[001]九州大学応用力学研究所技術室技術報告書表紙 奥付等

全文

(1)

九州大学学術情報リポジトリ

Kyushu University Institutional Repository

[001]九州大学応用力学研究所技術室技術報告書表紙 奥付等

http://hdl.handle.net/2324/2329114

出版情報:九州大学応用力学研究所技術室 技術室報告. 1, 2019-07. Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University

バージョン:

権利関係:

(2)

研修報告(環境整備・安全衛生関連) 九州大学応用力学研究所 技術室 技術室報告 Vol. 1, 67-68

- 67 -

建物整備グループ活動報告

1. メンバー

油布 圭, 牟田口 嵩史, 石井 大輔, 野田 穣士朗, 永田 貴大, 髙田 青,

宮原 麻帆

2. 活動概要

研究所の建物環境の改善や建物整備については、研究所内の教員を中心とした建物環境委員会で対 応していたが、業務の効率化を図る目的で業務の大半を技術室で対応することになった。対応した設 備は、主に、廊下やトイレ、会議室など所内の職員・学生が共通で利用するものである。なお、業者 委託していた作業の一部を当グループで請け負うことで、必要経費の削減に貢献できた。

3. 主な活動内容

 廊下・窓掃除に関する業者対応

 空調機の修理、業者対応

 LANケーブルの配線工事

 トイレの修理、業者対応

 プロジェクター交換、業者対応

 換気扇の取替および修理作業

 防災管理点検時の指摘箇所の改善

 敷地内の樹木選定に関する業者対応

 防災管理点検時の指摘箇所の改善

 照明のLED化工事に関する業者対応

 シリンダー錠から電子錠への交換作業

 防鳥ネットの張替えに関する業者対応

 古くなったドアクローザーの交換

 ゴミ捨て場扉の修繕

4. 活動事例 換気扇の交換

トイレの換気扇が老朽化していたことに加え、台風接近時以降、異音が発生するようになったた め、当グループで新品に交換した。交換作業には電気工事士の資格が必要なため、資格保持者が対 応した。

交換前 作業中の様子 交換後

図1 換気扇交換作業

(3)

建物整備グループ活動報告

- 68 - シリンダー錠から電子錠への交換

共通室を開錠する際に、別階にある事務室まで都度鍵を取りに行く必要があり不便に感じること が多かったため、シリンダー錠から電子錠へ交換した。

交換前 作業中の様子 交換後

図2 シリンダー錠から電子錠への交換作業

ドアアームの交換

研究所の建物は建設から 35 年近くが経過しており、扉のアームが錆びついて動きが悪くなった り、開閉時に異音が発生したりするものがあったため新品に交換した。

交換前 交換後

図3 ドアアームの交換作業

エアコンの水漏れ補修作業

エアコンを稼働した際に水漏れが発生し、原因はドレインキャップの劣化であったため、キャッ プにシールテープを巻いて補修した。

補修前 補修後

図4 エアコンの水漏れ対応

ドレインキャップ

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP