地 域 生 活 支 援 拠 点 等 の 整 備

Top PDF 地 域 生 活 支 援 拠 点 等 の 整 備:

2 地 域 生 活 支 援 拠 点 等 の 整 備 にあたってのプロセス 検討を始めたきっかけ 検討開始時期 整備方針 整備類型 平成19年11月に 吉川市からNPO法人なまずの里福祉会に委託し 吉川市障がい者相談 支援センターすずらん を開設した 平成20年4月に 吉川市精神障害者小規模作業所ひだ

2 地 域 生 活 支 援 拠 点 等 の 整 備 にあたってのプロセス 検討を始めたきっかけ 検討開始時期 整備方針 整備類型 平成19年11月に 吉川市からNPO法人なまずの里福祉会に委託し 吉川市障がい者相談 支援センターすずらん を開設した 平成20年4月に 吉川市精神障害者小規模作業所ひだ

・現在、NPO法人なまず里福祉会運営する「すずらん」=相談と居場所、「ひだまり」 =就労継続支援B型、「とうもろこし」=共同生活援助を軸に、面的整備として事業を 展開中である。 ・平成30年4月に、「すずらん」と「ひだまり」を市が所有する給食センター跡地に移転 し、地域生活支援拠点として「障がい福祉総合支援センターなまず里」を開所する。 協議会活用、関係者へ研修・説明会開催、必要な機能検討・検証
さらに見せる

10 さらに読み込む

観 光 圏 整 備 による 観 光 旅 客 の 滞 在 の 長 期 化 観 光 圏 整 備 のイメージ 地 域 が 連 携 して 行 う 取 組 への 国 の 主 な 支 援 メニュー 観 光 資 源 の 活 用 促 進 魅 力 ある 観 光 資 源 を 生 かした 観 光 商 品 の 開 発 観

観 光 圏 整 備 による 観 光 旅 客 の 滞 在 の 長 期 化 観 光 圏 整 備 のイメージ 地 域 が 連 携 して 行 う 取 組 への 国 の 主 な 支 援 メニュー 観 光 資 源 の 活 用 促 進 魅 力 ある 観 光 資 源 を 生 かした 観 光 商 品 の 開 発 観

○農山漁村活性化法特例 観光圏内農山漁村における交流施設整備について、農 山漁村活性化プロジェクト支援交付金交付が可能 ⇒農山漁村体験・交流メニュー楽しく過ごせる滞在メ

8 さらに読み込む

平 成 19 年 度 課 題 別 地 域 保 健 医 療 推 進 プラン 青 年 期 の 健 やかな 食 生 活 を 支 援 する 体 制 整 備 事 業 ~ 健 やかな 食 を 自 分 でデザインしよう~ 事 業 目 標 地 域 の 関 係 機 関 団 体 等 が 協 働 連 携 し 青 年 が

平 成 19 年 度 課 題 別 地 域 保 健 医 療 推 進 プラン 青 年 期 の 健 やかな 食 生 活 を 支 援 する 体 制 整 備 事 業 ~ 健 やかな 食 を 自 分 でデザインしよう~ 事 業 目 標 地 域 の 関 係 機 関 団 体 等 が 協 働 連 携 し 青 年 が

背 景 南多摩保健医療圏には大学、専門学校が約 70 校あり、地域特性一つとなって いる。青年期は、この時期から単身生活を始めるなど、食生活環境に変化がある 世代である。青年期食生活には、欠食、やせ願望、肥満、食生活技術・知識不 足など多く問題が指摘されているが、この世代は、一般に健康不安が少なく健 康へ関心が低い傾向にある。青年期は、成人期に比べ生活習慣病一時予防に有 効な世代であり、次世代を生み育てる重要な役割を担う世代として影響力も大き い。本事業では、生涯を通じて健やかな食生活を送るために、青年が食生活重要 性について認識し、自分食生活をデザインできる力を身につけるとともに、それ を支援する環境づくりを構築する。
さらに見せる

10 さらに読み込む

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病

平成24年度における医療提供体制推進事業費補助金各事業については、救急医療 対策(運営費)事業により、小児救急や周産期救急を含む総合的な救急医療体制 整備・充実が図られ、看護職員確保対策(運営費)事業により、看護職員養成・ 確保・定着、在宅歯科連携体制構築が促進されたと判断できる。さらに、地域医 療確保対策(設備費)事業により、災害拠点病院機能強化に寄与したと考えら れる。
さらに見せる

8 さらに読み込む

地 域 再 生 計 画

地 域 再 生 計 画

(要収容隻数:湯浅広港226隻、由良港139隻、文里港212隻、日置港30隻、 袋港25隻、大島港10隻、古座港50隻、浦神港41隻、勝浦港20隻、宇久井港 25隻、新宮港15隻) 各漁港においては、水産業振興ため、関連事業和歌山県による漁業担い手支援並 びに各市町村による漁港 PR イベントソフト施策と併せて、本計画により高齢化・ 後継者不足課題を抱える漁業者負担を軽減し、若者が漁業に就業したくなるような 漁港労働環境整備を行う。印南・周参見漁港においては、荒天時に漁船が安全に係 留できる避難場所を確保するため、突堤及び防波堤整備、並びに漁港へ安全なアク セス道路を確保するため、道路整備を行う。三輪崎漁港においては、 「つくり育てる漁業」 を推進するため、フグ活魚畜養及びヒオウギ貝中間育成に必要な施設として、 岸壁・船揚場・漁港施設用地・道路及び泊地整備を行う。
さらに見せる

6 さらに読み込む

地 域 再 生 計 画

地 域 再 生 計 画

農業については、水稲作を基本としているが、近年は減反による転作作物としてイチヂクやス モモ果樹栽培や花木栽培が盛んに行われ、また砂丘にはブドウ、スイカ栽培が盛んで県 内外市場に出荷されている。しかし、これら出荷量が増加するにつれて輸送車両通行が増 大しているにも関わらず、 信号機が多く人家連坦区間多い既存国道を輸送路として利用してい るため時間がかかり、新鮮な農産物を迅速に市場へ出荷できない状況である。また、農村地域に 点在する集落間を繋ぐ道路が狭小で未整備なため、農産物運搬車輌大型化が出来ず、広域的な 出荷体制確立ができないという問題を抱えている。現在建設進められている広域農道は、能 登半島基部を縦走して河北縦断道路に連絡する基幹農道であり、 これら整備により農産物流通 合理化、広域化が可能となり、同時に中山間地域各集落や市街地を結ぶ生活幹線道路とし ても地域道路ネットワーク改善に大きな役割を果たすものである。
さらに見せる

5 さらに読み込む

CODE 0 事 業 名 防 犯 のまちづくり 推 進 事 業 自 主 防 犯 活 動 組 織 の 結 成 支 援 など 地 域 の 自 治 会 への 自 主 防 犯 組 織 結 成 の 呼 びかけ 防 犯 活 動 を 支 援 します 随 時 常 任 理 事 会 や 地 区 センター 所 長 会 議

CODE 0 事 業 名 防 犯 のまちづくり 推 進 事 業 自 主 防 犯 活 動 組 織 の 結 成 支 援 など 地 域 の 自 治 会 への 自 主 防 犯 組 織 結 成 の 呼 びかけ 防 犯 活 動 を 支 援 します 随 時 常 任 理 事 会 や 地 区 センター 所 長 会 議

交通事故恐れある交差点、見通し悪い交差点やカーブ、夜間道路利用者が快適に利用できるよう道路照明灯や カーブミラーを設置したり、老朽化した構造物を修繕し、交通事故発生防止を図る。 維持管理費縮減を視野に入れた照明灯(LED電球)や反射鏡(ポール腐食防止)修繕について検討していく。 新規設置工事・・・道路照明灯:  112基、カーブミラー: 38基 修繕工事   ・・・道路照明灯:1,565基、カーブミラー:136基
さらに見せる

8 さらに読み込む

祉 二 一 障 害 者 福 祉 二 一 そ の 他 二 障 害 者 支 援 施 設 障 害 者 支 援 施 設 尾 道 サンホーム( 施 設 入 所 支 援 ) 尾 道 サンホーム( 生 活 介 護 事 業 ) 障 害 福 祉 サービス 事 業 障 害 福 祉 サービス 事 業 尾 道 さつき 作

祉 二 一 障 害 者 福 祉 二 一 そ の 他 二 障 害 者 支 援 施 設 障 害 者 支 援 施 設 尾 道 サンホーム( 施 設 入 所 支 援 ) 尾 道 サンホーム( 生 活 介 護 事 業 ) 障 害 福 祉 サービス 事 業 障 害 福 祉 サービス 事 業 尾 道 さつき 作

12 介護保険法居宅サービス事業、地域密着型サービス事業、介護予防サービス事業、地域密着型介護予防サービス事業、居宅介護支援事業、介護予防支援事業、介護老人保健施設、 7 福祉用具その他用具又は機器及び住環境に関する情報収集・整理・提供に関する事業 8 ボランティア育成に関する事業 10 社会福祉に関する調査研究

9 さらに読み込む

b 広 域 防 災 拠 点 に 求 められる 機 能 (a) 広 域 活 動 拠 点 1 本 部 指 揮 機 能 作 戦 室 事 務 所 等 の 建 屋 (100 m2 程 度 ) 通 信 設 備 消 防 系 無 線 以 外 に 県 防 災 行 政 無 線 防 災 情 報 シス テム 端 末 があれ

b 広 域 防 災 拠 点 に 求 められる 機 能 (a) 広 域 活 動 拠 点 1 本 部 指 揮 機 能 作 戦 室 事 務 所 等 の 建 屋 (100 m2 程 度 ) 通 信 設 備 消 防 系 無 線 以 外 に 県 防 災 行 政 無 線 防 災 情 報 シス テム 端 末 があれ

その活動状況を踏まえると、緊急消防援助隊と被災自治体間及び 緊急消防援助隊相互情報連絡体制や長期に わたる活動に必要な 燃料・食糧補充、隊員休養など様々な課題が明らかになった。 ※1 千葉県は、これら課題に対応するため、支援ゾーン内に立地する 公園オープンスペースを広域活動拠点として指定した。

17 さらに読み込む

~ 目 次 ~ 1. 広 域 防 災 拠 点 整 備 の 経 緯 背 景 宮 城 県 広 域 防 災 拠 点 基 本 構 想 計 画 広 域 防 災 拠 点 の 計 画 地 広 域 防 災 拠 点 基 本 設 計 ( 素 案 )の 概 要... 5 (

~ 目 次 ~ 1. 広 域 防 災 拠 点 整 備 の 経 緯 背 景 宮 城 県 広 域 防 災 拠 点 基 本 構 想 計 画 広 域 防 災 拠 点 の 計 画 地 広 域 防 災 拠 点 基 本 設 計 ( 素 案 )の 概 要... 5 (

救援物資集配では,輸送車両や燃料不足に加え,大規模な物資集積拠点が県内になかっ たことから,全国から送られた大量救援物資取扱いに混乱をきたし,被災ニーズに応じ た適時適切な集配ができませんでした。 このような経験を踏まえ,県では,今後起こりうる大規模災害に効果的に対応するためには, 「傷病者域外搬送拠点機能充実強化」, 「広域支援部隊一時集結場所やベースキャンプ用地 確保」 ,「物資輸送中継拠点整備」が必要であると強く認識し,その中核的機能を担う広域 防災拠点を整備するとともに,これを核として圏防災拠点や地域防災拠点と相互連携するこ とにより,被災災害対応をより円滑に支援する体制を構築する取組を進めることとしました。
さらに見せる

26 さらに読み込む

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

民が増加しています。 ・良好な住環境を維持し、住民が安全で安心して暮らせるまちづくりと産業拠点集積を目指します。 ・地域コミュニティをさらに醸成していくため複合施設や山寺池地域資源を活用した公園・緑 、散策路整備を推進し、住民が自然に集う安心で潤いある地区づくりを目指します。

9 さらに読み込む

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業

 ア (1)農業6次産業化については、加工原材料地区内生産割合現状及び目標について記載すること。  イ (2)経営面積拡大については、経営耕地面積に係る利用権設定若しくは農作業受託している農家戸数及び経営面積現状    (作目を含む)及び目標について記載すること。  ウ (3)耕作放棄解消については、解消面積現状及び目標について記載すること。  エ (8)雇用者確保については、雇用者数受入人数現状及び目標について記載すること。 3 集落営農法人化経営発展計画書
さらに見せる

83 さらに読み込む

- もくじ - Ver の 変 更 点 P.3 1 障 害 者 総 合 支 援 法 概 要 P.4 2 平 成 25 年 度 以 降 地 域 区 分 対 応 P 地 域 区 分 設 定 方 法 P 地 域 区 分 について P 地 域 単 価 の 確

- もくじ - Ver の 変 更 点 P.3 1 障 害 者 総 合 支 援 法 概 要 P.4 2 平 成 25 年 度 以 降 地 域 区 分 対 応 P 地 域 区 分 設 定 方 法 P 地 域 区 分 について P 地 域 単 価 の 確

② 共同生活介護(ケアホーム)共同生活援助(グループホーム)へ一元化 ③ 地域移行支援対象拡大(地域における生活に移行するため重点的な支援を必要とする者であって 厚生労働省令で定めるものを加える) ④ 地域生活支援事業追加(障害者に対する理解を深めるため研修や啓発を行う事業、意思疎通支援を 行う者を養成する事業

22 さらに読み込む

Ⅱ 事 業 実 績 の 概 要 U Iターンに 対 する 支 援 の 充 実 企 業 の 開 拓 企 業 訪 問 の 強 化 関 西 に 拠 点 をおき 地 域 発 展 に 貢 献 している 企 業 へのアプ ローチ 企 業 大 懇 談 会 の 開 催

Ⅱ 事 業 実 績 の 概 要 U Iターンに 対 する 支 援 の 充 実 企 業 の 開 拓 企 業 訪 問 の 強 化 関 西 に 拠 点 をおき 地 域 発 展 に 貢 献 している 企 業 へのアプ ローチ 企 業 大 懇 談 会 の 開 催

 2011年度は、「キャリア支援ポリシー」に基づき、「キ ャリア教育」と「就職支援」をキャリア支援重 要な柱とし、ポリシーを全学的に周知すると同時に、そ れに基づき様々な事業を実施した。 さらにキャリア教 育については、キャリア教育推進方策検討プロジェクト を設置し、今後キャリア教育に対する取り組みについ て具体的な方向性を示した。就職支援については、東日 本大震災影響や一般社団法人 日本経済団体連合会 倫理憲章に対応しながら、①業界・企業研究、②筆記 試験対策、③書類(履歴書・エントリーシート)対策、 ④面接対策4つポイントについて様々な事業を実施 した。筆記試験、書類選考対策はもちろんこと、新 たに設けた学生担当制に基づき、face to face面談 に注力した。
さらに見せる

9 さらに読み込む

Feature 平 成 24 年 度 事 業 報 告 並 びに 一 般 会 計 特 別 会 計 収 支 決 算 報 告 1. 知 的 資 産 経 営 と 企 業 間 連 携 の 推 進 による 地 域 産 業 の 活 性 化 ⑴ 経 営 革 新 への 取 り 組 み 支 援 による 地 域 産 業

Feature 平 成 24 年 度 事 業 報 告 並 びに 一 般 会 計 特 別 会 計 収 支 決 算 報 告 1. 知 的 資 産 経 営 と 企 業 間 連 携 の 推 進 による 地 域 産 業 の 活 性 化 ⑴ 経 営 革 新 への 取 り 組 み 支 援 による 地 域 産 業

 環境プラント機器設計、施工を手がける株式会社 コウキ。これまで全国各地で処分場再生事業や支障除 去事業などを手がけ、設備設計および施工を数多く 受注している。会社設立は 1997 年と業界においては 後発ながら、取引先からは高い評価を得ている。  企業として強みは、プラント計画から設計、施 工までを社内で一貫して対応できるだ。また、計画 時には設置場所測量や土壌改質、基礎工事まで自社 で手がけることができる。その上、プラント設置後、 装置運転管理や廃棄物選別業務なども行なうこ とで、顧客厚い信頼を得ている。 2009 年には 「汚染 土壌洗浄浄化・修復工事、および設備運営」 をテー マとして、兵庫県から経営革新計画承認を得てお り、環境保全に貢献する企業としてさらなる飛躍を 図っている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

1 目 的 本 市 では 市 民 の 健 康 増 進 及 び 交 流 による 地 域 活 性 化 の 拠 点 として 平 成 28 年 10 月 供 用 開 始 に 向 けて 佐 久 市 臼 田 健 康 活 動 サポートセンター( 以 下 サポートセンター という )の 整 備 を 進 めている サ

1 目 的 本 市 では 市 民 の 健 康 増 進 及 び 交 流 による 地 域 活 性 化 の 拠 点 として 平 成 28 年 10 月 供 用 開 始 に 向 けて 佐 久 市 臼 田 健 康 活 動 サポートセンター( 以 下 サポートセンター という )の 整 備 を 進 めている サ

(3)企画提案書中で、第三者著作物を使用する場合は、著作権法に認められたもの を除き、当該第三者承諾を得ておくこと。この場合において、第三者著作物使 用に関する責任は、使用した提案事業者に全て帰属すること。 (4)提出された参加表明書、企画提案書は審査及び評価を行う作業において、複製す る場合がある。

8 さらに読み込む

別 添 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 整 備 に 関 する 指 針 Ⅰ がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 指 定 について 1 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 ( 都 道 府 県 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 及 び 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病

別 添 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 整 備 に 関 する 指 針 Ⅰ がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 指 定 について 1 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 ( 都 道 府 県 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 及 び 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病

がん診療連携拠点病院整備に関する指針 Ⅰ がん診療連携拠点病院指定について 1 がん診療連携拠点病院(都道府県がん診療連携拠点病院及び地域がん診療連携 拠点病院をいう。以下同じ。)、特定領域がん診療連携拠点病院(以下「特定領 拠点病院」という。)、地域がん診療病院は、都道府県知事が2を踏まえて推 薦する医療機関について、第三者によって構成される検討会意見を踏まえ、厚 労働大臣が適当と認めるものを指定するものとする。がん診療連携拠点病院、 特定領域拠点病院、地域がん診療病院新規指定や指定更新際に、独立行政法 人国立がん研究センター(以下「国立がん研究センター」という。)は当該施設 に関する意見書を、厚生労働省に提出することができる。また、地域がん診療連 携拠点病院(以下「地域拠点病院」という。)、特定領域拠点病院、地域がん診 療病院新規指定や指定更新際に、同一都道府県都道府県がん診療連携拠点 病院(以下「都道府県拠点病院」という。)は当該病院に関する意見書を、都道 府県を通じて厚生労働省に提出することができる。
さらに見せる

29 さらに読み込む

Ⅰ 研 究 目 的 中 学 校 技 術 家 庭 科 家 庭 分 野 の 学 習 指 導 では, 製 作, 整 備, 操 作, 調 理 などの 実 習 を 通 して, 実 際 の 生 活 に 必 要 な 生 活 技 能 を 習 得 させ, 生 活 での 実 践 意 欲 につなげ, 生 活 技 能 を

Ⅰ 研 究 目 的 中 学 校 技 術 家 庭 科 家 庭 分 野 の 学 習 指 導 では, 製 作, 整 備, 操 作, 調 理 などの 実 習 を 通 して, 実 際 の 生 活 に 必 要 な 生 活 技 能 を 習 得 させ, 生 活 での 実 践 意 欲 につなげ, 生 活 技 能 を

ア 学習指導計画改良 今回,10時間扱い学習指導計画を立て,授業実践を行った。しかし,生徒に製作時間を十 分に保障することができなかった。特に,型紙づくりは,白紙を用いて作製させたため,この とき自己評価では「Cどちらかというとできなかった」や「Dまったくできなかった」を回 答している生徒が多くいた。生徒一人一人にポケット大きさを工夫させたが,そのことに対 応した,型紙づくり学習シートや型紙切り方コンテンツを作成する必要がある。さらに, 「今後家庭科実習において生活技能コンテンツがあった方がいいか」という質問に, 多く生徒が必要であると回答していることを踏まえ,「B食生活と自立」学習内容でも 技能習得を支援するコンテンツ作成を行わなければならない。自主実習題材「ウォー ルポケット製作」では,地域生活文化とかかわりへ配慮が不足していた。「B食生活と 自立」では,伝統的な行事食や郷土料理に,十分に配慮した自主実習題材で学習指導計画 を構想する。
さらに見せる

24 さらに読み込む

1 公 益 事 業 ( 実 施 事 業 等 会 ) (1) 教 育 文 化 活 動 等 支 援 事 業 事 業 費 支 出 8,510,992 円 (9,800,873 円 ) 県 民 の 教 育 文 化 活 動 を 支 援 するため 次 の 事 業 を 行 った 事 業 名 内 容 実 施 場 所

1 公 益 事 業 ( 実 施 事 業 等 会 ) (1) 教 育 文 化 活 動 等 支 援 事 業 事 業 費 支 出 8,510,992 円 (9,800,873 円 ) 県 民 の 教 育 文 化 活 動 を 支 援 するため 次 の 事 業 を 行 った 事 業 名 内 容 実 施 場 所

イ レクリエーション活動支援 事  業  名 内容 ・ 実施場所 期日 参加者数等    考 健康管理支援  会員が職場や住居近くで気軽に体力・健康 づくりや生活習慣病改善ができるよう、県内 外スポーツ施設を利用する機会を提供した。 (ア) コナミスポーツクラブ(県内46箇所他) (イ) ダイドースポーツクラブ(小田原市) (ウ) ライフティック(平塚市・秦野市) (エ) 横須賀YMCA(横須賀市) (オ) 乗馬クラブ(県内5箇所) (カ) ゴルフ場(県内2箇所)
さらに見せる

16 さらに読み込む

はじめに ボランティアセンターでは ボランティア 活 動 を 支 援 するため 登 録 ボランティ ア( 個 人 )に 対 し ボランティア 活 動 中 の 保 険 に 加 入 し 活 動 上 のリスクの 軽 減 を 支 援 しています 1 保 険 概 要 この 保 険 は ボランティア 活 動 者

はじめに ボランティアセンターでは ボランティア 活 動 を 支 援 するため 登 録 ボランティ ア( 個 人 )に 対 し ボランティア 活 動 中 の 保 険 に 加 入 し 活 動 上 のリスクの 軽 減 を 支 援 しています 1 保 険 概 要 この 保 険 は ボランティア 活 動 者

Q1: 怪我をさせてしまった場合は、その時点で謝罪に行った方がよいか?また、その 時に、代表者とその加害者で行った方がよいか? A1: 怪我をさせてしまった場合は、一般的に謝罪をした方がよいでは。その際、加害 者がいなければ、相手も良い気はしない。但し、注意としては、責任有無は、状 況を十分に把握した上で、結論を出した方がよい。

10 さらに読み込む

Show all 10000 documents...