地元企業のニーズに合った調査研究を

Top PDF 地元企業のニーズに合った調査研究を:

組織のニーズに合った内部監査体制の構築

組織のニーズに合った内部監査体制の構築

多く内部監査部門は「強力なスキル備えている」と自負しています。それでも、明らかスキ ルギャップは存在し、部門内ですべてカバーすることは難しい状態です。最も不足しているス キル第 1 位は「データ分析」スキルでし。これは、内部監査部門が戦略アドバイザーとして 成功するため欠かせない能力です。ますます複雑化する環境で企業が求める価値提供する め、内部監査部門はこうしたギャップすべて埋めるべく迅速対応する必要があります。 内部監査部門は、組織内でレリバンス(妥当性)最大化し、存在価値高めるチャンス大い 利用すべきです。優れ内部監査部門はどんな組織にとっても間違いなく重要な存在です。大 切なは、適切なスキルと能力確保し、任務適切遂行し、常にすべてステークホルダー 満足させることです。変化スピードは変動するかもしれませんが、内部監査部門が的確で効 果的であり続けるため変革は急務です。内部監査部門スタッフ、プロセスそしてテクノロジー 全体変化が起こらなければなりません。重要な戦略的目標と整合するよう保証とアドバイ ザリーバランス調整する必要があります。データ分析、テーマ監査、セクターレリバンス 強化し、ステークホルダーが期待する真知見提供することが重要です。
さらに見せる

20 さらに読み込む

調査概要 海外展開をする日本企業を対象に 進出先国で事業展開をする上で直面している課税問題及び租税条約の締結ニーズを中心にウェブアンケート調査を実施した 本調査は 2017 年 11~12 月に 6,565 社に対して実施され うち 2,042 社より回答を得た アンケート結果のうち 主要な項目につ

調査概要 海外展開をする日本企業を対象に 進出先国で事業展開をする上で直面している課税問題及び租税条約の締結ニーズを中心にウェブアンケート調査を実施した 本調査は 2017 年 11~12 月に 6,565 社に対して実施され うち 2,042 社より回答を得た アンケート結果のうち 主要な項目につ

 税務調査 (n=44)  税関調査、関税評価額関係ないロイヤルティ算入するようしつこく求めてくる。【中国】  インドネシアでは公用語がインドネシア語であり、日本人幹部社員が馴染めないので、税務業務ローカル スタッフ丸投げする。ローカルと会計士と税務署担当官が阿吽呼吸で、インドネシア当局都合良い 方引っ張っていく傾向がある。【インドネシア】
さらに見せる

24 さらに読み込む

日本人の対中東 イスラム観 - 駐在経験をもつビジネスマン - 1. 調査概要と目的 本調査は 文部科学省 世界を対象としたニーズ対応型地域研究推進事業 の一つである中東地域研究プロジェクト アジアのなかの中東- 経済と法を中心に の中で行われた このプロジェクトは 日本人の中東に対する意識を明らか

日本人の対中東 イスラム観 - 駐在経験をもつビジネスマン - 1. 調査概要と目的 本調査は 文部科学省 世界を対象としたニーズ対応型地域研究推進事業 の一つである中東地域研究プロジェクト アジアのなかの中東- 経済と法を中心に の中で行われた このプロジェクトは 日本人の中東に対する意識を明らか

使用人有無は、お手伝いさんについては、70 年代末までは 85%が持っていといってい るが、80 年代以降は約半分 50%台減っている。 お手伝いさん国籍では、イラン エジプト チュニジアなどでは現地国籍が大部分であるが、ドバイ アブダビ サウジアラビア クウェート オマーン バハレーン リビアなどは現地国籍雇うは難しく、ほとんど外国 籍人となっている。 外国籍お手伝いさんは、70 年代末まではインドが 33.3% フィリピンが 16.7%、 エチオピアが 25%、その他中東諸国が 25%であっ。 80 年代なってインドが 87.5%と急増し、エチオピアやそのほか中東諸国が減っている。 90 年代以降はフィリピンが 50%と急増している。 歴史的アラビア半島西側は、パレスチナやエジプトそれイエメン 人が多く、 東側湾岸諸国ではインドやパキスタンなどが多い。
さらに見せる

28 さらに読み込む

第3章 おわりに 調査シリーズNo.178『大学生・大学院生の多様な採用に対するニーズ調査』|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第3章 おわりに 調査シリーズNo.178『大学生・大学院生の多様な採用に対するニーズ調査』|労働政策研究・研修機構(JILPT)

就職活動開始時 限定正社員 応募意向 就職予定先企業 働 方比較 地域限定正社員 応募意向 あ 学生 約 28.6% 就職予定先企業 地域限定正社員 働 予定 あ 45~47 表 2-62~2-64 割合 職務限定正社 員 約 24.3% 勤務時間限定正社員 約 4.4% い

5 さらに読み込む

要約 本研究は 企業は企業価値で評価され 企業活動の1つである生産活動も 企業価値向上への貢献を強く求められている というニーズに応えるために 経営の諸活動が 企業全体として企業価値にどのように貢献しているのか その関係と貢献の様子を可視化し 全体最適で企業価値の最大化に貢献する手法を提案することを

要約 本研究は 企業は企業価値で評価され 企業活動の1つである生産活動も 企業価値向上への貢献を強く求められている というニーズに応えるために 経営の諸活動が 企業全体として企業価値にどのように貢献しているのか その関係と貢献の様子を可視化し 全体最適で企業価値の最大化に貢献する手法を提案することを

4 課題取り組んでき。購買部門は有利購買目的、多様な契約方式駆使し、調達先 グローバル広げて調達原材料費低減取り組んでき。一方、製造部門は原価低減 ため、歩留まり改善や大きなロットで製造などモノづくり品質向上磨きかけて いる。しかし、各業務部門という視点離れて、企業として視点でこれら活動見て みると、原材料有利購買ため大きなロットで購買は原材料在庫増加リスクがあ り、需要予測や生産計画超え急な製造対応するため原材料余裕率はずいぶん前 から見直されていないことも多い。原価低減ため大きなロットで製造は製品在庫増 加リスク含み、効率的な製造指向する反面、手待ちなると稼働率維持ため前 倒し生産してしまい、製品在庫増加原因なる。この製品在庫は売り切れればよいが、 倉庫長く置かれ滞留在庫なったり、廃棄されたりすることもある。これらは、各業務 部門原価低減、稼働率維持という業務目標に対しては重要な取り組みであるが、企業 視点で企業価値向上取り組みとしては、個別最適なっているといわざる得ない。 このような状況なるは、従来、製造業では、 「モノつくる」こと焦点があり、コス トは「使うもの」であって、創りだすものではなく、ましてや企業価値、すなわちキャッ シュ作りだすという想定がながっこと起因する。そのため、原価削減による利益 向上指向し、部門ごと原価低減目標活動行っているである。しかし、企業企業価値で評価されるであるから、モノづくり現場生産活動も、部門ごと原価低 減だけではなく、企業重要な指標であるキャッシュ創出すること視点あて全体 最適で管理手法が必要である。
さらに見せる

13 さらに読み込む

平成25年度中小企業支援調査 (我が国自動車産業の今後のあり方に係る調査研究)

平成25年度中小企業支援調査 (我が国自動車産業の今後のあり方に係る調査研究)

 自動車関連税制変更税収へ効果は、国税、地方税合わせて901億円となる。 消費税 (十億円) -86.4 内、国税 消費税 (十億円) -52.9 内、地方税 消費税 (十億円) -33.5 自動車税/軽自動車税 (十億円) -1.1 自動車取得税 (十億円) -21.2 自動車重量税 (十億円) -2.9 内、国税 自動車重量税 (十億円) -1.7 内、地方税 自動車重量税 (十億円) -1.2 法人税 (十億円) -29.2 内、国税 法人税 (十億円) -19.3 内、地方税 法人税(交付税) (十億円) -9.9 法人住民税 (十億円) -8.9 法人事業税 (十億円) -8.6 所得税 (十億円) -17.8 内、国税 所得税 (十億円) -12.1 内、地方税 所得税(交付税) (十億円) -5.7 個人住民税 (十億円) -17.7 (十億円) -86.0 (十億円) -107.7 国税
さらに見せる

73 さらに読み込む

調査シリーズNo177全文 調査シリーズNo177『ものづくり産業を支える企業の労働生産性向上に向けた人材確保・育成に関する調査結果』|労働政策研究・研修機構(JILPT)

調査シリーズNo177全文 調査シリーズNo177『ものづくり産業を支える企業の労働生産性向上に向けた人材確保・育成に関する調査結果』|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第 章造 回答企業 属性 プ シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 申 設立時期 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 申 本社所 地 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 申 業種 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 申 現 主力製品 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 4 業務範 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 4 主 商圏 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 5 引高 最 多い企業 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 5 引高 最 多い企業 売 割合 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 5 過去 間 引高 最 多い企業 依存度 推移 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 6 海外売 高比率 後 見通 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 6 最大 競 相手 立地地域 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 7 う 強 企業 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 7 直近 決算 間売 高 営業利益 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 8 直近 決算 間売 高 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 8 前 比 売 高 変化 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 8 直近 決算 間営業利益 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 8 前 比 営業利益 変化 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 9 営業利益率 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 9 ISO 得状況 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 9 ISO 品質 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 9 ISO 環境 ン シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 由0 自社 環境変化 対 認識 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 由0 後 経営見通 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 由甲 自社 人材 基本的 特徴 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 由甲 社員 状況 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 由申 正社員 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 由申 従業員 正社員+直接 用 非正社員 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 由申
さらに見せる

164 さらに読み込む

(4)都市部の3大学病院を受診するがん患者におけるニーズ調査(実施報告)都市型がん医療のニーズを探る―がん患者のサバイバー調査から見えてきたもの―

(4)都市部の3大学病院を受診するがん患者におけるニーズ調査(実施報告)都市型がん医療のニーズを探る―がん患者のサバイバー調査から見えてきたもの―

行っ. 対象と方法 2015 年 9 月から 2016 年 1 月,東京女子医科大 学病院(新宿区),杏林大学医学部付属病院(三鷹市), 帝京大学医学部附属病院(板橋区)において,手術・ 放射線療法・薬物療法行う予定,あるいは過去 行っ外来がん患者対象アンケート調査行っ .外来受診時,担当医が本研究趣旨について口 頭および文書にて説明行い,同意が得られ場合 自己記入式アンケート実施し.各大学倫 理審査委員会承認もと,担当医が病名や治療な ど記載,患者無記名自記式調査票とともに調 査事務局にて郵送で回収し調査実施し診療 科は,以下とおり.
さらに見せる

7 さらに読み込む

新たな企業活動等を踏まえた産業財産権の活用実務に関する調査研究

新たな企業活動等を踏まえた産業財産権の活用実務に関する調査研究

また 中小企業 対する知財活用支援 つい 積極的 活用 素地 十分 あるこ 踏まえ 単 る技術移転 く 技術移転 加え 事業化検討する総合 的 支援行うこ ニ ある 考え る 具体的 紹 する技術・知財 知識質的向 加え 紹 先企業 入し技術・知財活用するため 事業実施 行う経営者 事業視点 アプロ チ行える う コンサルタン 支援 ニ 存在する 考え る こ 関連し 活用する技術・知財事業化 結 びつけるため 地方自治体等地域機関 連携体制拡充 等 ニ 存在する 思わ る 以 I別章 5.量本文78頁~参照
さらに見せる

418 さらに読み込む

平成 30 年度日本医療研究開発機構研究費 ( 創薬基盤推進研究事業 ) 研究開発課題名 : 革新的な治療薬の創出に向けた創薬ニーズ等調査研究 平成 30 年度 (2018 年度 ) 国内基盤技術調査報告書 神経疾患の医療ニーズ調査 ( 第 2 回 ) -60 神経疾患 アルツハイマー病 ( アルツ

平成 30 年度日本医療研究開発機構研究費 ( 創薬基盤推進研究事業 ) 研究開発課題名 : 革新的な治療薬の創出に向けた創薬ニーズ等調査研究 平成 30 年度 (2018 年度 ) 国内基盤技術調査報告書 神経疾患の医療ニーズ調査 ( 第 2 回 ) -60 神経疾患 アルツハイマー病 ( アルツ

4) 承認薬 4 剤で治療効果が期待できないと判断し場合処方方針 現在承認されているアルツハイマー型認知症治療薬 4 剤効果が期待できないと判断さ れ場合、処方中止選択し回答は 42.1%であり(問 6)、その理由多くは「効果がな い、副作用リスク」であっ。また、処方継続選択し回答もほぼ同数(40.4%)で あり、「患者や家族へ配慮理由処方継続する」等よう積極的な治療継続では ないという意見、 「中止による認知機能や BPSD 等症状悪化」危惧するなど多様な意 見がみられ。これら 4 剤では、効果が認められない場合漫然と投与しないとされている (添付文書・重要な基本的注意)が、認知機能障害加えて様々な症状示し、患者ごと その症状や進行度が様々である点が、医師処方方針(継続/中止判断)難しくし ていると考えられ
さらに見せる

139 さらに読み込む

RIETI - 企業のパフォーマンスは合併によって向上するか:非上場企業を含む企業活動基本調査を使った分析

RIETI - 企業のパフォーマンスは合併によって向上するか:非上場企業を含む企業活動基本調査を使った分析

<合併パフォーマンス計測方法> 次に、製造業・非製造業、及び関係会社・非関係会社間合併前後パフォーマンス比較行 う。M&A によりパフォーマンス変化が生じかどうか検証する際は、Selection Bias 問 題考慮する必要がある。例えば、合併後、企業パフォーマンスが向上しことが確認されと しても、それが合併効果と断定することは難しい。なぜなら、元々、成長性高い企業が合併元 企業なっているとすれば、合併後パフォーマンス向上は合併による効果と言うよりもその企業 元来備わっ力が発揮されと考えることもできるためである(合併内生性問題)。したがっ て、合併効果より正確計測するためは、実際合併し合併元企業と、その特徴からは合 併元企業なる蓋然性が高かっが結局は合併行わなかっような企業パフォーマン ス格差検討する必要がある。既存分析サーベイ部分でも述べよう、過去多く研 究は単純産業及び企業規模コントロールしていが、最近研究では合併前パフォーマン スも考慮入れる研究が主流となっているものの、単純収益性のみしかコントロールしていない ものもあり、包括的とはいえない。
さらに見せる

36 さらに読み込む

調査シリーズNo176全文 調査シリーズNo176『「イノベーションへの対応状況調査」(企業調査)結果及び「イノベーションへの対応に向けた働き方のあり方等に関する調査」(労働者調査)結果』|労働政策研究・研修機構(JILPT)

調査シリーズNo176全文 調査シリーズNo176『「イノベーションへの対応状況調査」(企業調査)結果及び「イノベーションへの対応に向けた働き方のあり方等に関する調査」(労働者調査)結果』|労働政策研究・研修機構(JILPT)

4-8. AI 業 務 代 替 対 す 認 識 … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 1「4 。1)AI 業 務 代 替 対 す 認 識 労 働 者 調 査 … … … … … … … … … … … … … 1「4 。「)仕 事 AI 代 替 さ 場 合 業 務 内 容 対 す 認 識 労 働 者 調 査 … … … … … 1「5 4-重. 自 社 職 場 へ AI導 入 意 向 労 働 者 調 査 … … … … … … … … … … … … … … … … 1「7 4-10. AI 職 場 導 入 さ 場 合 雇 用 不 安 感 労 働 者 調 査 … … … … … … … … … … 1「7 4-11. 職 場 AI 導 入 さ 時 期 イ メ ー 企 業 調 査 労 働 者 調 査 … … … … … … 1「重 4-1「. AI活用 一般化す 時代求 能力 キ … … … … … … … … … … … 1」0 。1)AI 活 用 一 般 化 す 時 代 求 能 力 企 業 調 査 労 働 者 調 査 … … 1」0 。「)AI 活 用 一 般 化 す 時 代 い 求 キ 企 業 調 査 労 働 者 調 査 … 1」1 5 . 副 業 … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 1」「
さらに見せる

392 さらに読み込む

企業の事業戦略におけるデザインを中心としたブランド形成・維持のための産業財産権制度の活用に関する調査研究

企業の事業戦略におけるデザインを中心としたブランド形成・維持のための産業財産権制度の活用に関する調査研究

(6)模倣品・類似商品へ対応 意匠権は、侵害しているか否かが明らかであることが多く、 権利行使際強力な武器となる、あるいは、模倣品と思われ る製品売っている業者に対して警告状出すと、直ぐ販 売止めることがほとんどで、意匠権保有する効果感じ ている、と意匠権効果評価している企業が多かっが、 日本意匠権は、権利範囲が狭く、権利行使が難しいため、 意匠権による日本で本製品模倣品対策(訴訟提起・税 関差止等)は考えていない(ただし、当事者同士話合いは 随時行っている)という企業もあっ
さらに見せる

5 さらに読み込む

Top Message 経営理念 幅広いご縁 と 進取の精神 を大切に お客様のニーズに合ったサービスを提供し 地域の皆様に 愛される 金融グループを目指します 経営方針 人と人とのふれあいを大切にし 誠実で親しみやすく お客様から最も 信頼される 金融グループを創ります 情報収集と時代

Top Message 経営理念 幅広いご縁 と 進取の精神 を大切に お客様のニーズに合ったサービスを提供し 地域の皆様に 愛される 金融グループを目指します 経営方針 人と人とのふれあいを大切にし 誠実で親しみやすく お客様から最も 信頼される 金融グループを創ります 情報収集と時代

現在私どもは、第3次中期経営計画戦略テーマ 「変えること」として『7つ構造イノベーション』 「地域と共存共栄」により、企業価値持続的な向上努めてまいります。 掲げ、収益構造大きな見直し進めておりま す。今後も厳しい環境が続くと予想されますが、地 元中小企業取引拡大、非金利収益増加、抜本 的な経費削減など推し進め、環境変化も耐えう るよう企業体質改善進めるとともに、収益力強 化図ってまいります。
さらに見せる

9 さらに読み込む

長会 大学院委員会合同会議 において議論され 対応されることになっており 検証のプロセスがおおむね確立されている 2 教育研究組織大学の理念 目的に基づいて 2013( 平成 25) 年度現在 3 学部 7 学科 2 研究科を有し 地元のニーズに応える地域密着型の大学をめざしている また 研究活動を

長会 大学院委員会合同会議 において議論され 対応されることになっており 検証のプロセスがおおむね確立されている 2 教育研究組織大学の理念 目的に基づいて 2013( 平成 25) 年度現在 3 学部 7 学科 2 研究科を有し 地元のニーズに応える地域密着型の大学をめざしている また 研究活動を

4 教育内容・方法・成果 (1)教育目標、学位授与方針、教育課程編成・実施方針 大学全体 学部・研究科ごと学位授与方針と教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ ポリシー)が設定され、これら方針は、公的な刊行物、ホームページ等によって、 教職員、学生および受験生含む社会一般に対して、周知・公表されている。しか し、学部学位授与方針については、その内容が人材育成方針示していると どまり、課程修了にあたって修得しておくべき学習成果形では示されていない で、改善が望まれる。また、学部・研究科ごと学位授与方針と教育課程編成・ 実施方針と関連が明確なっていないので、両者関係より明確するよう改 善が求められる。
さらに見せる

19 さらに読み込む

平成22年度我が国経済構造に関する競争政策的観点からの調査研究,アジアを中心とした新興国における企業統合規制の運用実態に関する調査研究報告書

平成22年度我が国経済構造に関する競争政策的観点からの調査研究,アジアを中心とした新興国における企業統合規制の運用実態に関する調査研究報告書

これに関して、Vinod Dhall 弁護士は、事業者グループに関して次ような見解 示している。 70 親会社、子会社による営業上協調について害有無判断する際は、ヨーロ ッパやアメリカと同様「同一企業集団中におけるそれぞれ取引・合併は問題 視すべきでない」というが原則である。例えば、出資比率 50%子会社へ出資 比率更にあげたいという場合や、同一親会社有する子会社間で企業結合取引 行う場合は、届出は不要である。ヨーロッパでケースで、価格引き上げや販売 数量減尐等において親会社と子会社が協調しというケースがあっが、欧州委員 会では、同一企業集団内で協調なので競争法上問題ないという結論至っている。 インド競争法上、明文はないが、同法適用においても、こうした欧米原則踏襲 するではないかと考えられる。しかし、現在 CCI 委員長は、同一企業集団 内における協調について CCI が問題視しないとは明言していない。また、競争当局 と産業政策と関係について、第 20 条 1 項における考慮要素「Combination’ s contribution to economic development(経済発展資する合併)」や「whether benefits of combination outweigh adverse impact(競争制限効果上回る合併効果 有無) 」とあるが、例えば、単独ではとても存続できない企業同士合併は、2者 が合併することにより経済発展資すると主張できる。
さらに見せる

107 さらに読み込む

第6章 情報ニーズ調査結果―企業人事担当者、専門家(高校教師、キャリアコンサルタント)

第6章 情報ニーズ調査結果―企業人事担当者、専門家(高校教師、キャリアコンサルタント)

なかっ」 (大学生) (図表 5-9 ) (向いている仕事) 、 「応募者態度、行動等が、募集している業務 合うか客観的な情報が無く、 困っ」 (図表 6-4 ) (向いている人材) として調査結果示されている。 第4章米国 O*NET 調査において、 O*NET が求職者、求人企業スキル等共通言語、 共通基準 97 となってい。日本においてもこのことが、企業人事担当者が求人において「必要なスキ ル、能力等基準となる客観的な情報が無く、困っ」 (図表 6-4 )としていること、また、十分な情 報がないものとして「その職種必要な技術、スキル、知識レベル」 (図表 6-9 )とされている現 れている。別途行っハローワーク調査求人受理においても、 「必要な能力(スキル、知識、経 験等)に関する共通分類やリスト、目安やレベルがないため、必要な能力書き方がばらばら なっている」 とされており (図表 6-5 ) 、 日本においても労働市場や求人求職においてスキル等共通 言語、共通基準 98 として情報が必要であるといえる。
さらに見せる

22 さらに読み込む

調査票等/付属統計表 調査シリーズNo161「企業の人材ニーズ等に関する調査」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

調査票等/付属統計表 調査シリーズNo161「企業の人材ニーズ等に関する調査」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

職 種 ま 、職種毎雇用・活用形態別募集状況及び採用/活用人数、採用条件、未充足状況等についてご記入してく さい 人事 経理が分 る人材 よう、1つ職種限定 い場合 、主たる職種 よ 重要 職種)して重要 順 3つま 職種コード 併記してく さい 職種が同 も雇用・活用形態別異 る募集・採用/活用があっ場合 形態別分けてご回答く さい 募集行っ雇用・活用形態 採用/
さらに見せる

69 さらに読み込む

RIETI - グローバル・ニッチトップ企業に代表される優れたものづくり中小・中堅企業の研究―日本のものづくりニッチトップ企業に関するアンケート調査結果を中心に―

RIETI - グローバル・ニッチトップ企業に代表される優れたものづくり中小・中堅企業の研究―日本のものづくりニッチトップ企業に関するアンケート調査結果を中心に―

これら結果解釈容易するため、可能性と影響それぞれについて属性表側、大 手ユーザー等相手先表頭とっ総括表作成し、正負+、-符合、その程度 符合数で表すこととし。これみると、向こう 3 年程度見通し可能性について は全体的低いとする解釈が GNT 企業、揃い踏み企業、従業者 50 人以下企業とも一般的 であることがわかる。GNT 企業については問題顕在化可能性は基本的なく、しいて懸 念があるとすれば大手ユーザー企業関係希薄化によりニーズ把握が困難なることと いう結果である。これに対し、揃い踏み企業は全体として懸念は大きくないもの既存 加工外注先確保することが近い将来困難化する可能性についてはかなり懸念しているこ とがわかる。50 人以下企業については GNT 企業同様大手ユーザーと関係変化 しているが、元々関係が必ずしも深くなく不安が大きいせいか懸念度合いはやや強い。 次に、仮に懸念される変化が実際生じ場合影響については、GNT 企業、揃い踏み 企業、50 人以下企業ともやや深刻受け止めている。個別みると GNT 企業ではやはり 大手ユーザーと関係について深刻受け止めており、加えて加工外注先確保が困難 なる影響も懸念材料としている。揃い踏み企業は、それほど深刻ではないが加工外注先、 大手サプライヤー影響挙げている。しかし、大手ユーザーについては、GNT 企業と対 照的、可能性、影響と一貫して懸念している様子は見受けられない。50 人以下企業つ いては、可能性と同様、影響でも大手ユーザーと関係している。
さらに見せる

122 さらに読み込む

スライド 1

ションによる地域経済の拡大を図るとともに 起業 創業の促進 クリエイティブな能力を有する人材の集積を利点とした企業誘致の促進等の取組による雇用の創出を図っていく さらに 多様な働き方をしたいという市民のニーズ ICT 現場における即戦力人材を獲得したいという地元企業のニーズがマッチングできるような仕

また、山口らしいIoT バイオ(農)とICT融合による新事業創出事業として、 山口情報芸術センター(YCAM)ラボ機能と連携して、ICT技術活用し、 地域独自酵母発見と培養、地域特産物づくりへ応用図っていくとともに、健 康づくりテーマ、AI、ビッグデータ活用し本市多品種少量生産体制と消 費者及び加工業者効果的結びつける仕組みづくり行っていくなど、農業、金融、 ヘルスケアなど業界越え連携深め、様々な分野でイノベーションによる地 域経済拡大及び雇用創出図る。
さらに見せる

41 さらに読み込む

Show all 10000 documents...