交通事故にそなえて、ご家族皆

Top PDF 交通事故にそなえて、ご家族皆:

はじめに 交通事故の被害に遭われ 怪我をしたり亡くなられた方 そしてそのご家族の方 思いもよらない出来事に どんなにか辛く悲しい思いをされていることでしょう 事故に関して進められる各種手続等に戸惑い 不安な思いもされていることでしょう 警察では加害者を特定し事故の状況を明らかにするため 様々な捜査を

はじめに 交通事故の被害に遭われ 怪我をしたり亡くなられた方 そしてそのご家族の方 思いもよらない出来事に どんなにか辛く悲しい思いをされていることでしょう 事故に関して進められる各種手続等に戸惑い 不安な思いもされていることでしょう 警察では加害者を特定し事故の状況を明らかにするため 様々な捜査を

○任意保険○  自賠責保険は被害者の救済を目的としたもので、その保障額も基本補償の枠を出 ません。金額も限定されおり、また物損事故は適用されません。それを補うの が任意保険です。加害者が任意保険加入しいれば保険金の請求ができます。  保険金の請求は、交通事故証明、事故発生状況報告書、診断書などの書類が  必要なりますので、保険会社、農業協同組合等お問い合わせください。
さらに見せる

30 さらに読み込む

はじめに 交通事故統計年報によると 交通事故発生件数及び死傷者数は年々減少傾向にあるが 自動車保険統計による保険金支払額は同様には減少していない 現在の交通事故対策は 警察統計による交通事故発生件数や死傷者数等の量的な値で評価し その値を減少させることを目的に行われているが 現状ではこの比較手法が必

はじめに 交通事故統計年報によると 交通事故発生件数及び死傷者数は年々減少傾向にあるが 自動車保険統計による保険金支払額は同様には減少していない 現在の交通事故対策は 警察統計による交通事故発生件数や死傷者数等の量的な値で評価し その値を減少させることを目的に行われているが 現状ではこの比較手法が必

今後の交通事故対策については、交通事故発生件数と保険金支払額の相関分析において、死亡事 故についてはいずれの事故類型においても発生件数と保険金支払額有意な相関があることから、 現在の警察統計のみを指標とした対策でも保険金支払額も同様改善が可能であるといえる。しか し、先も挙げたよう、発生件数と保険金支払額の構成率の多少が異なることから、今後交通事 故対策を行っいくにあたっては自動車保険統計も考慮した対策を検討しいくべきであると考 える。負傷事故については、いずれの事故類型においてもほとんど相関が見られないことから、警 察統計のみを指標とした対策は保険金支払額の改善は望めないといえる。そのため、自動車保険統 計による金銭的指標を用いた、抜本的な対策を検討しいくべきであると考える。
さらに見せる

36 さらに読み込む

第14回 交通事故・調査分析研究発表会  交通事故総合分析センター

第14回 交通事故・調査分析研究発表会 交通事故総合分析センター

年齢から走り横断をみると、観察された走り横断は5~7歳をピークとして子ども多く、事故 走るのも同じくらいの子ども(3~8歳)多いと報告されいる。2歳以下の子どもが少ないのは、 子どもが走ることができるのは2歳ころである点、およびその年齢の子どもはほとんどが保護者手を 引かれ横断することよる。また、9歳以上なると飛び出しが減るのは、歩行パターンが成熟し大 人と同様な歩行がとれるようなっ、走らなくも早く歩けるようなるため、安全確認能力が向上 し、無理急いで横断することが少なくなるため、あるいは自転車での移動が多くなるためである。 走り横断の出現率(横断時どの位の割合で子どもは走るか)については、30%から 50%と言われい る。これは年齢の他、性別(男子の方が走りやすい)、交通環境(単路の方が交差点より走りやすい)、 集団(集団と一緒の時の方が単独より走りやすい)といったような要因によっても左右される 3) 。
さらに見せる

9 さらに読み込む

第13回 交通事故・調査分析研究発表会  交通事故総合分析センター

第13回 交通事故・調査分析研究発表会 交通事故総合分析センター

表2.歩行者事故モデル 4-1.死亡事故モデル 死亡事故として典型的な 「夜間、 片側1車線の直線路を運転者が 50km/h の速度で漫然と運転しいる 時に、歩行者が対向車両の通過直後、横断歩道外を自動車から見右から左安全確認不十分で横断し 、回避行動なく衝突する」事故をシミュレーションで再現する。歩行速度は平均的な速度として 1m/s とする(図 20 参照) 。図 21 、自動車と歩行者の距離、角度の定義を示す。図 22 、死亡事故モ デルにおけるシミュレーション結果の時系列データを示す。シミュレーション開始0秒では自動車と歩 行者は 140m 離れおり、その後 9.92 秒で衝突しいる。歩行者の横断開始はシミュレーション開始か ら 4.66 秒、自車線への進入は 8.64 秒である。前述の横断開始時間(歩行者が横断を開始しから衝突
さらに見せる

12 さらに読み込む

第15回 交通事故・調査分析研究発表会  交通事故総合分析センター

第15回 交通事故・調査分析研究発表会 交通事故総合分析センター

2. 自転車の利用動向 近年,自転車は「環境負荷の少ない」交通機関として注目を集めいた(例えば,文献 1)を参 照) .それ止まらず, 「健康増進」の観点からも自転車に対する関心が高まっいる. こうした傾向は世界的なものであるが,我が国では 2011 年 3 月 11 日発生した東日本大震災 よって大量の帰宅困難者が発生したことも,自転車に対する関心を高める要因となった.図 1 は 2009 年∼2011 年の 1 店当たり自転車新車販売台数の推移を示した.この図よれば,2011 年の 3
さらに見せる

9 さらに読み込む

第14回 交通事故・調査分析研究発表会  交通事故総合分析センター

第14回 交通事故・調査分析研究発表会 交通事故総合分析センター

軽ボンネットの場合、普通ボンネットと比べ危険認知速度が速く致死率+1.6%影響しいる。また、65 歳以上の歩行者の割合が多く+1.6%影響し、頭顔部や胸腹部の損傷割合が多く+1.4%影響しいる。これら の数値を足すと+4.6%となり、普通ボンネットとの差+3.0%より大きくなることから、軽ボンネットはこれ ら 3 つの要因によって普通ボンネットより致死率が高くなっいると考えられる。ただし、これら 3 つの要因 はそれぞれ独立した要因とは言えず、交互作用があると考えられるので、単純足した+4.6%は致死率への影 響としては実際より大きく出過ぎいると考えられる。今回の分析では各要因を同条件とした場合の致死率は 比較しいないが、少なくとも軽ボンネットの場合、危険認知速度、歩行者の年齢、損傷主部位以外の要因の 影響は小さいと推測される。
さらに見せる

18 さらに読み込む

第16回 交通事故・調査分析研究発表会  交通事故総合分析センター

第16回 交通事故・調査分析研究発表会 交通事故総合分析センター

ΔV1=M2/(M1+M2)×(V1+V2) (M:空車重量、V:危険認知速度) シートベルト着用時における、擬似 ΔV 別の損傷主部位別死者数と死傷者数を図 13 示す。 後席高齢者の胸部・腹部受傷とも、擬似 ΔV が 31km/h 以上から 60km/h 以下の範囲 6 割強の死 者が集中しいる。しかし、胸部受傷は、死傷者数の擬似 ΔV の分布の中で、比較的高い速度差の 領域死者が分布しいるのに対して、腹部受傷では、死者と死傷者の擬似 ΔV の分布が似おり、 受傷部位によってその傾向が異なる。対象となった高齢死者は、胸部受傷が 70 人、腹部受傷が 34 人、高齢死傷者は胸部受傷が 713 人、腹部受傷が 110 人である。
さらに見せる

29 さらに読み込む

第13回 交通事故・調査分析研究発表会  交通事故総合分析センター

第13回 交通事故・調査分析研究発表会 交通事故総合分析センター

図 13.高齢運転者(1当)の法令違反別死傷者数構成率(H13-21) 図 14 高齢運転者(1当及び2当)の相手当事者別死傷者数構成率を示す。 電動アシスト、自転車及び原付の死傷者の約8割は、 「自動車」相手の衝突事故で発生しいる。 相手当事者の「その他」は車両単独事故での工作物への衝突などが含まれおり、車両相互事故で は、ほとんどが「自動車」相手の衝突事故である。

11 さらに読み込む

第13回 交通事故・調査分析研究発表会  交通事故総合分析センター

第13回 交通事故・調査分析研究発表会 交通事故総合分析センター

率が突出し高い。また、四輪車が自転車追い付き追い越す際「追突(進行中) 」を防止し得も、 追い越す際の並進自転車との事故( 「追越・追抜時」 )が発生する場合がある。そこで、 「追突(進行中) 」 と併せ「追越・追抜時」の事故についても分析する。 マクロデータ分析では、事故発生状況、人的事故要因及び事故時の自転車運転者の行動類型の中で多 いものを抽出し、抽出した事故要因や行動類型の直接の要因や背景ある要因をミクロデータにて確認 する。マクロデータにおける四輪運転者の人的事故要因は、 「追突(進行中) 」は発見の遅れが多く、 「追 越・追抜時」は判断の誤りが多く、異なっいる。ミクロデータの分析から、 「追越・追抜時」と「追突(進
さらに見せる

9 さらに読み込む

第14回 交通事故・調査分析研究発表会  交通事故総合分析センター

第14回 交通事故・調査分析研究発表会 交通事故総合分析センター

4-2 人口当たり死者数について 人口当たり死者数については、4M+県と4M-県では様相が異なることは先述べたとおり である。 そこで 47 都道府県一括での分析加え、 4M+県と4M-県を分けた分析も実施し、 よ り多くの情報を得ることを狙った。多重共線性をチェックした結果、最終的重回帰分析供し た説明変数は表2示すとおりである。

9 さらに読み込む

第14回 交通事故・調査分析研究発表会  交通事故総合分析センター

第14回 交通事故・調査分析研究発表会 交通事故総合分析センター

図 17 「E 直進・交差型」の法令違反(平成 13 年~22 年) 5-4 「B 右折・後方型(右折車と後方から横断する歩行者の事故)」の分析 (1)四輪運転者、高齢歩行者の人的要因 「B 右折・後方型」の事故は、高齢者の歩行中重軽傷者数占める割合が高い(図 16 参照)。この事 故形態は、双方が青信号で進行しいることから、信号無視の率は低い。そこで、主双方の人的要因 着目し分析した。図 18 重軽傷を負った高齢歩行者の人的事故要因と、衝突相手である四輪運転 者の人的事故要因を示す。 「B 右折・後方型」で高齢歩行者が重軽傷を負った事故は、96.2%が相手四 輪運転者の歩行者発見遅れが原因であることが分かる。一方、高齢歩行者は 96.0%が人的要因なしであ る。事故要因の大半が四輪運転者の歩行者発見遅れであり、この傾向は「A 右折・前方型」の事故で も同様である。
さらに見せる

12 さらに読み込む

第14回 交通事故・調査分析研究発表会  交通事故総合分析センター

第14回 交通事故・調査分析研究発表会 交通事故総合分析センター

コーホート効果はその世代が何歳頃どのような交通安全教育を受けたか等、同じ年代どのような経験を したかにより生じる。 年齢効果は加齢伴う変化が相当し、ライフスタイルや身体機能の発達・衰え等が該当する。 時代効果は、交通事故発生関係する様々なことが含まれ、基本的は同じ時代であれば誰も同じよう 作用する。ある時代の交通安全対策や経済状況等もここ含まれる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

第13回 交通事故・調査分析研究発表会  交通事故総合分析センター

第13回 交通事故・調査分析研究発表会 交通事故総合分析センター

を知ることができる。 (道路交通環境、車両破損状況、事故原因の各種要因等)  このミクロデータを活用し、正面衝突事故の詳細な発生状況及び特徴の分析を行い、事故防止、 事故低減有効なものは何か、その方策と、今後の技術開発のための基礎的な要件を検討する。 2-1.ミクロデータの抽出

18 さらに読み込む

はじめに 全国的な交通事故の発生状況は 自損事故 加害事故を含めると増加傾向にあり 京都府においては 交通事故全体の約 7 割を登下校中の自転車事故が占めています 京都府教育委員会では 学校における安全教育の手引 いのちを守る 知恵 をはぐくむために ( 平成 24 年 1 月 ) において 交通安

はじめに 全国的な交通事故の発生状況は 自損事故 加害事故を含めると増加傾向にあり 京都府においては 交通事故全体の約 7 割を登下校中の自転車事故が占めています 京都府教育委員会では 学校における安全教育の手引 いのちを守る 知恵 をはぐくむために ( 平成 24 年 1 月 ) において 交通安

第2~3学年「私の運転、大丈夫?」 【場面7】前方の停車車両の横を通過しようとして・・・ 難易度★★ 【場面8】歩道を走行中、駐車場入る車が・・・ 難易度★★ 【場面9】タクシーの横を通る時・・・ 難易度★★ 【場面10】交差点を直進するが・・・その2 難易度★★ 【場面11】直進中、前方ハザードランプをつけた車が・・・ 難易度★★ 【場面12】前方の停車車両の横を通過しようとして・・・その2 難易度★★ 【場面13】前方の停車車両のブレーキランプが消えた・・・ 難易度★★ 【場面14】交差点を直進中、前方のトラックが・・・ 難易度★★ 【場面15】交差点を直進中、前方数台の自転車が・・・ 難易度★★★ 【場面16】交差点を直進中、すぐ隣はワゴン車が・・・ 難易度★★★ 【場面17】歩道を走行中、親子を避け車道・・・ 難易度★★★ 【場面18】交差点を直進中、対向車が止まっくれたので・・・ 難易度★★★
さらに見せる

68 さらに読み込む

「タクシー市場における競争が交通事故に与える影響について」

「タクシー市場における競争が交通事故に与える影響について」

【効果的な政策向け】 なお、本研究においては実証分析はなされいないものの、交通政策審議会等において 言われいるタクシー市場における情報の非対称について触れおくこととする。この情 報の非対称が生じいる場合の解決策の一つとして、売り手が自らのサービスの質関す る費用をかけた広告宣伝をするなどの対策が考えられるが、実際タクシーの広告を目 することはほとんどない。こうした状況においては、例えば政府が情報を開示させること が考えられる。 タクシー同様、 規制緩和がなされた貸切バス 8 については、 2012 年 4 月 起きた関越自動車道での貸切バスの重大事故を受け、国土交通省が利用者に対してホー ムページ上で事業者の安全対策や監査状況を公表しきた経過がある 9 。このような介入を 政府が行う際は、その効果と費用を比較検討し実施することが重要であるが、需給調 整が情報の非対称に対して効果を発揮するものではないことを申し添えおく。
さらに見せる

22 さらに読み込む

交通事故に関するデータを詳しく見る 交通安全|鹿児島市

交通事故に関するデータを詳しく見る 交通安全|鹿児島市

【出典】消防年報(市消防局) 【データ】市、両性、全年齢、2011年~2015年合計 ※急病、その他(転院搬送等)を除く 2 事故別救急搬送の状況 救急搬送者のうち、約4割が交通事故起因しいる 一般負傷 15,804人

14 さらに読み込む

記載例 交通事故などにあったとき  上越市ホームページ

記載例 交通事故などにあったとき 上越市ホームページ

4 . 貴職又は新潟県国民健康保険団体連合会が、 本件よ り 受診し た医療機関等から 事故に関する     診療状況等の情報の提供を受ける こ と 。 5 . 貴職又は新潟県国民健康保険団体連合会が、 損害賠償請求に関する 必要な事項( 保険会社等     から 受けた金品の有無及びその金額・ 内訳( その見込みを含む。 ) 等) について、 保険会社等から     情報の提供を受ける こ と 、 又、 損害賠償請求に関する 必要な資料(保険給付額の算出基礎と なる     資料等) について、 保険会社等へ提供する こ と 。
さらに見せる

4 さらに読み込む

「ゾーン30指定が交通事故に与える効果の分析」

「ゾーン30指定が交通事故に与える効果の分析」

そして、道路の交通規制を実施する場合の基準については、警察庁の平成 11 年 10 月の 通達 3 及び平成 21 年 10 月の交通規制基準の改正通達 4 により示されいる。 改正基準で一般道路は、人口が集中した市街地か否か、車線数、中央分離の有無、歩行 者交通量という項目によって作成された基準速度一覧表により基準速度を設定するが、例 外的な要因がある場合は補正要因の例示を参考現場状況応じた補正を行うことと されいる。補正要因として、交通事故が多い等の安全性の確保、住宅が多い等の生活環 境の保全、歩道が設置されいない等の道路構造、沿道の出入りが多い等の沿道状況、大 型車が多い等の交通特性の 5 つの観点が例示されいる。
さらに見せる

20 さらに読み込む

(公財)日弁連交通事故相談センターご案内

(公財)日弁連交通事故相談センターご案内

もともと交通事故の民事紛争処理については、昭和36年、日本弁護士連合 会(日弁連)が交通事故処理連絡特別委員会を、各弁護士会が交通事故処理 委員会をそれぞれ発足させ対応しいたものですが、運輸省(当時)より自動車 損害賠償責任再保険特別会計の運用益を財源とする補助金が得られることな り、日弁連をはじめ弁護士会の補助金と、当センター業務の担当弁護士からの寄 付金もあっ、被害者救済のため日弁連を設立母体として昭和42年当センター が設立される至ったものです。当センターは全国の弁護士会支部(54支部) を置き、現在155か所の相談所で無料法律相談を、39か所の本・支部で示談あっ 旋・審査を、8か所で高次脳機能障害面接相談を実施しおります。平成27年 度は全国で延べ7,146人の弁護士が当センターの事業携わっおります。さらに, 平 成 2 4 年 7月は、 毎月1 0日の一 斉 電 話 相 談においてナビダイヤル回 線 (0570-078325)を導入した運用を開始し,平成25年4月は、これを平日の電話 相談も導入し,全国統一的なナビダイヤル回線による弁護士の無料電話相談を 開始いたしました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

目 次 1 交通情勢の推移 2 全国の交通事故 3 県内の交通事故地域別発生実態 (1) 警察署別交通事故発生状況 4 (2) 市区町村別交通事故発生状況 全体的な特徴 (1) 何月に事故が多いか 6 (2) 何曜日に事故が多いか 7 (3) 何時ころに事故が多いか 8 (4) どの路線に事故が多い

目 次 1 交通情勢の推移 2 全国の交通事故 3 県内の交通事故地域別発生実態 (1) 警察署別交通事故発生状況 4 (2) 市区町村別交通事故発生状況 全体的な特徴 (1) 何月に事故が多いか 6 (2) 何曜日に事故が多いか 7 (3) 何時ころに事故が多いか 8 (4) どの路線に事故が多い

 ・ 発生件数は15年連続で減少し、死者数は4年ぶり増加した前年より7人減少した。  ・ 免許人口及び県人口は増加傾向あり、県人口は6年連続で900万人を超えた。  備考  1  自動車等保有台数は、自動車、小型二輪及び軽二輪(神奈川県陸運支局資料(各年12月末現在))の数、125cc以下の二輪車の数(政令  市については市税務部門、その他市町村については県市町村課資料(各年4月1日現在))を加えた数である。
さらに見せる

38 さらに読み込む

Show all 10000 documents...