すべき地区の整備又は開発の方針 4 別表 1(1 号市街地 ) 別表 2(2 号地

目 次 1 都市再開発の方針 1 (1) 基本方針 1 (2) 市街化進行地域及び新市街地の整備方針 1 (3) 既成市街地の再開発の方針 2 2 計画的に再開発が必要な市街地 (1 号市街地 ) 3 3 再開発を促進すべき地区の整備又は開発の方針 4 別表 1(1 号市街地 ) 別表 2(2 号地

- 3 - ③ 居住環境の改善に関する方針 既存市街地市街地には、老朽木造住宅等の密集市街地及び狭小宅地を伴う小規模 開発のスプロール地区などがあり、再開発事業区画整理事業により基盤整備が進めら れているが、このように改善された良好な居住環境のある地区については、その環境の 維持に努めることとする。また、それ以外の老朽木造住宅等の密集地区小規模開発の スプロール地区においては、公共施設の整備とともに、共同化による広場空地等都市 空間の確保等、規制誘導手法の活用を図り、個別更新の不燃化への総合的な環境整備を 進め、良好な市街地形成に努める。
さらに見せる

29 さらに読み込む

地方都市の親水空間整備をカタリストとした中心市街地再生に関する研究―徳島市新町川周辺を対象として― [ PDF

地方都市の親水空間整備をカタリストとした中心市街地再生に関する研究―徳島市新町川周辺を対象として― [ PDF

ある NPO 法人新町川を守る会は、川の清掃川を利用 したイベントを一年を通して行っている。  ボードウォーク周辺は様々なイベントの会場として 今も活用されている。パラソルショップは仮設性を活 かし、屋台販売ブースとして利用されている。また、 ヒアリングをする中で、各イベントに関わる人達が相 互に連携していることが確認できた。イベント間のコ ラボレーション運営等に活かされている。イベント が集中する休日の賑わいは戻りつつあるが、平日はい まだ閑散としており、今後の課題といえる。
さらに見せる

4 さらに読み込む

・住宅市街地整備計画(十条駅東地区)

・住宅市街地整備計画(十条駅東地区)

そのため、当地区では幅員 6m以上の道路を、既存及び新設していく公園との関係も 考慮しながら配置し、消防活動困難区域の解消を図る必要がある。 イ 避難路である補助 83 号線の早期整備と沿道の不燃化促進 当地区は防災都市づくり推進計画の重点整備地域・十条地区内に位置し、 「地震に関する 地域危険度測定調査 (第 7 回) (平成 25 年 9 月公表)」 では建物倒壊危険度がランク 2∼4、 火災危険度がランク 3∼5 という状況であり、 避難場所は直近に位置し、 徒歩による避難が 十分に可能な距離であることから、 安全な避難路機能をもった補助 83 号線の早期整備が地 区の重要な課題となっている。
さらに見せる

24 さらに読み込む

事後評価シート(熊谷市中心市街地地区都市再生整備計画)

事後評価シート(熊谷市中心市街地地区都市再生整備計画)

高齢者 害者等 意見 熊谷 中心 街地 現状 把握 関 業者 連携 アフ 環境 推進 図 歩 新設 歩行者 全性 回 性 向 自転車通行環境 整備 自転車 通行 置 誘 歩行者 全性及 自転車 回 性 向 歩 新設 全 心 歩 空間 創出及 自転車通行環境 整備 自転車 移動 い空間 創出 歩行者 自転車通行 大 環境負荷 い移動手段 転換 図 ■残 未解決 課

3 さらに読み込む

阪神間都市計画新住宅市街地開発事業の変更(兵庫県決定)

阪神間都市計画新住宅市街地開発事業の変更(兵庫県決定)

D 今回の見直しは、都市計画道路の廃止 道路整備などによって、境界の根拠が失 われた箇所について、周辺の土地利用の 実態現況の道路の形態等にあわせた変 更を行うものです。

30 さらに読み込む

Microsoft Word - 平成29年度事業研究家発表論文「地方都市における新たな市街地開発に関する考察ー富山県区域区分見直しを事例としてー」

Microsoft Word - 平成29年度事業研究家発表論文「地方都市における新たな市街地開発に関する考察ー富山県区域区分見直しを事例としてー」

2)都市計画区域は,一体の都市として総合的に整備し, 開発し,保全する区域のため,本事案のように 2 以上 の市町村の行政区域にまたがる広域的な区域の場合も あるし,逆に 1 の市町村の行政区域の一部でもある場 合もある.また,都市計画区域は,「都市計画法に基 づき都市計画を策定する場であるとともに,その単位 でもある.市町村の区域とは別にこの制度が設けられ ているのは,わが国独自のものである」(建設行政実 務研究会・前掲(注 1)63 頁参照)とされている. 3)安本典夫『都市法概説(第2版)』(法律文化社,
さらに見せる

5 さらに読み込む

「木造密集市街地における道路整備効果について」

「木造密集市街地における道路整備効果について」

「第八期住宅建設五か年計画」 (平成 13 年 3 月 13 日閣議決定)において、「緊急に改善 すべき密集市街地」の定義 2 を公表し、 「地震等の災害等に対する安全性を高めるとともに、 居住の快適性の向上を図る観点に立った住宅及び住宅市街地整備」を位置づけている。 また、平成 13 年 12 月の都市再生プロジェクト第 3 次決定では、地震時等において大規模 な火災の可能性の高い危険な密集市街地(全国約 8000ha)を、今後 10 年間で重点的に整 備することにより、市街地の大規模延焼を防止し、最低限の安全性を確保することとして いる。これを受け、平成 15 年 7 月に「地震時等において大規模な火災の可能性があり、重 点的に改善すべき密集市街地」を公表しており、東京都においては、 2,339ha が位置づけら れた。また、 「密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律」により、密集市街 整備の一層の推進を図るため、 1)防災機能を向上させるための特定防災街区整備地区制度 の創設、 2)老朽建築物を防災性能を備えた建築物に更新するとともに、道路、公園等の公共 施設の整備を行う防災街区整備事業の創設、 3)道路、公園等の防災公共施設等の整備促進の ための施行予定者制度の創設等の改正が行われ、平成 15 年 12 月に施行された。さらに、 平成 23 年 3 月 15 日に閣議決定された住生活基本計画(全国計画)において、 「地震時等に 著しく危険な密集市街地の面積」約 6,000ha を平成 32 年度までに概ね解消するとの目標を 定めており、東京都では、1683ha が位置づけられている。
さらに見せる

22 さらに読み込む

広域道路整備基本計画に位置づけのある環状道路を形成する 市街地再開発 区画整理等の沿道まちづくりとの連携あり 米原市都市計画マスタープラン 中心市街地内で行う事業である 幹線都市計画道路網密度が 1.5km/km2 以下である市街地内での事業である DID 区域内の都市計画道路整備であり 市街地の都

広域道路整備基本計画に位置づけのある環状道路を形成する 市街地再開発 区画整理等の沿道まちづくりとの連携あり 米原市都市計画マスタープラン 中心市街地内で行う事業である 幹線都市計画道路網密度が 1.5km/km2 以下である市街地内での事業である DID 区域内の都市計画道路整備であり 市街地の都

■ 現道等における混雑時旅行速度が20km/h未満である区間の旅行速度の改善が期待される 国道8号(彦根市佐和山町)、 (旅行速度13.7km/h→20km/h、現道からバイパスへの交通転換) □ 現道又は並行区間等における踏切交通遮断量が10,000台時/日以上の踏切道の除却もしくは交通改善が期待 される ■ 現道等に、当該路線の整備により利便性の向上が期待できるバス路線が存在する 近江鉄道バス(木之本米原線、醒ヶ井養鱒場線) □ 新幹線駅もしくは特急停車駅へのアクセス向上が見込まれる
さらに見せる

17 さらに読み込む

事後評価シート(白河駅南地区) 都市再生整備計画(中心市街地活性化関係) | 白河市公式ホームページ

事後評価シート(白河駅南地区) 都市再生整備計画(中心市街地活性化関係) | 白河市公式ホームページ

数  値 地域防災施設(図書館)の整備に伴う蔵書 数の大幅な拡充、駐車場の整備による来 館者の利便性向上、地域交流センター 創業支援室の整備による交流人口の拡大 により、本の貸出サービスのニーズを新た に生み出すことができた結果、本の貸出登 録者数が増加した。

3 さらに読み込む

中心市街地地区 当初申請 社会資本総合整備計画  観音寺市ホームページ

中心市街地地区 当初申請 社会資本総合整備計画 観音寺市ホームページ

・平成17年度の市町合併後、新市として策定した、観音寺市総合振興計画都市計画マスタープランにおいて、コンパクトで持続可能なまちづくりを推進するため、地域の拠点としての中心市街地のにぎわいの創出、利便性、交流性、 回遊性、安全性の向上を目指した市街地形成の方針が示された。 ・また、『観音寺市交通バリアフリー歩行空間ネットワーク整備計画』に基づき、すべての人が安全に歩ける歩行空間ネットワークとして、歩道等のバリアフリー化が推進されている。 ・このような中、合併後の観音寺市の大きな課題として、小学校等の学校統廃合及び老朽化した市役所、市民会館等の建替が存在し、学校統廃合として、中心市街地に位置する南小学校が東小学校との統廃合により、旧クラボウ観音 寺工場跡地に観音寺小学校として新設されることとなった。そこで、コンパクトで持続可能なまちづくりを推進する観点から、市街地への都市機能の集積を図ることを目的に、老朽化し、耐震等の問題から建替が余儀なくされた市民会館 を、南小学校跡地に建設し、地域住民及び来訪者の交流の場として整備を図ることが計画され、中心市街地における文化、芸術活動等の交流機能及び吸引力の増加、その他様々な施策との連携によるにぎわい創出のための核として 期待されている。
さらに見せる

20 さらに読み込む

市街地整備におけるエリアマネジメントの手引 本文 第4章 土地区画整備事業~あとがき

市街地整備におけるエリアマネジメントの手引 本文 第4章 土地区画整備事業~あとがき

都内の事業における主なエリアマネジメントの事例 地区名 秋葉原地区 (所在:千代田区) (手法:土地区画整理事業) 1 地区の概要 秋葉原地区は、都心部に位置し、鉄道交通の結節点としての機能及び世界有数の家電・ 電子機器販売の集積地としての特徴を持つまちであり、平成17年度には秋葉原と茨城県 つくば市を結ぶつくばエクスプレスが開業した。秋葉原駅周辺には、旧神田市場移転跡地 (約 2.7ha)旧国鉄清算事業団用地(約 3.2ha)などの大規模跡地の有効利用の検討を 進めるなかで、これらの跡地を中心に周辺地域を含めた一体的な整備を土地区画整理事業 により実施することとし、つくばエクスプレスの整備に併せて道路等の都市基盤整備を 進めることとした。
さらに見せる

18 さらに読み込む

阪神間都市計画新住宅市街地開発事業の変更(兵庫県決定)

阪神間都市計画新住宅市街地開発事業の変更(兵庫県決定)

2.適用の除外 (1) 都市計画法第 12 条の 4 に規定す る地区計画のうち、同法第 12 条の 5 第 3 項に規定する再開発等促進区 の区域内にあり、かつ、同条第 2 項 第 1 号に規定する地区整備計画の 区域内において建築物を建築する 場合又は同法第 12 条の 7 及び同法 第 12 条の 8 に規定する地区整備計 画の区域内において建築物を建築 する場合については、この規定は適 用しない。

15 さらに読み込む

・住宅市街地整備計画(志茂地区)

・住宅市街地整備計画(志茂地区)

志茂旧道及び新河岸川 隅 川沿い 道路 主要生活道路 整備 西 南東方向 帯状 残 震災時 消防活動困 域 解消 東 南西方向 地 南西側 本通 ( 国道 122 号 ) 地 東側新河岸川 隅 川沿い道路 連絡 荒川河川敷広域避 場所 避 路 機能 う 地 幅員 m ~ m未満 現道 効活用 250 m間隔 主要生活道路 整備

25 さらに読み込む

中心市街地地区 第1回変更 社会資本総合整備計画  観音寺市ホームページ

中心市街地地区 第1回変更 社会資本総合整備計画 観音寺市ホームページ

・平成17年度の市町合併後、新市として策定した、観音寺市総合振興計画都市計画マスタープランにおいて、コンパクトで持続可能なまちづくりを推進するため、地域の拠点としての中心市街地のにぎわいの創出、利便性、交流性、 回遊性、安全性の向上を目指した市街地形成の方針が示された。 ・また、『観音寺市交通バリアフリー歩行空間ネットワーク整備計画』に基づき、すべての人が安全に歩ける歩行空間ネットワークとして、歩道等のバリアフリー化が推進されている。 ・このような中、合併後の観音寺市の大きな課題として、小学校等の学校統廃合及び老朽化した市役所、市民会館等の建替が存在し、学校統廃合として、中心市街地に位置する南小学校が東小学校との統廃合により、旧クラボウ観音 寺工場跡地に観音寺小学校として新設されることとなった。そこで、コンパクトで持続可能なまちづくりを推進する観点から、市街地への都市機能の集積を図ることを目的に、老朽化し、耐震等の問題から建替が余儀なくされた市民会館 を、南小学校跡地に建設し、地域住民及び来訪者の交流の場として整備を図ることが計画され、中心市街地における文化、芸術活動等の交流機能及び吸引力の増加、その他様々な施策との連携によるにぎわい創出のための核として 期待されている。
さらに見せる

24 さらに読み込む

宮崎市中心市街地地区の概要 都市再生整備計画  宮崎市

宮崎市中心市街地地区の概要 都市再生整備計画 宮崎市

まちづくりの経緯及び現況 ・こうした状況の中、中心市街地における市街地整備改善及び商業等の活性化の一体的推進を図るため、平成10年度には『夢を育むみんなの街』をコンセプトとした宮崎市中心市街地活性化基本計画(平成11  年度には地区別計画)を策定した。 ・中心市街地活性化基本計画に関しては、郊外部での大規模商業施設立地等、策定当時と中心市街地を取り巻く環境が大きく変化していることから、平成17年に抜本的見直しを行い、平成19年5月に新たな基本  計画が内閣総理大臣の認定を受けた。
さらに見せる

5 さらに読み込む

宮崎市中心市街地地区事後評価シート 都市再生整備計画事後評価(都市計画)  宮崎市

宮崎市中心市街地地区事後評価シート 都市再生整備計画事後評価(都市計画) 宮崎市

課題 変化 ●中心市街地 賑わい創出 い 観光ス プ (ス プ 宮崎 E EY 整備 各種 ン 事業 実施 こ 新 観光ス 地域 魅力 高 中心市街地 集客力 向上 宮崎駅周辺 休日 通行量 大 修景花壇 展示 花 緑 使 講 等 実施 市民参加型 ン 実施 中心市街地 集客力 高 今後 休日通行量乗降客数 維持 ン 情報提 供 あ 方 容 実施方法 見直 増加 せ 組 必要 あ

3 さらに読み込む

1)市街地(拠点・軸)のまちづくり方針 都市計画マスタープラン見直し(案)|浦安市公式サイト

1)市街地(拠点・軸)のまちづくり方針 都市計画マスタープラン見直し(案)|浦安市公式サイト

浦安市の「都市拠点」である浦安駅・新浦安駅・舞浜駅の周辺では、各駅周辺の特性を活か しながら、交通利便性の向上を図りつつ、都市の魅力と活力が高まるまちづくりに取り組みま す。また、関係権利者事業者などとともに協働のまちづくりを推進します。 「シビックセンター地区」は、市庁舎の建替え浦安公園の一体整備を進め、環境に優しく 風格を備えた行政・文化・福祉としての拠点の充実を図ります。また、 「新町地域センター地 区」は、地域住民の生活を支える商業・生涯学習・市民交流の拠点として、 「海辺の交歓エリ ア」は、海とふれあいながら市民が交流を深める拠点として、それぞれの特性を活かした機能 の整備・充実を図ります。
さらに見せる

9 さらに読み込む

Show all 10000 documents...