2540 砂 サ ニ ナ レ リ ト云 フ.依 科 ヲ訪 レ タ リ.尚 田 リテ 根 治 手 術 ヲ希 望 シ 當 外 ホ今 日迄 右 側 乳 房 部 ニ格 別 打 撲 其 ノ 他 ノ 外 傷 ヲ ウ ケ タ ル コ トナ シ ト云 フ. 現 症 全 身症 状 養 状 態 佳 良,顔 腫,黄 疸

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

148.

618.199-006.371.5

ノ1例

岡 山醫科 大學 津 田外科 教 室(主 任 津 田 教授)

講師 醫學士

[昭 和16年12月17日 受 稿] 第1章 緒 言 乳 房 部 ニ 發 生 ス ル 嚢 腫 竝 ニ 嚢 腫 樣 腫 瘍 ハ 之 ヲ例 ヘ バ 慢 性 嚢 腫 性 乳 腺 炎 ノ瀦 溜 嚢 腫(乳 嚢 腫),退 行 性 嚢 腫(Involutionscyste),血 管 腫,淋 巴 管 腫, 血 嚢 腫,皮 樣 嚢 腫,粉 瘤 及 ビ 寄 生 蟲 嚢 腫(包 蟲 嚢 腫,結 締 織 包 蟲 嚢 腫)等 ニ シ テ,慢 性 嚢 腫 性 乳 腺 炎 竝 ニ退 行 性 嚢 腫 ヲ除 外 セ バ 概 ネ單 發 ニ シ テ 而 モ 何 レ モ 稀 有 ナ ル モ ノ ナ リ.從 來 血 嚢 腫 ナ ル 名 稱 下 ニ 記 載 セ ラ レ タ ル モ ノ ハ 頗 ル 多 種 多 樣 ニ シ テ,其 ノ 定 義 ニ 關 シ テ モ 諸 家 ニ ヨ リ一 定 セ ザ ル トコ ロ ナ リ. 抑 モ 今 日 血 嚢 腫 ト稱 セ ラ ル ル ハ 比 較 的 嚢 壁 ノ厚 キ 液 状 靜 脈 血 ヲ 瀦 溜 セ ル 一 種 ノ嚢 腫 樣 腫 瘍 ノ 謂 ニ シ テ,Gluck & Gurltニ 依 レ バ 常 ニ多 少 トモ 靜 脈 ト交 通 ア リ トセ ル モ,其 ノ 交 通 ノ認 メ ザ ル モ ノ モ ア リ.而 シ テ普 通 組 纈 内 ノ 外 傷 性 血 液 瀦 溜 即 チ 單 ナ ル 血 腫 竝 ニ 動 脈 瘤 等 ハ 之 ニ 屬 セ ザ ル モ ノ ナ

リ.血 嚢 腫 ハ 極 メ テ 稀 有 ナ ル モ ノ ニ シ テ,1785年 Will Heyノ 報 告 以 來,1930年Eilersハ 文 獻 中

ヨ リ55例 及 ビ 自 家 ノ1例 ヲ 總 括 セ リ.爾 後 現 在 ニ 至 ル 迄 ニ尚 ホClasing,北 浦,岩 藤 及 ビ李 ノ各1 例 ノ報 告 セ ル ア ル ノ ミ ニ シ テ 文 獻 ニ 表 ハ レ タ ル モ ノ漸 ク60例 ヲ算 ス ル ニ 渦 ギ ザ ル ガ 如 シ.本 邦 ニ 於 テ ハ 宇 野,小 島,近 藤,福 島,河 本,小 柳,北 浦,岩 藤 及 ビ最 近 前 述 セ ル 李 ノ報 告 セ ル 各1例 ア リ テ 漸 ク 十 指 ヲ屈 ス ル ニ 至 ラ ン トス. 斯 ル 血 嚢 腫 ハ 主 ト シ テ 頸 部 ニ 發 生 シ,極 メ テ 稀 ニ 其 ノ 他 ノ髄 部 即 チ 大 薔 薇 靜 脈 領 域,眼 窩 附 近, 後 腹 膜 組 織 内,子 宮 等 ニ 發 見 サ レ タル 例 ア リ.而 シ テ 乳 房 部 ニ 發 生 セ ル 血 嚢 腫 ニ 關 シ テ ハ 余 ノ 寡 聞 未 ダ 其 ノ報 告 ヲ見 ザ ル ト コ ロ ナ リ.余 ハ 最 近 津 田 外 科 教 室 ニ於 テ 偶 々 稀 有 ナ ル 乳 房 部 血 嚢 腫 患 者 ノ 1例 ニ 遭 遇 セ ル ヲ以 テ 之 ガ 症 例 ヲ報 告 セ ン ト ス . 第2章 症 例 患 者 高 ○ 喜 ○ 子 ♀ 5歳 初 診 昭 和15年4月17日 主 訴 右 側 乳 房 部 腫 瘍 家 族 歴 父 系 祖 父61歳 ノ時 肺 壞疽 ニ テ 死 亡. 父 系 祖 母40歳 ノ時 不 明 疾 患 ニ テ 死 亡 セ ル モ,母 系 祖 父 母 竝 ニ父 母 ハ 何 レモ 健 ナ リ.同 胞3人 ,患 ハ 第3子 ニ シ テ 他 ハ 健 存 ス.家 族 的 ニ特 記 ス ベ キ 遺 傳 的 疾 患 ヲ認 メ ズ. 既 往 病 歴 患 者ハ滿 期 正 規 分 娩 ニ シ テ 母 乳 ニ テ 榮 養 サ レ タ リ.種 痘ハ3囘 ウ ケ何 レ モ 善 感 ナ ル モ 麻 疹 ハ 未 ダ經過 セ ズ.生来 健 ニ シ テ 著 患 ヲ識 ラ ズ . 現 病 病 歴 生 後1箇 年 頃 ヨ リ右 側 乳 房 部 ニ 於 テ 乳 暈 ノ外 下 方 ニ 大人指 頭 ノ腫 瘍 ノ發 生 存 在 セ ル ニ 氣 付 キ タ ル モ 疼 痛.壓 痛 其 ノ他 自 覺 的 障 碍 ナ ク 又 其 ノ 大 サ モ 増 加 セ ザ ル ヲ 以 テ 放 置 シ 居 タ リ.然 ル ニ2週 間 前 ヨ リ稍 々 急 ニ容 積 ヲ増 大 シ鵞 卵 大 トナ レ リ.併 シ 自 覺 症 状 ハ 之 ヲ訴 ヘ ズ .其 ノ 後 他 醫 ニ ヨ リ2囘 穿 刺 ヲ ウ ケ 約30ccノ 稍 々 暗 赤 色 ノ 流 動 性 血 液 ヲ出 セ ル モ 穿 刺 ノ 翌 日 ニ ハ 既 ニ 穿 刺 前 ノ 大 105

(2)

サ ニ ナ レ リ ト云 フ.依 リテ 根 治 手 術 ヲ希 望 シ 當 外 科 ヲ訪 レ タ リ.尚 ホ今 日迄 右 側 乳 房 部 ニ格 別 打 撲 其 ノ 他 ノ 外 傷 ヲ ウ ケ タ ル コ トナ シ ト云 フ. 現 症 全 身 症 状 體 格 身 長 共 ニ 中 等 度 ニ シ テ 榮 養 状 態 佳 良,顔 貌 尋 常,皮 膚 正 常 ニ シ テ 貧 血,浮 腫,黄 疸 等 ナ シ.眼 瞼 結 膜 ニ モ 亦 貧 血 ナ ク,瞳 孔 左 右 同 大,圓 形,對 光 反 射 正 常,舌 濕 潤 ニ シ テ 舌 苔 ヲ認 メ ズ.脈 搏 整 調 ニ シ テ1分 間70-80,緊 張 良 ニ シ テ 尋 常 大,體 温36.8℃,呼 吸 ハ 胸 腹 式ニ シ テ 安 靜,胸 腹 部 臟 器 著 變 ナ ク,肝,脾 及 ビ 腎 共 ニ フ レズ.肺 肝 境 界 右 乳 線 上 第6骨 下 縁 ナ リ.下 肢 ニ 浮 腫,靜 脈 怒 張 ヲ認 メ ズ,尿 尿 共 ニ 異 常 ナ シ . 局 所 症 状 右 側 乳 房 部 ニ於 テ 略 ボ 乳 頭 ヲ 中心 ニ シ テ鵞 卵 大,半 球 状 ノ膨 隆 ア リ テ 其 ノ 内 縁 ハ 右 乳 線 ニ 一 致 ス.其 ノ長 軸 ハ 身 體 縦 軸 ニ一 致 シ,之 ヲ 被 フ 皮 膚 表 面 ハ 平 滑 ニ シ テ 皮 膚 ヲ通 ジ稍 々 暗 青 色 ノ色 調 ヲ帶 ブ.併 シ 皮 膚 靜 脈 ノ 怒 張 ハ 之 ヲ認 メズ (第1圖 參 照).

第1圖

右 側 乳 房 部 血嚢 腫(術 前) 5歳 女 兒 觸 診 ス ル ニ該 腫 瘍 ハ 柔 軟 ニ シ テ 波 動 ヲ 證 明 ス. 嚢 腫 状 ニ シ テ 境 界 鮮 明,被 壓 縮 性 ヲ證 明 セ ズ.又 搏 動 ヲ モ認 メ ズ,皮 膚 ト ノ癒 着 ハ 之 ヲ缺 キ,下 層 トハ ヨ ク 移 動 ス.腫 瘍 ノ透 明 性 竝 ニ 壓 痛 ハ 之 ヲ缺 ク.右 腋 窩 淋 巴 腺 ノ腫 脹 ハ 認 メ ズ. 診 斷 右 側 乳 房 部 血 嚢 腫 入 院 昭 和15年4月24日 同26日 手 術 施 行. 手 術 所 見 竝 ニ 術 後 經 過 1%「 モ ル フ イ ン,ア ト ロ ビ ン」0.3cc豫 備 注 射,0.1%「 ナ ル カ イ ン」 局 所 麻 醉 ノ 下 ニ 剔 出 手 術 ヲ行 フ.右 側 乳 頭 ヨ リ2cm 外 方 ニ 於 テ 腫 瘍 ノ 中 心 部 ニ 長 軸 ニ 沿 ヒ,長 サ 約 8cmノ 皮 膚 切 開 ヲ 加 ヘ,直 チ ニ 腫 瘍 表 面 ニ逹 ス. 腫 瘍 ハ 乳 腺 組 織 ト關 係 ナ ク 非 薄 ナ ル 被 膜 ヲ有 シ, 表 面 稍 々 凹 凸 ヲ表 ハ シ,且 コ ノ被 膜 ヲ通 ジ 暗 赤 色 ノ色 調 ヲ呈 シ,試 驗 穿 刺 ニ ヨ リ暗 赤 色 ノ血 液 ヲ得 腫 瘍 中 心 部 ノ被 膜 ハ 極 メ テ 菲 薄,而 モ 内 容 充 滿 シ 過 度 ニ 緊 張 シ剥 離 困 難 ニ シ テ,剔 出 ニ 際 シ嚢 腫 壁 ノ前 面 破 損 ス.他 ノ 部 ハ 比 較 的 容 易 ニ 鋭 或 ハ 鈍 性 ニ 剥 離 シ 得 .下 極 ニ 近 キ 部 ニ於 テ 礎 腫 後 壁 ニ接 シ 2-3ノ 靜 脈 ヲ見 タ ル モ,嚢 腫 トノ 直 接 交 通 ハ 肉 眼 的 ニ 之 ヲ認 ム ル ヲ得 ズ.斯 ク シ テ 茲 ニ 嚢 腫 ノ全 剔 出 ヲ終 り,皮 膚 切 開 創 ヲ縫 合 シ第1次 癒 合 ヲ期 ス. 爾 後 經 過 良 好,術 後7日 拔 糸,5月5日 術 後9日 ニ全 治 退 院 ス. 剔 出 標 本 肉 眼 所 見 嚢 腫 ハ 晴 赤 色 ニ シ テ 其 ノ 前 面 稍 々 凹 凸 ヲ 有 ス ル モ,後 面 ハ 平 滑 ニ シ テ 共 ニ其 ノ壁 ハ 菲 薄 繊 弱 ナ リ.内 容 ハ 全 ク 流 動 性 靜 脈 血 樣 血 液 ヲ有 シ,凝 血 塊 ハ 之 ヲ證 明 セ ズ.内 腔 ハ1箇 ノ大 ナ ル 空 洞 ニ シ テ,其 ノ 内 壁 ハZF滑 ア ラ ズ シ テ 索 状,線 状 皺 襞 ヲ證 明 ス ル モ 一 樣 ナ ラ ズ,又 該 嚢 腫 中 央 部 前 内 壁 ノ一 部 ハ 多 房 室 ニ 分 レ,同 樣 暗 赤 色 ノ 血 液 ヲ充 ス.剔 出 標 本 ニ於 テ モ 該 嚢 腫 ハ 肉 眼 的 ニ 靜 脈 ト交 通 ヲ 有 ス ル 如 キ 像 ヲ見 ズ. 剔 出 標 本 組 織 學 的 所 見 剔 出 標 本 ハ 「フ オ ル マ リ ン」 固 定 後,嚢 腫 中 央 部 及 ビ 上 下 兩 端 ニ近 キ 部 ニ 於 テ 横 斷 シ,「 パ ラ フ イ ン 」包 埋 ノ後,「 ヘ マ トキ シ リ ン,エ オ ジ ン」,van Gieson氏 竝 ニWeigert

(3)

第2圖

血 嚢 腫 下 極 ニ 近 キ 部 ノ 横 斷 圖 一 見 單 房 性 嚢 腫 ニ シ テ 嚢 腫 被 膜 一 樣 ナ ラ ザ ル モ,靜 脈 壁 ニ近 似 ス.右 側 端 ノ一 部 肥 厚 セ ル モ 一 般 ニ菲 薄 ナ リ.嚢 腫 ト血 管 ノ 交 通 ヲ見 ズ. (「ヘ マ トキ シ リ ン,エ オ ジ ン」 染 色)(擴 大 約6倍) 氏 染 色 ヲ施 シ テ 檢 査 ス.嚢 腫 ハ 肉 眼 的 所 見 ニ ヨ ル モ 明 ラ カ ナ ル ガ 如 ク,1箇 ノ 大 ナ ル 空 洞 ヨ リ成 リ テ,一 見 單 房 性 嚢 腫 ヲ 形 戌 ス(第2圖 參 照).嚢 腫 被 膜 ハ 一 樣 ナ ラ ザ ル モ 一 般 ニ 菲 薄 ニ シ テ 主 ト シ テ 膠 質 状 繊 維 ト云 フ ヨ リ ハ 比 較 的 若 キ 結 締 織 ヨ リ成 リ,尚 ホ 彈 力 繊 維 及 ビ 筋 繊 維 ハ 之 ヲ認 メ ル モ,普 通 ノ靜 脈 壁 ニ 比 シ テ 極 メ テ 僅 少 ナ リ.其 ノ 繊 維 ノ 方 向 ハ 嚢 腫 壁 ニ 平 行 ニ シ テ 宛 カ モ 靜 脈 壁 ニ 近 似 ス (第3圖 参 照).併 シ嚢 腫 壁 ヲ精 査 ス ル ニ,至 ル 所 ニ小 空 洞 ヲ認 メ,特 ニ 中 央 部 ニ 於 テ ハ 其 ノ 前 内 壁

第3圖

血 嚢 腫 壁 ノ 一 部 組 織 標 本(Weigert氏 染 色) 彈 力 繊 維 ヲ認 メ,其 ノ 方 向 嚢 腫 壁 ニ 平 行 ニ シ テ 靜 脈 壁 ニ近 似 ス. (廓 大Zeiss Okul. 7 Obj. 10 K.L. 32 cm)

(4)

ニ不 規則 ナ ル多 房 ヲ形 成 シ,之 等 ノ障壁 ハ稍 々幼 若 ナル結 締 織 ヲ主 トシ嚢 腫 壁 ノ構 造 ト同 ジ,又 完 全 ナル 多 房 ヲ嚢 腫 壁 中 ニ形 成 セ ズ シテ結 締 織 ハ嚢 腫 壁 ヨ リ内方 ニ 向 ヒ息 肉状,乳 嘴 状 又 ハ疣 状 ニ分 岐 増 殖 ス(第4圖 參 照).之 等 ノ嚢 腫 内 面及 ビ障 壁 ハ 何 レモ 内被 細 胞 ニ被 ハ ル.又 嚢腫 内腔 及 ビ壁 ニ

第4圖

血 嚢 腫 中 央 部 前 壁 ノ 一 部 組 織 標 本 嚢 腫 壁 至 ル ト コ ロ ニ小 房 ヲ認 メ.壁 ノ一 部 嚢 腫 腔 内 ニ乳 嘴 状 ニ分 枝 増 殖 ス. (「ヘ マ トキ シ リ ン,エ オ ジ ン」染 色)

(廓 大Zeiss, Okul. 7 Obj. 20 K.L. 25cm) 血 色 素(「 ヘ モ ジ デ リ ン 」)ノ沈 着 ヲ認 メ ズ. 次ニ 嚢 腫 ノ上 下 極 ニ 近 キ 部 ニ 於 テ ハ 嚢 腫 壁 ハ一 般 ニ 中 央 部 ニ比 シ 肥 厚 セ ル ガ 如 キ モ 構 造 ニ於 テ 變 ラ ズ,併 シ 此 所 ニ於 テ ハ 壁 ノ 多 房 性 ハ 之 ヲ認 メザ ル ト コ ロ ナ リ.下 極 後 壁 ニ 小 靜 脈 ヲ 認 ム ル モ 嚢 腫 内 腔 トノ 交 通 ハ 之 ヲ認 メ得 ズ,該 小 靜 脈 壁 ハ 正 常 ノ 靜 脈 構 造 像 ヲ 呈 シ,内 腔 ニ ハ 赤 血 球 充 滿 ス.嚢 腫 壁 ノ 他 部 ニ 於 テ モ 亦 靜 脈 ト ノ 交 通 ハ 之 ヲ證 明 ス ル ヲ得 ズ. 之 ヲ要 ス ル ニ嚢 腫 壁 ノ 微 細 ナ ル 構 造 ハ,之 ヲ靜 脈 壁 ニ 比 較 ス レ バ,其 ノ 主 要 ナ ル 構 造 要 素 特 ニ 平 滑 筋 繊 維 竝 ニ彈 力 繊 維 ノ 著 明 ナ ル 喪 失 若 シ ク ハ 減 追 缺 乏 ヲ認 メ.之 ニ 代 フ ル ニ結 締 織 ヲ以 テ セ リ. 以 上 ノ所 見 ヨ リ考 察 ス ル ニ,該 嚢 腫 ハ 乳 房 部 皮 下 靜 脈 ト關 係 シ テ 發 生 セ ル 眞 性 血 嚢 腫 ナ ル ハ 明 カ ナ ル モ,肉 眼 的,組 織 學 的 ニ母 靜 脈 トノ 直 接 交 通 部 ヲ檢 索 ス ル ヲ得 ザ リ シ ナ リ.尚 ホ嚢 腫 中 央 部 ノ 嚢 腫 壁 中 ニ多 房 ヲ認 メ,母 血 管 壁 一 部 ニ畸 形 ノ存 セ シ モ ノ ナ ル コ ト ヲ推 定 セ シ ム. 第3章 考 按 本 患 者 ノ乳 房 部 腫 瘍 ハ 上 述 所 見 ヨ リ極 メ テ 稀 有 ト サ ル ル 血 嚢 腫 ノ 一 種 ナ ル コ ト明 カ ナ ル モ,乳 房 部 ニ發 生 セ ル モ ノ ハ 未 ダ 聞 カ ザ ル ト コ ロ ナ リ.然 ラ バ,コ ノ 血 嚢 腫 ハ 如 何 ナ ル 成 因 ニ基 ク モ ノ ナ ル ヤ,其 ノ本 態 ニ 關 シ聊 カ次 ニ 考 察 セ ン トス. 抑 モ 血 嚢 腫 ハ 夙 ニVirchowノ 指 摘 セ ル 如 ク, 其 ノ症 例 ノ僅 少 ナ ル ト.其 ノ 發 生 原 因 ノ單 一 ナ ラ ザ ル 事 ハ 其 ノ 分 類 ニ當 リテ 一 貫 セ ル 統 制 ヲ得 難 ク 今 尚 ホ 完 成 セ リ ト云 フ ヲ得 ズ.Lexerハ 之 ニ眞 性 及 ビ 假 性 血 嚢 腫 ヲ分 チ,又Spannausハ 更 ニ之 ヲ 成 因 的 ニ 細 別シ 次 ノ 如 ク 分 類 セ リ. 108

(5)

1) 眞性 血 嚢 腫 a) 胎 生 期 發 育 防遏 ニ因 ル畸 形: 主 トシ テ頸 部 ノ比 較 的 大 ナ ル靜脈,例 之鎖 骨 下靜 脈,内 頸 靜 脈,總 顔 面 靜 脈 等 ヲ缺 如 シ,其 ノ代 償 トシ テ該 位 置 ニ 近 ク 血 嚢 腫 ノ存 在 シ,多 數 例 ニ於 テ 該 部 附 近 靜 脈 トノ 間ニ 可 成 密 接 ナ ル 關 係 ア ル ヲ常 ト ス.例 之

内 頸 靜 脈(Volkmann, Mueter-Guther, Baiardi,

Borman, Clasing, Baruch),外 頸 靜 脈(Deschin),

鎖 骨 下 靜 脈(Koch),總 顔 面 靜 脈(Borman)ノ 如

シ.

b) 靜 脈 壁 ノ 部 分 的 擴 張: 嚢 腫 ハ 母 血 管 ト直 接ノ 交 通 ヲ有 ス ル カ,又 ハ 其 ノ 移 行 部 ガ 狹 窄 又 ハ 遮 斷 セ ラ ル ル モ 之 ト密 接 ナ ル 關 係 ヲ 有 ス.例 之 (Will Hey, Wolff-Beggard, Kaller, Meyer-Alsberg, Gluber, Volker u. Franke, Bonnet, Kallenberger, Spannaus, Forst, Stern, Sussig,

Zukschwerdt,近 藤,北 浦,岩 藤)等 ノ例 ハ 之 ニ 屬 シ,主 トシ テ 内,外 頸 靜 脈,總 顔 面 靜 脈,鎖 骨 下 靜 脈 ニ發 生 ス. 2) 非 眞 性 血 嚢 腫 a) 血 管 腫 ヨ リ發 生 ス ル モ ノ: 主 ト シ テ 海 綿 状 血 管 腫 ノ 障 壁 ガ 消 失 シ デ 嚢 腫 ヲ 作 ル.例 之Virchow, Bell, Broca, Linke, Stenderer Cramer, Webster, Sauer(子 宮 底),Kronlein Volkmann, Volker u. Franke, Spannaus, Eilers 李 等 ノ 報 告 ア リ.

b) 淋 巴 管 腫 ヨ リ變 化 發 生 スル モ ノ: 嚢 状 淋 巴 管 腫 ガ 附 近 靜 脈 ト交 通 シ,2次 的 ニ 血 嚢 腫 ヲ作 ル.例 之Nasse, Weil, Spannaus, Finstererノ 例 ハ 之 ニ 屬 ス, c) 腮 弓 嚢 腫 ヨ リ發 生 スル モ ノ: 僅 カGlnck ノ1例 ア ル ノ ミ ニ シ テ 同 氏 ハ 腮 弓 後 部 閉 鎖 不 完 全 ニ シ テ 頸 靜 脈 ノ缺 存 部 ヲ樋 ジ テ 交 通 シ 靜 脈 血 ヲ 充 セ ル モ ノ トセ リ. d)  先 天 性 淋 巴 腺 畸 形: Bayerノ1例 上述セ ルSpannausノ 分 類 ハ 血 嚢 腫 ナ ル 總 稱 的 疾 患 ヲ稍 々學 術 的 又 發 生學 的 ニ其 ノ本 態 ヲ闡明 セ ル モ ノ ニ シ テ,現 今 尚 ホ 引 用 セ ラ ル ル トコ ロ ナ リ 而 シ テ コ ノ 分 類 法 ヲ通覽 シ テ 瞭 然 タ ル 如 ク,血 嚢 腫 ナ ル 名 稱 ハ 既 ニSpannausノ 喝 破 セ ル 如 ク ニ 只 單 ナ ル 臨 牀 上 ノ命 名 ニ シ テ毫 モ 病 理 學 的 組 織 學 的 ノ夫 レ ニ非 ル ベ シ. 扨 テ 余 ノ症 例 ハ 上 述 分 類 ノ何 レ ニ 屬 ス ベ キ カ. 抑 モ 乳 房 部 皮 下 靜 脈 ヲ考 究 セ ン ニ,乳 房 部 ニ於 テ 其 ノ 外 側ニ 比 較 的 大 ナ ル 胸 廓 上 腹 壁 靜 脈 縦 ニ 上 走 シ,同 靜 脈 分 枝 ハ 胸 骨 外 縁 ヲ上 走 ス ル 上 腹 壁 靜 脈 分 枝 ト共 ニ乳 頭 靜 脈 叢 ヲ形成 シ該 部 ニ於 ケル 靜脈 系 ノ發 逹 著 明 ナ リ. 余 ノ症 例 ニ於 テ嚢 腫7組 織 學 的 ニ檢 索 スル ニ嚢 腫 壁 ハ 少 許 ナ ガ ラ彈 力 繊 維竝 ニ筋 繊 維 ヲ有 シ,結 締 織 ノ配 列 ヨ リ靜 脈 壁 ニ近 似 ス.尚 ホ本 例 ニ於 テ ハ 嚢 腫 中 央 部 前 内 壁 ハ數 多 ノ小 房 ニ 分 レ,嚢 腫 壁 ノ畸 形 ヲ示 セ リ.之 ヨ リ考 察 ス ル ニ,本 症 例 ハ 眞 性 血 嚢 腫 ナ ル コ ト明 カ ニシ テ 非 眞 性 血 嚢 腫 ハ 除 外 シ得.單 ナ ル 血 腫 ヲ亦 嚢 腫 ノ 組 織 學 的 所 見 竝 ニ 「ヘ モ ジ デ リン 」 ノ 沈 着 ヲ見 ザ ル 點 ヨ リ問 題 トナ ラザ ル ト コ ロ ナ リ.而 シ テ 眞 性 血腫 トセ ン カ, Spannausノ 分 類 ノ何 型 ニ 屬 スル ヤ 直 チ ニ決 定 シ 難 キ トコ ロ ナ リ.即 チ 先 ヅSpannaus第1類 トシ テ 胸 廓 上 腹 壁 靜 脈 ノ 缺 存 ノ代 償 トシ テ 發 生 セ ル モ ノ ナ ル コ トモ 一 應 考 ヘ ラ ル ル ト コ ロ ナ ル モ,余 症 例 ニ於 テ手 術 時 其 ノ 詳 細 ハ 察 知 スル ヲ得 ザ リ シ バ 遺 憾 ナ リ.然 レ ドモ 前 述 ノ如 ク 嚢 腫 壁 ノ 先 天 的 血 管 壁 畸 形 ヲ思 考 セ シ ム ル 點 ヨ リ靜 脈 ノ發 逹 著 明 ナ ル 乳 房 部 ノ1靜 脈 壁 ノ 一 部 ノ靜 脈 瘤 状 ニ膨 隆 シ テ 發 育 セ ル 血 嚢 腫 ニ シ テ,Spannausノ 第2類 即 チ 靜 脈 壁 ノ 部 分 的 擴 張 ニ 屬 スル モ ノ ト ス ル ヲ寧 ロ 至 當 ト スベ シ.而 シ テ 母 血 管 竝 ニ 其 ノ交 通 ニ就 テ ハ 確 認 シ 能 ハ ザ リ シ トコ ロ ナ ル モ 恐 ラ ク 嚢 腫 發 生 後 其 ノ 交 通 ノ遮 斷 セラ レ シ モ ノ ナ ラ ン. 茲 ニ於 テ 本 症 例 ノ特 異 ト ス ル トコ ロ ハ 未 ダ報 告 ヲ 見 ザ ル 乳 房 郡 ニ 於 テ モ 亦 眞 性 血 嚢 腫 ガ 發 生 シ 得,而 モ 從 來 報 告 セ ラ ル ル ガ 如 キ 比 較 的 大 ナ ル 靜 脈 ヲ母 血 管 ト セ ザ ル トモ 尚 ホ 其 ノ 發 生 ヲ 見 ル モ ノ 109

(6)

ナ ル コ トナ リ.

カ カ ル 靜 脈 瘤 性 擴 張 ノ 成 因 ニ關 シ テ ハ 靜 脈 瓣 膜 不全 説(Trendelenburg, Lowenstein),先 天 的 素 質 説(Orth, Rokitansky),靜 水 壓 説(Slavinski), 動 水 壓 説(Hasebrock),血 管 神 經 説(Kashimura), 靜 脈 血 管 壁 炎 症 説(Fischer, Kallenberger),外 傷 説(Sussig)等 諸 家 ニ ヨ リ説 ク トコ ロ紛 々 トシテ 歸 一 ス ル ト コ ロ ナ シ .蓋 シ靜 脈 瘤 ノ 發 生 機 轉 ハ 單 一 ノ モ ノ ニ 非 ズ.各 種 原 因 ノ組 合 ハ セ ニ ヨ リ發 生 ス ル モ ノ ナ ラ ン.扨 テ 本 症 例ニ 於 ケ ル 乳 房 部 靜 脈 瘤 性 血 嚢 腫 ノ成 因 ニ 關 シ考 究 セ シニ,本 例 ニ於 テ ハ 患 者 ハ 滿 期 正 常 分 娩 兒 ニ シ テ 乳 房 部 ニ認 ム ベ キ 外 傷 ヲ ウ ケ タ ル コ トナ キ ヲ 以 テ 外 傷 ニ ヨル 靜 脈 壁 損 傷 ニ 原 因 ヲ 求 ム ル ヲ得 ズ.然 レ ドモ 皮 下 靜 脈 ハ 解 剖 的 ニ極 メ テ 表 在 性 ニ シ テ,外 傷 ヲ ウ ク ベ キ 機 會 多 キ ヲ 以 テ,本 服 ニ ヨ ル 摩 擦,壓 迫 ノ如 キ 輕 度 ノ 慢 性 外 傷性 影 響 ハ 除外 シ得 ザル トコ ロ ニシ テ,血 嚢 腫 發 生 ノ助 長 サル ル ハ否 定 シ得 ズ.本 例 ニ嚢 腫 壁 一 部 ニ血 管 壁 畸 形 ト思 ハ ル ベ キ小 房存 在 ス,故 ニ本 例 ニ於 ケ ル靜 脈瘤 性 血 嚢 腫 ノ發 生 ハ靜 脈 壁 構 造 ガ先 天 的 ニ病 的 ナ ル コ ト即 チ血 管壁 構 造 ノ繊 弱 ニ シ テ畸 形 的 發 育 ヲナ セ ル コ トガ 主 因 ナ リ ト推 定 セラ ル. 臨 牀 的 事 項 ト シ テ血 嚢 腫 ハ 自覺 症 状 一 般 ニ 僅 少 ニ シ テ,多 ク ハ 何 等 ノ訴 ヘ ヲモ 有 セ ザル ヲ以 テ, 患 者 ノ 醫 ヲ訪 フ者 ノ尠 シ.頸 部 ニ ア リ テ ハ 稀 ニ 神 經,血 管 壓 迫 症 状 ヲ呈 ス ル モ ノ ア リ ト云 フ モ,本 例 ニ於 テ ハ 全 ク 之 ヲ認 メ ズ.一 般 ニ血 嚢 腫 ノ 豫 後 ハ 佳 良 ニ シ テ,數 年 間 放 置 ス ル モ 増 惡 セ ザ ル モ ノ トス.故 ニ 患 者 ノ 多 ク ハ 唯 外 觀 上 之 ヲ顧 慮 シ テ カ カ ル 醜 塊 ノ整 形 的 除 去 ヲ乞 ヒ テ 醫 ヲ 訪 ル ル モ ノ ナ リ.余 ノ例 ニ ア リテ ハ 約2週 間 前 ヨ リ稍 々 容 積 増 大 シ,家 族 ノ 關 心 ヲ引 キ 來 院 セ ル モ ノ ナ ル モ 其 ノ 原 因 ニ ツキ テ ハ不 明 ナ リ. 本 症 ノ診 斷 ハ其 ノ稀 有 ナル 事及 ビ發 生原 因 ノ種 種 ナル事 ヨ シ比 較 的 難事 ナ リ.一 般 ニ嚢腫 ナ ル事 ハ 容 易 ニ診 斷 シ得 ル モ,乳 房 部 ニハ 多 種 ナ ル嚢 腫 發 生 スル ヲ以 テ其 ノ鑑 別 容 易 ナ ラズ.之 ガ鑑 別 診 斷 ニハ穿 刺 ニ ヨ リテ.陳奮 性 又 ハ 比較 的新 鮮 ナ ル 血 液 ヲ得 タル 時 ハ 稍 々 確 實 ナ リ.動 脈 瘤 ハ 乳 房 部 ニ ハ 殆 ド之 ヲ見 ル 事 ナ ク.又 其 ノ搏 動 ノ 有 無 ニ ヨ リテ 容 易 ニ 區 別 シ得 ベ シ.血 管 腫 トノ 鑑 別 ハ 容 易 ナ ラ ズ.而 シ テ 血 嚢 腫 本 態 ノ診 斷 ハ 剔 出標 本 ノ 組 織 學 的 檢 査 ニ依 ラ ザ ル ベ カ ラ ズ. 療 法 トシ テ穿 刺,穿 刺 後 導 劑 注 射(沃 度 劑,「 カ ル ポ ー ル 」,硝 酸 銀 竝 ニ 「過 ク ロー ル 鐵 」液 等),壓 迫,切 開 後 「タ ン ポ ン」竝 ニ烙 鐵 焼 灼 等 ハ 再 發 竝 ニ 副 作 用 ヲ招 來 シ奬 勵 サ ル ベ キ モ ノ ナ ラ ズ,最 理 想 的 療 法 ハ 剔 出 手 術 ナ リ ト ス.本 例 モ 亦 他 醫 ニ ヨ リ 2囘 穿 刺 ヲ ウ ケタルモ毫モ嚢 腫 ノ 縮 小ヲ 見 ザ リ シ ト コ ロ ナ リ. 第4章 結 論 1) 余 ハ 乳 房 部 ニ 生 後 約1箇 年 ヨ リ發 生 シ,2 週 間 前 ヨ リ稍 々 急 ニ 増 大 セ ル 鵞 卵 大,柔 軟 ノ 波 動 性 腫 瘍 ヲ主 訴 トシ テ 來 診 セ ル5歳 ノ 女 性 ニ就 テ檢 索 シ,之 ヲ手 術 ニ ヨ リ剔 出 セ ルニ,該 腫 瘍 ハ 比 較 的 稀 有 ナ リ トセ ラ レ タ ル 血 嚢 腫 ナ リ シ ヲ 以 テ 茲 ニ 報 告 セ リ. 2) 血 嚢 腫 ハ 主 トシ テ 頸 部 ニ發 生 シ,他 ノ體 部 ニ發 生 ス ル ハ 稀 有 ニ シ テ,殊 ニ乳 房 部 ニ 發 生 セ ル ハ 未 ダ 其 ノ 報 告 ヲ見 ザ ル ト コ ロ ナ リ. 3) 該 腫 瘍 ハ 肉 眼的 ニ檢 スル ニ1箇 ノ大 ナ ル空 洞 ニシ テ外 部 ヨ リ血 管 トノ交 通 ハ之 ヲ見 ズ.嚢 腫 内 ニハ 暗 赤 色 流 動性 靜 脈 血 ヲ充 ス. 4) 組 織 學 的 ニ檢 スル ニ,嚢 腫 壁 ハ 筋 層 及 ビ彈 力繊 維 ニ乏 シク 主 トシ テ比 較 的厚ニ 結 締 織 層 ヨ リ ナ リ,内 面 ハ 内 被 細 胞 ニ ヨ リ被 ハ レ,靜 脈 ト ノ直 接 交 通 ハ 之 ヲ認 メズ.尚 ホ 嚢 腫 壁 中 ニ ハ 至 ル 所 小 房 竝 ニ 息 肉 状,乳 嘴 状,疣 状 ノ 分 枝 増 殖 ヲ見,殊 110

(7)

ニ 中 央 部 ノ 一 部 ハ 多 房 ヲ形 成 シ,嚢 腫 壁 ノ畸 形 的 發 育 ヲ推 察 セ シ ム. 5) 本 例 ニ於 ケ ル 血 嚢 腫 ノ本 態 ニ 關 シ テ ハ 眞 性 血 嚢 腫 ナ ル コ ト明 カ ナ ル モ,Spannausノ 分 類 ノ 何 レ ニ 屬 ス ル ヤ 直 チ ニ決 定 シ 難 シ.然 レ ドモ 嚢 腫 壁 ノ 畸 形 的 發 育 ヲ有 スル 點 ヨ リ恐 ラ ク 其 ノ 第2類 ニ 該 當 シ,其 ノ 母 血 管 ト ノ交 通 ノ 遮 斷 セ ラ レ シ モ ノ ナ ラ ン.其 ノ 發 生 原 因 ニ關 シ テ ハ靜 脈 壁 ノ 先 天 的 素 質 的 ニ構 造 繊 弱 ニ シ テ 且 血 管壁 畸 形 ヲ有 ス ル 事 ガ 素 因 トナ リ發 生 セ ル モ ノ ナ ラ ン ト信 ズ. 擱 筆 ニ臨ミ,御 懇 篤 ナル 御 指 導 ト御 校 閲 ヲ 賜 ハ リシ恩 師津 田教 授 ニ深 甚 ナ ル感 謝 ヲ捧 ゲ 且 病 理 組織 檢 索 ニ當 リ御教 示 ヲ仰 ギ シ 由部 教 授 ノ御 厚情 ニ滿 腔 ノ謝 意 ヲ表 ス. (本 論 文 要 旨ハ 第7囘 中國 四國 外 科 集 談 會 席 上 ニ於 テ 發 表 セ リ).

主 要 文

1) Clasing,

Zbl. Chir.,

Jg. 63, 1936. 2)

Dietrich

u.

Frangenheim,

Neue Dtsch.

Chirurgie,

Bd. 35,

1926. 3)

Eilers,

Dtsch.

Zschr.

f.

Chir.,

Bd. 223,

1930. 4) Gluck,

Dtsch.

med. Wschr.,

Bd. 12,

1886. 5) Heuter,

Verhandl.

d. Dtsch.

Gesellsch.

f.

Chir., 1877.

6) Klose

u.

Sebening,

Die

Chirurgie,

Aufl.

2,

Bd.

5,

1940. 7)

Sauer,

Munch.

med.

Wschr.,

Nr.

40,

1919. 8)

Span-naus,

Bruns'

Beitr.

z.

kl.

Chir.,

Bd. 63,

1909.

9)

Stich,

Die Chirurgie,

Aufl.

2,

Bd. 2,

1940.

10) Sussig,

Dtsch.

Zschr.

f.

Chir.,

Bd.

181,

1923.

11) Volker u. Franke, Dtsch. Zschr. f. Chir., Bd.

28, 1888. 12) Volkmann, Langenbeck's Arch.

f. kl. Chir., Bd. 15, 1873. 13) Webster, Cbl. Chir., Jg. 22, 1895. 14) Zukschwerdt, Dtsch Zschr. f. Chir., Bd. 216, 1929. 15) 岩 藤,岡 醫 雜, 第44年,昭 和7年. 16) 李,臨 牀 外 科,第3卷,昭 和 11年. 17) 河 本,日 本 眼 科 學 會 雜 誌,第15卷,明 治 44年. 18) 小 島,醫 學 中 央 雜 誌,第2卷,明 治37年. 19) 近 藤,福 島,宇 野,醫 學 中 央 雜 誌,第10卷,明 治 45年. 20) 北 浦,滿 洲 醫 學 會 雜 誌,第14卷,昭 和6 年.

Aus der Chirurgischen

Tsuda-Klinik der

Medizinischen

Fakultat Okayama

(Direktor: Prof. S. Tsuda)

Ein Fall von Blutzyste

an der Manmagegend.

Von

Dr. Terutake Sunada (Dozent an der Fakultat).

Eingegangen am 17. Dezember 1941.

(8)

Bei einem 5 jahrigen Madchen, dem seit etwa einem Jahr nach der Geburb eine

gah-seeigrosse,

weiche, verschiebbare Geschwulst an der Mammilla auftrat,

konnte der Verf.

durch

Operation

feststellen,

dass

es sich

um eine seltene

Blutzyste

handelte.

Sie

stellte

makroskopisch eine Hohle dar, deren Inhalt aus flussigem venosem Blut bestand.

Histolo-gische Untersuchung ergab, dass die Wand dieser Zyste an Muskelfasern und elastischen

Fasern arm und hauptsachlich von einer verhaltnismassig dicken Bindegewebsschichte

gebildet

war, wahrend die innere Flache mit Endothel belegt war. Die Zyste war

stellen-weise mehrkammerig

und deren Wandung uberall

kleine Raume aufgewiesen hat, was an

eine atypische Entwicklung der Blutgefasse denken liess.

Aus den angefuhrten Befunden geht hervor, dass der vorliegende Fall eine echte

Blut-zyste darstellt,

dass man sie vielleicht

der II. Form der Spannausschen

Klassifikation

zu-rechnen darf, d.h. sie muss aus teilweisen Erweiterungen

der Venenwand

infolge von

Absperrung von Muttergefassen abgeleitet werden.

Soweit der Verf. die Literatur sowohl des In- als auch Auslandes ubersieht, liegen

bisher insgesamt nur 60 Mitteilungen uber die Blutzyste vor, eine Tatsache, dass die

Sel-tenheit dieser

Erscheinung hinweist. Es soll aber insbesondere hervorgehoben werden,

dass uber den Fall wie den worliegenden, in dem die Blutzyste an der Mammilla auftrat,

noch kein Bericht zu finden ist,

da die Blutzysten meistens am Halse beobachtet werden.

(Autoreferat)

Updating...

参照

Updating...