回答例では、調査時点で

Top PDF 回答例では、調査時点で:

2016 年度 キャンパスライフに関するアンケート調査 3 年次調査の概要 調査対象者 調査方法 回収状況 学部 2014 年度生全員 2016 年度秋学期成績通知書交付時に調査票を配布し その場で学生に回答してもらい回収した なお 本調査の回答と 1 年次終了時点での回答 (2014 年度実施済み

2016 年度 キャンパスライフに関するアンケート調査 3 年次調査の概要 調査対象者 調査方法 回収状況 学部 2014 年度生全員 2016 年度秋学期成績通知書交付時に調査票を配布し その場で学生に回答してもらい回収した なお 本調査の回答と 1 年次終了時点での回答 (2014 年度実施済み

図 4 をみると、授業に対する学生の評価、項目によって異なっていることがわかる。はじめ に、もっとも学生の評価が高かった項目「多様なものの見方にふれること」あり、8 割を大 きく超える(85.1%)学生が役立った(「役に立った」と「やや役に立った」の合計)と回答して いる。 「探究心を持つこと」、 「協調性を持つこと」、 「大学生としての自覚を持つこと」に関する学 生の評価もきわめて高いことを確認できる。一方、こうした項目に対する評価と比較して、 「国際 的視野の獲得」 、 「愛校精神を持つこと」、 「リーダーシップを発揮すること」に対する学生の評価 概して芳しいものない。いずれの項目についても、4 割ほどの学生が役に立たなかった(「役 に立たなかった」と「あまり役に立たなかった」の合計)と回答している。
さらに見せる

21 さらに読み込む

BCP 策定済み企業は東日本大震災以降の増加傾向が停滞している 参照 P.13 - 前回および前々回調査によって抽出した 2013 年 1 月時点と東日本大震災前での BCP 策定状況と比較すると BCP 策定済み企業は 2013 年 1 月時点では東日本大震災を契機として約 1.5 倍の 40.4

BCP 策定済み企業は東日本大震災以降の増加傾向が停滞している 参照 P.13 - 前回および前々回調査によって抽出した 2013 年 1 月時点と東日本大震災前での BCP 策定状況と比較すると BCP 策定済み企業は 2013 年 1 月時点では東日本大震災を契機として約 1.5 倍の 40.4

BCP 策定済み・BCP 策定中の回答者に絞って、前回および前々回調査によって抽出した、2013 年 1 月時点と 東日本大震災前の取り組み(対策)別策定有無と比較すると、全般的に策定状況が向上していることが分かる。 初動段階の対策、高い策定状況にあるものの 6~8 割程度停滞していたが、7~9 割程度に向上している。 応急・復旧段階の対策、復旧方針のうち「優先して復旧すべき業務・事業の選定」が 54.1%(2013 年 1 月時 点)から 65.6%(2015 年 1 月時点)に大きく増加している。「優先して復旧すべき業務・事業の選定」ほどない が、自社リソース復旧についても 5~7 ポイントほど増加している。ただし、外部連携に関して 4~5 ポイントの微増 にとどまっている。
さらに見せる

28 さらに読み込む

アンケート調査 どちらにするかを決定する なお 選択的回答方式の種類として単一回答 複数回答 順位回答がある (3) 質問文 回答の作成簡潔な表現で 1つの質問で複数の情報を聞いていないかを留意し 質問文を作成する 回答の選択肢はレベルを合わせ 網羅的な選択肢を作成する また 質問方式に合わせて指示

アンケート調査 どちらにするかを決定する なお 選択的回答方式の種類として単一回答 複数回答 順位回答がある (3) 質問文 回答の作成簡潔な表現で 1つの質問で複数の情報を聞いていないかを留意し 質問文を作成する 回答の選択肢はレベルを合わせ 網羅的な選択肢を作成する また 質問方式に合わせて指示

民間委託の導入検討時に、委託対象業務を職員 実施した場合の費用と民間委託した場合の費 用を算出し、比較する。費用の項目として職員 実施した場合において、職員の採用準備、研修 等にかかる費用、対象業務を実施する職員の人件 費、物件費等があり、委託した場合において、 民間委託の企画、事業者調達、移行等にかかる費 用、対象業務の運営に対する費用、物件費等があ る。

8 さらに読み込む

調査エリア 計 9 箇所で調査を実施した それぞれ得られた回答数は以下のグラフの通りである 北野天満宮 上七軒, 堀川今出川周辺 西陣織会館内 で比較的多くの回答を得られた 第 回件数第 回件数 合計 割合 今出川駅 % 建勲神社前周辺 % 北野天満宮 上七軒 3

調査エリア 計 9 箇所で調査を実施した それぞれ得られた回答数は以下のグラフの通りである 北野天満宮 上七軒, 堀川今出川周辺 西陣織会館内 で比較的多くの回答を得られた 第 回件数第 回件数 合計 割合 今出川駅 % 建勲神社前周辺 % 北野天満宮 上七軒 3

11 月 4 日(土) 千本今出川周辺,西陣織会館内(開館時間前会館前にて実施) 11 月 12 日(日) 今出川駅,建勲神社前バス停周辺 (4)具体的な調査方法 調査員が上記調査場所周辺を歩きながら,観光客と思われる通行人に対して直接声をかけ,協力に 同意いただいた方に対して,アンケート用紙を示し,調査員が聞き取りを行う形実施した。なお, 2 人以上のグループに対して原則,代表 1 人から回答を得た。また,アンケート用紙の英訳版も用 意し,海外からの観光客にアンケートに記入いただく形回答を得た。
さらに見せる

35 さらに読み込む

2. 調査結果 1. 回答者属性について ( 全体 )(n=690) (1) 回答者の性別 (n=690) 回答数 713 のうち 調査に協力すると回答した回答者数は 690 名 これを性別にみると となった 回答者の性別比率 (2) 回答者の年齢層 (n=6

2. 調査結果 1. 回答者属性について ( 全体 )(n=690) (1) 回答者の性別 (n=690) 回答数 713 のうち 調査に協力すると回答した回答者数は 690 名 これを性別にみると となった 回答者の性別比率 (2) 回答者の年齢層 (n=6

人的ネットワーキング・交流会 テレワーク・在宅勤務 相談窓口や相談相手 子育て・介護に関する情報提供 趣味や自分の時間を持つこと 経済的支援 保育施設や介護施設の紹介・斡旋 家事・育児・介護などへの男性の積極的な参加 自身の仕事への責任感 代替要員の配置 休業取得者への職場復帰支援 職場のコミュニケーション 柔軟な勤務体制の構築 周囲(上司・同僚・部下)の理解

12 さらに読み込む

ブラジルに貨物を輸入する場合の課題に関するアンケート調査結果 会員企業 348 社にアンケート調査を依頼 回収率は 16% であったが 回答企業は輸入業者に限られている為 回収率は参考値とする アンケート有効回答数 年 12 月 4 日 輸入の遅れについて ここ 1 年間で 輸入通関

ブラジルに貨物を輸入する場合の課題に関するアンケート調査結果 会員企業 348 社にアンケート調査を依頼 回収率は 16% であったが 回答企業は輸入業者に限られている為 回収率は参考値とする アンケート有効回答数 年 12 月 4 日 輸入の遅れについて ここ 1 年間で 輸入通関

輸入と直接関係がないが、本年輸送トラックのストライキがあり、現状サントスからジュンジアイ工 場までトラック輸送をしているので、この時期に、貨物の入荷に影響があった。 また、サントス港から工場までのトラック輸送の場合、盗難の危険性があるので、盗難保険をかけている。ト ラックに代わる輸送方法として、期待されているのが、鉄道輸送ある。サントス港から鉄道による輸送の整 備が少しずつ整備されているが、運行数量等に制限がありまだ弊社として活用に至っていない。 船便以外、最寄りのヴィラコッポス国際空港までの飛行機による貨物輸送も利用しているが、日数早いが 船便に比べ輸送運賃が高いので緊急時のみの使用ある。
さらに見せる

10 さらに読み込む

AS は四半期ごとに実施している私募 IT 運用状況に関する最新の調査結果を公表した 218 年 月末時点で対象 25 社の物件総数は 64 物件であり 前回調査 217 年 12 月末時点 に比べ 45 物件増加した 保有不動産の総額 取得価格ベース は 同 1,968 億円増の 2 兆 6,48

AS は四半期ごとに実施している私募 IT 運用状況に関する最新の調査結果を公表した 218 年 月末時点で対象 25 社の物件総数は 64 物件であり 前回調査 217 年 12 月末時点 に比べ 45 物件増加した 保有不動産の総額 取得価格ベース は 同 1,968 億円増の 2 兆 6,48

保有不動産種別による構成比、投資家分布状況について、前回より大きな変動見られない。 ※集計に採用した私募リートの定義および詳細について、私募リート・クォータリーを参照。 ・ 私募リート・クォータリー No.10 (2018 年 3 月末基準) 国土交通省有識者等による「ESG 投資の普及促進に向けた勉強会」にて健康性や快適性等に優れた不動産の認証制度のあり 方について検討を重ね、3 月 28 日に最終とりまとめを公表した。
さらに見せる

11 さらに読み込む

2 届出事項の公開届出事項については尼崎市において閲覧に供するほか 事業者においても利用料に係る情報として事業所内で掲示することになること 3 届出事項に係る事後調査の実施届出事項については その内容が適正であるかどうか 適宜事後的な調査を行うこと 4 事後調査等で届出時点で要件に合致していないこと

2 届出事項の公開届出事項については尼崎市において閲覧に供するほか 事業者においても利用料に係る情報として事業所内で掲示することになること 3 届出事項に係る事後調査の実施届出事項については その内容が適正であるかどうか 適宜事後的な調査を行うこと 4 事後調査等で届出時点で要件に合致していないこと

ウ 利用者に係る長期目標及び短期目標を踏まえ、理学療法士等、看護職員、介護職員、生活相 談員その他の職種の者が共同して、当該利用者ごとに、実施する運動の種類、実施期間、実施 頻度、1回当たりの実施時間、実施形態等を記載した運動器機能向上計画を作成すること。そ の際、実施期間について、運動の種類によって異なるものの、おおむね3月間程度とするこ と。また、作成した運動器機能向上計画について、運動器機能向上サービスの提供による効 果、リスク、緊急時の対応等と併せて、当該運動器機能向上計画の対象となる利用者に分かり やすい形説明し、その同意を得ること。なお、介護予防型通所サービスにおいて、運動器 機能向上計画に相当する内容を介護予防型通所サービス計画の中に記載する場合、その記載 をもって運動器機能向上計画の作成に代えることができるものとすること。
さらに見せる

12 さらに読み込む

調査全体の用語定義は以下の通りです 用語定義調査全体の従業員数などの各種数値 集計値は回答範囲 連結ベース グループ主要企業ベース( 連結会社のうち主要企業 単体ベース ( 持株会社の場合 主要な事業会社ベースのいずれかでご回答くださいただし 持株会社制を導入している場合 持株会社単体での回答はでき

調査全体の用語定義は以下の通りです 用語定義調査全体の従業員数などの各種数値 集計値は回答範囲 連結ベース グループ主要企業ベース( 連結会社のうち主要企業 単体ベース ( 持株会社の場合 主要な事業会社ベースのいずれかでご回答くださいただし 持株会社制を導入している場合 持株会社単体での回答はでき

4. 残業時間 (具体的に: ) Q46SQ3.(Q46 「1.ある」とお答えの場合)具体的にどのような施策を行っていますか。(いくつでも) 1. 定期的に生活習慣改善に関する基礎知識を、冊子やメール等人を介さない方法情報提供 2. 生活習慣改善に関する基礎知識を、産業医や保健スタッフ等の講義、面談情報提供 3. 食生活改善に関する個人に応じた指導を電話やメールにより行っている

27 さらに読み込む

あなたは現在恋人と遠距離恋愛の状況にありますか? 今回の調査対象の恋人がいる 25 歳 ~34 歳の男女のうち 現在遠距離恋愛ではない という回答は全体では約 7 割となる 69.4% という結果でした 一方ですでに遠距離恋愛である という回答が 24.9% という結果で 男性の 28.1% 女性の

あなたは現在恋人と遠距離恋愛の状況にありますか? 今回の調査対象の恋人がいる 25 歳 ~34 歳の男女のうち 現在遠距離恋愛ではない という回答は全体では約 7 割となる 69.4% という結果でした 一方ですでに遠距離恋愛である という回答が 24.9% という結果で 男性の 28.1% 女性の

楽天グループの結婚相手紹介サービスの株式会社オーネット( 本社(:東京都世田谷区 代表取締役社長(:森谷学) 、25 歳~34 歳の恋人がいる男女 461 名を対象に、( 遠距離恋愛に関する実態(・意識調査 」を実施いたしまし た。4 月の年度上半期スタートに続き、10 月年度下半期の開始となり、お勤めしている人にとってこの時期 、部署変更や転勤ということ大きな関心事のひとつないでしょうか。特に転勤ともなれば恋人のいる男 女にとって、ことさら気になる事あること間違いないと思います。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Ⅰ 調査目的と実施要領 1 調査目的 近年 雇用関係によらない柔軟な働き方として が脚光を浴びている しかし 一口にといってもその実態は多様であると思われる そこで 当研究所ではアンケート調査を行い を類型化したうえで その実態について分析することにした 2 実施要領 (1) 調査時点 2017 年

Ⅰ 調査目的と実施要領 1 調査目的 近年 雇用関係によらない柔軟な働き方として が脚光を浴びている しかし 一口にといってもその実態は多様であると思われる そこで 当研究所ではアンケート調査を行い を類型化したうえで その実態について分析することにした 2 実施要領 (1) 調査時点 2017 年

(注) 選択肢に付した*印、類型間回答割合に有意な差があることを示す(***有意水準1%、**同5%、χ2乗分布検定)。  事業を行ううえの問題点をみると、「売り上げを安定的に確保しづらい」「けがや病気の際の対応」をあげる割合がいずれの類型もそれぞれ 第1位、第2位を占める(図-40)。  「相談相手がいない」「就業時間が長い」について類型間に有意な差がみられるが、それ以外の問題点についてあまり大きな差がみられな い。事業を始めて良かったこと類型ごとに大きな違いがみられた(前掲図-37)のに対して、問題点の多く3類型共通しているといえる。
さらに見せる

23 さらに読み込む

2019 年情報通信業基本調査 オンライン調査システム利用の手引 本調査は 政府統計オンライン調査システム ( を利用することにより インターネットで回答することができます 以下をお手元にご用意ください 調査票 ( の冊子) 調査票

2019 年情報通信業基本調査 オンライン調査システム利用の手引 本調査は 政府統計オンライン調査システム ( を利用することにより インターネットで回答することができます 以下をお手元にご用意ください 調査票 ( の冊子) 調査票

電子調査票(EXCEL 形式)をご自分のパソコンに保存した場合、 政府統計オンライン調査システ ムに接続していなくても、 お時間のあるときに回答データを少しずつ入力した後、送信いただくこ とができます。 1.回答データを保存する時、TOPページの「調査票全体保存」 ② ボタンをクリック。 2.ファイルの保存画面が表示されるので、任意の保存先を指定し、ファイルを保存してください。 (デスクトップをお勧めいたします)
さらに見せる

16 さらに読み込む

ご記入に際してのお願い 1. この調査は 個人を対象にしておりますので あなた ( あて名の方 ) 御自身の判断 で記入してください 2. ご記入は えんぴつ又は黒のボールペンでお願い致します 3. 回答は 調査票の答えの中からあてはまる番号を で囲んでください また 全員にお答えいただくものと 該

ご記入に際してのお願い 1. この調査は 個人を対象にしておりますので あなた ( あて名の方 ) 御自身の判断 で記入してください 2. ご記入は えんぴつ又は黒のボールペンでお願い致します 3. 回答は 調査票の答えの中からあてはまる番号を で囲んでください また 全員にお答えいただくものと 該

「男女平等社会づくりに向けた県民意識調査」へのご協力のお願い 日ごろ、県行政にご理解とご協力をいただきまして、心から感謝申し上げます。 少子高齢化が進む中、全ての人々が生き生きと安心して暮らすために、多様な生き方が選択でき、 職場・家庭・地域男女が共に参画することができる社会づくりが重要な課題となっています。 そのため、本県、平成11年6月に制定された男女共同参画社会基本法の趣旨、理念を踏まえ、 平成14年3月に新潟県男女平等社会の形成の推進に関する条例を制定、平成18年3月に「新潟県 男女共同参画計画(男女平等推進プラン) 」を策定し、総合的な施策の推進を図ってきたところです。 このたび、平成25年度からを計画年度とする、次期「新潟県男女共同参画計画」を策定するため、 「男女平等社会づくりに向けた県民意識調査」を実施することといたしました。
さらに見せる

15 さらに読み込む

方 法 対象児 : 子どもに良い放送 プロジェクトの第 9 回調査において 文字 図形模写への回答 があった 8 歳児 836 人を対象とした 調査時点 (011 年 1 月 ) において 695 人が 年生で男とも平均年齢は 8 歳 7 か月 年齢範囲は 8 歳 5 か月 ~8 歳 9 か月 14

方 法 対象児 : 子どもに良い放送 プロジェクトの第 9 回調査において 文字 図形模写への回答 があった 8 歳児 836 人を対象とした 調査時点 (011 年 1 月 ) において 695 人が 年生で男とも平均年齢は 8 歳 7 か月 年齢範囲は 8 歳 5 か月 ~8 歳 9 か月 14

 模写データとメディア指標データとの関連の検討  次に、模写に及ぼすメディアの影響について検討する。第5回調査および第6回調査人物 画描画に対するメディアの影響を調べるために、メディア接触の指標として、テレビ接触量、② テレビ接触単独、③テレビ接触専念、④ビデオ接触量、⑤ゲーム接触量の5指標を用いた。そこ 、今回(第9回調査)の場合も、メディア接触の指標として、前回の分析と同じく①テレビ接 触量、②テレビ接触単独、③テレビ接触専念、④ビデオ接触量、⑤ゲーム接触量の5つについ て、模写課題に参加した子どもの分析結果を表 10 として整理した。
さらに見せる

10 さらに読み込む

調査概要 調査内容 調査期間 有効回答数 644 調査方法 スマートフォンに関する主婦の意識調査 2010 年 10 月 20 日 ~2010 年 11 月 1 日 モバイルサイト ママイコ でのアンケート調査 表中の N=* はその設問の有効回答総数です 引用 転載時のクレジット表記のお願い当資料

調査概要 調査内容 調査期間 有効回答数 644 調査方法 スマートフォンに関する主婦の意識調査 2010 年 10 月 20 日 ~2010 年 11 月 1 日 モバイルサイト ママイコ でのアンケート調査 表中の N=* はその設問の有効回答総数です 引用 転載時のクレジット表記のお願い当資料

調査元 / 当データのご利用・転載について  MMD研究所(モバイル・マーケティング・データ研究所)、モバイルユーザーのリアルな動向を調査・分析し、モバイル関連ビジネスを支援することを目的として 2006年9月に設立したマーケティングリサーチ機関です。 MMD研究所、ご参画頂いているモバイルメディア運営社様のご協力のもと、モバイルユーザーの生の声をリアルタイムに抽出し情報としてお届けする活動を通 じて、モバイル業界内外を問わず、広く広報・プロモーション・マーケティング等の分野有益な情報を提供すること、更なるモバイルインターネットの発展に貢献 できる事を願っています。
さらに見せる

15 さらに読み込む

2. ジェネリックについて一般名処方やジェネリックで困ったことや気になることはありますか? 27 1 一般名処方やジェネリックで困ったことや気になるこ 4% とはありますか? 96% 具体例としての回答 ( 回答数 29 ) パルプロ酸 Naの処方がでていて Doだと思い投薬をしたら 患者さんに 今

2. ジェネリックについて一般名処方やジェネリックで困ったことや気になることはありますか? 27 1 一般名処方やジェネリックで困ったことや気になるこ 4% とはありますか? 96% 具体例としての回答 ( 回答数 29 ) パルプロ酸 Naの処方がでていて Doだと思い投薬をしたら 患者さんに 今

・メトグルコ250㎎1T+アクトス15㎎1T→メタクトLD1T(増薬) ・頭に入りきらず混乱している。一覧表すぐ確認するようにしている。 ・一般名処方箋、薬取り違いや規格違いを調剤してしまい監査修正された。 ・BP↑合剤にARBが追加になったり、アムロジピンやアゼルニジピンが追加になることがあるので、投与量のチェッ クが必要。また他のカルシウム拮抗剤が追加なる事もあるので注意が必要。

5 さらに読み込む

届出事項については その内容が適正であるかどうか 適宜事後的な調査を行うこと 4 事後調査等で届出時点で要件に合致していないことが判明した場合の届出の取扱い 1 事後調査等により 届出時点において要件に合致していないことが判明し 所要の指導の上なお改善がみられない場合は 当該届出の受理の取消しを行う

届出事項については その内容が適正であるかどうか 適宜事後的な調査を行うこと 4 事後調査等で届出時点で要件に合致していないことが判明した場合の届出の取扱い 1 事後調査等により 届出時点において要件に合致していないことが判明し 所要の指導の上なお改善がみられない場合は 当該届出の受理の取消しを行う

イ アの共生型予防専門型訪問サービス計画の作成に当たって、指定介護予防訪問リハビリテ ーション事業所、指定介護予防通所リハビリテーション事業所又はリハビリテーションを実施 している医療提供施設(病院にあって、認可病床数が200床未満のもの又は当該病院を中 心として半径4キロメートル以内に診療所が存在しないものに限る。以下(7)において同じ。 ) の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士又は医師(以下(7)において「理学療法士等」という。) が利用者の居宅を訪問する際にサービス提供責任者が同行する又は当該理学療法士等及びサ ービス提供責任者が利用者の居宅を訪問した後に共同してカンファレンス(西宮市指定介護予 防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な 支援の方法に関する基準等を定める条例(平成26年西宮市条例第61号)第32条第9号又 西宮市介護予防ケアマネジメント事業実施要綱第33条第9号に規定するサービス担当者 会議として開催されるものを除く。)を行い、当該利用者のADL(寝返り、起き上がり、移 乗、歩行、着衣、入浴、排せつ等)及びIADL(調理、掃除、買物、金銭管理、服薬状況等) に関する利用者の状況につき、理学療法士等とサービス提供責任者が共同して、現在の状況及 びその改善可能性の評価(以下「生活機能アセスメント」という。)を行うものとする。この 場合の「リハビリテーションを実施している医療提供施設」と、診療報酬における疾患別リ ハビリテーション料の届出を行っている病院若しくは診療所又は介護老人保健施設、介護療養 型医療施設若しくは介護医療院ある。
さらに見せる

14 さらに読み込む

第 2 章 歯科口腔疾患の 動向 本章で使用する統計 調査の概要 調 査 名 称 : 医療施設 ( 静態 ) 調査 再掲 調 査 頻 度 :3 年ごと 動態調査は毎月 調 査 の 時 期 :3 年ごとの 10 月 1 日 ( 国へ提出期限 11 月 10 日 ) 調査の対象等 : 調査時点で開設して

第 2 章 歯科口腔疾患の 動向 本章で使用する統計 調査の概要 調 査 名 称 : 医療施設 ( 静態 ) 調査 再掲 調 査 頻 度 :3 年ごと 動態調査は毎月 調 査 の 時 期 :3 年ごとの 10 月 1 日 ( 国へ提出期限 11 月 10 日 ) 調査の対象等 : 調査時点で開設して

第 2 章  Ⅰ 歯科口腔疾患の推移  厚生労働省から歯科治療の需要の将来予測【イメージ】が、2011 年(平成 23 年)11 月 30 日の中央社会医療保険協議会(中医協)において初めて示された(図 2-1)。このイメージ 図に、従来の歯科医療において、う蝕を治療することに代表される、歯を削って詰める治 療や、根管治療及び欠損補綴を中心としたいわゆる硬組織への対応が中心あったことが示さ れている。しかし現状から将来において、いくつかの基礎疾患を抱えた、通院困難な高齢者 も増えてくることに鑑みて、「食べる機能」や「飲み込む機能等」を維持・向上させる視点 の口腔機能の回復を中心とした歯科医療が求められてくることが記載されている。
さらに見せる

19 さらに読み込む

社会調査での回答行動に対する実験的アプローチ

社会調査での回答行動に対する実験的アプローチ

イアスについての注意が記されているが,慣習的な指針 や不適切とされるが示されている程度,反応バイア スを避けるために調査票をどう設計すれば良いのかと いった点の,実用的なアドバイスほとんどない。こ れ質問項目への回答が,個人特性,項目内容やその ワーディング,前後の項目,回答形式,実施場面や調査 方法など,様々な要因の影響を受けていて,どのような 項目,どのような回答者に,どのような影響が生じる のかをはっきりと捉えたり,示したりすることが難しい ためある。そのため,良い調査票や質問項目の作り方 ,長いことアートとされ,回答プロセスに関する実証 的 な 検 証 ほ と ん ど な さ れ て こ な か っ た の あ る (Tourangeau, Rips, & Rasinski, 2000)。
さらに見せる

6 さらに読み込む

1. 回答結果 - 現地国籍管理職人材の採用状況 (1) 現地国籍人材の幹部採用実績について < ポイント > 1 調査時点で 管理職採用を行なっている とした企業は全体の約 20% であった 2 直近 1 年程度の期間の中で管理職採用を行なっている ( 計画を含む ) 企業は全体の約 40% であ

1. 回答結果 - 現地国籍管理職人材の採用状況 (1) 現地国籍人材の幹部採用実績について < ポイント > 1 調査時点で 管理職採用を行なっている とした企業は全体の約 20% であった 2 直近 1 年程度の期間の中で管理職採用を行なっている ( 計画を含む ) 企業は全体の約 40% であ

   (1)パターン-1/採用活動上の工夫 事例 ①/A社  現法経営に欠かせない駐在員の“面接力”、「何をやってきたか」よりも「何がしたいか」を訊く 事例 ①/A社  現法経営に欠かせない駐在員の“面接力”、「何をやってきたか」よりも「何がしたいか」を訊く 事例 ①/A社  現法経営に欠かせない駐在員の“面接力”、「何をやってきたか」よりも「何がしたいか」を訊く 事例 ①/A社  現法経営に欠かせない駐在員の“面接力”、「何をやってきたか」よりも「何がしたいか」を訊く 事例 ②/B社  日本語力と実務能力を兼ね備えた人材希少、いいと思ったらその日にオファーを
さらに見せる

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...