実 施 計 画 に

Top PDF 実 施 計 画 に:

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本

毎年、教育に関する事務の管理及び執行の状況の点検及び評価において、教育基本計画審議会 から知見をいただくとともに、平成26年度は教育基本計画審議会や市民から意見をいただき ながら、教育基本計画中間評価及び中間見直しを実施しました。 中間見直しでは、政策1については、「いじめ防止対策推進法」(平成25年9月28日施行) の制定伴い、 「児童・生徒が安心して学校生活その他の活動取り組める環境づくり」を施策の 方向として新た追加したほか、教職員の育成に関して「採用時点から経験年数応じた継続性 のある研修の実施」などを記載しました。また、学校施設の修繕等について、防災拠点として位 置づけられている点配慮することを課題として新た捉えました。
さらに見せる

20 さらに読み込む

とになります また 各 MSより 期 間 内 に 可 否 判 断 が 示 されない 場 合 は 当 該 臨 床 試 験 の 実 施 に 問 題 がないと 自 動 的 に 判 断 されるようです CTRにはほかにも 試 験 実 施 国 を 追 加 したり プロトコルなど 実 施 計 画 に 大 きな

とになります また 各 MSより 期 間 内 に 可 否 判 断 が 示 されない 場 合 は 当 該 臨 床 試 験 の 実 施 に 問 題 がないと 自 動 的 に 判 断 されるようです CTRにはほかにも 試 験 実 施 国 を 追 加 したり プロトコルなど 実 施 計 画 に 大 きな

 問題はこのArticle 7やArticle 8の解釈が複雑で、最終的欧州委員会の評価が終わるまで自分たちの申請する薬剤が小児 臨床試験を実施すべき対象の医薬品かどうかが不明だということです。最悪の事態として、小児臨床試験を実施しても報酬 として与えられるべき6ヵ月の保護期間延長が得られないこともあるということです。  また、小児の臨床試験の実施にあたっては、成人におけるPK試験が終了した後、小児臨床計画(PIP)を提出し、EMA の小児委員会(PDCO)にて承認してもらう必要がありますが、この時点で得られている情報は極めて限定的であることから、 PIP記載しなければならない内容と記載できる情報の間は大きなギャップがあります。それゆえ、かねてから、PIPの提 出時期とその記載内容についてはその適切性が疑問視されており、ほかも多くの問題点が指摘されています。
さらに見せる

6 さらに読み込む

職 業 は PCO Professional Congress Organizers 国 際 会 議 構 想 策 定 基 本 計 画 策 定 実 施 計 画 策 定 当 日 運 営 など イベント コンベンション 広 報 宣 伝 計 画 予 算 計 画 収 支 計 画 募 金 計 画 組 織 構 築

職 業 は PCO Professional Congress Organizers 国 際 会 議 構 想 策 定 基 本 計 画 策 定 実 施 計 画 策 定 当 日 運 営 など イベント コンベンション 広 報 宣 伝 計 画 予 算 計 画 収 支 計 画 募 金 計 画 組 織 構 築

台湾は優れた施設及び設備を所有し、専門的なメーカー及び信頼できるサービスを提供いたします。過去、 企業会議を成功させた実績を数多く有し、将来も大きな期待が寄せられています。台湾への訪問を心よ り歓迎し、私共と輝かしい将来及び業績を創造していきましょう。 MICE(マイス)産業推進及び指導計画 --国際会議・展示会の在台進行を推進させる補助法

24 さらに読み込む

2015 年 度 も 当 初 計 画 していた 事 業 を 概 ね 順 調 に 実 施 することができました 2015 年 の 3 月 の 第 14 回 理 事 会 にてご 承 認 いただきました 事 業 計 画 にはなく 新 規 に 取 り 組 みました 事 業 として 韓 国 で 日 本 語 を

2015 年 度 も 当 初 計 画 していた 事 業 を 概 ね 順 調 に 実 施 することができました 2015 年 の 3 月 の 第 14 回 理 事 会 にてご 承 認 いただきました 事 業 計 画 にはなく 新 規 に 取 り 組 みました 事 業 として 韓 国 で 日 本 語 を

①「外国語学習のめやすマスターティーチャー」養成研修 2015年度も、中国語と韓国語、日本語、英語、ロシア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語の8言語 の担当教員や研究者19名を対象、夏(千葉)と春(神奈川)の2回合宿形式で実施した。神奈川 で実施した春の研修あわせて、過去2回の研修修了者25名を招聘し、今年度の修了者と合わせ て44名が参加する会合を開催した。3回のマスターが集合した会合では、マスターティーチャー としてのこれまでの活動を総括するとともに、今後の活動の方向性と具体的な計画について検討し てもらった。この結果をベースTJFは2016年度もマスターの活動をサポートしていく予定である。 また、年間を通して、研修を修了したマスターティーチャーがコーディネーターを務めるワーク ショップを東京と名古屋で実施した。
さらに見せる

9 さらに読み込む

目 次 1 はじめに 1 (1) 施 設 が 抱 える 諸 問 題 (2) 交 付 税 合 併 算 定 替 えの 終 了 (3) ファシリティマネジメントへの 取 組 2 方 針 における3つの 改 革 2 3 実 施 方 法 3 (1) 公 共 施 設 FM 基 本 計 画 の 策 定 (2) 公

目 次 1 はじめに 1 (1) 施 設 が 抱 える 諸 問 題 (2) 交 付 税 合 併 算 定 替 えの 終 了 (3) ファシリティマネジメントへの 取 組 2 方 針 における3つの 改 革 2 3 実 施 方 法 3 (1) 公 共 施 設 FM 基 本 計 画 の 策 定 (2) 公

① 量の改革 必要な公共施設を今後も継続的保有し続けていくため、まず、 「そもそも論」 から保有についての検討を実施する。「この施設は、そもそも必要なのか」という 観点から検討を始め、「いらないものは持たない」という強い意志で臨む必要があ り、積極的かつ計画的施設の廃止、統合などを推進する。また廃止、統合しない 場合でも、著しく稼働率が低下している施設については、その規模の縮小を図る。 さらに「量の改革」では、ハードとしての施設だけを対象とするのではなく、既存 サービスの他施設への集約化や振替など、代替性確保への配慮も必要である。
さらに見せる

11 さらに読み込む

目 次 第 1 基 本 方 針 1 第 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 及 び 実 施 範 囲 1 1 監 視 指 導 計 画 の 範 囲 2 監 視 指 導 計 画 の 実 施 期 間 3 監 視 指 導 計 画 の 対 象 第 3 監 視 指 導 等 実 施 体 制 に 関 する 事 項

目 次 第 1 基 本 方 針 1 第 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 及 び 実 施 範 囲 1 1 監 視 指 導 計 画 の 範 囲 2 監 視 指 導 計 画 の 実 施 期 間 3 監 視 指 導 計 画 の 対 象 第 3 監 視 指 導 等 実 施 体 制 に 関 する 事 項

策定にあたっては、「青森県食の安全・安心対策総合指針 * 」と整合性を図るととも 、本県の食品、添加物、器具等の製造、加工、流通等の実態、食中毒等の危害発生状 況、施設の衛生管理状況等の実情を勘案するものである。 また、と畜検査員及び食鳥検査等を実施する職員の事務又は職務についても、「と畜 場法 * 」第19条及び「食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律 * 」第39条 の規定により、食品衛生監視指導計画の定めるところにより行うものである。
さらに見せる

28 さらに読み込む

政 評 価 の 実 施 結 果 を 踏 まえ 食 品 衛 生 に 関 する 施 策 を 計 画 的 かつ 効 果 的 効 率 的 に 実 施 していくため 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 233 号 以 下 法 という ) 第 24 条 の 規 定 及 び 食 品 衛 生 に

政 評 価 の 実 施 結 果 を 踏 まえ 食 品 衛 生 に 関 する 施 策 を 計 画 的 かつ 効 果 的 効 率 的 に 実 施 していくため 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 233 号 以 下 法 という ) 第 24 条 の 規 定 及 び 食 品 衛 生 に

ら行 リスクコミュニケーション BSE(狂牛病)の日本での発生に際し、厚生労働省や農林水産省は適切な情報を開示せず、国民 の求める迅速な対応ができませんでした。このことの反省から「BSE問題に関する調査検討委員会 の報告」や「食品安全行政に関する閣僚会議」などで、食品の安全に関する情報の公開、消費者等の 関係者が意見を表明する機会を確保することなどが強調されました。食品衛生法の改正で計画を策定 する場合や食品基準を設定する時は、その趣旨、内容等を公表し広く国民又は住民の意見を求める とともに、基準設定等を行う場合以外についても、食品衛生に関する施策全般について、定期的 策の実施状況を公表し広く国民又は住民の意見を求める旨の規定が設けられました。
さらに見せる

22 さらに読み込む

1 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 の 計 画 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 は 教 育 課 程 の 中 に 位 置 付 け 計 画 的 に 実 施 しなければならない 実 施 に 当 たっては 地 域 の 実 状 に 応 じて 災 害 対 応 マニュアルに 基 づく 訓 練 を 実 施 し い

1 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 の 計 画 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 は 教 育 課 程 の 中 に 位 置 付 け 計 画 的 に 実 施 しなければならない 実 施 に 当 たっては 地 域 の 実 状 に 応 じて 災 害 対 応 マニュアルに 基 づく 訓 練 を 実 施 し い

1 防災 (避難) 訓練の計画 防災(避難)訓練は、教育課程の中位置付け、計画的実施しなければならない。 実施に当たっては、地域の実状応じて、災害対応マニュアル基づく訓練を実施し、い かなる災害遭遇した場合でも安全避難できる能力や態度を身付けられるよう、可能な 限り多様な訓練を行い、その中で課題を見いだし、その課題の解消向けて、継続してマニ ュアルの改善を行う。
さらに見せる

8 さらに読み込む

1. 方 法 平 成 26 に 実 施 した 国 立 市 市 有 施 設 構 造 体 劣 化 結 果 を 踏 まえ 構 造 躯 体 健 全 性 評 価 を 行 いました 構 造 体 劣 化 で 対 象 とした 施 設 は 本 計 画 対 象 施 設 うち 鉄 筋 コンクリート 造 *1 建 築 物

1. 方 法 平 成 26 に 実 施 した 国 立 市 市 有 施 設 構 造 体 劣 化 結 果 を 踏 まえ 構 造 躯 体 健 全 性 評 価 を 行 いました 構 造 体 劣 化 で 対 象 とした 施 設 は 本 計 画 対 象 施 設 うち 鉄 筋 コンクリート 造 *1 建 築 物

① 劣化度判定 はつり調査でコンクリートをはつり取り、露出し た鉄筋を目視で腐食のグレードを判断します。グ レードⅠおよびⅡの状態では、コンクリートの一体 性は確保されているが、グレードⅢ以上となると、 生成したさび起因する膨張圧によって、コンク リートひび割れや剥離が生じます。このため、グ レードⅢまたはⅣの場合を有害な腐食と判断します。

8 さらに読み込む

2 ITを 活 用 した 販 売 促 進 計 画 目 標 経 営 改 善 計 画 2(1) 振 興 策 2 インターネット 投 票 などIT 企 業 との 連 携 強 化 により 馬 券 発 売 を 促 進 する ( 凡 例 : 実 施 済 : 取 組 中 : 未 着 手 : 実 施 困 難 ) 1

2 ITを 活 用 した 販 売 促 進 計 画 目 標 経 営 改 善 計 画 2(1) 振 興 策 2 インターネット 投 票 などIT 企 業 との 連 携 強 化 により 馬 券 発 売 を 促 進 する ( 凡 例 : 実 施 済 : 取 組 中 : 未 着 手 : 実 施 困 難 ) 1

73 地元特産品や人気商品の限定発売(競馬以外の要素の追加) ◎ 「能登半島地震復興記念能登応援シリーズ」の際、県内特産品を販売(20年3月) 帯広競馬発売を記念し、北海道十勝の特産品販売を実施(19年度~) 74 イベント参加団体無料送迎サービスを実施 ◎ ファンバスを利用して婚活イベントを実施(21年度~) 75 一定枚数の外れ馬券(マイレージ方式)で景品交換 ◎ 外れ馬券で子供縁日の参加(射的・水ヨーヨーすくい等)を実施(19年度~)
さらに見せる

8 さらに読み込む

目 次 前 文 1 Ⅰ 平 成 20 年 度 事 業 計 画 に 掲 げた 各 項 目 の 実 施 概 況 5 1 競 馬 番 組 等 に 関 する 計 画 5 2 お 客 様 サービスに 関 する 計 画 8 3 競 馬 の 公 正 確 保 に 関 する 取 組 み 19 4 競 馬 の 国 際

目 次 前 文 1 Ⅰ 平 成 20 年 度 事 業 計 画 に 掲 げた 各 項 目 の 実 施 概 況 5 1 競 馬 番 組 等 に 関 する 計 画 5 2 お 客 様 サービスに 関 する 計 画 8 3 競 馬 の 公 正 確 保 に 関 する 取 組 み 19 4 競 馬 の 国 際

食の安全及び消費者の信頼の確保が重点課題となっ ている中で、減少が見込まれる産業獣医師の確保、 流行予測や予測株を用いた動物用インフルエンザワ クチン製造体制の構築、動物用医薬品等の使用よ る薬剤成分の環境及ぼす影響への対応を図り、我 が国における家畜衛生の向上資するため、産業獣 医師の診療能力の向上、新規獣医師の産業動物獣医 師への誘引、離職獣医師の復職促進の取組を行うと ともに、流行するであろう動物用インフルエンザワ クチン株の予測及び、予測基づいて株を変更した ワクチンの製造体制の整備を行う。また、動物用医 薬品等が環境及ぼす影響調査を行い、その低減方 法等を開発する。
さらに見せる

66 さらに読み込む

ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 自 己 歯 髄 組 織 由 来 幹 細 胞 を 用 いた 抜 髄 後 歯 髄 組 織 再 生 療 法 開 発 申 請 年 月 日 平 成 24 年 4 月 12 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 実 施

ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 自 己 歯 髄 組 織 由 来 幹 細 胞 を 用 いた 抜 髄 後 歯 髄 組 織 再 生 療 法 開 発 申 請 年 月 日 平 成 24 年 4 月 12 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 実 施

添付13 臨床研究の概要をできる限り平易な用語を用いて記載した要旨 1. この臨床研究の目的について 歯深い虫歯があり、冷たい物、熱い物しみる時は、歯髄(神経)を取 り、歯髄(神経)を取った後、ゴムのようなものを詰めています。しかし、 歯髄(神経)がなくなると歯が脆くなって折れたり、歯の色がかわるなどして きます。そこで、この研究では、歯髄(神経)を取った後、再度、歯髄(神 経)を再生させることを目的としています。この治療法では、歯髄(神経)を 抜いた後の根っこの穴の中、患者さん自身の親知らず(智歯)などの要らな い歯から取り出した歯髄由来の幹細胞(かんさいぼう:色々な種類の細胞成 長できる基なる細胞)を移植し、歯髄を完全元通り回復させます。世界 で初めての歯髄再生治療ですので、その治療が安全行えることを確かめるこ とを、まず第一の目的としています。
さらに見せる

18 さらに読み込む

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

カルテ基づき、町の住環境の現状と課題を、以下のとおり整理した。 2-1 道路の現況・課題 (1)幹線道路 都市計画道路及び主要な県道・町道により、東西、南北のグリッド状の幹線道路網が計画され ている。東西方向の幹線道路は概成し、適正な道路網が整備されているが、南北方向では、都市 計画道路は整備中であり、また、県道・町道においてはボトルネック箇所があり、改善が必要と なっている。

14 さらに読み込む

第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 5 節 救 助 の 実 施 1. 実 施 機 関 (1) 県 災 害 救 助 法 を 適 用 する 場 合 の 救 助 は 県 が 行 うこととするが 次 に 掲 げる 事 項 すべてに 該 当 する

第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 5 節 救 助 の 実 施 1. 実 施 機 関 (1) 県 災 害 救 助 法 を 適 用 する 場 合 の 救 助 は 県 が 行 うこととするが 次 に 掲 げる 事 項 すべてに 該 当 する

ウ その他災害応急対策において、緊急性があり、かつ、防災ヘリによる活動が最も有 効な場合 (2)要請は、県消防防災航空センターへ電話等により速報後、書面をファクシミリにより送 付して行うものとする。ただし、ファクシミリが使用できない場合及び使用するいとまが ない場合は、電話等により要請を行い、事後速やか書面を提出するものとする。 (3)市は、防災ヘリによる活動だけでは不足すると判断した場合は、県応援のヘリコプタ
さらに見せる

23 さらに読み込む

和 歌 山 県 観 光 振 興 実 施 行 動 計 画 = 観 光 振 興 アクションプログラム 2012 = 和 歌 山 県

和 歌 山 県 観 光 振 興 実 施 行 動 計 画 = 観 光 振 興 アクションプログラム 2012 = 和 歌 山 県

3 和歌山でもてなす 和歌山を訪れた観光客快適な時間を過ごしていただくためは、観光地のホスピタリ ティの向上が必要です。おもてなしに対する意識の向上、第一線で観光客接する観光関 係者の接遇能力の向上を図るための研修会を多数実施します。併せて、体験型観光客や外 国人観光客のスムースな受入れが行えるよう、それぞれのおもてなし体制の充実を図りま す。また、旅館・ホテル専門家を派遣し多様化する観光ニーズへの対応を支援します。 観光地内の快適性を高めるため、引き続き公衆トイレの整備、観光案内板の多言語化を 重点的支援します。また、持続的な観光の振興を図るため、和歌山大学観光学部等と連 携を図ることで、地域が求める人材の育成努めます。
さらに見せる

124 さらに読み込む

目 次 はじめに 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 目 的 等 2 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被

目 次 はじめに 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 目 的 等 2 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被

中でも今後30年以内60∼50%の確率で発生するといわれている東南海・南海 地震は、岡山県甚大な被害をもたらすと想定されています。 (2)阪神・淡路大震災では住宅・建築物の倒壊等によって甚大な人的被害が発生 平成7年1月の阪神・淡路大震災では、地震により6,434人の尊い生命が奪わ れました。このうち地震による直接的な死者は5,502人ですが、この約9割の 4,831人は住宅・建築物の倒壊等によるものであったと言われています。
さらに見せる

20 さらに読み込む

目 次 Ⅰ 平 成 26 年 度 事 業 計 画 1 平 成 26 年 度 事 業 計 画 1 2 平 成 26 年 度 事 業 体 系 3 3 平 成 26 年 度 個 別 座 実 施 計 画 4 4 平 成 26 年 度 スケジュール 9 Ⅱ 平 成 25 年 度 事 業 実 施 状 況 1 平

目 次 Ⅰ 平 成 26 年 度 事 業 計 画 1 平 成 26 年 度 事 業 計 画 1 2 平 成 26 年 度 事 業 体 系 3 3 平 成 26 年 度 個 別 座 実 施 計 画 4 4 平 成 26 年 度 スケジュール 9 Ⅱ 平 成 25 年 度 事 業 実 施 状 況 1 平

代表取締役社長 山 本 忠 雄 研修講座名 災害に関する危機管理(基礎)研修講座 「東海地震」や「神奈川県西部地震」の発生の切迫性が指摘され、「首都直下地 震」等の発生も懸念されていることから、大規模災害発生時における自治体職員 として取るべき行動及び意識について学び、被災時迅速・的確な行動ができる 実践的な対応力を修得する。

59 さらに読み込む

(2) スケジュール 実 施 形 態 実 行 計 画 のスケジュール 実 施 形 態 は 下 表 の 通 りとする( 詳 細 資 料 No.2 資 料 No.3 参 照 ) 実 施 規 模 会 期 などについては 各 大 会 の 開 催 県 及 び 会 場 地 市 町 村 における 競 技 施 設

(2) スケジュール 実 施 形 態 実 行 計 画 のスケジュール 実 施 形 態 は 下 表 の 通 りとする( 詳 細 資 料 No.2 資 料 No.3 参 照 ) 実 施 規 模 会 期 などについては 各 大 会 の 開 催 県 及 び 会 場 地 市 町 村 における 競 技 施 設

第69回 第70回 第71回 第72回 第73回 第74回 第75回 第76回 第77回 長崎県 和歌山県 岩手県 愛媛県 福井県 茨城県 鹿児島県 三重県 栃木県 イベント事業 イベント事業 競技 種目・種別 ※過去大会において実施実績が ある種目・種別を中心実施 ※調整が整った種目・種別お いて実施 ※正式競技(種目・種別)導入条件を満たした種目・種別のうち、各大会の開催県等との調整が整った種目・種別を正式競技(種目・種別)として実施 ※正式競技(種目・種別)導入条件を満たさない種目・種別及び条件を満たしたものの各大会の開催県等との調整が整わなかった種目・種別はイベント事業として実施
さらに見せる

8 さらに読み込む

6 都 市 計 画 課 リノベーションスクール 実 施 業 務 平 成 28 年 5 月 30 日 丸 亀 市 リノベーションス クール 実 行 委 員 会 委 員 長 眞 鍋 邦 大 丸 亀 市 福 島 町 ,484,480 第 2 リノベーションスクールの 実 施 に 当 たって

6 都 市 計 画 課 リノベーションスクール 実 施 業 務 平 成 28 年 5 月 30 日 丸 亀 市 リノベーションス クール 実 行 委 員 会 委 員 長 眞 鍋 邦 大 丸 亀 市 福 島 町 ,484,480 第 2 リノベーションスクールの 実 施 に 当 たって

¥1,800,000 第2号 GⅠ京極賞開設64周年記念競走の開催にあたり競 走を盛り上げる為、出稿量を増やすこととした。契約 の相手方は、本年度日刊スポーツ出走表等掲載業 務の受託業者であり、他者との競争付すより価格 的有利であることから見積書を徴し随意契約し た。

5 さらに読み込む

社 会 資 本 整 備 総 合 計 画 ( 地 域 住 宅 計 画 ) 計 画 の 名 称 香 川 県 における 安 全 安 心 快 適 な 住 まいづくり まちづくりの 実 現 地 域 住 宅 計 画 の 名 称 香 川 県 地 域 都 道 府 県 名 香 川 県 作 成 主 体 名 計 画 期

社 会 資 本 整 備 総 合 計 画 ( 地 域 住 宅 計 画 ) 計 画 の 名 称 香 川 県 における 安 全 安 心 快 適 な 住 まいづくり まちづくりの 実 現 地 域 住 宅 計 画 の 名 称 香 川 県 地 域 都 道 府 県 名 香 川 県 作 成 主 体 名 計 画 期

C-1 基幹事業と一体的民間住宅への耐震改修工事費の一部支援することにより、既存不適格建築物の耐震化を図り、安全なまちづくりが実現できる。 C-2 基幹事業と一体的行うことにより、安全で、快適な住まいづくり、まちづくりの実現を図ることができる。 C-3 基幹事業と一体的行うことにより、計画的かつ迅速事業を実施することが可能となる。 合計(A1+A0+A2+B+C) 1,694

8 さらに読み込む

Show all 10000 documents...