博物館管理運営事業 平成23年度 教育委員会事務点検評価報告書 狭山市公式ウェブサイト

Full text

(1)

活動 容

段 前 方向性 対

改善活動

13

開館 来 常設展示室等 改修 必要 い 後博物館 対 要望 大 予想 他 博物館 連携を 特色あ 博物館活動を行 いく必要 あ ボランテ バ 導 入 検討 行わ け ば い 思わ

地域 活性化 現 成人 あ 人 手 ゆ け く 将来 大人 子 力 期待 視点 重 要 学校 連携 郷土 自然や歴史 学習 狭山市 現状 関 学習 面 学校教育 連携 協力 必要 考え い

実施期間

前 方向性評価

- 3804 04 - 2955

事務事業 目的 容

9,326

目的 対象

入館料 講料や参加費 適正 益者 担 実施 い 実施形態

常設展示室 照明 入館者を確認 点灯 無駄 電力 経費削減 努 い

( )

環境配慮

社会教育施設 あ 博物館 常設展示 ほ 資料 収集 研究 各種講 や体験学習等を通 市民 郷土愛を育 将来 狭 山を担う子 達 郷土 歴史や自然 く 興味 関心を持 せ こ 地域 活動 人材を育 いく 市 企業や 学校 市民ボランテ 連携 事業を展開 こ 地域コ

ュニテ を活性化 いく

7,491

10,992

常設展示 古文書読解講 歴史講 等 郷土狭山 歴史文化を学 ぶ機会を多く 市民等 提供 体験学習を通 伝統行事等 風習や く 楽 ば を子 達 伝え こ 評価

事務事業 評価

有 効 性

項目 評価理由

目標値 根 考え方

個 別 評 価

必 要 性

効 率 性

前年度

前年度 季節行事や く 視点を置い 体験学習 市 古文書 読解や歴史 関

講 充実を図 こ 近隣 博物館 見 い講 等 開催 多く 講者 評価 い

過去 間 実績値を 設定

92.3%

事務事業 実施状況 成果

88.3%

◆第一次評価 担当課 評価

評価 視点 目的 妥当性 市民ニ へ 対応 市 関与 必要性 市 担 必要性

そ 他 学識経験者 意見等

活動目標 達成 成果 向

位施策へ 献 市民 ビ 向

咁 成 果 指 標 咂 成 果 区分

13

実績値 区分 単位 指標名

(

活 動 指 標 咂 実 施 状 況

事業開始 背 等

市政施行 周 記念事業 一 入間川 入間路-そ 自然 風土 をテ 狭山市 原始 現 を展示 こ 市民 郷土狭山へ 理解を深 新 郷土狭山 創造を図

社会教育施設 成 開館 入館者 人当 経費

指標名 単位コ 効率性

指標

間入館者数-企画展開催時入館者数

容 見直

体験学習や講 件数 企画展関 連を除く

目標値 達成率

件 実績値

従事職員数

人件費 従事職員数× 均給与

35,155

11,680

88,610

事業費計 直接費決算額+人件費

人 千

9,501

教育委員会 生涯学習部 博物館

人 経

人件費

そ 他特定 源

事業区分 実施根

3.91

35,870

生涯学習 機会や場 充

生涯学習 推進 生涯学習 振興 1

総合振興 計画

け 位置 け 事務事業

名称 予算額

52,794

区分

直 接 費

決算額

1,836

3,199

一般 源

単位

85,530

53,839

50,940

教育委員会事務点検評価

実施事務事業 評価表

事業費

整理番号

9

事務事業 基本事項

52,119

3.91

3.91

1,309

51,539

52,740

49,066

50,375

目標値

7,488

達成率

実績値

※ 単位当

経費

50,904

126.9%

実績値 達成率 目標値

87,491

48,340

7,781

35,952

源 訳

国県支出金

個別計画等 名称

千 千 成 3

92.3%

13

14

12

92.9%

常設展示 展示テ 入間川 入間路 を中心 狭山 自然 地質 考古 歴史 民俗 産業 美術 を網羅的 展示 教育 及 市 関 講 や多様 体験学習を実施

実施計画 H ~

事業名

146.3%

8,983

1

9,501

目標値

過去 間 実績値を 設定

達成率 入館者数 企画展 開催時を除く

7,986

8,808

11,680

7,781

13

12

担当部課

目 項

博物館管理運営事業

電話番号

一般

博物館法及び関係 並び 狭山市立博物館条例及び狭山市立博物館管理規則

社会教育施設 郷土狭山 歴史 文化 自然等を広く紹 資料 展示や講 体験学習を開催 こ 市民 学習活動を支援 郷土愛 育成 地域 活動 人材 育成 地域コ ュニテ 活性化 資 こ を目的

5 人を育 文化を創造 を 節

2

手段 最適性 コ 効率 向

益者 担 適正化 執行体制 効率化 前年度

方向性 資料管理運営収集及び展示並び 講効率化を図 いく体験学習を開館 来 0 実施を経過市民 学習活動を応援常設展示室 いく改修 施設調 査研究を進

< 段階評価>    :極めて高い  :高い  :普通  :低い  :かなり低い

直営 全部委託 一部委託 補助・負担 その他

内容の見直し 抜本的見直し 廃止 休止 完了

指定管理

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (1 pages)