• 検索結果がありません。

復傾向が持続。8月の実質消費支出は

第3 節第 1 (3) 9 表家計主要項目 ( 二人以上の世帯のうち勤労者世帯 ) と実質消費の増減要因 ( 単位 %) 年 期 消費支出実収入平均消費者可処分所得非消費支出消費性向物価 名目 実質 名目 実質 名目 名目 前年比 [ 実質消費支出への寄与 ] [ 1

第3 節第 1 (3) 9 表家計主要項目 ( 二人以上の世帯のうち勤労者世帯 ) と実質消費の増減要因 ( 単位 %) 年 期 消費支出実収入平均消費者可処分所得非消費支出消費性向物価 名目 実質 名目 実質 名目 名目 前年比 [ 実質消費支出への寄与 ] [ 1

... (2年ぶりに増加した小売業販売額) 第1−(3)−12表により、業態別販売額推移をみると、2010年小売業販売額、前 年比2.5%増と2年ぶり増加となった。 2010年動きを業種別にみると、燃料小売業、2009年と比較してガソリンなど石油 ...

13

2016 年家計調査年報 家計収支編 家計消費傾向と品目別支出金額調査報告書 2017 年 9 月 東松島市商工会

2016 年家計調査年報 家計収支編 家計消費傾向と品目別支出金額調査報告書 2017 年 9 月 東松島市商工会

... 2.二人以上世帯 10 大費目別消費支出と内訳 10大費目中、「保健医療」、「教育」を除いて、8費目実質減少となった。 3.勤労者世帯1世帯当たり1か月平均実収入 二人以上世帯において、実収入うち勤め先収入内訳をみると、世帯主臨時収入・ ...

8

月期の実質成長率等 (2 次 QE) 月期の実質成長率 (2 次速報 ) は 前期比 0.3% と 0.1% ポイント上方改定された マイナス成長となったのは 記録的な暖冬により冬物衣料品が落ち込むなど個人消費が前期比 0.9 % となったことなどが背景 2015 暦年は

月期の実質成長率等 (2 次 QE) 月期の実質成長率 (2 次速報 ) は 前期比 0.3% と 0.1% ポイント上方改定された マイナス成長となったのは 記録的な暖冬により冬物衣料品が落ち込むなど個人消費が前期比 0.9 % となったことなどが背景 2015 暦年は

... ネット(折線) 処分 参考2.今回措置各主体へ影響(金融機関) 〇収益面でマイナス影響を見込む先多い一方、中小企業を中心とした資金需要高まり や、積極的な貸出スタンスを維持する向き多い。この点、貸し渋りなど貸出スタンス消 ...

10

欧州経済展望2021年4月号:活動制限下でも製造業は回復傾向が持続

欧州経済展望2021年4月号:活動制限下でも製造業は回復傾向が持続

... (株)日本総合研究所 欧州経済展望 2021年4月 ◆2021年入り後に回復一旦休止 英国で、本年入り後、新型コロナ感 染再拡大に伴う活動制限強化に加えて、 Brexit移行期間終了による混乱によっ て、景気回復一旦休止。1月輸出前 月比▲18.3%と、昨春ロックダウン時を ...

8

米の消費に関する動向 米の1 人当たりの年間消費量は 昭和 37 年度をピークに一貫して減少傾向にある 具体的には 37 年度には118kgの米を消費していたのが 平成 25 年度には その半分程度の57kgにまで減少している また 米の需要量は毎年約 8 万トンずつの減少傾向にある 米の年間 1

米の消費に関する動向 米の1 人当たりの年間消費量は 昭和 37 年度をピークに一貫して減少傾向にある 具体的には 37 年度には118kgの米を消費していたのが 平成 25 年度には その半分程度の57kgにまで減少している また 米の需要量は毎年約 8 万トンずつの減少傾向にある 米の年間 1

... ・ 稲作農家に対する農林漁業セーフティネット資金円滑な融通を図るよう、日本政策金融公庫に指示(11月14日関連通知を発出)。 ・ 平成26年産米生産者に対する農林漁業セーフティネット資金について貸付当初1年間実質無利子化(11月14日要綱を改正)。 ② 既存資金償還猶予に係る関係機関へ要請。 ・ ...

27

2. 個別部門の動向 : 家計部門 三重県経済の現状と見通し 211/ 個人消費 低調 個人消費は 低調 まず 家計調査 より 個人消費の動向を支出者側からみると ( 図表 1) 3 月の勤労者世帯消費支出 ( 津市 ) は前年比 1.4% と 震災後で消費マインドの低下が懸念されたものの 小幅な減

2. 個別部門の動向 : 家計部門 三重県経済の現状と見通し 211/ 個人消費 低調 個人消費は 低調 まず 家計調査 より 個人消費の動向を支出者側からみると ( 図表 1) 3 月の勤労者世帯消費支出 ( 津市 ) は前年比 1.4% と 震災後で消費マインドの低下が懸念されたものの 小幅な減

... ○3月求人倍率をみると(図表6)、有効求人倍率(季節調整値)0.73倍と、僅かながら前月比上昇したほ か、新規求人倍率(同)も1.19倍と、引き続き1倍大台を維持。 ○3月新規求人数(学卒・パートを除く)をみると(図表7)、前年比+19.5%と、2割前後プラス持続。こ ...

9

1 事業の経過および成果 当期におけるわが国経済は 個人消費に弱さが見られるものの 雇用 所得 環境の改善傾向が見られ 原油価格の下落や円安の効果もあり 緩やかな回 復基調が続きました このような状況の中 オリエンタルランドグループは 主力のテーマパーク 事業において 2つのテーマパークで実施した季

1 事業の経過および成果 当期におけるわが国経済は 個人消費に弱さが見られるものの 雇用 所得 環境の改善傾向が見られ 原油価格の下落や円安の効果もあり 緩やかな回 復基調が続きました このような状況の中 オリエンタルランドグループは 主力のテーマパーク 事業において 2つのテーマパークで実施した季

... (注)………テーマパーク価値向上に向け、2015年6月4日時点で導入または公表している主な新規プロダクト概要について32 ページをご参照ください。 ▶ 平準化による入園者数向上 スペシャルイベント等展開とマーケティング活動組み合わせにより、第1四半期や第4四半期 ...

34

制裁解除とビジネス重視の環境が整う影響で 2016 年と 2017 年の実質 GDP 成長率は 4.2% と 4.6% に押し上げられ 経済指標も全般的に上向くと考えられている 製造面では 主に炭化水素の生産増と原油価格回復の見通しが成長に寄与する 支出面では消費 投資 輸出が主な要因になるとみられ

制裁解除とビジネス重視の環境が整う影響で 2016 年と 2017 年の実質 GDP 成長率は 4.2% と 4.6% に押し上げられ 経済指標も全般的に上向くと考えられている 製造面では 主に炭化水素の生産増と原油価格回復の見通しが成長に寄与する 支出面では消費 投資 輸出が主な要因になるとみられ

... らもパートナーに関心ある団体を探しており、タイサイアム・セメント・グループ(SCG) 実質的に国外初技術パートナーである。SCG イランポリエチレン会社と 3 億 6,000 万 米ドル契約を締結している。 ...

8

2015 年家計調査年報 家計収支編 家計消費傾向と品目別支出金額調査報告書 2016 年 11 月 東松島市商工会

2015 年家計調査年報 家計収支編 家計消費傾向と品目別支出金額調査報告書 2016 年 11 月 東松島市商工会

... か月平均消費支出 消費支出近年状況として、2014 年消費税率引き上げに伴う駆け込み需要みられ たものの、 その後反動減や夏場天候不順影響などもあって減少となった。 2015 年、 ...

9

持続可能な消費:ABC 理論を越えて

持続可能な消費:ABC 理論を越えて

... を越えて:気候変動政策と社会的変化 理論」を発端に,その批判と再批判を通じて行われた。ショブ,気候変動など環境問 題深刻になってきている現実に対応するために,イギリス政府とろうとしている施策に ついていくつか文書を精査した結果,それら文書に共通している,「個人行動や個 ...

22

支出期間設定をともなう消費需要

支出期間設定をともなう消費需要

... 予知できる可能性低くなることになる.すると,財種類増えて市場増すほど,単位消費期間予測過去実現値のみで予測する傾向強くな るであろう.極端な例,1期前もの再度成立するとする静学的期待であ ...

25

持続可能な消費 : 二つのバージョン(完)

持続可能な消費 : 二つのバージョン(完)

... か。消費行動日常的にルーティン化され,その制約から脱け出すこと難しくなっている なら,社会的実践理論その中に持続性を視野に入れた移行理論を内在させていなければ ならないことになる。しかし,これまで社会的実践理論,メラニー・スペックら指摘 ...

21

山口県における個人消費の現状と最近の支出行動の特徴点

山口県における個人消費の現状と最近の支出行動の特徴点

... 第二に、山口県人口 3 分の 1 を占める年金受給者消費行動である。年金 受給額、 2013 年 10 月以降、 過去物価下落時に引き下げられなかった分を徐々 に減額する措置取られた。2015 年 4 月から「マクロ経済スライド」と呼ば ...

10

2. 個別部門の動向 : 家計部門 三重県経済の現状と見通し 218/11 個人消費 上向きつつある 個人消費は 上向きつつある 個人消費の動向を支出者側からみると 9 月の勤労者世帯消費支出 ( 津市 ) は前年比 +18.8% と 4 か月連続の増加 ( 図表 1) なお 勤労者世帯可処分所得

2. 個別部門の動向 : 家計部門 三重県経済の現状と見通し 218/11 個人消費 上向きつつある 個人消費は 上向きつつある 個人消費の動向を支出者側からみると 9 月の勤労者世帯消費支出 ( 津市 ) は前年比 +18.8% と 4 か月連続の増加 ( 図表 1) なお 勤労者世帯可処分所得

... ○個人消費、上向きつつある。 ○個人消費動向を支出者側からみると、9月勤労者世帯消費支出(津市)前年比+18.8%と4か月連続 増加(図表1)。なお、勤労者世帯可処分所得(津市)同▲0.3%と3か月振り減少(前掲図表1)。 ...

9

1章図表 名目と実質の 1 世帯当たり 1 か月間の食料消費支出 万円 / 月 名目 昭和 6 年 (18) 平成元 (18). 8.2 実質 () (17) () () (2) 資料 : 総務省 家計調査 ( 全国 二人以上の世帯 用

1章図表 名目と実質の 1 世帯当たり 1 か月間の食料消費支出 万円 / 月 名目 昭和 6 年 (18) 平成元 (18). 8.2 実質 () (17) () () (2) 資料 : 総務省 家計調査 ( 全国 二人以上の世帯 用

... いることを分かりやすく周知するとともに、外食、中食、冷凍食品、レトルト食品等も有 効活用しつつ、食事適切なメニューを自分で構成することや調理技術を身に付けること など重要性等を伝えることにより、日本型食生活実践を推進しています。 また、「食」へ関心や理解増進を図るとともに、食生活自然恩恵上に成り立 ...

9

7 果実の消費動向 2( 多様な消費者ニーズの動向 ) 消費者が生鮮果実を毎日は食べない理由として 買い置きできないことや価格 手間のほか 食べる食品が他にあることをあげている 食料支出に占める支出割合は 果物は減少傾向にあるが 菓子類や飲料は増加 消費者は 1 食べやすい 2 手頃な価格 3 日持

7 果実の消費動向 2( 多様な消費者ニーズの動向 ) 消費者が生鮮果実を毎日は食べない理由として 買い置きできないことや価格 手間のほか 食べる食品が他にあることをあげている 食料支出に占める支出割合は 果物は減少傾向にあるが 菓子類や飲料は増加 消費者は 1 食べやすい 2 手頃な価格 3 日持

... 資料:日園連調べ 平年平成24年~29年6カ年平均値。 4大市場と、京浜、京浜衛星、名古屋、京阪神地域39市場。 4大市場におけるその他主要果実卸売数量、卸売価格推移 ○ ...

9

持続可能な消費と社会的実践:序論

持続可能な消費と社会的実践:序論

... 1 アプローチ,伝統的な経済理論追求してきたこれまで消費 論,第 2 アプローチ持続可能な消費追求する,「二重配当」につながる新しい方向 性である。第 2 アプローチ登場してきた背景に,イースターリン・パラドックスに見 ...

22

中国消費市場 中国における個人消費支出は 安定成長の段階に入っています また 必要最低限の生活に欠かせない食品などの消費支出の割合が低下し 豊かな生活に向けて交通通信や教育文化娯楽などの消費支出の割合が増える傾向にあります 個人消費支出の推移 消費構成 ( 都市部 1 人あたり ) の推移 ( 兆元

中国消費市場 中国における個人消費支出は 安定成長の段階に入っています また 必要最低限の生活に欠かせない食品などの消費支出の割合が低下し 豊かな生活に向けて交通通信や教育文化娯楽などの消費支出の割合が増える傾向にあります 個人消費支出の推移 消費構成 ( 都市部 1 人あたり ) の推移 ( 兆元

... 0~7歳 子どもをターゲットとした、 「幼児教育スクール」+「室内遊 園地」 という2つ側面を持つ 大型複合施設 です。 2011年12月、浙江省杭州市、富裕層多く集まる再開発地域「銭江新城」に第1弾 オープン。専有面積3,350㎡を誇り、 中国初 幼児向け大型複合施設となっています。 ...

16

個人消費支出からみた戦間期の景気変動:LTES個人消費支出の再推計

個人消費支出からみた戦間期の景気変動:LTES個人消費支出の再推計

... LTES 語る事 実を踏まえたうえで、当時経済構造実態に接近している。例えば、武田[ 1983 ] 、 「不均衡成長」実態について、 1920 年代設備投資停滞しつつも民間消費 支出伸びていたという事実を踏まえ、 ...

26

図表 22 アルコール類の消費割合 アルコールの消費量は 1980 年以降はやや減少傾向にあるが 現在はほぼ変わらず推移して いる状況である 図表 23 アルコール消費量推移 参考 :Table source: WHO Management of Substance Abuse 2014 Count

図表 22 アルコール類の消費割合 アルコールの消費量は 1980 年以降はやや減少傾向にあるが 現在はほぼ変わらず推移して いる状況である 図表 23 アルコール消費量推移 参考 :Table source: WHO Management of Substance Abuse 2014 Count

... ところもある、取り扱い数非常に限られている。 傾向的に、日本食レストラン中でも、ミシュラン店ような高級和食店と持ち帰り寿司 中心ような大衆的なチェーン店景気変動にも大きな影響を受けずに客足を維持しており、 ...

33

Show all 10000 documents...

関連した話題