年をピークに減少していることが分かる

Top PDF 年をピークに減少していることが分かる:

米の消費に関する動向 米の1 人当たりの年間消費量は 昭和 37 年度をピークに一貫して減少傾向にある 具体的には 37 年度には118kgの米を消費していたのが 平成 25 年度には その半分程度の57kgにまで減少している また 米の需要量は毎年約 8 万トンずつの減少傾向にある 米の年間 1

米の消費に関する動向 米の1 人当たりの年間消費量は 昭和 37 年度をピークに一貫して減少傾向にある 具体的には 37 年度には118kgの米を消費していたのが 平成 25 年度には その半分程度の57kgにまで減少している また 米の需要量は毎年約 8 万トンずつの減少傾向にある 米の年間 1

○ 仮に28年産以降も27年産と同一の方式で配分た場合、27年産において自主的飼料用米転換、生産数 量目標下回っ主食用米生産た都道府県ほど29年産の生産数量目標の減少つながり、不公平となるおそれ。 ○ このため、28年産の配分については、27年産の各都道府県別のシェア固定配分すること基本とするこ とにより、このような不公平なくし、27年産において安心飼料用米の転換取り組める環境整える(な お、シェア固定配分すれば、県間調整行っも、次年度の配分影響与えないので、県間調整による適 地適作進むこととなる)。
さらに見せる

27 さらに読み込む

第巻 は じ 第3号 め に 日本の農業総算出額は 1 98年の約11.7兆円をピークとしてその後年々下がり 201年 には8.兆円に減少している 農業総産出額の減少の主な産物は 米と牛肉である 一方 農産物の輸入は年々増え続けており 201年の輸入額は 9.兆円に増加し 同年における 輸出額は総額

第巻 は じ 第3号 め に 日本の農業総算出額は 1 98年の約11.7兆円をピークとしてその後年々下がり 201年 には8.兆円に減少している 農業総産出額の減少の主な産物は 米と牛肉である 一方 農産物の輸入は年々増え続けており 201年の輸入額は 9.兆円に増加し 同年における 輸出額は総額

は じ め  日本の農業総算出額は,1 9 8 4の約11.7兆円ピークとしてその後年々下がり,20 1 4 は8.4兆円減少いる。農業総産出額の減少の主な産物は,米と牛肉である。一方, 農産物の輸入は年々増え続けおり,2 0 1 5の輸入額は,9.5兆円増加,同年における 輸出額は総額7,4 5 8億円であったことから, 同年の農産物の貿易収支は,8.8兆円の輸入超 過であった。米に関しては,2 0 1 5の輸入は数量ベースで7 7万トンであり,金額ベースで 6 1 3億円であった。 同年の米の輸出は輸入比べ少額である増加傾向あり, 前年比約 7 0%増の重量ベースで7,6 4 0トン,金額ベースで2 2.3億円であった,今後の輸出期待
さらに見せる

19 さらに読み込む

材 給率S30 木材需給の現状 材供給量は 住宅着 数の減少等を背景とした 材需要の減少により 平成 8 年以降減少傾向 このうち 材輸 量は 国内需要の減少に伴い 平成 8 年をピークに減少傾向で推移する 国産材の供給量は 資源の充実と 合板への利 拡 などから 平成 14 年を底に増加傾向 材

材 給率S30 木材需給の現状 材供給量は 住宅着 数の減少等を背景とした 材需要の減少により 平成 8 年以降減少傾向 このうち 材輸 量は 国内需要の減少に伴い 平成 8 年をピークに減少傾向で推移する 国産材の供給量は 資源の充実と 合板への利 拡 などから 平成 14 年を底に増加傾向 材

○ ⽊材供給量は、住宅着⼯⼾数の減少背景とた⽊材需要の減少により、平成8以降減 少傾向。 ○ このうち⽊材輸⼊量は、国内需要の減少伴い、平成8ピーク減少傾向で推移する⼀ ⽅、 国産材の供給量は、資源の充実と、合板への利⽤拡⼤などから、平成14増加傾 向 。⽊材⾃給率も、平成14の18.8% 上昇傾向 で推移、平成26は31.2%。
さらに見せる

15 さらに読み込む

本町は 過疎地域における人口減少や少子高齢化 核家族化の進展という構造的な課題を抱え 若年層の人口流出や世代間交流の機会が少ない現代社会現象が問題となっている また 本町は 県を代表する観光地であるが 観光入込客数は 瀬戸大橋が開通した昭和 63 年をピークに減少しており 平成 27 年には約 23

本町は 過疎地域における人口減少や少子高齢化 核家族化の進展という構造的な課題を抱え 若年層の人口流出や世代間交流の機会が少ない現代社会現象が問題となっている また 本町は 県を代表する観光地であるが 観光入込客数は 瀬戸大橋が開通した昭和 63 年をピークに減少しており 平成 27 年には約 23

本町は、過疎地域における人口減少や少子高齢化、核家族化の進展という 構造的な課題抱え、若年層の人口流出や世代間交流の機会少ない現代 社会現象問題となっいる。 また、本町は、県代表する観光地である、観光入込客数は、瀬戸大橋 開通た昭和63ピーク減少おり、平成27は約233 万人であった。さらに、県内では、瀬戸内国際芸術祭開催されたことよ り、香川県の知名度は一気に上昇、新たな観光地として歩みだしたところ である、本町含めた周辺地域においては、外国人観光客迎えるための ハード面やソフト面での取り組み他の地域と比べかなり遅れいるとこ ろである。
さらに見せる

6 さらに読み込む

⑴ 練馬区でも少子化が進んでいるのですか? 現在はおおむね横ばいですが 今後は減少が進みます 練馬区の年少人口 (0~14 歳の人口 ) は 昭和 50 年の約 13 万人をピークに減少しています 近年はおおむね横ばいで推移しており 現状では 必ずしも全国的に言われているような少子化が進展している状

⑴ 練馬区でも少子化が進んでいるのですか? 現在はおおむね横ばいですが 今後は減少が進みます 練馬区の年少人口 (0~14 歳の人口 ) は 昭和 50 年の約 13 万人をピークに減少しています 近年はおおむね横ばいで推移しており 現状では 必ずしも全国的に言われているような少子化が進展している状

図表 17 調査「ひとり親世帯なった当時困ったこと、現在困っいること」 (複数回答) 【区の考え】 現在進めいる取組加え、家庭環境などにより、様々な問題抱える子どもたちに対し、 福祉や保健などの関係機関相互協力、一人ひとり合った生活支援や学習支援行 います。また、障害のある子どもや虐待など対応必要な子どもと家庭に対しても、保育・ 教育・福祉・保健などの関係機関相互協力支援取り組むとともに、地域の方々や 民間の力活かした見守りのネットワークなど広げいきます。
さらに見せる

13 さらに読み込む

( ウ ) 年齢 区分別人口割合の推移と予測 平成 年に, 老年人口の割合が年少人口の割合を上回るとともに, 生産年齢人口の割合も減少に転じている 平成 年以降は, 老年人口の割合のみが増加しており, 平成 年には 人に 人以上が高齢者となることが予測されている % 年齢 区分別人口割合の推移と予測

( ウ ) 年齢 区分別人口割合の推移と予測 平成 年に, 老年人口の割合が年少人口の割合を上回るとともに, 生産年齢人口の割合も減少に転じている 平成 年以降は, 老年人口の割合のみが増加しており, 平成 年には 人に 人以上が高齢者となることが予測されている % 年齢 区分別人口割合の推移と予測

26 ■ 幹線道路沿線は商業施設多く立地,函館駅前地区,美原地区,湯川地区,五稜郭地区周辺は銀行などの金融機関集積いる。一方で学校等については,幹線道路から 一定程度離れた場所立地いる。 資料:デジタル地図データ

21 さらに読み込む

長野県の観光客動向 2 長野県を訪れる観光旅行客は 1991( 平成 3) 年の年間 10,764 万人をピークに減少傾向にある 直近の 2014( 平成 26) 年は年間 8,418 万人が訪れ 観光消費額が 2,974 億円である うち 33.7% の 2,834 万人が宿泊している 県外からは

長野県の観光客動向 2 長野県を訪れる観光旅行客は 1991( 平成 3) 年の年間 10,764 万人をピークに減少傾向にある 直近の 2014( 平成 26) 年は年間 8,418 万人が訪れ 観光消費額が 2,974 億円である うち 33.7% の 2,834 万人が宿泊している 県外からは

路線バスは、岡谷から下諏訪・上諏訪経由茅野結ぶ岡谷茅野線平日のみで1 日16往復、上諏訪から霧ヶ峰・白樺湖経由茅野結ぶ上諏訪茅野線平日で1日9往 復、休日で1日4往復などある。平日でも1時間1本程度である。 コミュニティバスは運行各市町村内限定されいる。諏訪市のコミュニティバス 「かりんちゃん」は、市内循環する内回り1日7便、外回り1日6便で2時間1本程度で ある。
さらに見せる

20 さらに読み込む

3 木材産業の現状と課題 (1) 木材需給の動向 木材供給量は 住宅着工戸数の減少等を背景とした木材需要の減少により 長期的に減少傾向 このうち木材輸入量は 1996 年をピークに減少傾向で推移する一方 国産材の供給量は 2002 年を底に増加傾向 木材自給率も 2002 年の 18.8% を底に上

3 木材産業の現状と課題 (1) 木材需給の動向 木材供給量は 住宅着工戸数の減少等を背景とした木材需要の減少により 長期的に減少傾向 このうち木材輸入量は 1996 年をピークに減少傾向で推移する一方 国産材の供給量は 2002 年を底に増加傾向 木材自給率も 2002 年の 18.8% を底に上

○ このため、CLTや耐火部材等の開発・普及進めるとともに、一般流通材活用た低コストでの建築事例の普及、木造建 築携わる人材育成等推進。 ○ また、品質・性能の確かな木材製品の供給拡大する観点から、これまでJAS格付実績低位な製材品等のJAS構造材 積極的利用する普及・実証の取組実施。 ■ 階層別・構造別の着工建築物の床面積(2017

7 さらに読み込む

1(1). 労働力過剰を背景とした生産性の低迷 バブル崩壊後の投資の減少局面では 建設投資が労働者の減少をさらに上回って ほぼ一貫して労働力過剰となり 省力化につながる建設現場の生産性向上が見送られてきた 160 建設投資額および建設業就業者の増減 建設投資額がピークである平成 4 年を 100 と

1(1). 労働力過剰を背景とした生産性の低迷 バブル崩壊後の投資の減少局面では 建設投資が労働者の減少をさらに上回って ほぼ一貫して労働力過剰となり 省力化につながる建設現場の生産性向上が見送られてきた 160 建設投資額および建設業就業者の増減 建設投資額がピークである平成 4 年を 100 と

※平成23年度及び平成24年度については同年度地域自主戦略交付金へ移行た額含まない。 ※平成25年度は東日本大震災復興特別会計繰入れ(356億円)及び国有林野特別会計の一般会計化伴い計上されることとなった直轄事業負担金(29億円)含む。また、これら及び地域自主戦略交付 金の廃止という特殊要因考慮すれば、対前年度+182億円(+0.3%)である。 ※平成23・24・25・26年度において、東日本大震災の被災地の復旧・復興や全国的な防災・減災等のための公共事業関係予算計上おり、その額は以下の通りである。 H23一次補正:1.2兆円、H23三次補正:1.3兆円、H24当初:0.7兆円、H24一次補正:0.01兆円、H25当初:0.8兆円、H25一次補正:0.1兆円、H26当初:0.9兆円
さらに見せる

26 さらに読み込む

神奈川県における高齢者を取り巻く状況 1 総人口の推移 ( 人口減少時代へ ) 本県における総人口は 平成 27 年度に約 915 万人となり その5 年後までには 人口のピークから人口減少時代へ入っていくことが予測されています 本県における総人口の推移 注 1 平成 22 年度までは 国勢調査によ

神奈川県における高齢者を取り巻く状況 1 総人口の推移 ( 人口減少時代へ ) 本県における総人口は 平成 27 年度に約 915 万人となり その5 年後までには 人口のピークから人口減少時代へ入っていくことが予測されています 本県における総人口の推移 注 1 平成 22 年度までは 国勢調査によ

61.0 参加たものはない その他 子育て支援(保育への手伝い等) 安全管理(交通安全、防犯・防災等) 高齢者の支援(家事援助、移送等) 生産・就業(生きがいのための園芸 ・飼育、シルバー人材センター等) 教育・文化(学習会、子供会 の育成、郷土芸能の伝承等) 生活環境改善(環境美化、 緑化推進、まちづくり等) 地域行事(祭りなどの 地域の催し物の世話等) 趣味(俳句、詩吟、陶芸等) 健康・スポーツ(体操、 歩こう会、ゲートボール等) 参加ことある(小計)
さらに見せる

8 さらに読み込む

米の消費に関する動向 米の 1 人当たりの年間消費量は 昭和 37 年度をピークに一貫して減少傾向にある 具体的には 昭和 37 年度には 118 kgの米を消費していたのが 平成 28 年度には その半分程度の 54 kgにまで減少 今後 我が国の人口は減少していくとともに 高齢化も進むことから

米の消費に関する動向 米の 1 人当たりの年間消費量は 昭和 37 年度をピークに一貫して減少傾向にある 具体的には 昭和 37 年度には 118 kgの米を消費していたのが 平成 28 年度には その半分程度の 54 kgにまで減少 今後 我が国の人口は減少していくとともに 高齢化も進むことから

1.1番の米粉は、アミロース含有率の別によって適応する用途異なるので、米粉  製造業者は、上表参考とながら、表示等により、消費者等に対して、用途の詳  細情報伝達するものとする。 2.3番の米粉であっアミロース含有率25%以上のものは強弾力の麺への適性  高いので、米粉製造業者は、上表参考とながら、表示等により、消費者等対  、当該情報の積極的な提供務めるものとする。
さらに見せる

27 さらに読み込む

7 調査結果 問 1 静岡市では平成 12 年をピークに犯罪認知件数は年々減少していますが 静岡市 の最近の治安が回復していると感じていますか (1) 男女別 感じている 7 (14.3%) 2 (3.9%) 9 (9.0%) 感じていない 10 (20.4%) 12 (23.5%) 22 (22.

7 調査結果 問 1 静岡市では平成 12 年をピークに犯罪認知件数は年々減少していますが 静岡市 の最近の治安が回復していると感じていますか (1) 男女別 感じている 7 (14.3%) 2 (3.9%) 9 (9.0%) 感じていない 10 (20.4%) 12 (23.5%) 22 (22.

・通学通勤使う森下小学校の前の道です、学校しまっから夕方以降は通りの明か り少なく暗いです。セブンイレブン以外お店もない道なので小学校から久能街道へ 向かう道は薄暗いです。車多いときはまだしも車通っいないと街灯の間隔長く 暗いです。街路樹の花壇や学校の柵などところどころ日中日光の光蓄積 光るライトだったりあまりコストのかからないものでよいのでつけほしいです。自分 は 2 歳の子どもと 18 時すぎ帰宅するときも歩くので子供も薄暗いと怖いようです。 ・犯罪は、できることなら、ずっと関わらないでいたいことです。そのため、防犯意識
さらに見せる

21 さらに読み込む

磐田市の現状と課題 (1) 人口 本市の総人口は 28 年 ( 平成 2 年 ) をピークに 215 年 ( 平成 27 年 )5 月末現在で約 17.1 万人 まで減少している状況にあり 今後も人口減少 高齢化の急速な進行が予測されています また 都市計画区域面積の約 17% を占める市街化区域内

磐田市の現状と課題 (1) 人口 本市の総人口は 28 年 ( 平成 2 年 ) をピークに 215 年 ( 平成 27 年 )5 月末現在で約 17.1 万人 まで減少している状況にあり 今後も人口減少 高齢化の急速な進行が予測されています また 都市計画区域面積の約 17% を占める市街化区域内

(7)都市経営 本市の財政状況は、少子高齢化等伴う扶助費の占める割合年々高まっおり、高齢化の進展 よりさらなる増加想定されます。このような中、公共施設等のインフラ資産の老朽化等対応た 維持管理コストの増大予測されおり、厳しい財政環境の中、公共施設の統廃合等進めいます 、行政主体となっ全ての課題対応いくことは困難な状況です。
さらに見せる

10 さらに読み込む

日本型食生活 の形成と変容 摂取量は 1946( 昭和 21) 年が 386g 1950( 昭和 25) 年 の 415g をピークとし その後は減少し 1976( 昭和 51) は 332g となった 1 期には主食に偏り動物性食品が不足 していたが 3 期までには改善した 2) エネルギー摂取量

日本型食生活 の形成と変容 摂取量は 1946( 昭和 21) 年が 386g 1950( 昭和 25) 年 の 415g をピークとし その後は減少し 1976( 昭和 51) は 332g となった 1 期には主食に偏り動物性食品が不足 していたが 3 期までには改善した 2) エネルギー摂取量

。欧米化で米の需要減り、米や、米相性良い 作物の自給率も低下いる。米主食とた主菜と副 菜の食事見直しいくこと大切である。また、これ からは、付加価値求め、健康維持・増進と安全性の高い関心払われいくと予想される。例えば、 自炊苦手な単身者 (若者から高齢者) でも市販弁当や惣 菜野菜・果物など足せば、不足する栄養素補うこ とできる。既製料理栄養成分表示と「食事バランス ガイド」のイラスト表示、さらに、塩分控えめ・脂 肪控えめなど生活習慣病配慮た商品の提供実現す れば、「健康」付加価値として購入することなる。  そのためは、主食どれだけ足すのか判断す 図8. フード・マーケティング・プラミッド米国健康増進青果財団 5)
さらに見せる

6 さらに読み込む

Ⅰ 離島観光の現状 1. 離島観光の推移日本では 約 40 年前の昭和 40 年代後半に離島ブームがありました この時期 離島への観光客数は 12,000 千人を超えましたが ピークを迎えた離島への観光客も次第に減少していき 平成 20 年にはピーク時の 55 % になっています 現在でも日本全体の

Ⅰ 離島観光の現状 1. 離島観光の推移日本では 約 40 年前の昭和 40 年代後半に離島ブームがありました この時期 離島への観光客数は 12,000 千人を超えましたが ピークを迎えた離島への観光客も次第に減少していき 平成 20 年にはピーク時の 55 % になっています 現在でも日本全体の

自 然 離島の価値観活用た 360 度全周展望、全天展望 「北海道本土からの日の出」と「日本海 沈む日の入」ペアた絶景堪能 小高い丘の上建つガラス張り展望施設か らの朝夕の超絶眺望 することで宿泊需要の拡大見 込める 焼尻島 ・お日様観光、お星様観光 満天の星の観察 ・海鳥 ・世界最大の繁殖地アピール ・単に見るだけだなく、海鳥の生態理解と海 期間的偏り大きいことから、期 ウトウ 研究施設もあり「見るだけの観光」から 鳥視線で環境俯瞰する機能と施設 間外の集客要素の強化
さらに見せる

10 さらに読み込む

はじめに クリの栽培面積は約 2 万 ha あるが 10 年前と比べると2 割も減少している 生産者の高齢化や後継者不足が一因であるが クリの消費が低迷している 近年 果物の消費拡大を図るために食べやすさが重視されているが クリは調理が必要なことに加えて 鬼皮 渋皮をむかないと食べられない 以前は

はじめに クリの栽培面積は約 2 万 ha あるが 10 年前と比べると2 割も減少している 生産者の高齢化や後継者不足が一因であるが クリの消費が低迷している 近年 果物の消費拡大を図るために食べやすさが重視されているが クリは調理が必要なことに加えて 鬼皮 渋皮をむかないと食べられない 以前は

図8-1 クリシギゾウムシの幼虫と被害果 2)果実病害 「ぽろたん」は、上部や座の周り黒変する果実多い(図 8-2)。黒変自体は腐敗との 関連はない、炭そ病等と見分けにくい場合ある。炭そ病は枝内で越冬、イガへ感染 、落花直後の幼果感染見られることある。幼果期から収穫期まで殺菌剤による防 除行う必要ある。一方、座黒くなっいる果実は黒色実腐病等により傷んでいる果 実多い(図 8-3)。黒色実腐病は枯死枝や黒根立枯病による枯死樹伝染源で、夏風雨 によって伝播されイガへ感染する。防除対策としては現時点では黒色実腐病対象とた 登録農薬ないため伝染源の除去徹底する必要ある。
さらに見せる

37 さらに読み込む

これらのデータはいずれも 日本ではノロウイルス感染症が 12 月から 3 月をピークにして全国的に流行していることを示している 表 1. ノロウイルスによる食中毒の年別報告 表 2. ノロウイルスによる食中毒の年別 月別報告 病原体 ノロウイルスはサポウイルス Sapovirus; 旧名称サッポロ様

これらのデータはいずれも 日本ではノロウイルス感染症が 12 月から 3 月をピークにして全国的に流行していることを示している 表 1. ノロウイルスによる食中毒の年別報告 表 2. ノロウイルスによる食中毒の年別 月別報告 病原体 ノロウイルスはサポウイルス Sapovirus; 旧名称サッポロ様

ヒト唯一の感受性動物であるといっよい。現在、ノロウイルス属するウイル スはGenogroup (I GI)とGenogroup I(I GII)の2つの遺伝子群分類され、さらにそ れぞれは14と17あるいはそれ以上の遺伝子型(genotype)分類される。また、各 遺伝子型対応た血清型あると考えられ、極めて多様性持った集団として 存在する。図2構造蛋白コード領域の上流部分約250塩基の塩基配列基づい 作成た系統樹示した。この領域は、後述するノロウイルス検出用RT-PCRプ ライマーG1SKF & G1SKR, G2SKF & G2SKRによって増幅されるPCR増幅産物の、 プライマー部分除いた領域である。GI, GII含まれる遺伝子型番号は欧米の研 究者らと協議の上、Fields VIROLOGYの第4版に従ってナンバリングた。「病原微 生物検出情報 Vol.24 No.12, p.5」掲載済みの系統樹と番号異なる遺伝子型 ある、今後の混乱防ぐ意味でも、今後は本報のナンバリング従っいただき たい。その方、海外の研究者との情報交換もスムーズいくと思われる。
さらに見せる

18 さらに読み込む

[ 参考 ] 先月からの主要変更点 基調判断 3 月月例 4 月月例 景気は 急速な悪化が続いており 厳しい状況にある 輸出 生産は 極めて大幅に減少している 企業収益は 極めて大幅に減少している 設備投資は 減少している 雇用情勢は 急速に悪化しつつある 個人消費は 緩やかに減少している 景気は

[ 参考 ] 先月からの主要変更点 基調判断 3 月月例 4 月月例 景気は 急速な悪化が続いており 厳しい状況にある 輸出 生産は 極めて大幅に減少している 企業収益は 極めて大幅に減少している 設備投資は 減少している 雇用情勢は 急速に悪化しつつある 個人消費は 緩やかに減少している 景気は

公共投資の関連予算みると、2009 1月 27 日成立た国の 平成 20 年度第二次補正予算において、約 0.3 兆円の防災強化対策 費等の予算措置講じることたため、補正後の公共投資関係費 は前年度上回った。平成 21 年度一般会計予算では、公共事業関 係費について前年度比 5.0%増(特殊要因除けば 5.2%減)と、 国民生活の安全・安心の確保、地域の自立・活性化、成長力強化等 の課題重点化いる。また、平成 21 年度地方財政計画では、 投資的経費のうち地方単独事業費について、中期的計画的な抑制 図る中で前年度比 3.0%減とつつ、重点的な配分行うとして いる
さらに見せる

9 さらに読み込む

2 医師不足等に対応した地域における周産期医療の確保について 周産期医療に携わる医師の不足や偏在には 産科 産婦人科を専攻する医師が減少していること 小児科医師のうち新生児医療を専攻する医師が少ないこと 医師が限られた都市部の病院に集中しがちであること 小児科 産婦人科共に女性医師の割合が増加してい

2 医師不足等に対応した地域における周産期医療の確保について 周産期医療に携わる医師の不足や偏在には 産科 産婦人科を専攻する医師が減少していること 小児科医師のうち新生児医療を専攻する医師が少ないこと 医師が限られた都市部の病院に集中しがちであること 小児科 産婦人科共に女性医師の割合が増加してい

一方で、その後も産科医師、小児科医師(特に新生児担当の医師)の不足 や地域偏在の状況改善いないこと、分娩取扱病院及び診療所数減少 続け、地域の周産期医療体制の維持のため一層の取組必要なこと、ま た、東日本大震災等の大規模災害時において周産期医療体制確保すること など、いくつかの課題認められた。そのため、これらの課題整理、こ れからの周産期医療体制のあり方に関して検討行うため、平成 27 より 「周産期医療体制のあり方に関する検討会」開催た。
さらに見せる

8 さらに読み込む

[ 図表 1]S 社の正社員構成イメージ なるほど 当社では国内旅行市場が急成長していたバブル期に大量採用を行っているが そのとき採用した人材が人員数のピークになっているということか この要員構成に 年齢給などの安定的な昇給という人事制度 運用が掛け合わさることで 大幅な人件費単価の上昇が過去から現

[ 図表 1]S 社の正社員構成イメージ なるほど 当社では国内旅行市場が急成長していたバブル期に大量採用を行っているが そのとき採用した人材が人員数のピークになっているということか この要員構成に 年齢給などの安定的な昇給という人事制度 運用が掛け合わさることで 大幅な人件費単価の上昇が過去から現

ょうか。見せいただいた正社員の要員構成についてもそうです、例えばホテルのタイプ別、 『人件費の費用対効果』といった観点から、各ホテル比較つつ、人件費単価のコントロール の方法と各ホテル目指すべき人件費効率の在り方探っはどうでしょうか」 高柴よると、要員構成だけでなく、管理職比率や退職率などの指標ホテル別分析するこ とで、より効果的な施策の検討可能とのことだった。S 社経営するホテルは、都市型ラグ ジュアリーホテル(A タイプ)、都市型ビジネスホテル(B タイプ)、リゾートホテル(C タイプ)の 3 タ イプあることから、タイプごと要員構成の特徴分析すること高柴は提案た。小林は持 参いたパソコン開き、これまでの分析データ、ホテルのタイプ別各指標数値改 め算出、その結果整理た[図表 2]。
さらに見せる

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...