• 検索結果がありません。

平成22年12月15日~平成23年2月20日 [予定]

平成25年12月10日

平成25年12月10日

... ② 年生4月~7月:就職の心構え、自己分析、SPIP-対策テスト(MSR-PⅠ・Ⅱ) ③ 年生8月~12月:自己分析、自己 PR 作成、面接練習、業界研修・企業研究 ④ 年生1月~3月:学内企業セミナー、業界研修・企業研究 ⑤ 年生4月~8月:学生個人の特性を考慮した就職求人紹介 ⑥ ...

10

平成25年2月 日

平成25年2月 日

... なお、実施機関は、別表の項から4の項まで開示すべき情報の欄に掲げる情 報は、第4号にも該当すると説明しているので、同号該当性については、後述する。 以上のことから、実施機関が本号に該当するとして不開示とした情報のうち、別表 の開示すべき情報の欄に掲げる情報は開示すべきであるが、児童記録票の「家族状況」 の部本件児童の以外の項「生年月日」、「年齢」及び「記事(勤務先等)」の欄に記載 ...

13

平成21年12月11日(金)9:00~

平成21年12月11日(金)9:00~

... 25 法律第 201 号。以下「基準法」という。)第 86 条第 1 項及び第 3 項(同法第 86 条の 2 第 8 項においてこれらの規定を準用する場合を含む。)の 規定により一又は二以上の構えを成す建築物の一の敷地とみなす当該一団地については、 当該一団地を当該一又は二以上の構えを成す建築物の一の敷地とみなす。 ...

13

2005年12月9日

2005年12月9日

... 茂 平成 副部会長L奥山貞夫 (受付) 副部会長 L亀井政雄 法政 副部会長 L足立宏道 麹町 副部会長 L河津延樹 自由が丘 副部会長 L辻 眞幸 原宿 副部会長 L武内敏幸 江戸川南 副部会長 L小泉重光 板橋西 副部会長L渡部智大 副部会長 すずしろ 副部会長 L井田祐樹 荒川 副部会長 江戸川 副部会長 L髙橋昌幸 新都心 副部会長 L飯田容子 表参道 副部会長 L赤尾嘉晃 豊新 副部会長 L山本 孝 レスキュー ...

18

テクノ東京21-2005年2月号

テクノ東京21-2005年2月号

... 研究期間 平成175月10平成183月31 事前協議及び申請手続 当所の担当研究グループと事前協議のうえ、 所定の共同開発研究申請書を提出して頂きます。 なお当所で対応可能な技術は、材料、機械・加工、 電機・電子、IT、福祉、分析、環境、繊維材料、 アパレル、放射線等、広い範囲にわたっています。 ...

16

平成30年3月9日開札(2月22日公告分)  三原市ホームページ

平成30年3月9日開札(2月22日公告分) 三原市ホームページ

... 犠牲陽極材 仕様変更 再照査 必要 場合 NA(E規格 (P保持者 行うこ.[r] ...

5

2011年12月  日

2011年12月  日

... ▽電機・自動車部品事業本部電機材料事業部開発部主管技師 (技術開発本部技術研究所金属材料プロセス研究部長) 遠藤 裕寿 ▽電機・自動車部品事業本部電機材料事業部製造部長兼日立マグネットワイヤ(株)出向 (電機・自動車部品事業本部電子材料事業部員、但し日立電線ファインテック(株)出向) 窪田 久 〔10月 日立マグネットワイヤ(株) 取締役社長就任予定〕 ...

8

平成20年10月25日

平成20年10月25日

... 8 ~10 )へ出場した。そのため、前半期には有酸素能力向上や筋肥大を狙ったポテン シャルトレーニング期、中日リカバリーを挟んで、後半筋出力能(神経系活性化)向上 を狙ったパワートレーニングを実施して、大会直前にはトレーニングのボリュームをダ ウンし調整期として、大会へ臨ませた。月や複数週単位でこのようピリオダイゼーショ ンを実施するのが通常であるが、参加したコーチ及び選手たちへのトレーニングプラン ...

38

平成17年12月20日

平成17年12月20日

... 5 を経過するまで延期する。 3) 入院患者が発症した場合は、同室者などの接触者には、最終接触から 72 時間は十分な監 視を行い、部屋の移動も行わない。 有症状患者は、他の入院患者への飛沫感染に加え、環境を介した接触感染を予防するため、可 能な限り個室管理とする。入院を要する季節性インフルエンザ患者の増加により個室が不足する 際には、 患者を同室に集めたコホーティングを考慮する。 有症状患者の病室移動は、感染の拡大、 ...

16

平成17年12月20日

平成17年12月20日

... 2015 3 月に「オルドレブ」という商品名で、コリス チンメタンスルホン酸ナトリウム製剤が保険収載され製造販売が承認されている。コリスチンの 治療効果を規定する PK/PD パラメータは AUC/MIC や Cmax/MIC であると考えられている。 投与法はコリスチンとして 1 回 ...1 2 回投与となっている。コリスチ ...

8

2014年第2回総会 掲載日:2014年2月25日 2014年総会議事録  三原市ホームページ

2014年第2回総会 掲載日:2014年2月25日 2014年総会議事録 三原市ホームページ

... 32 番 第 6 件について,営農型で 80 %収穫率を達成できるのか疑問だが,パネル設置方法は どうか。 事務局 営農型で太陽光を行う場合は,耕作してできる作物が、周辺に比べ,この申請は沼田東で ありますが,同等の作物の平均値からみて 2 割以上減少しないこと,という条件がついており ます。今回は三原市で初めての申請ですが,県内では 3 件くらいはやっています。申請者は 下で稲作をやる予定で,パネルの遮光率が 40 ...

13

2011年(平成23年)1月  日

2011年(平成23年)1月  日

... リース会社は、割賦販売法と同様に、ユーザーの支払能力調査義務を負い、その 額を超える契約の締結や過量販売を禁止すべきである。 リース被害においては、ユーザーの資力からして極めて不相当な金額(例えば 間の所得の半分以上の年間リース料を支払わせるものもある)をリース料総額とす る契約が締結されていたり、また、リース物件も、ユーザーが真に必要とするもの に比して、質的にも量的にも過剰な事案が多々存在するのであるから、リース会社 ...

25

平成20年10月25日

平成20年10月25日

... 香港及びシンガポール選手に関しては、過去のトレーニングキャンプに参加経験が あるため、測定の結果及びフォーム・ペダリングスキル等前回と比較をしてデータの フィードバックと共に更なるステップアップのための指導を実施した。タイ王国の 名の選手については、年齢層が若いこととキャンプも初参加のため、基礎的な内容の トレーニング及びアドバイスを心がけた。フォーム・ペダリングスキル及び測定結果 ...

32

平成24年12月10日

平成24年12月10日

... 旬に断続的な降雨があり、8-9%程度の深刻な雨当たり被害が発生したため、 年産は“史上最悪な厳しい作柄”となりました。ハイグレード品の発生量はかな り限定的で、確保は困難な状況となっています。そのため産地価格についても、ハイ グレード品から中間グレード品については、年産以上に高騰して推移しています。 ...

9

平成23年3月10日

平成23年3月10日

... ○加温ハウスでは、適温を維持する範囲で暖房を強める。 ○ハウスは保温力を高めるため、天窓、カーテンの合わせ部分等にすき間がないよ うに事前に点検し、気密性を高める。 ○無加温ハウスでは、外気温が-℃以下になると予想された場合、ハウス内を多層(層)被覆するとともに、状況によっては簡易ストーブやローソク、ハウスランプ 等を使って保温する。 ...

19

平成13年11月20日

平成13年11月20日

... 365 提供のサービスデスクを設置 ○コロケーション(Co-Location): 取引参加者等の機器(自動発注サーバー等)と売買システムや相場報道システム等と の物理的距離を極小化することで、レイテンシー(ネットワーク機器におけるデータ 授受の遅延)の低下を実現させるため、取引所のデータセンター又はネットワークの アクセスポイント(AP)に近接する場所に設置し接続することです。売買システムや 相場報道システムが高速化して ...

43

平成21年8月30日

平成21年8月30日

... (4) 平成 26 年度「依存症治療拠点機関設置運営事業」において指定された 全国拠点機関及び5つの依存症治療拠点機関に、ベンゾジアゼピン系薬物 依存症に特化した部門を設置して専門的な治療や研究を実施させるととも に、少なくとも各県に医療機関をベンゾジアゼピン系薬物依存の専門的 治療を実施できる治療拠点機関として指定すること ...

9

平成23年3月10日

平成23年3月10日

... 農作物の技術対策 果 樹 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 野 菜 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 花 き ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4 4 水 稲 ...

22

平成20年10月25日

平成20年10月25日

... .開催目的 国際自転車競技連合(UCI)提唱のワールド・サイクリング・センタ- (WCC)構想の下、アジア地域のサブセンターとして世界で活躍できるア スリートの育成・輩出を包括的に普及促進するためのトレーニングキャン プとする。今回においても、年々増加傾向にあるジュニアやユース世代の 若い参加者が大多数のため、基礎的なトレーニングに主眼を置き、即時的 な効果を求めず、長期の育成ビジョンに基づくトレーニングを実施する。 ...

36

平成20年10月25日

平成20年10月25日

... 2013 移動サブセンター:於タイ王国・スパンブリに参加)。それゆえに、少人 数であるからこそのきめ細かいパーソナル指導を実践することができた。2 週間とい う短い期間であったが、フィジカル並びにスキルに関して基礎的なプログラムに徹し た。キャンプ開始 3 目には、日本競輪学校測定室において台上走行試験機によるペ ダリングパワーやスキルを測定、トレーニング時に撮影した選手自身のフォームやペ ...

20

Show all 10000 documents...

関連した話題