VDSL ポートの状態

In document User's Manual (Page 168-174)

4.14.3 802.1xポート設定

4.16 VDSL構成

4.16.2 VDSL ポートの状態

VC-820M

のユーザーズマニュ アル

(下):

AnnexA: 上流の方向の別館 A 環境では 6 ~ 32 トーンを使用します。

附属編B:上流の方向に別館B環境で32~64トーンを使用します。

1. VDSL ポートのデフォルト プロファイルは"30a"

2. SNR マージンが大きすぎると、送信レートが遅くなり、通信は安定します。

3. "MaxDelay"が "遅延

なし"

(高速モード)に構成されている

場合、

エラー訂正は

ダウン

しません

一方、データの送信速度は速くなります。

VC-820M

のユーザーズマニュ アル

このページには、次のフィールドが含まれています。

オブジェクト 説明

遅延 選択した VDSL 回線の現在のインターリーブ遅延

を表示します。

下流または上流の方向

Inp VDSL 回線で設定された INP を表示します。

CRC 15M 過去 15 分間の CRC エラーの数を表示します。

VC-820M

のユーザーズマニュ アル

現時点でエラーの時刻を最初から確認するために使用

できます。

前の15分の誤差の15分と時間の。

CRC 1Day

前日の CRC エラーの数を表示します。

これは、今日の開始から現在のエラーの時間、昨日のエラーの 時間を確認するために使用

することができます。

CRC 合計 ブートからすべてのエラーの収集されたデータを表示します。

エラー訂正 15M 過去 15 分間のエラー修正の数を表示します。

エラー訂正 1日 前日のエラー訂正の数を表示します。

エラー訂正合計 ブートからすべてのエラー訂正の収集されたデータを表示します。

xdsl2Ch ステータスプレブ データレ ート

ベアラー チャネルが最新のレート変更イベントの直前に動作していた以前 の正味データ レート。これは、完全または短い初期化、高速再トレーニン グ、DRA、または電源管理の遷移で、遷移 between L0 状態と L1 または L2 状態を除く場合があります。データレートは次のコードでコーディン グされています。

ビット/s。

xdsl2ラインステータス達成可能

アップストリームの最大達成可能なデータ レート。

VTU-R送信機とVTU-C受信機で現在達成可能な最大アップストリームネッ トデータレート(ビット/sでコード化)。

xdsl2ラインステータス電気的長さ

このパラメータには、1 MHz、kl0 で dB で表される推定電気長が含まれ ます。これは、電気長がによって強制されなかった場合に VTU-O から

VTU-R に送信される最終的な電気長

です。

CO-MIB.

値の範囲は 0 ~ 128 dB で、ステップ数は 0.1 dB です。

xdsl2ラインバンドステータス SnrMargin

SNR マージンは、VTU で受信されるノイズ電力の dB の最大増加です (下流方向のバンドの場合はVTU-R、アップストリーム方向のバンドの 場合は VTU-C)。

要件は、VT U で受信されるすべてのベアラ チャネルに対して満たされ、

0.1 dB 単位で -640 ~ 630 の範囲です (物理値は -64 ~ 63 dB)。

0x7FFFFFFF (2147483647) の特殊値は、SNR マージンが表現される範 囲外であることを示します。0x7FFFFFFE (2147483646) の特殊値は、測

定中の

SNR Marg が現在

利用

xdsl2PMLCurr15M経過時間 この間隔の合計経過秒数

xdsl2PMLCurr15MFecs

この間隔中に、少なくとも 1 つの FEC があった秒数

この行の 1 つ以上のベアラー チャネルの修正イベント。このパ ラメーターは、UAS または SES の間に禁止されます。

VC-820M

のユーザーズマニュ アル

xdsl2PMLCur15M

この間隔中に次の秒数が存在した場合の数:

VTU-C: CRC-8 >= 1 1 つ以上のベアラ チャネルまたは LOS >= 1 OR SEF >=1 LPR >= 1

VTU-R: FEBE >= 1 1 1 つ以上のベアラ チャネルまたは

VC-820M

のユーザーズマニュ アル

LOS-FE >=1 または RDI >=1 または LPR-FE >=1 . このパラメーターは UAS 中に禁止されます。

xdsl2PMLCur15の

この間隔中に次の秒数が存在した場合の数:

VTU-C: (受信したベアラ チャネルの 1 つ以上の CRC-8 異常)

>= 18 または LOS >= 1 OR SEF >= 1 OR LPR >= 1

VTU-R: (受信したベアラ チャネルの 1 つ以上の FEBE 異常)

>= 18 または LOS-FE >= 1 OR RDI >= 1 OR LPR-FE >= 1

このパラメーターは、UAS 中に禁止されます。

xdsl2PMLCurr15MLossLoss この間隔中に LOS (または LOS-FE が存在した秒数)

VTU-R

xdsl2PMLCur15MUas

この間隔中の使用不可状態の秒数です。使用不可は、10 秒連続で重大なエ ラーが発生し、終了

します。

10 連続秒の開始時に、重大なエラー秒

なし

xdsl2PMLCurr1日勤経過 この間隔の合計経過秒数

xdsl2PMLCurr1DayFecs

この回線に 1 つ以上のベアラー・チャネルに対して少なくとも 1 つ の FEC 訂正イベントがあった場合の、この間隔中の秒数。これ UAS または SES の間にパラメーターが禁止される

xdsl2PMLCurr1DayEs

この間隔中に次の秒数が存在した場合の数:

VTU-C: CRC-8 >= 1 1 つ以上のベアラ チャネルまたは LOS >= 1 OR SEF >= 1 または LPR >= 1 VTU-R: FEBE >= 1 1 つ以上のベアラ チャネルまたは

LOS-FE >= 1 または RDI >= 1 または LPR-FE

>= 1。

このパラメーターは、UAS 中に禁止されます。

xdsl2PMLCurr1DaySes

この間隔中に次の秒数が存在した場合の数:

VTU-C: (受信したベアラ チャネルの 1 つ以上の CRC-8 異常) >= 1CRC-8 または LOS >= 1 OR SEF >= 1 OR LPR >= 1

VTU-R: (FEBE 異常の 1 つ以上

受信ベアラ チャネル) >= 18 または LOS-FE >= 1 OR RDI >= 1 OR LPR-FE >= 1 .

このパラメーターはUAS

中に禁止されます。

xdsl2PMLCurr1DayLoss

この間隔中に LOS (または LOS-FE が存在した秒数) VTU-R

xdsl2PMLCurr1DayUas

この間隔中の使用不可状態の秒数です。使用不可は、10 個の連続 した重大なエラー

秒の開始時に開始

され、10 秒の連続秒の開 始時に終了します。

VC-820M

のユーザーズマニュ

重大なエラー秒数

アル

VC-820M

のユーザーズマニュ アル

ユーザー:

以下の場合:

In document User's Manual (Page 168-174)