市の医療提供体制に関する意識>

Top PDF 市の医療提供体制に関する意識>:

( お問い合わせ先 ) 健保連企画部社会保障研究グループ : 平成 29 年 9 月 25 日 医療 医療保険制度に関する国民意識調査 調査結果の要旨 健康保険組合連合会 健保連は今年 6 月に わが国の医療提供体制および公的医療保険制度に対する一般国民の近年の認識や具体的な

( お問い合わせ先 ) 健保連企画部社会保障研究グループ : 平成 29 年 9 月 25 日 医療 医療保険制度に関する国民意識調査 調査結果の要旨 健康保険組合連合会 健保連は今年 6 月に わが国の医療提供体制および公的医療保険制度に対する一般国民の近年の認識や具体的な

同調査は、平成 19、23 両年度に「医療に関する国民意識調査」として実施 し、当時は医療提供体制に係る調査項目を中心としていました。今回、6年ぶ りに実施した 29 年調査は、一般国民認識変化を確認するため、過年度事 業と比較可能な項目を引き継ぐ一方で、24 年「社会保障・税一体改革」以降 医療保険制度に係る改革動向を踏まえ、給付と負担に関する諸課題、特に、 消費税をはじめとする税と社会保険料関係など、負担(財源)あり方に関 する国民認識を調査しました。
さらに見せる

23 さらに読み込む

人権に関する意識調査 長崎市│アンケート結果

人権に関する意識調査 長崎市│アンケート結果

長崎 人権教育 啓発基本計 基 人権教育等 各種施策 効果 影響 い 成 調査結果 比較検討 基礎資料 医2週 人権 関 民 意識 現状 問題 等 把握 行い 講 人権教育 啓発活動 効果的 推 い 新 方策 検討 基礎資料

65 さらに読み込む

調査詳細 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

調査詳細 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

○ 「かかりつけ医を持つことは住民中に広がっていると思うか」 について、 57.4%が 「思う」 と回答だった(◆17より) ○ 「かかりつけ医として役割で自身に該当するもの」について肯定する意見が多かった項 目は、 「患者病状に応じた適切な専門医療機関を紹介できる」 85.9%、 「患者心理面を評 価し対応できる」73.1%、 「健康増進ため評価や対応ができる」72.2%、 「疾病予防た め評価や対応ができる」71.2%だった。逆に、 「介護保険ケアプラン作成における医学 的アドバイスができる」49.7%、 「紹介した患者入院中診療を支援できる」33.6%、 「退 院調整カンファレンスに求めがあれば出て行く」26.8%は低調にとどまった(◆18より)
さらに見せる

20 さらに読み込む

調査概要 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

調査概要 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

27.3% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80%  1 .諸臓器総合的な診療を提供す る  2.患者社会・経済的側面を評価し、対応できる  3 .患者心理面を評価し対応できる  4 .健康増進ため評価や対応ができる  5 .疾病予防ため評価や対応ができる  6 .患者病状に応じた適切な専門医療機関を紹介できる  7 .紹介した患者入院中診療を支援できる  8 .退院調整カン ファレン スに求めがあれば出て行く  9 .介護保険ケアプラン 作成における 医学的アドバイスができる  1 0 .継続して診療を提供している 患者時間外病状悪化に電話等で相談
さらに見せる

21 さらに読み込む

アンケート調査票(訪問看護ステーション管理者) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

アンケート調査票(訪問看護ステーション管理者) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

1.医師(診療所) □① 0人 □② 1人 □③ 2人 □④ 3∼4人 □⑤ 5人以上 2.医師(病院) □① 0人 □② 1人 □③ 2人 □④ 3∼4人 □⑤ 5人以上 3.歯科医師 □① 0人 □② 1人 □③ 2人 □④ 3∼4人 □⑤ 5人以上 4.薬剤師 □① 0人 □② 1人 □③ 2人 □④ 3∼4人 □⑤ 5人以上 5.看護師 □① 0人 □② 1人 □③ 2人 □④ 3∼4人 □⑤ 5人以上 6.理学療法士・作業療法士 □① 0人 □② 1人 □③ 2人 □④ 3∼4人 □⑤ 5人以上 7.栄養士 □① 0人 □② 1人 □③ 2人 □④ 3∼4人 □⑤ 5人以上 8.ケアマネジャ □① 0人 □② 1人 □③ 2人 □④ 3∼4人 □⑤ 5人以上 9.医療ソーシャルワーカー □① 0人 □② 1人 □③ 2人 □④ 3∼4人 □⑤ 5人以上 10.その他( ) □① 0人 □② 1人 □③ 2人 □④ 3∼4人 □⑤ 5人以上
さらに見せる

4 さらに読み込む

集計(市民 クロス集計 グラフ) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

集計(市民 クロス集計 グラフ) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

全 体 休日 夜間 診療体制や救急 療機関 い 療機関 師 対応 疾患 専門分 い 訪問診療 護やヘ パ 在宅ケアサ い 退院後 利用 ハ テ ョン い 保健や 療 い 相談窓口 い 健康保険や 療費 制度 い

57 さらに読み込む

集計(歯科診療所医師) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

集計(歯科診療所医師) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

現実的 難 い 大 問 私見 訪問歯科診療 無理 姿勢 診療 多 体力的 年齢 い 若い先生方 積極的 組 う いう方 増え 思い 歯科 歯科 連携 在宅歯科医療 特化 診療形態 歯科医院 必要 い 思い

22 さらに読み込む

集計(病院管理者) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

集計(病院管理者) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

◆在宅医療 い 日 気 付け い や 後 課題等意見 記入く い 人 行う 老々 護 精神的 肉体的負担 軽減 テ 構築 病院管理者 個人的 在宅医療 わ い 推進 ひ必要不可欠 考え サ ト体制 敷く必要 あ 医師 い 在宅医療へ 関心 チ チ 啓もう 実用 感 い 現在 個人開業医 現在 収入 維持出来 ば あえ 在宅医療 参入 く い いう 本 音 う 若干 新規開業医 前向 う

14 さらに読み込む

川崎市子どもの権利に関する実態・意識調査報告書

川崎市子どもの権利に関する実態・意識調査報告書

子ども結果と同様に「受容性」や「守秘義務」は高い割合を示しており、これらが一 般的な相談機能必要条件であることが理解できる。また「 24 時間電話相談」を求める 割合も高い。 自己肯定感低いおとなは、高いおとなと比較して、「お金がかからない」条件を求める 割合が高く、自己肯定感高低背景に経済的要因が含まれている可能性が指摘できる。 さらに、自己肯定感低いおとなは「解決方法を教えてくれる場所」を求める割合も高い。 子ども場合と同様に、自己肯定感が低いと具体的な解決機能を求める割合が高い。他方、 自己肯定感高いおとなは低いおとなと比較して「逃げ込める場所」といった緊急時対 応(シェルター機能)を重視している傾向がうかがえる。
さらに見せる

36 さらに読み込む

検討会資料.pdf 東濃中部の医療提供体制検討会について  土岐市 検討会資料

検討会資料.pdf 東濃中部の医療提供体制検討会について 土岐市 検討会資料

○ 病床数を400床規模とした場合、現行2病院よりも病床数が増えるため、症例経験を積みたい医師招聘につながる。 <その他観点> ○ 医療需要に見合った医療機関再編が可能となる。 ○ 医療提供体制が激変するため、医療従事者雇用等に影響がある。 ○ 検査手術機器等医療資源集約化が可能となる。 ○ 新たな施設建設または改修費用、機器整備費用等により初期費用が膨大となる。
さらに見せる

13 さらに読み込む

第2部 第3章 医療提供体制 所沢市保健医療計画~スマート“健幸”ライフ所沢~ 所沢市ホームページ

第2部 第3章 医療提供体制 所沢市保健医療計画~スマート“健幸”ライフ所沢~ 所沢市ホームページ

 精神疾患を有する方については、休日・夜間において、緊急的な精神医療電話相談が できる「埼玉県精神科救急情報センター」情報をホームページに掲載しています。  市内 6 5 歳以上方がいる世帯を対象に、医療機関、服薬内容等医療情報や健康保 険証写し等を専用容器に入れ、自宅冷蔵庫に保管しておくことで、緊急時に救急

20 さらに読み込む

地域医療構想の概要 1 地域医療構想の位置づけ 平成 25 年 3 月に 医療法に基づき 本県の疾病対策及び医療提供体制の基本方針である第 6 期岐阜県保健医療計画を策定した 平成 27 年 4 月に施行された改正医療法に基づき 保健医療計画の一部として 将来 (2025 年 ) あるべき医療提供体

地域医療構想の概要 1 地域医療構想の位置づけ 平成 25 年 3 月に 医療法に基づき 本県の疾病対策及び医療提供体制の基本方針である第 6 期岐阜県保健医療計画を策定した 平成 27 年 4 月に施行された改正医療法に基づき 保健医療計画の一部として 将来 (2025 年 ) あるべき医療提供体

【病 院 間 連 携】高山赤十字病院と久美愛厚生病院、県立下呂温泉 病院と市立金山病院(同一市内)、久美愛厚生病院 と高山厚生病院(同一市内・設置主体同一)におい て、病院間関係整理、位置づけについて研究、 検討(地域医療連携推進法人制度導入について も検討)

5 さらに読み込む

医療提供体制施設整備交付金交付要綱 ( 通則 ) 1 医療提供体制施設整備交付金 ( 以下 交付金 という ) については 予算の範囲内において交付するものとし 補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律 ( 昭和 30 年法律第 179 号 ) 補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律施行令

医療提供体制施設整備交付金交付要綱 ( 通則 ) 1 医療提供体制施設整備交付金 ( 以下 交付金 という ) については 予算の範囲内において交付するものとし 補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律 ( 昭和 30 年法律第 179 号 ) 補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律施行令

この場合において、 (5)中「交付金」とあるは「補助金」と、 「別紙8」と あるは「別紙8に準じた様式」と読み替えるものとする。 イ 市町村は、都道府県が交付する補助金を財源全部又は一部とした補助金(以 下9において「間接補助金」という。 )を交付する場合には、間接補助金を交付さ れた者(以下9において「間接補助事業者」という。 )に対し、その対象事業(以 下9において「間接補助事業」という。 )を行うにあたり(6)アからシまでに 掲げる条件を付さなければならない。
さらに見せる

37 さらに読み込む

検討会資料.pdf 東濃中部の医療提供体制検討会について  土岐市 検討会資料(第4回)

検討会資料.pdf 東濃中部の医療提供体制検討会について 土岐市 検討会資料(第4回)

◎ 全国的に深刻な課題となっている「医師不足」影響により、 病院で医師確保が課題となっており、以下問題などが生じている。 ・ 特定診療科で医師が確保できず、診療できない事態が生じ、地域中核医療機関として機能が果たせない。 ・ 2つ病院がそれぞれ医師を確保しなければならず、輪番制としている救急医療時に、医師がいない診療科対応ができない。 ・ 診療可能な診療科が医師確保に依存することで、病院経営不安定化につながっている。 等
さらに見せる

11 さらに読み込む

医療提供体制の整備 平成26年度評価結果  長野市ホームページ

医療提供体制の整備 平成26年度評価結果 長野市ホームページ

評価理由・説明等 適 応性 急速な少子・高齢化進行や医療技術飛躍的進歩、あるいは住民医療に対する意識変化など、医療を取り巻 く環境は大きく変化している。 子どもから高齢者まで、すべて市民が安心して健やかに生活できるまちづくりが求められている。 そこで、市民に対し、良質かつ適切な医療を効率的に提供する体制が確保できるよう努めている。

3 さらに読み込む

Message 理事長 桐野髙明 - メッセージ - 理事長あいさつ佐賀県の医療提供体制 現在厚生労働省において 医療計画の見直しが行われています その中で それぞれの県の医療提供体制の現状と 将来の予測についての議論も進められており 佐賀県の状況が一つの例としてとりあげられました ( 地域医療構想

Message 理事長 桐野髙明 - メッセージ - 理事長あいさつ佐賀県の医療提供体制 現在厚生労働省において 医療計画の見直しが行われています その中で それぞれの県の医療提供体制の現状と 将来の予測についての議論も進められており 佐賀県の状況が一つの例としてとりあげられました ( 地域医療構想

ニ ュ ー ス - メ ッ セ ー ジ - 館 長 あ い さ つ  現在厚生労働省において、医療計画見直しが行われています。 その中で、それぞれ医療提供体制現状と、将来予測につ いて議論も進められており、佐賀県状況が一つ例としてとり あげられました(「地域医療構想に関するワーキンググループ」平 成30年3月28日)。そこで、佐賀県中核病院(大学病院、好生 館、唐津日赤、NHO嬉野医療センター)が県庁所在に集中して おらず、佐賀県5つ医療圏ごとに地域連携将来像がイメージ しやすい状態にあることが注目を集めました。多く県では、急性 期中核病院が県庁所在地に密集し、県周辺部では逆に医療過疎に なっている状況が知られています。従って、地域医療を県全域問題として議論するが困難と なりがちです。それに対して、佐賀県は医療将来像を描くために、大変好ましい状態にあると 言えます。中核病院一つである好生館は、これまでも急性期医療に重点を置いて、平均在院日 数短縮を実現してきました。今後も一層病診連携強化に取り組み、佐賀県地域医療が全 国でも最も進んでいて、県民健康状態や医療に対する満足度も極めて高いと称賛されるような 医療提供体制を目指していくことが重要だと思います。このことが、医療を効率的で、かつ強靭 で持続力あるものにしていくことになります。そのような医療が実現すれば、佐賀はますます 安心して暮らすことできる所となるでしょう。
さらに見せる

12 さらに読み込む

施設の集約化に関する議論は医療提供側の立場からのみ協議 立案されてきたものであることから 被医療側の立場に立った集約化 小児がん医療提供体制の在り方について立案していくことも極めて重要である しかし わが国において人的 設備的資源 財源は限られおり 単純に医師を増やせば集約化と均てん化に関する問題が

施設の集約化に関する議論は医療提供側の立場からのみ協議 立案されてきたものであることから 被医療側の立場に立った集約化 小児がん医療提供体制の在り方について立案していくことも極めて重要である しかし わが国において人的 設備的資源 財源は限られおり 単純に医師を増やせば集約化と均てん化に関する問題が

回答しか得ておらず、一部解析しかでき ていないが、自由記述部分からは、非医療医療サイドに求める生声が切実に伝 わる回答が得られた。均てん化については、 多く保護者が当然ように求めていたが、 集約化については、その程度において様々 な意見がみられた。多くは2-3近隣す る市町村に1施設から都道府県に2-3施 設、都道府県に1施設と回答であった。 集約化は望ましいが、過度になると多く 居住地域医療的過疎が起こるという危惧 が述べられていた。また施設間連携を強く 望む記述も多く認められた。自身子ども が治療を受けた施設で改善すべき、あるい は不足していた点は何かという問いに対し ては、担当医説明不足、担当医専門的 知識・経験不足、チーム連携あるいは診療 科間連携不足、他科医師小児がんに対 する知識不足を挙げる回答が特に固形がん 経験者保護者に多くみられた。また経済 的な問題、宿泊施設など環境整備、患児 以外家族へ対応を挙げた保護者も多か った。医師を含め医療スタッフに対しては 心ケア、やさしさを求める声が多かった。 理想とする小児がん治療施設と現実的な ギャップがある現在我が国において、わ が子が小児がんと診断された場合、治療を 受ける病院を選択するに当たって何を重要 視するかと問い(自由記述)に対しては、 専門的で高度な治療を受けることができる 施設、その医療施設における治療経験と治 療成績、医師個人優秀度、滞在施設など が整備されている施設などがあげられてい た。注目すべきは小児がん全体として施 設を選択するではなく、各疾患(例えば 脳腫瘍なら脳腫瘍、ユーイング肉腫ならユ ーイング肉腫というように)特異的に専門 施設を求め、その情報公開を求める回答 が多かったことがある。今後、より詳細な 解析を加えていく予定である。
さらに見せる

6 さらに読み込む

生殖補助医療の提供等に関する法整備の実現と課題

生殖補助医療の提供等に関する法整備の実現と課題

、出自を知る権利担保と十分な数 ドナー確保を両立させる手立てについても問われた。 発議者からは、出自を知る権利については重要な論点であり、発議者間においては、当 該権利はあるという認識で検討したいと思っているとした上で、この論点は様々な課題が あり、例えばドナー情報開示在り方など現時点で広い合意が得られている状況ではな いこと、イギリスでも、出自を知る権利を認めた結果ドナー確保が困難となり海外で治 療を受ける例が増えたと聞いていること、そもそも出自を知る権利が法定化されていない ため当該権利中身について多様な意見があり、生殖補助医療分野だけでなくいろいろ なところに波及する問題であること等から、当該権利具体的な在り方については附則第 3条に基づく検討において議論していきたい旨答弁があった 25
さらに見せる

18 さらに読み込む

本県の被ばく医療体制について

本県の被ばく医療体制について

〔避難元医療機関から情報提供〕 ・職員数、連絡先、担当職員名、担当職員緊急連絡先 ・備蓄品・非常持出品 ・入院患者内訳(ストレッチャーや車椅子等を利用する患者数、酸素吸入や点滴等患者数) ・カルテ引き継ぎ方法(電子カルテ、紙カルテ等)

24 さらに読み込む

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 背景と課題 2 1. 診療体制 2 2. 医療の質保証 安全管理体制 4 3. ガバナンス 4 4. 意識 ( 風土 ) や文化 5 Ⅲ 改善に向けて 5 1. 安全で質の高い医療体制の確保 6 (1) 診療体制 6 (2) 医療の質保証 安全管理体制の強化 6 1 報

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 背景と課題 2 1. 診療体制 2 2. 医療の質保証 安全管理体制 4 3. ガバナンス 4 4. 意識 ( 風土 ) や文化 5 Ⅲ 改善に向けて 5 1. 安全で質の高い医療体制の確保 6 (1) 診療体制 6 (2) 医療の質保証 安全管理体制の強化 6 1 報

特に消化器外科では,旧第二外科肝胆膵外科チームは,担当医は2~3人 少人数で運営され,スタッフ数に見合わない数患者診療,手術をこなしてい たことが明らかとなっている。こうした状況が,診療科長指導力不足(後述) ともあいまってカンファレンス機能不全や診療録(カルテ)及び説明同意文書 記載不十分など医療低下を引き起こしたものと考えられる。説明同意文 書は,医師が提示した方法以外治療方法や治療によるリスクに関する情報を含 むべきもので,極めて重要なものである。さらに診療録記載と合わせて,医療 行為一部を形成し,医療質向上に多大な役割を果たすものである。インフォ ームド・コンセントを得るまで諸作業が適切に行われていなかったこと大き な理由は,その意義に対する医師理解が不十分であったこと,チーム医療体制 が十分に取られていなかったことほか,説明文書が病院内で統一されていなか ったばかりか内容質的検討がなされていなかったこと,並びにインフォーム ド・コンセントに関わる作業結果をチェックする体制が構築されていなかった ことであると考えられる。また,医療事故調査委員会報告書に添付された日本外 科学会報告には,「医師診療記録が不十分であった問題については,特定 医師に限ったことではなく,程度差はあるが旧第一外科,旧第二外科共通にみ られた」旨記載がある。診療録記載は,医師法で定められた重要な診療行為 であり,他医師や看護師等が患者に対し,医療行為を行う場合重要な情報に なるとともに,診療行為妥当性に対する検証にも必要不可欠である。診療録 記載が不十分であった点については,同院はこれを病院全体問題として捉え, 今後早急に改善を行う必要がある。
さらに見せる

19 さらに読み込む

Show all 10000 documents...