宮崎市普通会計資金収支計算書

Top PDF 宮崎市普通会計資金収支計算書:

目 次 高山市財務諸表について 1 一般会計等財務諸表貸借対照表 6 行政コスト計算書 8 純資産変動計算書 10 資金収支計算書 12 全体財務諸表貸借対照表 14 行政コスト計算書 15 純資産変動計算書 16 資金収支計算書 17 連結財務諸表貸借対照表 18 行政コスト計算書 19 純資産変

目 次 高山市財務諸表について 1 一般会計等財務諸表貸借対照表 6 行政コスト計算書 8 純資産変動計算書 10 資金収支計算書 12 全体財務諸表貸借対照表 14 行政コスト計算書 15 純資産変動計算書 16 資金収支計算書 17 連結財務諸表貸借対照表 18 行政コスト計算書 19 純資産変

目 次 高山財務諸表について ••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••• 1 一般会計等財務諸表 貸借対照表 ••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••• 6 行政コスト計算 ••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••• 8 純資産変動計算 ••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••• 10 資金収支計算 ••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••• 12 全体財務諸表
さらに見せる

32 さらに読み込む

横浜市の財政状況 ~26 年度決算 財務書類 ~ 目次 第 Ⅰ 部企業会計的手法からみた財政状況 1 企業会計的手法による財務書類の作成について 2 (1) 財務 4 表の概要 5 2 普通会計財務書類 (1) 普通会計貸借対照表 10 (2) 普通会計行政コスト計算書 18 (3) 普通会計純資産

横浜市の財政状況 ~26 年度決算 財務書類 ~ 目次 第 Ⅰ 部企業会計的手法からみた財政状況 1 企業会計的手法による財務書類の作成について 2 (1) 財務 4 表の概要 5 2 普通会計財務書類 (1) 普通会計貸借対照表 10 (2) 普通会計行政コスト計算書 18 (3) 普通会計純資産

(2)外国人のための日本語学習支援事業 【YOKE日本語教室教材例集より】 横浜は、多様な文化を持つ人々と共に生きる社会を目指 し、ともに暮らしやすく活動しやすいまちづくりをすすめてい ます。現在、には約8万人の外国人が居住しており、生活し ていくうえで、日本語のコミュニケーションに困っていること が平成 21 年度の調査でわかりました。そこで、日本語学習支 援に取り組まれている市民の皆様や行政、関係団体等を主体と した市域における日本語学習支援のシステム構築を目指し、平 成 22 年度から日本語学習支援事業に取り組んでいます。
さらに見せる

124 さらに読み込む

平成 27 年度 事業計画書及び収支予算書 < 資料内容 > 平成 27 年度事業計画書 平成 27 年度資金収支予算 事業区分 拠点区分別総括表 平成 27 年度社会福祉事業区分資金収支予算書及び内訳表 平成 27 年度公益事業区分資金収支予算書及び内訳表 社会福祉法人神栖市社会福祉協議会

平成 27 年度 事業計画書及び収支予算書 < 資料内容 > 平成 27 年度事業計画書 平成 27 年度資金収支予算 事業区分 拠点区分別総括表 平成 27 年度社会福祉事業区分資金収支予算書及び内訳表 平成 27 年度公益事業区分資金収支予算書及び内訳表 社会福祉法人神栖市社会福祉協議会

・ファミリーサポートセンター(受託事業)は、子育てサポーターの新規養成やフォローア ップ講座を開催し、子育て支援ニーズに応えられるマンパワーを確保します。 (4)高校生の進路アシストカレッジの開催(4年目) ・市内に在住または在学中の高校生を対象に、福祉・介護・医療について学ぶことができる講 座を開催し、将来の福祉人材育成を図ります。

16 さらに読み込む

平成19年度バランスシート・行政コスト計算書 宮崎市財務諸表  宮崎市

平成19年度バランスシート・行政コスト計算書 宮崎市財務諸表 宮崎市

収入の総額は1,102億円となっており、区分ごとには、使用料・手数料等が89億 円、国庫(県)支出金が227億円、一般財源等が787億円となっています。費目ごと にみると、民生費では、使用料・手数料等と国庫(県)支出金で48.2%が賄われてお り、税等の一般財源による負担は、残りの51.8%になります。これに対し、土木費 や教育費では、一般財源による負担が大きくなっていますが、これは、土木費や教育費に 充てられる国庫(県)支出金のほとんどが資産形成に関するものであるため、行政コスト 計算を作成する際は収入項目から除かれているためです。
さらに見せる

23 さらに読み込む

平成20年度財務書類4表 東御市(とうみし)|東御市の財務書類4表(貸借対照表、行政コスト計算書、純資産変動計算書、資金収支計算書)|人と自然が織りなす しあわせ交流都市 とうみ

平成20年度財務書類4表 東御市(とうみし)|東御市の財務書類4表(貸借対照表、行政コスト計算書、純資産変動計算書、資金収支計算書)|人と自然が織りなす しあわせ交流都市 とうみ

実施してい 関係団体 加え、連結財務 4 表 して表示してい 連結 行 た団体 、 新地方公会計制度実務研究会報告 示 た基準 に、 加入 一部 務 組合等 6 団体、地方公社 1 団体、第 3 クタ やの関 の実態に 連結した 4 団体に ついて連結対象 し した

37 さらに読み込む

横浜市の財政状況 2 目次 第 Ⅰ 部企業会計的手法からみた財政状況 1 企業会計的手法による財務書類の作成について 2 (1) 財務 4 表の概要 5 2 普通会計財務書類 (1) 普通会計貸借対照表 10 (2) 普通会計行政コスト計算書 18 (3) 普通会計純資産変動計算書 22 (4) 普

横浜市の財政状況 2 目次 第 Ⅰ 部企業会計的手法からみた財政状況 1 企業会計的手法による財務書類の作成について 2 (1) 財務 4 表の概要 5 2 普通会計財務書類 (1) 普通会計貸借対照表 10 (2) 普通会計行政コスト計算書 18 (3) 普通会計純資産変動計算書 22 (4) 普

(30)道路の維持・管理(道路修繕事業) 道路は日常生活や生産活動を支える基礎的な資産で あり、交通の用に供するという本来の目的を果たすた めに、常に良好な状態に維持管理されなければなりま せん。そのため、管理道路のうち、幹線道路では路 面性状調査や道路パトロールを行って、わだち掘れ、 縦断方向の変形など損傷が著しくなってきている路面 の修繕工事を計画的に実施しています。生活道路では、 徒歩点検やパトロール、住民の皆様からの要望を踏ま え、ひび割れ、段差、わだち掘れなどの損傷が進んで いる路面の修繕工事を実施しています。
さらに見せる

124 さらに読み込む

公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画(普通会計)

公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画(普通会計)

◇ 給与及び定員管理の状況の公表 人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の規定に基づき、毎年12月に広報紙及びホームページにて公表している。公表項目としては、職員の任 用・退職及び職員数、分限処分・懲戒処分の状況、定員適正化計画の概要と進捗状況、研修・福祉・服務などの状況、給与の状況である。 ◇ 財政情報の開示 の財政状況については、毎年6月及び12月の2回広報紙にてお知らせしている。6月は当該年度の一般会計当初予算、12月は前年度の決算状況を 中心に公表している。決算状況については、家計簿に例えるなど市民に分かりやすい情報提供に努めている。 また、決算認定については、従来より9月議会当初に提案しており、決算の早期公表を行ってきた。 公会計の整備については、合併前に旧白河において貸借対照表を作成した経緯があるが、旧表郷村、大信村、東村においては作成していなかった。新 として平成19年度中には平成18年度版貸借対照表(総務省方式改訂モデル)を普通会計ベースで作成する予定である。連結ベースでの貸借対照表 や行政コスト計算等、他の財務諸表の作成についても、新地方公会計制度研究会が示すとおり3年を目途に整備できるよう努めたい。
さらに見せる

9 さらに読み込む

(参考)市町村別決算収支、健全化判断比率の状況(確報値) 平成28年度普通会計・公営企業会計決算(見込み)  青森県庁ホームページ

(参考)市町村別決算収支、健全化判断比率の状況(確報値) 平成28年度普通会計・公営企業会計決算(見込み) 青森県庁ホームページ

参考 位:千 % 区 分 標準財政規模 歳入総額 歳出総額 実質収支 実質収支比率 成28 度末 成28 度末 財政力指数 経常収支比率 臨時財政対策債 歳入伸率 歳出伸率 基金現在高 地方債現在高

2 さらに読み込む

横浜市の財政状況 目次 第 Ⅰ 部企業会計的手法からみた財政状況 1 企業会計的手法による財務書類の作成について 2 (1) 財務 4 表の概要 5 2 普通会計財務書類 (1) 普通会計貸借対照表 10 (2) 普通会計行政コスト計算書 17 (3) 普通会計純資産変動計算書 22 (4) 普通会

横浜市の財政状況 目次 第 Ⅰ 部企業会計的手法からみた財政状況 1 企業会計的手法による財務書類の作成について 2 (1) 財務 4 表の概要 5 2 普通会計財務書類 (1) 普通会計貸借対照表 10 (2) 普通会計行政コスト計算書 17 (3) 普通会計純資産変動計算書 22 (4) 普通会

年度末住民基本台帳人口(人)  d 22 年度の行政コストは、21 年度と比較して約 81 万円減少しています。主な理由としては、設備点 検の回数を減らしたことにより委託料が減少したことなどによるものです。 一方、施設利用料(実費負担)、野外活動プログラム料金収入である使用料・手数料等は、利用者の 増加により約 132 万円増加しているため、行政コストから使用料・手数料等を引いた 22 年度の一般 財源(税等)の投入額は、21 年度と比較してその金額や割合とも減少しています。
さらに見せる

86 さらに読み込む

貸借対照表・収支計算書 社会福祉法人の運営に関する情報公開について(平成27年度):熊谷市ホームページ

貸借対照表・収支計算書 社会福祉法人の運営に関する情報公開について(平成27年度):熊谷市ホームページ

ゆかり保育園拠点区分 資金収支計算 第1号の4様式 医自) 成「6 4 1日 医至) 成「7 」 」1日 法 人 名 :社会福祉法人 ゆかり会 医単位 : ) 当期資金収支差額合計医11)=医」)+医6)+医9)-医10)

37 さらに読み込む

普通会計決算の概要 決算|宇都宮市公式Webサイト

普通会計決算の概要 決算|宇都宮市公式Webサイト

15 47 億 5, 148 万円 58. 0 17 億 4, 445 万円 17 億 5, 106 万円 16 52 億 3, 629 万円 10. 2 4 億 8, 481 万円 4 億 8, 849 万円 (*1)実質収支=歳入決算額−歳出決算額−翌年度へ繰り越すべき財源 (* 2 )単年度収支=当該年度の実質収支額−前年度の実質収支

6 さらに読み込む

平成22年度 「神戸市の財務書類~普通会計・全会計・連結ベース~」 神戸市:神戸市:財政状況

平成22年度 「神戸市の財務書類~普通会計・全会計・連結ベース~」 神戸市:神戸市:財政状況

地方自治体の会計 当該 度の歳出 当該 度の歳入 る いう 会 計 度独立の原則 基 い 会計の手法 単式簿記 現金主義 採用 い 単 度の現金収支 示 の あ 資産や 債等のストッ ク情報や 現金の移動 伴わ い減価償却費 引当金 のコスト情報 把握

50 さらに読み込む

平成26年度 「神戸市の財務書類~普通会計・全会計・連結ベース~」 神戸市:神戸市:財政状況

平成26年度 「神戸市の財務書類~普通会計・全会計・連結ベース~」 神戸市:神戸市:財政状況

.全会計貸借対照表 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 14 .全会計行政コスト計算 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 18 .全会計純資産変動計算 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「1 .全会計資金収支計算 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「「

47 さらに読み込む

第 2 章予算事務 ( 予算及び決算科目 財務諸表等様式並びに予算執行等 ) 第 9 条この土地改良区の会計で用いる科目は これを収支予算書及び収支決算書科目 貸借対照表 正味財産増減計算書並びに財産目録科目に区分し その名称 配列並びに内容については 別添 1による 2 収支予算書 収支決算書 貸

第 2 章予算事務 ( 予算及び決算科目 財務諸表等様式並びに予算執行等 ) 第 9 条この土地改良区の会計で用いる科目は これを収支予算書及び収支決算書科目 貸借対照表 正味財産増減計算書並びに財産目録科目に区分し その名称 配列並びに内容については 別添 1による 2 収支予算書 収支決算書 貸

第54条 年度決算において会計主任は、通常の整理業務のほか、少なくとも次の事項 について計算及び確認を行うものとする。 (1)未収金、未払金、前払金及び前受金の計算 (2)資産評価額の適否及び合計額並びに簿外資産のないことの確認 (3)負債の評価額の適否及び合計額並びに簿外負債のないことの確認 (4)その他決算に当たって必要とされる事項の確認

13 さらに読み込む

(普通会計)計画名:平成22年度公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画

(普通会計)計画名:平成22年度公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画

なお、一部事務組合等に係る財政力指数、実質公債費比率、経常収支比率については、当該一部事務組合等の構成団体 の各数値を加重平均したものを記入すること(ただし、一部事務組合等の構成団体に財政力指数1.0以上の団体がある 場合には、構成団体の中で最も低い財政力指数の団体の数値を記入すること。)。 また、一部事務組合等に係る将来負担比率については、各構成団体の将来負担比率を各構成団体の団体区分ごとに別表 1の基準1で除し、それにより得た数値を将来負担比率算出における分母の額に応じて加重平均したものを記入すること。 2 財政指標については、条件該当年度を( )内に記入すること。また、財政力指数以外の財政指標については、数値相
さらに見せる

7 さらに読み込む

長崎市財政健全化計画(普通会計)

長崎市財政健全化計画(普通会計)

標準財政規模 (百万円) 地方債現在高 (百万円) 積立金現在高 (百万円)  注 平成17年度(又は平成18年度)の地方財政状況調査及び公営企業決算状況調査の報告数値を記入すること。    なお、一部事務組合等に係る財政力指数、実質公債費比率、経常収支比率については、当該一部事務組合等   の構成団体の各数値を加重平均したものを用いるものとする(ただし、旧資金運用部資金及び旧簡易生命保険   資金について対象としない財政力指数1.0以上の団体の区分については構成団体の中で最も低い財政力指数   を記載すること。)。
さらに見せる

7 さらに読み込む

資金収支計算書 : 当該会計年度の学校法人全体の諸活動の収入及び支出の内容と 支払資金 ( 現金及びいつでも引き出すことができる預貯金 ) の収入及び支出のてん末を明らかにしたものです 本法人の平成 29 年度の資金収入総額 762,413 千円に前年度繰越支払資金 590,765 千円を加えた資金

資金収支計算書 : 当該会計年度の学校法人全体の諸活動の収入及び支出の内容と 支払資金 ( 現金及びいつでも引き出すことができる預貯金 ) の収入及び支出のてん末を明らかにしたものです 本法人の平成 29 年度の資金収入総額 762,413 千円に前年度繰越支払資金 590,765 千円を加えた資金

施設関係支出は46,209千円で、土地の取得や正門外構工事に関して発生した支出です。 借入金等収入は200,000千円で平成29年度に完成したD棟校舎建設資金として市中金融機関から借り 入れた長期借入金収入です。 前受金収入は191,600千円で、翌年度入学の学生の入学金や翌年度在籍の学生に係る納付金収入です。 その他の収入は135,509千円で、前年度の収入が当該年度に入金された前期末未収入金収入、卒業生へ の貸与奨学金の返還による貸付金回収収入、源泉所得税や社会保険料等の預り金等です。
さらに見せる

8 さらに読み込む

目 次 本 編 Ⅰ はじめに 1 1 統一的な基準による財務書類について 1 2 作成基準日 2 3 対象となる会計 ( 団体 ) の範囲 2 Ⅱ 財務書類 3 1 財務 4 表の内容及び相互関係 3 2 貸借対照表 4 3 行政コスト計算書 7 4 純資産変動計算書 9 5 資金収支計算書 11

目 次 本 編 Ⅰ はじめに 1 1 統一的な基準による財務書類について 1 2 作成基準日 2 3 対象となる会計 ( 団体 ) の範囲 2 Ⅱ 財務書類 3 1 財務 4 表の内容及び相互関係 3 2 貸借対照表 4 3 行政コスト計算書 7 4 純資産変動計算書 9 5 資金収支計算書 11

 一方,財政状況が厳しさを増す中,本を含む自治体では,一層の説明責任を果たすとともに, より適切な財政運営を図るため,企業会計が採用する発生主義に基づいた財務書類の公表に取り 組んできました。発生主義に基づくことで,減価償却費などの現金以外のコストを含めた行政コ ストを把握するとともに,資産や負債の情報を一覧的に表示することで,現金主義に基づく会計 資料を補完するものです。 

36 さらに読み込む

様式13 資金収支予算明細書 社会福祉法人の認可等及び指導監査について | 立川市

様式13 資金収支予算明細書 社会福祉法人の認可等及び指導監査について | 立川市

事業 分合計 自 成○○ ○○ ○○日 至 成○○ ○○ ○○日. 社会福祉事業区分 資金収支予算明細書[r]

6 さらに読み込む

目次 1. 普通会計財務書類 4 表 1-1. 貸借対照表 1-2. 行政コスト計算書 1-3. 純資産変動計算書 1-4. 資金収支計算書 2. 普通会計附属明細書 2-1. 有形固定資産明細表 2-2. 売却可能資産明細表 2-3. 投資及び出資金明細表 2-4. 貸付金明細表 2-5. 基金等

目次 1. 普通会計財務書類 4 表 1-1. 貸借対照表 1-2. 行政コスト計算書 1-3. 純資産変動計算書 1-4. 資金収支計算書 2. 普通会計附属明細書 2-1. 有形固定資産明細表 2-2. 売却可能資産明細表 2-3. 投資及び出資金明細表 2-4. 貸付金明細表 2-5. 基金等

物件費 △ 86,410 日高社会福祉協議会 事業収入 △ 86,410 社会保障給付 △ 1,073 日高社会福祉協議会 事業収入 △ 1,073 補助金等 △ 900,453 埼玉県市町村総合事務組合 分担金・負担金・寄附金 △ 410 埼玉西部消防組合 分担金・負担金・寄附金 △ 775,790 広域飯能斎場組合 分担金・負担金・寄附金 △ 21,796 入間西部衛生組合 分担金・負担金・寄附金 △ 58,659 埼玉県後期高齢者医療広域連合 分担金・負担金・寄附金 △ 1,133 日高社会福祉協議会 他会計補助金等 △ 42,665 他会計への事務費等充当財源繰出支出 △ 1,960,849 下水道事業会計会計補助金等 △ 235,868 国民健康保険特別会計会計補助金等 △ 642,065 後期高齢者医療特別会計会計補助金等 △ 111,449 介護保険特別会計会計補助金等 △ 576,646 埼玉県後期高齢者医療広域連合 分担金・負担金・寄附金 △ 394,821 他会計への公債費充当財源繰出支出 △ 45,778 下水道事業会計会計補助金等(投資・財務) △ 45,778 水道事業会計 未収金 94,554 水道事業会計 長期延滞債権 1,468 未収金 93,086 資金 △ 70,772 水道事業会計 流動負債その他 △ 70,772 他会計等への支出額 △ 80 下水道事業会計会計補助金等 △ 80 期首資金残高 △ 650,756 水道事業会計 期末資金残高 △ 650,756 他会計への事務費等充当財源繰出支出 △ 80 下水道事業会計会計補助金等 △ 80 下水道事業会計 未収金 116,407 下水道事業会計 長期延滞債権 1,166 未収金 115,241 資金 69,382 下水道事業会計 未収金 △ 70,772 他会計等への支出額 △ 34,301 普通会計 使用料・手数料
さらに見せる

50 さらに読み込む

Show all 10000 documents...