他 に 分 類 さ れ な い 研 究 者

Top PDF 他 に 分 類 さ れ な い 研 究 者:

2. 研 究 者 / 評 価 者 情 報 修 正 この 画 面 では 研 究 者 が 自 分 自 身 の 情 報 の 修 正 を 行 います (A) 研 究 者 / 評 価 者 情 報 の 修 正 () 研 究 者 / 評 価 者 情 報 修 正 画 面 を 開 く HOME 画 面 メニューの 研

2. 研 究 者 / 評 価 者 情 報 修 正 この 画 面 では 研 究 者 が 自 分 自 身 の 情 報 の 修 正 を 行 います (A) 研 究 者 / 評 価 者 情 報 の 修 正 () 研 究 者 / 評 価 者 情 報 修 正 画 面 を 開 く HOME 画 面 メニューの 研

項目説明 研究番号 × ― 対象の研究の研究番号が表示ます。 研究分担キー機能 ○ 必須 研究分担キーの使用有無を表示します。 「使用する」とした場合、の研究があなたを 検索する際、あなたの「研究番号」「研究 氏名」「研究分担キー」が必須条件となります。 「使用しない」とした場合、あなたの「研究番 号」「研究氏名」のみで検索可能となります。 研究分担キー ○ 条件
さらに見せる

19 さらに読み込む

2 特 許 情 報 とは 発 明 者 企 業 等 発 行 国 どこへの 出 願 か 特 許 分 類 どのような 技 術 か ( 大 まかな 分 類 ) 技 術 開 発 成 果 の 開 示 ( 特 許 出 願 ) 公 開 特 許 公 報 の 例 特 開 - 特 願 平 -. 特 許 庁 研 究 開 発

2 特 許 情 報 とは 発 明 者 企 業 等 発 行 国 どこへの 出 願 か 特 許 分 類 どのような 技 術 か ( 大 まかな 分 類 ) 技 術 開 発 成 果 の 開 示 ( 特 許 出 願 ) 公 開 特 許 公 報 の 例 特 開 - 特 願 平 -. 特 許 庁 研 究 開 発

25 米国石油最大手のエクソンモービルは2003年を境、フィッシャートロプシュ反応(①)、 メタノール転換(②)共に大幅開発を縮小せている。事業環境の変化伴う研究開発 戦略の見直しが考えられる。すなわち長期原油安の見込みやLNG事業化などにより、GTL事 業化の見通しが立たなくなった可能性がある。の米国出願人についても同様である。 4.特許出願動向 -注目出願人技術区分別出願件数推移(読み込みによる解析)-
さらに見せる

32 さらに読み込む

動 心 理 症 状 の 改 善 を 目 的 とした 治 療 薬 の 薬 物 動 態 薬 効 解 析 山 本 吉 章 ( 研 究 分 担 者 )( 研 究 代 表 者 : 賀 川 義 之 )10 万 円. 文 部 科 学 省 科 学 研 究 費 補 助 金 : 若 手 研 究 B 課 題

動 心 理 症 状 の 改 善 を 目 的 とした 治 療 薬 の 薬 物 動 態 薬 効 解 析 山 本 吉 章 ( 研 究 分 担 者 )( 研 究 代 表 者 : 賀 川 義 之 )10 万 円. 文 部 科 学 省 科 学 研 究 費 補 助 金 : 若 手 研 究 B 課 題

3. 井上有史. 平成 26 年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業)希少難 治性てんかんのレジストリ構築による総合的研究(H26-難治等(難)-一般-051)研究班 会議. 2014 年 11 月 15 日. 東京. 4. 西田拓司、高橋幸利. グルタミン酸受容体抗体陽性の精神疾患患者および精神症状を伴 う脳炎後てんかん患者の臨床的特徴の検討. 厚生労働科学研究費補助金 障害対策総 合研究事業(神経・筋疾患分野) 非ヘルペス性急性辺縁系脳炎の前駆期-先行感染症期 の病態解明による障害防止研究(H24-神経・筋-一般-002) 平成 26 年度班会議. 2014 年 11 月 28 日. 静岡.
さらに見せる

52 さらに読み込む

2. 研 究 内 容 本 研 究 は 高 齢 者 施 設 に 入 所 する 高 齢 者 ( 平 均 年 齢 85 歳 )72 名 および 職 員 ( 平 均 年 齢 37 歳 )20 名 をそれぞれ 無 作 為 に2 群 に 分 け L. casei シロタ 株 を 含 むプロバイオティクス 飲 料

2. 研 究 内 容 本 研 究 は 高 齢 者 施 設 に 入 所 する 高 齢 者 ( 平 均 年 齢 85 歳 )72 名 および 職 員 ( 平 均 年 齢 37 歳 )20 名 をそれぞれ 無 作 為 に2 群 に 分 け L. casei シロタ 株 を 含 むプロバイオティクス 飲 料

(2)プロバイオティクス飲料の継続摂取が施設入所の腸内フローラおよび腸内環 境及ぼす影響 プロバイオティクス飲料飲用群ではプラセボ飲料飲用群と比較して、飲用後 において、①有用菌である Lactobacillus および Bifidobacterium の有意増 加、②有害菌であるウェルシュ菌( Clostridium perfringens )や日和見感染 菌である Enterobacteriaceae 、 Stapylococcus 、 Pseudomonas の有意減少、 ③日和見感染菌である Clostridium difficile の検出率の有意減少が認めら ました。
さらに見せる

6 さらに読み込む

申 告 書 類 作 成 記 入 要 領 1. 平 成 28 年 分 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 これは 平 成 28 年 1 月 以 降 各 月 の 研 究 奨 励 金 に 課 される 所 得 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 書 類 です あな

申 告 書 類 作 成 記 入 要 領 1. 平 成 28 年 分 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 これは 平 成 28 年 1 月 以 降 各 月 の 研 究 奨 励 金 に 課 される 所 得 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 書 類 です あな

※再提出する申告書の左肩「採用年度・資格・領域・受付番号」を記入してください。 ※戸籍名変更が生じている場合は、併せて「氏名等変更届<様式1―3>」を提出し てください。 ※ 前 回 提 出 済 申 告 書 の コ ピ ー を 手 元 保 管 場 合 は 、 本 会 掲 示 板 (http://www.jsps.go.jp/j-keiji.html)より2014年10月10日付けで掲載して いる「平成27年給与所得の扶養控除等(異動)申告書」をダウンロードしてご使 用ください。その際は、変更前の事項を全て黒字で記載し、かつ、変更事項を朱書きで 訂正し、申告本人氏名の箇所捺印の上、提出してください。
さらに見せる

8 さらに読み込む

2 筑 波 実 験 植 物 園 植 物 目 録 2008 はじめに 国 立 科 学 博 物 館 は 1976 年 5 月 に 筑 波 研 究 学 園 都 市 に 植 物 分 類 学 およびその 関 連 分 野 の 研 究 を 行 うとともに その 研 究 成 果 を 広 く 一 般 市 民 や 青

2 筑 波 実 験 植 物 園 植 物 目 録 2008 はじめに 国 立 科 学 博 物 館 は 1976 年 5 月 に 筑 波 研 究 学 園 都 市 に 植 物 分 類 学 およびその 関 連 分 野 の 研 究 を 行 うとともに その 研 究 成 果 を 広 く 一 般 市 民 や 青

1998 年第 4 回目を、2003 年第 5 回目の植物目録を発刊した。そして開園 25 周年あ たる今年、第 6 回目の植物目録を発刊した。 これまで筑波実験植物園では、日本の代表的植生区を園内整備し、多種多様植 物を植栽・系統保存してきた。そのよう植栽・整備の実績を踏まえて、本年、研究植物 園として再出発したところである。生物多様性はこの地球上生命が生まれ、その後連綿 と続いてきた生物進化の所産であることはよく知らている。そのため、生物多様性が生 物学にとって興味の尽きない研究対象であるばかりか、食物網など生物間のさまざま結 びつきの基礎となっている。実際、多種多様生物は食料・医薬・住居・衣類の原材料と して、また健やか生きる生活環境として、人類の生存必要不可欠である。人類も生物 多様性の中で起源したことを考えると、結びつきの強は当然であるといえる。そのよう 生物多様性が近年の人類の大規模活動により多大影響を受け、滅失の危機さらさ ていることはますますはっきりしてきた。筑波実験植物園では、人々の暮らしと切り離
さらに見せる

233 さらに読み込む

本 報 告 書 は 行 政 管 理 に 関 する 調 査 研 究 活 動 の 一 環 として 平 成 21 年 度 においてみずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 に 委 嘱 して 実 施 した 調 査 研 究 の 成 果 であり 本 文 中 の 見 解 にわたる 部 分 は 執 筆 者 のもの

本 報 告 書 は 行 政 管 理 に 関 する 調 査 研 究 活 動 の 一 環 として 平 成 21 年 度 においてみずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 に 委 嘱 して 実 施 した 調 査 研 究 の 成 果 であり 本 文 中 の 見 解 にわたる 部 分 は 執 筆 者 のもの

(2) 独立戦争と建国 18 世紀を迎えるとアメリカ独立戦争やフランス革命、ナポレオン戦争影響、ス ペイン本国からの独立の気運が高まった。1810 年代はイダルゴ、モレロスらが独立を 掲げて武装蜂起したが、いずれもクリオージョの保守派を独立運動取り込めず、失敗 終わった。しかし、独立派ゲリラによる内戦が続く中、1820 年スペイン本国で立憲 革命が起き、急進的自由主義勢力が再興した。これ脅威を感じたクリオージョ保守 派は、独立軍鎮圧従事してきたイトゥルビデを擁立し、保守派主導での独立を図った。 イトゥルビデは独立派と協定を結び、1821 年メキシコシティを占拠した。翌 1822 年、ス ペインからの独立を達成し、立憲君主国としてメキシコ帝国を樹立、イトゥルビデは議 会の承認を経て皇帝即位した。しかし間もなく反帝政運動が激化し、イトゥルビデは 処刑、1824 年の憲法制定によりメキシコ連邦共和国が樹立た。初代大統領は、 モレロスの後を継いで独立運動を率いてたグアダルーペ・ビクトリアが就任した。
さらに見せる

107 さらに読み込む

研 究 事 業 当 財 団 の 研 究 事 業 は 寄 生 虫 の 分 類 学 および 形 態 学 を 主 とした 研 究 活 動 が 主 体 である 日 本 寄 生 虫 学 会 をはじめ 諸 学 会 において 講 演 研 究 報 告 論 文 発 表 等 を 行 っている 他 方 長 年 継 続 し

研 究 事 業 当 財 団 の 研 究 事 業 は 寄 生 虫 の 分 類 学 および 形 態 学 を 主 とした 研 究 活 動 が 主 体 である 日 本 寄 生 虫 学 会 をはじめ 諸 学 会 において 講 演 研 究 報 告 論 文 発 表 等 を 行 っている 他 方 長 年 継 続 し

1. 小川和夫ら 1) Control of parasitic diseases of fish in Japanese aquaculture. Eighth International Symposium on Fish Parasites, Vina der Mar, Chile, 平成 23 年 9 月。 シンポジウムの招待講演として、日本の魚類養殖における寄生虫病対策について講演した。 2) Control of blood fluke infections in cultured Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis.

14 さらに読み込む

~ 電 磁 波 生 体 影 響 を 評 価 する 主 な 研 究 内 容 ~ 研 究 分 類 対 象 研 究 内 容 細 胞 実 験 研 究 動 物 実 験 研 究 疫 学 研 究 人 体 影 響 細 胞 実 験 動 物 (ラット マウスなど) ヒト ヒト 細 胞 増 殖 DNA 合 成 染 色 体

~ 電 磁 波 生 体 影 響 を 評 価 する 主 な 研 究 内 容 ~ 研 究 分 類 対 象 研 究 内 容 細 胞 実 験 研 究 動 物 実 験 研 究 疫 学 研 究 人 体 影 響 細 胞 実 験 動 物 (ラット マウスなど) ヒト ヒト 細 胞 増 殖 DNA 合 成 染 色 体

◎ 症例数はグリオーマ比べ少ないが、上記の疫学研究結果は聴神経鞘腫と携帯電話使 用との因果関係を示唆している。ただし、聴神経鞘腫と携帯電話使用の関連性、否 定的疫学研究もある。 * Cardis E, Armstrong BK, Bowman JD, et al. Risk of brain tumours in relation to estimated RF dose from mobile phones—results from five Interphone countries. Occup Env Med 2011; published online June 9. DOI:10.1136/oemed-2011-100155.

21 さらに読み込む

演 劇 文 化 の 研 究 の 研 究 会 において 宮 廷 劇 と 民 間 劇 の 類 似 金 華 婺 劇 調 査 から と 題 する 報 告 をされている(2) この 調 査 には 研 究 協 力 者 として 明 代 浙 江 の 社 会 史 を 研 究 する 要 木 佳 美 さんにもご 参 加

演 劇 文 化 の 研 究 の 研 究 会 において 宮 廷 劇 と 民 間 劇 の 類 似 金 華 婺 劇 調 査 から と 題 する 報 告 をされている(2) この 調 査 には 研 究 協 力 者 として 明 代 浙 江 の 社 会 史 を 研 究 する 要 木 佳 美 さんにもご 参 加

その土地の人が楽しんでいる文学が、その土地の人が感じていること、考えていること を、よく教えてくれるとはじめ述べた。文字の力は大きい。その土地行かなくても、 話をきくほどの時間をかけなくても、文字によってたくさんのことを知ることができる。 一方で、文字をつうじてわかることは限界がある。台本だけを読んで、 「文武八仙」の 魅力を理解することはむずかしい。この演目社公が登場しないことは、その場いると あまり気ならないが、文字をとおすと矛盾見えることだろう。 「情義状元」を読んで、 この演目が、団地の新築への感謝と招福のため、社公を招き、奉納芝居として、この記 録述べたよう上演れることを想像することは不可能であるし、だいいち、実地見 ないでそのようことを言っても、だれも相手ない。依代である紙が破れた社公 と、壁描かた顔の白い関公への信仰についても、 「ある」 「ない」の二分法で解決しよ うとすると、実態を見失うことなる。文字を過信すると、あることをないことしてし まい、局部的は正しくとも全体を見誤ってしまうことがある。
さらに見せる

13 さらに読み込む

霊 長 類 の 足 関 節 力 学 的 機 構 に 関 す る 機 能 形 態 学 的 研 究 後 藤 遼 佑 大 阪 大 学 大 学 院 人 間 科 学 研 究 科 行 動 生 態 学 講 座 生 物 人 類 学 研 究 分 野

霊 長 類 の 足 関 節 力 学 的 機 構 に 関 す る 機 能 形 態 学 的 研 究 後 藤 遼 佑 大 阪 大 学 大 学 院 人 間 科 学 研 究 科 行 動 生 態 学 講 座 生 物 人 類 学 研 究 分 野

(Vereecke et al., 2003; Vereecke et al ., 2005; Hirasaki et al ., 201 0; Patel and Wunderlich, 2010) 。 Patel and Wunderlich (2010) は ア ヌ ビ ス ヒ ヒ (Papio anubis) の 前 肢 は 歩 行 時 は 趾 行 性 で あ る が 、走 行 時 は 手 根 部 が 接 地 す る こ と を 示 し 、手 の 接 地 パ タ ー ン の 変 化

233 さらに読み込む

スマートフォン プライバシー イニシアティブ を 踏 まえた 対 応 10 平 成 24 年 8 月 に 諸 問 題 研 究 会 報 告 書 として 提 言 された スマートフォン プライバシー イニシアティブ が 発 表 され スマートフォンの 利 用 者 情 報 の 取 扱 いの 在 り 方 と

スマートフォン プライバシー イニシアティブ を 踏 まえた 対 応 10 平 成 24 年 8 月 に 諸 問 題 研 究 会 報 告 書 として 提 言 された スマートフォン プライバシー イニシアティブ が 発 表 され スマートフォンの 利 用 者 情 報 の 取 扱 いの 在 り 方 と

 100万以上のアプリケーションについて静的解析及び動的解析を行った上でレピュテーションスコアとレポート を生成し、MAR(Mobile App Reputation)というデータベースとして運用  MARにおいてプライバシーリスクを主情報の外部送信の観点から4段階区分。  プライバシースキャン (MARを活用し、ウイルスバスターのサービスとして提供。)(2012年9月~提供)

6 さらに読み込む

目 次 問 題 1. 研 究 の 背 景 1 2. 研 究 の 目 的 と 研 究 アプローチ 6 3. 先 行 研 究 7 1) 清 掃 活 動 に 関 する 先 行 研 究 2) 組 織 市 民 行 動 に 関 する 研 究 とその 尺 度 に 関 する 研 究 3) 文 脈 的 業 績 に 関

目 次 問 題 1. 研 究 の 背 景 1 2. 研 究 の 目 的 と 研 究 アプローチ 6 3. 先 行 研 究 7 1) 清 掃 活 動 に 関 する 先 行 研 究 2) 組 織 市 民 行 動 に 関 する 研 究 とその 尺 度 に 関 する 研 究 3) 文 脈 的 業 績 に 関

①自己意識の変容過程の調査 第2研究のインタビュー調査から、自己意識の変容がもっとも大きな効果であったことが明確 なった。言いかえれば、自己意識の変容がなければ、すべての組織行動変化は表れないというこ とである。ではなぜ、組織行動変化を起こさせるパワーを持つ自己意識の変容が、清掃活動を通 して促進れるのかである。ここ今後の重要課題が残さているといえよう。今回のインタビ ュー調査では、この疑問を説明する回答データは見出せなかった。それは当初準備した質問項目 それらを確認する質問項目がなかったことであり、今回の調査前の時点では予想外のものであった からである。今回の調査により、清掃活動が自己意識の変容を促進していることは見出せた。今後 はその部分さらに踏み込んで、なぜ自己意識の変容が起こったのかを解明するインタビュー調査 を実施し、清掃活動と自己意識変容のメカニズムが明らかできれば大きな成果を得ることができ るだろう。そのためは、インタビューの質を高め、調査協力(企業)の母数を増やし、清掃活 動を実施している群と実施してない群わけた、成員意識の比較研究も必要なるであろう。 ②企業フィールドへの調査拡大
さらに見せる

125 さらに読み込む

はしがき 本 書 中 東 イスラーム 諸 国 民 主 化 ハンドブック 2014 は イスラーム 地 域 研 究 東 京 大 学 拠 点 研 究 に 属 する 中 東 イスラーム 諸 国 の 民 主 化 研 究 班 の 成 果 物 のひとつです これは 当 研 究 班 のホームページに 掲 載 され

はしがき 本 書 中 東 イスラーム 諸 国 民 主 化 ハンドブック 2014 は イスラーム 地 域 研 究 東 京 大 学 拠 点 研 究 に 属 する 中 東 イスラーム 諸 国 の 民 主 化 研 究 班 の 成 果 物 のひとつです これは 当 研 究 班 のホームページに 掲 載 され

i はしがき 本書『中東・イスラーム諸国 民主化ハンドブック 2014』は、イスラーム地域研究東京 大学拠点研究属する「中東・イスラーム諸国の民主化」研究班の成果物のひとつです。 これは、当研究班のホームページ掲載ている「中東・イスラーム諸国 民主化デー タベース」の 2014 年 10 月末時点の内容を活字媒体として編集したものです。同様の活字 媒体である 2008 年発行の『中東民主化ハンドブック 2007』、2009 年発行の『中東・イスラ ーム諸国 民主化ハンドブック 2009』、2010 年発行の『中東・イスラーム諸国 民主化ハ ンドブック 2010』続く、4 冊目の印刷物となります。1 冊目の対象事例は 10、2 冊目の 対象事例は 17、3 冊目は 23 でしたが、今回は 30 事例となりましたので、2 分冊といたし ました。トルコ、イラン、イラク、シリア、レバノン、ヨルダン、パレスチナ、サウジア ラビア、クウェート、アラブ首長国連邦、カタル、バハレーン、オマーン、イエメン、エ ジプト、スーダン、リビア、チュニジア、アルジェリア、モロッコの 19 カ国と 1 自治政府 を「中東編」 、パキスタン、バングラデシュ、インドネシア、マレーシア、ブルネイ、カザ フスタン、ウズベキスタン、アルメニア、アゼルバイジャン、グルジアの 10 カ国を「アジ ア編」として編集いたしました。もちろん、 「中東編」のなかは多くの西アジア諸国が含 まれており、 「アジア編」という分類と重なるのですが、あくまで便宜的ものとご理解く ださ
さらに見せる

165 さらに読み込む

1. 研 究 100 連 発 とは ニコニコ 学 会 βによって 開 発 された 以 下 のような 特 徴 を 持 ったプレゼンテーシ ョン 手 法 です 学 会 発 表 などと 異 なり ひとつの 研 究 を 掘 り 下 げて 説 明 するのでは なく 20 の 研 究 トピックスを 通 じて 研

1. 研 究 100 連 発 とは ニコニコ 学 会 βによって 開 発 された 以 下 のような 特 徴 を 持 ったプレゼンテーシ ョン 手 法 です 学 会 発 表 などと 異 なり ひとつの 研 究 を 掘 り 下 げて 説 明 するのでは なく 20 の 研 究 トピックスを 通 じて 研

 粒ぞろいの  「研究 100 連発」in Science Agora  縁あって、私は 2014 年もう一度、研究 100 連 発のステージ立ちました。科学と社会をつなぐ場 として開催ている「サイエンスアゴラ」という イベントの 1 セッションとして行わ、観客席から 猫耳やコスプレとは無縁小学生やシニアの方々が 私のプレゼンを見つめてました。サイエンスアゴ ラでは、研究 100 連発のプレゼンテーションフォー マットを用いながら 表現方法 や 見せ方 を場 所や条件適応せることで、どのよう効果が得 られるのかを確かめようと、お台場・日本科学未来 館のオープンスペースで実施ました。こう いった事情から企画が過去の登壇から「選りす ぐりの 5 人」を集めたため、5 人とも研究 100 連発 2 回目という状況でした。そんな中選んでただ て光栄です。私は、幕張メッセとアゴラ両プレゼ ン内容や表現を大きく変更しませんでしたが、とも 観客から好評価をいただくことができました。  先日とある研究報告会でポスタープレゼンテー ションをしてたところ、研究キャリアの長そう シニアの研究が来ら、「君の研究 100 連発を見 たよ。あの回は粒ぞろいだった」と声をかけてくだ ました。この方がご覧なったのは、サイエン スアゴラでのプレゼンテーションでした。よくお話 を伺うと、これまで 4 回程研究 100 連発をご覧なっ たことがあり、先日ご自身も登壇たそうです。  これらのプレゼンテーションがご縁で、最近その もいろいろ場所で声をかけていただくよう なりました。研究 100 連発の威力は、想像以上絶 大です。
さらに見せる

10 さらに読み込む

2. 研 究 の 実 施 状 況 これまでの 研 究 では 宿 主 として 用 いるニベに 対 して 近 縁 種 のニベ 科 魚 類 から1 種 (オオニベ) 遺 伝 的 に 離 れたアジ 科 魚 類 から2 種 (ブリ カンパチ)をドナーとして 実 験 を 行 ってきた これらのいずれのドナ ー

2. 研 究 の 実 施 状 況 これまでの 研 究 では 宿 主 として 用 いるニベに 対 して 近 縁 種 のニベ 科 魚 類 から1 種 (オオニベ) 遺 伝 的 に 離 れたアジ 科 魚 類 から2 種 (ブリ カンパチ)をドナーとして 実 験 を 行 ってきた これらのいずれのドナ ー

平成24年度は、引き続き異種ドナー魚種の宿主ニベへの精原細胞移植を継続し、宿主生殖腺内お けるドナー精原細胞の増殖および分化について調査する。さらに、性成熟達した代理親ニベから配偶子 を採取し、ドナー種由来の配偶子が生産ているかをDNA解析により調査する。最後、ドナー由来の 卵および精子を生産する雌雄各々の代理親ニベを交配することで、ドナー由来種苗の生産を試みる。以 上の実験により、異種間精原細胞移植により、「ドナー由来の精子と卵を生産する雌雄各々の代理親ニ ベ」を作出する。
さらに見せる

5 さらに読み込む

われる 授 業 研 究 ( 校 内 研 究 )で 買 い 物 学 習 を 題 材 として 研 究 を 進 めた 21 円 や 32 円 とい った 小 さな2 桁 までの 数 に 対 して 同 額 を 準 備 して 支 払 うという 内 容 で お 金 を 使 った 活 動 に 子 どもたちはとても

われる 授 業 研 究 ( 校 内 研 究 )で 買 い 物 学 習 を 題 材 として 研 究 を 進 めた 21 円 や 32 円 とい った 小 さな2 桁 までの 数 に 対 して 同 額 を 準 備 して 支 払 うという 内 容 で お 金 を 使 った 活 動 に 子 どもたちはとても

C児は自発的行動が少なく、指導の言 葉で行動をするようところがあり、見取り が難しかったが、『提示するときの数字②: 色 数 字 』、『 区 け 財 布 ② :五百円、五十円、五円も入った財布』、『お 金シート②:小さく数字が書いてある』まで 学習できた。提示た数字を見て、指導 の言葉かけのもと、シートの数字の上お金 を置くことができるようなった。
さらに見せる

8 さらに読み込む

その 他 と 回 答 された 方 の 内 訳 友 人 に 誘 われて 2 研 究 室 の 先 輩 方 に 聞 いて 2) 今 回 のイベントに 参 加 した 理 由 は 何 ですか? インターンシップの 予 行 練 習 として 就 活 という 言 葉 に 惹 かれて 5 他 学 部 と 交 流 がし

その 他 と 回 答 された 方 の 内 訳 友 人 に 誘 われて 2 研 究 室 の 先 輩 方 に 聞 いて 2) 今 回 のイベントに 参 加 した 理 由 は 何 ですか? インターンシップの 予 行 練 習 として 就 活 という 言 葉 に 惹 かれて 5 他 学 部 と 交 流 がし

今回のイベントではイメージをつかめたので良かったです。 薬学部 薬科学科 3年生 今回は貴重経験をせていただいてありがとうございました。「就活」のことを考え なければいけない学年なり、能動的動くことが重要であると考えて参加せて ただきました。カードでのコミュニケーションの底上げはとても興味深く、良い体験が できました。自分は、今後、もっと具体的内容で規模の大きな企画であれば、参加 したいと考えてます。全体的就活の良いヒントなったと思います。
さらに見せる

5 さらに読み込む

CQ IV - 1 群 発 頭 痛 は, 国 際 頭 痛 分 類 第 2 版 (ICHD-Ⅱ)において, 近 縁 疾 患 を 含 め 群 発 頭 痛 およびその 他 の 三 叉 神 経 自 律 神 経 性 頭 痛 に 分 類 されている.また 群 発 頭 痛 およびその 他 の 三 叉 神 経 自

CQ IV - 1 群 発 頭 痛 は, 国 際 頭 痛 分 類 第 2 版 (ICHD-Ⅱ)において, 近 縁 疾 患 を 含 め 群 発 頭 痛 およびその 他 の 三 叉 神 経 自 律 神 経 性 頭 痛 に 分 類 されている.また 群 発 頭 痛 およびその 他 の 三 叉 神 経 自

2 .ニューロペプチドなどの変化より,三 神経と血管との関係から説明しようとする説 群発頭痛患者の発作期は,頸静脈血中の calcitonin gene - related peptide ( CGRP ) , vasoactive intestinal peptide ( VIP ) が増加したが, substance P ( SP ) , neuropeptide Y は変化しなかった.また, 酸素吸入およびスマトリプタン皮下注によって,増加した CGRP のレベルが正常のレベルまで 低下したことより,群発頭痛発作時三 神経血管系の活性化が生じていることが,実際の群発 頭痛患者で証明た 8 ) .さらに,群発頭痛患者の髄液中で一酸化窒素 ( NO ) の代謝産物が間欠期
さらに見せる

24 さらに読み込む

1. 旅 費 交 通 費 < 基 本 的 な 考 え 方 > 登 録 研 究 員 登 録 研 究 員 に 随 行 する 補 助 員 又 は 国 立 研 究 開 発 法 人 に 所 属 するリサーチ アシスタント 者 ( 前 期 博 士 課 程 ) 及 び 外 部 依 頼 した 専 門 家 が 研 究

1. 旅 費 交 通 費 < 基 本 的 な 考 え 方 > 登 録 研 究 員 登 録 研 究 員 に 随 行 する 補 助 員 又 は 国 立 研 究 開 発 法 人 に 所 属 するリサーチ アシスタント 者 ( 前 期 博 士 課 程 ) 及 び 外 部 依 頼 した 専 門 家 が 研 究

旅費は、委託業務の用務係る、出発から帰着までの交通費、日当、宿泊費等が対象となります。 ただし、当該委託業務以外の用務が一連の出張含まれる場合は、委託費として計上する部分と 計上しない部分区別してください。委託費として計上できるのは、「委託業務の用務先」向かう旅 程係る旅費、及び「委託業務の用務先」から「出発地」戻る旅程係る旅費となります。

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...