会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 す

Top PDF 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 す:

公 務 人 材 育 成 センター 公 務 員 と 法 曹 を 目 指 す 学 生 が 自 由 と 進 歩 の 精 神 を 身 に 付 けた 自 立 型 人 材 として 社 会 で 活 躍 できるように 支 援 します これまで 法 政 大 学 は, 自 由 と 進 歩 の 精 神 と 自 立 型 人

公 務 人 材 育 成 センター 公 務 員 と 法 曹 を 目 指 す 学 生 が 自 由 と 進 歩 の 精 神 を 身 に 付 けた 自 立 型 人 材 として 社 会 で 活 躍 できるように 支 援 します これまで 法 政 大 学 は, 自 由 と 進 歩 の 精 神 と 自 立 型 人

公務員と法曹目指す学生が自由と進歩の 精神付けた自立型人材として社会で 活躍できるよう支援します これまで法政大学は,「自由と進歩」の精神と「自立型人材」の育成という教育理念の下,多様 な人材社会輩出してきました。毎年,多くの卒業が民間企業就職していく他,国家あるい は地方公務員志望する学生が比較的多く,2014年度は392名(全就職者中7.0%)が公務員と して就職しました。また,東京法学社として1880年産声上げて以来,本学から多くの法曹(弁 護士・検察官・裁判官)が誕生しています。さらに,本学の卒業の中は,従来から公認会計 士,税理士,司法書士等の各種資格の取得者がおり,昨今では,NPOやNGO活躍の場見出 者も増えてきているよう見受けられます。
さらに見せる

30 さらに読み込む

このように 本 後 援 会 が 実 施 する 子 どもたちの 文 通 活 動 は 実 にたくさんの 人 々のご 支 援 のおかげで 実 施 できています 翻 訳 は 学 生 さんたちのボランティア 活 動 に 支 えられ ており 5 月 のメーデーや 夏 休 み 国 慶 節 の 休 み 冬 休 み

このように 本 後 援 会 が 実 施 する 子 どもたちの 文 通 活 動 は 実 にたくさんの 人 々のご 支 援 のおかげで 実 施 できています 翻 訳 は 学 生 さんたちのボランティア 活 動 に 支 えられ ており 5 月 のメーデーや 夏 休 み 国 慶 節 の 休 み 冬 休 み

大倉孝三先生は、長年、中日両国の友好交流尽くされ、旅順口区と日本国の児童の民間交流 促進し、相互の学習活動多大なる貢献されました。そのご尽力のおかげで、旅順口区と日本国の関 係は、多くの交流展開することができ、協力関係構築の基礎打ち立てることができました。大倉先 のご支援のもとで、日中児童の友好交流後援は、民間での児童の交流が、昨年ですでに 20 年とな りました。このよう長い間交流継続することができたおかげで、両国の児童の心の中は、 「平和と 友好」と「共生愛する」という種が蒔かれました。これらの子どもたちが成長し成人するに従い、大 倉先生の精神と後援の目的がつぎつぎと達成されていき、とても良い成果と発展の様子見ることが できています。大倉先生が亡くなられたことに対し、後援とすべての後援の交流参加したことが ある子どもたちとその家族の悲しみは同じものです。
さらに見せる

6 さらに読み込む

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

 骨太方針 2015においては、「追加な歳出増加要因(子ども子育て・家族支援等)について は、必要不可欠なものするとともに、適切な財源確保する」とされた。これ踏まえ、税 収増や「経済・財政再生計画」による歳出改革の成果などのアベノミクスの成果、結婚・ 出産・子育て支援、少子化対策等の財源充て、少子化問題社会全体で取り組むこと 検討べき。

6 さらに読み込む

目 次 Ⅰ 秋 田 市 の 各 種 相 談 窓 口 1 犯 罪 被 害 者 等 支 援 の 総 合 的 対 応 窓 口 1 2 経 済 的 支 援 に 関 する 相 談 (1) 高 額 療 養 費 の 支 給 1 (2) 医 療 費 の 一 部 負 担 金 の 徴 収 猶 予 および 免 除 1 (

目 次 Ⅰ 秋 田 市 の 各 種 相 談 窓 口 1 犯 罪 被 害 者 等 支 援 の 総 合 的 対 応 窓 口 1 2 経 済 的 支 援 に 関 する 相 談 (1) 高 額 療 養 費 の 支 給 1 (2) 医 療 費 の 一 部 負 担 金 の 徴 収 猶 予 および 免 除 1 (

Ⅰ 秋田市の各種相談窓口 1 犯罪被害者等支援の総合対応窓口 (1) 犯罪被害者等からのさまざまな相談応じ、 市民相談センター 関係機関と連携して解決努めます。また、市 (市役所1階) 役所における各種手続の窓口一元化図ります。 ℡ 888-5646

12 さらに読み込む

社 会 福 祉 法 人 ぱれっと 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 法 人 理 念 だれもが 無 理 なく 生 活 できる 地 域 社 会 を 創 るため いのちと 尊 厳 を 尊 重 し 共 に 在 る 支 援 をもって 社 会 福 祉 事 業 を 実 施 します ( 平 成 25 年 1

社 会 福 祉 法 人 ぱれっと 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 法 人 理 念 だれもが 無 理 なく 生 活 できる 地 域 社 会 を 創 るため いのちと 尊 厳 を 尊 重 し 共 に 在 る 支 援 をもって 社 会 福 祉 事 業 を 実 施 します ( 平 成 25 年 1

採用、中堅職員の研修体制含め、今後の職員採用・育成・定年延長など雇用関係制度 の見直し行い、優秀な人材の定着図ります。 5、 法人後見の開始 障害者の地域生活総合支援するためは、見守り・財産管理・契約など、現状の 障害者総合福祉法の障害福祉サービスでは対応できない部分への支援が不可欠です。とり わけ、さまざまな事情で、成年後見制度必要とする場面が増大しています。また、身体 状況などから法人の各事業所との契約終了した利用者に対しても、継続支援行 う必要性痛感しています。そこで、法人として後見人受任し、各事業所と利用契約 結んでいない障害者への支援実施していきたいと考えます。今後、法人後見開始伴う 関係機関との調整、規程整備及び法人内設置する監督機関等、法人後見開始向けて調 整検討していきます。
さらに見せる

10 さらに読み込む

調 布 市 総 合 体 育 館 業 務 委 託 仕 様 書 1 概 要 調 布 市 総 合 体 育 館 は, 市 民 スポーツ 普 及 振 興 を 図 り, 健 康 で 文 化 的 な 生 活 を 営 むことに 寄 与 するとともに, 市 民 相 互 交 流 を 深 めるため 中 心 施 設 として

調 布 市 総 合 体 育 館 業 務 委 託 仕 様 書 1 概 要 調 布 市 総 合 体 育 館 は, 市 民 スポーツ 普 及 振 興 を 図 り, 健 康 で 文 化 的 な 生 活 を 営 むことに 寄 与 するとともに, 市 民 相 互 交 流 を 深 めるため 中 心 施 設 として

- 1 - 調布市総合体育館清掃業務委託仕様書 1 概 要 調布市総合体育館は,市民スポーツの普及振興図り,健康で文化な生活 営むこと寄与するとともに,市民相互の交流深めるための中心施設として位 置づけられている。加えて,当施設は,東京都立神代植物公園の多目的広場と一 体の公園施設の性格有するものである。

9 さらに読み込む

Ⅲ. 本 格 的 な 事 業 再 開 への 支 援 を Ⅳ. 一 刻 も 早 い 福 島 の 再 生 を (3) 日 本 商 工 会 議 所 復 興 要 望 ( 要 望 者 : 日 本 商 工 会 議 所 三 村 会 頭 東 北 六 県 商 工 会 議 所 連 合 会 鎌 田 会 長 他 ) 1 平

Ⅲ. 本 格 的 な 事 業 再 開 への 支 援 を Ⅳ. 一 刻 も 早 い 福 島 の 再 生 を (3) 日 本 商 工 会 議 所 復 興 要 望 ( 要 望 者 : 日 本 商 工 会 議 所 三 村 会 頭 東 北 六 県 商 工 会 議 所 連 合 会 鎌 田 会 長 他 ) 1 平

震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故受けて、いまだ出 口の見えない状況が続く福島県浜通り地域(原町・相馬)の現状把握 し、今後、当所としてどのような支援していく必要があるのか理解 深めていくこと目的として実施。原町、相馬商工会議所訪問した際

16 さらに読み込む

加 入 ガイド 本 制 度 の 特 色 1 日 本 在 宅 介 護 協 会 会 員 事 業 者 が 加 入 できます 2 介 護 保 険 制 度 障 害 者 総 合 支 援 制 度 に 対 応 する 賠 償 補 償 各 種 事 業 申 請 に 対 応 できます 公 的 介 護 保 険 制 度 におけ

加 入 ガイド 本 制 度 の 特 色 1 日 本 在 宅 介 護 協 会 会 員 事 業 者 が 加 入 できます 2 介 護 保 険 制 度 障 害 者 総 合 支 援 制 度 に 対 応 する 賠 償 補 償 各 種 事 業 申 請 に 対 応 できます 公 的 介 護 保 険 制 度 におけ

③屋根、樋(とい)、扉、戸、窓、通風筒等から入る雨、雪等による財物の損壊起因する賠償責任 ④仕事の終了後(仕事の目的物の引渡し要する場合は引渡し後)または仕事放棄した後において、その仕事の結果起因する賠 償責任。ただし、被保険者が、機械、装置または資材仕事の行われた場所放置または遺棄した結果起因するもの除きます。 ⑤被保険者の占有離れた商品もしくは飲食物または被保険者の占有離れ施設外あるその他の財物起因する賠償責任 など <生産者特約条項の免責事由>
さらに見せる

8 さらに読み込む

す 免 責 事 由 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 をいいます 損 害 事 故 や 災 害 により 受 ける 金 銭 上 の 不 利 益 をいい 消 防 または 避 難 に 必 要 な 処 理 によって 保 険 の 目 的 について 生 じた 損 害 を 含 みます 家 財 生 活 の 用

す 免 責 事 由 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 をいいます 損 害 事 故 や 災 害 により 受 ける 金 銭 上 の 不 利 益 をいい 消 防 または 避 難 に 必 要 な 処 理 によって 保 険 の 目 的 について 生 じた 損 害 を 含 みます 家 財 生 活 の 用

3.前項の規定は、会社が、前項の規定による解除の原因があること知った時から1か 月経過した場合または危険増加が生じた時から5年経過した場合は、適用しま せん。 4.前2項の規定による解除が損害の発生した後なされた場合であっても、解除係る 危険増加が生じた時から解除がなされた時まで発生した損害に対しては、会社は保 険金支払いません。この場合において、既に保険金支払っていたときは、会社は その返還請求することができます。この規定は、第16条(保険契約解除の効力) の規定とはかかわりありません。
さらに見せる

46 さらに読み込む

社 会 福 祉 協 議 会 様 の 運 営 する 以 下 の 相 談 業 務 をサポートします 1. 日 常 生 活 自 立 支 援 事 業 2. 成 年 後 見 制 度 事 業 3. 高 齢 者 ふれあい 相 談 センター 事 業 ( 高 齢 者 の 何 でも 相 談 支 援 ) 4. 資 金 貸

社 会 福 祉 協 議 会 様 の 運 営 する 以 下 の 相 談 業 務 をサポートします 1. 日 常 生 活 自 立 支 援 事 業 2. 成 年 後 見 制 度 事 業 3. 高 齢 者 ふれあい 相 談 センター 事 業 ( 高 齢 者 の 何 でも 相 談 支 援 ) 4. 資 金 貸

• 受付時の情報(受付票やガイドライン等)の履歴管理 • 面談の履歴、障がいのレベル、家族構成、相談の経緯など変化する情報も保持し、変更前、変更後の履歴管理行います • 相談等の情報の履歴持ち、相談来られた際過去の情報参照し、継続した相談・支援サポート • 利用者の来所される都度、相談内容履歴が残ります

17 さらに読み込む

7.ブース 出 店 ( 物 販 ) 国 際 協 力 NGO 風 の 会 風 の 会 は カンボジアへの 教 育 支 援 を 行 う 学 生 団 体 毎 年 2 回 現 地 に 渡 航 して 活 動 します ブ ースでは カンボジアの 特 産 品 を 販 売 し 売 り 上 げは 教 育 支 援 活

7.ブース 出 店 ( 物 販 ) 国 際 協 力 NGO 風 の 会 風 の 会 は カンボジアへの 教 育 支 援 を 行 う 学 生 団 体 毎 年 2 回 現 地 に 渡 航 して 活 動 します ブ ースでは カンボジアの 特 産 品 を 販 売 し 売 り 上 げは 教 育 支 援 活

ジ、調理の難しい本格クメールデザート・ロー 巻き、チャー・クルアン(鶏肉のスパイシーハー ト・ドーン(ココナッツミルクのデザート)販売。 ブ炒め)販売。 【アンコールワット】 日本あるカンボジア料理の老舗、代々木・ アンコールワットが出店。カンボジアの代表 な料理のアモック(鮭のココナッツスパイシー 蒸し)、カンボジア風さつま揚げ、イカボール 油揚げ、タマリンドジュース、カボチャケーキ 販売。二日間とも大行列の人気店でした。
さらに見せる

11 さらに読み込む

請 求 明 細 書 給 付 管 理 票 返 戻 ( 保 留 ) 一 覧 表 介 護 予 防 日 常 生 活 支 援 総 合 事 業 分 については 様 式 は 別 様 式 となる が 介 護 給 付 分 と 見 方 は 同 様 となり ます 1 返 戻 (または 保 留 )となった 請 求 明 細

請 求 明 細 書 給 付 管 理 票 返 戻 ( 保 留 ) 一 覧 表 介 護 予 防 日 常 生 活 支 援 総 合 事 業 分 については 様 式 は 別 様 式 となる が 介 護 給 付 分 と 見 方 は 同 様 となり ます 1 返 戻 (または 保 留 )となった 請 求 明 細

この場合、制度上その月の末日時点の居宅介護支援事業所又は地域包括支援センターのみが給付管理票提出することなりますが、変更前の居宅介護 支援事業所又は地域包括支援センターが誤って給付管理票提出した場合このエラーなることがあります。 (月の途中で保険者が変わったため居宅介 護支援事業所又は地域包括支援センターが変わった場合等は、この条件該当しません) ④ 他の利用者の保険者番号や被保険者番号誤って入力(記入)した給付管理票と同一被保険者(入力間違いした保険者番号、被保険者番号の被保険者) の正しい給付管理票一緒提出した場合。
さらに見せる

66 さらに読み込む

Contents 年 活 動 概 要 1.はじめに 1 2. 事 業 内 容 1 3. 運 営 状 況 2 4. 新 年 度 について 4 5. 演 奏 の 記 録 5 会 員 一 覧 10 特 別 支 援 企 業 / 団 体 賛 助 会 維 持 会 新 日 本 フィルを 支 え

Contents 年 活 動 概 要 1.はじめに 1 2. 事 業 内 容 1 3. 運 営 状 況 2 4. 新 年 度 について 4 5. 演 奏 の 記 録 5 会 員 一 覧 10 特 別 支 援 企 業 / 団 体 賛 助 会 維 持 会 新 日 本 フィルを 支 え

  厚子様 柴田 文雄様 島  義勝様 島田 富子様 嶋津 優子様 清水 詮代様 清水 秀昭様 清水 睦子様 志村 光恵様 城田新一郎様 晋友合唱団様 末松 信子様 菅原  彰様 杉江 弘仲様 杉林 裕夫様 杉原 久雄様 鈴木 克己様 鈴木 公正様 鈴木 孝治様 鈴木佐和子様 鈴木 英夫様 鈴木 雅夫様 鈴木 雅博様 鈴木 美和様 鈴木ゆき子様 須藤 隆弘様 砂畑 光江様 住吉 純子様 成城合唱団様 瀬川 和子様 関   守様 関口 典子様 関端 政明様 瀬古 康子様 瀬下 敬子様 善場 弘子様 相馬 晶夫様 添田 淑子様 園田  洋様 田  晴子様 高橋 桂子様 橋  幸子様 橋  幸恵様 橋  行雄様 高橋  裕様 高橋 洋子様 橋 リエ子様 高部 典子様 高松 則雄様 高森きよ子様 瀧上 智恵様 瀧川 迪子様 瀧澤 奎二様 滝野  豊様 武井  勉様 竹内  昭様 竹下 幸枝様 竹田 俊明様 竹中 綾野様 武中  香様 竹中スミ子様 田中 敏子様 田中 由美様 田靡 慎吾様 田沼 勇二様 田原 時男様 田邨 幸也様 田村 忠幸様 千々岩浩子様 中鉢 昌子様 塚本 八峰様 堤 久見子様 綱島功太郎様 常見 恭子様 角田美智子様 釣巻 耕秀様 寺崎 誠作様 寺薗扶美子様 照井 淑子様 土肥  昇様 東京アカデミッシェカペレ様 東谷 昭三様 遠山 柚一様 徳永 和子様 戸田 範子様 戸出 正夫様 轟  ヒサ様 冨田みどり様 友田 寿子様 豊島 好恵様 内藤  昭様 内藤 明枝様 内藤 藤三様 内藤 峰子様 永井 整子様 永井  宏様 長井 裕史様 中井 幸夫様 永井 秀文様 中尾 恭子様 中川 裕美様 長澤 絢子様 中嶋喜代子様 中嶋 欣三様 仲田 松子様 永田 教子様 永田  仁様 中藤 月子様 中藤 泰雄様 中野  浩様 永原 令子様 永松 智美様 永宮 毅久様 中村 京子様 中村 清高様 中村  博様 中村美代子様 中村 幸雄様 中山 朋子様 名越 恵子様 鳴海 庸子様 西川  悟様 西川 康子様 西沢 智康様 西嶋美千代様 西田 克彦様 西谷  博様 西村 清邦様 西本 徳子様 仁戸部弓彦様 沼田 隆芳様 根木 康利様 野村あい子様 芳賀 珠世様 袴塚  敦様 箱木 克士様 長谷川光明様 支倉二二男様 秦野 昭二様 花輪 芳和様 浜田 光子様 浜野 千鶴様 羽村 雅俊様 原  英記様 原  洋子様 半田 庄司様 半田三枝子様 半戸嘉奈江様 東尾 愛子様 東尾 吉信様 日紫喜 史様 日向  央様 平井 基雄様 平沢 礼子様 広瀬由紀子様 深草耕太郎様 布川 隆志様 福崎至佐子様 福澤 寿子様 福田 晴彦様 福田美知子様 福田 義晴様 藤井 和子様 藤岡 正枝様 藤久保美智代様 藤澤 香織様 藤田 哲也様 藤田 正彦様 藤森 貞雄様 船橋  有様 船生いづみ様 古川原裕仁様 古澤 恵子様 細尾 直子様 細谷 エイ様 法橋  建様 穂満 孝子様 堀  博司様 堀内美奈子様 堀木 和子様 堀口美代子様 本宿  克様 前小屋弥子様 前澤 麻子様 前田友見子様 真島 香織様 松井久美子様 松井  茂様 松波 恵子様 松原 淑子様 松宮 道子様 松本 和夫様 松本 和子様 松本 隆志様 松本万里子様 間宮  悠様 間宮美智子様 三浦百合子様 三津田 敬様 三津田信子様 三平 武男様 三宅加代子様 都田 慶裕様 宮崎 隆男様 宮  美枝様 宮  美子様 宮下  節様 宮本  晃様 三輪美枝子様 向坊富士子様 武藤 祐二様 村上  正様 村瀬 昭二様 村松  博様 村山  歩様 村山 公美様 毛利 曄子様 元木るみ子様 本山実枝子様 百   毅様 森 トキ子様 森  玲子様 森川  栄様 森川 智子様 森田 和久様 守屋 浄秀様 師岡 一司様 矢板 玲子様 八木サト子様 矢倉美保子様 安田まゆみ様 安田百合子様 柳下  等様 山口  博様 山口 浩之様 山崎 博一様 山下 幸子様 山田 拓実様 山田 徹男様 山田 文子様 山津 一之様 山中 厚子様 山本 明子様 山本 智雄様 山本  洋様 山本 康子様 結城久美子様 弓削 節子様 横井喜久子様 横澤 有子様 横山 雅弘様 横山 宏子様 吉澤 清志様 吉田 菊子様 吉田有紀子様 吉野あや子様 野  邦夫様 寄島 清美様 若狹  慧様 若狹 正子様 若目田富美子様 和田 英恵様 和田 倫子様 渡部 明子様 渡邊 千寿様 渡邊千津子様 渡辺 信宏様 渡辺 久子様 渡辺 文憲様 渡辺 雅晴様 渡辺 美香様 渡辺  和様 他43名様
さらに見せる

16 さらに読み込む

東 京 都 小 学 校 生 活 科 総 的 な 学 習 教 育 研 究 会 庶 務 長 石 田 恒 久 ( 日 野 市 立 日 野 第 一 小 学 校 長 ) 平 成 27 年 度 東 京 都 小 学 校 生 活 科 総 的 な 学 習 研 究 会 の 年 次 総 会 及 び 研 究 推 進 委 員

東 京 都 小 学 校 生 活 科 総 的 な 学 習 教 育 研 究 会 庶 務 長 石 田 恒 久 ( 日 野 市 立 日 野 第 一 小 学 校 長 ) 平 成 27 年 度 東 京 都 小 学 校 生 活 科 総 的 な 学 習 研 究 会 の 年 次 総 会 及 び 研 究 推 進 委 員

実践の質高め、発信し、広げる年 〜能力の育成と知の創造向けた生活科・総合な学習の時間意識して〜 ないでしょうか。  現在はイノベーションの時代であり、私たち一人一人の手元、正 確で大量の情報が、瞬時届くような社会なりました。そのため、 一つ一つの事実知識暗記し、再生することよりも、そうした知 識実際の生活の場面や問題解決の場面において、活用できる汎 用能力こそが求められるようなっています。さらには、自ら新し い知創造することこそが求められるようなりました。そうした人 材の育成こそが現在期待されているのです。私たちが子供の時代は、 キャッチアップの時代でした。そこで求められていた人材育成する のふさわしいものとして、各学校では一斉画一で受け身の授業 がなされてきたわけです。では、「なぜ、今、授業が変わらなければ ならないのか?」それは、前述のよう時代の大きな変化があり、求 められる人材が変わり、そうした人材育成するのにふさわしい教育 変えていかなければならないからです。教育の中心は、何といって も毎日教室で繰り返され、年間1000 単位時間以上も実施される授業 だということ、誰も異論唱える人はいないでしょう。改革の本丸 として「授業」が掲げられているのはそのためです。
さらに見せる

8 さらに読み込む

CODE 0 事 業 名 防 犯 のまちづくり 推 進 事 業 自 主 防 犯 活 動 組 織 の 結 成 支 援 など 地 域 の 自 治 会 への 自 主 防 犯 組 織 結 成 の 呼 びかけ 防 犯 活 動 を 支 援 します 随 時 常 任 理 事 会 や 地 区 センター 所 長 会 議

CODE 0 事 業 名 防 犯 のまちづくり 推 進 事 業 自 主 防 犯 活 動 組 織 の 結 成 支 援 など 地 域 の 自 治 会 への 自 主 防 犯 組 織 結 成 の 呼 びかけ 防 犯 活 動 を 支 援 します 随 時 常 任 理 事 会 や 地 区 センター 所 長 会 議

協働事項(事業推進のため、市民・各事業者協力してもらいたい事項があれば記入してください) 自治会長や民生児童委員、スクールガードリーダー等、学校支える地域の方々も各校の連絡メール登録していた だき、より災害強い情報基盤構築していきたい。 各学校の「連絡メール:Renme」lへの登録率が市全体で90%超えた。また、NetCommonsの導入よ り、各学校が頻繁教育活動等の情報更新し、アクセス数も格段増加した。さらに、課題としていた 「災害等強い情報基盤」としてのホームページとして、「緊急連絡サイト」設置し、双方向による連絡 体制構築することができた。さらに運用の定着図る必要はあるものの、目的は達成できたとして評価 5とした。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Ⅱ 消 費 者 啓 発 事 業 市 民 の 消 費 生 活 の 安 定 と 向 上 に 向 け 消 費 者 意 識 の 高 揚 と 合 理 的 な 消 費 生 活 の 推 進 に 役 立 つ 情 報 や 知 識 の 普 及 を 目 的 に 各 種 啓 発 活 動 を 行 っています 1 消 費 生

Ⅱ 消 費 者 啓 発 事 業 市 民 の 消 費 生 活 の 安 定 と 向 上 に 向 け 消 費 者 意 識 の 高 揚 と 合 理 的 な 消 費 生 活 の 推 進 に 役 立 つ 情 報 や 知 識 の 普 及 を 目 的 に 各 種 啓 発 活 動 を 行 っています 1 消 費 生

   市民の消費生活の安定と向上向け、消費者意識の高揚と合理な消費生活の推進役立   つ情報や知識の普及目的、各種啓発活動行っています。     学校、町内、老人等の地域団体や地元企業等からの「出前講座」開催要請応じて、消    費生活センター相談員が各地域出向き、市民が悪質商法被害や消費生活トラブル遭わな    いための悪質事例の紹介や情報提供などの注意喚起と、消費者力アップ向けた啓発講座 開催し、消費生活知識の普及と被害の未然防止努めています。
さらに見せる

13 さらに読み込む

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域

社会福祉目的とする事業の健全な発達図るため必要な事業 鹿児島市社会福祉協議(福祉相談事業) 公表 鹿児島市山下町15-1 生計困難者に対して無利子又は低利で資金融通する事業 郡山支部(小口融資資金貸付事業) 公表 鹿児島市谷山中央4-4927 生計困難者に対して無利子又は低利で資金融通する事業

12 さらに読み込む

44 A 総 合 046 母 性 愛 神 話 の 罠 大 日 向 雅 美 日 本 評 論 社 45 A 総 合 047 迷 走 する 両 立 支 援 萩 原 久 美 子 太 郎 次 郎 社 エディタス 46 A 総 合 048 母 性 愛 神 話 とのたたかい 大 日 向 雅 美 草 土 文 化 社

44 A 総 合 046 母 性 愛 神 話 の 罠 大 日 向 雅 美 日 本 評 論 社 45 A 総 合 047 迷 走 する 両 立 支 援 萩 原 久 美 子 太 郎 次 郎 社 エディタス 46 A 総 合 048 母 性 愛 神 話 とのたたかい 大 日 向 雅 美 草 土 文 化 社

ドメス出版 96 A総合 098 女性化する福祉社会 杉本喜代栄 勁草書房 97 A総合 099 女からみた男の呼び方「主人」ということば 福田真弓 明石書店 98 A総合 100 ウィメンズヘルス辞典 女性のからだとこころガイド 日本母性衛生学会 中央法規 99 A総合 101 家族の心理 家族への理解深めるため 平木典子・中釜洋子 サイエンス社 100 A総合 102 女性施設ジャーナル2 1996 (財)横浜市女性協会 学陽書房 101 A総合 103 女性施設ジャーナル3 1997 (財)横浜市女性協会 学陽書房 102 A総合 104 女性施設ジャーナル4 1998 (財)横浜市女性協会 学陽書房 103 A総合 105 女性施設ジャーナル5 1999 (財)横浜市女性協会 学陽書房 104 A総合 106 女性施設ジャーナル6 2001 (財)横浜市女性協会 学陽書房 105 A総合 107 女性施設ジャーナル7 2002 (財)横浜市女性協会 学陽書房 106 A総合 108 女性施設ジャーナル8 2003 (財)横浜市女性協会 学陽書房 107 A総合 109 女子教育 16 特集/共生社会と女性の役割 目白学園女子教育研究所所
さらに見せる

58 さらに読み込む

5 市 民 がまちづくりを 楽 しめるまち (2) 市 民 が 自 ら 行 うまちづくり 活 動 を 支 援 します 市 民 協 働 活 動 推 進 事 業 ( 担 当 : 市 民 協 働 課 市 民 協 働 男 女 参 画 係 ) 682 万 円 指 定 管 理 者 による 市 民 活 動 支 援

5 市 民 がまちづくりを 楽 しめるまち (2) 市 民 が 自 ら 行 うまちづくり 活 動 を 支 援 します 市 民 協 働 活 動 推 進 事 業 ( 担 当 : 市 民 協 働 課 市 民 協 働 男 女 参 画 係 ) 682 万 円 指 定 管 理 者 による 市 民 活 動 支 援

(3)市民満足度重視した効率な行政サービス行います 建替え計画している一迫総合支所 郵便局窓口交付サービス事業 49万円 (市民課市民係) 最寄りの総合支所から離れている地区及び出張所廃止した地区ある、沼倉・文字(栗駒) 、 金田(一迫) 、秋法(鶯沢)の4郵便局で、各種証明書等の交付サービス実施します。

11 さらに読み込む

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内

2.この条及び第[ 23A][23B]条の適用上、各締約国において1規定する恒久 施設帰せられる利得は、特に当該恒久施設有する企業の他の構成部分との 取引において、当該恒久施設が、同一又は類似の条件で同一又は類似の活動行 う分離し、かつ、独立した企業であるとしたならば、当該企業が当該恒久施設 通じて、及び当該企業の他の部門を通じて遂行した機能、使用した資産及び引き受 けた危険考慮して、当該恒久施設が取得したとみられる利得とする。
さらに見せる

24 さらに読み込む

Show all 10000 documents...