地域経済をけん引する産業づくり

Top PDF 地域経済をけん引する産業づくり:

2地域経済をけん引する産業づくり 宮崎県:平成30年度当初予算案の概要について

2地域経済をけん引する産業づくり 宮崎県:平成30年度当初予算案の概要について

○ 改 中小企業融資制度貸付金(商工政策課 経営金融支援室) 3,667百万円 ○成長期待企業等支援貸付 333百万円 融資枠:1,000百万円 「宮 崎県企業 成長促 進プラットフォーム」の支援 受け、 「成長期待企業」として認定 受けた中小企業者に対する金利や保証料率特に優遇した「成長期待企業支援貸付」拡充 し、融資対象者に「地域未来投資促進法」に基づく地域経済牽引事業行う中小企業者新 たに加えた「成長期待企業等支援貸付」として、事業拡大に対する取組金融面から支援す ることにより、地域経済けん引役として期待される中核企業の育成加速化及び良質な雇用 の場の確保図る。
さらに見せる

29 さらに読み込む

要旨 北海道経済産業局は 国内人口減少に伴う内需の縮小や人手不足等に対応しつつ 道内 食 関連産業の 稼ぐ力 を強化するために 平成 30 年度の 食 分野における重点取組について 昨年度に引き続き 輸出促進 生産性向上 をテーマに実施します 地域経済を牽引する 地域中核企業 や中小企業者と農林漁業

要旨 北海道経済産業局は 国内人口減少に伴う内需の縮小や人手不足等に対応しつつ 道内 食 関連産業の 稼ぐ力 を強化するために 平成 30 年度の 食 分野における重点取組について 昨年度に引き続き 輸出促進 生産性向上 をテーマに実施します 地域経済を牽引する 地域中核企業 や中小企業者と農林漁業

北海道経済産業局は、国内人口減少に伴う内需の縮小や人手不足等に対応しつつ、道内「食」 関連産業の「稼ぐ力」強化するために、平成30年度の「食」分野における重点取組について、昨年度 に引き続き、 「輸出促進」、「生産性向上」 テーマに実施します。 地域経済牽引する地域中核企業」 や中小企業者と農林漁業者が 「農商工連携」 で取り組む 以下の3つの重点取組積極的に支援します。
さらに見せる

14 さらに読み込む

自立的で持続可能な地域経済を構築する

自立的で持続可能な地域経済を構築する

源の思い切った民間移転が強く求められています。こうした方向については、国も成長戦 略などで重い腰上げていますが、 実現に向けた動きには必ずしもつながっていないので、 引き続き具体化に向けた提言続けていきたいと考えています。 また、 PFI ( Private Finance Initiative :公共施設等の建設・運営等民間の資金、経

2 さらに読み込む

四国経済産業局平成 31 年 4 月 25 日 四国地域経済の動向 ( 平成 31 年 1-3 月期 ) ~ 平成 31 年 1-3 月期地域経済産業調査結果 ~ 四国地域の経済は 持ち直しの動きに足踏み感がみられる 1. 生産 ~ 弱含みで推移 ~ 金属製品 プラスチック製品 鉄鋼 はん用 生産用

四国経済産業局平成 31 年 4 月 25 日 四国地域経済の動向 ( 平成 31 年 1-3 月期 ) ~ 平成 31 年 1-3 月期地域経済産業調査結果 ~ 四国地域の経済は 持ち直しの動きに足踏み感がみられる 1. 生産 ~ 弱含みで推移 ~ 金属製品 プラスチック製品 鉄鋼 はん用 生産用

小売業では、同業他社、他業種との競合などから引き続き客数減少の傾向がみられ、一方で 買い上げ点数の増加などから客単価が上昇もみられる。また、消費者の購買意欲については、 大きな変化はなく、商品に価値見いだせば高額でも購入するものの、その一方で節約の動き になっているとみている。今後は、改元やGW10連休などに向けて消費者心理が明るくなること 期待しており、消費税増税前には駆け込み需要見込む一方で、増税後の反動減懸念して いる。
さらに見せる

24 さらに読み込む

z 平成 29 年 4 月 28 日 平成 29 年 1-3 月期地域経済産業調査 ( 北陸地域 ) の結果の公表について 経済産業省では 各経済産業局 ( 電力 ガス事業北陸支局 沖縄経済産業部を含む ) が企業の業況 生産 設備投資などの地域毎の経済動向を把握するため 管内立地企業等に対して 年

z 平成 29 年 4 月 28 日 平成 29 年 1-3 月期地域経済産業調査 ( 北陸地域 ) の結果の公表について 経済産業省では 各経済産業局 ( 電力 ガス事業北陸支局 沖縄経済産業部を含む ) が企業の業況 生産 設備投資などの地域毎の経済動向を把握するため 管内立地企業等に対して 年

1.全体の動向 北陸地域経済は、改善している。 製造業では、 「電子部品・デバイス」は、自動車向けが好調、中国中心にスマホ向けも堅調。 「化 学」は、後発医薬品などが好調。 「はん用・生産用・業務用機械」は、建設機械で、中東向けが伸び悩 んでいるものの、付加価値の高い機種が国内中心に伸びている。半導体製造装置は引き続き海外か らの受注が好調。 「繊維」は、衣料は中東向け中心に堅調に推移しているものの、国内向けは低調。 一方、産業資材の一部に堅調な動きがみられる。 「金属製品」は、住宅用建材は住宅着工で貸家の比率 が高まり、相対的に床面積の伸び率が小さくなっていることなどから伸び悩み。
さらに見せる

16 さらに読み込む

東北経済産業局 平成 23 年度次世代ものづくり基盤加工技術調査事業 次世代ものづくり基盤加工技術調査 加工データ集 協力機関名青森県産業技術センター八戸地域研究所 ( 地独 ) 岩手県工業技術センター宮城県産業技術総合センター秋田県産業技術センター山形県工業技術センター福島県ハイテクプラザ東北大学

東北経済産業局 平成 23 年度次世代ものづくり基盤加工技術調査事業 次世代ものづくり基盤加工技術調査 加工データ集 協力機関名青森県産業技術センター八戸地域研究所 ( 地独 ) 岩手県工業技術センター宮城県産業技術総合センター秋田県産業技術センター山形県工業技術センター福島県ハイテクプラザ東北大学

また,メタルボンド砥石では,溝入れ法に比べカップツルア 法のほうがエッジ部の砥粒脱落が多いことがわかる.これは, カップツルアのドレッシング工具(以下,成形工具と記述.)が 砥粒脱落させる方向に回転することが原因と考えられる.そ こで,成形工具速度低くしてメタルボンド砥石ドレッシング したのち,同条件で溝加工し,砥粒保持状態とチッピング 比較した.ドレッシング後の砥石の状態図 2.10 に,チッピン グの大きさ図 2.11 に示す.成形工具速度が低い条件のほう が砥粒の脱落が尐なく,チッピングも小さい.このことから,図 2.12 のようにエッジ部の砥粒が脱落すると,エッジ部の砥粒 切込み深さが大きくなり,チッピングが大きくなると推測され る.
さらに見せる

79 さらに読み込む

観光地域づくり法人形成 確立計画 1. 観光地域づくり法人の組織 申請区分 該当するものを〇で囲むこと 観光地域づくり法人 の名称 マーケティング マネジメント対象とする区域 所在地 設立時期 広域連携 DMO 地域連携 DMO 地域 DMO ( 公社 ) 京都市観光協会 京都市 京都府京都市 19

観光地域づくり法人形成 確立計画 1. 観光地域づくり法人の組織 申請区分 該当するものを〇で囲むこと 観光地域づくり法人 の名称 マーケティング マネジメント対象とする区域 所在地 設立時期 広域連携 DMO 地域連携 DMO 地域 DMO ( 公社 ) 京都市観光協会 京都市 京都府京都市 19

・事業者向けの情報発信 会員はじめとした事業者向けの情報発信強化するた め、観光客向けのウェブサイトとは別に、事業者向けウ ェブサイト運営している。DMOとしての事業の取組 状況や成果の発信行うとともに、委託先事業者の公募 や、会員入会や問合せの窓口とすることで、新規事業立 案に向けたパートナーの開拓や、経営基盤の安定化、ス テークホルダーへの説明責任の達成図っている。 また、ウェブサイトで更新する情報、週1回程度メー ルマガジンにまとめて配信し、1 万件超える購読者に向 けて情報届けることで、事業者との接点の拡大に努め ている。
さらに見せる

27 さらに読み込む

松田町観光経済課 ( 観光振興全般に関すること ) 中井町企画課 ( 観光振興全般に関すること ) 山北町商工観光課 ( 観光振興全般に関すること ) 連携する事業者名及び役割 官民 産業間 地域間との持続可能な連携を図るための合意形成の仕組み 地域住民に対する観光地域づくりに関する意識啓発 参画促

松田町観光経済課 ( 観光振興全般に関すること ) 中井町企画課 ( 観光振興全般に関すること ) 山北町商工観光課 ( 観光振興全般に関すること ) 連携する事業者名及び役割 官民 産業間 地域間との持続可能な連携を図るための合意形成の仕組み 地域住民に対する観光地域づくりに関する意識啓発 参画促

(内訳)旅館・ホテル:193 施設、収容人員約 18,500 人 寮・保養所、その他宿泊施設:227 施設、収容人員約 9,100 人 【利便性:区域までの交通、域内交通】 都心部から東海道新幹線や小田急線特急で 30 分~2 時間圏内にあり、鉄道による首都圏からのア クセス、利便性は高く、区域内通る小田急線利用して各地域に行くことができる。また、東 名高速道路が区域内通り、自動車によるアクセスも良い。中部、関西方面からも東海道新幹線 や東名高速道路利用し、アクセス可能である。
さらに見せる

14 さらに読み込む

目次 はじめに 1 Ⅰ. 産業復興の現状 2 1. これまで 3 年間の産業の復旧 復興の取組と進展 2 2. 被災地域の経済 産業 企業の現状 4 Ⅱ. 産業復興の理念 9 Ⅲ. 産業復興の目標像 地域の外から所得を得る産業と地域の暮らしと雇用を支える産業のバランスのとれた発展 11

目次 はじめに 1 Ⅰ. 産業復興の現状 2 1. これまで 3 年間の産業の復旧 復興の取組と進展 2 2. 被災地域の経済 産業 企業の現状 4 Ⅱ. 産業復興の理念 9 Ⅲ. 産業復興の目標像 地域の外から所得を得る産業と地域の暮らしと雇用を支える産業のバランスのとれた発展 11

生産年齢人口が減少する中で、被災3県の雇用者数は震災前の 水準上回っており、有効求人倍率も1超え、全国平均上回るな ど、労働市場はタイト化しており、求人賃金も上昇している。有効求 人倍率でみると、建設業、水産加工業、製造業等の特定の業種や沿 岸部において特に高い。こうしたことから、小売、製造業等で必要な 人材確保できず、事業の縮小、新規出店計画の見直し、受注・生 産の制限等余儀なくされるなど、人材不足が事業活動のボトルネッ クになる事例が一部見られる。こうした中で、若年層の確保や女性や 高齢者の就労促進するとともに、雇用のミスマッチ解消し、限り ある労働力有効に活用することが課題となっている。
さらに見せる

62 さらに読み込む

東北経済産業局 平成 24 年度次世代ものづくり基盤加工技術調査事業 次世代ものづくり基盤加工技術調査 加工データ集 協力機関名 ( 地独 ) 青森県産業技術センター八戸地域研究所 ( 地独 ) 岩手県工業技術センター秋田県産業技術センター宮城県産業技術総合センター山形県工業技術センター福島県ハイテ

東北経済産業局 平成 24 年度次世代ものづくり基盤加工技術調査事業 次世代ものづくり基盤加工技術調査 加工データ集 協力機関名 ( 地独 ) 青森県産業技術センター八戸地域研究所 ( 地独 ) 岩手県工業技術センター秋田県産業技術センター宮城県産業技術総合センター山形県工業技術センター福島県ハイテ

15 図 6 に形状(ブレーカ)別工具 6 種類(左列)と切刃形状別工具 5 種類(右列)による 15-5PH の切削加工における表面粗さ指標 Rz/Rzth 送り f 毎に示めす。また、図 7 から図 16 に各工具 による切りくずの形状と加工表面状態示す(①SM の切りくず形状と加工表面状態については 図 2 と図 3 参照のこと) 。形状(ブレーカ)別工具における理論仕上げ粗さは、送り f=0.2mm/rev で Rzth=12.5μm、送り f=0.25mm/rev で Rzth=19.53μm、送り f=0.3mm/rev で Rzth=28.13 μm である。切刃形状別工具 5 種類における理論仕上げ粗さは、送り f=0.2mm/rev で Rzth=6.25 μm、送り f=0.25mm/rev で Rzth=9.77μm、送り f=0.3mm/rev で Rzth=14.06μm である。 6 種類の工具の中で①SM は全条件において、送り 0.2(mm/rev)、切込量 3mm 以外は理論値 下回り良好な加工表面であった。また、切込量 0.5mm では切りくずの排出性が悪いので、切込 量は 1mm 以上で使うのが望ましいと思われる。②SA は送りに係わらず Rz/Rzth は小さく、切り くず排出性と加工表面状態も良好であり広範囲な条件で使用できる工具であると思われる。逆 に③SS は全ての送りと切込量で Rz/Rzth が大きく、切りくず排出性は悪く、加工表面にはむし れが見られた。③SS は 15-5PH の切削には向いていないと思われる。④TM は②SA と同等に全条 件で Rz/Rzth が小さかった。切りくずの排出性は切込量 0.5mm において切りくずが分断されず 螺旋状に連なる傾向があり、工具への絡まりが懸念される。加工表面状態については切込量 2mm 以上で送り 0.3mm/rev においてむしれが見られた。⑤S は③SS に次いで Rz/Rzth が大きかった。 また、切りくずの排出性は悪くないが、切込 3mm の重切削においてむしれがみられた。⑥TSF は全ての条件において Rz/Rzth は平均的な値であった。6 種類の工具の中では切りくずの排出 性が最も良好であった。加工表面も良好であった。15-5PH の切削に適している工具の一つであ ると思われる。
さらに見せる

96 さらに読み込む

平成 27 年度サポイン事業 ( 戦略的基盤技術 度化 援事業 ) の公募について 中 企業の産学連携等による研究開発プロジェクトを 援します 北海道経済産業局平成 27 年 4 月 28 日 ( 問い合わせ先 ) 経済産業省北海道経済産業局地域経済部産業技術課 ( 担当 : 佐藤 渋江 木村 )

平成 27 年度サポイン事業 ( 戦略的基盤技術 度化 援事業 ) の公募について 中 企業の産学連携等による研究開発プロジェクトを 援します 北海道経済産業局平成 27 年 4 月 28 日 ( 問い合わせ先 ) 経済産業省北海道経済産業局地域経済部産業技術課 ( 担当 : 佐藤 渋江 木村 )

本事業で培った技術が認識されるに従い、コネクター用金型の依頼 が年々増加し、売上げ累計は6億円超えている。 事業後も継続した研究開発重ね、現在は 0.05mmピッチの加工 が可能なまでになっており、また、本事業技術の成果が他製品の高 精度化にもつながり売上に寄与するなど、同社の高度な精密金型技 術が家電、医療機器はじめとした様々な川下産業のものづくりに活 かされている。

11 さらに読み込む

-経済産業省 個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン(平成16年10月22日厚生労働省経済産業省告示第4号 、平成21年10月9日改正)

-経済産業省 個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン(平成16年10月22日厚生労働省経済産業省告示第4号 、平成21年10月9日改正)

第23条第4項第3号の規定により本人に通知し、又は本人が容易に知り得る状態 に置かなければならない事項に相当する事項について、この法律の施行前に、本人に 通知されているときは、当該通知は、同号の規定により行われたものとみなす。 2-2-1.( 3) 、2-2-1.( 4) 及び 2-2-4.( 1) の「本人の同意」については、法施行前に得たもの であっても、法に基づく同意があったものとみなされる。

70 さらに読み込む

京丹波町創生戦略付属資料 ⑴ 地域経済支援によるしごとづくり ( ア ) 包括的創業支援の推進 1 ( イ ) 福祉サービス産業の活性化 4 ( ウ ) 農林業の成長産業化 5 ( エ ) 地域活性化のための情報共有化 7 ( オ ) バイオマス産業都市の推進 8 ( カ ) 新規就農 就業者への総

京丹波町創生戦略付属資料 ⑴ 地域経済支援によるしごとづくり ( ア ) 包括的創業支援の推進 1 ( イ ) 福祉サービス産業の活性化 4 ( ウ ) 農林業の成長産業化 5 ( エ ) 地域活性化のための情報共有化 7 ( オ ) バイオマス産業都市の推進 8 ( カ ) 新規就農 就業者への総

⑵ 京丹波町への人の流れづくり (ウ)食実幸健 食の郷●京丹波の推進 事業名 京丹波町まるごと観光フードツーリズム推進プロジェクト事業 現状と課題  本町における観光の実態は、大きな集客生む施設がない中、直売所や府立自然運動公園へ目的持って来られる方が多い。ま た、町内の道の駅では、観光入り込み客数の内、町外の施設に目的持った立ち寄り客が約40%占めているのが現状である。  このことは、年間200万人弱集客する本町として一見良好にも見えるが、立ち寄り客の割合から見て京都縦貫自動車道の全 線開通により3割から4割の来場が減ることが予想されており、立ち寄り客が減ることにより賑わいが減り、目的客すら減ってい くという負の連鎖に陥る可能性がある。また、個性的な観光資源有しながらも、つながり欠くため、観光としての発信力が弱 いのが現状である。
さらに見せる

41 さらに読み込む

先端産業創造プロジェクト 第4回 「ナノカーボン」 ぶぎん地域経済研究所 調査・研究 調査レポート

先端産業創造プロジェクト 第4回 「ナノカーボン」 ぶぎん地域経済研究所 調査・研究 調査レポート

 同社がナノカーボンビジネスに参入したの は2016年夏だが、契機となったのは株式会 社ナノサミットから、ポリエルテルフィルム にカーボンナノチューブ(CNT)インク 塗布する話が寄せられたことだ。当初、注文 の話聞いた時点では、CNTビジネスにつ いて大隈社長は「全く興味はなかった」と話 すが、最終的にCNT、グラフェンの分散化 技術及びコーティング技術の確立により導電 性の高いCNTフィルムの製造が可能となり、 電気抵抗減らすことで情報伝達のロス減 らせると考えた。イメージしたのは「超電導」 だ。電気抵抗は、流れている電流エネルギー が熱になり逃げることでエネルギーの損失 発生させてしまうが、超電導は熱の発生もエ ネルギーロスも起きないとされている。 理論上は抵抗値がゼロになるとされるが、同 ■株式会社樫の木製作所(越谷市)
さらに見せる

7 さらに読み込む

政策の 6 本の柱 1 経済 産業の活性化 2 バイオマス産業都市の推進 3 子育て 教育環境の充実 4 文化 スポーツとコミュニティの推進 5 福祉 健康の増進 6 安全 安心のまちづくり 経済 産業の活性化 3,000 人の雇用確保 以下の 3 つの施策を推進することによって 合計 3,000

政策の 6 本の柱 1 経済 産業の活性化 2 バイオマス産業都市の推進 3 子育て 教育環境の充実 4 文化 スポーツとコミュニティの推進 5 福祉 健康の増進 6 安全 安心のまちづくり 経済 産業の活性化 3,000 人の雇用確保 以下の 3 つの施策を推進することによって 合計 3,000

「佐賀で暮らしてよかった」という幸福感は、地域に住む人々の絆やぬくも り強めると信じています。そうして生まれた地域力が市民協働の市政さ らに広め、お互い認め合い、受け入れ、信頼することで、より住みやすい 佐賀市が育っていくと確信しています。

12 さらに読み込む

世代重複モデルにおける 水平的租税競争と地方分権化の経済厚生分析 東北学院大学経済学部 篠崎剛 京都産業大学経済学部 菅原宏太 愛知大学経済学部 國崎稔 要約本論文の目的は, 世代重複モデルを用いて, 水平的な租税競争下における地域数の増加が各地域の租税水準および経済厚生水準に与える影響を考察するこ

世代重複モデルにおける 水平的租税競争と地方分権化の経済厚生分析 東北学院大学経済学部 篠崎剛 京都産業大学経済学部 菅原宏太 愛知大学経済学部 國崎稔 要約本論文の目的は, 世代重複モデルを用いて, 水平的な租税競争下における地域数の増加が各地域の租税水準および経済厚生水準に与える影響を考察するこ

の存在明らかにしたHayashi and Boadway(2001)は,長期間にわたって水平的租税競争が行 われていること示しており,この間,先進諸国は資本の蓄積という形で経済成長遂げている。 これは理論的枠組みにおける動学的分析の必要性示唆しており,このような点から,Batina (2009)は資本蓄積のある世代重複モデル用いて,ZMWモデルの動学化行った。そこでは, 全地域の協調的租税改革が経済厚生に与える影響が分析され,資本水準が動学的効率性満たす のであれば,協調的租税改革は資本水準増加させるため,動学的にも望ましいことが明らかに されている。しかしながら,資本水準が動学的非効率であれば,協調的租税改革による資本蓄積 水準の上昇による資本水準の非効率性の増加が(静学的枠組みにおける)租税競争による税率引 き下げ効果上回る可能性もつため,協調的租税改革が必ずしも望ましいとはいえないことが 示されている。
さらに見せる

10 さらに読み込む

RIETI - 所得消費の帰着構造を考慮した地域間産業連関モデルによる地方創生政策の経済効果分析

RIETI - 所得消費の帰着構造を考慮した地域間産業連関モデルによる地方創生政策の経済効果分析

まず、本モデルにより、現状の経済循環構造での逆行列係数(式 16 による)の列和(当該地域部分)から 1単位の需要による生産誘発効果算出した(表4) 。この富士市対象とした生産誘発倍率は、石油・石炭 製品の 1.10 から教育・研究の 1.75 までの範囲であり、教育・研究以外では、医療・福祉、その他の非営利 団体サービス、商業、その他の製造工業製品などで高くなっている。製紙は 1.34 であり平均的な値であっ た。一方、その他全国では、事務用品、輸送機械、電子部品、情報通信機器などに富士市で需要があった場 合に生産誘発が大きく、これらの産業に需要があったとしても他地域に効果もたらすことに大きく寄与する 結果となった。生産誘発額の地域別割合求めると、事務用品で 63.8%、輸送機械 61.9%、電子部品 63.9%、情報通信機器 62.2%であり、これらの部門に需要があったとしてもかなりの漏出が生じることが分 かった。
さらに見せる

23 さらに読み込む

産業経済に活力のあるまちづくり 第5次美浜町総合計画(2014年~2025年) | 美浜町

産業経済に活力のあるまちづくり 第5次美浜町総合計画(2014年~2025年) | 美浜町

● 河和南部地区工業系用途地域において、従来型の工業型土地利用のみにとらわれること なく、幅広い産業の立地めざして、環境づくり進めていくことが必要です。 ● 本町の基幹産業である農業や酪農・養豚などの畜産業の経営基盤強化のためには、都 市住民のニーズ把握したうえで、商品開発・加工伴う6次産業化や、体験型の農業・ 水産業などの機能整備することで、新たな雇用生み出していくことも必要です。
さらに見せる

16 さらに読み込む

連携する地方公共団体の担当部署名及び役割連携する事業者名及び役割官民 産業間 地域間との持続可能な連携を図るための合意形成の仕組み法人のこれまでの活動実績 兵庫県産業労働部観光交流課 ( 自治体調整窓口 マーケティング 地域公共交通 観光地域づくり ) 姫路市観光交流局シティプロモーション推進課 (

連携する地方公共団体の担当部署名及び役割連携する事業者名及び役割官民 産業間 地域間との持続可能な連携を図るための合意形成の仕組み法人のこれまでの活動実績 兵庫県産業労働部観光交流課 ( 自治体調整窓口 マーケティング 地域公共交通 観光地域づくり ) 姫路市観光交流局シティプロモーション推進課 (

実施体制 (実施体制の概要) ① 運営主体:一般社団法人 瀬戸内海島めぐり協会が DMO 運営の実施主体とな る。DMO の運営に当たっては、協会の総会・理事会で経営方針決定行い、 加盟の民間事業者がプレイヤーとしてビジネス展開する

15 さらに読み込む

Show all 10000 documents...