5年、10年、15年、そして、積立NISAの非課税期間

Top PDF 5年、10年、15年、そして、積立NISAの非課税期間:

教職員財産形成貯蓄 1 教職員財形貯蓄の制度について 1~3 頁 1 目的 要件 2 積立金額 3 積立方法 4 契約口数 5 募集期間 6 貯蓄開始 7 積立額 非課税限度額の変更等 8 その他の変更等 9 利子非課税制度 10 要件違反時の利子課税等 11 取扱金融機関 12 個人情報の取り扱い

教職員財産形成貯蓄 1 教職員財形貯蓄の制度について 1~3 頁 1 目的 要件 2 積立金額 3 積立方法 4 契約口数 5 募集期間 6 貯蓄開始 7 積立額 非課税限度額の変更等 8 その他の変更等 9 利子非課税制度 10 要件違反時の利子課税等 11 取扱金融機関 12 個人情報の取り扱い

4 群馬県教職員財産形成貯蓄事務取扱要綱 (通則) 第1条 群馬県教育委員会関係職員(以下「職員」という。)に関する勤労者財産形成貯蓄(以下「一 般財形」という。)、勤労者財産形成年金貯蓄(以下「財形年金」という。)及び勤労者財産形成 住 宅貯蓄(以下「財形住宅」という。)事務取扱いについては、勤労者財産形成貯蓄促進法(昭 和46法律第92号)及びその他関係法令によるものほか、この要綱によるものとする。 また、以下この要綱において一般財形、財形年金及び財形住宅3種類を総称して財形貯蓄とい う。
さらに見せる

16 さらに読み込む

e. 未成年者に係る少額上場株式等の非課税口座制度 ( ジュニア NISA) 未成年者に係る少額上場株式等の非課税口座制度に基づき 証券会社等の金融商品取引業者等に開設した未成年者口座において設定した非課税管理勘定に管理されている上場株式等 ( 平成 28 年 4 月 1 日から平成 35 年 12

e. 未成年者に係る少額上場株式等の非課税口座制度 ( ジュニア NISA) 未成年者に係る少額上場株式等の非課税口座制度に基づき 証券会社等の金融商品取引業者等に開設した未成年者口座において設定した非課税管理勘定に管理されている上場株式等 ( 平成 28 年 4 月 1 日から平成 35 年 12

e.未成年者に係る少額上場株式等非課税口座制度(ジュニアNISA) 未成年者に係る少額上場株式等非課税口座制度に基づき、証券会社等金融商品取 引業者等に開設した未成年者口座に非課税管理勘定を設けた1月1日から5内に、 その非課税管理口座勘定において管理されている上場株式等(平成284月1日から平成 3512月31日まで期間、新規投資額で毎年80万円を上限。)を譲渡した場合、その譲 渡所得等については、所得税及び住民税が課されません。
さらに見せる

5 さらに読み込む

1.1 万口当たり分配金 (2014 年 5 月 30 日から 2014 年 11 月 27 日まで ) のお知らせ 新光 MMF 1 万口当たり分配金 期間お手取額税込み所得税地方税源泉税合計分離課税適用の方非課税制度ご利用の方 2014 年 6 月 0 円 46 銭 8 厘 0 円 07 銭 1

1.1 万口当たり分配金 (2014 年 5 月 30 日から 2014 年 11 月 27 日まで ) のお知らせ 新光 MMF 1 万口当たり分配金 期間お手取額税込み所得税地方税源泉税合計分離課税適用の方非課税制度ご利用の方 2014 年 6 月 0 円 46 銭 8 厘 0 円 07 銭 1

新光MMF運用経過 (20145月30日から201411月27日まで) 当作成期間短期金融市場は、引き続き日銀による「量的・質的金融緩和」もとで動きとなりました。 インターバンク市場では、無担保コールオーバーナイト加重平均利回りは概ね0.05%台から0.07%台で推移し ました。しかし、20149月末には半期末要因により0.02%台まで低下する日もありました。
さらに見せる

7 さらに読み込む

非課税上場株式等管理に関する約款 第 1 条 ( 約款の趣旨 ) この約款は お客さまが租税特別措置法第 9 条の8に規定する非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得の非課税および租税特別措置法第 37 条の14に規定する非課税口座内の少額上場株式等に係る譲渡所得等の非課税の特例 ( 以下 非課税

非課税上場株式等管理に関する約款 第 1 条 ( 約款の趣旨 ) この約款は お客さまが租税特別措置法第 9 条の8に規定する非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得の非課税および租税特別措置法第 37 条の14に規定する非課税口座内の少額上場株式等に係る譲渡所得等の非課税の特例 ( 以下 非課税

(1)次に掲げる上場株式等で、第3条第2項に基づき非課税管理勘定が設けられた日か ら同日属する12月31日まで間(以下「受入期間」といいます。)に受け入 れた上場株式等取得対価額(イ場合、購入した上場株式等についてはその購 入代価額をいい、払い込みにより取得をした上場株式等についてはその払い込 んだ金額をいい、ロ場合、非課税口座に係る他非課税管理勘定から移 管により受け入れた上場株式等についてはその移管に係る払出時金額をいいま す。)合計額が100万円を超えないもの
さらに見せる

5 さらに読み込む

非課税上場株式等管理及び非課税累積投資契約に関する約款 新旧対照表

非課税上場株式等管理及び非課税累積投資契約に関する約款 新旧対照表

②前号に掲げる場合以外場合 一般口座へ移管 (累積投資勘定を設定した場合所在地確認) 第9条 当社は、お客様から提出を受けた第2条第1項 非課税口座開設届出書」又は「非課税口座簡易開 設届出書」 (「非課税口座開設届出書」又は「非課税口 座簡易開設届出書」提出後に氏名又は住所変更に 係る「非課税口座異動届出書」提出があった場合に は、当該「非課税口座異動届出書」をいいます。 )に 記載又は記録されたお客様氏名及び住所が、次各 号に掲げる場合区分に応じて当該各号に定める事項 と同じであることを、基準経過日(お客様が初めて 課税口座に累積投資勘定を設けた日から 10 を経過 した日及び同日翌日以後5を経過した日ごと日 をいいます。)から1を経過する日まで間(以下 「確認期間」といいます。 )に確認いたします。
さらに見せる

9 さらに読み込む

積立 NISA の創設 1. 改正のポイント (1) 趣旨 背景 1 家計の安定的な資産形成を支援する観点から 少額の積立 分散投資を促進するための 積立 NISA が創設される (2) 内容 1 積立 NISA は 20 歳以上の居住者等が金融機関に開設した非課税口座内に 積立 NISA 専用の累

積立 NISA の創設 1. 改正のポイント (1) 趣旨 背景 1 家計の安定的な資産形成を支援する観点から 少額の積立 分散投資を促進するための 積立 NISA が創設される (2) 内容 1 積立 NISA は 20 歳以上の居住者等が金融機関に開設した非課税口座内に 積立 NISA 専用の累

非課税口座内に保有する公募等株式投資信託を非課税期間に売却して売却益が生じる場合、当該売却益は非課税とな る。 ( 5 )売却損がある場合取扱い 非課税口座内に保有する公募等株式投資信託を非課税期間に売却して売却損が生じる場合、当該売却損は、税金計算 上なかったものとみなされる。したがって、一般口座又は特定口座内上場株式等譲渡益・配当と損益通算や損 失繰り越しをすることはできない。
さらに見せる

6 さらに読み込む

平成 24 年度土地住宅税制改正のポイント 拡充のうえ適用期限が延長されるもの 住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度 非課税枠が以下のとおり拡充され 適用期限が平成 26 年 12 月 31 日まで延長されます 現 行 改正案 < 非課税枠 > 1,000 万円 < 非課税枠 > 1

平成 24 年度土地住宅税制改正のポイント 拡充のうえ適用期限が延長されるもの 住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度 非課税枠が以下のとおり拡充され 適用期限が平成 26 年 12 月 31 日まで延長されます 現 行 改正案 < 非課税枠 > 1,000 万円 < 非課税枠 > 1

しかし、上記規定は、本件不動産購入 ため融資について承認を得られない場合 に、Xが本件売買契約を解除できることを定 めたものであって、本件媒介契約を解除する ことができる旨規定ではない。また、Xが、 上記規定に基づいて本件売買契約を解除した とは認められず、仮に本件売買契約が解除さ れたとしても、これをもって直ちに本件媒介 契約効力が失われるものではない。従っ て、X主張は失当であり、理由がない。 ⑵ 報酬額を 0 円とする合意成立主張に ついて
さらに見せる

20 さらに読み込む

- 1 - 新光 MMF( マネー マネージメント ファンド ) 1.1 万口当たり分配金 (2015 年 5 月 29 日から 2015 年 11 月 29 日まで ) のお知らせ 1 万口当たり分配金 期間お手取額税込み所得税地方税源泉税合計分離課税適用の方非課税制度ご利用の方 2015 年 6

- 1 - 新光 MMF( マネー マネージメント ファンド ) 1.1 万口当たり分配金 (2015 年 5 月 29 日から 2015 年 11 月 29 日まで ) のお知らせ 1 万口当たり分配金 期間お手取額税込み所得税地方税源泉税合計分離課税適用の方非課税制度ご利用の方 2015 年 6

※所得税には復興特別所得税を含みます。 ※上記期間分配金は、各月における前月最終営業日から当月最終営業日前日まで累計。 ※上記期間お手取り分配金は、取扱証券会社および登録金融機関が自動継続投資契約等にもとづき、各月最終営業日にみなさま口座 に繰り入れて再投資いたしました。

7 さらに読み込む

- 1 - 新光 MMF( マネー マネージメント ファンド ) 1.1 万口当たり分配金 (2015 年 11 月 30 日から 2016 年 5 月 30 日まで ) のお知らせ 1 万口当たり分配金 期間お手取額税込み所得税地方税源泉税合計分離課税適用の方非課税制度ご利用の方 2015 年 1

- 1 - 新光 MMF( マネー マネージメント ファンド ) 1.1 万口当たり分配金 (2015 年 11 月 30 日から 2016 年 5 月 30 日まで ) のお知らせ 1 万口当たり分配金 期間お手取額税込み所得税地方税源泉税合計分離課税適用の方非課税制度ご利用の方 2015 年 1

5 - 短期国債とCP買い切り、国債レポ取引、コール・ローンなどで運用を行いました。マイナス金利政策 導入以降は利回り0%以上で運用できる短期金融商品が少なくなったことから、無利息金銭信託やCP現 先で運用も行いました。ポートフォリオ平均残存期間は、10日から57日範囲で推移させました。

6 さらに読み込む

非課税累積投資契約に関する約款 (NISA 約款 ) 第 1 条 ( 約款の趣旨 ) 1. この約款は お客さまが租税特別措置法第 9 条の8に規定する非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得の非課税及び租税特別措置法第 37 条の14に規定する非課税口座内の少額上場株式等に係る譲渡所得等の非課税

非課税累積投資契約に関する約款 (NISA 約款 ) 第 1 条 ( 約款の趣旨 ) 1. この約款は お客さまが租税特別措置法第 9 条の8に規定する非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得の非課税及び租税特別措置法第 37 条の14に規定する非課税口座内の少額上場株式等に係る譲渡所得等の非課税

類を提示して氏名、生年月日、住所及び個人番号(お客さまが租税特別措置法施行令第 25条13第22項規定に該当する場合には、氏名、生年月日及び住所。)を告知し、租 税特別措置法その他法令で定める本人確認を受ける必要があります。 ただし、「非課税口座廃止通知書」又は「勘定廃止通知書」については、非課税口座を再 開設しようとする(以下「再開設」といいます。)又は累積投資勘定を再設定しよう とする(以下「再設定」といいます。)前年10月1日から再開設又は再設定 9月30日まで間にご提出ください。また、「非課税口座廃止通知書」が提出される 場合において、当該廃止通知書交付基因となった非課税口座において、当該非課税口 座を廃止した日属する累積投資勘定に上場株式等受入れが行われていた場合 には、当該非課税口座を廃止した日から同日属する9月30日まで間は当該廃止 通知書を受理することができません。
さらに見せる

8 さらに読み込む

非課税上場株式等管理に関する約款

非課税上場株式等管理に関する約款

② 当社からお客様に対して書類を郵送し、当該書類にお客様が当該基準経過日における氏名及び住所を 記載して、当社に対して提出した場合 お客様が当該書類に記載した氏名及び住所 2 前項場合において、確認期間内にお客様基準経過日における氏名及び住所が確認できなかった場合 には、当該確認期間終了翌日以降、お客様非課税口座に係る累積投資勘定に上場株式等受入 れを行うことはできなくなります。ただし、同日以後、前項各号いずれか方法によりお客様氏名及 び住所を確認できた場合又はお客様から氏名、住所又は個人番号変更に係る「非課税口座異動届出書」 提出を受けた場合には、その該当することとなった日以後は、この限りではありません。
さらに見せる

6 さらに読み込む

非課税上場株式等管理に関する約款

非課税上場株式等管理に関する約款

第2条 お客様が非課税口座に係る非課税特例適用を受けるためには、当該非課税 特例適用を受けようとする当社定める日までに、当社に対して租税特別措置法 第 37 条 14 第5項第1号、第6項及び第 20 項に基づき「非課税適用確認書交付申請 書兼非課税口座開設届出書」及び住民票写し等(住民票写し等については、平成 29 9月 30 日までに非課税適用確認書交付申請手続きを行う場合に限ります。 ) 、 「非課 税適用確認書交付申請書」 (既に当社に非課税口座を開設しており、平成 30 分以後 勘定設定期間に係る「非課税適用確認書交付申請書」を他証券会社若しくは金融 機関に提出していない場合に限ります。 )又は「非課税口座開設届出書」及び「非課税適 用確認書」 、 「非課税口座廃止通知書」若しくは「勘定廃止通知書」 (既に当社に非課税口 座を開設している場合には、 「非課税適用確認書」 「非課税口座廃止通知書」又は「勘定 廃止通知書」 )を提出するとともに、租税特別措置法施行規則第 18 条 12 第3項に基づ き同項各号に掲げる者区分に応じ当該各号に定める書類を提示して氏名、生年月日、 住所及び個人番号(お客様が租税特別措置法施行令第 25 条 13 第 20 項規定に該当す る場合には、氏名、生年月日及び住所。 )を告知し、租税特別措置法その他法令で定め る本人確認を受ける必要があります。
さらに見せる

10 さらに読み込む

日本版IRA(個人型年金積立金非課税制度)と番号制度

日本版IRA(個人型年金積立金非課税制度)と番号制度

拠出限度額 ・年間100万円を想定。合計では、3年間で300万円を拠出可能。 ・「使い残し」翌年度移行へ繰越しは不可能。 ・年間120万円程度を想定。 ・「使い残し」翌年度移行へ繰越しが可能。 制度導入時期 ・上場株式等配当所得及び譲渡所得等に係る10%軽減税率が廃止 され20%本則税率が実現するタイミングで導入。(20121月1日以降 分¥)

20 さらに読み込む

ポイント 年の一般 NISA * 口座 18 年末に非課税期間終了へ 2 一般 NISA 開始以降の主要資産の価格推移 1.5 倍 日 米株式 1.7 倍 外国債券 1.1 倍 3 今後の運用方針 ( 投資先 ) を再検討 主な資産の方向性 ( 見通し ) 5 年間リターン実績 グローバ

ポイント 年の一般 NISA * 口座 18 年末に非課税期間終了へ 2 一般 NISA 開始以降の主要資産の価格推移 1.5 倍 日 米株式 1.7 倍 外国債券 1.1 倍 3 今後の運用方針 ( 投資先 ) を再検討 主な資産の方向性 ( 見通し ) 5 年間リターン実績 グローバ

○NISA口座における配当所得および譲渡所得等は収益額にかかわらず全額非課税となり、その損失はないものとされます。そのため特定口座や一般口座で保有する他 上場株式等配当所得、利子所得および譲渡所得等と通算はできません。 ○非課税期間が終了した場合等に、NISA口座から上場株式等が払い出される場合(再度異なる非課税管理勘定に移管されるときを含む。)には、払い出された非課 税上場株式等取得価額は払出日における時価となり、払出日に時価が下落していた場合でも、当初取得価額と払出日時価と差額に係る損失はないものとされ ます。
さらに見せる

11 さらに読み込む

110 万円を加えると 1610 万円まで非課税となります < 住宅取得資金に対する贈与税の非課税枠 > 2012 年 2013 年 2014 年 一般住宅 1000 万円 700 万円 500 万円 省エネ 耐震住宅 1500 万円 1200 万円 1000 万円 < 贈与税の計算例 1> 201

110 万円を加えると 1610 万円まで非課税となります < 住宅取得資金に対する贈与税の非課税枠 > 2012 年 2013 年 2014 年 一般住宅 1000 万円 700 万円 500 万円 省エネ 耐震住宅 1500 万円 1200 万円 1000 万円 < 贈与税の計算例 1> 201

■相続時精算課税制度と併用 また、「住宅取得等資金に係る贈与税相続時精算課税制度特例」適用期限が 3 年間 延長されます。 相続時精算課税制度は、贈与税と相続税課税を一体化して相続時に税金を精算する制 度であり、一定条件(父母から贈与が対象で、祖父母から贈与は対象外、など)を 満たせば、2500 万円まで非課税となります。両者は併用可能なので、2012 年中贈与なら、 4000 万円まで非課税で贈与を受けることができます。
さらに見せる

5 さらに読み込む

⑵ 適用関係 改正後の非課税規定は 平成 28 年 1 月 1 日以後に支払われるべき通勤手当について適用 されます なお 次に掲げる通勤手当については 改正後の非課税規定は適用されません イ平成 27 年 12 月 31 日以前に支払われたもの ロ平成 27 年 12 月 31 日以前に支払われる

⑵ 適用関係 改正後の非課税規定は 平成 28 年 1 月 1 日以後に支払われるべき通勤手当について適用 されます なお 次に掲げる通勤手当については 改正後の非課税規定は適用されません イ平成 27 年 12 月 31 日以前に支払われたもの ロ平成 27 年 12 月 31 日以前に支払われる

取引業者等営業所長に対し、平成 30 1月1日から平成 35 12 月 31 日まで勘定 設定期間が記載されるべき非課税適用確認書交付申請書を提出したものとみなされる こととされました。 ただし、当該居住者等から当該金融商品取引業者等営業所長に対して、平成 29 9月 30 日までに、当該非課税適用確認書交付申請書を提出したものとみなされること を希望しない旨その他事項を記載した書類提出があった場合には、当該非課税適用確 認書交付申請書を提出したものとはみなされません。
さらに見せる

8 さらに読み込む

非課税口座に関する Q&A ~ NISA( 少額投資非課税制度 ) について ~ 平成 26 年 3 月 3 日 日本証券業協会 ニーサ NISA は 少額投資非課税制度 の愛称です

非課税口座に関する Q&A ~ NISA( 少額投資非課税制度 ) について ~ 平成 26 年 3 月 3 日 日本証券業協会 ニーサ NISA は 少額投資非課税制度 の愛称です

Q9.非課税口座を開設すると4年間は他証券会社や銀行等に非課税口座を開設でき ないと聞きましたが、本当ですか? 本当です。 非課税口座を開設するためには、 「非課税口座開設届出書」に税務署長から交付された「 課税適用確認書」を添付して金融機関に提出することになっていますが、一旦「非課税適 用確認書」を提出した場合には、同一勘定設定期間(①平成 26 ~平成 29 、②平成 30 ~平成 33 、③平成 34 ~平成 35 いずれか)に係る「非課税適用確認書」を その金融機関のみならずその金融機関以外金融機関にも提出することができないことか ら、同一勘定設定期間(4年間又は2年間)においては、他金融機関に非課税口座を 開設することはできません。また、勘定設定期間中に非課税口座を開設した証券会社変 更や非課税口座内上場株式や株式投資信託金融機関へ移管を行うことができま せんので御注意下さい。
さらに見せる

38 さらに読み込む

(****) 非課税口座に設けられる勘定は 毎年 非課税管理勘定 (NISA) 又は累積投資勘定 ( つみたて NISA) のいずれかに限ります 更に 2016 年 4 月 1 日から2023 年 12 月 31 日までの期間 未成年者に係る少額上場株式等の非課税口座制度 ( 通称ジュニアNISA)

(****) 非課税口座に設けられる勘定は 毎年 非課税管理勘定 (NISA) 又は累積投資勘定 ( つみたて NISA) のいずれかに限ります 更に 2016 年 4 月 1 日から2023 年 12 月 31 日までの期間 未成年者に係る少額上場株式等の非課税口座制度 ( 通称ジュニアNISA)

b. 利益を超える金銭分配に係る税務 個人投資主が本投資法人から受け取る利益を超える金銭分配(一時差異等調整引当額増加額に相当す る金額を除きます。 )は、出資払戻し(資本払戻し)として扱われ、この金額うち払戻しを行った本投 資法人出資等(本投資法人資本金等額)に相当する金額を超える金額がある場合には、みなし配当 (注1)として前記「a. 利益分配に係る税務」記載利益分配と同様課税関係が適用されます。また、 出資払戻し額うち、みなし配当を上回る金額は、投資口譲渡に係る収入金額(注2)として取り扱われ ます。各投資主はこの譲渡収入に対応する譲渡原価(注3)を算定し、投資口譲渡損益額(注4)を計算 します。この譲渡損益扱いは、後記「c. 投資口譲渡に係る税務」記載投資口譲渡場合と同様 になります。更に、出資払戻しを受けた後投資口取得価額(注5)は、この出資払戻しを受ける直前 投資口取得価額から出資払戻しに係る上記譲渡原価を控除した金額となります。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成 29 年 10 月 6 日 丸三証券株式会社 NISA の 非課税上場株式等管理に関する約款 等の変更について 平成 30 年 1 月より開始される つみたて NISA 制度および平成 29 年度税制改正に伴い 平成 29 年 10 月 10 日付で 非課税上場株式等管理に関する約款 および

平成 29 年 10 月 6 日 丸三証券株式会社 NISA の 非課税上場株式等管理に関する約款 等の変更について 平成 30 年 1 月より開始される つみたて NISA 制度および平成 29 年度税制改正に伴い 平成 29 年 10 月 10 日付で 非課税上場株式等管理に関する約款 および

特例適用を受けようとする当社が定 める日までに、当社に対して租税特別措置法 第 37 条 14 第 5 項第1号、第 6 項及び第 20 項に基づき「非課税適用確認書交付申 請書兼非課税口座開設届出書」及び住民票 写し等(住民票写し等については、平成 29 9 月 30 日までに非課税適用確認書交 付申請手続きを行う場合に限ります。)、「 課税適用確認書交付申請書」(既に当社に 非課税口座を開設しており、平成 30 分以 後勘定設定期間に係る「非課税適用確認書 交付申請書」を他証券会社若しくは金融 機関に提出していない場合に限ります。)又 は「非課税口座開設届出書」及び「非課税適 用確認書」、 「非課税口座廃止通知書」若しく は「非課税管理勘定廃止通知書」を提出する とともに、当社に対して同法第 37 条 11 3 第 4 項に規定する署名用電子証明書等を 送信し、又は租税特別措置法施行規則第 18 条 12 第 3 項に基づき同項各号に掲げる者 区分に応じ当該各号に定める書類を提示 して氏名、生年月日、住所及び個人番号(お 客様が租税特別措置法施行令第 25 条 13 第 13 項規定に該当する場合には、氏名、 生年月日及び住所。)を告知し、租税特別措 置法その他法令で定める本人確認を受け る必要があります。
さらに見せる

23 さらに読み込む

投資期間 5 年 1 年 15 年 2 年いずれも 総じて利益の出ている事がわかる ( のみ 5 年で損失 ) また グラフで目立つのが投資期間 2 年であり 24 万円に対し 特に と が好成績に見える ここで売却時点を変える 積立投資は 出口 つまり いつ終わるかがとても重要となる 積立投資は一

投資期間 5 年 1 年 15 年 2 年いずれも 総じて利益の出ている事がわかる ( のみ 5 年で損失 ) また グラフで目立つのが投資期間 2 年であり 24 万円に対し 特に と が好成績に見える ここで売却時点を変える 積立投資は 出口 つまり いつ終わるかがとても重要となる 積立投資は一

2016 10 月 3 日付日本版 ISA 道 その 158「NISA に関する主な税制改正要望理解~2018 問題対応、『長 期・積立・分散投資』をすすめたい金融庁積立 NISA(英国ではライフタイム ISA)、ジュニア NISA 引き出し年齢制 限緩和、スイッチング可による投信保有期間長期化~」…「 http://www.am.mufg.jp/text/oshirase_161003.pdf 」、 2016 10 月 7 日付日本経済新聞電子版「金融庁、一般投資家に積み立てアピール 投信伸び悩み、9月レポート で」…「 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO08027390V01C16A0000000/ 」、
さらに見せる

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...