全試験を通しての結果の比較と解析

Top PDF 全試験を通しての結果の比較と解析:

目次.7.3(5 群 ) 呼吸器感染症臨床的有効性の概要....(5 群 ) 背景および概観....(5 群 ) 個々の試験結果の要約 (5 群 ) 全試験を通しての結果の比較と解析 (5 群 ) 試験対象集団 (5 群 ) 全有効性試験の結果の比較検討..

目次.7.3(5 群 ) 呼吸器感染症臨床的有効性の概要....(5 群 ) 背景および概観....(5 群 ) 個々の試験結果の要約 (5 群 ) 全試験を通しての結果の比較と解析 (5 群 ) 試験対象集団 (5 群 ) 全有効性試験の結果の比較検討..

上記 2 試験に加え、呼吸器感染症に対する有効性および安全性追加情報を得る ため、比較試験対象なっていない疾患(咽喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎)に 対する有効性検討および PK/PD 検討を行った。 第 III 相試験<呼吸器感染症オープン>および第 III 相試験<耳鼻咽喉科領域感染 症オープン>(添付資料番号 5.3.5.2(5 群)-1、5.3.5.2(15 群)-1 参照)では、シ タフロキサシン 1 回 50 mg 1 日 2 回または 1 回 100 mg 1 日 2 回を 7 日間投与した際 有効性および安全性を検討するため、中央登録方式による多施設共同オープン試 験した。第 III 相試験<呼吸器感染症オープン>では、母集団薬物動態パラメータ を用いてベイズ推定により各被験者薬物動態パラメータを算出し、PK/PD パラメ ータ有効性相関を検討することにより、臨床推奨用量妥当性を検討した。
さらに見せる

18 さらに読み込む

ミリプラチン 臨床的有効性の概要 Page 2 目次 臨床的有効性の概要 背景及び概観 個々の試験結果の要約 全試験を通しての結果の比較と解析 試験対象集団

ミリプラチン 臨床的有効性の概要 Page 2 目次 臨床的有効性の概要 背景及び概観 個々の試験結果の要約 全試験を通しての結果の比較と解析 試験対象集団

2 試験合計:前期第 II 相臨床試験+後期第 II 相臨床試験試験比較】 本剤後期第 II 相臨床試験前期第 II 相臨床試験 TE V 割合を比較する、前期第 II 相臨床試験方が高かった。そこで腫瘍数最大腫瘍径組み合わせ別 TE V 割合を 検討した(表 2.7.3.3-7 参照)。1 個 5 cm 未満、2 個 3 cm 以下、3 個 2 cm 以下集団(以下、 「腫瘍数が少なく、最大腫瘍径が小さい集団」 ) TE V 割合は前期第 II 相臨床試験が 45.5%(5/11)、後期第 II 相臨床試験が 41.2%(21/51)同程度であり、当該集団では再現 性が認められた。上記集団以外(以下、 「腫瘍数が多く、最大腫瘍径が大きい集団」 )で は、前期第 II 相臨床試験で 4 例中 4 例が TE V であったが、4 例すべてが「腫瘍数が少な く、最大腫瘍径が小さい集団」境界に分布しており、 「腫瘍数が多く、最大腫瘍径が大 きい集団」中でも「 2 個 5 cm 以上、3 個 3 cm 超、4 個以上 2 cm 超」被験者は前期第 II 相臨床試験では存在しなかった。一方、後期第 II 相臨床試験では、「腫瘍数が多く、最 大腫瘍径が大きい集団」 TE V 割合は 3.1%(1/32)であったが、同集団中でも「2 個 5 cm 以上、3 個 3 cm 超、4 個以上 2 cm 超」被験者が 50.0%(16/32)存在し、TE V が 得られた被験者はなかった。従って、 「 2 個 5 cm 以上、3 個 3 cm 超、4 個以上 2 cm 超」 被験者が前期第 II 相臨床試験には含まれなかったことが成績乖離主な原因考えるが、 前期第 II 相臨床試験は被験者数が少なく当該集団成績乖離について原因特定は困難 考える。
さらに見せる

62 さらに読み込む

臓器提供における態度と意識に関わる諸因子の構造解析 ―日米間の比較を通して

臓器提供における態度と意識に関わる諸因子の構造解析 ―日米間の比較を通して

 さて, 死 一つとして 脳死 に関する意識が臓器 提供に際して最大障壁なだろうか.筆者は質問票作 成に先立ち,日本人死に対する考えを概観するため文化 人類学,民俗学を中心に文献的検討を行ったが 33,34) ,それ を通じて感じられたは,日本人は死を 点 としてでは なく 線 として捉え,死受容にしばらく時間を要す るらしいいうことであった.実際,家族が脳死場合 受容期間について問うた調査でも「10日以上」38%,「数 日」29%,「一週間」23%ある程度期間が必要されて いる 35) .とすれば臓器移植に際し,脳死という死判定に 問題があるではなく,それが臓器移植結び付けられな ければならないということが問題なってくる推定され る.さらに内閣府大臣官房政府広報室世論調査(既出) で臓器提供意思に関し,脳死場合心臓死場合につ いて尋ねているが, 提供したい するものがそれぞれ 20.0%,20.2%など選択肢すべてにおいてほぼ同様な数字 を示していた.この結果を見る限り,臓器提供が脳死状態 からなされるか,心臓死からか,ということはさして問題 なっていないように見受けられる.そうであるすれば, 脳死・臓器移植に対する否定的意見には,もちろん脳死 臓器移植両方に共通する心的拒否要因もあるか思われる が, 脳死 を切り離して臓器移植そのもの議論,研究を さらに深める必要性がある.
さらに見せる

11 さらに読み込む

2.7.6 個々の試験のまとめエンコラフェニブ / ビニメチニブ 検定を行うこととした. Part 2 の PFS 解析 :Part 2 の PFS 解析では Combo 300 を中心に Part 2 の結果を解析することとした.Primary PFS 解析の時点で, 主要評価項目及び Part

2.7.6 個々の試験のまとめエンコラフェニブ / ビニメチニブ 検定を行うこととした. Part 2 の PFS 解析 :Part 2 の PFS 解析では Combo 300 を中心に Part 2 の結果を解析することとした.Primary PFS 解析の時点で, 主要評価項目及び Part

Binimetinib 及び encorafenib 注目すべき有害事象は,両薬剤これまで臨床試験で認 められたシグナル及び/又は他 MEK 及び BRAF 阻害薬既知毒性を踏まえて定義した. 注目すべき有害事象並びに encorafenib 及び binimetinib に共通する毒性又は encorafenib に特 異的な毒性を比較したところ, BRAF 阻害薬重要なクラスエフェクト一部である事象 発現頻度は, Combo 300 群で encorafenib(Part 1+Part 2)群比較して低かった.また,ベ ムラフェニブに認められた光線過敏症及びダブラフェニブに認められた発熱など,その他 BRAF 阻害薬に認められた化合物に特異的な毒性発現頻度は,Combo 300 群及び encorafenib(Part 1+Part 2)群でその他化合物にこれまでに報告された発現頻度よりそれ ぞれ低かった.
さらに見せる

35 さらに読み込む

目次 1 はじめに 使用実績及び解析モデルについて 使用実績 解析モデル 解析結果の例示 PEACH BOTTOM タービントリップ試験 LASALLE 不安定事象... 3

目次 1 はじめに 使用実績及び解析モデルについて 使用実績 解析モデル 解析結果の例示 PEACH BOTTOM タービントリップ試験 LASALLE 不安定事象... 3

3.1 PEACH BOTTOM タービントリップ試験 1977 年 4 月,Peach Bottom 原子力発電所 2 号機において,特別に計装された 3 件ター ビントリップバイパス弁作動試験が,低出力レベルで実施された [37] 。試験は,過渡解析コ ードため妥当性確認データを取得するために設計されており,米国電力中央研究所が後 援する中で,GEH 及びフィラデルフィア電力会社により実施された。試験条件は,モデル 妥当性確認用データ量を最大化しつつ,許容可能な設計値範囲内で燃料運転を確 実にするように選定された。試験主目的は,急速加圧事象時における主蒸気配管動力学 的効果について高品質試験データを取得することにあった。試験は,中性子束高でスク ラムが開始するよう直接スクラム(タービン止め弁開度スイッチにより開始されることにな るスクラム)を無効化して実施された。原子炉通常運転異なるこの条件は,モデル試 験データ間で有意な比較が行えるよう,中性子束を十分に大きく増加させるために必要 であった。
さらに見せる

81 さらに読み込む

目次 1. 事業の目的 背景 1 2. 事業内容 3 3. 体制 4 4. 評価試験の概要 5 5. 試験日時 場所 6 6. 試験手順 6 7. 試験結果 ( 計測結果 ) 9 8. 試験結果の耐震性評価 試験結果のまとめ 考察 50

目次 1. 事業の目的 背景 1 2. 事業内容 3 3. 体制 4 4. 評価試験の概要 5 5. 試験日時 場所 6 6. 試験手順 6 7. 試験結果 ( 計測結果 ) 9 8. 試験結果の耐震性評価 試験結果のまとめ 考察 50

- 44 - (3)曲げ試験 真直な配管系管軸直角(鉛直)方向地盤変位吸収能力に関して、継手により接合されたものに ついては、中低圧ガス導管耐震設計指針事例編において、 「メカニカル接合鋼管、メカニカル接合 鋳鉄管ように、比較的たわみ性ある継手で接合されている配管系は、その継手間隔地盤変位 入力位置関係で、継手が有利に働くこともあるが、簡易な計算式で、その場合地盤変位吸収能 力を与えるは著しく困難である。従って、本編では、安全側に簡略化を図り、継手を無視し、管 軸方向に一様な曲げ剛性を有する配管系として、管軸直角方向地盤変位吸収能力評価を行うこ した。」ある。
さらに見せる

55 さらに読み込む

比較試験結果 - 全件チェックの精度と作業効率 KIBIT を活用して対象となる記録のチェックを実施した場合と 人のみでチェックを行い 規定の時間で作業が途中だったものについては同精度 同速度でチェックを継続 完了したと仮定し 全件終了時を推計した結果を比較したものが下記となります KIBIT を用

比較試験結果 - 全件チェックの精度と作業効率 KIBIT を活用して対象となる記録のチェックを実施した場合と 人のみでチェックを行い 規定の時間で作業が途中だったものについては同精度 同速度でチェックを継続 完了したと仮定し 全件終了時を推計した結果を比較したものが下記となります KIBIT を用

【FRONTEO について】URL: http://www.fronteo.com/ 株式会社 FRONTEO は、独自開発人工知能エンジン「KIBIT」により、ビッグデータなど情 報解析を支援するデータ解析企業です。国際訴訟などに必要な電子データ証拠保全調査・分 析を行う e ディスカバリ(電子証拠開示)や、デジタルフォレンジック調査を支援する企業し て 2003 年 8 月に設立。自社開発データ解析プラットフォーム「Lit i View(リット・アイ・ビュ ー) 」 、日・中・韓・英複数言語に対応した「Predictive Coding(プレディクティブ・コーディン グ) 」技術などを駆使し、企業に訴訟対策支援を提供しています。このリーガル事業で培われ、発 展した「KIBIT」を始めする独自人工知能関連技術は、専門家経験や勘など「暗黙知」を 学び、人思考解析から、未来行動予測を実現します。ヘルスケアやビジネスインテリジ ェンス、デジタルマーケティングなど領域に展開し、FinTech や RegTech に加え、「働き方改 革」でも実績をあげています。2007 年 6 月 26 日東証マザーズ、2013 年 5 月 16 日 NASDAQ 上 場。資本金 2,507,346 千円(2018 年 3 月 31 日現在)。2016 年 7 月 1 日付けで株式会社 UBIC よ り現在社名に変更しております。
さらに見せる

5 さらに読み込む

子どもの自己主張行動と親の関わりとの関連−中国・日本の比較を通して- [ PDF

子どもの自己主張行動と親の関わりとの関連−中国・日本の比較を通して- [ PDF

女 59 名)。②質問紙構成 本質問紙は,①自己主張行 動に関する質問項目(24 項目)②自己主張に関わる要 因について質問項目(58 項目)総計 82 項目からな る。①自己主張行動に関する項目については,浜口 (1994) 8 つ多次元主張性尺度(Table1)を参考 にし,自己主張対象(親,友人,先生)ごとに適切な 表現に改変した。したがって,各対象ごとに,8 項目を 質問し,全体で 3×8 24 項目なった。②自己主張に 関わる要因について質問項目については,子ども心 的特性 22 項目(自主性 6 項目,協調性 5 項目,自己効 力感 11 項目),他者関わり認識 11 項目(話す経 験 9 項目・予測 6 項目・受容性 6 項目・態度 6 項目)で ある。以上,計 11 項目を対象ごとに質問し,結果 3×11 項目総計 33 項目なった。
さらに見せる

4 さらに読み込む

日本近海での漁業協定の果たす役割と課題 ―係争海域における比較分析を通して―

日本近海での漁業協定の果たす役割と課題 ―係争海域における比較分析を通して―

35 日に日ソ両国で批准した「日ソ中立条約」不延長を通告してきた。1945 年 8 月 8 日にモ ロトフ外相は、クレムリンに佐藤駐ソ大使を呼び、8 月 9 日から日本戦争状態になるこ を通告し、宣戦布告した。佐藤駐ソ大使は、宣戦布告を直ちに東京に打電したが、この 公電は日本に到着しなかったため、日本政府はソ連宣戦布告をすぐに知ることができな かった。宣戦布告がまだ日本政府に達していない 8 月 9 日未明、ワシレフスキー将軍率 いる 160 万ソ連極東軍は、ソ連満州国境、モンゴル、ウラジオストク、ハバロフス ク 3 方面から総攻撃を開始した。これは、「日ソ中立条約」有効期限内(1946 年 4 月 25 日失効)ことだった。また、樺太では、バーツロフ大将指揮する約 35,000 人が、8 月 11 日に北緯 50 度国境を越えて侵入したため、約 20,000 人日本軍戦闘になった。 8 月 14 日、日本は「ポツダム宣言」を受諾して無条件降伏した。8 月 16 日にグネチコ将軍 指揮するソ連軍がカムチャツカ方面から行動を開始し、8 月 18 日には占 守 しゅむしゅ 島 とう に上陸、 約 25,000 人日本守備隊交戦した。しかし、日本軍は北部方面軍司令部命令により交 戦を中止し、8 月 23 日に日ソ両軍現地停戦協定を締結し、武器をソ連軍に引き渡した。そ 後も、ソ連軍は千島列島各地に駐屯する日本兵を武装解除しながら南下を続け、8 月 31 日までに得撫 うるっぷ 島占領を完了した。ソ連軍は、8 月 28 日に択捉島に上陸、9 月 1 日には国 後島、色丹島に達し、9 月 3 日には歯舞群島にまでおよび、9 月 5 日までにことごとく占領 した。翌 1946 年 2 月 2 日ソ連邦最高会議幹部会 9 は、「南サハリン州設置に関するソ連
さらに見せる

295 さらに読み込む

トルコにおける多元的宗教教育の状況とその可能性 : イギリスとの比較を通して

トルコにおける多元的宗教教育の状況とその可能性 : イギリスとの比較を通して

ものである。また,次ような記述もある。 「人間は,文化的にも,経済的にも,社会的 にも絶えず変化を遂げている。社会変化言 われるこのプロセスは,人々思考方式,世界 観にも影響を及ぼす。その結果として,人々は 種々問題に対して新しい解決模索を求める ようになる。イスラーム学者らも,社会民衆 が宗教上で直面している問題に対して,それ ぞれに異なる形で答えを見つけてきた。人間 性格,時代要求,知識水準,社会変化 いったファクターは,イスラーム学者らがそれ ぞれに異なる解釈を行う状況を作り出した。こ うして宗教理解上相違が現れるようになった。 これは自然なことであり,否定的に考える必要 はない。なぜなら,宗教について多様な解釈 理解は,イスラーム思想文化を豊かにし, イスラームに様々な学問分野が生まれる結果 をもたらしたからだ。(中略)宗教理解におけ る相違・多様性は,人々が宗教を実践する場合 に多く便宜をもたらした。地域的,社会的な 条件に適した形で実践されることを容易にする 解釈が試みられたである。(中略)宗教理解 における解釈相違は,イスラーム思想文 化に豊かさをもたらした。だからこそ,絶えず 変化して行く社会宗教絆は受け継がれた である。クルアーンが解釈余地を与えたテー マにおいて,それぞれに異なる理解があること は,自分たち条件に合ったものを選べる可能 性を人々に与えた。人々が各々条件中で宗 教的な義務を果たすことを容易にしたのであ る」(Akgül(新実訳),p. 84)。
さらに見せる

10 さらに読み込む

EMPAREG OUTCOME®試験のアジア人サブグループ解析結果論文がCirculation Journal Award Clinical Investigation優秀賞を受賞

EMPAREG OUTCOME®試験のアジア人サブグループ解析結果論文がCirculation Journal Award Clinical Investigation優秀賞を受賞

体 ン ン いう ン 適 産生 使用 い場合 起 慢性疾患 4 糖尿病 高 血糖 高血 び肥満 伴う 心血管疾患 糖尿病 主要 合併症 あ 糖尿病 関連 主要 死亡原因 5,6 糖尿病患者 糖尿病 罹患 い い人 比較 心血管疾患 発生 2 ~ 4 倍 4 2015 糖尿病 世界 500 万人 死亡 心血管疾患 主要 原因 4,5

4 さらに読み込む

不公平性の比較とミニマックス定理 (非線形解析学と凸解析学の研究)

不公平性の比較とミニマックス定理 (非線形解析学と凸解析学の研究)

しい寄与をしたする . そして生産成果を構成員間で分け合うことを考える . 寄与が等しい しているだから各構成員が相等しい分け前をうることが最も公平な分配考えられる . し かし , 現実には分配不公平が起り , すべて成果を独り占めする構成員が現れるかもしれな いし , ふたり構成員が結託し成果を山分けする可能性もある . これらすべて可能性を記

8 さらに読み込む

ジャディアンス®(エンパグリフロジン)によるEMPAREG OUTCOME®試験の 腎アウトカムでのアジア人サブグループ解析の結果がISN FRONTIERS 2018で公表

ジャディアンス®(エンパグリフロジン)によるEMPAREG OUTCOME®試験の 腎アウトカムでのアジア人サブグループ解析の結果がISN FRONTIERS 2018で公表

EMPA-REG OUTCOME ® 試験全体集団 結果 一 い 1,2 本 ン ン 株式会社 本社:東京都品川 代表 締役社長:青 本 株式会社 本社:兵庫県神戸市 代表 締役社長: ッ ンソン 2 23 ン ® ン ン EMPA-REG OUTCOME ® 試験 腎 人 解析 結果 ISN

4 さらに読み込む

噴石模型の落下試験の動画解析

噴石模型の落下試験の動画解析

ンサーおよび角速度センサーが内蔵された平板状模型を用意し,ドーム内無風状態下で模型を自由落下させ,飛 散物動的空力特性を実験的に測定した。しかし,これら既往研究飛散物多くは単純な形状を持つ物体が多く, 噴石ような不整形物体による実験は,ほとんどないが現状である。 本研究では,噴火時噴石飛散運動を精度よく予測するため空力特性を明らかにすることを目的として,不整 形な形状を持つ噴石自然風中における落下実験を行った。この落下実験で得られる空力特性が,将来的に,同じ 形状模型を使用した風洞実験から得られる空力特性差異を知ることも本実験目的である。実験は桜島麓 でドローンにより噴石模型を上空に持ち上げて落下させて行った。落下運動測定結果解析することにより得られ た噴石もつ空力特性を用いて,噴石飛散や衝撃力より精度高い推定を行い,噴石に対する安全な建物 設計,避難行動計画作成,自治体等災害対応などに貢献することが期待される。
さらに見せる

9 さらに読み込む

臨床試験における用量反応性試験について (種々のモデルの統計的解析)

臨床試験における用量反応性試験について (種々のモデルの統計的解析)

4. 用量反応試験解析手法 用量反応関係を確認することが目的試験 , 検証的試験で用いる推奨用量を決定 することが目的試験では, 仮説が異なるため用いる解析手法も異なる。 用量反応関係確認が目的場合, どの用量が有効かということや, どの用量間に 差があるかということは考慮せず, あくまで用量反応関係有無のみ確認すればよい ため, 仮説は比較的単純なものになる。 一方, 推奨用量決定が目的場合 , 特定 用量がプラセボ比較して 「効果がある」 ことを示す必要がある。 その際 , 各用量 プラセボ比較が行われることが多いが, その結果 , 多重性問題が発生する。 ここでは, それぞれ場合に用いられる代表的な解析手法を [4] に従い紹介する。 詳 細については , [4] を参照こと。
さらに見せる

10 さらに読み込む

表.. RSMとkmGSMの初期値 下部境界条件の比較 モデル 領域モデル (RSM) 高解像度全球モデル (kmgsm) 大気の初期値 領域大気解析 高解像度全球大気解析 海面の境界条件高解像度 (.5 ) 全球日別海面水温解析高解像度 (. ) 海氷分布解析 ( 予報期間中は変化しない ) 土壌

表.. RSMとkmGSMの初期値 下部境界条件の比較 モデル 領域モデル (RSM) 高解像度全球モデル (kmgsm) 大気の初期値 領域大気解析 高解像度全球大気解析 海面の境界条件高解像度 (.5 ) 全球日別海面水温解析高解像度 (. ) 海氷分布解析 ( 予報期間中は変化しない ) 土壌

図2.4.3 2006年1月4日12UTC初期値700hPa面鉛直P速度(赤線:hPa/day)海面気圧(黒線)48時間予報 値。左が20kmGSMで右がRSM予報値。鉛直P速度は負値(上昇流域に対応)にハッチがしてある。 (c) 考察 RSMでは低気圧過発達要因として、条件付不 安定が積雲対流パラメタリゼーションにより解消さ れにくく、格子スケール対流や大規模凝結による 加熱が大きくなっていたことが挙げられてきた(中 村 1997)。細見(2002)は、RSMでもGSM雲水ス キームおよび積雲対流パラメタリゼーションを導入 することにより格子スケール凝結や対流が抑制さ れて低気圧過発達が抑えられた事例を報告した。 図2.4.3は図2.4.2に対応する2006年1月4日12UTC 初期値海面気圧700hPa面鉛直P速度48時 間予報値である。 20kmGSMではRSMに見られる日 本海発達中低気圧近傍で過大な上昇流が抑制 されていることが分かる。 2005年6月27日12UTC初 期値予報でも同様傾向が見られた(図略) 。この ように20kmGSMでは格子スケール対流が抑制さ れた結果、過発達が抑えられている考えられる。 これは、 降水過程違いによるもの考えられる (第 2.4.2項参照)。
さらに見せる

34 さらに読み込む

Bayer Yakuhin, Ltd. Page 2 of 430 Source: 試験の Figure 1 被験者数 : 計画時 :502 試験 508 試験又は 603 試験を完了した被験者約 165 例解析時 :157 例 ( 全組み入れ集団 ) 149 例 ( 全

Bayer Yakuhin, Ltd. Page 2 of 430 Source: 試験の Figure 1 被験者数 : 計画時 :502 試験 508 試験又は 603 試験を完了した被験者約 165 例解析時 :157 例 ( 全組み入れ集団 ) 149 例 ( 全

 最高矯正視力(BCVA)に対する VEGF Trap-Eye 継続投与効果検討 試験方法: 702 試験は第Ⅱ相単盲検(被験者)無作為化多施設共同臨床試験であった。滲出型 AMD を有し、502 試験、508 試験又は 603 試験における投与を終了した被験者を対象した。最初に、被験者をバイ アルによる VEGF Trap-Eye 投与に組み入れた。152 例を組み入れた後、治験実施計画書改訂 1 に従 いプレフィルドシリンジが導入された。これ以降、組み入れ時に被験者を無作為に以下投与に 2:1 比率で割り付けた。
さらに見せる

475 さらに読み込む

建築床振動の実験的モーダル解析(その2) : 実構造物とその模型の実験結果の比較

建築床振動の実験的モーダル解析(その2) : 実構造物とその模型の実験結果の比較

0を示している。各モードとも、理論 的な相似比よりもやや高い振動数比(約 29倍)を 示し、モードの次数が高くなると理論値に近くなる 傾向がみとめられる。モード 5とモード 6について みてみると、モード 5では、 34. 4倍となってお り、他のモードの場合に比べ高い振動数比を示して いるのに対し、モード 6では、 27. 1倍と比較的 低い振動数比を示しており、模型[r]

6 さらに読み込む

各種市販キットを用いた土壌DNAの抽出および細菌叢解析結果の比較

各種市販キットを用いた土壌DNAの抽出および細菌叢解析結果の比較

水分含有率(%)= 湿土重量(g)−乾土重量(g)    湿土重量(g)    ×100 2.4. PCR による 16S rRNA 遺伝子増幅 PCR は 0.2 ml 容 PCR 用チューブを用いて行った。 PCR チ ュ ー ブ に 滅 菌 超 純 水 10.3 μl,10×PCR Buff er (TaKaRa)2 μl,dNTP Mixture(TaKaRa)1.6 μl, 表 3 に示すプライマー(5 μM)各 2 μl,Ex Taq DNA poly- merase(5 unit/μl)(TaKaRa)0.1 μl を加え,混合した。 次いで,テンプレートとして 2 μl DNA を添加し, 量 を 20 μl し て PCR に 供 し た。PCR に は i-Cycler (BIO・RAD Laboratories Inc.)を用い,Zwat ら Touch
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...