単元の評価規準

Top PDF 単元の評価規準:

34. 単元構成 主な活動 ( 全 4 時間 は本時 ) 時 ねらい 評価の観点 活動 / 評価規準 表現例 活動名 スリーヒントクイズ Japanese, の言い方を知 キーワードゲーム English, P.E コ慣気教科名や曜日り, それらを扱ったゲームを積1極的に楽しむ 評価規準 GTや担任

34. 単元構成 主な活動 ( 全 4 時間 は本時 ) 時 ねらい 評価の観点 活動 / 評価規準 表現例 活動名 スリーヒントクイズ Japanese, の言い方を知 キーワードゲーム English, P.E コ慣気教科名や曜日り, それらを扱ったゲームを積1極的に楽しむ 評価規準 GTや担任

5.単元評価規準 単元目標 1. 各自が作ったオリジナル時間割について積極的に尋ねたり答えたりしようとする。 (コ) 2. 教科名や曜日など時間割について表現や尋ね方に慣れ親しむ。 (慣) 3. 世界小学校学校生活に興味をもつ。 (気) 評価規準 ○ 教科名や曜日英語表現を使ってオリジナル時間割を作り,自分考えを伝えようとしてい
さらに見せる

16 さらに読み込む

Ⅰ 指導と評価の年間計画 及び 評価規準と単元計画 の作成の手引き 指導と評価の年間計画 についてこれは 次の 3 の 評価規準と単元計画 の全単元について その概要を記述したものである 生徒の学習活動に対するより適正な評価及び 生徒の学習の改善に生かされる評価 ( 指導と評価の一体化 ) の実現を

Ⅰ 指導と評価の年間計画 及び 評価規準と単元計画 の作成の手引き 指導と評価の年間計画 についてこれは 次の 3 の 評価規準と単元計画 の全単元について その概要を記述したものである 生徒の学習活動に対するより適正な評価及び 生徒の学習の改善に生かされる評価 ( 指導と評価の一体化 ) の実現を

単元指導計画 ◇単 元 名:「遺伝情報とDNA」 ◇単元目標 日常生活や社会と関連を図りながら遺伝情報とDNAについて関心を高め,実験や過 去研究結果からDNAが遺伝情報を担う物質であることを探究させるとともに,遺伝 を担う物質としてDNA特徴について理解させ,分子生物的な見方や考え方を養う。 ◇単元評価規準

7 さらに読み込む

Ⅰ 指導と評価の年間計画 評価規準 及び 単元計画 の作成の手引き 1 指導と評価の年間計画 の作成について (1) 年間計画の内容ア新学習指導要領の科目の 指導と評価の年間計画 を作成するに当たっては 外国語を通じてコミュニケーション能力を養うという教科の目標を達成するために 該当科目により どの

Ⅰ 指導と評価の年間計画 評価規準 及び 単元計画 の作成の手引き 1 指導と評価の年間計画 の作成について (1) 年間計画の内容ア新学習指導要領の科目の 指導と評価の年間計画 を作成するに当たっては 外国語を通じてコミュニケーション能力を養うという教科の目標を達成するために 該当科目により どの

イ 教科書1課を単元とみなし、単元評価規準を設定する際は、「評価規準設定例」等を活 用するなどして、次ような手順で行う。 ①年間指導計画に基づく単元位置付け確認 ・まず、年間指導計画における単元位置付け、すなわち、年間到達目標達成に向けた単元指導内容を検討する。その際、扱う題材内容や言語材料特徴、指導時期等を踏まえ、 「外国語表現能力」及び「外国語理解能力」に関わる事項を中心に,4技能どの部分 に重点を置いて指導するかを検討する。
さらに見せる

19 さらに読み込む

Ⅰ 指導と評価の年間計画 評価規準と単元計画 学習指導案 の作成の手引き 指導と評価の年間計画 について生徒の学習活動に対するより適正な評価 及び生徒の学習の改善に生かされる評価 ( 指導と評価の一体化 ) の実現を目指して作成する この 指導と評価の年間計画 では 学習内容 ( 指導内容 ) を単

Ⅰ 指導と評価の年間計画 評価規準と単元計画 学習指導案 の作成の手引き 指導と評価の年間計画 について生徒の学習活動に対するより適正な評価 及び生徒の学習の改善に生かされる評価 ( 指導と評価の一体化 ) の実現を目指して作成する この 指導と評価の年間計画 では 学習内容 ( 指導内容 ) を単

この「指導と評価年間計画」では、学習内容(指導内容)を単に1年間授業時間数に対して配分 しただけに留まらず、各授業学習活動ポイント、評価方法、も含めて記述する。 2「評価規準単元計画」について 学習指導要領に基づく「評価規準単元計画」は、言い換えれば、評価規準を盛り込んだ「単元ごと 指導と評価計画」であり、次内容構成で作成される。
さらに見せる

15 さらに読み込む

Ⅰ 指導と評価の年間計画 及び 評価規準と単元計画 の作成の手引き 1 指導と評価の年間計画 についてこれは 次の 2 の 評価規準と単元計画 の全単元について その概要を記述したものである 生徒の学習活動に対するより適正な評価 及び生徒の学習の改善に生かされる評価 ( 指導と評価の一体化 ) の実

Ⅰ 指導と評価の年間計画 及び 評価規準と単元計画 の作成の手引き 1 指導と評価の年間計画 についてこれは 次の 2 の 評価規準と単元計画 の全単元について その概要を記述したものである 生徒の学習活動に対するより適正な評価 及び生徒の学習の改善に生かされる評価 ( 指導と評価の一体化 ) の実

Ⅰ 「指導と評価年間計画」及び「評価規準単元計画」作成手引き 1 「指導と評価年間計画」について これは、次評価規準単元計画」単元について、その概要を記述したもの である。生徒学習活動に対するより適正な評価、及び生徒学習改善に生かされる評 価(指導と評価一体化)実現を目指して作成する。
さらに見せる

7 さらに読み込む

3 単元と指導計画 (1) 単元名宮沢賢治の夢イーハトーヴ図書館を作ろう やまなし (2) 単元の目標叙述に基づいて 主題を捉え 情景などの優れた表現に着目して読んでいる (3) 単元の評価規準 国語への関心 意欲 態度 読む能力 言語についての知識 理解 技能 目的に応じた読書を通して 考えを広げ

3 単元と指導計画 (1) 単元名宮沢賢治の夢イーハトーヴ図書館を作ろう やまなし (2) 単元の目標叙述に基づいて 主題を捉え 情景などの優れた表現に着目して読んでいる (3) 単元の評価規準 国語への関心 意欲 態度 読む能力 言語についての知識 理解 技能 目的に応じた読書を通して 考えを広げ

② 「優れた叙述」=「作者伝えたいこと(主題)」とはならないということについて 「やまなし」には情景が豊かに想像できるような言葉が多く書かれている。本単元では、 「優 れた叙述」を「作者伝えたいことが強く表れている叙述」と児童に伝えた。しかし、 「やまな し」において、児童思考と「優れた叙述」間にズレが出ているような感じがした。児童は、 「心に残る表現」 「お気に入り表現」を見つけている。宮沢賢治作品は、物語に書かれてい る叙述だけでなく、生き方から見出される主題があるではないかと感じた。 「優れた叙述」に ついては、学習指導要領に示されていること中から、教材に合わせて選ぶ必要があると感じ た。
さらに見せる

9 さらに読み込む

横浜のために力を尽くした人々 1 単元名 ヘボン ~ 言葉の壁を越えて ~ 2 単元目標ヘボンの業績 辞書編纂 医療 を中心に調べることを通して ヘボンのはたらきや願い 工夫や努力について理解し それによって当時の人々の生活が向上したことを考えるようにする 3 単元の評価規準 地域の発展に尽くした先

横浜のために力を尽くした人々 1 単元名 ヘボン ~ 言葉の壁を越えて ~ 2 単元目標ヘボンの業績 辞書編纂 医療 を中心に調べることを通して ヘボンのはたらきや願い 工夫や努力について理解し それによって当時の人々の生活が向上したことを考えるようにする 3 単元の評価規準 地域の発展に尽くした先

神奈川区、中区、西区はヘボン居宅、施療所等も近く、当時ヘボン生活場を訪れ、足跡 を追うことで人間ヘボン思いや葛藤などについて想像して話し合う際にプラスに働くものと考え る。今回アップした指導案では、 「ヘボンはどんなところで生活していたか」という子どもたち 興味と、 「ヘボン生きた時代を子どもたちに引き寄せたい」という教師思いから、成仏寺、宗興 寺を訪れ、エデュケーター解説を学習に取り入れている。当時様子を現地で想像することで、 「ヘボンがより身近に感じられた」と感想文には書かれている。
さらに見せる

7 さらに読み込む

4 学習の活動 単元 ( 配当時間 ) Unit1 ( 6 時間 ) Unit2 題材内容単元の目標主な学習内容単元の評価規準評価方法 フィクションエッセイ Lesson1 専業主夫の日記 専業主夫の主人公はたいへんな思いをしながら娘の育児に励んでいる 一方の妻は仕事のストレスで不満が溜まり 夫に就

4 学習の活動 単元 ( 配当時間 ) Unit1 ( 6 時間 ) Unit2 題材内容単元の目標主な学習内容単元の評価規準評価方法 フィクションエッセイ Lesson1 専業主夫の日記 専業主夫の主人公はたいへんな思いをしながら娘の育児に励んでいる 一方の妻は仕事のストレスで不満が溜まり 夫に就

「いらち」とは 大阪弁で短気で あることを意味 する。彼らが「い らち」であるこ と証拠は豊富 にあり、効率的 に時間を使いた いという彼ら 願望であるとい う内容。 Lesson18 「ポライト・フ ィクションとは 何か」 スピーチをする 際、アメリカ人 はジョークで始 め、日本人がお わびで始まる。 この違いはマナ ーに関する文化 固有考え方か らきていて、自 分がその考えを 認識すれば、異 なる文化的背景 人々にも共感 しやすいという 内容。 Lesson19 「話を聞くこと 重要性」 人話を聞くこ とはとても役立 つ。聞くことは 話し手としても 重要であり、話 し上手になるに はまず聞き上手 になる必要があ る。
さらに見せる

6 さらに読み込む

2 単元の目標 廿日市市 についての魅力を目的意識や相手意識を明確にして地域内外に発信することができる 自分たちの住む 廿日市市 に愛着をもつことができる 3 単元の評価規準 学習方法 自分自身 他者や社会 課題発見力 思考力 判断力 表現力 主体性 自らへの自信 対象と積極的にかかわる中で, 課題

2 単元の目標 廿日市市 についての魅力を目的意識や相手意識を明確にして地域内外に発信することができる 自分たちの住む 廿日市市 に愛着をもつことができる 3 単元の評価規準 学習方法 自分自身 他者や社会 課題発見力 思考力 判断力 表現力 主体性 自らへの自信 対象と積極的にかかわる中で, 課題

1 単元設定理由 (1) 児童実態から 本学年児童は,これまで総合的な学習時間で,四季が丘小学校区に目を向け,自分たちが 生活する地域や自然,地域を支える人々など,地域特色を生かした課題について学習してきた。

5 さらに読み込む

(3) 単元の評価規準 てこの実験装置などを使って調べ てこがつり合うときのおもりの重さと支点からの距離を関係づけて考えることができる てこの働きや規則性について 条件に着目して考えた実験計画や 結果から考えた考察を自分なりの言葉で説明することができる (4) 単元の指導計画 ( 全 11 時間 )

(3) 単元の評価規準 てこの実験装置などを使って調べ てこがつり合うときのおもりの重さと支点からの距離を関係づけて考えることができる てこの働きや規則性について 条件に着目して考えた実験計画や 結果から考えた考察を自分なりの言葉で説明することができる (4) 単元の指導計画 ( 全 11 時間 )

(2)研究テーマにかかわって ①「意欲」や「不思議」をもたせる事象と出会いと課題設定 本時導入では、事象と出会いが児童驚きや疑問、意欲を引き出すことができた。今回、授業 最後まで児童興味・関心が途切れることなく、意欲的に課題を考え続けられたことは、 「事象出会い」 や「課題設定」が児童にとって「おもしろさ」や「不思議さ」をもたらすものだったからだと思う。改 めて、 「事象と出会い」から「課題設定」までが理科授業核となるものだと痛感した。反省点として は、 「事象と出会い」時に予想に対する理由を一人一人もたせる時間をじっくりと確保しなかったこ とがある。この点は、理科学習における「仮説を立てる」という視点でとても重要であり、ワークシ ートに記入する時間をとるべきだった。
さらに見せる

9 さらに読み込む

単元の評価規準ついて理解する 学習活動に即した具体的な評価規準第 4 学年算数科学習指導案 1 単元名わり算の筆算 (1) ( 東京書籍 4 年上 ) 日時平成 24 年 月 日 ( ) 校時対象第 4 学年 組 名学校名 立 小学校授業者 2 単元の目標 2~3 位数を 1 位数でわる除法計算につ

単元の評価規準ついて理解する 学習活動に即した具体的な評価規準第 4 学年算数科学習指導案 1 単元名わり算の筆算 (1) ( 東京書籍 4 年上 ) 日時平成 24 年 月 日 ( ) 校時対象第 4 学年 組 名学校名 立 小学校授業者 2 単元の目標 2~3 位数を 1 位数でわる除法計算につ

・早く解き終わった児童には、補充問題を解く前にたしかめ算をすることを、習慣化させる。 ・自分考えを伝え合う活動を増やし、学習理解を深められるようにする。 ・立式過程や計算過程を考える活動で、考えを交流する。 5 本単元学習関連と発展

7 さらに読み込む

第 6 学年算数科学習指導案 日時平成 25 年 月 日 ( ) 校時対象第 6 学年 組 名学校名 立 小学校授業者 1 単元名 速さ ( 学校図書 6 年上 ) 2 単元の目標速さについて理解し 求めることができるようにする 3 単元の評価規準 単元の評価規準 ア算数への関心 意欲 態度 速さを

第 6 学年算数科学習指導案 日時平成 25 年 月 日 ( ) 校時対象第 6 学年 組 名学校名 立 小学校授業者 1 単元名 速さ ( 学校図書 6 年上 ) 2 単元の目標速さについて理解し 求めることができるようにする 3 単元の評価規準 単元の評価規準 ア算数への関心 意欲 態度 速さを

「速さとグラフ」学習では、徒歩と自転車場合時間と道のり関係を表やグラフに表したり、 それを読み取ったりする。 (2)教材観 速さは、時間と道のりが関係しており、単位量当たり大きさで考え方を使って考えていく学習で ある。子どもたちは、生活経験から感覚的に速さについてつかんではいるもの理解が十分あるとはい えない。そこで、本単元算数的活動を通して、速さとは時間と道のり関係で表現するということを はっきりつかませる必要がある。
さらに見せる

6 さらに読み込む

4 学習の活動 単元 ( 配当時間 ) Lesson 1 ( 15 時間 ) 題材内容単元の目標主な学習内容単元の評価規準評価方法 Get Your Goal with English より多くの相手とコミュニケーションをとる 自己紹介活動を行う コミュニケーションを積極的にとろうとしている スピー

4 学習の活動 単元 ( 配当時間 ) Lesson 1 ( 15 時間 ) 題材内容単元の目標主な学習内容単元の評価規準評価方法 Get Your Goal with English より多くの相手とコミュニケーションをとる 自己紹介活動を行う コミュニケーションを積極的にとろうとしている スピー

学校番号 405 平成 30 年度 外国語科 教科 科目 単位数 指導学年 教材名・副教材名 英語 コミュニケーション英語Ⅰ 3 第1学年 増進堂 NEW FLAGⅠ 1 担当者からメッセージ(学習方法等)

5 さらに読み込む

図画工作科指導計画 評価計画 ( 第 2 学年 ) 単元名 月時数本時のねらい学習内容 学習活動関考技知 たのしいなおもしろいなかたちやいろをたのしもう 留意点 他教科 領域 行事等との関連 単元名ひみつのたまご ( 絵 ) 月時数本時のねらい学習内容 学習活動関想技鑑具体の評価規準留意

図画工作科指導計画 評価計画 ( 第 2 学年 ) 単元名 月時数本時のねらい学習内容 学習活動関考技知 たのしいなおもしろいなかたちやいろをたのしもう 留意点 他教科 領域 行事等との関連 単元名ひみつのたまご ( 絵 ) 月時数本時のねらい学習内容 学習活動関想技鑑具体の評価規準留意

ともだち ハウス ○小石やペットボトルキャップなど材料で 小さな「友だち」をつくる。 ○「友だち」が楽しく過ごすことができる家を 考え,材料を工夫して家づくりをする。 ○家形だけでなく,遊び場など「友だち」 が欲しいと思うものを想像を広げてつくる。 ○できた作品について,「友だち」と一緒に 遊びながら,つくった家様子や工夫などを 友人と話し合う。 (言語活動)

5 さらに読み込む

5 単元の指導計画と評価活動 ( 本時 3/7) 時間 ねらい 学習活動評価規準評価方法 1 to 不定詞 ( 名詞的用法 ) の文構造を理解する 自分が好きなことについて英文を書き 相手に伝える イ -1 評価カード ワークシート 教科書の本文から ~すること という表現を学ぶ 2 本文の中から不

5 単元の指導計画と評価活動 ( 本時 3/7) 時間 ねらい 学習活動評価規準評価方法 1 to 不定詞 ( 名詞的用法 ) の文構造を理解する 自分が好きなことについて英文を書き 相手に伝える イ -1 評価カード ワークシート 教科書の本文から ~すること という表現を学ぶ 2 本文の中から不

また、本単元では不定詞三用法を用いて、まとまりある文章を書くことを目標としている。毎 回授業で少しずつ、話すことだけでなく書くことで表現する時間を設け、英作文に対する苦手意識 を払拭していきたい。話すことに比べて、書くことは、自分伝えたいことをじっくり考え表現する ことができる。十分に時間を与えるとともに、必要に応じて辞書を活用する等手立てを与えること で、生徒たちは書き上げたとき達成感を得ることができると考える。その達成感を自信につなげ、 書くことへ関心・意欲を高め、多様な表現できる生徒を育てていきたい。
さらに見せる

6 さらに読み込む

関心 意欲 態度科学的思考力観察 実験の技能 表現第 5 学年理科学習指導案平成 16 年 6 月 15 日 ( 火 ) 第 3 校時指導者宇多幹子場所理科室 1 単元名 植物の発芽と成長 2 単元の目標と評価規準 植物の発芽と成長を, それにかかわる条件に着目しながら調べる活動を通して, 見いだし

関心 意欲 態度科学的思考力観察 実験の技能 表現第 5 学年理科学習指導案平成 16 年 6 月 15 日 ( 火 ) 第 3 校時指導者宇多幹子場所理科室 1 単元名 植物の発芽と成長 2 単元の目標と評価規準 植物の発芽と成長を, それにかかわる条件に着目しながら調べる活動を通して, 見いだし

(2) 指導について 第一次発芽条件導入では,硬い殻を破って発芽するためには何か力が加わったことを感じ取らせたい。 そこで,一人に1個ずつインゲンマメを渡し, 「これを指で破ってごらん」 「できなければ爪を使ってもいいよ」 と次々に指示する。インゲンマメ硬さが実感できたところで, 「硬い殻を持つこの種を眠りから目覚めさ せるものは何だろう」と問い,発芽条件を考えさせる。きっと意欲的に考えるであろう。また,ただ単に条件 を考えさせるよりも多くことを考えるものと思う。
さらに見せる

5 さらに読み込む

ねながら書き続けてい くことができ 3 指導と評価の計画 ( 網掛けは 小学校英語活動を生かした活動 指導 ) 時ねらい ( ) と 指導上の留意点及び支援の工夫単元の 具体の評価規準 間学習活動 ( ) おおむね満足 に達していない生徒評価規 A 十分満足 への手だて準との B おおむね満足 関連

ねながら書き続けてい くことができ 3 指導と評価の計画 ( 網掛けは 小学校英語活動を生かした活動 指導 ) 時ねらい ( ) と 指導上の留意点及び支援の工夫単元の 具体の評価規準 間学習活動 ( ) おおむね満足 に達していない生徒評価規 A 十分満足 への手だて準との B おおむね満足 関連

本時言語使用場面は絵はがきである。慎たちがカナダからグリーン先生に出した絵はがきに、レ インボーブリッジことが過去形を使って書かれている。小学校英語活動においては、夏休み紹介な どで過去形に触れる程度である。そこで本文を何度も聞いたり、読んだりする中で、過去形を音と文字 で結びつけながら理解できるようにしたい。また、過去形を使って文章を書くことでさらに定着が図れ ると考えるので、カナダに旅行にきているという場面を設定し、グリーン先生に絵はがきを書く活動を 取り入れる。その際、 Unit10 学習ナレーター活動を思い出し、その場所を観光場所一つとして Unit10 グリーン先生に紹介するという内容で過去形を使って手紙を書くようにしたい そのことにより 。 、 あるいは Unit8 から内容をとぎれず連続して学習することができるので、題材へ関心も高まり、使 用した表現を関連させて思い出すことができ、表現定着にも効果的であると考える。
さらに見せる

7 さらに読み込む

1, 単元名 いろいろな四角形を調べよう 2, 単元の目標 1) 平面上の2 直線の垂直 平行の意味や作図の仕方を理解する 2) 台形 平行四辺形 ひし形の意味や性質を理解し それを用いて作図や構成ができる 3) 四角形の対角線の交わり方を理解する 3, 評価規準 関心 意欲 態度 身の回りから 垂

1, 単元名 いろいろな四角形を調べよう 2, 単元の目標 1) 平面上の2 直線の垂直 平行の意味や作図の仕方を理解する 2) 台形 平行四辺形 ひし形の意味や性質を理解し それを用いて作図や構成ができる 3) 四角形の対角線の交わり方を理解する 3, 評価規準 関心 意欲 態度 身の回りから 垂

昨年度から学習中で、どうしていいかわからず、考えることをあきらめてしまう 児童もいる一方で、自分考えをもち、話したいと考える児童が増えている。特に、今 年になってからはネームカードを用いた集団検討を楽しみにする雰囲気もある。 今回授業中では、全員が自力解決をし、考えをもって集団検討に参加できること をまず目指す。さらに、図を活用した言語活動を充実させた集団検討を行い、筋が通っ ているかを考えながら意見交換を行い、思考力、表現力充実を図っていきたい。そ 中で、楽しいと思える経験を深めていきたい。
さらに見せる

9 さらに読み込む

評価規準の作成,評価方法等の工夫改善のための参考資料|国立教育政策研究所 National Institute for Educational Policy Research

評価規準の作成,評価方法等の工夫改善のための参考資料|国立教育政策研究所 National Institute for Educational Policy Research

可能となり,効率化にも資する。 学校や生徒実態によっては,「評価規準に盛り込むべき事項」に示しているよう に,学習指導要領指導事項を分割して単元目標とすることも考える必要がある。 なお,年間指導と評価計画を作成する際にも,目標は,学習指導要領指導 事項(内容(1))をそのまま掲げ,それに単元評価規準としてはたらきもも たせるとよい。このことが,年間指導と評価計画を,教材を中心に組み立てら れたものから,目標とする国語能力を育成するに資するものへと改善していく ことにつながる。また,一つ単元に一つ指導事項を取り上げることは,指導 重点化を図ることにつながるとともに,評価観点を明確に意識することにもつな がる。なお,年間計画レベルでは,当該単元で最も重点を置く指導事項のみを目 標として掲げ,「関心・意欲・態度」目標等は省略してもよい。
さらに見せる

100 さらに読み込む

6. 単元の展開 ( 全 6 間 ) 学習活動 単元の見通しを持つ 2. 学習計画を立てる 3. 本文を読み, 感想を書く 内容に関する感想 書き方に関する感想 4. 感想や疑問を交流する 指導上のポイント ( ) 学習活動に即した評価規準 ( 関 読 言 ) 既習事項を振り返らせ,

6. 単元の展開 ( 全 6 間 ) 学習活動 単元の見通しを持つ 2. 学習計画を立てる 3. 本文を読み, 感想を書く 内容に関する感想 書き方に関する感想 4. 感想や疑問を交流する 指導上のポイント ( ) 学習活動に即した評価規準 ( 関 読 言 ) 既習事項を振り返らせ,

第二次では, 「オオカミを見る目」と比較させることで,本論展開仕方違いに気付かせたい。また,そ れぞれ特徴をとらえさせるとともに,それぞれ図から読み取れる事実から,どのような理由づけをし て事実に結び付けようとしているか,その関連性をとらえさせたい。そして,それらをもとに,図提示順 序理由を考えさせることで,筆者が読み手に読ませることを意識して文章を組み立てていることをとらえさ せたい。
さらに見せる

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...