在宅 療・介護連携 関

Top PDF 在宅 療・介護連携 関:

資料2 在宅医療・介護連携に関する相談支援について[]

資料2 在宅医療・介護連携に関する相談支援について[]

議事 在宅医療 介護連携 関する相談支援 ついて 函館市医療 介護連携支援センターの概要 ついて p参照 成 年度 センタ 準備室 , 成 年度 センタ センター機能の相談支援業務 おける立ち位置の考え方 ついて 相談支援の形態 ~ p参照

7 さらに読み込む

在宅医療・介護連携事業について 平成29年度第1回 北部地区 地域医療対策会議/沖縄県

在宅医療・介護連携事業について 平成29年度第1回 北部地区 地域医療対策会議/沖縄県

◆ パンフ ッ チ 報 HP等 活用 た 在宅 介護サービ 及啓発 ◆ 在宅 い 講演会 開催等 在宅 介護連携 関係 村 連携 ◆ 同一 次 圏内 あ 村や隣接 村等 連携 広域連携 必要 項 い 検討

6 さらに読み込む

平成30年度高齢者等在宅医療・介護連携に関する相談支援事業     在宅医療・介護連携支援コーディネーター)活動報告会

平成30年度高齢者等在宅医療・介護連携に関する相談支援事業     在宅医療・介護連携支援コーディネーター)活動報告会

日常生活自立度  □ 自立   □ Ⅰ   □ Ⅱa     □ Ⅱb   □ Ⅲa  □ Ⅲb  □ Ⅳ  □ M 障害高齢者の 日常生活自立度  □ 自立  □ J1  □ J2  □ A1 □ A2   □ B1  □B2  □ C1  □ C2 介護保険の

7 さらに読み込む

在宅医療・介護連携事業について 平成29年度第1回 中部地区 地域医療対策会議/沖縄県

在宅医療・介護連携事業について 平成29年度第1回 中部地区 地域医療対策会議/沖縄県

◆ パンフ ッ チ 報 HP等 活用 た 在宅 介護サービ 及啓発 ◆ 在宅 い 講演会 開催等 在宅 介護連携 関係 村 連携 ◆ 同一 次 圏内 あ 村や隣接 村等 連携 広域連携 必要 項 い 検討

6 さらに読み込む

市在宅医療・介護連携推進会議 ~在宅医療・介護連携の課題の抽出と対応策の検討~

市在宅医療・介護連携推進会議 ~在宅医療・介護連携の課題の抽出と対応策の検討~

【概要】 ○ 在宅医療と介護連携を推進し、地域包括ケアシステムの構築に向けた取組を一層具体的に進めるため、医療・介護関係者で構 成する「市在宅医療・介護連携推進会議」を開催しています。 ○ 本会議における意見を参考にして、関係団体と本市の役割分担のもと、在宅医療・介護連携を推進します。また、第7期高齢者 保健福祉計画の策定に向けて、医療・介護連携について意見交換を行います(3か月に1回程度開催)。
さらに見せる

1 さらに読み込む

資料3 在宅医療・介護連携推進事業の推進(実施状況及び今後の施策等)について ※抜粋[]

資料3 在宅医療・介護連携推進事業の推進(実施状況及び今後の施策等)について ※抜粋[]

(2) 作成又は改善を行う場合、WGにおいて、情報共有の方法(連絡帳、連絡シート、地域連携クリティカルパス、ファックス、電 子メール等)や内容等を検討し、情報共有ツールの様式、使用方法、活用・手順等を定めた手引き(利用者の個人情報の取り 扱いを含む)等を策定。 ※ 実際に情報共有ツールを使用する地域の医療・介護関係者等の意見を十分に踏まえること。

4 さらに読み込む

資料17 在宅医療・介護連携のための市町村ハンドブック(独立行政法人国立長寿医療研究センター発行)

資料17 在宅医療・介護連携のための市町村ハンドブック(独立行政法人国立長寿医療研究センター発行)

留意点 〇 あらゆる研修は年間事業計画に沿って目標設定を行い、準備、実行することが重要 である。目標が不明確な研修は効果が薄いので注意が必要である。 〇 各地域においては、医師会など関係職種において在宅医療に関する研修の取組みが 進められている。まずどのような取組みが展開されているのかを把握し、関係するも のがあれば、当該研修との相互の位置付けについて調整しておくことが必要である。 〇 地域の実情を把握した上で、教育的介入をしたいターゲットを明確にする。
さらに見せる

51 さらに読み込む

在宅医療・介護連携事業とは つくば市 | 平成28年度に開催した研修会や意見交換会の情報

在宅医療・介護連携事業とは つくば市 | 平成28年度に開催した研修会や意見交換会の情報

地域医療 介護資源 把握 在宅医療 介護 連携推進業務 ,医療 介護 両方を必要 す 状態 高齢者 ,住 慣 た地域 自分 しい暮 しを人生 最後 続け こ う,在宅医療 介護を一体的 提供す た ,居宅 関す 医療機関 介護 サ ビ 事業者 関係者 連携を推進す こ を目的 し す。

6 さらに読み込む

実施要領 在宅医療・介護連携及び社会資源公開に係るサイト構築及び保守業務プロポーザル実施について  新居浜市ホームページ

実施要領 在宅医療・介護連携及び社会資源公開に係るサイト構築及び保守業務プロポーザル実施について 新居浜市ホームページ

ら原則として公開しないこととする。 7 審査 在宅医療・介護連携及び社会資源公開に係るサイト構築及び保守業務プロポーザル 審査委員会(以下「審査委員会」という。 )において、提案関係書類、プレゼンテーシ ョン(デモンストレーションを含む。 )及びヒアリングの内容を基に総合的に評価し、 受託候補者を特定する。なお、プレゼンテーション及びヒアリングに応じない場合に は、辞退したものとみなす。

6 さらに読み込む

2 60

坂井地区における在宅ケア体制のイメージ図 介護保険事業計画において 包括ケア体制の整備方針を明記 在宅医療の連携調整拠点 病院から在宅への移行 在宅機関相互の連携を総合的にサポート 顔の見える多職種連携カンファレンスなどにより 医療介護従事者相互の顔の見える関係づくりを強化 坂井市 あわら市 広域連

なお本ツール以外での情報共有の取組として、坂井地区のケアマネジャーで は医療機関とのコミュニケーションを促進するため、連絡を受けやすい時間を 「ケアマネタイム」として公表している。ただし、このケアタイムは 3~4 年前 に設定し、その後情報の更新をしていないために、実際に電話をかけたらつな がらなかったということもあったと聞いており、情報の更新も検討課題となっ ている。更新の手間がボトルネックになるので、時間を決めるのではなく医療 機関ごとに連絡窓口になる担当者(看護師)を決めておいて、その人から伝え てもらうというアイデアもある。顔の見える多職種連携会議の医療・介護連携 強化検討部会で検討を進めているところである。ルールを決めれば難しいこと ではないが、更新に手間をかけないようにしたい。ケアマネタイムを最初に作 成した時は1年かかったが、顔の見える関係は構築されてきたので以前よりは 手間はかからないだろう。ケアマネタイムの情報を、在宅情報共有システムと 一緒にクラウド上に置いて、各自が更新するような手もある。
さらに見せる

12 さらに読み込む

平成 28 年度第 2 回射水在宅医療 介護連携推進協議会次第 日時平成 29 年 2 月 24 日 ( 金 ) 午後 1 時 30 分 ~ 会場射水役所 2 階 202 会議室 1 開会 2 あいさつ 3 議題 (1) 平成 28 年度射水在宅医療 介護連携推進事業実施状況及び課題の整理 ( 資料

平成 28 年度第 2 回射水在宅医療 介護連携推進協議会次第 日時平成 29 年 2 月 24 日 ( 金 ) 午後 1 時 30 分 ~ 会場射水役所 2 階 202 会議室 1 開会 2 あいさつ 3 議題 (1) 平成 28 年度射水在宅医療 介護連携推進事業実施状況及び課題の整理 ( 資料

介護や医療の道に従事しようとする人が増えるようその魅力を学生にどう伝えていくか が大切。また職をリタイアした人達が、もう一年もう二年と働き続けられる環境をどう 作っていくかも大切。これだけ世の中で在宅医療や介護について話題になっているにも 関わらず、地域包括支援センターや訪問看護とは何か、ヘルパーはどこに頼みに行けば 良いのかなど誰が何をしてくれるのかといったことを知らない人が多い。

8 さらに読み込む

下の図は 平成 25 年 8 月 28 日の社会保障審議会介護保険部会資料であるが 平成 27 年度以降 在宅医療連携拠点事業は 介護保険法の中での恒久的な制度として位置づけられる計画である 在宅医療 介護の連携推進についてのイメージでは 介護の中心的機関である地域包括支援センターと医療サイドから医

下の図は 平成 25 年 8 月 28 日の社会保障審議会介護保険部会資料であるが 平成 27 年度以降 在宅医療連携拠点事業は 介護保険法の中での恒久的な制度として位置づけられる計画である 在宅医療 介護の連携推進についてのイメージでは 介護の中心的機関である地域包括支援センターと医療サイドから医

平成25年9月13日に行われた社会保障審議会医療部会資料から抜粋。「在宅医療・ 介護連携の推進について」の論点では、「在宅医療提供体制等への関与が少なかった、 市町村への支援として、引き続き在宅医療連携拠点事業で蓄積された知見やノウハ ウを整理し情報提供をするとともに、例えば市町村や地域医師会における連携のコー ディネーターとなる人材育成等に対する支援が必要ではないか」と記載され、今後の 市町村による在宅医療・介護連携の推進において継続的な支援体制が必要であるこ とが述べられている。
さらに見せる

15 さらに読み込む

様式 3-1 送付先 : 名古屋市医師会各区在宅医療 介護連携 援センター 般社団法 名古屋市医師会在宅医療 介護 援システム 情報共有システム はち丸ネットワーク の利 に係る誓約書 平成年 般社団法 名古屋市医師会 殿 般社団法 名古屋市医師会在宅医療 介護 援システムにおける情報共有システムに

様式 3-1 送付先 : 名古屋市医師会各区在宅医療 介護連携 援センター 般社団法 名古屋市医師会在宅医療 介護 援システム 情報共有システム はち丸ネットワーク の利 に係る誓約書 平成年 般社団法 名古屋市医師会 殿 般社団法 名古屋市医師会在宅医療 介護 援システムにおける情報共有システムに

柔整師は除外されると聞いている。 通所介護はネットワークに入れないと認識している。ネットワークの絵の中にも入っていない。 カナミックの事もあり、しばらく様子をみたいと考えております。 料金が安いのかわからない。各医療機関の方々も利用されてないと導入のメリットがあまり考えにく い。

42 さらに読み込む

在宅医療推進における最新の知見 本日の内容 1. 超高齢社会の日本と2025 年問題の処方箋? 2. 高齢者のニーズと在宅医療 介護 3. これまでの在宅医療 介護連携推進事業と今後 4. 地域包括ケアシステムの5 +1の要素と自 互 共 公助 5. 地域ケア会議 6. 医療 介護総合確保推進法 7

在宅医療推進における最新の知見 本日の内容 1. 超高齢社会の日本と2025 年問題の処方箋? 2. 高齢者のニーズと在宅医療 介護 3. これまでの在宅医療 介護連携推進事業と今後 4. 地域包括ケアシステムの5 +1の要素と自 互 共 公助 5. 地域ケア会議 6. 医療 介護総合確保推進法 7

②医療と介護連携を強化するため、厚生労働大臣が基本的な方針を策定 2.地域における効率的かつ効果的な医療提供体制の確保 (医療法関係) ①医療機関が都道府県知事に病床の医療機能(高度急性期、急性期、回復期、慢性期)等を報告 都道府県は地域医療構想(ビジョン)(地域の医療提供体制の将来のあるべき姿)を医療計画に ②医師確保支援を行う地域医療支援センターの機能を法律に位置付け

38 さらに読み込む

市報たかはぎ_平成30年2月号_P23_在宅医療・介護連携 ほか

市報たかはぎ_平成30年2月号_P23_在宅医療・介護連携 ほか

 病気や認知症になったとしても、在宅医療や介護を支え る色々な人が関わることで自宅で暮らすことが可能となり ます。出前講座や講演会など様々な機会を通して市民の皆 さんに情報発信をしています。

2 さらに読み込む

岩倉市在宅医療・介護連携ネットワーク 岩倉のんぼりネット利用規約

岩倉市在宅医療・介護連携ネットワーク 岩倉のんぼりネット利用規約

( 岩 倉 の ん ぼ り ネ ッ ト の 定 義 ) 第 2 条 本 規 約 に お い て 、岩 倉 の ん ぼ り ネ ッ ト と は 、岩 倉 市 の 在 宅 養 患 者 や 高 齢 者( 以 下「 対 象 者 」と い う 。)の プ ラ イ バ シ ー 保 護 を 厳 重 に 図 り な が ら 対 象 者 情 報 の 一 部 を 、 参 加 機 を 結 ぶ ネ ッ ト ワ ー ク で 共 有 し 、 診 ・ 検 査 や 日 々 の ケ ア 等 か ら 得 ら れ た 多 く の 情 報 を 基 に 多 職 種 連 携 を 図 り 、 対 象 者 に 質 の 高 い 医 ・ 介 護 サ ー ビ ス を 提 供 す る こ と を 目 的 と し た 仕 組 み を 提 供 す る も の と 定 義 す る 。
さらに見せる

19 さらに読み込む

あんしんリンク(ケアマネタイム) ~地域の医療・介護の資源の把握~ 在宅医療・介護連携の推進について | 相模原市

あんしんリンク(ケアマネタイム) ~地域の医療・介護の資源の把握~ 在宅医療・介護連携の推進について | 相模原市

の資料にして、次の参加機関・事業所に配布することで、医療と介護の円滑な連携を促進していくものです。 ○ 参加機関・事業所とは、「あんしんリンク」に賛同する以下の者です。 ・診療所や病院の医師 ・居宅介護支援事業所や小規模多機能型居宅介護事業所の介護支援専門員 ・高齢者支援センター(地域包括支援センター)の職員

1 さらに読み込む

Microsoft PowerPoint - ⑤後藤専門官:在宅医療・在宅介護の連携推進について

Microsoft PowerPoint - ⑤後藤専門官:在宅医療・在宅介護の連携推進について

また、顔の見える関係性が構築されたことで介護関係者側にとっては医療関係者へのアプローチが容 易になり、医療者側の介護への理解も深まった。さらに研修会等で介護関係者の医療分野の知識の充 実が図られる等を通じてケアマネジメントの質が向上していると考えられる。 地域包括ケアシステムの実現のためには、地域において面的に在宅医療・介護連携を展開していくこと が不可欠であるが、その推進体制としては地域全体を見渡せ、中立的な立場で関係者間の調整を行う ことができる市町村が中心となり、医療側から他職種も含めて地域全体に働きかけやすい医師会等の 理解と協力を得て取り組むことが重要であることが改めて確認された。またその前提として都道府県レ ベルでの関係団体等への働きかけや調整など、都道府県が市町村を支援する体制を整えることも重要 である。
さらに見せる

13 さらに読み込む

武蔵野市在宅医療・介護連携推進協議会委員名簿

武蔵野市在宅医療・介護連携推進協議会委員名簿

◎ 原 順雄 一般社団法人武蔵野市 師会 関係者 野 英介 一般社団法人武蔵野市 師会病院部 関係者 鈴木 健 郎 公益社団法人東京都武蔵野市歯科 師会 関係者 小安 邦彦 一般社団法人武蔵野市薬剤師会 関係者

1 さらに読み込む

Microsoft PowerPoint つくば市在宅医療・介護連携事業ファシリテーション -配布用

Microsoft PowerPoint つくば市在宅医療・介護連携事業ファシリテーション -配布用

びケアマネジャー等の チームアプローチが重要 • ①チームの 統合性 、②チームの スピード性、 ③チームの 効率性 が必要 • 在宅医療機関と訪問看護等が医療に関する 哲学・実施方法を共有する

32 さらに読み込む

Show all 8378 documents...