増加 よ 販管費 与え 影響

Top PDF 増加 よ 販管費 与え 影響:

背景 原因が類似した障害が増加 社会に大きな影響を与えた システム障害の発生件数 2009年以降で増加傾向 件 多大な影響を与えたITサービス障害の 発生件数 報道ベース の推移 新聞やテレビなどのメディアでは 幾度となく以下のようなニュースが 世間を賑わせている でリコール 国内で数十万台 理由は

背景 原因が類似した障害が増加 社会に大きな影響を与えた システム障害の発生件数 2009年以降で増加傾向 件 多大な影響を与えたITサービス障害の 発生件数 報道ベース の推移 新聞やテレビなどのメディアでは 幾度となく以下のようなニュースが 世間を賑わせている でリコール 国内で数十万台 理由は

教訓作成活動の事例 障害教訓集を作成  トラブル防止活動の一環で、それまでの障害事例・経験をベース に 普遍的な教訓を取りまとめ 、システム部内へ展開  主にAランク(お客様影響有り)障害の 真因分析 から、部内全体

20 さらに読み込む

Research Report by Shared Research Inc. 販管費 ( 累計 ) FY02/17 FY02/18 FY02/19 販管費 777 1,629 2,606 3,757 1,135 2,235 3,378 4,581 1,2

Research Report by Shared Research Inc. 販管費 ( 累計 ) FY02/17 FY02/18 FY02/19 販管費 777 1,629 2,606 3,757 1,135 2,235 3,378 4,581 1,2

本レポートの著作権、ならびに本レポートとその他Shared Researchレポートの派生品の作成および利用についての権利は、SR Inc.に帰属します。本レポートは、個人 目的の使用においては複製および修正が許されていますが、配布・転送その他の利用は本レポートの著作権侵害に該当し、固く禁じられています。 SR Inc.の役員および従業員は、SR Inc.の調査レポートで対象としている企業の発行する有価証券に関して何らかの取引を行っており、または将来行う可能性がありま す。そのため、SR Inc.の役員および従業員は、該当企業に対し、本レポートの客観性に影響与えうる利害を有する可能性があることにご留意ください。 金融商品取引法に基づく表示
さらに見せる

6 さらに読み込む

最近の訪日外国人増加の背景とわが国経済への影響

最近の訪日外国人増加の背景とわが国経済への影響

わが国を訪れる外国人数は、このところ大きく増加しており、なかでもアジアからの訪日客の伸びが大 きい。この背景をみると、震災直後の落ち込みからの回復、為替相場動向に加え、アジアにおける中間 所得者層の増加、LCC 就航やビザ発給要件の緩和といった要因が複合的に影響しているとみられる。こう した訪日外国人数の増加によるわが国経済への影響は、全体としてみればなお限定的であるが、日本で の消費動向の特徴を踏まえると、一部の消費関連の業種に対しては、相応のプラス効果を与えるように なってきているとみられる。今後は、2020 年の東京オリンピック・パラリンピック開催も契機としつつ、 訪日外国人数のさらなる増加や消費喚起に向けた取り組みが進められることによって、わが国経済に り大きなプラス効果をもたらしていくことが期待される。
さらに見せる

6 さらに読み込む

経済のグローバル化が90年代の労働市場に与えた影響

経済のグローバル化が90年代の労働市場に与えた影響

3.1 製造業とサービス産業 1) SNA 統計を使い,製造業とサービス産業の実質 GDP,就業者数,1 人当 たりの労働生産性,デフレーターの推移を見ることとする.製造業とサービ ス産業の相対的な変化がわかるように,各項目について,製造業のデータを サービス産業で除し(=製造業/サービス産業),1980 年基準(1980=100) として指数化したものが図表 11 2 である.それによると,いくつかの特徴 が見てとれる.第 1 に,80 年以降,製造業と比してサービス産業の就業者 数が増加しているが(図表ではマイナス方向),とくに,92 年以降サービス 産業での雇用増加の傾向が顕著に現れているという点である.第 2 に,こう した製造業における雇用調整は,製造業における 1 人当たりの生産性を押し 上げつつ,製造業における(財の)デフレーターの低下と同時に進行したこ とである.第 3 に,その結果,名目シェアでは大きな変化が見られるが,実 質 GDP での製造業とサービス産業の比率は 80 年代,90 年代ともに比較的 安定的に推移しているということである.92 年以降,実質 GDP に占める製 造業のシェアはやや弱含みではあるものの,実質 GDP レベルでのサービス 1) ここでのサービス産業には,建設業,電気・ガス・水道業,卸売・小売業,金融・保険業,不
さらに見せる

27 さらに読み込む

1996年から98年にかけての財政運営が景気・物価動向に与えた影響について

1996年から98年にかけての財政運営が景気・物価動向に与えた影響について

増税に備えることになる.したがって,この場合には,減税が行われても家 計消費は増加せず,減税は実体経済に影響与えないことになる. 2.4 課税平準化と課税にともなう攪乱効果 一括固定税が利用可能と想定されている等価定理(中立命題)のもとでは, 課税と公債発行は完全に代替的であり,課税を行うタイミングは経済活動に 影響与えない.しかしながら,現実の経済においては一括固定税は利用可 能でなく,課税は資源配分に対する攪乱効果をもつため,どの時点で課税を 行い,どの時点で公債を発行するかというタイミングの選択が重要な意味を もつことになる.一般に,課税にともなう資源配分の歪み(超過負担)は税 率の 2 乗に比例するから,課税にともなう超過負担を最小にするためには (恒常的なショックが生じないかぎり)時間を通じて税率を一定に保つこと が適切であり(課税平準化),一時的な要因による税収の減少や歳出の増加 については公債発行によって調整することが望ましいということになる
さらに見せる

32 さらに読み込む

今回のポイント 15/3 期 1Q の売上高は前年同期ほぼ同水準の 1,156 億円 賃貸事業が増収だった一方 建築請負事業は減収 販管費も増加したが 粗利益増加で吸収し 営業利益は 2 ケタの増益となった また 売上 利益ともに計画を上回った 15/3 期の業績予想は据え置き 売上高は前期比 4.

今回のポイント 15/3 期 1Q の売上高は前年同期ほぼ同水準の 1,156 億円 賃貸事業が増収だった一方 建築請負事業は減収 販管費も増加したが 粗利益増加で吸収し 営業利益は 2 ケタの増益となった また 売上 利益ともに計画を上回った 15/3 期の業績予想は据え置き 売上高は前期比 4.

固定家賃期間に想定以上の空室が発生した場合、「逆ザヤ」が発生することとなる。 空室発生の抑制(入居率の向上)と適正家賃の獲得が同社の収益向上のための最重要ポイントとなっている。 「新規オーナーの開拓による賃貸アパート建設の供給増加と、入居者の安定的な獲得による家賃収入増大」が同ビ ジネスモデルにおける収益拡大ストーリーであったが、2008 年のリーマンショックを受けた企業収益の急速な悪化か ら各企業における人員削減が増加。同社においては法人契約物件を中心に退去が増加したため「逆ザヤ」となり、 賃貸事業の収益が悪化した。また金融機関のローン審査が厳格化したことでアパートの新規供給も急減し、建築請 負事業も大きな影響を受け、収益は低迷した。
さらに見せる

15 さらに読み込む

RIETI - 取引関係のオープン化が日本の自動車部品産業の生産性に与えた影響の分析

RIETI - 取引関係のオープン化が日本の自動車部品産業の生産性に与えた影響の分析

Lincoln and Shimotani (2009) は、緩やかな企業間連携としての系列取引は日本の経済の特殊性 を代表しており、 1990 年代のはじめまでは機能していたが、2000 年代を通じてその役割が低下し てきたと指摘している。 Lincoln and Shimotani (2009) によれば、系列関係の衰退にはいくつかの 要因がある。第 1 には経済のグローバル化や規制の変化、コーポレート・ガバナンスの変化である。 特に、 2000 年代に入ってからの海外生産の急激な増加や欧米の完成車メーカーによる日本の完成車 メーカーへの資本参加が進んだことが、自動車産業における企業間の部品の取引関係に大きな影響与えていると考えられる(豊田 2003;丹下 2011)。第 2 には技術的な変化が挙げられる。特に重 要なのは「すり合わせ型」から「モジュラー型」への変化(モジュラー化)や部品の標準化・共通 化など、生産に関わるコスト構造(生産量や規模、範囲でどの程度コストが変わるのか)が変化し ていると考えられることである。ここで、部品のモジュラー化とは部品の間のインターフェイスの 標準化によって、個別に開発された部品を組み合わせて最終製品が完成できるようになることであ る( Baldwin and Clark 2000、青木・安藤 2002、池田 2005)。自動車産業においても部品の電子化 (デジタル化)の進展等の影響により、部品のモジュラー化が進展しつつある(武石他 2001;具 2004;劉 2012)。
さらに見せる

20 さらに読み込む

今回のポイント 2015 年 8 月期第 1 四半期の売上高は前期比 15.4% 増収の 2,121 百万円 前期に引き続き 通販番組の単価上昇 韓国ドラマの根強い人気などでタイム収入 スポット収入ともに好調に推移 1 社提供番組への取組み強化などの番組編成も増収に寄与 販管費も増加したが 放送関連

今回のポイント 2015 年 8 月期第 1 四半期の売上高は前期比 15.4% 増収の 2,121 百万円 前期に引き続き 通販番組の単価上昇 韓国ドラマの根強い人気などでタイム収入 スポット収入ともに好調に推移 1 社提供番組への取組み強化などの番組編成も増収に寄与 販管費も増加したが 放送関連

このネットワーク維持の必要が無い BS 放送局はその分低コストで広告を提供することができる。 また、単に広告の安さのみでなく、より一層費用対効果を追求する広告主の姿勢も衛星メディア広告増加の一 因となっている。 BS 放送の場合は地上波に比べて視聴者層の幅が狭い事が特長となっているため、効果の高い広告出稿を志向す る広告主にとっては魅力的なメディアとなっており、その傾向は今後もますます強まるものと考えられる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

取引関係のオープン化が日本の自動車部品産業の生産性に与えた影響の分析

取引関係のオープン化が日本の自動車部品産業の生産性に与えた影響の分析

Lincoln and Shimotani (2009) は、緩やかな企業間連携としての系列取引は日本の経済の特殊性 を代表しており、 1990 年代のはじめまでは機能していたが、2000 年代を通じてその役割が低下し てきたと指摘している。 Lincoln and Shimotani (2009) によれば、系列関係の衰退にはいくつかの 要因がある。第 1 には経済のグローバル化や規制の変化、コーポレート・ガバナンスの変化である。 特に、 2000 年代に入ってからの海外生産の急激な増加や欧米の完成車メーカーによる日本の完成車 メーカーへの資本参加が進んだことが、自動車産業における企業間の部品の取引関係に大きな影響与えていると考えられる(豊田 2003;丹下 2011)。第 2 には技術的な変化が挙げられる。特に重 要なのは「すり合わせ型」から「モジュラー型」への変化(モジュラー化)や部品の標準化・共通 化など、生産に関わるコスト構造(生産量や規模、範囲でどの程度コストが変わるのか)が変化し ていると考えられることである。ここで、部品のモジュラー化とは部品の間のインターフェイスの 標準化によって、個別に開発された部品を組み合わせて最終製品が完成できるようになることであ る( Baldwin and Clark 2000、青木・安藤 2002、池田 2005)。自動車産業においても部品の電子化 (デジタル化)の進展等の影響により、部品のモジュラー化が進展しつつある(武石他 2001;具 2004;劉 2012)。
さらに見せる

20 さらに読み込む

「平成21年土壌汚染対策法改正が大規模な土地の取引件数に与えた影響に関する研究」

「平成21年土壌汚染対策法改正が大規模な土地の取引件数に与えた影響に関する研究」

情報の非対称が大きい場合, まず, 汚染の程度の低い土地については, 買い手は過剰な対策 用を見込み, 付け値を下げるため情報の非対称がない場合に比べて取引件数は減尐しているこ とになる(図 5 X0→X3). このような情報の非対称が存在する場合に法改正による市場介入が 正当化され得るが, 市場介入は情報の非対称を緩和することにより買い手の付け値を上昇させ, 取引件数を増加させることを目指すものである(図 5 X3→X0). 当該 市場介入に係る限界便益 の上昇分が市場介入に伴う限界便益の減尐分(図 5 X0→X4)を上回る施策が採られた場合には, 法改正による市場介入は, 取引件数を増加させることになる(図 5 X3→X4).
さらに見せる

22 さらに読み込む

「郊外大規模店舗の立地規制が出店動向に与えた影響に関する研究」

「郊外大規模店舗の立地規制が出店動向に与えた影響に関する研究」

たに立地規制が行なわれた。 本研究は,この法改正が出店動向(規模・場所・件数)にどのような影響与えたかを 分析することを目的にしている。実証分析の結果,地方都市部では法改正から法施行まで の 2 年間に郊外大規模店舗の申請件数が増加し,法施行後は減尐したこと,また,法施行 後は 1 万㎡超の店舗が規制されることによって 5 千~1 万㎡の中規模店舗にシフトし,法施 行前と同様,郊外の幹線道路沿いに集積する傾向にあることを明らかにした。本分析に り,規模規制に郊外立地の抑制効果はなく,改正都市計画法等は政府の目的どおりには機 能していないことから,効果のない規模規制の廃止を提言している。
さらに見せる

26 さらに読み込む

住民協働森林管理システムによるコーヒー・アグロフォレストリーの成立要因と地域社会へ与えた影響

住民協働森林管理システムによるコーヒー・アグロフォレストリーの成立要因と地域社会へ与えた影響

これまで,生産林における PHBM は,地域住民の収入を増加させていることが評価される 一方,参加者は分収率の低さと,LMDH の意思決定の透明性に不満を感じていることが指摘 されている[Fujiwara et al. 2012].担い手に着眼した横田ほか[2014]は,営林署の指導監 督下にありつつも独立性を有しているフィールド・ファシリテーターが,地域住民と林業公社 との接点としての機能を担う重要なアクターであることを評価する一方,人員・活動予算の不 足や,人材育成,さらに営林署との関係維持などの潜在的な問題を抱えていることを明らかに した.また,Djamhuri[2012]は分収益が LMDH の執行役員に偏向することを指摘すると ともに,造林の初期段階において農民に造林労働を課す対価として植栽木との間作を認める トゥンパンサリ( tumpangsari) 1) が,森林保全のインセンティブとして機能せず,地域住民を 広く巻き込むことに失敗していると指摘した.志賀ほか[2012]は,地域の有力者によって
さらに見せる

18 さらに読み込む

RIETI - 国外所得免除方式への移行が海外現地法人の企業活動に与えた影響

RIETI - 国外所得免除方式への移行が海外現地法人の企業活動に与えた影響

英の多国籍企業の親会社が国内での配当支払いや自社株買いを増加させたが、国内設備 投資は増加させなかったという結果を得ている 9 。 国際課税制度が多国籍企業の所得移転に与える影響を分析した研究としては、 Markle (2016)がある。彼は 2004 年から 2008 年までの 34 か国の多国籍企業の親会社・子会社 の財務情報を用いて、税引き前利益が所得移転の誘因の指標にどのように反応している のか、そしてその反応は親会社の居住国の国際課税制度によって異なるのか検証した。 その結果、国外所得免除方式国の多国籍企業の方が、外国税額控除方式国の多国籍企業 と比較して、所得移転の誘因に強く反応して所得移転を行っているという結果を得た。
さらに見せる

22 さらに読み込む

寄稿集 表 2 特許調査に影響を与えた経営環境の変化 ( 複数回答 ) n=38 (%) 海外での売上増加 52.6 新規分野への進出 シフト自社製品の模倣品が増加他社との共同研究 事業提携を積極化 39.5 M&Aや事業の売却を行

寄稿集 表 2 特許調査に影響を与えた経営環境の変化 ( 複数回答 ) n=38 (%) 海外での売上増加 52.6 新規分野への進出 シフト自社製品の模倣品が増加他社との共同研究 事業提携を積極化 39.5 M&Aや事業の売却を行

「2.2経営における特許調査の位置付け」で述べた うに、特許調査結果は、研究開発部門や事業部門では 9 割以上の企業において提供・活用されているのに対して、 経営層に対して提供していると回答している企業は半分 程度に留まっている。これに関連して、経営層の特許調 査に対する意識としても重要な要素として捉えられてい る企業は半数以下に留まる。

6 さらに読み込む

RIETI - バイアウトファンド主導の会社更生が更生債権弁済率に与えた影響の計測

RIETI - バイアウトファンド主導の会社更生が更生債権弁済率に与えた影響の計測

要 約 1990 年代末から、わが国でも外資系を始めとするバイアウトファンドの活動が活発にな った。こうしたバイアウトファンドの経済活動がもたらした影響を検証することは、今後 のバイアウトファンドに対する規制のあり方や企業再生・M&Aに関する政策をめぐる議 論のために欠かせない基礎研究である。その一環として、本研究では、バイアウトファン ド主導の会社更生の事例が増加しているという事実に着目し、バイアウトファンドが会社 更生事件の弁済率に与え影響を計量的に分析した。不況産業に属している破綻企業の企 業買収案件では、同じ(不況)産業内企業(インサイダー)の資金制約のため、その産業 外の資金制約の緩い企業(アウトサイダー)が最終買収者になる確率が高くなることが考 えられる。バイアウトファンドはどの産業に関してもアウトサイダーであるが、バイアウ トファンドが主として不況産業に属する更生会社の再建のスポンサーになることによって、 不況産業の弁済率が相対的に上昇し、好況産業と不況産業との弁済率の差が緩和される可 能性がある。この仮説を「ディープポケット仮説」と名づけ、他の代替的な仮説と、現実 説明力を比較した。具体的には、1990 年から 2004 年の期間に手続きが開始された会社更 生事件を対象とし、バイアウトファンドの活動がない前半(1990 年-1998 年)と、バイア ウトファンドがスポンサーとなった会社更生事件が見られるようになった後半(1999 年- 2004 年)の債権弁済率(要弁済額/確定債権総額)の関数を推計した。分析期間の前半で は更生会社が不況産業に属していたことを表すダミー変数が統計的に有意な負の値であっ たが、後半では有意性は認められなかった。こうした分析結果は、ディープポケット仮説 と整合的である。単にバイアウトファンド主導であるから弁済率が上昇するということで はなく、スポンサーが見つかりにくく、弁済率も抑制的な傾向のあった不況産業でバイア ウトファンドがスポンサーとなり、好況産業との弁済率の差を緩和している可能性を検出 したことが重要である。このように不況産業での更生案件において、一定の役割を果たし つつあるのであれば、バイアウトファンド主導の企業倒産処理の増加は、企業倒産処理の 効率化にとって望ましいことと考えられる。
さらに見せる

30 さらに読み込む

輸入競争が日本の国内産業に与えた影響について

輸入競争が日本の国内産業に与えた影響について

こうした輸入浸透度の上昇は国内の労働需要に影響与えたはずである. 産業連関表を用いた機械的な試算(厚生労働省,平成 15 年)によると, 1990 2000 年の間の輸入比率上昇により 122 万人,輸出のプラス効果を差し 引いた貿易全体の純効果としても 75 万人(1990 年時点での就業者の 5%相 当)の就業機会が失われたことになる 3) .ただ,この計算は,2000 年時点 で輸入比率が 1990 年と同水準であったとしたら何人雇用が増えたはずかを 産業連関表から計算したものである.輸入比率上昇がなかったとしたら 2000 年における生産技術(投入係数)が輸入競合対応の合理化努力等に り当然に異なっていたと考えられる.また,非貿易財部門では雇用増加も あったことから,こうした試算結果を日本経済への影響評価に直結させるこ とには慎重であるべきである.ただ,同試算によれば同時期に海外への生産 移転によって 60 万人の雇用が失われたとされており,国際競争の影響はい ずれにせよ無視しえない.
さらに見せる

29 さらに読み込む

今回のポイント 15/3 期の売上高は前期比 2.6% 増 計画比 2.1% 減の 4,831 億円 賃貸事業が前期比 計画比共に増収だった一方 建築請負事業は上期の受注未達などで共に減収 販管費は前期を上回ったが 粗利益増加で吸収し 営業利益は前期比 8.0% の増益 16/3 期の予想売上高は前

今回のポイント 15/3 期の売上高は前期比 2.6% 増 計画比 2.1% 減の 4,831 億円 賃貸事業が前期比 計画比共に増収だった一方 建築請負事業は上期の受注未達などで共に減収 販管費は前期を上回ったが 粗利益増加で吸収し 営業利益は前期比 8.0% の増益 16/3 期の予想売上高は前

固定家賃期間に想定以上の空室が発生した場合、「逆ザヤ」が発生することとなる。 空室発生の抑制(入居率の向上)と適正家賃の獲得が同社の収益向上のための最重要ポイントとなっている。 「新規オーナーの開拓による賃貸アパート建設の供給増加と、入居者の安定的な獲得による家賃収入増大」が同ビ ジネスモデルにおける収益拡大ストーリーであったが、2008 年のリーマンショックを受けた企業収益の急速な悪化か ら各企業における人員削減が増加。同社においては法人契約物件を中心に退去が増加したため「逆ザヤ」となり、 賃貸事業の収益が悪化した。また金融機関のローン審査が厳格化したことでアパートの新規供給も急減し、建築請 負事業も大きな影響を受け、収益は低迷した。
さらに見せる

14 さらに読み込む

「医療費自己負担額増加の懸念が特定健診受診率に与える影響」

「医療費自己負担額増加の懸念が特定健診受診率に与える影響」

8 一律であるために、健康管理を怠るような人々の医療コストも、健康管理を人一倍してい る人を含む被保険者全員で負担している状態である。 こうした市場の失敗に加え、人々の疾病予防に対する意識が最適化されないという問題 もある。なぜなら、たとえ本人の不摂生から大病を患ったとしても、医師法や生活保護法 によって最終的には救済される可能性があるため、人々の疾病予防は過小になると考えら れるからだ。生活苦で国民健康保険料を納められない住民に対して、保険料分納誓約を交 わして期限付きの健康保険証を発行している自治体は多いが、悪質滞納者にも同様に保険 証を発行している場合もあるので、わずかな保険料で保険給付を受けている者がいるのが 実態だ。これでは、予防しようというインセンティブは働かない。実際に予防水準につい て考えてみると、図4のように、保険適用でない場合の医療コストは、予防費用と医療コス トを合計した社会的費用で示される。予防費用は医療コストより安価なため、増加の割合 は緩やかである。一方、予防費用をかければかけるほど、疾病の発症を抑えたり早期発見 による重篤化を防いだりできると考えられるため、医療コストは減少する。それに伴い、 合計の社会的費用も減少していく。予防費用が医療コストを上回るようになると、ある水 準を超えたところから社会的費用は増加していく。その水準が、最安価な予防水準である。 しかしながら、保険適用の場合(図5)、被保険者自身には私的費用(予防費用と保険適用 後の医療コスト)しか意識されず、選択する予防水準が低下することになる 9 。
さらに見せる

19 さらに読み込む

税制が家計に与えた影響

税制が家計に与えた影響

扶養控除の減額は、扶養控除対象者数が同じならば、どの所得階層でも同じである。し かし、直面している限界税率が異なるため、高所得層ほど扶養控除の減額に伴う税負担額 は多くなる傾向がある。表 3-5 によると、第Ⅵ階層から第Ⅸ階層を中心に所得税の負担が 増加するとの結果が示されている。累進課税の影響で、高所得者ほど扶養控除の減額に伴 う税負担額は多くなるものの、そもそも廃止対象となった扶養控除の適用対象者がいなけ れば、控除廃止の影響はない。特に、第Ⅹ階層では、そうした影響が作用して、扶養控除 廃止に伴う負担増は小さくなっている。
さらに見せる

11 さらに読み込む

今回のポイント 15/3 期 3Q の売上高は前年同期比 2.1% 増の 3,507 億円 販管費も前年同期を上回ったが粗利益増加で吸収し 営業利益は前年同期比 8.7% の増益 売上 利益とも 賃貸事業が好調な一方 建築請負事業はスローな推移となっている 15/3 期通期業績予想に変化は無い 売上

今回のポイント 15/3 期 3Q の売上高は前年同期比 2.1% 増の 3,507 億円 販管費も前年同期を上回ったが粗利益増加で吸収し 営業利益は前年同期比 8.7% の増益 売上 利益とも 賃貸事業が好調な一方 建築請負事業はスローな推移となっている 15/3 期通期業績予想に変化は無い 売上

固定家賃期間に想定以上の空室が発生した場合、「逆ザヤ」が発生することとなる。 空室発生の抑制(入居率の向上)と適正家賃の獲得が同社の収益向上のための最重要ポイントとなっている。 「新規オーナーの開拓による賃貸アパート建設の供給増加と、入居者の安定的な獲得による家賃収入増大」が同ビ ジネスモデルにおける収益拡大ストーリーであったが、2008 年のリーマンショックを受けた企業収益の急速な悪化か ら各企業における人員削減が増加。同社においては法人契約物件を中心に退去が増加したため「逆ザヤ」となり、 賃貸事業の収益が悪化した。また金融機関のローン審査が厳格化したことでアパートの新規供給も急減し、建築請 負事業も大きな影響を受け、収益は低迷した。
さらに見せる

17 さらに読み込む

Show all 10000 documents...